KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

神様からのギフト

【神様からのギフト】

peace-on-earth1_20180310120343ee1.jpg


昨夜、夢の中で北海道を走っていて、たまたまそこにアイヌ(北海道に暮らす日本の先住民)の老人が出てきた。

老人は家に僕を招いてくれて鮭の料理をふるまってくれた。石狩鍋のようだった気がするけど、調べてたらアイヌにとっては鮭は神の魚なのだと。

下で紹介した動画にも出てくるのだけれど、

「カント オロワ ヤク サㇰ ノ アランケㇷ シネㇷ カ イサㇺ(天の国から役目なしに降ろされたものはひとつもない)」

僕自身の中には、「この世に存在するあらゆるもの(あるいはこの世で起こるあらゆるできごと)に意味や理由がある」という暗黙のメッセージがずっとあった。

アイヌの人々にとってはすべては神のもの。食べ物だけでなく、家をたてるのに使う木材や、飲料水となる川を流れる水だってそう。

天からの恵みに感謝することがアイヌの人々には当たり前のこと。

でも、今の時代、人々の頭の中にあるのは「これは私のもの、それはあなたのもの」という考え方。

人と競い争いながら、お金を稼ぎ、それでモノを買うというシステム。

土地や天然資源までもが競い争うことで勝ち取られたり奪われたりするという過去の歴史(もちろん今もそれはあるのだろうけれど)。

確かに人は欲望の動物。ライオンはお腹いっぱいの時には目の前に獲物がいても襲うことはない。

持てば持つほど欲しくなる。欲望はエンドレス。

足るを知ることを忘れた時、人は理性が効かなくなるのかもしれない。

あの世には魂以外何一つ持っていけない。

自分の肉体もこの世での借り物(あるいは天から与えられたもの)にすぎないから、この世での役割を終えたらその肉体も返さなくてはならないのだということ。


the_open_road_in_iceland-wallpaper-1920x1080_2018031012034366c.jpg


5年前にオーストラリアの砂漠ナラボー平原を旅していて理解したことの一つ、

「必要なものは与えられるし、あるものは誰かとシェアすることができる」

ということ。

取ったり奪ったりする必要なんてない。アイヌの人々が考える通り、すべては与えられるもの。だからこそ分かち合うことが大切になってくる。

求めるべきは、物質的な豊かさよりも、心の豊かさなのだ。




カムイからのおくりもの



Walking with God pic 4

いつも満たされているという気持ちが人を笑顔にするし、世界を平和に導く…。




参考:過去の記事「僕らはみんなつながっている」
スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/10(土) 12:06:49|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会いは宝

【出会いは宝】

ichigoichie_201802022347414f7.jpg 


これまでの旅で、出会い、語り合って、お世話になって、サポートして頂いた皆さんとの出会いは、今もなお僕の宝物であり形のない財産でもある。

国籍も様々で、年齢性別もばらばら…そんなお友達が日本国内(北海道、本州、四国、九州、沖縄)、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドやヨーロッパ各地に数え切れないほどいるけれど、ずっと連絡の取れてない方々が大多数。国内であればまた訪ねることもできるけれど、日本国外になればなかなかそれも難しい。

フェイスブックやツイッターでつながっていてお互いの近況を知り合うこともできる人たちもいる一方で、インターネットを使わない(使えない)人たちも少なからずいる。

いつか再会できることを願いながら、旅していた土地で起きた過去の思い出のひとつひとつを折にふれてあれこれ思い出してみる。

たとえそれが、一期一会=生涯において最初で最後の出会いであったとしても、その価値は変わることがない。

旅を続けることは出会い続けることでもある。

出会う中で得られるものが多々ある。

出会いは別れの始まりでもあるけれど、次なる出会いにもまたつながっている。


deaiwatakara5_20180202234840b8d.jpg 





「出会いは宝、すべての出会いに意味がある」

そんな言葉を口にするようになってはや8年。

僕はなおも新たな出会いを求めながら旅を続けている。

「今日はどんな出会いがあるのだろう…?」

高鳴る胸のときめきを忘れることなく、町から町へ。



旅人の心はとどまることを知らない。

まるで浮浪雲のように、常にこの大空を浮遊している。

そして、旅人の心は素粒子のように自由自在に空間を移動する。

空間だけじゃない。過去から現在、未来まで時間を超えて移動できるのかもしれない。





*写真は「PEACE RUN2013 オーストラリア横断ランニングの旅」で出会った方々の一部です。























「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅 PART2」

  6月出発に向けてのドネーションスタートしました!

  ぜひ皆さんのご支援をよろしくお願い致します!

  詳細は
こちら






テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/02/02(金) 23:50:38|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒らない腹を立てない笑う微笑む

【怒らない腹を立てない笑う微笑む】

305024_354935274582069_1492823335_n(2)_20170316191521bfe_201801270815128a9.jpeg


これまで走った国内外でトータル約2万3千キロの旅でいろんなところを訪ねてきて、いろんな人に出会って、いろんなことを経験してきた。

そんな中で学んだ、生きていく上で大切なこと。

まずは「怒らない、腹を立てないこと」を挙げよう。


goroku_life3_20180127081515028.jpg


旅の間も、思い通りにならないことは山ほどあった。

雨の山越え、向かい風が吹き、腹は減り、疲労もピークになっている。

何でこんな馬鹿げた旅を始めたのか、自分自身に腹が立つこともあった。

教員時代にはまた、思い通りにならない周りの人々にイライラして、あらゆることがマイナスモードになっていった。

イライラすればするほど思っていることと逆の流れが起こる…。


hold_on_201801270815174c8.jpg


怒ったり、イライラしたり、むしゃくしゃしたり。

これらはすべてマイナスのエネルギー。

マイナスのエネルギーはマイナスの現象を自分にも自分の身の周りにも引き起こす。

ちょっとしたことでカッカしてしまうと、周りを巻き込むことだってあるし、何より自分自身がいつまでもすっきりしない。

穏やかに、自分を冷静かつ客観的に見つめ、原因や理由を考えてみる。

たいていは自分のエゴから来ていることが多いはず。

許すこと、認めること、受け入れること、愛すること…

そこから心の安らぎが生まれてくる。それはエゴではなくエコな発想。

そうしなければ恨みや妬み、憎悪の感情だけが増幅するだけ。



怒りを我慢するのではない。耐えたり我慢したりするのはストレスを貯める元。

怒りというネガティヴな感情を一切放棄して、怒ることのない寛容で寛大な自分自身になってしまうのだ。

怒りを放棄できなくても、自分の中で吸収してしまって抹消してしまうのもいい。


live_together_201801270815180a9.jpg


競わない争わない…共に生きて共に走る…

闘ったり抵抗したりするのも同じ。そこには何らかの怒りが生じている。

自分とさえも闘わない…

自分と闘うということは、勝つのも自分だけれど負けるのも自分自身であるということ。

弱い自分も受け入れてしまえばいい。

自分の弱さを知ることが自分を高めるひとつの方法だと思う。


病気と闘うのも然り。

病気は体からのメッセージ。

心や感情のアンバランスが生み出した結果、自分の体に送られてくるもの。

闘えば苦しみは増すばかり。闘わずして受け入れる。受け入れて吸収してしまう。


怒りというエゴな感情ではなく、周りのいろんなものに感謝感激感動できるエコな感情を持とう。

自分を取り巻くあらゆるものが、すべて何らかの理由をもって存在している。

そういったものと共存する生き方。

拒めば必ずその反作用があるだろうし、受け入れればものごとはスムーズに進んでいくだろう。


11407192_881539311895072_5005881093254080957_n_20180127081513a0d.jpg


いつも笑顔で穏やかに。周りに微笑みの連鎖を広げよう。

ポジティヴな自分でいよう。

泰然自若として、堂々としていよう。

生きて生かされている自分と同じく、世界中のあらゆるものが見えない力で動かされている。

今起きていることはすべて、良きにつけ悪しきにつけ、必要であるがゆえに起きている。

それが起きるのにも必ず意味や理由があるのだということ。


「すべて最後はうまく行く」

そう信じよう。

肩の力を抜いて、深呼吸してリラックス。

あるがまま、ありのままの自分で生きていこう。


Thats_what_life_is_for_201801270818030bd.jpg



26907348_1596384250410571_7054760733513192018_n.jpg


「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅 PART2」

  6月出発に向けてのドネーションスタートしました!

  ぜひ皆さんのご支援をよろしくお願い致します!

  詳細は
こちら

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2018/01/26(金) 23:59:27|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足るを知るということ

【足るを知るということ】

15977289_1245357568846576_8676465695226259114_n.jpg


長く旅を続けていると、自ずと自分が生きていく中で必要な物がはっきりと見えてくる。

今の僕には、その日生きるのに必要な水と食べ物、そして一夜を明かすための寝床があれば十分。

我欲は消え、ただ生きて生かされている…それだけで満足できる。

何ものにも執着せず、つまらぬことにいつまでもクヨクヨすることもなく、自分を拘束するあらゆるものからも解き放たれていく。

とらわれないこだわらないしばられない生き方がごく自然なものとなっていくのだ。

3.11以降、我々は今のライフスタイルを見直すべきチャンスを与えられた。

文明がただ便利なものであるだけならその価値は半減する。文明のありがたさに感謝することができてこそ価値あるものになる。

200キロばかり町も何もないオーストラリアの砂漠で、40度近くの高温が続く中走っていて、冷蔵庫があればどれだけいいだろうと思ったことか…。

4日走り続けてようやくエアコンが効いたロードハウスにたどり着いて、文明とは何と素晴らしいものかと感激したのを覚えている。

便利なものを当たり前に思わないこと。それが当たり前ではない人たちだって地球上にはたくさんいるのだということ。

これから旅していくアジアやアフリカ、中南米では何もないことが暮らしの基本となっている人たちだって多くいるはず。

節電や節水は本来が当たり前のことだった。たくさんあるからといって無尽蔵に使っていいというわけではない。


mind_is_everything_201801130734402cf.jpg


「吾唯知足(われただたるをしる)」

この精神が分かってこそ心豊かに暮らせるのだろう。欲深い人間の性(さが)を捨てて、どんなささやかなことでも喜べる人でありたい。

お金やモノがあることが決して幸せだとは言えない。持てば持つほど欲しくなる…そんな物欲の連鎖が続けば、心はますます貧しくなっていく。

お金はあくまで人間が作り出したシステムにすぎない。お金で買えないものが世の中にはあるということを知ることがまず大切なんだと思う。


幸せとは心のあり方で決まる。

今あるもので間に合わせる。ないならないで済ませる。

必要なものは必ず与えられる。

必要以上にあるのなら誰かとシェアする。

そんな生き方を実践できればいい。


peace_comes.jpg

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/12(金) 23:59:20|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたの知らないところに

【あなたの知らないところに】

happy_jump_20180111001027e40.jpg 


あなたの知らないところに

いろいろな人生がある

あなたの人生が

かけがえのないように

あなたの知らない人生も

またかけがえない

人を愛するということは

知らない人生を知るということだ



  …灰谷健次郎「遅れてきたランナー」から




*****




走ることも旅をすることも

僕にとっては同じ意味を持つ

それは「生きる」ということに他ならない

生きていく中で知らないことを知る喜びを堪能する

そして知らない人と出会いお互いを知るようになる

旅も人生も走ることも

前に進んでいく中でたくさんの出会いがある

たくさんの風景に出会う

たくさんの感動がある


minimal-desktop-wallpaper-peace_20180111001029836.png 


生きている

それは生かされているということ

多くの人に支えられ

転ばぬよう倒れぬよう

自分が前に進んでいけるよう

しっかりと見守っていてくれる

決してひとりじゃない

みんなといっしょなんだ


live2getherrun2gether.jpg 

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/10(水) 23:59:30|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード