FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

水木しげるさんの幸福の七ヶ条

【水木しげるさんの幸福の七ヶ条】

E02C7942-E17D-4C3D-A3B9-66E80019A972.jpeg


第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい。

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。


*****


水木 しげるさんが亡くなったのは5年前の今日のことだった。

日本を代表する漫画家。「ゲゲゲの鬼太郎」はその代表作。妖怪漫画の第一人者とも言われている。

大阪府大阪市住吉区で生まれ、その後鳥取県境港市に移られたという。

2010年のNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」では一躍注目されたが、奥様の武良布枝さんが著した自伝エッセイが元になっていた。

大正時代に生まれ、激動の昭和から平成を生きてこられた方。

戦争でラバウル島へ。爆撃で左腕を失い、現地の野戦病院で療養し、現地人のトライ族と親しくなったことで、終戦の際にトライ族との永住を望み現地除隊を申し出るが、説得され断念という経歴も興味深い。


上の七ヶ条にある水木さんの思いは、これまでの人生を旅を通して見てきた私にも通じるものが多々ある。

平和を愛するが故に、世の中を成功や栄誉や勝ち負けだけで捉えてはいけないという教訓が生まれる。

不器用な人間であれば、なかなか自分の才能を生かせないのだろうけれど、好きなものをとことん極めて、ナンバーワンになれたらいいけれど、たとえなれなくてもオンリーワン(唯一無二)の存在になることで道はきっと開けるという考え方。

嫌なことはやらなくていい。好きなことを楽しむ生き方を大切にするということ。好きこそものの上手なれ。

「好き」であることがパワーとエナジーを生み出す訳だ。

水木さん自身が好きな漫画で生きていくことができたのはこう言った考え方がバックグラウンドにあるからだろう。

努力は人を裏切る…は一瞬ドキッとする言葉だが、頑張りすぎることが人をダメにするということか。

おそらくは、自分のキャパシティを超えるような努力は無駄であるという戒めだろう。

才能があってもそれを認めて活かしてくれる人との出会いがないとお金にはつながらないということだと思う。

それ故に、怠けることを奨励しているのが水木さんらしい。

頑張りすぎない。むしろ怠けること。

これは自然な生き方を実践せよ、直感を大事に…ということだろう。

最後にある「目に見えない力を信じる」は奇跡や魔法の存在を意味していると思う。

予想さえしない奇跡的なことで救われた(急死に一生を得るような)経験を持っている方なら、起きているできごとそのものにとらわれず、その裏に隠れた意味や理由を考えるはず。

宇宙とつながっているということを絶えず意識して、全て最後はうまくいくという思いを絶やさずに、いつものほほんと楽しく過ごしていればきっと人は幸せになれる。

世界の平和を願い、そのために人とつながり、みんなと共に笑顔でいられること。

漫画という水木さんが最も愛するメディアで、平和の大切さ・尊さを訴えることが彼のミッション。

そのミッションを最後まで貫き通せたというのは彼にとっても本当に幸せなことだったろう。

アーティストは命果てても作品は後世に残され受け継がれていく。

少年時代にリアルタイムで「少年マガジン」で読んでいた水木さんの作品。

数多くの作品を残した水木さんの漫画を今一度改めて読み直してみたい。


水木さん、あの世でもまだ楽しく漫画を描いていることだろうか…。


ACDB5899-083A-4030-9C09-9CD04362E259_1_105_c.jpeg 





スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2020/11/30(月) 09:23:02|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が道を行く

【我が道を行く】

12301616_957320580983611_2090464316264569399_n.jpg 


俳優であれ役者であれミュージシャンであれ冒険家であれ、好きなことだけをやって生きていくのは簡単なことじゃない。

簡単なことじゃないけれど、本当に好きなことなら簡単じゃないことでも楽しめるはず。


ただ単に時間と労力をお金に変える生き方は個人的にはあまり好きじゃない。

どうせなら人を笑顔にして自分も笑顔になれるような何かをクリエイトできればいい。

楽しいことをやって社会に貢献できれば言うことはない。


自分にしかできないことを自分なりの方法で取り組んで、人に喜びを提供できるのが本来の意味での「仕事」かもしれない。

そのためには、まず自分自身が今やっていることをとことん好きになれること。

と同時に、これに関しては自分がナンバーワンだと自負できるように、それをとことん極められること。

プロとしての誇りと自信を持てないのであれば、それは単なる趣味レベルでとどめておくのがいいのだろう。


「これをやるために生まれてきた」

そう言えるものがあるならばそれはミッション。

そのミッションを最後の最後まで果たすこと。

ミッションとは、取り組んでいることをとことん極めることでもある。

その道のナンバーワンであればいいけれど、そうでなくてもオンリーワンでもいい。


まだまだ道は遠いけれど、この道に間違いはないと今なら言い切れる。

振り返らず、立ち止まらず、一歩ずつ全力前進!!

22041906_1490761894306141_3579805704628311006_o.jpg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/11/25(水) 23:21:31|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学ぶ

【学ぶ】

13239084_1052995894749412_4963493100717781081_n.jpg


教員時代にも生徒たちに何度も繰り返したことだけど、今も自分に言い聞かせていること…

人から「教えられる」のではなく、自ら「学ぶ」姿勢…

それってとても大切。

何でもかんでも知識や情報を鵜呑みにせず、「?:疑問を持つこと」も忘れない。

本やメディアなどから得た知識や教養だけではなく、自らが求めて選んだことで得られる経験を通じて自分の感性を磨くことで、人はより自分らしく生きていけるもの。

インターネットでいくらでも情報が手に入る時代であればこそ、自分の五感を使って知識や経験を得る、それこそが学びと呼ぶべきものなのだと思う。


13080_844736855575318_9093954796056410211_n のコピー 


「学ぶ」というのは、結局の所、自分というフィルターを通してこの世界をどう目に映し(観る)、どう捉えるかということなんだろうな…。

そうやって得られたものが自らの人間性を磨くし人格を創り上げていくのだろう。

曇らぬ瞳で、好奇心を持って、この世界のありとあらゆるものを観ていこうと思う。

そのためには、時流に流されることなく、世相に翻弄されることなく、ブレない自分軸を確固として維持していくことだ。

自分が求めるべきものをしかと見据えてひたすらにひたむきにひた進むこと。


まだまだこの世界は知らないこと・わからないことだらけ。

一生をかけて学ぶべきこと・知るべきことがたくさんある。

老いている場合ではない。成長し続けなきゃ…(笑)。







テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/11/02(月) 06:08:37|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直感を信じて今を生きる

【直感を信じて今を生きる】

4ABD5082-3A96-4DC7-9212-47BAC06D3C71_1_105_c.jpeg


直感で生きることの大切さをあれこれ感じる日々。

食べ物でも持ち物でも人間関係でも仕事でも、いいか悪いか、正しいか間違っているか、直感で感じることはしばしば。

我慢や犠牲、罪悪感や自己嫌悪を感じるものは大抵間違ったこと。

何度も同じ間違いに直面したら、それは必ず繰り返される。

ゲームと同じで、そのステージをクリアしない限りは次のステージに行けないということだ。

僕にとっては経済的な自立において、度々この手の問題が浮上する。

雇われてお金をもらうことは決して悪いことではないのだけれど、自分の才能や特技を活かさずして生計を立てるのはやはりよろしくないということ。

妻にはそのことで窘められることばかり。

「いつまで逃げてるの?」と叱咤激励されながら何とかここまでやってきた。

そうやって支えてもらっていることに感謝の念は絶えないけれど、まだまだ僕は未熟者。

精進しなければいつまでも同じところに停滞するだけ。

気持ち一つで全てはクリアできるのかもしれない…間違いなくそうなのだと思う。


6B41008B-1DF0-49D6-9B67-27DF94802FAA_1_105_c.jpeg 


過去にブログやツイッター、フェイスブックでもあれこれ自戒の念を込めて書いてはいるけれど、形式だけで終わってしまって自分の学習にはなっていないことばかり。いわゆる「綺麗事」。

「前に進むのか諦めるのか…?今やるのか永遠にやらないのか?」

自分の中のもう一人の自分が絶えずそう問いかける。

積み重ねてきた経験はもはや掛け替えのない財産と同じ。

それらはいつか必ず自分を支えてくれる強みとなるはず。

一本の道を二本の脚で走り続けてきたからこそ今のアドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦が存在している。

いい加減にそれに気付かなければ…。


10929010_811347685580902_1807895212377856273_n_2020081006145053d.jpg 


今という時代しか生きることができない僕らにできるのは、今この一瞬を精一杯生きること。

将来の夢や目標を持つのはいいことだけど、未来に対して恐れや不安ばかりを持ってしまうと前に進めなくなってしまう。

今を生きることこそが、今を楽しむこと、先のことはその時が来たら考えればいい。

「すべて最後はうまくいく」

そう信じていれば実際にうまくいくものなのだ。


辛いことも苦しいことも楽しんだ者勝ち。

辛いこと苦しいことを、当たり前のように「辛い」「苦しい」と思えば、普通に辛く苦しいものになるのだろうけれど、「楽しい」と思ってしまうのであれば、それはまた違ったものになるのかもしれない。

あらゆるものは心のあり方次第。


14047238_1117743428274658_2874479051875476340_o.jpg 


時間にとらわれない。

限られた人生なのかもしれないけれど、そんな時間の中でも僕たちには無限の可能性が秘められている。

だからこそ、やりたいことは、生きている内に、ためらわず迷わずやってしまうこと。

夢は見るためにあるのではなく実現するためにある。

そして、人生は謳歌するためにあるのであって、後悔するためにあるのではないということ。


きっと、時間はどこにも流れていかない…蓄積されていくものなのだ。

今この一瞬が既に永遠…そう思える生き方を…。


11754443_903059189743084_3559485079225064707_o.jpg 


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/24(土) 20:15:25|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化を恐れない

【変化を恐れない】

15824C7F-1843-48EC-9B70-5B5D3B81BECA_1_105_c.jpeg 


走ることがさほど好きじゃなかった僕

10キロも走れなかった僕

フルマラソンにチャレンジしてみようと思った僕

フルマラソンを完走した僕

100キロも走れるようになった僕

走ることが大好きになった僕

走って旅をしようと思った僕

世界五大陸4万キロを走ろうと心に決めた僕

残りの人生を走ることに捧げた僕

考えてみれば 過去の自分も今の自分もすべて同じ僕なのだ


人は変わろうと思えばいくらでも変われるもの

結局のところ生きて行くというのは

変化を受け入れて前に進んでいくこと

変化を恐れないこと

むしろ恐れるべきは変わらないこと

変わらないというのは居着くこと

そして 淀んでしまうこと


その場その場にふさわしい自分になれるように

なりたい自分がヒーロー/ヒロインであるならば

自分自身もまたヒーロー/ヒロインになれるように

気持ちひとつであらゆるものもが変わる 変えられる

変わるというのは素敵なこと

変えられる自分がいるというのもまた素晴らしいこと


今日の僕は昨日とは違う僕

そして 明日はまた今日とは違う僕がいる

常に新しい僕でいられるように…


誰もがみんな変わっていく

変わることを恐れていてはいけない

変わるが故に成長するし

変わるが故に発展する

変わらないものには命なんていらない

だから 喜んで変化を受け入れよう


FC0E7310-6237-41E2-AD14-7899F18DD944_1_105_c.jpeg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/12(月) 04:55:41|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード