FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

静と動

【静と動】

tranquility
(写真:1991年6月、アメリカ西海岸カリフォルニア州北部の浜辺で撮影)



僕は海を見ていた。

正確に言うならば、それは、ハイウェイ101号線(Pacific Coast Highway)の眼下に広がる太平洋だ。



6月第2週目で、日ざしも多少はあったけれど、潮風はまだ冷たかった。

この海の向こうに、いつか帰るであろう自分の祖国日本があることも分かっていた。



海は一部が入り江になっていて、入り江では時折吹く風が小さなさざなみを作っていたが、ほとんど静まり返っていた。

そのほとりには、大きな流木が長旅を終えて疲れてしまっていたのか、無言のまま砂の上でどんと居座っていた。



浜辺では、上半身裸の白人男性が大きな犬と戯れていた。

荒々しく寄せては返す白い波が「ざぁー」という音を立ててしぶきを上げている。

犬は主人が走る後を無我夢中で追いかけていた。



それらの風景を眺めながら、あれこれ思いをめぐらせてみる。



静と動…二つの相反するシチュエーション。

この世のあらゆる場面で、プラスとマイナスが見事にバランスを保っている。

エナジーがどこかから発生すれば、どこかでそのエナジーを吸収するものがある。



目に見えるものと目に見えないものがある。

多くの人は目に見えるもののみを信じようとする。

目に見えない概念的なものは、時折想像するのも厄介だし、受け入れられにくいからだ。



過去と未来はどうだろう。

過去に蓄積された何かが未来を動かしているというのもまた事実だろう。

未来は過去によって動かされる。現在という時間も過去に吸収されながら前へと進んでいくのだろう。



寄せては返す波…流れる時間…。

果てしなく広がる宇宙という空間の、地球という惑星の一角で…僕は無限というものの存在を知る。

流れていく時間もあれば蓄積されていく時間もある。

蓄積された時間を直接知ることはできないかも知れない。

だが、この宇宙のどこかで、時間や空間の存在しない場所があって、

そこには現在も過去も未来もなく、生や死すらない。


すべてがひとつにつながっていて、調和が保たれている世界が、きっとあるのだと信じている。



凪いだ入り江と、長旅をしてきた流木…。

そして、荒々しい海と、駆け回る男性に犬…。

静…入り江と流木、動かぬものは過去。

そして、動…海と男性に犬、動くものは未来。

砂浜…それら二つ、静と動をつなぐものが現在ということになるのか…。



僕は、たまたま旅の途中で出くわしたその光景を目に焼きつけ、さらにはその一瞬をフィルムに収めた。

この後、この場所で、空と風と雲と海が織り成すドラマには、一体どんなストーリーが待ち受けているのだろう…。



目前で繰り広げられている静と動の物語には、始まりも終わりもない。

静と動がつながって、そこですべてが完結している。

あるいは、それは、自分がいたその場限りのものだったのだろうか…。



風がまた強くなってきた。

天気が崩れる前兆だ。先を急ごう。



僕は止めていた足をもう一度ペダルに乗せ、再びハイウェイの人となった。




*1991年6月1日から10月23日まで北米大陸横断単独自転車旅行の思い出から…









*お知らせ

私、アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦とつれあいぴあぴのやっている

「のんき屋(PEACE RUNセレクトショップ)」。


のんき屋  

PEACE RUNセレクトショップ 

エスニックなファッションアイテムやオーガニック食品、健康グッズ、

一本歯下駄やその関連グッズなど扱っております。


大阪府富田林市のぴんぽん地球ス(テラス)内に実店舗があります

(不定期営業のため来店の際は事前に連絡お願い致します)。




スポンサーサイト



テーマ:よもやま - ジャンル:ブログ

  1. 2020/06/27(土) 23:17:21|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たな風が吹く

【新たな風が吹く】

421306_527251657323841_1043957738_n (1)


現在は、戦後焼け跡闇市状態である、

ということをある方がおっしゃられていた。

仕事を失った大量の帰還兵が、新しい時代を模索している。

そのエネルギーを感じる人だけが、次の時代を作る。

すっからかんからはじめよう…というお話。

0(ゼロ)からのスタートで構わない。

毎朝目覚めたらリセット・リフレッシュ・リスタートするあの感覚。

昨日までの自分にとらわれていてはダメだ。

古い慣習や伝統にこだわるのも然り。

どうでもいいような常識や規則、固定観念に縛られていたら先に進んではいけない。


とらわれないこだわらないしばられない…

常々口にしている言葉だけれど、これは風のように大気中を自由自在に

行き交うことができることなのかもしれない。

風の流れが変わるというけれど、それは常に周りになじむようにしているだけのことなのだ。

新たな風が吹く。

新しい時代がやってくる。

備えよう。


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/06/04(木) 23:52:09|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日に想う

【父の日に想う】

58676630_2195372437178413_6902904200141733888_n_20190616160010112.jpg 
趣味の俳句で掛け軸の俳句も字も自分で書いて飾っている

今日は父の日。

今年88歳になる私の父も、足腰はかなり弱ったとはいえ、何とか元気で毎日を送っているようだ。

朝日新聞社を定年まで勤め、趣味の俳句はかれこれ60年以上も続け、句集も1冊出した。

旅が好きであちこち出かけ、絵もやっていたし写真を撮るのも大好きだった。

過去に自転車で走っていて心不全で救急車に運ばれたことが二回。

二回目の事故のあとペースメーカーを入れて、それ以来自転車に乗って出かけることは母親に禁じられてしまった。車の免許は持っていない。

買い物に行くと言って8〜10キロ歩いたりするのが習慣となっていたが、昨年の鼠径ヘルニアの手術以降今は5キロ程度で、そう頻繁に歩けなくなっている。

父にもロマンがあり、きっと大きな夢があったことだろう。

息子の自分がやっている世界を股にかけたチャレンジを父は誇りに思ってくれている。それがせめてもの親孝行なのか…。

時折実家を訪ね、その時だけ父は母に飲酒を許可されるので父と盃を交わす。昔ほど飲めなくなったし、食も細くなった。

耳が遠くなり、脚が弱り、じわじわと老いていく姿を見るのは辛くも悲しくもあるけれど、せめて生きている内に父の喜ぶことをしてあげたいと思う。


一方で私もかつては父と呼ばれた存在。13年も逢えなかった一人娘は6年前にインターネットで僕を見つけ出してくれた。

彼女も4月から社会人となり、国家公務員として世のため人のために働いている。明日が誕生日でもう23歳。

彼女が小学校に上がる直前のある日、大人の勝手な事情で、さよならも言わずに別れてしまった。

それでも、5年前、母親には内緒でわざわざ逢いに来てくれたことは幸せの極み…

二度と逢えないと思っていただけになおさらだ。

子育て時代に「お父さん」と呼ばれた期間は6年半と短かったし、その後も実際に父親らしきことはこれまでほとんどできていない。そんな僕を「お父さん」と呼んでくれるのは世界にたった一人彼女だけ。

父の日は、娘に恥じることのない父親であろうと心に誓う日でもあるのだ。



61832365_2246180362097620_8844003163351547904_n_2019061616001272d.jpg

先日名古屋に出張した際に、うまいタイミングで娘と8ヶ月ぶりの再会





*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2019/06/16(日) 16:03:34|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平原の夢

【平原の夢】


nullarbor052113 (7)




時々、夢の中に現れる砂漠の平原…

僕はいつも、どこでもない所の真ん中に一人ぽつんと立ち、行くあてもなく途方に暮れている。

気の遠くなるような真っ直ぐな一本道は、地平線の果てまでも続く。

何もないところ…とは言っても、一本のハイウェイだけが僕の過去と未来を結んでいる。

そう、僕が立っているここが「今」だ。




nullarbor052113 (5)




どこでもない所の真ん中で、どこにも行けずにたたずんでいる…僕は永遠の旅人。

黙っていれば、広大な原野に自分の存在さえも否定されてしまいそうなくらい…。

僕は、必死になって、自分の存在をアピールする。

だが、こんなちっぽけな存在をすっかり無視するかのように風が僕の頬をかすめる。




nullarbor052113 (2)




風は何かを語っている…いや、正確に言うならば、風が語るものは言葉ではなく歌だ。

風の歌に耳傾け、そのメッセージから僕は何かを探り出そうとしている。

解読不能なメッセージは、僕を悩ませ続ける。

そのメッセージの中に、僕がたどり着くべき場所へのヒントが隠されているかもしれないのだ。




nullarbor052113.jpg




ひとすじの風が僕の頬を撫でるようにかすめ、またどこか遠くへ去っていく。

風は、ひょっとしたら、いつの時代も僕にそんなメッセージを送り続けていてくれたのかも知れない。

ただ僕がそれに気づかなかっただけのこと。




風の歌はいつまでも続いていた。

砂漠の乾いた風は、遠い遠い、僕の未来圏から吹いてくるかのようでもあった。




nullarbor052113 (4)




そう、あの時、確かに僕はあれらの風景の中に含まれていた。

僕もまたその風景を構成する一要素として、その場になくてはならない存在だったのだ。




nullarbor052113 (1)




あの時の風は、僕に確かこんな風に囁きかけていた。

「君がこの風を感じたければ、いつでも感じることができるんだ。君の行く所に必ずこの風は吹いているからね」




nullarbor052113 (9)




僕の心に静かに吹き抜ける平原の風…それはきっと道祖神の仕業かもしれない。


 

nullarbor052113 (8)





ニュージーランド~オーストラリア横断自転車旅行




エッセイ「どこでもないところの真ん中で」

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2013/05/21(火) 17:00:58|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅の時間

【旅の時間】

912614_512821175433556_1178161843_n_20130515175654.jpg


神戸三宮をスタートしたのがもう数ヶ月も前のことのような気がする一方で、旅の16日間はほんの数日間程度のことだったように思えるのはなぜだろう?



物理的な時間は普通に過ぎていくものだけれど、それとは違った、何か特殊な時間というものがどこかに存在しているということなのか…?


楽しい時間は速く過ぎるというし、辛く苦しい時間はなかなか過ぎていかない…。


メンタルな時間というものもきっと存在するのだろう。



948890_514230715292602_1709755385_o.jpg



訪ねた街と出会った人々…そして、そこで行われた会話…すべてが脳に焼き付けられている。

記憶はまだ新しいけれど、これが5年、10年と経っていく内にどう変化していくだろう?



912070_514657438583263_649619186_n.jpg



一番最初に経験した旅は、20歳になる前の夏のこと、下宿していた枚方の町から福井県の若狭地方へ自転車で走ったのだった。

30年以上経った今も、まだ頭に残されている数々の記憶…断片的に思い出せないこともあるけれど、旅の概略的なものは忘れはしない。



911215_513811795334494_976264686_n.jpg


旅人は、旅をするごとに、町の名前をフォルダにつけて、その中に出会った人たちの顔や交わした言葉なんかをファイルとして頭に保存するのだろうか?




僕にとっては、すべての旅が一本の道でつながっている。

いつであろうとどこにいようとそれは同じ…人生というつながった時間の中で、それらは連続したドラマとして常に流れる時間として時を刻んでいるのだ。



912296_513836471998693_204161657_n.jpg



次の旅のことを既に考えている。

終わりのない旅をする永遠の旅人は、旅の空の下で、一体どんな思いに浸っているだろうか?

そして、旅を終えて、またその旅を振り返る時、何を思うのだろうか?



果てしなく続く旅の時間…旅をしていない今であっても、僕の心はあてもなく、 旅の空をさまよい続けるのだ…。




911487_513526542029686_221944128_n_20130515175655.jpg



*衣装提供…ファイントラック

*バギー提供…pleasant(プレザント)

*シューズ提供…アシックス

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/05/15(水) 18:02:39|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード