FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

ギックリ腰

 【ギックリ腰】

38849788_2006829929356591_2653683378200510464_n.jpg



慣れない作業に取り組んだのと、その肉体・精神疲労で寝込んだのと両方が原因で腰をやられてしまった。

22年ぶり2度めのギックリ腰。

英語では「魔女の一撃(Hexenschuss)」というらしいがもともとはドイツ語みたい。



立つのもエライ、歩くとなると腰が伸びないので杖か何か支えになるものが必要。

でも、一本歯下駄を履いてじわじわと腰を伸ばしながら歩くことができた。

時々やっているクンバハカもいい。一本歯下駄で立ったまま、深呼吸をしながら肛門を締める…ただ、この動きだけで気持ちがいい。


不自然な姿勢が続き、骨や関節に歪みが生じ、筋肉が硬直、そこに急激に過度の負荷がかかると痛みとなってギックリ腰になるのだそうだ。

体を甘やかし続けてきたのが何よりも反省すべき点。

バギーを押して50キロ走るのも実は常に負担にはなっていたのだろうけれど、楽しむ分にはいくら走っても問題ないもの。

生身の人間であるがゆえに、加齢とともにいろんなことが起こるもの。

歳相応という言葉もあるけれど、体内年齢31歳だから、まだ何でもできるはず(笑)。

いつも言うことだけれど、ココロとカラダのバランスが大切。

このバランスが崩れた時に必ずトラブルやハプニングに見舞われる。

ギックリ腰からのメッセージをしかと受け止めよう。




*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



【第1回富田林エコマラソン】

tondabayashi1.jpg 


第1回富田林エコマラソンが10月8日に開催されます。現在エントリー受付中です。

詳細はこちら



【一本歯下駄を履きましょう!】

13781692_1092353680813633_7678379242315469282_n.jpg 


夏まつりや花火大会のシーズン、浴衣や甚平の足元に一本歯下駄はいかがでしょうか?

写真のモデルは世楽し体操ユニット天晴レ天女ズ

詳細はこちら

スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2018/08/10(金) 23:56:36|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

低体温はネガティヴの始まり

【低体温はネガティヴの始まり】

11951405_922615634454106_756104065552817571_n.jpg 


*以下はあくまで自らの経験に基づく個人的な見解です。すべての人にあてはまるかどうかはわかりません。参考になればありがたいと思います。


*****


体温が低いと疲労が溜まりやすくなる。

血流も悪くなるし、故障したり病気になりやすくなる。故障したり病気になったりした時も治りが遅い。

さらには、低体温はネガティヴ思考をもたらす。イライラしやすくなりキレやすくなり攻撃的になる。誰彼なしに暴言を吐くのはきっと低体温が原因かも…。

かつては平熱35度付近で低体温気味だった。冬場は冷え性気味だった。脂肪が少ないので空気が乾燥すると肌がカサカサになっていたけど今はそんなこともない。

現在は平熱36.5度くらいだろうか。37度近くを維持しているとさらに免疫力も上がるのだろう。

糖分の摂り過ぎは体温を下げるらしい。風邪などで熱が出てもむやみやたらに解熱剤のような薬は飲まない。

体温が低いとネガティヴ思考になると書いたが、逆にメンタルで体温もコントロールできるのだと思う。テンションを上げて、楽しいことを考えていたら体温も上がる。この7年の自分自身の経験からそんな風に感じている。

体温に加えて、自分自身の情熱の温度も上げよう。

熱く燃えるハートが生きるパワーとエナジーを生み出すのだから。


IMGP2542.jpg 


さらには、ダークでネガティヴなものを寄せつけないことも実は大切なのだということを、旅を通じて教えられた。

人はダークでネガティヴな状態でいると、同じレベルのものを寄せつけてしまう。

この「レベル」というのは周波数。

周波数とは、ラジオやテレビの「ヘルツ」で表されるもの。電気振動(電磁波や振動電流)などの現象が、単位時間(ヘルツの場合は1秒)当たりに繰り返される回数のこと(ウィキペディア「周波数」から)。

嫌な気分でいると、その時自分から発された周波数が、周りにある同じ周波数を持った人や物などが共鳴する。嫌な現象が自分の周辺で頻発する。

嬉しい、楽しい気分でいれば、自然とハッピーなものが引き寄せられる。何を見聞きしても、何をやっても幸せな気持ちになれる。

「チャンネルを合わせる」というのはその周波数に共鳴することでもあるのだろう。

テレビやネットで、暗く悲しいニュースや残酷で非道なドラマや映画は見ないように努めている。

特に今の時代、そういったものが多く感じられる。

一日中走っても、一週間走っても変わらない砂漠の風景の中を走っていれば、気持ちまでモノトーンで単調なものになってくる。「単調でつまらない」と思うと、さらに単調でつまらないものになる。自分でそれを認めてしまうわけだ。

逆に、そんな砂漠の平原でも「僕は自由だ。あらゆるものから解き放たれて最高に幸せだ」と思えば、身も心も軽くなり、軽快な足取りで走りながらランニングハイに浸ることもできる。

その時々の周波数で、起こる現象も変わりうる。

旅のさなか、ネガティヴでいれば怪我や故障、事故や災難、トラブルやハプニングなどを引き寄せるかもしれないし、ポジティヴであればいい出会い、思い出に残る楽しいできごとを引き寄せてくれることもあるだろう。

周りにいい周波数を発せられるように、精進したいと思う今日このごろである。


ホットでハイな自分でいられることが日々良き人生を導いてくれるということなのだ。


FullSizeRender 2


*低体温気味の方に

3be1701025cb78508a4bc18104315fcd.jpg


体温が低い方はこちらがおすすめ。辻子谷龍泉堂の延寿紅参(こうじん)さらさら。

「疲れやすい方」「風邪を引きやすい方」「更年期症状にお悩みの方」「ストレスがたまる方」「生活習慣が気になる方」
「冷え性の方」

夏場でも手足や指先が冷たい方は要注意。以前平熱が35度台だったのが36度後半になったのも実はこの紅参のおかげなのです。

マラソンやトライアスロンなど持久力を使うスポーツに取り組まれる方もぜひ使ってみてください。

連日40〜50キロを走る私のランニングの旅で、その日の内に疲労が回復するのにもこの紅参が役立っています。


テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/06/26(火) 23:59:04|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刺激難民

【刺激難民】

1535734_640422536006752_370710972_n_20140513132710f12.jpg


正直な所、感動というものから遠ざかるばかりの日々。

人の心を揺さぶるよりも、自分自身を激しく感動させる何かを見つけなければ…という思い。

チャレンジャーも冒険家も常に刺激に飢えている人々、いわば刺激難民。

もはやちょっとやそっとのことでは感動できない。

だから、より強烈な刺激を求めなければ生きていけないのかもしれない。



アルコール中毒患者が、より強い刺激のアルコールを求めるように、行き着くところまで行ってしまわないと気が済まないのだろうか。

常人のレベルを超えたところに「変態」と呼ばれる人々がたむろしている。

100キロ走るだけの人はまだノーマル。そこから先、100マイルや200キロ超、500キロ、1000キロとその先はエンドレス。

そんな人々が集まるところでは、僕自身も意外にノーマルなのかも。


IMG_5725.jpg 


一体、僕はどこへ行くのだろう?

刺激を求めて旅から旅へ。

どこで道を誤ったか…あるいはこれこそが自分にとっては正道なのか?


pier3 


基本的に過去にはこだわらない。

旅人がたどってきた道を後戻りしたり振り返ったりすることがないように…。

僕の前に道はない…と高村光太郎は言ったけれど、道はいつも僕の前にあった。

道は自ら見つけるべきもの。あえて未来を閉ざす必要はない。

たどってきた道を過去と呼ぶのであれば、それはすべて歴史という名のもとに、記憶の中でとどめられるべきもの。

未来を生きるヒントは過去に隠されているのかも知れないけれど、今この瞬間こそが未来の自分を決める鍵となっているはず。

今を大切に生きる…今という瞬間しか生きれない、それが我々人間の宿命。

二度と帰らざる今日という日を愛おしく生きていきたい…

過去を自分なりに生きてきた、僕の心の声がそう語っている。


monumentvalley3.jpg 


シンガーが歌い、画家が絵を描くように、ランナーは走る。

ランナーにとって、走ることは、肉体と精神の浄化作用(カタルシス)にすぎない。

命が喜び、魂が嗚咽するまで、僕は走る。

研ぎ澄まされた心と体で、僕は生きていく。

自然の摂理(ある人はそれを「神」や「宇宙」と呼ぶかもしれない)のもとで、与えられたこの心と体をフルに使って、

自分に与えられたミッションを遂行することが今生きて生かされている我々の義務なのだろう。


IMGP5825.jpg 

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/25(月) 23:21:04|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感性のチカラ

【感性のチカラ】

IMG_0330.jpg


「美しい」と思って見る花はなお美しい。

そんな時、人の心は研ぎ澄まされたものになっているのかもしれない。

どんなものに対しても、否定的な見方・考え方をするよりは肯定的な姿勢でいた方が幸せに思える。

肯定的・否定的というよりは、ありのままあるがままを寛容な気持ちで見られるように、感じられるように…。

感性のチカラが働けば、この世のあらゆる森羅万象に感謝感激感動できるはず。

感性のチカラが働けば、人はよりポジティヴでいられる。

ポジティヴであればこそ、自分自身の内にある60兆もの細胞がワクワクドキドキして活性化し始める。

IMG_0328.jpg


たとえば、美しい花を見ただけで寿命が5年延びるということもあり得るのだろうし、笑顔でいればいいことが次々に起こるということも日常ではきっとあるはず。


stay_positive.jpg


ポジティヴとはあらゆるものに対して肯定的でいられること。

すべてのものを否定せず、快く寛容な気持ちで受け入れられる姿勢。

何ものに対しても自然体を維持できること。

たとえば、辛いとか苦しいとか、悲しいとか腹が立つとか、そんなネガティヴな思いや感情についても否定することはしない。

あらゆるものと敵対しない。競わない争わない。

弱い自分とさえ闘わない。

自分と闘っても結局は勝つのも負けるのも自分自身でしかないからだ。

大地と、自然と、宇宙と…自分自身をそれらに同化させることができた時、感性のチカラはマックスに作用する。

自分自身を無に帰してしまうことで、宇宙や自然・大地が自分自身そのものになりうるのかもしれない。


旅を通じて、自分自身の存在のちっぽけさを思い知らされる。

ちっぽけな自分がどうでもいいような取るに足らないつまらないことにいつまでもこだわっていたりする。

いつだって、自分自身を宇宙の果てから見つめるつもりで、エゴにとらわれることなく、大らかな気持ちでいたい。

同じ今という時代に、この宇宙に存在するありとあらゆるものがつながっているということを心に留めておこう。


*お知らせ:

【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら

*5月6日からは九州一周ランニングの旅の合間に講演会やトークイベントなどさせて頂きます。



◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆5/6スタート!PEACE RUN九州一周ランニングの旅

pr2018kyushu1.jpg

 

PEACE RUN2018九州一周ランニングの旅
5月5日(土)夕方、大阪南港発のフェリーで翌6日(日)早朝に新門司港着。

そこから反時計回りに九州を走り出します。

詳細はこちら

 

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら




テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/05/03(木) 23:46:18|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強さとは…?

【強さとは…?】

10151197_674559442593061_4605985594795698026_n.jpg


僕は、決して強い人間なんかじゃない。

子供の頃は弱虫で、よく苛められていた。

苛められて家に帰った日には、父親に怒鳴られて「苛められるお前が悪い」と責められたもの。


271795_2179260570273_1150756_o.jpg 
一人で砂漠を走るだけの強さは身につけたものの…さて…


強さって…一体何だろう?

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」で主人公クリス・マッキャンドレスが言っていたのは、

人は必ずしも強くなる必要はない…強くなったと感じることが必要なんだ…

ということだった。





弱い人間は、頑張ればいつかは強くなれる。

だけど、強さを極めてしまったら、あとはただ弱くなっていくだけ。

力は力でねじ伏せられるのが関の山。

強い弱いなんて線引きをする必要が在る訳でもなし。

強かろうが弱かろうが、大切なのは今の自分をしっかりと生きていくことなのだ。

ただ、思うに、自分の弱さを知るということも、強さの一つの条件なんだろうってこと。


11130170_851982931517377_7828757672891428612_n.jpg 


強さは顔に現れるだろうか…否、内に秘められた強さこそが大事。真に強い人は優しさと穏やかさに満ち溢れているのだろう。

強かろうが弱かろうが、今の僕にはどうだってよくなってきた。

誰かと比較する必要もない今、僕はきっとありのままの僕でいいのだ。

強者は弱者を淘汰するかもしれない。しかし、どんな強者であってもいつかは打ちのめされる。

絶対的な強者でいるためには相当のパワーが必要だ。

パワーを得るためのエナジーを無駄に使うくらいなら、僕は強者でいることをやめるだろう。

結論…争わない闘わない今の僕には、もはや強さなんて関心の対象ではないということ(笑)。





【講演・トークイベント】

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら




◆4/9 雑誌"Fine"に特集記事掲載

 4月9日発売の月刊誌"Fine(5月号)"の冒険者特集ページに掲載して頂きました。

 Fineは「新世代の“海オトコ”のためのライフスタイルマガジン」というキャッチフレーズで創刊40週年を迎える歴史ある雑誌です。 

Fine詳細ページはこちら

 

◆PEACE RUN九州一周ランニングの旅

 

☆一本歯下駄健康教室やってます!

 あなたを笑顔にし、あなたの体を劇的に変える魔法の履物、それが一本歯下駄。

 

詳細はこちら

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/13(金) 01:53:45|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード