KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

バランス

【バランス】

10534198_722420417806963_5054189291406677570_n.jpg 



人生とは自転車に乗るようなもの。

安定した走りを楽しむにはペダルを踏み続けるしかない。

 
........アルベルト・アインシュタイン(ドイツ生まれ、ユダヤ人の理論物理学者)









IMG_1366.jpg 



人生とは一本歯下駄で歩くようなもの。

安定した歩きを楽しむには動き続けるしかない。



----高繁勝彦(大阪生まれ、アドヴェンチャー・ランナー 、一本歯下駄クラブ主宰)




10592503_10202069088675659_1369295059_n.jpg 




じっと静止していてもグラつくことのない、不動心と平常心を持って、揺るぎない、揺らぐことのない人生を生きるのが理想だ。

一本歯下駄を履き始めてからはや4年…が、それでも僕は、身も心も常に揺れ動いている。

静止しているように見えても、実は微妙に揺れ動く…人生とはそういうものなのだろう。

揺れもグラつきも快く心地よく受け入れる…安定とは不安定さの中に含まれている。




12509861_976159445766391_2712722498138050490_n.jpg
フラミンゴのボーズ




バランストレーニング




一本歯下駄フェスタ@ちはや園地(金剛山)


スポンサーサイト

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/22(土) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コアトレ☓一本歯下駄VOL.19

【コアトレ☓一本歯下駄VOL.19】

19420695_1406044922777839_7142626261128256040_n.jpg  


22日から金剛山香楠荘に3泊4日で泊まり込みでの勤務。3週間ぶりに古巣に帰ったような気分で美味しい賄いをいただき、寮での夜を過ごし、日曜日の朝、下山して富田林のぴんぽん地球ス(テラス)に戻ってきた。

しばらくぶりの伏見林道での下山、念仏坂で大腿四頭筋(太腿前面)がフルに稼働する。

この筋肉は下りを降りる時に使われる筋肉で、勾配約20パーセントの念仏坂では相当強烈な刺激が加わる。

ほぼ毎日のように登り下りしてたら足も活性化するし、ブランクが続くとすっかり元に戻る。そんなことを思い知る。



午後1時からは19回目のコアトレ☓一本歯下駄。月例で行っている、トレーニングクリエイター宮崎要輔さんが講師を務める一本歯下駄を使った体幹トレーニングのワークショップ。

今回も初めて参加された方が3組。一般のランナー、アマチュアボクサーの男性と、小4のサッカー少年とそのお母様。

1年半以上続いたコアトレ☓一本歯下駄は、ランナーはじめアスリートの参加も多いけれど、運動をほとんどすることがない方も少なくはない。

パソコンを使うデスクワークで肩凝りがひどい、立ち仕事でいつも腰が痛む、足腰が弱ってきて膝痛に悩んでいる、猫背気味で姿勢が良くないので何とかしたい…そんな一般の方々もちょくちょく来られている。

宮崎さんのオリジナルのトレーニングメニューをこなしながら、参加者は徐々に自分の体との対話に入っていく。

宮崎さんの説明を聞いたあとトレーニングに入り、実際に体のどんな部分にどんな効果があるのかをダイレクトに感じ取る。そうすることで、ちょっとした工夫で体が変わることを知らされる。


19399703_1405901449458853_1992723744193968340_n.jpg 19399399_1406045112777820_7868067470440932923_n.jpg 


トレーニングとはいうものの、やっているのは体の使い方を学ぶということなのだろう。

人の体の仕組みを、自分自身の体を実験台にして知る…これはわかりやすいし納得できる。

肩が凝るから肩を揉むのは実は正しくはない。肩凝りの元をたどると肩以外の場所に原因があるということも教えられなければ知ることもない。

地面を蹴って進む走るという行為も、実は地面を蹴れば故障が起こる。だから、地面を押すようにして前に進む。そうすれば無駄な力を使うことなく故障も少ない走りができる…そういったことを教えられる。

体に効くトレーニングは、言い換えるなら、体に聴くトレーニング。

体との対話で、体がどう感じているか、体の声を聴くトレーニングという訳だ。

スポーツをやっていて故障を起こす原因がここにある。

体の声を聴くことなく、好き勝手に体を鍛えて体を酷使して、挙句の果てに故障やトラブルが起こる。体との対話があれば悲惨な目に遭うこともないものを…。





結構、きつめのトレーニングがありながら、それぞれのレベルに合わせて各種メニューをこなすこと約1時間半。

19424552_1406044579444540_6415527635365555111_n.jpg 
19248155_1406044146111250_872948669153485091_n.jpg 

プロのアスリート達の具体的な名前が挙げられ「〜選手は…だから◯◯なのです」といった宮崎さんの鋭い分析を合間合間に聞かされる。


19420908_1406044132777918_3309903051301683652_n.jpg 



参加者全員笑顔で帰られたのがありがたくも嬉しかった。



*次回開催は7月16日午後1時、会場は大阪富田林のぴんぽん地球ス(テラス)です。

19420573_1352340078148003_7979323091456731150_n.jpg 

フェイスブックイベントページはこちら





*お知らせ:

7月23日は金剛山夏まつりです。

summerfes2.jpgsummerfes1.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/25(日) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一本歯下駄フェスタ&千利休マラソン@大仙公園

 【一本歯下駄フェスタ&千利休マラソン@大仙公園】

19260288_1430458687048827_1768307748408404943_n.jpg  


ゲストランナーとしてお招き頂いたファンラン関西(Fun Running Kansai)主催の千利休マラソンに参加。

10キロの部に約300名のランナーと共走。朝は涼しかったのに時間が経つにつれ日差しが強くなってかなり暑くなった。

今日は、全国各地でウルトラマラソンもやっていて脱水症状や熱中症に苦しまされているランナーも少なくないのではないか?


19366152_1399789860070012_5302120021315168112_n.jpg 
大仙公園は平和の塔が目印



19397189_1399790060069992_8738004341081023689_n.jpg
スタート前の緊張感が漂う空間


19274797_1399789696736695_4685352935699719812_n.jpg 


激走するアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦


19369145_1430468313714531_1178146706_o.jpg 





19149151_1399790316736633_7924032801330550588_n.jpg 

午前10時の10キロスタートに合わせて一本歯下駄クラブのメンバーも集まってくる。


19274839_1430458613715501_7724508329792031897_n.jpg 

走っている間に、一本歯下駄クラブの紹介がステージ上で紹介されていた…



19366278_1399790046736660_4887347309842198259_n.jpg  
ステージの裏で一本歯下駄フェスタ



19399258_1430458747048821_6759716109459331990_n.jpg 
発明家中田さん作の変わり種一本歯下駄も…


 19366146_1399789680070030_4345499063585573500_n.jpg 19366584_1430458683715494_2470926569282406916_n.jpg 

走った後にインタビュー…一本歯下駄クラブのメンバーも



19396799_1430458690382160_8135712418617177229_n.jpg 

一本歯下駄を知らなかったランナー、地元の方々…いろんな方に一本歯下駄を体験していただく。


19225443_1399790273403304_6030604245089746557_n.jpg 19225049_1399790156736649_8843623237946464231_n.jpg 

大人も子どもも…男性も女性も…

一本歯下駄を履けば誰もが笑顔になるというのはいつでもどこでも同じ…


19225340_1399789786736686_3528717442427424310_n.jpg 

松田ピノキヨさんがスカイランナーで登場!


19275005_1399789863403345_2302955767728288511_n.jpg 
ドキドキしながらスカイランナーを体験!


19146289_1399789756736689_7171548416242271688_n.jpg 
記念撮影


19225748_1399789963403335_3534088872797507495_n.jpg 
恒例の一本歯下駄の輪=和





*本日の写真はこちら

 (私が写っている写真の一部は齊藤満さん提供)


一本歯下駄クラブ(フェイスブック公開グループ)



One-Tooth Geta Club(英語フェイスブックページ)




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2017/06/18(日) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目付(めつけ)

【目付(めつけ)】

f04aba96094c477a7fefe4fee8def136.jpg 


目付とはものの見方、とらえ方…かの剣聖宮本武蔵は、「観」と「見」の目付があると説く。



「兵法の目付ということ」


目の付けよう、大きに広く付けるなり。

”観見”二つのこと。

”観の目”強く、”見の目”弱し。

遠き所を近く見、近き所を遠く見ること兵法の大事なり。敵の太刀を知り、いささかも敵の太刀を見ずということ兵法の大事なり。

工夫あるべし。この目付、小さき兵法にも大きなる兵法にも同じことなり。目の玉動かずじて両脇を見ること肝要なり。

このようなこと、いそがしき時にわかに弁(わきま)え難し。この書付を覚え、常住この目付になりて何事にも目付の替わらざるところ、よくよく吟味すべし。



---宮本武蔵『五輪之書』水之巻から


1114-heisyou.jpg 



『五輪書』(ごりんのしょ)は、宮本武蔵の著した兵法書。武蔵の代表的な著作であり、剣術の奥義をまとめたといわれる。



19225955_1397579470291051_8420135098618645377_n.jpg


一本歯下駄を普段履いていて、よく経験すること…

駅のホームで一本歯下駄で立っていて、ホームに入ってくる電車をじっと見つめているとバランスを崩すのである。


電車に気を取られて、電車の揺れに合わせて自分も揺れていると感じてしまう…。

これは自分の意識の中で無意識の揺れを作り出しているんのだろう…。

揺れている・揺れていないというのは、まず体が感じて次に頭に揺れているという認識をもたらすものと思っていたのだが、頭が先に揺れていると感じる時でも体が擬似的に揺れを感じるのかもしれない。

別の話になるが、自転車にカメラを固定して撮影された動画を見ていると乗り物酔いしそうになる。


これも実際体は動いていないのに、頭だけが揺れを感じ、体に揺れを感じさせているということ。

さっきの電車のホームでの話に戻る。

ちなみに、ホームに入ってくる動きのある電車を見るのは「見」の目付。

電車がホームに入ってきてもその電車の動きだけを見ずに、少し離れた他の固定された一点を見ていれば一本歯下駄を履いた体は安定している。

揺れに気を取られることなく、全体図として目に見えるものをとらえるのが「観」の目付なのだろう。

視線をどこに置くかで頭が感じるものは変わるということ。そして、五感はそれぞれが独立したものではなく、密接につながっているということなのだ。

いろいろと体の不思議を研究していると面白いものだ。

走りながら体が揺れることで吐き気を催すことがウルトラマラソンではあるのだが、揺れを意識するとさらに体は揺れる。

むしろ揺れを無視して、心地よい感覚に意識を向ければ解消できそうにも思える。

一本歯下駄における「観」と「見」の目付…こういったトラブルの解決にもなりそうなテーマだ。


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:日記

  1. 2017/06/16(金) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランニングと一本歯下駄と登山

【ランニングと一本歯下駄と登山】

18699854_1379386772110321_6073283250486963034_n.jpg 


先日の一本歯下駄での金剛山登山での気づき・学びは数知れない。

いろんな事象から考察すべきことがまだまだある。

ふだん舗装された平坦な道ばかり歩いていたら気づかないのだけれど、本来舗装路なんてものはないものだった。

人間の都合で勝手に道を平らにならされて、車が走るのに快適にするために作られたのが舗装路。

これほど不自然なものはないということがまず一つ挙げられる。

一本歯下駄とは自然素材を使った、人間の歩行を自然なものにするツールだと考えているけれど、どうせなら自然の道を歩くのがいい。

土の上でも砂利の上でもトレイルでも、一本歯下駄で歩けないことはない。

そんな思いで金剛山に一本歯下駄で足を踏み入れた。



*足裏センサー

裸足であれば、足の裏がセンサーとなり、足の裏にふれたものを瞬時に脳は感知して次なる動きに体を備えさせるはず。

異物を踏む瞬間、たとえばそれがガラス片や画鋲(押しピン)であったとしても、足裏センサーの弱い足ならば踏みつけてしまって恐らく惨事になることだろう。

すぐれた足裏センサーを持っていれば、足に異物の一端がふれただけでそれがよくないものだと判断し、咄嗟に着地する場所を変えるかもしれない。

これは、一本歯下駄にも通じるのだと思う。

足裏センサーが一本歯下駄の歯と連動することで、体は次なる動きに備えにかかる。

金剛山の下山時に感じたことは、小石や木の幹、ガレ場でバランスを崩しそうになる瞬間、足は安全なポイントにすぐさま移動している。

運動神経ともまた違う、足裏センサーが反射神経と連動するかのように働く訳だ。

躓いて転びそうになる前に次の一歩を別の所に踏み出すことができれば、一本歯下駄登山はさほどレベルの高いものではない。

私自身はあの日、トレッキングポールを持っていたので、転びそうになってもトレッキングポールに頼ることが多かったが、トレッキングポールも杖も使わずに目の前のガレ場をささささーっと軽やかに歩いていった御子柴さん(写真下)の動きには驚かされた。


18789834_1847781192208930_1270681098_o_2017052916275923e.jpg 


御子柴さんは裸足ランナーでもある。元々走る人であったかというとそうでもない。神奈川の逗子の海岸を裸足で走ったらすごく気持ちよかったということで裸足ランニングを始めたと言われていた。

恐らく、御子柴さんも、すぐれた足裏センサーをお持ちなのだろう。



*重心センサー

一本歯下駄は個々が持つ重心センサーの働きを高めてくれるフットウェア。

重心センサーは、体がどんな不安定な状態に置かれてもすぐに重心を取り戻そうとする。

だるまや起き上がりこぼしのように、グラグラ揺れていてもすぐに体勢を整えようとする作用が働く。

一本歯下駄で歩くことはできても、両足を肩幅に開いた状態で静止するのは難しい。重心センサーが発達することでバランス感覚をマックスに機能させるのだ。

これに足裏センサーが連動すれば、一本歯下駄登山は何ら問題なくスムーズに楽しめることだろう。






*体の柔らかさ・しなやかさとメンタル

加えて、趾(あしゆび)、足首はじめ膝の関節や筋肉が柔らかい状態であること。

もちろん体全体が柔らかでしなやかであるに越したことはない。

体の柔軟性は加齢とともに失われていく。運動を継続することである程度体は柔らかくなるだろう。

山を一本歯下駄で歩いていて、小石や木の幹、ガレ場で転びそうになる場面で…

「転ぶ!」「怖い!」

と頭が思った瞬間に体は一瞬フリーズする。ガチガチになってしまった体は次の動作に移れなくなる。これが「居着く」という現象だ。

「転んでしまう」という勝手なイメージが先行して、実際に自分が転ぶ場面を引き起こす。

穏やかなメンタルの状態…すなわち、恐怖や不安を持たずにいることが体をリラックスさせ、関節や筋肉をいつもリフレッシュした状態に保っておくこと。幼い子供にはそれが比較的可能なのだろう。

転倒して捻挫したり骨折したりすることは一本歯下駄でなくとも、スキーや普通の登山でも起こり得る。街の中を歩いていても段差でつまづくことだってある。

頭と体がバランスよく連動するために、日頃から心がけておくことがあるのだろう。


18740667_1378877798827885_5427323618192974988_n.jpg


*考えるな、感じろ!

ひとつは、考えるよりも感じるものを大切にするということ。

直感で行動することだ。

金剛山を一本歯下駄で歩いていて、次の一歩をどこに踏み出そうと考えている内に転んでしまうということも実際あり得る。

どこに一歩を踏み出そうとリズミカルなステップで前へ前へと進んでいけるように…。

一本歯下駄での登山は奥が深い。それだけで一冊の本が書けてしまうかもしれない。

トレイルランニングでもない、普通の登山とは全く違う、新たなジャンルとしての一本歯下駄登山。

既に先駆者はいるはずだけど、ハードルが高すぎてなかなか常人はやりたがらない(あまり価値を見いだせない)ことなのだろう。

しかし、この一本歯下駄登山という新たなジャンルは、トレイルランニングにも登山にも十分通じるものがある。

一本歯下駄登山で修行(あえて修行という言葉を使う)を積めば、特にトレイルランニングでの下山時、足を踏み外して転倒するようなケースでもすぐに体制を整えてスムーズに下り切ることができるはず。


まだまだ検証すべきことがたくさん残されたこの一本歯下駄登山。マニアックではあるが、一本歯下駄を履き始めたランナーならいずれぶち当たる壁になるのではなかろうか。

裸足ランナーやワラーチランナー、一本歯下駄を履かれる皆さんのご意見もぜひうかがいたい。


18817466_1847781298875586_1469306058_o.jpg 




テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

  1. 2017/05/31(水) 23:59:59|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード