FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

第1回富田林エコマラソン

【第1回富田林エコマラソン】

43415398_1901209639928029_7442133392784621568_n.jpg 

大阪府富田林市はつい最近、といっても8月10日にH田容疑者が富田林警察署から逃げ出したことで有名になった町。

PL花火や高校野球のPL学園でも知られた町ではあるけれど、最近この2つはパッとしない。

2016年12月に大阪天満橋から富田林に移り住んできて、ランニングと一本歯下駄で富田林市を盛り上げようといろんな形で取り組んできた。

ランニングトウキョウドットコムと提携して、第1回富田林エコマラソンのプランが浮上したのは今年4月頃。

主催のユルゲンさんと連絡を取り合い、コースを決め、下見をしてようやく開催に至った。

それでも第1回ということで、当日になってみていろいろ問題も発生。

会場として選んだ場所にはトイレが設置されていたのだが、台風21号でトイレが破損、先日撤去されてしまった。

一番近いトイレまで約500メートル。

今朝、会場のすぐ近くにあるエホバの証人の王国会館に人が集まっていたのでトイレを使わせてもらえないかとお願いした所、今日は会館の外でミーティングをするらしく会館はオープンしないのだと。

駐車場を使わせてもらう事になっていた公民館も中は閉まったまま。

大会参加者の皆さんには近くのスーパーか、500メートル先のトイレを使用してもらうように告知。

自宅で給水用のタンクに水を入れてくるのを忘れて慌てて水を汲みに行くというハプニングも。


午前8時半から準備を始め、ボランティアの方々も10数名集まってもらってあれこれ無理を言いながらも何とか無事終了。

気温も30度近くまで上がり、ランナーにとってはかなり走り辛かったと思う。

43322897_1767186100046875_8502306959830024192_n.jpg 
開会式での挨拶及び大会の説明を担当する。RUN×10(ランバイテン)運動の呼びかけも…。

43411766_1901208866594773_2032610972392226816_n.jpg 

5キロ11時スタート。

私もゲストで走るつもりだったのだが5キロの先導係が不在で急遽自転車で先導に回る。

10キロはその5分後スタート。

2つの部門で約100名のランナーがスタート。石川河川敷の南河内サイクルラインを北上。

石川サイクル橋を渡って喜志大橋の真下で折り返す2.5キロのコースを5キロは1往復、10キロは2往復する。


PEACE RUNのメンバー辻さんには10キロのラストランナーを、ごろっぴあの常連立花夫妻も折り返し地点で給水係を、富田林市会議員の田平さんご夫妻はゴールと給水を担当して頂けた。

43500694_1901210083261318_2732474630555041792_n.jpg 
給水・ゴール担当の田平さんご夫妻…奥様は富田林市会議員

43475143_244616233066799_2611537851967340544_n.jpg43462684_2127096384222594_6714110125142966272_n.jpg 43473481_2353828127977617_6991168763076804608_n.jpg 
ハロウィン仕様の立花夫妻…折り返し地点での給水ポイント



43411711_1901209659928027_4873189659204648960_n.jpg 

ファンラン関西主催の古川さんも急遽応援に来ていただき、ゴールでの誘導をお願いした。


暑さの中、一人のリタイヤもなく全員が無事完走。

PEACE RUNサポーターで一本歯下駄クラブの竹田さんはGETTAで5キロを完走。

43511001_1901209653261361_8167938713544818688_n.jpg 


同じくPEACE RUNサポーター柿本さんは年代別(60代)優勝。

43458462_1901209789928014_845431571681902592_n.jpg 

表彰式も総合と年代別入賞があるため、大きな大会ではなかなか入賞できなくてもこの大会ではチャンスも広がる。

43390814_1372729062859087_8252759301119016960_n.jpg 43382048_1372715072860486_45642986821779456_n.jpg 


PEACE RUNサポーター4人衆


大会後には地元富田林の寺内町(じないまち)観光もお知らせ。



地元富田林には12月に市民マラソンがあるものの、富田林市在住・在勤者のみの参加で、女子ランナーは5キロの部しか参加できない。

ファンランを楽しむ方々には制限時間もゆるい今回の大会は大いに満足して頂けたのではないかと思う。


今回の大会の反省もふまえて、第二回開催に向けてまた準備していきたい。

エコマラソンは環境に配慮した大会。太陽電池から電源を供給。計時の時計やPC等はソーラーパネルで駆動。

先導は自転車。ゴミも持ち帰り。完走証はウェブサイトで各自ダウンロード…そういったムダのない取り組みで、ランナーがエゴではなくエコを意識するよう仕向けている。

大会の最後に全員での集合写真撮影…

43466825_283774065610420_2636852969030549504_n.jpg


小規模な大会であるがゆえに、参加者とスタッフが同じ目線で大会に関わることができるというメリットがある。

また走りたい…そう思わせる大会を目指すのがエコマラソン。

ランニングトウキョウドットコムはPEACE RUNの公式スポンサーに。

そしてアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦は「エコマラソン・アンバサダー」として、

全国にエコマラソンを広める活動にも取り組んでいくことになった。



本日参加されたランナーの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました!

ぜひまた来年も富田林エコマラソンでお会いできますように!


富田林エコマラソン公式サイト

*本日の写真はこちら





*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



PEACE RUNTシャツで被災地復興支援

image.jpg  

朝夕涼しくなりましたが、Tシャツシーズンはまだ続いています。

このシーズンのオススメは3/4スリーヴ(七分袖)PEACE RUNTシャツ。


10月分のオンデマンド受付スタートします。

他にも人気のドライタイプ、スリムフィット、オーガニックコットン、蛍光ヴァージョン、計5つのタイプがあります。

1枚につき500円を今年起きた災害(大阪北部地震・西日本豪雨・台風21号・北海道地震)の被災地復興支援義援金として寄付をします。


詳細はこちら

*申し込みは10月15日まで。


9月分の売上は8枚、1枚500円☓8=4000円。現在受付中の10月分の売上と合わせてまた寄付先を検討させていただきます。


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2018/10/08(月) 20:08:57|
  2. 富田林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ見ぬ世界へ旅に出よう

【まだ見ぬ世界へ旅に出よう】


若者たちには何としてでも旅に出てもらいたい。

もしパスポートがないのなら申請しよう。

夏休みにはバックパックを背負って、デリー(インド)やサイゴン(ベトナム)、バンコック(タイ)、ケニヤ(アフリカ)に行ってみるといい。目からウロコの体験をするんだ。

食べたことのないものを食べて、会ったこともない人々に出会い、冒険をして危険な目を楽しもう。

旅から帰ってきたら、君は今までとは違う目で自国を見ることになるだろう。

大統領や首相がどんな人であっても、まったくの別人に見えるだろう。

音楽や文化、食べ物、水だってそう。

シャワーを浴びる時間が短くなるだろう。グローバリゼーションというものが何なのかという考え方を知ることにもなるだろう。

申し訳ないが、それは、トム・フリードマンが言った単純に均一化する世界ではない。

地球規模の気候変化が実際に起こっているということも分かるだろう。

それに、誰かの一日がバケツ4杯分の水を汲むために12マイル(約20キロ)を歩くだけで終わるということも…。

君が飛行機で旅する先には、本からは学べない教えが君のことを待っているし、アメリカ人であれヨーロッパ人であれ、多くの人々は、旅をする…あぁぁ。そして、電球の灯りがパッと点くようにひらめく場面があるものなのだ。


---ヘンリー・ロリンズ(音楽家)




HenryRollinsSatLeedsDD270811-720x479.jpg 


ヘンリーは、エッセイストから詩人、講演、俳優、MTVなどの番組の司会者、はたまた出版社の社長など、多彩の経歴で知られている。自身の出版社からは、レッド・ツェッペリンの写真集やニック・ケイヴの小説、湾岸戦争に関する書籍などを出版していた。
ブラック・フラッグ解散後からロリンズ・バンド結成までの期間は、大学等でのトークライブで人気を博していた。その模様は、膨大なタイトル数のCD、カセットとして販売されている。
不摂生なイメージが強いロック・ミュージシャンの中で、体調管理には最善の注意を払っている。早寝早起き、禁酒・禁煙、さらに毎日3時間の筋トレを欠かさない。


以上は、「ロリンズ・バンド」(ウィキペディア)の項目から


(翻訳:高繁勝彦)


*原文

“I beg young people to travel.

If you don’t have a passport, get one.

Take a summer, get a backpack and go to Delhi, go to Saigon, go to Bangkok, go to Kenya.

Have your mind blown. Eat interesting food. Dig some interesting people. Have an adventure. Be careful.

Come back and you’re going to see your country differently, you’re going to see your president differently, no matter who it is. Music, culture, food, water.

Your showers will become shorter. You’re going to get a sense of what globalization looks like.

It’s not what Tom Friedman writes about; I’m sorry.

You’re going to see that global climate change is very real.

And that for some people, their day consists of walking 12 miles for four buckets of water.

And so there are lessons that you can’t get out of a book that are waiting for you at the other end of that flight.

A lot of people—Americans and Europeans—come back and go, Ohhhhh.

And the light bulb goes on.”


–Henry Rollins, “Punk Rock World Traveler,” World Hum, November 2, 2011



*****



インターネットは確かに世界を小さくしたのかも知れないが、人々の心も小さなものにしてしまったのではないかと時に思わされてしまう。

いつまでたっても人は争い、闘い続けている21世紀。古代からこの状況は何ら変わっていない。

保守的な人々がいれば革新的な人々もいる。キリスト教を信仰する者がいれば、イスラム教やヒンズー教…その他もろもろの宗教を信仰する者もいる。

世界は多彩な人々で構成されているということだ。

十人十色、みんなちがってみんないい…それを許せない・認めない人がいるがゆえに、世界は混沌を極める。


どうすればいいのか?

簡単なことである。ヘンリー・ロリンズが言うように、様々な世界を自分の目で確かめることだ。

いろんな人と出会っていろんな経験をすることだ。

それも、できるなら若い時期に…。


僕が考えている「グローバリゼーション」とは、地球に暮らす70数億人の人々が、自分以外のすべての人々に思いを馳せること。

日本人やアメリカ人といった国籍について言及するよりも、我々はみなこの星を愛する地球人だと胸を張って言えること。

愛国心よりも大切なのは、自らが地球市民を名乗って、この地球という惑星のことをまず考えられること。


blueplanet_20170404134310f35.gif 

僕が見てきたのはまだこの世界の一部でしかない。

まだまだ見るべき世界があるけれど、そんな世界を見るために走り続ける。いつまでもどこまでも走り続ける旅が好きだ。


危険を伴うこともある。恐ろしい目に遭うこともあるだろう。

でも、本当はそうじゃない。そうじゃないと信じていれば、本当に素敵な世界が待っている。

自らが頭の中で描く危険や不安・恐怖が形になって現れてくるのだ。


世界はもっと素晴らしい。真に美しい世界には素敵な人々がきっと待ってくれているはず。

僕はそんな人々のいるところに自らの脚で出向いて、そんな素敵な人々に会いに行きたい。



ワクワクドキドキした気持ちで駆け抜ける一本の道…春は見るものすべてが新鮮に見えてくる季節…



まだ見ぬ世界が僕を、あなたを待ってくれている。

若者よ(もちろん若者だけじゃないんだけれど…)、旅に出よう…冒険しよう…チャレンジしよう…夢を見よう…夢を現実のものにしよう。

夢は見るためにあるのではなくかなえるためにあるのだということ…。



29598308_1664470126935316_4109117015197477889_n.jpg 
満開の桜の下で、あなたが思い描く夢は…何?







◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂く予定です。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら 

   

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

4月末のスタート予定、1ヶ月かけて時計回りで九州一周約900キロを走る予定です。

 

詳細はこちら

 


☆PEACE RUNスリムフィットTシャツ誕生!

 

*詳細はこちら

 

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら

 

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/04/03(火) 23:59:42|
  2. 富田林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じいちゃんメモリアル

【じいちゃんメモリアル】

19059074_1392893817426283_1822833725760366108_n.jpg


寝たきりになったじいちゃん(義父=84歳5ヶ月)の介護スタートから約3週間。

2日午後2時頃、ベッドの上で妻と私に看取られながら、現世での務めを終えて来世への旅立ち…。

我々の手をわずらわせることをしてはいけないと思ってくれていたのかもしれない。

とはいえ食事やトイレ・入浴の手伝いをしたり、最後はオムツを換えたり水を飲ませてあげるぐらいしかできなかったのだけれど…。

夜中、我々が寝入った後に「お〜ぃ、誰かおるかぁ」と歌うように我々を呼び出して「寒い」とか「トイレしたい」とかいろいろわがままもよく言ってくれた。

2月9日、我々が古民家からこのマンションに移り住んで、じいちゃんと関わる時間が増えて、ぴあぴ(妻)の弟まーくん、実の息子良太くんとも連携して介護チームが自然とできたというのもなかなかよかった。

何よりもごろっぴあファミリー(芝田吾朗さん、天晴レ天女ズ)の仲間が中心となっていろんなところで動き回って支えてくれたことでここまでやってこれたのだ。

振り返れば、八尾で一人暮らししてたじいちゃんが、2016年、我々と同時に富田林に移り住んできて、古民家=ぴんぽん地球ス(テラス)は寒いからというのですぐ近くのマンションを借りて、愛犬のフリル(ミニチュアダックス、昨年8月他界)とそこで暮らすようになったのだ。

時々、一緒に食事や買物に行ったり、古民家に晩御飯を食べに来たり、ドライブに出かけたり…いろんなことが思い出される。

歌うことが大好きな音楽家一家…じいちゃんのDNAはぴあぴや良太くんにも確実に受け継がれている。


この3週間、あれこれあったけれどあっという間の時間だった。

生きることと死ぬことについて同時に深く、じっくりと考える時間でもあった。

自分たちの世代が看取られる時に何をどうしておくのがいいのかということも…。

夫婦愛、家族愛、人類愛…最後に残るのはやはり「愛」なのだ。


じいちゃんが息を引き取る直前に、ペットボトルの水をスポイトでじいちゃんの口に数滴入れた。

これが、じいちゃんが口にした最後の水になった。



じいちゃん、あの世でも楽しんで、歌って踊って楽しい来世を迎えてください。



上の写真は昨年6月、我が両親(二人とも昭和6年生まれ)が富田林を訪ねてきてくれた際に撮影。

昭和ひと桁世代3人が集まった最初で最後の一場面。偶然にも父とじいちゃんは同じ高校卒。

さらには、父が勤めていた朝日新聞大阪本社のビル内でじいちゃんはコーラスの練習に通っていた。

父は広島県福山市出身、じいちゃんは戦争中1年ほど広島県因島市にいたという。

いろんなつながりが過去にあったというのも不思議不思議。




*PEACE RUNスリムフィットTシャツ登場!!




*一本歯下駄健康教室はじめました!


一本歯下駄健康教室1 

詳細はこちら



「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅 PART2」

  6月出発に向けてのドネーション受付中です!

  ぜひ皆さんのご支援をよろしくお願い致します!

  詳細は
こちら



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/02(金) 23:48:13|
  2. 富田林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

富田林よいとこ

【富田林よいとこ】

15823722_1239182506130749_5571422861647532263_n.jpg

ここ富田林に移ってきて既に1年を超えた。

暖かくなったらまたこの南河内エリアのまだ訪ねたことのないところを走ったり自転車に乗ったり山歩きをしたりして散策・探検してみたい。

近くには山もある。川もある。花も緑もある。

街の暮らしに比べたら刺激的なものはさほどないかもしれないけれど、自然だけはいっぱいある。

生まれ育ったこのエリアこそが僕自身の故郷。

そして、サイクリスト&アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦のルーツがここにはある。

いろんな人に我が故郷を見てもらいたいし、訪ねてもらいたい。

昭和の時代のレトロな薫りが漂う町、大阪の下町らしさが感じられる町、それが富田林。




これまでの人生で11回引っ越しを経験してきたけれど、もう引っ越すこともない。

ついえの住処がここ富田林。

ここで骨を埋める決意を固めた…といえば大層かもしれないが、今はもうお気に入りの町。

とことん富田林を満喫&堪能してやろう。




テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/01/03(水) 23:47:59|
  2. 富田林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納め不動〜滝谷不動尊

【納め不動〜滝谷不動尊】

26056122_10210157730006637_4532067126982250423_n.jpg 

日本三大不動のひとつ、瀧谷不動尊では、毎月28日は御本尊瀧谷不動明王の縁日。

この日ばかりは交通規制が入り、近鉄滝谷不動駅までの約1キロの参道は歩行者天国でたくさんの露店が立ち並ぶ。

26167479_10210157721686429_8045209267531850663_n.jpg 

東高野街道が富田林を貫いている



25660006_10210157722526450_3256567402298221352_n.jpg
近鉄滝谷不動駅前




25660379_10210157723726480_4461919247940681869_n.jpg
石川をバックに…




26112240_10210157721366421_5456858010503662379_n (1) 
役行者の絵が描かれた石碑(大峯三十三度満願碑)

26167075_10210157721206417_7623683562982088760_n.jpg 
ある民家の軒先にあった天狗さんの彫刻


野菜や果物、豆菓子、漬物、佃煮、靴、婦人服、農具、文房具、たこ焼き、お好み焼き、回転焼きなどの粉モンも…。

幼い頃に訪ねた記憶はあるものの、恐らく50年ほど振りに滝谷不動尊にお参りしてきた。

つれあいぴあぴとともに、富田林のぴんぽん地球ス(テラス)から近鉄滝谷不動駅まで徒歩約2キロ、そこから西に1キロばかり続く参道へ。一本歯下駄で歩けばいろんな方から声をかけられるし、どこに行っても注目の的。

声をかけてくれるのは、縁日のお店の店主から、通行人、市会議員や衆議院議員まで…(笑)。



26000860_10210157731326670_3086254781698392315_n.jpg 

レトロな昭和の匂いが漂う縁日。子供の頃を思い出す。

コンビニや大手スーパーとはまた違う、威勢のいい「らっしゃいまいどー」といった声が辺り一面に響き渡る。

昔はこういうのが普通だったはず。デジタルの時代になっていろんなものが変わってしまったということなのか。

参道を歩いているのは大半がデジタルとはあまり関係のなさそうな高齢者。

26167147_10210157725686529_3786578417516564588_n.jpg 
神戸から巡業できていた猿回し




ここを訪ねることで何らかのご利益があるということを確信している方々。

アナログの時代にはリアルなコミュニケーションがあった。顔文字やスタンプなどなくても通じ合えるものがあった。

昭和の時代に生きていた人間なら、何かワクワクするものを感じるであろう縁日…

また訪ねたい。また訪ねよう。仲間を連れてこよう…そんなふうに思わされた。

26167300_10210157729006612_5417480923101880081_n.jpg 
久々のお散歩デートではしゃぐぴあぴ




26047134_10210157728726605_6360423558878859497_n.jpg
自称一本歯下駄ソムリエ




26165857_10210157727766581_7421069518326873897_n.jpg 

もうしばらくすれば平成の時代も終わるけれど、僕らが生きた昭和という時代は確実に存在していた…そのことだけは忘れたくない。いつまでも記憶にとどめておきたい。

25995077_10210157730326645_3886751642222527789_n.jpg

26196169_10210157729686629_913805825641652221_n.jpg 

26166229_1570922726290057_6736990671833942857_n.jpg 
たわし専門店



25994849_1570734366308893_7226242298862710944_n.jpg 
亀の子たわし…


26169547_10210157726486549_524888633046723436_n.jpg 
ウコンセ・クソひとくちって(笑)




26196319_10210157730286644_16267861960218290_n.jpg 
100円のお好み焼き

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2017/12/28(木) 23:51:04|
  2. 富田林
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード