FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

金剛山登山&BIKE RIDE

 【金剛山登山&BIKE RIDE】

たまたまのお休みでお友達の中西大輔さんからサイクリング&登山のお誘いがあって彼のパートナーマキさんも一緒に金剛山へ。

中西大輔さんは世界二周サイクリスト。11年かけて130カ国15万キロを走り、植村直己冒険賞を受賞された過去をお持ちの筋金入りサイクリスト。

彼と2010年に出会い、JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブに加えていただき、時々お互いにイベントを企画して山に登ったりサイクリングを楽しんだりしている。

兵庫県川西市出身だが、近々河内長野市に引っ越しされる予定で、ある意味ご近所さんになる訳だ。

マキさんは実家が河内長野。何年か前に堺市内を走るツーリングでご一緒させてもらうきっかけがあったが、中西大輔さんと一緒に暮らすことになったという嬉しくもおめでたいお話を聞かされたのは今年はじめのJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ新年会でのことだった。。

旧170号線滝谷不動近くで待ち合わせ。

午前8時半にお二人が現れ、そこから一路金剛山を目指す。

56517493_2159467190768938_8583823330279161856_n.jpg 

富田林市内のカントリーロードを抜け、かなり急勾配の坂を登り、府道205号線からは金剛バスのルート。

晴れた日曜で金剛山も混み合っているかと思ったら駐車場の車はそう多くなかった。

恐らく花見シーズンでみんなどこかでお花見を楽しんでいるのだろう。

3人でお喋りしながら走っているとあっという間にロープウェイ前。

自転車を停めて、伏見峠経由のルートを登る。10時20分登山開始。

お二人は手作りのワラーチサンダル、私は一本歯下駄SCAPPA。一本歯下駄での金剛山は2017年の6月以来2度目。

そういえば、前回は雪の残った時期にシューズで登りに来たのだった。

気温も高く(千早赤阪村で18度)、日差しのあるところでは汗ばむ陽気。

56443004_2159467557435568_1146785220406542336_n.jpg 

途中、湧き水が飲める場所がある。

自転車で登りを走って汗を大量にかいたあとだったが登りも結構堪える。

56440204_2159467854102205_8462926988808552448_n.jpg 

伏見峠ルートは途中に念仏坂と呼ばれる急勾配の道が100メートルほどある。

56582174_2159467470768910_5804281540401692672_n.jpg 

そう長い距離ではないけれど、心臓破りの坂。

56547316_2159468024102188_7994093345234223104_n.jpg 
伏見峠


中西大輔さんが健脚なのは当然だけれど、パートナーマキさんも只者ではない。小径車で疲れた表情を見せることなく男性二人にスイスイ着いてこれるのだから。

56931765_2159467110768946_8561945621571829760_n.jpg 

ちはや園地に着いて早めの昼食。

おにぎりとカップ麺。中西大輔さんが持参されたコンパクトストーブでお湯を沸かしてもらった。

山で食べるカップ麺は美味しい。

そういえば子供の頃(1970年頃)、カップヌードルの自販機が金剛山の売店にやって来て、大晦日から元旦にかけて初日の出を見に父親と金剛山に登った際に、この自販機でお湯を注ぎ食べたカップヌードルの旨かったこと…。

それまでチキンラーメンは何度も食べていたけれど、封を開けてお湯を注いですぐに食べられる…やはりカップヌードルというのは凄い発明なのだ。

その自販機もまだあった。

56578090_2159467967435527_859998545971773440_n.jpg 

一の鳥居前で写真を撮ろうとした際に後からやって来たのはジェイクというアメリカ人。

神奈川で英語を教えているというワシントンDC出身の若者。

金剛山には三度目の登山だとか。山頂まで一緒に歩き、教育や旅についてあれこれ語り合った。

56508725_2159467490768908_3083096785434968064_n.jpg 

晴れ渡った山頂広場。少し霞んでいたけれど大阪平野も綺麗に見えた。

56396075_2159467297435594_6627027936639713280_n.jpg 


私は2度目の一本歯下駄金剛山登頂成功。


56367326_2159467817435542_5010118598195150848_n.jpg 
ジェイクも一本歯下駄体験

56325288_2159467440768913_2546064563053264896_n.jpg 

そこからジェイクと別れ、我々3人はロープウェイ駅経由でちはや園地に戻ってきた。

56751242_2159467740768883_2560051622268895232_n.jpg 

木陰のピクニックテーブルが気持ちいい。

金剛山の桜は4月末だろうか。いろんな種類の鳥を見たし、その声も楽しめた。自然の中で過ごす1日はありがたくも貴重だ。

伏見峠ルートで下山。登りは1時間半ほど、下りは45分ほどだったか。

56732695_2159467800768877_1046155030014459904_n.jpg 

登山口近くの山の豆腐屋さんまつまさでお二人はお土産を買う。

56472507_2159467180768939_9210295454871322624_n.jpg 
こんな書籍も出ているのか…金剛山の登頂回数が山頂広場付近にあるが、平野さんの1万5000回以上という記録は破られることはないだろう。




普通ならここからバスで降りるのだけど、自転車で一気に下界に降りていく。

バギーを押して走れば下りも大変なのだけど、ペダルをほとんど踏むことなく降りていける自転車は素晴らしい。

帰りは国道309号線を使って富田林方面へ。道の駅かなんに立ち寄り、ついでにぴんぽん地球ス(テラス)にも寄ってもらった。

お二人がご近所さんになるということでまたサイクリングや登山であちこち出かけられるのは嬉しいこと。

中西大輔さん、マキさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。また次の企画を考えましょう。



☆3月1日から4月30日まで、
こちらのページにもブログを書いています。



*クラウドファンディングをやっています…ぜひサポートお願い致します!!
readyfor2019.png 

詳細はこちら


*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



ecomarathonflyer.png 

大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/04/07(日) 23:15:23|
  2. 金剛山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金剛山へ

 【金剛山へ】


昨年の春の金剛山春祭り以来の金剛山。

2年前までは香楠荘で仕事をしてて毎日通勤トレイルランニングを楽しんでいた。

久々に山に入ると心が清められる。前世が修験者だったのだろうか。



大阪富田林のぴんぽん地球ス(テラス)を午前9時半スタート。

49896245_2022615491120776_1093653391168503808_n.jpg 

国道309号線と府道705号線をたどり金剛山登山口へ。千早本道を使って50分ほどで山頂へ。



49786025_2022783411103984_595860131736977408_n.jpg 
下はまったく雪がなかったが7合目より上は銀世界。

49344717_2022788444436814_2711723319970758656_n.jpg 
午後1時ごろ山頂へ。



山頂のベンチで休んでいたら隣に座った香港人カップルとお友だちになった。

49485850_2022859887763003_7506161678606663680_n.jpg 

49764943_2022814434434215_893376081153753088_n.jpg 
30分ほど休憩して下山開始。


49172692_2022902857758706_6986982741921234944_n.jpg 
途中何度か休憩…風は冷たい。



49307640_2022970934418565_5195234604935544832_n.jpg 
富田林市に入ってまもなく日没。

サイクリストはかなりの数走っていたが、ランナーは皆無。

登山客はバスか自家用車で登山口付近の駐車場に停めて、ロープウェイか徒歩で山頂を目指す…それが普通。



49666839_2023009594414699_5509634513174528000_n.jpg 
午後5時半帰宅。約39キロ。


   IMG_2084.png 

IMG_2085.png     

  

年末年始の食べ過ぎで体も重かったが、今日一日でリフレッシュ。

やはり山は気持ちがいい。

平坦なアスファルトの道ではもはや物足りなさすぎるから山に定期的に出向くのがいいんだな。



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



ecomarathonflyer.png 

大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

prp1.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカ(写真上)をオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

1月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は1月15日、完成・発送は来年2月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/01/03(木) 20:02:19|
  2. 金剛山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山を愛する人であれ

【山を愛する人であれ】

1200px-Mount_Kongo(Kongosanchi)7.jpg


自宅の窓から毎日のように金剛葛城山系が目に入ってくるけれど、ここしばらくは日々の雑事に追われて山から遠ざかっていることに気づく。

香楠荘で仕事をしていた頃は、ほぼ毎日ロープウェイ前から伏見峠とちはや園地経由で歩いて登っていた。

通勤がトレイルランニングという環境も素晴らしいものだった。

毎日朝であっても夕方であっても、ほぼ同じ時間帯に同じポイントで出会う毎日登山の人たちがいた。大半は60〜70歳代。中には80過ぎの方も。



四季を通じて山は変化する。

もっと言えば、毎日、毎時間、山には山の表情があって時々刻々と変化するものなのだ。

ただ、山を愛する人なら誰もが考えるであろうことは、山に登るのは山に癒され、浄化されるため…なんだろう。

森に囲まれた静かな道…そこにある透明感たっぷりの空気がたまらない。

ただ歩くために歩くこと…ただ走りたいから走ること。

歩いている、走っているというその真実こそが自分の存在。

フィトンチッドやマイナスイオンが確かに僕を取り巻いているのだろう。

僕には科学的なことは何もわからないけれど、明らかに心と体の中で変化が起こっている。



頭を空っぽにして、深い呼吸をして、ただリラックスする。

無我の境地とは程遠いのかもしれない。

でも、自分というちっぽけな存在がこの宇宙に漂っているということだけは分かる。

歩くとか走るとかいった概念ももはやどうでもよくなってくる。

自然の中を移動すること自体が素晴らしいと思えるようになる。

僕は高みを目指すクライマーでもないし、8000メートル峰を無酸素単独で極めようとする登山家でもない。

トレイルランナーとかハイカーとかいった言葉があるかもしれないが、そんなジャンル分けも僕には大して意味をなさない。

ただ、低山に足を踏み入れて山を楽しんでいることがうれしいし楽しい。

肉体を動かすことによって心が癒され、精神が浄化されるひと時を過ごせることがありがたい。




木々の緑、四季折々の草花、激しく流れ落ちる滝の音、心地良い川のせせらぎ…

五感をフルに働かせればいろんなメッセージが自然界から伝わってくる。

大自然の懐に包まれて、僕のDNA内に残された前世の記憶が何かにシンクロして心が震える…そんな場面が多々あるもの。

たった一人で旅をして、自然と共にあることで、ありのままあるがままの自分に戻っていく感覚もこれと良く似ている。

ゆったりまったり…そこにはなんの力みもない自分が存在する。

恐れることも不安に思うことも苦しむことも悲しむこともない。すべては空(くう)なのだから心穏やかに生きよという教えが自ずと聞こえてくるのだ。



IMG_7227.jpg



山にあれば、身も心も清められる。魂そのものによって生かされていることが感じられる。

古(いにしえ)の昔から、修験者はじめ山岳宗教に関わる人々は既にこのことを知っていたのだ。

人間が作り出したルールやシステムにとらわれたりこだわったりしばられたりすることもない。

自分らしさを取り戻し、世のはかなさを知ることができる。

下界に戻ってくれば再び現実に帰らざるをえないのだけれど、そこに壁を作っているのは自分自身の意識でしかない。

どんな世界であれ、実はこの宇宙はひとつ。


山に入ろう。山を二本の脚で移動しよう。

自分らしく、力むことなく、平穏な気持ちでいられるように…。


16508297_1273315616050771_3555539853120891548_n_20180225113336bdc.jpg






テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/02/24(土) 23:28:59|
  2. 金剛山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金剛山を走ろう!

【金剛山を走ろう!】

IMG_7227.jpg


今年の1月から、大阪府で唯一の村千早赤阪村、そして金剛山中腹にある、大阪府で一番標高の高い宿泊施設「香楠荘(こうなんそう)」で勤務していますが、金剛山を大阪のトレランの聖地にしようという個人的な思いで、フェイスブック上の非公開グループ「金剛山トレイルランニングクラブ(Mt.Kongo Trail Running Club=MKTRC)」をスタートさせました。


IMG_7221_20170519205225b4e.jpg 


ふだんの金剛山は年配の方々が多数登山に来られますが、あまり若い方は見かけません。

毎年4月にはダイトレ(大阪府チャレンジ登山大会)が開催されています。今年の大会は先月9日に開催されました。

交通の便の良い六甲山に比べて、まだまだトレイルランナーにとっては未開拓の地と言ってもいいのでしょう。

こんなに素敵な山であるにも関わらず、金剛山を走りに来るランナーが意外にも少ないという事実…。

ひょんなことで金剛山に関わることになった、山と自然を愛する私が、金剛山の魅力を余すことなく伝えなくては…という個人的な思いで今後も金剛山に関わっていきたいと思っています。


IMG_7240 2 


個人的に金剛山をひんぱんに走っていますが、登山をする方のトレイルランナーに対する見方も比較的寛容で、同じ山を愛する仲間という感覚で見ていただいているように思います。

金剛山でトレランイベントもやるつもりですし、香楠荘にもご協力いただいて、香楠荘をランニングステーション化するという計画も水面下で進められています。

香楠荘は宿泊施設ということで、お風呂(古代ひのき風呂)もあって日帰り入浴もできますし、レストランがあるので食事もオッケーです。

金剛山を走って、お風呂に浸かって、生ビールを飲んで美味しい料理を食べて、一泊する…そんな旅ラン的な楽しみ方も可能です。

香楠荘からロープウェイに乗って下山することもできます。





今後は、トレランのおすすめコースを設定して、より多くのトレイルランナーに楽しんで頂けるようにしていきます。

関西エリアでトレラン大好きなランナーの皆さんはぜひ、金剛山トレイルランニングクラブにご参加ください。

ひんぱんに金剛山を走られている方は、金剛山のトレラン情報をぜひご提供ください。


FullSizeRender 15 

5月28日には一本歯下駄金剛山登山というイベントを行います。

一本歯下駄をお持ちでない方、一本歯下駄を体験したことのない方もぜひご参加ください。












テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/05/19(金) 21:12:58|
  2. 金剛山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード