FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

#招福ハレルヤのプロ魂

 【#招福ハレルヤのプロ魂】

51812004_2086188698096788_4149318813189406720_n.jpg


久々に#招福ハレルヤ の外でのライヴを見に行った。

ぴんぽん地球ス(テラス)内でのライブなら難なく見れるが、ライブハウスでのライヴは平日が多く、仕事が終わってから行っても間に合わないし、黒猫アリだけを古民家に一匹残して家を空けるのも気が引ける。

今夜はエマージェンザ・ジャパン2019というオーディションイベントで、いくつかのバンドが演奏した後、視聴者の挙手によって選抜するというもの。

計8組のバンドが出演していたが、多くは10〜20代の若者たち。そんな中に紛れて50代半ばの駆け出しバンドが出演というのも面白い。

午後8時からの出演、いつもなら撮影スタッフとして同伴するのだが、今回は早い時間のリハーサルもあって彼らはお昼すぎに富田林を出発。私は近鉄で大阪阿部野橋へ、そこから早歩きで4キロ先の心斎橋AtlantiQsというライブハウスに向かった。

7時半ごろ到着。チケットを買って中に入る。お客さんとしてライブを見に来るのは久しぶり。

タバコ臭い…いつになったらライブハウス内は完全禁煙になるんだろう?

狭い会場、6番目のバンドが終わろうとするところだった。

バーカウンターでプレミアム・モルツをもらって飲み始めたら隣である男性がタバコを吸い始めたので通路の方に避難。

でも煙はその場に蔓延。

8時を少し過ぎて#招福ハレルヤ の出番だ。プロジェクタとスクリーンを用意。音を出しながら映像も見れるという配慮。

だが、ここに至って音が出ない…というトラブル。

「生歌で行こう」と芝田吾朗さん。妻のぴあぴとアカペラで歌っている内に音が出た。

ぴんぽん地球ス(テラス)内でのリハーサルではうまく行っていたはずなのに…。

30分ほどしか持ち時間がないのでMCもほとんどやる時間はない。

彼らを初めて見た観客達はじっと二人の歌に耳を傾けている。次第に手拍子も起こり、曲が終わる度に拍手の数も増えてくる。

歌って動き回っている内に二人はさらに熱くなって狭いステージ内を駆け回る。ぴあぴは「ホカロンが熱い」と…(笑)。


これまでライブハウスでいろんな若者たちのバンドのライブを見る機会があったけど、やたら楽器のテクニックにこだわろうとする傾向があって、肝心の歌に伝わるものがない。

さらには楽器の音が大きすぎて、そんな中でパフォーマーは絶叫しているのだが、歌の歌詞もわからない。

そんな中で、#招福ハレルヤ のライヴは他とは何か違うものがあるのだろう。会場内の若者たちは五感を研ぎ澄ませて彼らのパフォーマンスに惹かれていくのだった。


いい感じで盛り上がっていくと再びトラブル…スクリーンの画像は消え、またオケの音が出なくなってしまった。

PCとキーボード担当のシゲゾウさんが必死で復旧に努めるが、もう時間は残りわずか…。

やむなくキーボードと生歌でラスト一曲「Seven Colors(セブンカラーズ)」。

オケがあればもっと盛り上がる曲だが、アコースティック調にしみじみ歌うのもいい。

ごきげんな様子でキーボードを弾くシゲゾウさんの前で、吾朗さん・ぴあぴともに終始笑顔…笑顔を絶やさないで気合を入れて歌い続けている。

観客以上に盛り上がる3人のパフォーマンスに刺激を受けてか、私もサビの部分で思わず「イェーーーーーイ!!」と絶叫してしまった。


こんな時、経験の浅いミュージシャンならメンタルが崩れてしまって呆然と立ちすくむのだろう。

ネガティヴな状況がさらにネガティヴマインドを引き起こす。


メンバーの吾朗さんとぴあぴ、シゲゾウさんらはみんなメジャー経験者。

さまざまな現場(舞台)を経験してきた中でいろんなことがあったはず。

経験の引き出しがあればこそ、あらゆる場面での対応も心得ている。

プロの世界の酸いも甘いもひと通り経験してきたからこそ、シンガーとして歌うことの真髄を今なお追い求めることができる。

ステージにひとたび上がれば歌うことに全力を注ぐ。それは至極当然。

自分が歌う歌に責任を持つのは当たり前、さらにはその歌で人の心を揺さぶることがミッション。

それに伴って、自分たちが楽しめればいい…そんなプロ魂を感じた今夜のライヴ…。


パフォーマンス後の挙手では、嬉しいことに、初めて彼らを見た人々も手を挙げてくれていた。

きっと「いいものを見せてもらった」という思いだったのだろう。

人の心に響くもの…それが歌であれ言葉であれパフォーマンスであれ…を誰かに(それもできるだけたくさんの人々に)伝えられたら言うことはない。それこそが幸せだと思う。



‪突発的に起こるトラブルやハプニングでさえ楽しむことができる。

逆境の中で試されている自分をワクワクドキドキしながら俯瞰できれば怖いものなんて何もない。

そう、すべて最後はうまくいく…そんな希望的観測で人は幾らでも楽観的な生き方ができるものなのだ。

‬曰く「笑う門には福来る」。

#招福ハレルヤ 万歳!!


この日のぴあぴのフェイスブック投稿…





*彩湖エコマラソン10キロに一本歯下駄部門!

SaikoGeta.jpg 

昨年初めて一本歯下駄部門が特設されましたが、今年も一本歯下駄ランナー大歓迎!

詳細はこちら





*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら


*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



ecomarathonflyer.png 

大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

3月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は3月15日、完成・発送は4月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/02/16(土) 23:49:37|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天球ぴんぽんず活動休止前の最後の大阪ライヴ

 【天球ぴんぽんず活動休止前の最後の大阪ライヴ】

43742116_1924546104261049_3535832084130037760_n.jpg 


スペースシャーマン天球ぴんぽんずが活動を休止する。

本日のライヴが活動休止前の最後の大阪ライヴだという。

活動休止期間については何もふれられていないが、数日との噂もある(笑)。


44840016_1924545234261136_5298483359578587136_n.jpg 43712914_1924545690927757_4574803618133180416_n.jpg 


ベース(ギター)のシュガーさんがインディアンジュエリーの店「いいな」をオープンするためしばらく活動休止なのだとか。

2012年から天球ぴんぽんずのライヴに足繁く通うようになってはや6年。

たいていのライヴに顔を出し、その都度写真を撮っていたが、

一番感動的なのは、2013年、ぴあぴと婚約して間もなくオーストラリア横断ランニングの旅にスタート。

1200キロ砂漠が続くナラボー平原に予告もなく突然天球ぴんぽんずが現れ、「空」を歌ってくれた。





ナラボー平原を走っていた時はもちろん、その後のニュージーランド縦断、西ヨーロッパランニングの旅でもヘッドフォンステレオでは必ず天球ぴんぽんずのナンバーがいくつも入っていた。

2012年辺りは歌詞のある歌は「凛カーネーション」くらいしか歌っておらず、それ以外はインプロ(即興)でのライヴ。


44805155_1924545347594458_1964047007832080384_n.jpg 


この数年は新曲もいくつかあって、「ストロベリーヒーリング」や「すみれロード」などお気に入りのナンバーもライヴで歌うようになってくれて嬉しかったのも束の間。


44811922_1924545804261079_4219678348957188096_n.jpg 




ぴあぴが「ぴよぴよ」名義でメジャーデビューした20数年前に歌っていたアニメ「らんま1/2」のエンディングテーマ「虹と太陽の丘」をアコースティックでリメイクした「虹と太陽の丘2017」も最高に素敵だった。




しばらく歌ってなかったこの歌を歌って欲しいと思っていただけにありがたかった。


残るゴローさん、茂造さん、ぴあぴの3人で作られた#招福ハレルヤが、既に天球ぴんぽんずに代わって活動を始めている。



Over50の”めでたいPop”ユニット#招福ハレルヤの ♪ 招福ハレルヤ 2018年9月4日


天球ぴんぽんずの復活を気長に願いながらも、#招福ハレルヤを応援したい。


44837898_1924545640927762_8488055884679741440_n.jpg 

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦が撮影・編集した天球ぴんぽんず動画

YouTube天球ぴんぽんずのぴんぽんチャンネル





*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカで被災地復興支援

prp1.jpg 



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカ(写真上)を一枚ご購入いただくと500円が被災地復興支援義援金として寄付させていただきます。


11月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は11月15日、完成・発送は12月中旬になります。


*詳細はこちら


*申し込みは11月15日まで。


9月分の売上は8枚、1枚500円☓8=4000円。今後の売上と合わせてまた寄付先を検討させていただきます。



10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/25(木) 23:05:17|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の夜長にジャズピアノ

【秋の夜長にジャズピアノ】

珍しく音楽ネタ…

たまにはジャズもいい。それもピアノだ。

心安らぐ時間に聴くのであれば、ジャズバラードが一番だけれど、特にこだわらなくても良しとする。




Thierry Lang - Guide Me Home


今日のオススメはスイス出身のジャズ・ピアニスト、ティエリー・ラング。

最初に聞いたCDがこの「ガイド・ミー・ホーム」だった。

クイーンのヒット・ナンバーがピアノアレンジされているのに驚いたが、ティエリー・ラングのマネージャーが、かつてクイーンのマネージャーをしていたジョン・ビーチだったということで納得。

フレディ・マーキュリーのドキュメンタリー・フィルム“The Untold Story”のBGMに使われた「ボヘミアン・ラプソディ」などクイーン・ファンにも楽しめる選曲が嬉しい。

「リフレクションズ」のシリーズ(Ⅰ~Ⅲ)も試聴することなく、ただ勢いだけで購入したが、すべて期待通りだった。メロディ・ラインの美しさが際立っているだけでなく、時には繊細な音作りにこだわりが見られる。

ヨーロピアン・ジャズもその国によってカラーが異なる。

その土地が持つ特性というか、土のにおいにも似た何かが違うように感じるもの。


哀愁の漂う秋風を頬に感じながら、夜空をバックに聴いてみたい。


1610_ehonlive_3-700x466.jpg



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカで被災地復興支援

prp1.jpg 



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカ(写真上)を一枚ご購入いただくと500円が被災地復興支援義援金として寄付させていただきます。


11月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は11月15日、完成・発送は12月中旬になります。


*詳細はこちら


*申し込みは11月15日まで。


9月分の売上は8枚、1枚500円☓8=4000円。今後の売上と合わせてまた寄付先を検討させていただきます。



10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2018/10/23(火) 18:39:59|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一度明日を信じたい

【もう一度明日を信じたい】


「信じるものは救われる」という言葉がある。

神や仏のみならず、何(誰)かを信じることである種のパワーが生まれてくるということだ。


ビートルズが歌った「イエスタディ」では、昨日まであったものが今日失われてしまう。だから「昨日を信じていよう」と歌う。



The Beatles - Yesterday



「昨日」を信じることが、今日を生きる彼らのエネルギーに変わっていくのだ。

ある意味で、これは非常にネガティヴな発想なのではないかと思われるが、希望に満ちあふれた「明日」が彼らの時代にはなかったからなのだろうか。

そういえば、かの詩人高村光太郎も「道程」という詩の冒頭で「僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる」と詠っている。




時間が前に進んでいくのは、失くした恋を取り戻せないのと同じようなもの。

愛しい人との永遠の別れ…それはこの世で一番悲しいことなのかも知れない。

それは、昨日と決別して新しい今日という日を迎える瞬間のよう…あるいは、今日という日に永遠の別れを告げて明日を受け入れることにも似ている。



しかし、連続する時間軸の中では、「昨日」も「明日」も結局は「今」という時間の繰り返しでしかない。

「昨日」がどうだったにせよ、「明日」がどんな日になろうとも、潔く今日と決別する自分を冷静に見つめている…そんな生き方を実践できればこそ「明日」を信じていける訳だ。



ビートルズが「昨日を信じて…」と歌ったけれど、僕は明日を信じよう。

一歩ずつ、ゆっくりと一歩ずつ前進していくランナーのように、ただ前だけを見つめて走り続けることが、僕にできるすべて。





「Believe」 岡村孝子



岡村孝子が歌う"Believe"では、昨日も今日も、すべてひっくるめて受け入れた上で「もう一度明日を信じたい」と歌の中のヒロインが心に誓う。


「きっと誰もが進むのね 悲しいけれど」


そう、確かに悲しいこと。でもそれを吹っ切って進んでいくしかない。


「さよなら 私が決めた答えだから」


別れた過去があるけれど、出会う未来もあるというもの。

そして、今日を精一杯、全力で生きていこうとするから未来はさらに輝けるものになる。

未知なる可能性は、昨日より今日、今日よりも明日に秘められているのだ。



信じるものは確かに救われる…のかも知れない。

いや、言い換えるならば、明日を信じる力があるからこそ、過去にとらわれず、つまらないことにこだわらず、自分を拘束しようとするあらゆるものにしばられずに、今日をありのままに、あるがままに生きていく自分でいられるのだろう。



解き放て自分を…明日に向かって突っ走れ!



テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2018/07/03(火) 20:48:46|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログ時代回想

【アナログ時代回想】

19702033_1413200912062240_193509690053979748_n.jpg


1979年の今頃、ソニーのステレオカセットプレーヤーウォークマン第一号機(TPS-L2:写真)を手に入れた。

2万円近くしただろうか、新しいものには目がなかった僕は、酒場でのバイトの給料を使って日本橋の電気店でためらわず購入。

テレフォンショッピングはあったかもしれないがネット通販なんてのはまだなかった。

部屋にはステレオがあったし、スピーカを自作したりして、個人的には割と音にこだわっていた。

時代はディスコブーム全盛期。でも、僕がよく聴いていたのはAORやウエストコーストロック。

当時はまだ僕がランニングに目覚める前で、音楽を聞きながら自転車で走るのが日々の楽しみだった。

FM放送の音楽番組からエアチェックしたり、LPレコード(CDが登場する以前)から録音したりした曲をカセットテープに入れる。

60分テープや90分テープに入れられる曲数も限られていたが、それでもアウトドアで音楽が聞けるというのは画期的なことだったし、ノリノリ気分で毎日を楽しんでいた。


カセットテープやMDは断捨離で一掃処分したが、今も一部手元に残っているLPは30センチという結構大きなサイズ。

高校時代は仲間たちと話し合ってそれぞれ別のアーティストのLPを購入。

頻繁にグループ内で貸し借りをやっていた。

大学時代になってからレンタルレコードというビジネスもスタート。

学生街の古本屋さんがいつの間にかレンタルレコード店になっていた。

LPのジャケットもまた素敵なものがたくさんあった。

j11922004.jpg


あの時代、確かに音楽は芸術だったのだと今しみじみ思う。


80年台半ばあたりから、CDが登場。

僕が最初に買ったのはボストンのデビューアルバム「幻想飛行」だった。当時3200円したのではなかったか?

シングルヒットとなった「宇宙の彼方へ」は1976年、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」と同じ時期に作られているが今聞いても新しい。


CDは圧縮されて均一化されたその音質とジャケットサイズにいろいろと不満があったが、そこから音楽というものが変化し始めたのではなかろうか?

その後MD(ミニディスク)が登場し、カセットテープは衰退。さらにはMP3というものに取って代わる。

今や音楽は書籍と並んでデータとして配信される時代。実体のない空気のようなもの。

街からレコード店が消え、と同時に街の本屋(個人書店)が消え、新聞を読む人間も絶滅危惧種となりつつある。

バブル以降に生まれた人間には、便利なものだけが素晴らしいものという考えが定着してきているようにも思う。

時代はどんどんデジタル化してPCやスマホが扱えない人間は社会不適応のレッテルを貼られてもおかしくないようなことになってきている(気がする)。


ウォークマンを買って最初に聞いた曲はイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」だった。



デジタルが当たり前ではなかったあれらの素敵な時代に、僕らはどうやらたくさんの忘れ物をしてきてしまったようだ。


*参考:30秒でわかる、音楽メディア30年間の変遷の歴史



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/07/01(日) 23:38:55|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード