KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

旅に出よう

【旅に出よう】

10940520_811779598871044_6508040734301518278_n.jpg 


若者たちには何としてでも旅に出てもらいたい。

もしパスポートがないのなら申請しよう。

夏休みにはバックパックを背負って、デリー(インド)やサイゴン(ベトナム)、バンコック(タイ)、ケニヤ(アフリカ)に行ってみるといい。目からウロコの体験をするんだ。

食べたことのないものを食べて、会ったこともない人々に出会い、冒険をして危険な目を楽しもう。

旅から帰ってきたら、君は今までとは違う目で自国を見ることになるだろう。

大統領や首相がどんな人であっても、まったくの別人に見えるだろう。

音楽や文化、食べ物、水だってそう。

シャワーを浴びる時間が短くなるだろう。グローバリゼーションというものが何なのかという考え方を知ることにもなるだろう。

申し訳ないが、それは、トム・フリードマンが言った単純に均一化する世界ではない。

地球規模の気候変化が実際に起こっているということも分かるだろう。

それに、誰かの一日がバケツ4杯分の水を汲むために12マイル(約20キロ)を歩くだけで終わるということも…。

君が飛行機で旅する先には、本からは学べない教えが君のことを待っているし、アメリカ人であれヨーロッパ人であれ、多くの人々は、旅をする…あぁぁ。そして、電球の灯りがパッと点くようにひらめく場面があるものなのだ。



---ヘンリー・ロリンズ(音楽家)


HenryRollinsSatLeedsDD270811-720x479.jpg 


ヘンリーは、エッセイストから詩人、講演、俳優、MTVなどの番組の司会者、はたまた出版社の社長など、多彩の経歴で知られている。自身の出版社からは、レッド・ツェッペリンの写真集やニック・ケイヴの小説、湾岸戦争に関する書籍などを出版していた。
ブラック・フラッグ解散後からロリンズ・バンド結成までの期間は、大学等でのトークライブで人気を博していた。その模様は、膨大なタイトル数のCD、カセットとして販売されている。
不摂生なイメージが強いロック・ミュージシャンの中で、体調管理には最善の注意を払っている。早寝早起き、禁酒・禁煙、さらに毎日3時間の筋トレを欠かさない。


以上は、「ロリンズ・バンド」(ウィキペディア)の項目から


(翻訳:高繁勝彦)


*原文

“I beg young people to travel.

If you don’t have a passport, get one.

Take a summer, get a backpack and go to Delhi, go to Saigon, go to Bangkok, go to Kenya.

Have your mind blown. Eat interesting food. Dig some interesting people. Have an adventure. Be careful.

Come back and you’re going to see your country differently, you’re going to see your president differently, no matter who it is. Music, culture, food, water.

Your showers will become shorter. You’re going to get a sense of what globalization looks like.

It’s not what Tom Friedman writes about; I’m sorry.

You’re going to see that global climate change is very real.

And that for some people, their day consists of walking 12 miles for four buckets of water.

And so there are lessons that you can’t get out of a book that are waiting for you at the other end of that flight.

A lot of people—Americans and Europeans—come back and go, Ohhhhh.

And the light bulb goes on.”


–Henry Rollins, “Punk Rock World Traveler,” World Hum, November 2, 2011



*****



インターネットは確かに世界を小さくしたのかも知れないが、人々の心も小さなものにしてしまったのではないかと時に思わされてしまう。

いつまでたっても人は争い、闘い続けている21世紀。古代からこの状況は何ら変わっていない。

保守的な人々がいれば革新的な人々もいる。キリスト教を信仰する者がいれば、イスラム教やヒンズー教…その他もろもろの宗教を信仰する者もいる。

世界は多彩な人々で構成されているということだ。

十人十色、みんなちがってみんないい…それを許せない・認めない人がいるがゆえに、世界は混沌を極める。


どうすればいいのか?

簡単なことである。ヘンリー・ロリンズが言うように、様々な世界を自分の目で確かめることだ。

いろんな人と出会っていろんな経験をすることだ。

それも、できるなら若い時期に…。


僕が考えている「グローバリゼーション」とは、地球に暮らす70数億人の人々が、自分以外のすべての人々に思いを馳せること。

日本人やアメリカ人といった国籍について言及するよりも、我々はみなこの星を愛する地球人だと胸を張って言えること。

愛国心よりも大切なのは、自らが地球市民を名乗って、この地球という惑星のことをまず考えられること。


blueplanet_20170404134310f35.gif 


僕が見てきたのはまだこの世界の一部でしかない。

まだまだ見るべき世界があるけれど、そんな世界を見るために走り続ける。いつまでもどこまでも走り続ける旅が好きだ。


危険を伴うこともある。恐ろしい目に遭うこともあるだろう。

でも、本当はそうじゃない。そうじゃないと信じていれば、本当に素敵な世界が待っている。

自らが頭の中で描く危険や不安・恐怖が形になって現れてくるのだ。


世界はもっと素晴らしい。真に美しい世界には素敵な人々がきっと待ってくれているはず。

僕はそんな人々のいるところに自らの脚で出向いて、そんな素敵な人々に会いに行きたい。


12924619_1029410623774606_7532267100629800734_n.jpg

ワクワクドキドキした気持ちで駆け抜ける一本の道…春は見るものすべてが新鮮に見えてくる季節…



まだ見ぬ世界が僕を、あなたを待ってくれている。

若者よ(もちろん若者だけじゃないんだけれど…)、旅に出よう…冒険しよう…チャレンジしよう…夢を見よう…夢を現実のものにしよう。

夢は見るためにあるのではなくかなえるためにあるのだということ…。



1560635_670401969675475_1636019010_n_20170404134307a9b.jpg

満開の桜の下で、あなたが思い描く夢は…何?



スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/04/04(火) 13:47:18|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I'm Alive!

【I'm Alive!】

271795_2179260570273_1150756_o_20170403201916eea.jpg 


原野に一歩足を踏み入れる時、僕の野性が目覚める。

人の手にふれられていない、人工のものが一切ない、どこまでも原風景が広がる世界…。

そこでは、僕はひとつの生命体に過ぎない。

この世に存在するあらゆる物が、原子、分子、細胞レベルで構成されている。

自分自身の内にある原子や分子・細胞の一つ一つが感動に打ち震えるのを感じる。


article10076upimg4_201704032019155a8.jpg 


そして、僕の肉体もまたこの宇宙と一体であることに、ただ愕然とし、驚愕するばかり…。

万物の創造主がその遍(あまね)く愛によって、我々をこの惑星に生み出し育んでくれたということに心から感謝しよう。

大自然界の大きな恵みによって今生きて生かされている。

母なる大地に二本の脚で立ち、走ることができる感激…。


10926425_811781588870845_4086745192268210191_n_20170403201912dcf.jpg 


感性を研ぎ澄まして、五感を働かせよう。

目に見えないものを観る眼を持とう。聞こえないものを聴く耳を持とう。

肌に触れるものも触れられないものも感じ取ろう。

人間として生きているのならば、あらゆる感覚をフルに使おう。

感性とは感謝感激感動できる力、命あるものに与えられた、今生きている証(あかし)。


10354084_751882874860717_6364868194459852573_n.jpg 


二本の脚でこの大地を駆け抜ける快感…

ランナーとして、旅人として、ひとりの人間として、僕は生きて走って前に進み続ける。

走ることに人生を捧げたつもりだが、まだまだ走るべき道はこの地球に残されている。

この惑星にいる70数億人の人々と出会い続ける旅、それがPEACE RUN。



*トークライヴ in 東京〜いよいよ来週です!

969174_553981491317524_1564596660_n.jpg

久々の東京でのトークイベント開催が決まりました。

アドヴェンチャーランナー高繁勝彦氏トークショー 

日時:4月9日(日) 午後5時30分〜7時30分

場所:コワーキング・スペース・カナエル(東京都渋谷区)


*ワラーチ作りのワークショップも同日開催しています。


詳細はこちら



テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/04/03(月) 20:27:26|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生は一度限り

【人生は一度限り】




好きなことには、時間やお金、情熱・労力を惜しむものじゃない。

 

やりたいことがあるのなら、死ぬまでに必ずそれをやっておくんだ。

 

人生は一度限り。

 

後悔することほど馬鹿馬鹿しい人生はないんだから…

 


*****

 


父はそんなことを私によく話してくれた。

 

今思えば、自分に備わった冒険心は父親譲りのものだったのではないかと思う。


父は好奇心旺盛で、新し物好きで、暇さえあれば家を空けて外に出ていた。

 

昭和6年(1931年)生まれの父は今年12月で86歳になる。

 

若い頃から俳句をやっていて、吟行と称して休みの度にあちこち出かけるような人だった。

 

根っからの読書好き、知識や情報を吸収するためというよりはむしろ、本に囲まれた暮らしを夢見ていたのだろう。

 

あまりにも本を買いすぎて二階の父の書斎は本だらけ…そんなこんなで母親から書店立ち入り(書籍購入)禁止令まで出されたことも過去にあったと記憶している。

 

父は幼い私を連れて、ことあるごとにフィールドに出かけていた。

 

未だ忘れられないのは、私がまだ小学校低学年の頃、雪が積もった冬の金剛山(大阪府と奈良県境にある1125mの山)に連れて行ってもらった大晦日の夜。

 

気温は氷点下。初日の出を拝むために、夜を徹して真っ暗な登山道をヘッドライトの灯りを頼りに歩いた。

 

父のペースについていくだけでも大変なのに、凍結した路面、急勾配の道で滑りそうになっても父は手を貸してくれない。

 

手はかじかみ、寒さのあまり泣き出しそうになった私に、父親は「男なら泣かずに歩け」と檄を飛ばした。


父はスパルタ教育で育てられた人。ふだんは優しい父も、必要とあらば厳しさを教える場面も当然ながらあった。

 

父も私もしばらく無言のまま、私は、少しでも早く山頂に着けることを祈りながら、歯を食いしばってひたすら歩くだけだった。

 

長い長い登りが終わってようやく山頂の広場へ。寒い夜にもかかわらず私の体は汗だく。

 

登山客で賑わった食堂で、温かいうどんとおでんを食べながら父は言った。

 

「寒いのによく頑張ったな。」

 

大自然の中で強く生きることを教えられた一場面だった。

 

美しいものには素直に感動し、人には優しさを惜しみなく分け与えることをモットーとした生き方を常日頃から教えてくれたのも父。

 

父は定時制高校に通いながら美術系の専門学校を出て、朝日新聞大阪本社に就職。

 

デザイナーとして認められ広告関係の部署で定年まで働き続けた。

 

職場でもいろんな試練があったのだろう。40年以上も同じ職場で働き続けた父はやはり立派だったと思う。

 

男ならいろんなことにチャレンジすべきであるということを教えてくれたのも父だった。

 

ストレートに本音を語ることは少ないシャイな父だったが、教えられることは山ほどあったのだ。

 

父から受け継いだDNAは既に自分の中に組み込まれているはず…。

 

父も本当はリスクを冒していろんなことにチャレンジしたかったのだろう。

 

父が果たせなかった夢を、代わりに成し遂げるミッションを背負っているのは私なのかもしれない。

 


何のためにこの世に生まれてきたのか…?

 

数年前まではあれこれ悩んでいたのだが、今はもう迷うことなどない。

 

私は世界を走って旅をするためにこの世に生まれてきた…

 

今私の人生は、それを証明するためにあるのだということをここに再認識しておきたいと思う。

 

父と何の約束もしていないが、父が生きている内に、「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走り終えられたらと思う。

 

それが、「人生は一度限り」と教えてくれた父に対する、私の親孝行なのかもしれない。

 

content_3881bd51a8f9945e071e1d9037a7fc6a963f99f3.jpeg




*トークライヴ in 東京

969174_553981491317524_1564596660_n.jpg

久々の東京でのトークイベント開催が決まりました。

アドヴェンチャーランナー高繁勝彦氏トークショー 

日時:4月9日午後5時30分〜7時30分

場所:コワーキング・スペース・カナエル(東京都渋谷区)


*ワラーチ作りのワークショップも同日開催しています。


詳細はこちら

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/26(日) 19:59:51|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅・冒険・チャレンジ

【旅・冒険・チャレンジ】

img006_20121103051459_20150226013708c1e.jpg



どれだけお金を出しても買えないものが世の中にはいくつかある。

僕が求めているものの多くは、恐らくお金では買うことはできない。

努力を継続することで、あるいはチャレンジし続けることでしか得ることができないものだ。

普通なら、永遠に手に入れられないであろうそれらのものを、一生懸けて追い求め続ける、そのプロセスを楽しむことがまさに「冒険」なのだ。



旅を続けるという行為は自分に対するチャレンジでもある。

自分にどれだけのことができるのか、自分に何が必要なのか、自分は一体何者なのか…?

そんな疑問を胸に、次から次へと移動を繰り返していく中で新しい出会いと発見を繰り返し、自分自身を見つめなおしていく。

自分がそこに存在する理由を求めてさらに街から街へ…。

今一瞬を生きることの意味とその尊さを、自分の心と身体で実感する日々…

それが「旅」というものの正体なのだと思っている。



10419564_805150912867246_3389229061319214533_n.jpg


何も考える必要はない。頭を空っぽにして何かをいつも感じていればいい。


15473_787781644604173_2422875675731954228_n.jpg


自分のいるべき場所を見つけるために…走る…走り続ける。


10933748_805150799533924_5798329160319928615_n.jpg


遠い過去の世界から 逃げるのではなく 遥か彼方の未来を 追いかけている。


img006_20121103051459_20150226013708c1e.jpg


たそがれ時、心静かに明日への祈りを捧げる…。

愛と平和と夢と勇気と希望を、この惑星に暮らすわが同胞たちと分かち合えますように…。

テーマ:生きた証として - ジャンル:ライフ

  1. 2017/02/26(日) 22:50:00|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅のエッセイ

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の「PEACE RUN2011 アメリカ横断ランニングの旅」


《アドヴェンチャー・ランナーは荒野を駆ける》



その1:カリフォルニア州モハヴィ砂漠~1



その2:カリフォルニア州モハヴィ砂漠~2 


その3:ネヴァダ州モハヴィ砂漠~3その4:アリゾナ州フラッグスタッフ
その5:モニュメントヴァレイ~フォー・コーナーズその6:ユタ州ブラフ 
その7:ユタ州ブラフ~ニューメキシコ州ファーミントンその8:ニューメキシコ州ファーミントン~コロラド州ウルフクリーク
その9:コロラド州ウルフクリーク~アップトップ

その10:ウォルセンバーグ~ラフンタ 米・コロラド州


その11:番外編:砂漠のモノローグ

その12:360度地平線…大平原の旅 米・カンザス州

その13:熱波との闘い 米・カンザス州

その14:続・熱波との闘い 米・カンザス州

その15:続々・熱波との闘い 米・カンザス州

その16:LA~帰国~LA再び 2011年8~9月

その17:番外編~旅のトラブル

その18:カンザス州ウィチタ

その19:カンザス州ウィチタ~ミズーリ州カンザス・シティ

その20:ミズーリ州カンザスシティ~ブーンヴィル 
その21:ミズーリ州ブーンヴィル~セントルイス



  1. 2017/02/09(木) 11:01:20|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード