KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

「ありがとう」は魔法の言葉

【「ありがとう」は魔法の言葉】

866730_thank_you.jpg 


仮に、もし大切な人が突然この世界から消えてしまったら…。

そんなことを時に考えさせられる。

それは、自分の親や兄弟姉妹であるのかもしれないし、配偶者や親友であるのかもしれない。

この世で出逢えた縁(えにし)を大切に、いつでも感謝の気持をもって接することができるように…。


よくよく考えてみれば、私たちはこの世に生まれ、遅かれ早かれこの世から消えてしまう運命。

それが、明日なのか、明後日なのか、ずっと先なのかは分からないけれど、いつか必ずその日はやってくるということだけは確かなこと。




「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」


---村上春樹『ノルウェイの森』(上巻)より




そう、死は、この世に我々が誕生したのと同時に必ずついてくるオプションなのだ。

肉体はこの世での仮の姿、魂は滅びることはないのだろう。

来世ではまた違う存在として新たに誕生すると思えば、死も恐れるに足りない。


5年前に実母を失った妻のぴあぴはこう語っている…




死について・・・

こちらでは最期なのかもしれないけれど

あちらの世界では誕生やと私は思ってる

その方がなんか夢があっていい感じ。

死は悲しむものではなく

本当は祝うことなのかもって思ったりもする。

こちらの世界で生きてる人には

とてもさみしいことだけれど

あちらの世界では

誕生して喜ばれているのかも。

そう想像したら悲しくないよね。

だから私は母の命日はあちらのお誕生日だと思っている。

その日には、あちらの年の数だけろうそくたてて祝ってあげるわ。





なるほどもっともなことかもしれない。

西に沈んでいく夕日は、地球の反対側では東に昇る朝日…そんな風にとらえるのも悪くはない。


この世に生を与えられ、与えられた命で生きて生かされている私たち…。

生きているだけで本当に素晴らしいこと…ご先祖様に、両親に十分感謝しなくてはと今思わされる。

「生きているだけで丸儲け」本当にそのとおりだ。

命ある者だけが現世での今という時間を過ごすことができる、ただそれだけでも幸せで素晴らしいことなのだ。


いつも「ありがとう」の気持ちを胸に、ためらうことなく「ありがとう」の言葉を誰かにかけられるように…。

同じ時代と空間を生きているすべての同胞とともにいられることにあらためて「ありがとう」と言いたい。

そして、私自身も、この世で迎える最後の瞬間まで「ありがとう」の気持ちを忘れることのないように…。



content_e0ac6c1d078f3d01c553b7cb7d57844e9cecf178.jpg 



「ありがとう」は人を幸せにする言葉

「ありがとう」は自分自身も幸せになる言葉

「ありがとう」は世界を平和にする言葉

「ありがとう」そう思える今という時間に「ありがとう」



thank-you-road-sign.jpg

スポンサーサイト

テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/21(火) 07:39:53|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の朝

【春の朝】

20170318070023723.jpg


Pippa's Song  
                
    Robert Browning                     


The year's at the spring 

And day's at the morn;   

Morning's at seven;    

The hill‐side's dew‐pearled;

The lark's on the wing;   

The snail's on the thorn; 

God's in his heaven ― 

All's right with the world! 

 (Pippa passes, 1841) 

          



春 の 朝
                

ロバート・ブラウニング/作   上田 敏/訳



時は春、

日は朝(あした)、

朝(あした)は七時、

片岡(かたをか)に露みちて、

揚雲雀(あげひばり)なのりいで、

蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、

神、そらに知ろしめす。

すべて世は事も無し。




          
(「万年艸」明治35年12月発表)
         
(『海潮音』明治38年10月刊所収)





*******





高校時代の英語の教科書の扉にあった詩…。

なぜか今も忘れずに心のポケットにしまっていた。



好きだったのは、

「すべて世は事も無し」

という下り。



いろんなことが多々あったけど、

最後には全てうまくいきましたとさ…。

そんなオチを感じてしまう。



人生もそうあって欲しい。

そうしなければならないのだろう。



すべて最後はうまくいく。

春の朝、めざめてみて、一日の始まりにそう誓う

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/17(金) 23:44:26|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6回めの3.11

【6回目の3.11】

12804675_1010577295657939_8656185137765495204_n_20170311204414f63.jpg


2011年のアメリカ横断の翌年に走ったPEACE RUN2012(稚内〜鹿児島)は二度目の日本縦断だった。


それは、アメリカ横断にスタートする前から既に計画されていたプラン。太平洋沿岸を走ることで東日本大震災の津波の爪痕を北から南へたどる巡礼の旅でもあった。


青森県久慈市から走った記録はこちらから…(DAY28以降をご覧下さい)



陸前高田の海岸線を走りながら目にした風景は、ただ呆然と立ち尽くすしかできないものだった。



家があった場所もビルがあった場所も、まるで空襲で焼き討ちされたあとのように何もなくなっていて、鉄骨のビルの骨組みだけがわずかに残されているだけ。

3.11から1年と4ヶ月ほど経過していたにもかかわらず、辺りは津波の水が引いて直後の風景といってもいいくらい。

国道45号線はまだ工事中の箇所もあるものの、車の往来は何とか可能。

しかし、その国道沿いも仮設のコンビニとガソリンスタンドが営業している程度。

仮設住宅や役場は高台の方にあって海岸近くはひっそりとしたまま…まるで戦場痕のよう。

不思議な空気が辺り一面によどんでいて、僕は遠くの瓦礫(がれき)の山々に目を向け、まったくどうしていいか分からないまま、しばらくその場に立ち尽くすだけ。

3.11に起こった自然の猛威を想像しながら、いざ自分がその時その場面に出くわしていたら果たしてどうしていただろう…僕の頭に浮かんだのはそんなことくらいのもの。

その後も行く先々でいろんな方々と出会いお話を聞かせてもらった。

家は流されたものの幸いにも無事だった方、家族や親戚・友人を失われた方…周辺地域に住まわれていた方々は多かれ少なかれ何らかの形で被災された方々ばかり。

聞いた話をフェイスブックやツイッターに投稿したり、ブログに記載したりして、被災地からの詳しい情報を、被災しなかった方々にできるだけ克明に伝えるように努めた。

意外に知られていないのは、岩手や宮城、福島はもちろん多大なる被害を受けていたが、青森や茨城・千葉もあちこちで被災されていたということ。茨城で出会ったある一人暮らしのおばあさんは「何でうちのところにはボランティアが来ない」と嘆かれていた。

メディアの報道するものは全体で起きていることのあくまでもごく一部でしかない。

そんな風にして、自分の脚で走り、自分の目と耳で見聞きすることが大切だと思った。

百聞は一見に如かず…そのとおりだ。

もちろん、そうすることで得られたものを自分の口で誰かに伝えることも…。

2013年から2015年にかけて走ったオーストラリアとニュージーランド、そして昨年走った「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」でも、たびたび東日本大震災の話題を現地の方々に伝える機会があった。

特に3.11の少し前に大地震があったニュージーランドのクライストチャーチでは現地在住の日本人の皆さんとの交流もあって、あらためて考えさせられることが多々あった。

震災や津波は、テロや紛争とは違って自然が引き起こすものであるがゆえに避けられない。

いつどこで、どんなタイミングで起きるかもまだ正確には分からない。

自然と共存するということを考えるならば、僕たちは極力自然な生き方を実践していくのがいいのだろうと思っている。


走ることでできることは少なからずある。だからこそ、今後も走り続ける。

走り続けることで、人々の心に少しでも安らぎが訪れるように…。


想像してみよう…

10011466_660523113996694_1133528407_n_201703112044161b7.jpg

京都マラソンの参加者約1万6千人…奈良マラソン1万7千人、徳島マラソン1万5千人(参加予定)、山中湖ロードレース約1万4000人…

それとほぼ同じ数の人々が6年前の3月11日、東日本大震災で亡くなられている。

スタートラインにおられたランナーの方々はスタート時の人の群れを思い出してみて欲しい。
その8倍もの人々がいまだ避難生活をしており、さらにはその約6分の1の人々が震災後も行方が分かっていない。
数字はあくまで数字だ。
実際にその数が表わすものを目に見れば、あらためてその凄まじさ・恐ろしさを知らされる。

そして、日本の人口1億3千万人。

被災しなかった人たちの方が当然数は多い。

僕たちは平和な時代・平和な社会にいるから走ることもできるし、旅を楽しむこともできる。

平和であることに感謝しながら、すべての人々が安全で健康な日々を送れるように…。

未来に夢を持って、いろんなことにチャレンジしていけるように…。

あの日の記憶を風化させないのはもちろんだけれど、今一度生きて生かされていることをあたりまえだと思わずに、心から感謝しようと思う。
 
3.11で亡くなられた方々のご冥福を今一度お祈りするとともに、被災された皆さんの一日も早い復興をお祈り申し上げます。


*トップ写真:2012年の日本縦断ランニングの旅で立ち寄った陸前高田の海岸。震災から1年4ヶ月たっていたが、まるで津波が引いた翌日のような風景に僕はただ立ち尽くすことしかできなかった…


*東日本大震災メモ(2017年3月10日現在)

東日本大震災により亡くなられた方 15,893人

行方不明者 2,553人

福島県の避難 約15万人:

 県外避難合計約5万人、県内避難約10万人(2013年3月7日現在)


テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/11(土) 20:46:22|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和・健康・夢・チャレンジ

【平和・健康・夢・チャレンジ】

15826665_1238813476167652_7720645600923980801_n.jpg


大晦日からの4連勤(某アパレルメーカーの倉庫でのピッキング)のアルバイトが昨日終了して今日はオフ。

この4日間、今の日本を知る上での多くの学び・気づきがあった。

ヨーロッパ各地で見聞きしたこと・体験したことから考えれば、今の日本にはさまざまな歪(ひずみ)や偏(かたよ)りがあるのだと思う。

本来の日本にあったものと戦後西洋から取り入れたものとがうまく融合しているものもあるには違いないが、アンバランスを引き起こしている部分も少なくはないのかもしれない。

バブルの時代から比べても我々の社会は大幅に変わってしまった。

いいことも悪いことも含めて、改善できる部分は改善していかなければならないと思う。

すべてはひとりひとりのこの国の民(たみ)の願いや思いにかかっている。

世界には平和を、人々の心と体に安らぎと健康を。

平和と健康があれば、人々は夢を持っていろんなことにチャレンジしていくもの。

チャレンジとは生きる力があってこそ生まれるもの。

185694_167009963348014_255965_n_20170104212042fe4.jpg


「平和・健康・夢・チャレンジ」

PEACE RUNではメインとなる4つの柱を掲げている。

僕は、走ることによって時代を、社会を変えるパワーを生み出していくためのジェネレーターでありたい。



163066_154993667882977_5025686_n.jpg


ちょうど5年前の今日、アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦がデビューする直前に「スポーツニッポン」に掲載された記事

間寛平さんから受けた影響も大きい。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」は寛平さんのアースマラソンからバトンを譲る受ける形でスタートしたのだ。

あれから5年、地道に取り組んできたことが花開くまで、まだもう少し時間がかかるかもしれない。

「好き」を仕事にする…なかなか簡単なことではない。ましてや50歳を過ぎて新たな世界に飛び込んだ訳だ。

人生そのものが冒険になってしまった今だからこそ、何でも自分のやりたいようにやれる。

さあ、今年一年、さらなる飛躍に向けてのスタート。

賽(さい)は既に投げられた。

「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅PART2」に向けて着々と準備も進めていくのだ。



*お知らせ

1月13日(金)NHKニュース「おはよう日本」に出演します。

午前6時半頃からスタートする「まちかど情報室」にご注目ください。



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2017/01/04(水) 21:32:28|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年あけましておめでとうございます

【新年あけましておめでとうございます】

nyc2017a.jpg


たくさんの方々から年始のご挨拶を頂戴しています。

心から感謝感激感動申し上げます。

コメントへのご挨拶には順次返信して参りますが、皆さんのウォールへの書き込みまでは残念ながらできておりません。

この投稿でまとめて返信させて頂くご無礼をお許し下さい。



wallpapers_024_20170102203803318.jpg


今年も世界が平和でありますように。


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」
アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦を何とぞよろしくお願い申し上げます。



*お知らせ

1月13日(金)NHKニュース「おはよう日本」に出演します。

午前6時半頃からスタートする「まちかど情報室」にご注目ください。


テーマ:年末年始、お正月 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/01/01(日) 23:59:59|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

PEACE RUN

runx10_logo

PEACE RUN2013

オーストラリア横断+ニュージーランド縦断ランニングの旅

「PEACE RUN2013 オーストラリア横断+ニュージーランド縦断ランニングの旅」

PEACE RUN 2012日本縦断ランニングの旅PART2

runx10_logo

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

スポーツバギー『チャリオット』日本総代理店プレザント

スポーツバギー『チャリオット』日本総代理店プレザント

Chariot

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

PEACE RUN 2011 Final Run

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

天晴レ天女ズ「シアワセハコンナトコロニモ」PV

PIECE OF EARTH

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

PEACE RUN×10

peacerunx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

Jup Brown (S)MILING日本

PicBadges


旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

QRコード

QR

ユーザータグ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる