KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

自由と孤独と寛容と

【自由と孤独と寛容と】

11100597_854466211269049_4733979579805856604_n.jpg


肉体的にも精神的にも辛い場面に出くわした時、人はもがき苦しむ。

そんなシチュエーションから逃避するための方法を模索しはじめる。

だが、後にも引けない状況になった時、あなたならどうするか?

そんな時は、自分のエゴがマックスになっているということ。

開き直るのでもなく、卑屈になるのでもなく、客観的に自分を見たら、素直に今ある状況をありのままあるがままに受け入れてしまおう。

間違っても、弱い自分と戦うとか、痛みや苦しむを克服するとか、そんな考えは持たない方がいい。

闘えば敵味方が生まれてくる。すべての喧嘩や争いがそうであるように…。戦争はその最たるもの。


IMGP2549.jpg 


ちっぽけな自分にとらわれてしまうから自分のことしか見えなくなる。

自分の周辺のごく一部しか見えていないから周りに気を配ることもできない。

誰かが助けてくれるわけでもない。

たった一人の自分に気づいたら、大いなる自由を感じよう。

自由であるがゆえに、自分を苦しめるもの、自分を束縛するすべてのものから解き放たれよう。

果てしなく孤独な場面で、自分を見つめ直してみよう。

一人になればこそ見えるもの・感じられるものがある。

あるいは一人でなければ見えない・感じられないものがきっとあるはずだから。


IMGP2697.jpg 


そして、海や空や大地のように寛容な気持ちで、あらゆるものを受け入れられる自分になれること。

広大な自然の風景の一部になってしまえば、自分は限りなく無に等しいものだということを自ずと悟るもの。


ランナーに必要な物は一本の道と二本の脚だけど、自由と孤独と寛容も、人が生きていく上では必要なんだな。



*お知らせ

image.jpg 

4/22(日) 山の春まつり(金剛山ちはや園地)で2つのイベントを担当します。

一本歯下駄フェスタ

https://www.facebook.com/events/1839673829418650/

ビギナーのためのトレイルランニング講座

https://www.facebook.com/events/1315937315204961/

いずれも参加料無料です。




【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら




スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/19(木) 10:27:09|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モノに依存しない生き方

【モノに依存しない生き方】

30725879_1679108142138181_5954882193519017984_n.jpg


楽に泳げる水着とか、速く走れるシューズとか、着用するだけで痩せるシャツとか、スタミナを持続させるサプリとか…世の中には実に様々なモノがあふれている。

モノを作る側は手を変え品を変え、新たなモノをどんどん世の中に送り込むのだけど、その一方、それを買って使う側は、あいも変わらず、新製品が発売される度にそれを購入し、気に入らないと自分のパフォーマンスの低さをモノやツールのせいにする。


31046385_1679108008804861_1441303347075219456_n.jpg 


ツールやハードウェアに頼ることにばかり頭が行ってしまうと、人は自分を省みなくなる。

人は道具を使う動物。道具を使うことで進化を遂げてきたはず。

ツールやハードウェアは、人が依存するためのものじゃなく、人がうまく使いこなすべきもの。それを一歩誤ってしまうと、モノの奴隷にもなりかねない。

自分が今取り組んでいることにしっかり向き合って、それをどう楽しんでいくべきか、ピュアな気持ちで考えてみたい。


30739881_1679107808804881_6384248003925901312_n.jpg 

モノは増やすより減らした方がいい。

モノを増やす人は、モノに依存するあまり果てしなくモノを増やし続ける人。

余計な心の負担をいつも背負って、モノのしがらみから解放されないでいる人。

モノに執着するあまりいろんな大切なことが意識から遠ざかってしまう人。


30743577_1679107958804866_7684136121101451264_n.jpg 


ミニマリストは最小限のもので暮らしていける、あるもので間に合わせる、ないならないで済ませられる人。

最小限のモノで暮らして行けるように、少しでもミニマリストの暮らしを実践できたら…。


30713578_1679107772138218_7200534829480280064_n.jpg 


*お知らせ

image.jpg 

4/22(日) 山の春まつり(金剛山ちはや園地)で2つのイベントを担当します。

一本歯下駄フェスタ

https://www.facebook.com/events/1839673829418650/

ビギナーのためのトレイルランニング講座

https://www.facebook.com/events/1315937315204961/

いずれも参加料無料です。




【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/04/18(水) 23:03:05|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)こぼれ話

【奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)こぼれ話】


*その1

IMG_0077 2


奥出雲で、ウルトラマラソンの父とも呼ばれる海宝さんから頂いた「ウルトラぱゎ〜シール」。

運とツキを引き寄せ、魔除けにもなるであろう。

携帯電話やスマホに貼るといやな相手から電話が来なくなるというのは海宝さん談…(笑)。



*その2

30708850_1675653052483690_4898573830752043008_n.jpg 

ナンバーカード(ゼッケン)の番号が一体何を基準にあてがわれたのかが話題になっていたようですが、一部の方のご察しの通り年齢順だそうです。

ナンバーが若いほど年齢が高いということになります。

*写真は、ゲスト用のナンバーカード(番号はありませんが…)



*その3

IMGP7576.jpg 

早朝5時スタートで、大会前の競技場の注意でも言われていたヘッドランプかハンディライト持参の指示があったにもかかわらず暗闇を明かりなしで走っていてつまずいて転倒された方もおられたようです。

スタート直後はまだ良しとして、日没後、疲労困憊で注意力や集中力も薄れ、ちょっとした不注意が事故につながるのもウルトラマラソン。

事故が起こって怪我をしてからでは遅すぎるということも肝に銘じておきたいもの。

何よりも安全と健康第一で走りを楽しむのもまたウルトラマラソンですね。



*その4

IMGP7600.jpg 

当初から雨風の予報、気温もそう上がることなく、標高700メートルあまりのおろちループでも当然低温になることがわかっていながら、半そで半パンで雨風の中を走り続け低体温症になられた方が多数おられたようです。

リタイヤしたランナーが100名以上いたということがその過酷さを物語っています。

いろんなことが起こり得るウルトラマラソンというものについて、さまざまな情報がネットでも収集できますが、ただ情報を得るだけでなく、自分自身の頭で事前にシミュレーションしておくこともある程度必要なのでしょう。

トレイルランでも滑落事故や遭難が増えてきている昨今、事故は必ず起こりうるものだということ。

命あっての物種、走ることを楽しめる命と身体に感謝ですね。



*その5

10274146_677236722325333_2099478441397328502_n.jpg

4年前の4月19日、「奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)」の元となるマラニックイベントがあった。

伝説の第0回(プレ)大会は100キロ以上の距離があったらしい。

わずか20数名のランナーが参加したが、5年連続でこの大会に参加しているランナーも数名いる。



*お知らせ

image.jpg 

4/22(日) 山の春まつり(金剛山ちはや園地)で2つのイベントを担当します。

一本歯下駄フェスタ

https://www.facebook.com/events/1839673829418650/

ビギナーのためのトレイルランニング講座

https://www.facebook.com/events/1315937315204961/

いずれも参加料無料です。




【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/17(火) 15:51:15|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛みは快感のオプション

【痛みは快感のオプション】

goroku_life3_20180127081515028.jpg  


これまで散々痛い目にあってきた。

僕という人間は、痛みを経験することによっていろんなことを学んできたのかもしれない。

たとえば、中学〜高校〜大学でやってきた剣道。

真夏の体育館、熱中症や脱水症状を経て、手のひらや足の裏には何箇所も水ぶくれができては潰れ、声が枯れ、稽古着には汗がたっぷり染み込んでびしょ濡れになっている。

意識も遠のきそうになる中で、時間を決めて一方的に打ち込んでいく「かかり稽古」が延々と続く。

いっそ倒れてしまえば楽になるかもしれない…そんな考えもふと頭をかすめるが、なかなか体は元気で頑張ってくれていて倒れそうにはない。

頭が辛い・苦しいと考えている内はまだほんものの辛さじゃない。

辛い・苦しいと考えられなくなった時こそが本当にしんどい時…そんなことを先輩から教えられた。


hold_on_201801270815174c8.jpg 


学生時代に始めた自転車旅行や、20代半ばで始めたマラソンの中でも似たような状況が多々あった。

そういったシチュエーションから想起されるのは、衣類の汗臭さであったり、夏の強烈な日差しを浴びて暑さで意識が朦朧とする場面であったりもする。

痛みは体への刺激、その刺激が他のいろんな記憶に結びつく。

肉体のみならず、心の痛みだって同じかもしれない。

心が折れそうになるくらい痛い…辛く苦しい痛み。


live_for_today.jpg 


どんな痛みもたいていは一過性のもの、時間が経てばいずれは消え去っていくものなのだ。

ただ、体には免疫力もあるし、一度痛みを経験しておけば、少しずつ耐えられるようにできているものなのである。

さらには、そういった痛みをひんぱんに経験することで、痛みそのものが快感へと変わってしまうということもあり得るのだろう。

あるいは、痛みが快感に変わるというよりも、痛みを超えた先に快感が待ち受けているのかもしれない。

マゾヒスティックなまでに体を酷使して、体に痛みを与え続けなければ生きていけない、パンチドランカーとなったボクサーのような、そんな人間もひょっとしたらいるのかもしれない。

痛くても死なん…そういう考え方もある。

限界を感じているのは頭だけ…痛みも実際体が感じるものなのではなく脳だけが感じているんだろう。

そういう風に考えるなら、人間の体に限界なんてないのかもしれない。


10155196_684119104970428_5590011047039321456_ns_201704221902588bb.jpg 


辛く苦しい、痛みを伴う経験は人生では少ない方がいい…普通ならそう思うものだけど、そんな経験をひんぱんにしていくと、刺激なしでは生きていけない、マゾヒストではないにせよ、常に刺激を求め続けるような「刺激難民」になっていくのだろうか。

痛みなくして得るものなし。痛みがあることで得られるものも多々あるということか。

言い換えるならば、痛みこそは快感のオプションだとも考えられる。

いろいろと考えるべき余地の残されたテーマである。



*お知らせ

image.jpg 

4/22(日) 山の春まつり(金剛山ちはや園地)で2つのイベントを担当します。

一本歯下駄フェスタ

https://www.facebook.com/events/1839673829418650/

ビギナーのためのトレイルランニング講座

https://www.facebook.com/events/1315937315204961/

いずれも参加料無料です。




【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら




テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/04/16(月) 23:31:12|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴール

【ゴール】

IMGP7604.jpg 


ゴールはいつも一つの節目、そしてあらゆるゴールは通過地点。


それでも、スタートから長い道程を経てランナーがやっとたどり着いた場所。

自分で自分を褒めてあげるべき場所。

一生懸命頑張ったランナーの苦労を労って拍手と歓声を贈ってあげる場所。

そして、それぞれのランナーにとっては、次なるチャレンジのスタート地点…。

僕たちランナーは走る…走り続ける…人生における真のゴールを目指して…。

Go The Distance!



ゴールは次なるチャレンジへのスタートラインでしかない。

そこには勝ち負けなんてない。

ただ、最後まで頑張り抜いたランナーの熱き思いがそれぞれの胸にあるだけ。

一緒に走った仲間たちと、同じ時間と空間でいろんな思いをシェアしたこともまた忘れられない思い出になる。

このゴールが、明日に向かって頑張るための布石となる。

さあ、また新たな次の一歩を踏み出す時…。



走るっていいな…と思わされるのは、こういったマラソン大会で走り終えたランナーの満面の笑顔を見る時。

何かをやり切った時の人の笑顔はやはり素敵だ。


546901_456947977687543_1696406167_n_20170405220756665.jpg 


そして、こんな笑顔をたくさん見た日には、なぜか自分自身も心が安らいで平穏な気持ちになれるのだ。

一人でも多くの人の笑顔が見れるような社会・世界をつくっていくのが私たちの役目でもあるのだろうし、そのために私たちはそれぞれにできることをやっていかねばならないのだろう。

走ることでできることがまだまだあるはず。

日々模索しながら、気付き、学び、考え、行動に移していこう。


921424_510965122285828_934174248_o_2016042308003420c_201704052207572a8.jpg


ランニングは「シェア」を楽しむものなのかもしれない。

同じ時間に同じ場所を走り、平和な「今」という時間をシェア。

ランナーも応援している者も共にゴールの喜びをシェア。

共に走りあったランナーたちと健闘をシェア。

カップルで、親子で、家族でゴールをシェア。

改めて思う…走るってやっぱり素敵だ。

走るって最高だなぁ。





【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら






テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/15(日) 20:20:47|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード