KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

山に魅せられて

【山に魅せられて】

20170812212120e10.jpg


山岳は人類の故郷である。

吾輩の遠き祖先はこの森に山に生活してゐた。

文化の惰力は今や天地創造の神の法則から脱線しつゝある。

危ない哉!恐るべし!人類は将に己の武器で自殺せんとしてゐる。

燦たる文明の光の裏にもなほ生存競争の悪魔は潜伏しているではないか!?

暗き森!高き山!これぞ實に神の住ひであり天國へ通ずるの門口である。

行け!急げ!森に!山に!

探れ!無盡の寶庫!

叩け!天然の偉大なる学堂を!

鍛へ!抜山蓋世の大和魂を!

洵に山巓は神の聖壇である。



---岡本勇治「世界の名山 大台ケ原山」から




*******




祖父岡本勇治は植物学の研究で知られた人であった。祖父は、植物学者牧野富太郎氏や小清水卓二氏とも交流があり、95歳まで生きた牧野氏に比べ、33歳という若さで他界したがために、さほど名を知られるまでには至らなかった。

しかし、実家に帰省していた昨日、父からもらった一枚のコピーに、上記のメッセージがあり、「岡本勇治」でネット検索していると変愚院さんの「ペンギン夫婦の山と旅」というブログにヒットした。

そのブログの記事「世界の名山・大台ケ原」では祖父の著書が紹介されていた。

大正12年発行で、文体は上記の通り文語調。難解な言葉がやたら多く、辞書なしでは完読は難しいかと思われる。


祖父といっても母の実父であり、母が2歳の時に亡くなっているので、母自身も祖父に関する記憶はほとんどなく、母は主に祖母や兄から祖父の人となりについて聞かされていたようだ。

しかし、上のメッセージを読んでみて、自分自身の中にも確実に祖父のDNAが含まれているということを直感した。



過去に一度だけ大台ケ原を訪ねたことがある。もう20年以上も前のことだ。

文明に汚染されていない大自然の中で、自分自身が妙にハイな気分になるのを感じた。それはランナーズハイにも似たものかもしれない。

最近、山に行く機会が増えてきて、やたらと野性に返ろうとする自分自身に気づく。それは、この時の感覚がじわじわと蘇ってきている証拠だろう。

祖父が上のメッセージを書いた際には、明らかにこれと同じ感覚があったに違いない。

それを、仮に「ネイチャー・ハイ」と呼ぶことにしよう。

野性に返ろうとする生き方、自然回帰の思想がそこには息づいている。

古来、修験者たちが自然の中に神を見出した理由が、最近何となく分かったような気がする。


近々、祖父を偲んで大台ケ原に行ってみようと思う。




スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/12(土) 20:59:57|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末は野性に返る

【週末は野性に返る】

18447532_1364121020303563_9212037425726854904_n.jpg



トレイルを走る時、内なる自分の野性に目覚める。

前世は獣だったか、あるいは先人類だったか…。

とにかく、大地を自分の二本の脚で走ることが心地よく、コンクリートジャングルではテンションも下がる。

木々の芽吹きの薫りや、目に優しい新緑が違和感なく、ようやく自分のいるべき場所に戻ってきたという感覚。

僕の前世はやはり修験者か獣だったのかもしれない。

文明から遠ざかって、ありのままあるがままの自分でいられることが何よりも貴重な時間。

誰にも何の指図も受けず、自分の本能の赴くままにいることが歓び。

どこに行けばいいのか考える必要もなく、ただ原野を駆け巡るだけでいい。

興味関心の対象は、自分自身の心臓の鼓動。

あるいは大地との一体感、あるいは、宇宙とつながる時間。

太古の昔から、僕の意識はここにあったと悟ることができる。

どこかに行こうなんて野暮なことは考えない。

どこかに移動するために走るのではないのだ。ただ、移動するその過程のみを楽しめればそれで十分。

自分自身が、母なる大地の、大いなる自然の一部として存在できればいい。


18425239_1364120830303582_5445978120194170007_n.jpg





【活動支援のお願い】

10245343_682345461814459_4177399859602102335_n.jpg 


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」
がスタートしてはや6年め。

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の取り組みもこれからが正念場となっていきます。

「PEACE RUN2014 ニュージーランド縦断ランニングの旅」と「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」ではクラウドファンディングを利用しましたが、次回のプロジェクト「PEACE RUN2017ヨーロッパランニングの旅PART2」では企業・法人レベルでのスポンサード・協賛をお願いするつもりで現在取り組んでいます。

もちろん個人レベルでご支援頂けるスポンサーも引き続き募集しています。

活動支援についての詳細は
こちらで…





【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/05/14(日) 22:37:37|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金剛山

【金剛山】

17156109_1293533217362344_118595389228790078_n.jpg 


どんよりとした朝の空、香楠荘での仕事の前に、朝のトレイルを独り占め…

ダイヤモンドトレイルをたどって香楠荘から約20分…久々にやってきた金剛山頂!

早くからボランティアのおじいさんたちがゴミ拾いをしてくれていた。

早朝7時過ぎでも結構登山客がいる。ほとんどがおじいちゃんばかりだったが…。

みんな元気だ。山を登るから元気なのだろうけど…。


17155530_1293533210695678_6671057968460855359_n.jpg 

あまり知られていないのだけれど、この標識があるのは国見城跡の広場。実際の山頂ではないのだ。



kongozan15.jpg 

以下は、ウィキペディア「金剛山」から抜粋…



標高1,125m。最高地点は葛木岳(かつらぎだけ)といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされている。他に湧出岳(ゆうしゅつだけ)1,112m、大日岳(だいにちだけ)1,094mのピークがある。大阪府の最高地点 (1,053m) がこの山の中腹にあり、その旨の標識が掲出されている。三角点は湧出岳に設置されている。

*****


17155990_1293533214029011_7999155263030400831_n.jpg 
葛木神社


17155785_1293533284029004_5871189929459305144_n.jpg 

帰りの途でちはや展望台に登る。晴れていればもっと眺めが良かったのだろう。

16997669_1293533307362335_5189659126200564061_n.jpg 


修験道の開祖役小角(えんのおづぬ)や南北朝時代の楠木正成(くすのきまさしげ)と縁の深いこの山で、僕が走っているのもきっと何か意味があることなのだろう。


17190431_1293533220695677_8422549269083110935_n.jpg 


山の朝の空気にふれているだけで、とてもすがすがしい気分になれる。

元々、僕は山に生まれたのではないかとさえ思わされる。

山の精霊に取り囲まれているかのような不思議な感覚…。

仕事前、わずか一時間足らずのトレイルランだったが、十分にリフレッシュできた。


16998893_1293533324029000_7230645407255441756_n.jpg 


久々に山から下界に降りてきて感じるのは街の喧騒。

人と車が集まれば空気も汚れるしやかましくなる。

文明とは人間にとって都合のいいように自然に手を加えること、時として本来の自然環境を破壊することでもあるのかもしれない。

人そのものも自然が創ったものであるということを忘れてはいけない。


今は雪のない金剛山、毎日のように登山される年配のハイカーも多い。


17156155_1293533350695664_657870712315836734_n.jpg 

17103439_1293533310695668_8080855605181136785_n.jpg 


金剛山登山情報  

香楠荘ホームページ  

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/06(月) 21:00:50|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山を愛する者として

【山を愛する者として】

20170304221517d2d.jpg


山の朝の、凛(りん)とした透明な空気が好きだ。

晴れて風のない、静かで穏やかな時間、周りには誰もいない。でも、僕は何か特別な空気を感じている。

長年生きて来て深い経験を積んだ老翁が、じっとそばに座って、無言で僕のことを見守ってくれているかのよう。

山の高みから眼下に広がる世界を見れば、改めて自分自身のちっぽけさに気付かされる。

まるでそれは、一本歯下駄を履いた時に得られる感覚のよう。自分が別の人間に生まれ変わって、今から新しい自分になると心に決める瞬間にもどこか似ている。

高みに立つということは、それだけ意味と価値のあることなのだろう。

高みに登っていくのは決して楽なことではない。

世界五大陸4万キロランニングの旅は、水平移動が中心になるけれど、山を歩くというのは垂直移動の旅。遠くを目指すか、高くを目指すかの違いこそあれど、自分自身の二本の脚(簡単に言うと人力)で移動し続けることに意味や価値を見出すという点では極めてよく似ている。

点から点の移動だけではない。移動するプロセス(過程)そのものを楽しむこともまた大切なのだ。

どれだけ時間がかかるかわからない。どんなトラブルやハプニングが起こるとも知れない。自分に何か特別な変化が生じることもあるだろう。


2017030422151618b.jpg


「覚悟」というほど大げさなものでなくてもいい。「何があっても大丈夫、すべて受け入れて楽しめるから…」と思うだけでも十分。

心穏やかに笑顔で…前に向かって進んで行けば、トラブルやハプニングに見舞われることもない。

そして、山に惹かれる人たちも、そんな感覚をいつも感じていたいと思うが故に、あらゆる山の頂きを目指すものなのかもしれない。

僕は山のプロでも何でもないが、山は大好きな場所のひとつ。海と山、どちらで死にたいかと尋ねられたら、迷わず「山!」と答えるであろう一人。

「今日もいい人生を送ろう」

山の懐に立って、眼下に広がる世界を見ながらそう自分に言い聞かせる時、山は黙ったまま何も言わない。

何も言わないけれど、僕の気持ちを十分に汲み取ってくれているのだと僕は勝手に思っている。

山の心は山に登らなければわからない。山に登ればこそ分かるもの。

こまめに金剛山に登るようになって40日を超えた。

まだまだ山のことはわからないことだらけ。でも、僕が求めているものが山にあるということだけは間違いない。


20170304221514460.jpg

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/04(土) 22:21:13|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室内でアウトドアを楽しむ

 【室内でアウトドアを楽しむ】


冬の低温下でも生命力あふれる蚊が棲息するここぴんぽんテラス、昨夜も蚊が布団の中に入ってきて血を吸われた。

連日蚊が飛び交うのはそれだけ蚊にとっても住みやすい環境なのだ。

ぴあぴが蚊取り線香を嫌がるので今夜は室内にテントを張って寝るしかないか…。

冬の屋内キャンプもまたオツなもの(笑)。









1月13日(金)NHKニュース「おはよう日本」に出演します。

午前6時半頃からスタートする「まちかど情報室」にご注目ください。

 

 

*1月9日(月・成人の日)に一本歯下駄フェスタ@富田林寺内町を開催します。

 

 フェイスブックイベントページはこちら

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2017/01/05(木) 22:31:12|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード