FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

時間とは…?

【時間とは…?】

  arcticcircle (1) 

「常識は便宜上、人間が作り出したもの。捉われることなかれ」

ある方から昔そんな言葉を聞いた。

おおよそ人間が作り出した常識の中で、もっとも我々が囚われていると思われるものは何か?

自分にとってその答えは「時間」である。

1日24時間、1年365日という枠の中で人は生活する。

朝起きて夜眠りにつくまでこの営みは命果てるまで延々と続けられる。

だが、しょせん時間という概念も人間の便宜を図るために作り出されたものに他ならない。


1994年6月から10月にかけてアラスカ、アンカレジからカナダのケベックまでを自転車で走破した。

夏の北極圏(北緯66度33分)は太陽が沈まない。

いわゆる白夜(white nights)が続く。

沈まぬ太陽は東から西へと水平に移動する。

妙なものだが、我々文明人が生活する中で朝昼夜という感覚は非常に重要な意味を持っている。

太陽が沈まなければ、いつ朝が来ていつ夜になったのかがさっぱり分からないのである。

原始、人々がそうしていたように、腹が減れば何か食べ、のどが渇けば何か飲み、眠くなれば眠る。

当時仕事をしていなかった自分にとって、アラスカ北極圏での生活はそんな風にいともシンプルなものになった。

腕時計もしてはいたが時間を気にすることはほとんどなかったし、それまでいかに自分が時間に囚われた生活をしていたかがよく分かった。


「時間とはただ流れていくだけのものではない。蓄積されていく時間もある」


真夜中の太陽(midnight sun)が照りつけるアラスカで、自分が悟ったのはそんな事実であった。

蓄積された時間が自分の人生となり、時代や歴史をつくっていく。

過去は永遠に現在を追い越すことはないし、過去が現在に戻ってくることもない。

過去は人々の記憶と記録の中に生きつづける時間。

人間以外の動物にはあまり過去や未来という概念はないのかも知れないが、人間は歳をとればとるほど過去にこだわるものなのだろう。

現在という時間を生きながら、未来を追い求め続ける。

現在とは未来を捕まえるためにある時間、と同時に蓄積された時間を過去にストックしていく営みのために存在する時間なのだろう。

個々の人間がこの世で与えられた時間は限られたもの。

どんなに長くても100年。普通にみても70~80年。

60年生きてきた自分にとってはせいぜい頑張ってあと20年程度。

両親の今の歳まで30年。100歳まで生きるためにはまだあと40年もある。


これまでの人生は決していいものだったとはいえないが、決して悪いものでもなかった。

全く後悔していない…というと嘘になるが、正直なところ、今の自分に多少の不満はあっても、決して自分が不幸であるとは思っていない。

この世での最後の瞬間に「いい人生だった」と言える人こそが真の成功者ではなかろうか。


蓄積された自分自身の時間を宝物と言えるかどうか。

ただやみくもに流され消えていった時間、追いかけることも取り戻すこともできない時間を悔やんでいるだけでは悲しいし、情けなくもある。


人生が1日で終わることはまずないけれど、1日も70~80年も結局のところ変わらないのだろう。

宇宙の歴史から見ればどちらも微々たるものなのだから。

時間に流されることなく、自ら時間をリードしていけるような生き方が理想だ。

いちいち時間を気にしながらせかせか生きるのではなく、何かに夢中になっていて、気がつけばあっという間に時間が過ぎてしまっていた、と思えるような充実した時間をこの世界で送りたいと思う。


(photo: 北極圏への入り口、アラスカ、ダルトンハイウェイ 1994年6月)




【お知らせ】

ecomarathon2021.png 

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦がアンバサダーを務めるエコマラソン、2021年の大会予定です。今年はコロナの影響でどうなるかわかりませんが、関東方面にも出向くことが増えそうです。

 

1/10(日)第8回淀川エコマラソン(大阪)

1/11(月・祝)第20回鴨川エコマラソン(京都)

3/7(日)第1回足立エコマラソン(東京)

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)」

 

詳細はエコマラソン公式サイトで…







アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


◆ヨーロッパ最大のアウトドアフィルムフェスティバルE.O.F.T.!

現在、オンラインで視聴できます! 

 

ヨーロッパで最大規模のアウトドアフェスティバル「ヨーロピアン・アウトドア・フィルム・フェスティバル(E.O.F.T.)」は3都市4会場すべての会場での上映が中止となりましたが、12月11日より1月31日までの期間限定で、9作品中5作品のみこちらでご覧いただくことができます。

 

レンタル(5作品全て)500円

 

購入(5作品全て)1500円

 

*****

 

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦が初めて字幕翻訳を担当した映画、ヨーローッパ各国の主要都市の400もの映画館全てで満員となるほどの人気ぶりという前評判でした。

 

作品詳細・プレビューは公式サイト

  

お問い合わせはこちら

 

*オフィシャルトレイラー(予告編)



スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/12/15(火) 21:23:42|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視点を変える

【視点を変える】

7441a2f17d37b5ac616b441d89dee73c.jpg



「下手」と言うよりも「努力が必要」と言おう。

「無理・できない」と言うより「チャレンジしてみよう」「頑張ればできるかも知れない」と言おう。

「失敗した」と言うよりも「成功が先延ばしになった」と言おう。

「辛い」「苦しい」と言うよりも「人生にはこういう楽しみ方もある」と言おう。

「どうにもならない」と言うよりも「何とかなる」と言おう。

「困った・ピンチ」と言うよりも「これも次につながる1ステップ」と言おう。

「1000円しかない」と言うよりも「1000円もある」と言おう。


足りないものに目を向けて不平不満を言うよりは、今あるものに注目して満足する。

物事は見方次第表現の仕方で状況も変わる。

思考パタンひとつで自分自身だけでなく、自分を取り巻く世界も、変わるし変えられる。

凝り固まった見方・考え方を少し変えるだけでいいってこと。


lgf01a201403260800.jpg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/28(水) 23:13:26|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Enough is as good as a feast

【Enough is as good as a feast】

58769399_418011058981588_6112069818934886400_n_20200703043723d7c.jpg


走り続けている時には、喉を潤すための水分と空腹を満たすためのほんの少しの食料があればいい。

走って旅をすれば、その時その場で必要なものがあればそれで満足できるようになる。

足るを知ることができる…ミニマリズムの考え方が自然と身につけられるのだ。


33151667_1712313728817622_6988643618659500032_n_20200703043718b89.jpg 


必要以上に持たないことが実は大切なこと。余分にあるのであれば誰かとシェアすればいい。

奪い合えば争いが起こるけれど、シェアする(分かち合う)ことができれば仲間ができる。

同じ時代に生まれ同じ時代に同じ地球という惑星で生きている仲間を愛しく思えるように…。

僕らは一人じゃない。いつもたくさんの同胞仲間に囲まれているのだから。


曰く…「足るを知る者は富む」

11696365_891339674248369_8768372839735535059_o.jpg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/07/02(木) 23:33:18|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アセラズアワテズアキラメズ

【アセラズアワテズアキラメズ】

13510852_1078238205558514_6944213541286074919_n_202006261726123f0.jpg 



いろんなことをやる中で、うまくいかないことも多々あるけれど、

急いては事を仕損じる…の言葉通り。

あせってしまったら本来の自分を見失いかねない。

あわてて先を急ぎすぎるとよけいにうまくいかなくなる。

目標を決めたらまずはあきらめないこと。

最後は一番いい形で終わる。すべて最後はうまく行く。

そんな根拠のない楽天的確信こそがハッピーエンドをもたらすのだと信じよう。

長旅の中で、何度も焦り慌てて仕損じたことがある。

気持ちがネガティヴならやることなすこと思い通りに行かないということだ。

当人は焦ったり、慌てたりしているつもりはなくても、

笑顔が消えてしまったり、顔がひきつったりしていたら要注意。

心と体は常に連動している。

言葉と行動も同じ。

日々の森羅万象に感謝感激感動。

ありがとう。うれしい。楽しい。幸せ。素敵。最高…。

言葉にすることが大事。

今この瞬間にさえも幸せを感じられるように…。

花のようにたおやかに、謙虚に…。

咲くべき時に美しく咲き、散るべき時に潔く散る…。

そんな自分でありたいと思う…。




テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/06/25(木) 23:25:21|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受け入れる

【受け入れる】

18422169_1363876390328026_2116757694476957116_o.jpg



「いつか変わるだろう」と思っている内は何も変わらない。

「今変えてやろう」と思った瞬間に流れは変わるもの。

流れを変えるために、今自分にできる事を見つけよう。

努力しても変わらないものはそっと受け入れよう。

あきらめるのではなく、ありのまま、

あるがままに受け入れることも時には必要だから。


pacific_20200524052006b27.png 


拒めば拒むほど嫌なことは自分に付きまとうもの。

いっそ受け入れてしまえば気も楽だ。

なぜ自分がそれを拒んでいたか、

それもあとになって分かるかもしれない。

世の中にあるものはすべて鏡みたいなものなんだろう。

自分の心が投影されて、やがて自分のところに帰ってくる。

あるいはそれはこだまみたいなもの。

きれいな声はきれいなまま帰ってくる。

ピュアな心のままの、ピュアな自分でありたい。


nullarbor456_20200524052037baf.jpg 




過去を捨てる覚悟を持って旅に出たはずだったけど、

実際は過去を捨てたのではなく、過去をありのまま、

あるがままに受け入れただけだった。

自分にないものばかりを求めていたけれど、

ないならないで済ませられることに気がついた。

今あるもので間に合わせられるということも教えられた。

余分なものをそぎ落とせば本当に必要な物が見えてくる。

生活がシンプルなものになれば、

生き方や考え方もシンプルでピュアなものに変わってくる。

走ることももちろんだけど、

それ以上に旅を通じて学んだことは多い。

旅も人生も、さまざまな出会いや発見、

気付きや学びに満ち溢れている。

だからこそ僕は生きて走って旅をする。

僕の未来はいつも地平線の向こうにある。


IMGP2697_20200524052025a4e.jpg 


〜アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦・談

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/05/23(土) 23:16:26|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード