KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

PEACE RUN2017諸国行脚(あんぎゃ)の旅

【PEACE RUN2017諸国行脚(あんぎゃ)の旅】

IMG_5605.jpg


9月に新しいバギーVIENTOⅢ号で旅立ちます。

ヨーロッパ第二弾は来年に延期。今回は2013年の環瀬戸内海ランニングの旅以来久々に国内を走ります。

しばらく会えてなかった人々との再会、初めての出会いを楽しめれば幸いです。


chariotsport.jpg 


今回の旅では(今までの旅と違う点がいくつか)…。

1)旅の資金はゼロでスタート:

今までのように好きな時に好きなものを買って飲んだり食べたりしていた訳ですが、水や食料も現地調達。

ホテルや旅館には基本お金がないので泊まれません。宿は基本テントで野宿。もし皆さんの善意で泊めて頂けるのであればためらうことなくお邪魔させていただきます。

与えて頂けるものは基本拒みません。

いわば托鉢(たくはつ)の旅。

走るために必要なカロリーは与えていただくしかないという状況。

オーストラリア、ナラボー平原での経験も去ることながら、ひもじい思いもするかもしれませんが、食べなくても走れる体を作れればいいのですね。

装備も最小限に…20代の頃やっていた自転車旅行のように、ないならないで済ませる。あるもので間に合わせる…そんなポリシーで旅をします。



2)平和をシェアする旅:

きな臭いニュースが世間を賑わす昨今、人は闘ったり争ったりしなくても生きていけるということを皆さんと共に語り、考える時間を持ちたいと思います。

平和な社会・世界であればこそ、人々は走り、旅をし、笑顔でいられる訳ですから。

行く先々で皆さんと平和な時間をシェアするのはもちろんのこと、ランナーの皆さんと共走できるのを楽しみにしています。




3)講演やトークイベント:

旅の途中できることとして、学校等で講演やトークイベントをやるつもりです。これまでの旅の経験をシェアする場でもあり、元教師ということもありますが、伝えるべきことを特に若い世代に伝えたいと考えています。個々のご家庭にお招きいただき、お話させていただくことも可能です。


7〜8月とフリーター的生活を送りながら、やはり私は走ることで生きていかなければならないのだということに気付かされました。

お金を稼ぐためだけに働くのではなく、好きなことをとことんやって人に喜んでもらえて、同時にそれが自分の生計を立てる手段となるように…。


一人でも多くの皆さんと出会えますように…。

旅の経過はフェイスブックはじめツイッターやブログ等でもお知らせします。

旅のコース上にいる皆さん、いろんな形で応援・サポート頂ければありがたく思います。よろしくお願い致します。


理解ある伴侶・良き仲間に恵まれて感謝感謝感動であります(笑)。

ぴあぴにはいつもいろんな形でアドヴァイスや助言をもらい、必要な時には必要なヘルプ・サポートをもらっています。



行き先は…まず、四国に渡ります。四国一周を考えていますが、旅のスケジュールやルートは一切空白のまま。お遍路のルートも通りますが、PEACE RUNということで特定の宗教に関わることはしません。

旅の計画・詳細については追ってまたお知らせ致します。


do_what_i_like.jpg 

スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/20(日) 20:16:30|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一本歯下駄でリラックス・リフレッシュ・リスタート

【一本歯下駄でリラックス・リフレッシュ・リスタート】

13080_844736855575318_9093954796056410211_n のコピー


一本歯下駄は、無駄な力が入ればうまく歩けない。

特に凸凹のある不整地を歩けばよく分かる。

足首や膝の関節が硬いと転倒しかねない。

全身が柔らかいゴムかこんにゃくになったような気持ちで路面の衝撃を吸収する。

力みすぎず、適当な塩梅(あんばい)で歩くのがいい。

頑張れば頑張るほど無駄な力が入る。いかに力を抜くかがポイントなのだろう。

肩凝りや腰痛、膝痛などは不必要な所に無駄な力が不自然に入るがゆえに起こる現象。

武道でいう「自然体」が身に付くと、全身はリラックスする。リラックスしていると心身ともにリセットされて心地よい。

息を停めず、心が落ち着くように自然な呼吸を…。



心地よい状態が続くと頭と体がリフレッシュする。

物事をリスタートするのなら、心がそんな状態にある時がいい。


IMG_1366.jpg 


一本歯下駄で走ろうとするなら、一本歯下駄での歩きを徹底的にマスターすることをおすすめする。

様々な路面…平坦な舗装路だけでなく、登り・下り、未舗装の凸凹道、歩道の点字ブロックの上、河川敷の砂の上…を歩いてみよう。

足が感じるものをどう受け止めるか…体だけでなく魂で感じられるのが一本歯下駄。


13166008_1046464975402504_4904334191839490662_n.jpg

テーマ:フィットネス・トレーニング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2017/08/19(土) 16:17:27|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は常に新しい日

【明日は常に新しい日】

11888097_913865758662427_5639219649754765130_n.jpg


昨日を引きずらない、って大切なことなんだな。

過去にしがみついてたら先には進めない。過去は歴史でしかない。

過去から学ぶべきことはあるだろう。 

反省も時には必要かもしれない。

けれど、ただ過去を後悔するなんてまっぴらだ。

それでも、反省だらけの人生ってのはすっきりしない。

反省そのものが過去に執着するきっかけにもなりかねないから。

最初からすべてうまくいくという前提で事にあたるのがいい。


朝起きたら鏡を見て、鏡の向こうにいる自分に笑顔で微笑みかけてみる。

鏡の向こうにいる僕は、こちらに向かってどんな思いで接してくれているだろう?

失敗があったとしても、挫折するようなできごとがあっても、ピンチは常にチャンス。

チャンスとは転換期。タイミングなのだ。

あらゆることを柔軟に考えて、「こんなこともあるもんだ」と言えること。

いつでもリフレッシュ…そして、リセット&リスタートできる人生が理想だ。

思い立ったらいつでも好きな所にスタートラインを引けるということ。


「こうでなければいけない」は束縛でしかない。

歳を取ると頑固になり、がんじがらめで窮屈な人生を自ら作り出しかねないものだろうけど、そんなのはあまりにも不自由すぎる。

むしろ「何でもあり」の人生の方が楽しめるし面白い。

あらゆるものを寛容に受け入れられるなら怖いものなし。

ありのままがあるのまま…自分も他者もあらゆる森羅万象も。

まずは目に見えるままを見つめる。目に見えないものは感じるしかないのだから。

今起きているできごとや現象は、ひょっとしたら幻影や幻惑みたいなものなのかもしれないけれど、五感をフルに使って感じられるだけのものを感じてみるのだ。

直感を信じて、こころの赴くままに生きてみよう。

何が正しいとか何が間違っているとか頭で考えるよりも、全身で何を感じるか。

自分が進むべき道が示されるのはそれからだ。

感じるままに自分の道をひた進む。言葉や思想よりも行動の人であれ。

答えを求めようとする前に、なすべきアクションを見つける。

自分自身が最大の良き理解者であるならば、あえて理解者を求める必要はない。

過去が今をつくっているように、今が未来をつくり出す。

原因があって結果がある。未来に向けてどれだけいい原因をつくれるか、今は未来に咲かせるべき花の種まきの時。

繰り返そう…昨日はもう終わってしまった過去の話。

赤毛のアンも言っている…明日は常に新しい日、何の失敗もない…。

希望を持って情熱の炎を燃やす日なのだ。




*お知らせ

ながと旅ランin宇津賀にゲスト参加します!

20840665_136157356991267_8479048988089821629_n.jpg 20882203_136157546991248_1897858819627228157_n.jpg 


詳細はこちら









テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/18(金) 23:59:59|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

低燃費の体を作る

【低燃費の体を作る】

IMGP195.jpg


2013年にオーストラリア横断ランニングの旅では1200キロ砂漠が続くナラボー平原を走ってずいぶんひもじい思いをした。

町もなく、店もなし。ロードハウスと呼ばれる、ガソリンスタンド、モーテル、レストラン、バー、キャンプ場、売店のある複合施設が100〜200キロごとにあるだけ。新鮮な果物や野菜はほとんど手に入らない。

限られた食べ物と水で走れる限り走るしかなかったから、ある意味修行僧のような生活を余儀なくされる。

そういった経験を踏まえて、2014年のニュージーランドランニングの旅では、食べなくても走れる体を作ることをメインにメンタルとフィジカルを変えていった。

実験的に一日の摂取カロリーを1000〜1500キロカロリーで済ませるようにしたのだ。

基本は一日1.5〜2食。

オーストラリアから帰国して一時的に体重が増えたが、食事の見直しで体重も安定。

オーストラリアでは走るスピードが極めてスローで、涼しい時期だったのもよかったのかもしれないが、クラッカーと缶詰とドライフルーツとナッツだけで済ませられた。

今も、野菜や果物、穀物を中心に糖質は少なめ。

お腹が減っていなければ食べない。満腹になるまで食べない。腹6〜7分目で済ませるのがポイント。

人は、食べれば食べるほどお腹が減る生き物なのだと思う。

野生動物のように、お腹が減った時に少しずつ食べては移動するというのがたぶん自然でいいのだろう。

燃費の良い体で効率のいい走りがいい。

かつてのアメ車のように、車体が大きくて重くて、やたら燃費の悪い車では困る。

ウルトラランナーは、日本のコンパクトカーのように、小型で軽く、低燃費で小回りが効く車がいい。


IMGP2341.jpg 


テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/17(木) 23:59:55|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我がミッション〜走ることでできること

【我がミッション〜走ることでできること】

born_to_run_20120426181015s_20140817000311da9.jpg



その昔、僕は自分の殻の中に閉じ込もりっぱなしで、人と出会うことも、人とつながることもあえて避けるようにしていた。

めんどうなことに巻き込まれるのは嫌だったし、本当の自分を内に隠して人に会うことは何よりも自分の神経をすり減らすし、やたら疲れることばかりだったからだ。

楽しいことを見つけようと努力はしているつもりだったけれど、それは根本から間違いであることに気がついた。

日常のいろんな場面で楽しいことがたくさんあったにも関わらず、それに気づかなかっただけなのだということも後から分かった。

きっと僕は、ずっとダークでネガティヴな世界に身を潜めていたのだろう。

天の岩戸を閉ざしてしまった天照大御神のような悶々とした毎日が続き、僕は鬱屈とした人生をただひたすら耐えるだけの日々を送っていた。

お金には困らなかったし、安定した社会的地位と身分もあった。離婚して一人だったからそれなりに気ままな暮らしを楽しんではいた。

ただ、人生において、何か決定的なものが不足していた。10代から30代半ばの僕はそんなじゃなかったはずなのに。

49歳の春に、教師という仕事を辞めた。いろんなしがらみから解放されて、とことん自由を満喫しようと好きなことを好きなだけ楽しむ日々が続いた。

そうこうしている内に、僕は気がついた。

僕に欠落しているもの…それは、野心やハングリー精神。

ぬるま湯につかりっぱなしの人生。苦労を知らずに50年近くのほほんと生きてきたなれの果て。


旅に出よう。旅に出なければダメだ。旅に出て自分自身を磨こう。

そんな思いで、2010年の夏、僕は日本縦断ランニングの旅をスタートさせた。


「PEACE RUN2010日本縦断ランニングの旅」


original_normal_1296669565_150512_20140817000802620.jpg 


それが、人生の転機となるとは思ってもみなかったけれど、一筋の光が差し込んで、僕の人生を照らし始めたのは、まぎれもなくその旅があったからこそ。

あれからずいぶんと時は流れた。

ただの旅人にすぎなかった僕が、アドヴェンチャー・ランナーとして生まれ変わった。

アメリカ横断に始まり、オーストラリア横断、ニュージーランド縦断、そして昨年の西ヨーロッパ走破。

国外で1万7000キロばかりを走り、世界五大陸4万キロの残りは2万3000キロ。



思い返せば、あの当時、未来に対して不安がまったくなかったという訳ではない。

半ば投げやりな気持ちであったが、今はそれでよかったと思っている。


不安ではなく希望を胸に、先は見えなくても、今を一生懸命頑張ればいい…そんな考え方で進んでいけば、きっと物事はいい方向に進んでいくはず。

健全な肉体と精神があれば何とでもなる。そう信じて自分なりに考えた結果だった。


ちっぽけなエゴに凝り固まっていると周りが見えなくなってしまう。そ

れまでの僕は了見の狭い偏屈な人間だったに違いない。


そんな僕も、この7年間、いろんな気付きと学び、出会いと発見があって今に至っている。


そんな中で気付かされたのは、世のため人のためこの世界のために、何を成し得るかということ。

与えられた命と心と体で、魂の命ずるままに、何か人を笑顔に、そして幸せにできることを見つけなくてはならない。

自己満足だけで始めたことがいつの間にか意味を持ち始めたが故に気付かされたこと。

こんな僕にでも、人のため世のためこの世界のためにできることがある…そういった思いが今の僕を作り上げてきた訳だ。



まだまだ発展途上ではあるけれど、修行と修練はこれから先も続く。

自分を磨き、少しずつ完成に近づけていく。

一人の人間をひとつの作品と考えるならば、僕が完成するのはこの世で迎える最期の瞬間。


立ち止まらず、振り返らず。ゆったりまったりでいいから、じっくりゆっくり前に進んでいこう。

怖れるものなど何もない。

僕とつながっている人たちがいろんなところでパワーとエナジーを送ってくれているはずだから。

太陽のようにいつも明るい笑顔で、深く静かに流れる川のように穏やかな人でありたい。



peace_run_2010_poster_20140817000310d78.jpg 




*明日の朝6時50分、「おはよう日本〜まちかど情報室」をご覧ください!




テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/16(水) 23:16:34|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード