KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

コアトレ☓一本歯下駄VOL.19

【コアトレ☓一本歯下駄VOL.19】

19420695_1406044922777839_7142626261128256040_n.jpg  


22日から金剛山香楠荘に3泊4日で泊まり込みでの勤務。3週間ぶりに古巣に帰ったような気分で美味しい賄いをいただき、寮での夜を過ごし、日曜日の朝、下山して富田林のぴんぽん地球ス(テラス)に戻ってきた。

しばらくぶりの伏見林道での下山、念仏坂で大腿四頭筋(太腿前面)がフルに稼働する。

この筋肉は下りを降りる時に使われる筋肉で、勾配約20パーセントの念仏坂では相当強烈な刺激が加わる。

ほぼ毎日のように登り下りしてたら足も活性化するし、ブランクが続くとすっかり元に戻る。そんなことを思い知る。



午後1時からは19回目のコアトレ☓一本歯下駄。月例で行っている、トレーニングクリエイター宮崎要輔さんが講師を務める一本歯下駄を使った体幹トレーニングのワークショップ。

今回も初めて参加された方が3組。一般のランナー、アマチュアボクサーの男性と、小4のサッカー少年とそのお母様。

1年半以上続いたコアトレ☓一本歯下駄は、ランナーはじめアスリートの参加も多いけれど、運動をほとんどすることがない方も少なくはない。

パソコンを使うデスクワークで肩凝りがひどい、立ち仕事でいつも腰が痛む、足腰が弱ってきて膝痛に悩んでいる、猫背気味で姿勢が良くないので何とかしたい…そんな一般の方々もちょくちょく来られている。

宮崎さんのオリジナルのトレーニングメニューをこなしながら、参加者は徐々に自分の体との対話に入っていく。

宮崎さんの説明を聞いたあとトレーニングに入り、実際に体のどんな部分にどんな効果があるのかをダイレクトに感じ取る。そうすることで、ちょっとした工夫で体が変わることを知らされる。


19399703_1405901449458853_1992723744193968340_n.jpg 19399399_1406045112777820_7868067470440932923_n.jpg 


トレーニングとはいうものの、やっているのは体の使い方を学ぶということなのだろう。

人の体の仕組みを、自分自身の体を実験台にして知る…これはわかりやすいし納得できる。

肩が凝るから肩を揉むのは実は正しくはない。肩凝りの元をたどると肩以外の場所に原因があるということも教えられなければ知ることもない。

地面を蹴って進む走るという行為も、実は地面を蹴れば故障が起こる。だから、地面を押すようにして前に進む。そうすれば無駄な力を使うことなく故障も少ない走りができる…そういったことを教えられる。

体に効くトレーニングは、言い換えるなら、体に聴くトレーニング。

体との対話で、体がどう感じているか、体の声を聴くトレーニングという訳だ。

スポーツをやっていて故障を起こす原因がここにある。

体の声を聴くことなく、好き勝手に体を鍛えて体を酷使して、挙句の果てに故障やトラブルが起こる。体との対話があれば悲惨な目に遭うこともないものを…。





結構、きつめのトレーニングがありながら、それぞれのレベルに合わせて各種メニューをこなすこと約1時間半。

19424552_1406044579444540_6415527635365555111_n.jpg 
19248155_1406044146111250_872948669153485091_n.jpg 

プロのアスリート達の具体的な名前が挙げられ「〜選手は…だから◯◯なのです」といった宮崎さんの鋭い分析を合間合間に聞かされる。


19420908_1406044132777918_3309903051301683652_n.jpg 



参加者全員笑顔で帰られたのがありがたくも嬉しかった。



*次回開催は7月16日午後1時、会場は大阪富田林のぴんぽん地球ス(テラス)です。

19420573_1352340078148003_7979323091456731150_n.jpg 

フェイスブックイベントページはこちら





*お知らせ:

7月23日は金剛山夏まつりです。

summerfes2.jpgsummerfes1.jpg
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/25(日) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕らはひとつの命で生きている

【僕らはひとつの命で生きている】

20170625060838a73.jpg



この世に一つしかない僕の命

あなたの命もこの世に一つだけ

その与えられた尊い生命で

今ある人生を生きているのだから

命は大切にすべきもの

人生も大切に生きるべきもの

みんなに知っておいて欲しい

自分の命だけじゃなくて

あなたの隣にいる人の命も

あなたが知らない人の命も

みんなみんな

同じだけ価値のある命だってことを

宇宙が命をつくっているのかもしれないのだけれど

命もまたこの宇宙をつくっている

だとしたら

僕らはみんなこの宇宙でつながっているのだ

心に留めておこう

僕らはひとつの命で生きている


201706250608391b1.jpg




テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/24(土) 23:59:59|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトロな昭和のフレイヴァーを楽しむ

【レトロな昭和のフレイヴァーを楽しむ】

201706232319172d2.jpg


ここ大阪府富田林市のぴんぽん地球(テラ)スに移り住んではや半年。

築50年の古民家も、最初は幽霊屋敷のようなあばら家だったにもかかわらず、人が住むことによって徐々に家らしくなって、気がつけば、とても居心地のいい場所になっている。

木と紙と土でできた天然素材の温もりが感じられるのが嬉しい。家そのものが生きて呼吸しているかのような感覚さえ感じられる。

そして、昭和という時代のまま時間がストップしてしまっているように思わされるのはなぜだろう。

ずっとずっと昔からこの家に暮らしていたのではないかというのも前世の記憶か、あるいはデジャブか?

昨年は3ヶ月ほどヨーロッパにいて日本を離れた後にここに移り住んで来たせいもあるのだろう。

約30年前に終わっていたはずの昭和という時代が実はまだどこかで続いている…それがここなのではないかという思い…。

ゆったりまったり流れる時間は、実は流れておらず、どこか別の次元では蓄積されていくという感覚…。

午後の日差しが入る 縁側に腰を下ろして、静かに目を閉じれば、少年時代の僕が、遠い遠い昔の世界から駆けてくるのが目に映る。

ひょっとしたら、昭和という時代に置き忘れた大切なものを取りに戻るために、僕らはここにやって来たのかもしれない。

いずれ昭和生まれの人間がこの世から消えてなくなる日が来るのは分かっているけれど、昭和という時代にまだ未練を残したまま、いやが上にも平成という時代に生かされるというのは時に残酷なことでもある。

不思議な空気に包まれながらコーヒーをすする平和な時間…コーヒーのアロマとは別に部屋いっぱいに広がる昭和のレトロなフレイヴァーを僕は一人楽しむのだった…。






テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/23(金) 23:16:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠のドリーマーたれ

【永遠のドリーマーたれ】

17410031_1308726185843047_401780011_n.jpg


大人になるということは、夢をあきらめるということではなく、幼い頃見ていた夢に少しずつ近づけるよう努力をすることだ。

あきらめかけていた夢であっても、今から近づくことはできる。

幼い頃、冒険を夢見ていた少年はやがて中年になり、今もあきらめきれない夢の実現に向かって一歩踏み出し始めた。

この一歩が自分の夢をかなえるための道の始まり。

道は果てしなく遠いのかも知れないけれど、進み続けていけば、いつか必ずゴールにたどり着ける。

そう信じることが前に進む力になる。

僕はまだ大人になりきれていないのかも知れないけれど、いくつになっても少年の瞳の輝きを忘れてはいけないのだと思っている。

大人になるということは現実に溺れることじゃない。

少年の日の夢をあきらめず、見続けよう。

そして、いつだってチャンスがあれば実現してみよう。

今しかかなえられない夢もある。

でも、いつだってかなえようと思えばかなえられる夢もある。


18813995_1383909221658076_9195843780538376746_n.jpg



いつでも微笑みを(Keep smiling)

輝きを保ちながら(Keep shining)

夢を追い続ける(Keep dreaming)

--- アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/22(木) 23:59:59|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QOLについて考える

【QOLについて考える】

girl happy 



走ることについてあれこれ考えてたら、結局は生きるということを根本から再考するチャンスを与えられた。

そして、働くことと稼ぐことについて新たな価値を見出し始めた。

働いて稼ぐ…時間をお金に換えるという古来からの労働システムは、今から、ここから変わっていくのだろうという個人的な展望が生まれ始めた。

今までとはまったく異なった概念で世界は動き出す。

何ら確信のない楽観的な希望的観測かもしれないけれど、それを否定する確証もない。



QOL(クォリティオブライフ=生活の質)は突き詰めれば、生きることの価値をどれだけ高められるか…

今という時間しか生きることのできない僕たちが、生きている間にしか楽しめないのがこの人生…

それも、いつこの人生が終わるか誰にも分からない不確定なもの。

だからこそ、いつも言うように、今にフォーカス、今この瞬間を楽しむことに尽きる。

やりたいことをとことんやり尽くして僕はこの世を去ろう。

思い残すことがなくなるまで「今」を堪能し尽くすのだ。


Walking with God pic 4 




安定を求めるつもりは毛頭ない。

無謀と言われてもバカ呼ばわりされても構わない。

楽しむべき自分の時間があって、それをただひたすら楽しもうとする自分だけがいる。

だから、僕は走る。自分の限界を超えて駆け抜ける。

僕は今、自分が想定していた「自分」を超えていく。

常識や固定観念は僕にしてみればもはや過去の遺物。

過去の慣例や因習はどうだっていい。

自分が心地よさを感じるものにだけ心ときめかせる。

自分自身がワクワクドキドキするものに乗っかって、その流れを楽しもう。

運命が僕をどこに連れて行こうと、僕は僕で胸の高鳴りを維持し続けよう。

変化を恐れない。

自分を脅かすあらゆるものはすべて幻想と思ってスルーしてしまおう。



何かを犠牲にしたり、何かが元で我慢するなんて決して望まないこと。

それで病んでしまったりしたら、一番もったいない人生。

生きていく上で最も大切なことは、「僕らの人生はこの世で一度限り」…それを忘れちゃいけない。


c1c48c4ae1d36afb8ad02a33c140ef09_201706211948030a1.jpg 





テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/21(水) 19:51:27|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード