KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

駆け抜けて夏がある

【駆け抜けて夏がある】

with_gump2009_20130404172646_20140721125747fe4.jpg
2009年、バギーを使っての初めてのランニングの旅…淡路島一周を駆け抜ける…




夏が来るたびに僕が思い浮かべるものは、さまざまな町の風景である。

かつて旅の先々で訪れた町の、飾り気のない素朴な風景が、まるでスローモーションビデオを見ているかのように断片的に僕の脳裏を掠(かす)めていく時、僕は再びその町に足を踏み入れてみようかという気持ちになるのだ。

それは時に海沿いのひなびた漁村であったり、夏祭りの行われているさなかの城下町であったりする。

しかし、どんな町であれ、いったんその町の雰囲気(ムード)になじんでしまえば恐れるものは何もない。

余所者(よそもの)という意識を捨て、以前からその町に暮らしていたかのように、何気ない顔をして歩くのだ。

幸い僕には旅人としての才能が生来備わっていたのかも知れない。

どこに出かけようと、ごく自然にその町の雰囲気(ムード)に溶け込んで何の違和感を感じることもなく、平然とした気持ちで町そのものに同化することができる。



sunrise12_2014072112574488f.jpg
2011年、アメリカ横断ランニングの旅〜中西部の砂漠地帯を駆け抜ける…




旅の面白さは恐らくそんなところにもあるのだろう。

町や人のみならず新しい自分との出会い、未知なるものへの憧れ…旅に出なければ得られないものはいくらでもあるということだ。



一本の道を二本の足で黙々と走り続ける自分自身の中に、自分が求めているものがきっと隠されている。


恐らく、旅人は愛と平和を求めながら絶えず移動し続けるがゆえに、旅の空を愛おしく思うのだろう。



550968_402275773154764_893367644_n.jpg
2012年、2度目の日本縦断ランニングの旅、北海道の原野を駆け抜ける…




旅にあれば故郷を思い

旅を終えて故郷に戻れば

旅した土地を故郷のように懐かしむ…

だから、旅はいいんだな…



夏の旅 町から町へ 心は走る…

誰もそれを止めることなんてできやしない…



peace_run_2010_poster.jpg 
2010年の日本縦断ランニングの旅〜広島県内の中国山地を駆け抜ける…


スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/20(木) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人を愛し地球を愛すること

【人を愛し地球を愛するということ】

peace-on-earth1.jpg 



「小さな使者ではあるが、愛をもって接すると、そこには必ず愛が生じる。人を愛するためには、まず自分を愛することだということも知った。人間というのは基本的に心のある、優しい生き物なんだから。

そして、スティーブも私も人が大好きで旅を始めた。自然の中で生活し、人の中で暮らし、地球ってやっぱり偉大だなって、そう感じた。そして、21世紀はその地球を、私たち一人ひとりが守っていかなくっちゃいけないのだ。

だから、これからも人に出会い、自然の中で生きていくことを大切にしていきたい」




emiko2.jpg 


世界一周サイクリストシール エミコ​さんの「ガンを越え、めざせ地平線!!」から引用。







*****



エミコさんが世界一周の旅に出たのはもう30年前。最初はバイクで単独の旅、途中からパートナースティーヴと自転車での二人旅。

異国で癌が見つかり、旅を中断、壮絶な治療を経て、少しづつ進んできて、ゴールまであとわずか…。

彼女の強靭な精神力にはガンも太刀打ちできなかったのか、エミコさんはがんサバイバーとして多くの人々に希望と勇気を与えている。



愛と平和、自然との共存、誰かと出会うことの意味…。

自分が今やっていることは決して間違っちゃいないということを、いつもエミコさんから教えられている。

やさしさが足りない…と思うことはしばしば自分にはあるけれど、エミコさんのこの言葉を事あるごとに思い出すようにしている。

人を愛し、地球を愛せるように、争いや戦いのない世界は必ず実現できる…そう信じて前に進んでいく。

エミコさんも再びスティーヴとともに残りわずかの世界一周の旅に出られるだろうから二人と同じ空の下、同じ地球の上で共走できることを楽しみにしている。



IMG_3048.jpg 




エミコさんを囲む会2016(昨年のブログ)



サローネ・デル・ロト第608回例会(奈良県郡山市本門寺)〜シール・エミコさんを囲んで



*シール・エミコさんについては…

 ペダリアンドットコムのページ

 ウィキペディア



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/16(日) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢は叶えるためにある

【夢は叶えるためにある】

196415_450202481695426_1199049824_n.jpg


ある方から聞いたお話…

叶うは口へんに十と書く。だから10回(あるいは10人の人に)その夢を言葉にすれば叶うはず。

さらに、叶うという感じは口と「+(プラス)」でつくられている。

プラス思考でプラスのことだけを口にしていると夢は叶いやすくなるのだろう。

11回口にすると、「吐(はく:口へんに十一)」となってただ願い事を口にする(吐くだけ)で終わってしまう。

あるいは、マイナス思考になってマイナス的な言葉を口にすれば、叶うの十の下に「ー(マイナス)」がついて「吐く」だけとなり、夢は叶えられなくなるのかもしれない。


IMG_2199.jpg 


夢は見るためだけにあるのではなく、叶えるためにある。

ひとつ叶えてもまた次の夢を実現させることもできる。

人生とは夢をかなえるための舞台(ステージ)だ。

思い描いた通りの人生を生きる…そのために夢を見る。

夢を見続けるだけじゃなく、夢を必死になって追いかけるから楽しい。

今進んでいる道が夢をかなえるための道…そんな思いで一本の道を二本の脚でひたすらにひたむきにひた進む。

そして、僕の夢がみんなの夢となり、僕が夢をかなえることでみんなの夢の実現につながればなおありがたい。

「僕(私)にもできる…」

そう思えたら、まずはどんな小さなことでも構わないからできることに全力で取り組もう。


zenryouism 


できないことなんてない。やらないからできないだけ…そう気づいたら、いろんなことが可能になる。


子どもたちと長年「学校」という場で接してきてそんなことを語り続けてきた。

一番最初に教えた世代はとうに50代を超えている。

人生の折り返し地点を過ぎた彼ら・彼女たちに、今なおパワーとエナジーを与えられているのであればなお嬉しい。

いつの時代も子どもたちは成長し、大人は老いへと向かっていく。

でも、僕は老いることなんて考えない。死ぬまで成長し続ける必要があるからだ。

成長の糧となるのはまさに「夢」。

そして、成長するというのは、与えられた輝ける命(=青春)を謳歌することなのだ。


dream_20140329012552a06.jpg 

*写真:植村直己冒険館にある「夢」(兵庫県豊岡市)






【Adventure English Cafeオープン!】

english.jpg 

毎週テーマを決めて英語で会話(フリーカンバセーション)しませんか?

年齢性別は問いません。英検3級(中学卒業程度)レベルの英語で会話力を身に着けたい方対象です。

・場所:ぴんぽん地球ス(ピンポンテラス)(富田林市寿町4丁目7−16)

・日時:(基本的に)毎週土曜日午後2時〜

*第一回目は7月15日(土)午後2時〜

・参加料:50分2000円

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/08(土) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の旅 町から町へ 心は走る

【夏の旅 町から町へ 心は走る】

18813995_1383909221658076_9195843780538376746_n.jpg



大平原の、どこでもない所の真ん中でふと立ち止まり、今たどってきた道を振り返る。



遥か彼方に広がるあの地平線を、僕は越えてきたのだ。



1450058_617082165007456_1934662943_n.jpg 


大平原をまる一日走り続けていれば、地球が丸いということを信じずにはいられなくなる。

どこまでも一直線に伸びた道、今しがた通過していった車が、5分もたたない内に目の前で小さな点になってしまう。



誰の指図も受けずにこの道をひた走る。自分で決めたことを自分の思うように実行していく快感。

この大地に二本の脚で立ち、自分が今ここに存在する意味を知る。

この世に生まれて本当に良かったといえる瞬間を僕はその時経験する。




*******




あの時、確かに僕はあれらの風景に含まれていた。

風景の中にすっかり溶け込んでしまい、そこが異国であるということさえ忘れかけていたほどだ。

もし僕の記憶に間違いがなければ、それらの風景を構成するあらゆる要素---太陽の位置や雲の形、空の色といった細かな部分まで---をはっきりと思い出すことができる。

だけど、記憶にとどめられた風景の中では、時間は永遠に止まったまま後にも前にも動きはしない。

そんな失われた時間を、手のひらの上でもてあそぶかのように、僕は「現在」という時間の中で果てしない葛藤を繰り返している。


IMGP7380 (1) 


夏が来るたびに僕が思い浮かべるものは、さまざまな町の風景である。

かつて旅の先々で訪れた町の、飾り気のない素朴な様子が、スローモーションビデオを見ているように断片的に僕の脳裏を掠(かす)めていく時、僕は再びその町を訪ねてみようかという気になるのだ。


IMG_5445.jpg 


それは時に海沿いのひなびた漁村であったり、夏祭りの行われているさなかの城下町であったりする。

しかし、どんな町であれ、いったんその町の雰囲気(ムード)になじんでしまえば恐れるものは何もない。


14184287_1119961661386168_4626765076198550796_n.jpg 


余所者(よそもの)という意識を捨て、以前からその町に暮らしていたかのように、何気ない顔をして街を歩くのだ。

幸い僕には旅人としての才能が生来備わっていたのかも知れない。

どこに出かけようと、ごく自然にその町の雰囲気(ムード)に溶け込んで何の違和感を感じることもなく、平然とした気持ちで町そのものに同化することができる。


IMGP7249.jpg 


旅の面白さは恐らくそんなところにもあるのだろう。

町や人のみならず新しい自分との出会い、未知なるものへの憧れ…旅に出なければ得られないものはいくらでもあるということだ。



一本の道を二本の足で黙々と走り続ける自分自身の中に、自分が求めているものがきっと隠されている。


IMG_5720.jpg 




旅に出よう。

旅に出てふるさとの話をしよう。

ふるさとに帰ったらまた旅の話をしよう。



旅にあれば故郷を思い

旅を終えて故郷に戻れば

旅した土地を故郷のように懐かしむ…

だから、旅はいいんだな…




夏の旅 町から町へ 心は走る…

誰もそれを止めることなんてできやしない…


IMG_5874.jpg 


テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/01(土) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅人の透明な心持て…解き放たれよ

【旅人の透明な心持て…解き放たれよ】

19105710_1394190310629967_6224640439464901084_n.jpg


旅に出ればよく分かる自分の心の状態。

出会う人は皆自分の心を映し出す鏡なのだ。

美しい心を持つように努めれば美しい心を持った人に出会う。

優しい心を持つように努めれば優しい心を持った人に出会う。

穏やかな笑顔でいられるようにしていれば出会う人はみんないい人ばかり。

だからこそ、僕は、いろんなことにとらわれることなく解き放たれていたい。

いつも旅人の透明な心でいられたらいい。



19225433_1394221157293549_8040356125447794714_n.jpg

ありふれた日常にあっても、走り出せばそこは旅の空の下…


IMG_7850.jpg

富田林は今日も平和だ…




*お知らせ*

1489048878.jpg


6月18日(日)堺市の大仙公園で開催される千利休マラソンでゲストランナーとして参加させていただきます。

公式サイトはこちら






*お知らせ:PEACE RUNTシャツオンデマンド受付は15日までです。





テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/13(火) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード