KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

あれから6年…

【あれから6年…】

19875185_1419856518063346_8279652460927479177_n.jpg


ちょうど6年前、2011年の今日(アメリカ時間7月10日)のことだった。

僕はアメリカ横断ランニングの旅でコロラド州パゴサスプリングス辺りをバギーを押して走っていた。

アメリカ横断ランニングの旅DAY47のブログ


その日、ロッキー山脈のウルフピーク(標高3309メートル)を越えるために14キロほどの登りを走ることになっていた。

朝、フェイスブックを開けるとお友達リクエストとメッセージが来ていた。

妙なプロフィール写真(今も変わらない)に一瞬引いてしまったが、文面は至ってまともだったのでリクエストを承認。

その時、それが後になって自分の人生に大きな影響を及ぼすきっかけとなるなんて知る由もなかった。

11月に帰国、翌2012年2月7日に天満満天堂を訪ねて初めてリアルに出会う。2013年6月9日婚約。2014年夫婦の契りを交わす。実際に入籍したのは2016年11月22日でいい夫婦の日。記念日が多すぎ(笑)。

フェイスブックでの出会いがすべての始まりだった。

あのメッセージがなかったら僕の人生は今どうなっていただろう?

いろんなことを教えられ学ばせてもらっている僕のソウルメイト…

ぴあぴこと高繁 千秋 (森千秋)、僕を見つけてくれてありがとう。

そして、これからもどうぞよろしく…。


*****


その日のことをぴあぴはこう書いている。





スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/09(日) 23:59:59|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月4日回想

【7月4日回想】

2013060209260670f_201507041408353b1.jpg


1991年、26年前の7月4日(アメリカ時間)はアメリカワシントン州スポケーン付近を自転車で走っていた。

インターステイト(州間高速道路)90号線をひたすら東へ、東へと…(写真上)。


これまでの人生で、北米大陸を人力で三度横断したけれど、その最初が自転車での大陸横断だった。

ロスアンジェルスを6月1日にスタートして約1ヶ月。シアトルまで西海岸を北上。シアトルでハンドルを東に向けた。


アメリカという大陸がとてつもなくでっかいものであるということに気づくのにそう時間はかからなかったけれど、その時点で、自分がとんでもないことをしているということに気づき、どの時点で旅を止めるべきかなんてことが既に頭をかすめ始めていた。

ハイウェイ上で何台が車が止まり、旅の話をひと通りするとコーラやクッキー、ミネラルウォーターを手渡してくれた。

"Happy 4th of July!(7月4日おめでとう!)"

とドライヴァーが別れ際に言ってくれた言葉の意味が分からなかったのだが、夜キャンプ場でパーティをしている人たちの仲間に加わって初めてその日が独立記念日であるということを知らされた。

街では大きな音を立てて花火が上がり、キャンプ場内でもみんな盛り上がっていた。

キャンプ場内で隣のサイトにいたとある家族のパーティに招かれた。バドワイザーを飲みながらハンバーガーを頬張る。

3人いた子どもたちはローストマシュマロをキャンプファイアで焼いている。


「7月4日に生まれて」というトム・クルーズ主演の映画(オリバーストーン監督作品、ベトナム三部作のひとつ)の話題になった。

あの映画では、主人公ロン・コーヴィックが高校を卒業後、ベトナム兵として海兵隊に入隊する。彼が誇りに思う父もまた第二次世界大戦の勇士。当時、失業していた若者や、生活保護を受けている貧しい家庭の黒人たちが兵士として駆り出されたりしていた。

ベトナムでの戦いは凄惨極まるものだった。戦場では正気を保とうとしても保ちきれない。

常に死は身近なところにあって、それが次の瞬間自分を襲ってきても何ら不思議ではない。

兵役を終え、常軌を逸した戦場での戦いから無事に生還したものの、ロンは脊髄を損傷して車椅子生活を余儀なくされる。

戦場であった悲惨なドラマを記憶から消そうと、帰還兵たちはアルコールやドラッグに溺れ自滅するものも少なくはなかった。ロンもまた然り。生きる希望さえ失いつつある中で自暴自棄に陥るのだ。

しかし、戦場を自分自身の目で見てきたロンであるがゆえに世界に伝えられることがある…そう信じた彼は人生の転機を迎える。

本当に、自分の祖国を愛するのであれば、もっともっと大切な、なすべきことがあると彼は気づくのだ。




BORN ON THE FOURTH OF JULY - Trailer ( 1989 )



帰国後ほどなくして、日本でこの映画を見て、あらためて考えさせられた。

1992年の4月に僕は大阪府立高校の教壇に戻る。

ちょうどその頃、日本は国際平和協力法に基づいて、第2次アンゴラ監視団に選挙監視団として3名を派遣したのだが、これが国連平和維持活動(PKO)の始まりだった。


子どもたちに最も伝えたかったことは、平和であることの重み・大切さ…

平和であるがゆえにいろんなことができる、楽しめる。

この平和を次の世代に受け継いでもらうために我々は今という時間を生きているはず。

ならば、平和のために何ができるのか?

国レベルだけではなく、世界・地球レベルで考えていこう。

日本人としてははもちろん、地球人として、地球市民としても…。


20130602092605359_20150704140836bfa.jpg 

人の歴史に戦争はいらない…我々が築くべきは平和の歴史…

一本の道を前に向かって走る…それは平和へと続く道であるはず…。




テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/04(火) 11:24:57|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから7年

【あれから7年】

10168210_670400516342287_668563457_n_20170402194259a6b.jpg 


「訳あって昨日付けで仕事を辞めました。今日はエイプリル・フールですが、これは嘘ではありません…」




ちょうど7年前、2010年の3月31日、私のブログはこんなふうに始まった。


いろいろあって、9年ばかり勤めた学校を後にして、四半世紀に渡る教職からも身を引くことになった。


健康上の理由が一番大きかったのだが、今考えれば、それよりも大きなミッションを自覚していたのだろう。


教師という仕事は、向いているかどうかは自分ではわからなかったが、自分にはよく馴染んでいた。

自分のペースで働きながら、やりたいこともかなりたくさんやった。

学校行事の企画や運営などいろいろとクリエイティブな内容の仕事も多かったし、何より若い世代と交流しながら、自分自身も若い気持ちでいられたのがよかった。

英語を教えるのも大好きだった。教え子が外国語関連の大学や専門学校に進学するとなるとなお嬉しい気持ちになれた。

最後の数年は高校3年生の担任がずっと続いた。

生徒指導や進路指導を通じていろんな生徒を見てきたし、時代の移り変わりの中で子どもたちの生き方や考え方もやはりガラッと変わってきたのを実感している。

卒業生が訪ねてきてくれることも多かった。今もフェイスブックなどのSNSを通じていろんな交流があるが、最初に教壇に立った時の卒業生はもう51歳になろうかということにも驚かされる。

何はともあれ、フリーになってから7年の歳月が流れた…

いや、流れたというよりはこれらの歳月は蓄積されているのかもしれない。


この先のことなど何も見えていないけど、前に進んでいくしかないのは確かなこと。

同年代の仲間が集まれば、老後の心配や年金の話、健康に関する話題でいろいろ盛り上がるものなのだろうけれど、こちらはそれどころではない。

まだまだ解決すべき問題もあれば、叶えるべき夢もたくさんあるし、成長する必要はあるものの、老いている場合ではない。

揃って86歳になる両親も、ボケは始まっているのかもしれないが、まだ元気だ。

そんな訳で介護うんぬんの心配も今のところは大丈夫…親孝行はなかなかできないけれど、親が子供孝行してくれている(笑)。


この7年の歳月はある意味宝物。

教員時代に経験できなかったいろんなことを経験できたし、教員時代には会うこともなかったような人たちと会うこともできた。

今までの人生で最も充実した7年と言っていいのだろう。


この7年の間に、さまざまなできごとがあった。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」がスタートし、既に3大陸で約1万7000キロ走破。

その間に、ぴあぴと出会って結婚…続いて、13年間会えなかった娘と再会…


1969282_670400959675576_378903281_n.jpg 

三重県伊賀市から大阪天満橋、そして地元南河内の富田林へ引っ越し…

気持ちを前向きにしているだけで、いいことが次々引き寄せられてきた。

教員時代は怒りと悲しみの感情がしばしば交錯し、かなりネガティヴだったのに、今はまったくそれとは逆。


自分らしく生きることの意味をようやく理解し始めて、まだまだ先は長いのだけれど、ゴールとすべきものが見え始めてきた。

仕事を辞めた時点で考えていた未来とはかなり異なってはいるものの、悪いことなど何ひとつない。

すべてはプラスの方向に進んでいるということなのだ。


桜の開花も始まってこれからがお花見シーズン到来。気持ちも高揚しはじめる。気分がノレば人生も上り調子だ。


道は一本、脚は二本、さあ、行こう!!

1560635_670401969675475_1636019010_n.jpg 

998453_670401329675539_1527532844_n.jpg 





*トークライヴ in 東京〜いよいよ来週です!

969174_553981491317524_1564596660_n.jpg

久々の東京でのトークイベント開催が決まりました。

アドヴェンチャーランナー高繁勝彦氏トークショー 

日時:4月9日午後5時30分〜7時30分

場所:コワーキング・スペース・カナエル(東京都渋谷区)


*ワラーチ作りのワークショップも同日開催しています。


詳細はこちら




テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/04/02(日) 19:49:21|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Remember 2.22〜クライストチャーチ地震から6年

【Remember 2.22〜クライストチャーチ地震から6年】

IMGP5037.jpg 

日本人28人を含む185人が犠牲となったマグニチュード6.3のニュージーランド、クライストチャーチ地震(カンタベリー地震)から今日で6年。

3年前の「PEACE RUN2014 ニュージーランド縦断ランニングの旅」ではクライストチャーチを二回訪問。

一度目は南島の北端ピクトンから走って南下して通過する際。二度目はファイナルランのゴール地点が大聖堂前広場、日本に帰国するフライトもクライストチャーチ空港からの出発。


一番大きなショックを受けたのはやはり20年ぶりに見たクライストチャーチ大聖堂。

IMGP5073.jpg

2012年に二度目の日本縦断をした際に太平洋沿岸を南下、被災地の津波の爪痕を目の当たりにしてきた時と同じくらい衝撃的だった。

崩れ落ちた屋根や側壁…まるで広島の原爆ドームのよう。大聖堂前周辺には柵が張り巡らされ中には入れない。

IMGP5035.jpg

再建するのか壊してしまうのかといった議論もあったようだが現在もまだ放置されている。

IMGP5023.jpg 

その代わりに、日本人建築家坂茂(ばんしげる)さん設計の紙で作られた聖堂が少し離れた所に建てられている。

IMGP5019.jpg

椅子も机も紙でできている



20年前に訪ねた大聖堂前広場、週末には屋台があちこちに出て、大道芸人やストリート・ミュージシャンたちでかなり賑わっていたはず。

IMGP5015.jpg

日本人留学生たちが犠牲になったカンタベリーテレビのビル跡地


エイヴォン川のほとり、元は住宅地だったレッドゾーンにも足を踏み入れた。土地は国が買い取り、殆どの家は解体され更地となっている。

道路はいまだ凸凹で亀裂が入ったところも残っているし、更地には雑草が生い茂るだけ。


IMG_2196.jpg


町の中心部ではあちこちで工事の真っ只中、クレーンや重機がそこかしこに見られる。

人が少ないのと経済的な面でコストも掛かるため復興にはかなり時間がかかっているという。

被災することで生じる様々な問題は東日本大震災と共通している部分も多々あるのかもしれない。

観光客もじわじわと増えてきて、少しずつ町は活気を取り戻しつつあるものの、復興はまだまだこれから。


PR-16.jpg

IMGP5038.jpg


次にあげるのは、クライストチャーチ滞在中にお世話になった早坂さんから私のフェイスブックのクライストチャーチ地震に関する投稿に頂いたコメントから…

「私の家は震源地にごく近く、水道も電気も日常生活も完全にストップしました。かなり強い余震が続いたので基礎の壊れた家には住めずに10日後に家族で日本に避難しましたが、今度は東日本大震災に遭いました。約1ヵ月後にニュージーランドに戻ったら、多くの見ず知らずの通りすがりの方達から話しかけられ、共感と同情(まさに言葉の通りの)の言葉をたくさん頂きました。同じ経験を持つもの同志だから分かる優しさと思いやりでした」


クライストチャーチ在住の日本人の中には早坂さんのような方も他にいるという。

早坂さんの紹介で、クライストチャーチ在住の日本人会の何名かとお会いしてお話する機会を持つことができた。

その中には、福島原発の放射能汚染を危惧してごく最近母子留学で来られている方々もおられたし、かなり昔からクライストチャーチに住まわれている日本人の方もおられた。

言葉や生活習慣の問題もあるし、日本とはまたちがった社会で暮らしていくのは決していいことばかりでもない。逆に、日本以上にありがたいシステムや住みやすい環境もあるというのも事実なのだ。


いずれにしても、被災するというのは、災害から学ぶことでもあるのだ。次に生かせる教訓を得て人は叡智を磨いていく。歴史は繰り返されるけれど、人もその歴史の中で成長し続ける。


クライストチャーチ地震と東日本大震災ではそれぞれの地震の直後、相互に救援活動が行われていた。

2011年に起きた二つの地震、2.22と3.11があって以降、日本とニュージーランドはいい関係を構築してきている。

今回ニュージーランドを訪ねてみてわかったことだが、親日的なキウイ(ニュージーランド人)が非常にたくさんいるということがそれを物語っている。



6月4日にはクライストチャーチマラソンが開催される。



空港の周りを走るのでコースは非常にフラット、記録を出しやすいコースと言われている。

日本から参加するランナーはまだ少ないのだけれど、時間的・経済的にも余裕のあるランナーはぜひ走ってみて欲しい。走ることでクライストチャーチの復興に貢献できるはず。

走ったあとはクライストチャーチのみならず周辺の観光も楽しめる。

1週間くらい滞在できれば南島のいろんな観光スポットが訪ねられるだろう。



震災から6年めの今日、犠牲となった方々のご冥福をお祈りするとともに、クライストチャーチの一日も早い復興を祈念します。





IMG_2194.jpg






*講演について

10985324_822912497757754_3200927849005852340_n.jpg


今年は「PEACE RUN2017ヨーロッパランニングの旅PART2」が7月からスタート。

それまでは国内におりますが、講演やセミナー・トークライヴなどでまた全国各地を訪ねたいと思っています。


学校や企業、走友会・ランニングクラブ等でお話させていただく機会をご提供いただければ嬉しく思います。

テーマも多種多様、その場の状況に応じて柔軟に対応します。

詳細はこちらから…




テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/02/22(水) 23:42:38|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原風景として

【原風景として】

Dalton_Highway_facing_south_from_Deadhorse_201510041818447bb_20170206210708917.jpg


何度も夢に現れる原風景。

通り過ぎる車もなく、いつも荒涼としていて、人影もなく、人の住んでいる気配さえない。

一般的には、こういった場所は、荒野か原野と呼ばれる場所。

不毛の地となれば、砂漠のようなものか。

ここでは、人間が作ったシステムやルールなど一切通用しない。

それも当然のこと、人が棲み着くような場所でもないからだろう。

アラスカのタイガとツンドラの原野か、オーストラリアの砂漠ナラボー平原か、過去に自転車やランニングで足を踏み入れて、とことん辛い目に遭っているにもかかわらず、また足を踏み入れたくなる土地。

いっそのこと、自分自身が人間であるという意識を捨てた方がいいのだろう。


IMGP2836_20170206210725e53.jpg


ここでは、自分自身がひとつの命を持った生命体であるということだけが確かな事実だった。

生きて生かされていることに一体どんな意味や価値があるのかをあらためて考えさせられる。

これからまだいくつかそういった土地を僕は訪ねるのだろう。

風景の一部として存在する「私」という命。

やがてその魂は土に帰り、宇宙の一部になるであろう存在。

原風景はそんなことを考えさせてくれる場所…。


IMGP2822_2017020621072490e.jpg


ほんの一瞬かもしれないけれど、砂漠の原野で僕の心と体はあらゆるものから解き放たれる場面に遭遇した。

その時、僕は風景の一部となり、宇宙に同化したのかもしれない。

確信は持てなかった。

それは、まだ心と体に微妙な温度差があったからだろう。

まだまだこの魂は修行が足りない、ということ…なのだ。


541426_602365639812442_675443119_n_2016020623010864e_201702062107560fb.jpg

テーマ:生きた証として - ジャンル:ライフ

  1. 2017/02/06(月) 21:10:32|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード