KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

2008伊賀上野シティマラソン

【2008伊賀上野シティマラソン】

20081130140628



腰痛という爆弾を抱えながら、恐る恐る10キロを走りました。

スピードは無視して47分で何とか完走。

走れる幸せ、走れる喜び…。

今ここに生かされていることに感謝です。

スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/30(日) 14:06:32|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

気づく

【気づく】

失敗や間違いに「気づく」、人の思いに「気づく」、テストで正解に「気づく」、季節の変化に「気づく」、社会情勢の変化に「気づく」…。

日常生活の中でも、さまざまなことに気づくもの。でも、逆に、人から言われたりしなければ気づかないことも、実はまだまだたくさんあるものなのかも知れません。

気づかない人間、鈍感で反応のない人間になってしまうことが、今の社会では一番怖いこと。気配りや思いやりができるのはもちろんですが、誰かに何かをしてもらって、気づかないがために、感謝の気持ちを持てないのは恥ずかしいこと。

自ら気づくためには、常に周りにアンテナを張り巡らせて、微妙な変化も逃さないこと。いろんなことを積極的に吸収し、それらを意識することを実行していく必要があるでしょう。

街の紅葉も少しずつ枯れ葉となっていきます。

冬が一歩ずつ確実に近づいているということに気づかされる朝でした。

autumn_leaves112908

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

  1. 2008/11/29(土) 15:17:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

逢いたくて

【逢いたくて】

逢いたくて

でも

逢えなくて



ただ

声だけでも

聞きたくて

それでも

電話する

勇気さえなくて



ためいきひとつ

恋焦がれて

思いは

宙をさまよう



逢いたくて

でも

逢えなくて



woman1


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/28(金) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二つの命

【二つの魂】


二つの命は

ひとつにはなれない

たとえ

どんなことがあっても

永遠に

別々の運命をたどる




でも

二つの魂は

いつかひとつに

なれるかも知れない

時空を超えて

めぐりめぐって

この宇宙の

どこかで

出逢えるはず




離れ離れになった

二つの魂が

いつかひとつに

なる場所へ

さあ

旅立とう


last_dance

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/27(木) 19:32:31|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走近し

【師走近し】




腰痛が少しましになって、ゆっくり走ったり歩いたりでリハビリを兼ねている。

だが、まだ油断はできない。

定期考査が近いため、寮の勤務は午前0時過ぎまでとなった。

昨日も家に戻って、シャワーを浴びて、何だかんだしていると布団に入ったのは午前2時半を回っていた。

今朝は午前4時50分に目覚める。

恐らくこんな生活が腰によくないのだろう。

無理がたたっていろんな障害が出てこないことを祈るばかり。

さあ、週末は伊賀上野シティマラソン(10km)。

140名あまりの生徒達も一緒に走る。病み上がりの体でどこまで頑張れるか。

途中で腰痛が出てきたら…這いつくばってでもゴールを目指すのみ。

「全力」疾走である。


*動画:本日学園キャンパス内でクリスマスの飾り付けが行われた。

師走は近い。師走の教師は走るしかないのである。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2008/11/26(水) 20:38:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅は人生

【旅は人生】

自転車によるアメリカ横断を終えてから3年が経過した1994年、6月から10月までをアラスカ、カナダで、11月から1995年1月末までニュージーランドで、2月から5月をオーストラリアで過ごした。

北半球から南半球を自転車で旅して、夏秋夏秋と冬のない季節を過ごしたことになる。

我が人生で一番自由を謳歌できた時代。

時計を見ることもなく(アラスカは白夜で太陽は沈まなかった)、黙々とただペダルを踏み、腹が減れば食べ、眠くなれば眠る。最も人間らしい自然な暮らしであったと思う。

自分のために使える時間が無限にあったといってもいい時代。

少なくとも、今の暮らしからは想像もできない日々の連続。

そんな時代を生きていたという事実にある意味驚愕する。

野性的でヴァイタリティにあふれ、好奇心と探究心を常に忘れない生き方…。

毎日移動し続ける中で、目まぐるしく変化する日々に柔軟に対応するということも旅人ならではの人生。



波乱万丈の人生は願ってもないところ。

何が起ころうともそれをありのままに受け入れる。

運命を恐れない。胸を張って堂々と生きていく。

求めるものは多くはないけれど、得るものは多い。

人生を究極なまでにシンプルにしていけば、自分が生かされていることの意味を少しは理解できるようになる。



一度限りの人生で、これまで二度、冒険の夢を実現した。

三度目はそう遠くはない。そう願いたい。

「旅は我が人生」

そう言い残してこの世を去れるのであれば本望だ。


alaska_highway1
アラスカ・ハイウェイ1号線で(1994年6月)




テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/11/25(火) 23:59:59|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透明な風

【透明な風】


milky_way



どこまでも

透明な風

吹き抜けて


過去もない

未来さえない

今しかない


過去を未来に

同化させ

今という時間が

つくられる


吹き抜ける

風のように

心を

透明にして

大気圏を

さすらう


成層圏を

突き抜けて

僕の魂が

疾駆する


大気圏の

果てからも

風の歌は

聞こえるか


まことの言葉を

求めれば

すべて

宇宙の

塵となる



(Illustration "Milky Way" by Kay)

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/24(月) 16:36:52|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荒れる子どもたち

【荒れる子どもたち】

はさみで背中刺す子も…突然の感情爆発、苦悩する学校 

2008年11月21日8時12分

 

その数、5万2756件。文部科学省の調査で過去最多を更新した「子どもの暴力」に学校が悩んでいる。ささいに見えることで感情を爆発させ、重い結果を招いてしまうことも。解決に向け、校外の機関や専門家と連携する動きも出ている。

 17日、香川県丸亀市の市立小学校で、6年生の男子児童が、同級生の男子に工作用のはさみ(刃渡り約10センチ)で背中を刺された。命に別条はなかったが、全治約1カ月の重傷を負った。

 きっかけは、担任が配ったA4判の1枚のプリントだった。日曜に自宅でテレビゲームをしないよう呼びかけたが、加害者の男子が「プリントの絵に似ている」と声が上がった。男子は冷やかされたと思い、机にあった自分のはさみで刺したという。

 「ちょっとした口論で顔を殴ってしまう」「いきなり顔を、なんて昔はあまりなかった」。東京都内のある中学校の養護教諭は言う。物にも当たる。突然石像を殴って手にけがをした子は「ここまで痛いと思わなかった」と言った。「勉強もできて、みんなの中心になっている子なんですが」

 首都圏の別の中学の養護教諭は「言葉でコミュニケーションをとる力が不足していて、すぐに手が出てしまうようだ」とみる。ふだん一緒に遊んでいる友だちとすれ違いざまに肩がぶつかり、互いにわざとだと思ってけんかになる。「ごめんね、とひと言あれば何でもないのに」

 千葉大の明石要一教授(教育社会学)は「かつては荒れているグループがはっきりしたが、今は一人ひとりの突発的な暴力が目立ち、対応が難しくなっている」と指摘する。昔は子ども同士の遊びなどで身につけたはずの社会性が乏しく「ルールなき学校社会」が現れているという。

横浜市教委は07年度から、市内18小学校で「児童指導コーディネーター」という教員を置く。担任から外して授業の負担も減らし、生徒指導の対応を専門に担う。教委の担当者は「担任が1人で抱え込みがちなので、チームで対応できるようにした」と話す。

 いま、各地で注目されているのは「スクールソーシャルワーカー」。校外の機関と学校をつなぐコーディネーターのような役割だ。虐待や親の養育上の悩みなど、家庭の問題にもかかわる。

 香川県や大阪府などが先行し、今年度は文部科学省も約15億円の予算を計上。ほぼすべての都道府県で350ほどのモデル事業が動いている。

 九州のある小学校は昨年度、社会福祉士にスクールソーシャルワーカーとして月2回来てもらった。児童相談所、福祉事務所などの担当者と「ケース会議」と呼ばれる話し合いを設け、個々の子どもの問題点や改善計画を共有した。校長は「教育と福祉のはざまに問題がある。役割分担がはっきりし、学校にも余裕が生まれた」という。

asahi.com(朝日新聞)のニュースから


ニュースソースはこちら 


***


児童生徒の暴力最多、「ネットいじめ」21%増 文科省

2008年11月21日

全国の学校が07年度に確認した児童生徒の暴力行為は5万2756件と前年度比で18%増え、小中高校のすべてで過去最多だったことが、文部科学省が20日付で発表した「問題行動調査」でわかった。感情をうまく抑制できずに急に暴力を振るうなど、学校現場が対応に苦しむケースが広がっているという。

 調査は文科省が都道府県教委を通じてまとめた。それによると、小学生の暴力行為は約5200件(前年度比37%増)、中学生が約3万6800件(20%増)、高校が約1万700件(5%増)。最も多いのは児童生徒間の暴力だった。

 暴力行為の調査では、前回06年度から、けがや診断書、警察への届けの有無に関係なく報告するよう求め、さらに今回は各校が書き込む調査票にも明記し、積極的な報告を促した。こうした方針が実数増の背景にあるが、文科省は子どもの変質ぶりも暴力増加の要因に挙げており「自分の感情がコントロールできない」「ルールを守る意識やコミュニケーション能力が低下している」などとみている。

 ただし、調査はあくまで各校の自己申告で、1千人あたりの発生件数では福島県の0.4件から香川県の10.1件と差が大きく、実情を正確に表しているかは不明だ。

 一方、07年度の「いじめ」は計約10万1千件で、過去最多の06年度からは約2割減に。校種別では小学校約4万9900件(20%減)、中学校約4万3500件(15%減)、高校約8400件(32%減)。前回調査では、いじめの定義から「一方的」「継続的」などの表現を削り、公立だけだった調査対象に国立と私立も加えたため、前年度比で6倍超になった。文科省の担当者は「なお深刻に考えている」と話す。

 携帯電話のサイトや学校裏サイトなどネット関連のいじめは約5900件。初調査の前年度より21%増えた。

asahi.com(朝日新聞)のニュースから

ニュースソースはこちら



*******



真面目そうに見えてもキレやすい子ども、カッとなって見境のない行動に走る子ども、ちょっとしたことで手首を刃物で切ってみたりする子ども…。

小学校でも中学・高校でも、今の時代の学校には、昔には見られなかったタイプの子どもたちが登場してきている。

25年前に初めて教壇に立った頃を振り返っても、やはり時代の流れを感じずにはいられない。



80年代初め、世の中はまだデジタルよりもアナログ中心の時代だった。携帯電話もデジカメもインターネットもこの世に誕生する以前のことだ。

もっと人と人との間の生のコミュニケーションがあった時代だ。

デジタルツールが人間どうしのコミュニケーションを疎遠なものにした…とは言わないが、それでも、人間の社会構造を根底から変えてしまったというのは事実に違いない。

今、高度情報化社会の真っ只中にいて、時代に遅れないようにするために、毎日大量の情報を処理する必要がある。下手をすれば情報の洪水に流され、押しつぶされかねない。

「もののあはれ」や「わび・さび」「風流」や「情緒」などということばを、かつて口にしていた国民とは思えないくらい、今の日本人は殺伐とした時代を生きているのではないか。

一国のリーダーや地位のあるお方が失言したり、問題発言があったり、誤解を招く表現を連発する。影響力のある人間の口から出た言葉は瞬く間に世間に広がってしまう。

メールであれ、直接口から出た言葉であれ、それを受ける側はストレートにその言葉を受け入れる。相手の気持ちに立った言葉を常に発するべきだろう。

腹が立って、すぐに手を出す子どもも確かに増えている。

これはまた、相手の感情を害する言葉がいとも簡単に口から出てくる子どもたちが多いからかも知れない。

そしてまたその言葉に簡単に傷つけられてしまう子どもも同じくらいたくさんいるということ。

我慢強い子どもに育てなければならないと思う。

腹が立っても、死にたいくらい辛くなったとしても、歯を食いしばって、じっと耐えること。

欲望や本能の赴くままに生きるのは人間がすべきことではないということ。

教壇に立って、どれだけの言葉がメッセージとして彼らに伝わっているかは分からない。

親が、教師が、社会が、働きかけることで子どもたちが少しでもいいように変わって行ってくれることが願いである。

一教師として、一人の人間として、正しい生き方を実行しつつも、正しい生き方を子どもたちに説けるよう、自分自身もまだ修行の真っ只中なのである。


basketball1 






テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/11/23(日) 13:01:32|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

愛しているから

【愛しているから】


Because You Loved Me - Celine Dion


You were my strength when I was weak

You were my voice when I couldn't speak

You were my eyes when I couldn't see

You saw the best there was in me

Lifted me up when I couldn't reach

You gave me faith 'coz you believed

I'm everything I am

Because you loved me


(Because You Loved Me / Celine Dion)





私が弱っている時

あなたは私の力

私が話せない時

あなたは私の声

私が見えない時

あなたは私の瞳

あなたは

私の一番いいところを

見てくれた人

あなたは

私が手を伸ばしても届かない時に

私を引っ張りあげてくれた人

あなたが信じていてくれたから

私は信じる力を手に入れられた

私は今の私以外の何ものでもないの

あなたが私を愛してくれていたから…


(ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー/セリーヌ・ディオン)

*訳詞 by KAY.T




*******




1994年10月、カナダ・ケベックの街に初めて足を踏み入れた。

セリーヌ・ディオンというシンガーがこの街出身であるということもかねてから知っていた。

カナダは東に行けば行くほどフランスの文化が色濃く残る。

街そのものもどこかヨーロピアンで、どことなくごみごみしたトロントやバンクーバーとは明らかに違った空気が流れていた。


高台から近辺の山々を見れば、山全体が紅葉で真っ赤に燃えていた。

頬をかすめる風は冷たかったけれど、沈む夕日がさらに野山を真っ赤に染める、その景色に心打たれた。



この街でルネという女性に恋をした。

旅の終わりにふとしたことで知り合った彼女。

笑顔がチャーミングな28歳のフレンチ・カナディアン。

彼女の話す少し癖のある英語もまた愛らしかった。

セリーヌ・ディオンと同じ中学校に通っていたということを誇らしげに自慢していた。



フランス語を教えて欲しい…。

そうお願いしたら、まずは「アン・ドゥ・トロワ(1・2・3)」から教えてくれた。

ルネ(Rene)の発音だけは何度も練習したけれど、完璧といわれるまでに何十回と繰り返さなければならなかった。



ケベック市内の日本料理店で寿司をごちそうしてあげた。

すぐに箸の持ち方をマスターした彼女は、得意げに「これで私も日本で生活できるわね」と語った。

6歳年下の彼女に、自分の胸の内を伝えようとしたけれど、彼女にはフィアンセがいたのだった。

翌年には結婚するかも知れないと…。

「とても優しくって、頼りになる人」

そうルネが自慢するくらいだから、きっと素敵な男性なのだろう。

「愛してるから結婚するって不思議と思わない?」

彼女は僕に質問する。

「だって…結婚していつか愛が冷めてしまったら、どうするのかしらね」

そうかも知れない。

永遠に続く愛なんてあるのだろうか。

「でもね…愛が冷めた後でも…」

彼女は続けた。

「その人のことを大切だと思えるように努力はするわ。だって…」

だって…?

「だって、彼はこの世に一人しかいない人。その一人を今、私が愛しているから…」




夕焼けに染まるケベックの山々を見つめながら、店内のBGMがちょうどセリーヌ・ディオンに変わった。

"Because you loved me..."

燃えるような紅葉を見つめていたルネの蒼い瞳も、真っ赤に染まる。




旅の終わりにルネという女性に出会った。

カナダ、ケベックの街が、紅葉で真っ赤に染まる季節のできごとだった…。





burning_mountain



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/22(土) 19:27:21|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

枯葉の小径

【枯葉の小径】


枯葉の絨毯

かしゃかしゃと

踏みしめて歩く



木枯らしが

秋を連れ去り

冬を連れてくる



日が沈めば

暗く冷たい

冬の訪れ



ああ

風は

俺に何を

伝えようと

したのか



carpet

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/21(金) 23:58:27|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走れない

【走れない】

autumn_leaves1435 


腰を痛めてしまった。

数日前から不調であったのだが、靴下を履く際に体を曲げる姿勢ができない。過去にもこれに近い状態を経験しているが、今回はかなり厳しい。

一昨日は午後から痛み出して、座ってから立ち上がる動きと、立った状態から椅子に腰掛ける動きに難が生じている。昨日の朝は布団から起き上がれず、両腕で這いつくばって布団から出て、着替えるのに10分近くかかってしまった。コルセットとカイロを腰に当てて、午後には何とかましになったけれど、油断は禁物。

椎間板ヘルニアか、腰椎すべり症か、腰椎分離症か、しばらくは要安静だ。

7年以上もこの職場にいて、病気や事故で欠勤した経験がない。

睡眠不足やら過労やら、今までの不摂生がたたったか…。

走りたいのに走れない。今は養生のとき。

生徒には「無理はするな、無茶はしろ」と言っておきながら、あまり無茶はできない状態。もともとの環境自体に結構無茶な部分があるが…(笑)。

伊賀上野シティマラソン(10km)が10日後。練習もろくすっぽできないまま。当日スタートラインに立てるかどうかも怪しい。

2009年2月1日の木津川マラソン(フル)も既に申し込みが始まっている。昨年は雪のため、スタートの時刻に遅刻してまともな記録が出せていない。

このままだと体重も増える一方。ストレスもたまる一方。

だが、焦っても仕方ないのだ。しばらくはおとなしくしていよう。




*******




以前、大阪で勤務していた時の同僚が「マイクロインテレクス」という会社を、実家のある徳島県で立ち上げた。

この世界経済がピンチで大変な状況の中でのスタート。

カラーバーコードで特許を取得したという。そんな新しい発想が素敵だと思う。

新聞やテレビなどのメディアでも取り上げられて、話題を集めている。興味のある方はぜひ見ていただければ…。


マイクロインテレクス株式会社

暫定URL http://www.microintellecs.sakura.ne.jp/









テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/11/20(木) 22:29:35|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

負の国際化

【負の国際化】
「大麻使ったことがある」大学生は3.4% SNS「LinNo」調べ
11月19日14時49分配信  ITmediaニュース

 大学生向けSNS「LinNo」を運営するリンノの調査によると、大学生の3.4%が「大麻を使ったことがある」と答えた。友達が大麻を使っていたら「一緒に使う」と答えた人も3.2%いた。


 11月11日から18日にかけて465人の大学生にインターネットで調査した。

 「大麻をやってみたい気持ちがあるか」という問いに対し、「非常にある」は3%、「少しある」は7.7%、「あまりない」は9.9%、「全然ない」は79.4%だった。

 「大麻を使ったことがある」人は3.4%、「違法でなかったら大麻を使ってみたい」人は16.2%、「大麻を使いそうになったことがある」人は5.2%だった。

 「身近な人が大麻を使っていたことがある」と答えたのは17%で、「大麻を身近に感じている」という人も21.3%いた。「『大麻はタバコより害がない』『外国では合法』『簡単に栽培が可能』といったネットからの情報を受け、大麻に関心を持つ学生も多く、興味本位から大麻を使用してしまうケースも少なくない」と指摘している。

 「友達が大麻を使っていたらどうするか」については、「やめるよう説得する」が40.5%、「注意する」が21.7%、「見ない不利」が11.6%、「一緒に使う」が3.2%、「その他」が14.0%だった。

 恋人が大麻を使っている場合には、「やめるよう説得する」が76.1%、「注意する」が9.2%、「その他」が14.6%だった。


ニュースソースはこちら

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ



*******




「キャンパス大麻汚染」というのがキーワードになっている。

言わずと知れた、今時の大学生の、ある意味恐ろしい側面かも知れない。知的レベルの高いエリートたちでさえ、興味本位でドラッグに関わりを持ってしまう、それが今の傾向なのだ。

アメリカやカナダを旅行していて、マリワナは至る所(特に大都市では)で目にする機会があった。

午後のとある大学の平和なキャンパス、芝生の広場に集まって何やらやっている。雰囲気からそれがマリワナであることはすぐ分かった。

ユースホステルやバックパッカーズホステルでもこれは同じ。

日本人の若者が、旅行中の他国籍の若者に誘われてマリワナパーティに繰り出す場面も何度か見ている。大半の若者は20歳を過ぎた成人であった。自分自身が彼らに誘われた時、「つまらぬことに手を出してつまらぬ人生にするな」とか「日本に持ち帰ったら必ず手錠をかけられるぞ」という話をいつもしていた。それでも彼らは悪びれず、マリワナにハマってしまうものなのだ。

映画の影響か、ドラッグが「かっこいい」というイメージを持っていると錯覚しているのだろう。子どもの頃、タバコを吸う大人がかっこいいと思うのと同じレベルなのか。

若者が自由に海外に繰り出す機会は確かに増えた。英語を十分に話せなくても、片言話せるだけの語学力で、まずは海外に飛び出してみる。

それはそれでいいことだと思う。いろんなものを見聞きして、いろんなことを体験して、様々な価値観に触れ、それらを自分自身の人生の糧にしてもらえればいうことはない。

ただ、絶対に手を染めてはならぬもの、それがドラッグだ。

「一度だけなら…」「マリワナぐらいなら…」

それは先日取り上げた飲酒や酒気帯び運転と同じ。一度やってしまえば、二度三度は必ずあるものだから。事故を起こしたり反則切符を切られたりするまでやり続けることになる。

ドラッグも、警察に捕まるか、自分の身を滅ぼすまでは、続くのだろう。

自分が悲しまなくても親が悲しむことがある。

法に触れることをあえてしなければならないという理由はどこにもない。

刹那(せつな)の快楽を求めたがために、一生を棒に振る、それもまた人生かも知れないが、そんな人生をあえて送りたいのだろうか。

先進文明国が、ドラッグごときで崩れ滅び行く時代。


負の国際化を食い止める方法、それは、ドラッグに対して断固NOと言いつづけること。

この国が、欲望と本能だけに支配された国民の巣窟になることだけは何としてでも避けねばならない。


autumn_leaves1119

テーマ:どういうことだ? - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/19(水) 23:59:59|
  2. 憂慮すべきは…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲んだら乗るな

【飲んだら乗るな】


大阪ひき逃げ 「逃げ得」逃すな 法整備など対策求める声
2008.11.17 23:32

このニュースのトピックス:交通事故

 まだ息のある被害者をひきずって死なせるといった非道なひき逃げ事件が相次いでいる。最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪が立法化されるなど厳罰化が進む一方で、いまだに悪質な事件が絶えない現実に、「『ひき逃げ罪』を立法化して」「アルコール臭気で動かなくなる車を開発すべきだ」と、新たな対策を求める声が挙がっている。

 「十数年前までは、ひき逃げで被害者が死亡しても罰金刑で済んだ事例があった。遺族の多くは殺人罪の適用を望んでいる」と語るのは、TAV交通死被害者の会事務局(大阪市)の米村幸純さん。「酒の程度を隠すためにその場を離れる。科学的に酔いの程度をさかのぼることができればよいが、現実はできない場合が多い」と嘆く。

 危険運転致死傷罪を適用するには、アルコールの影響で正常な運転が困難な状態だったことを立証する必要がある。事故現場から逃げて酔いをさませば、アルコール濃度が分からなくなり、結果的に同罪適用が困難になる。飲酒で死亡事故を起こしても、危険運転致死傷罪が適用されず、道交法違反(酒酔い運転)と自動車運転過失致死傷罪に問われた場合、最高刑は懲役10年6カ月。このため「逃げ得」となる問題が指摘されている

 常磐大大学院の諸沢英道教授(刑事法)は「諸外国にある同様の法律はアルコールの摂取を証明するだけでいい」としたうえで、「道交法からも独立した『ひき逃げ罪』を作り、危険運転致死傷罪と同じ量刑にすべきだ」と提案する。

 交通ジャーナリストの今井亮一さんは「多くの酒気帯び運転は2回まで罰金、3回目で裁判だったが、道交法が改正された昨年9月以降は2回目で裁判、物損が伴うと1回目でも裁判になった。公判請求の“相場”が厳しくなったことを、ドライバーが知れば防止効果がある」という。

 「ドライバーの自覚に頼るのは限界」。交通裁判に詳しい高山俊吉弁護士はこう話し、「アルコールの臭気を感知したら車が動かなくなるシステムを日本も開発すべきだ」と新たな安全対策の必要性を訴えている。

*ニュースソースはこちら





警視庁警視、酒酔い運転容疑で逮捕 茨城県警
2008.11.18 08:13
 茨城県警稲敷署は17日夜、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で、同県龍ケ崎市小通幸谷町、警視庁総務部施設課管理官の警視、日高幸二容疑者(50)を逮捕した。「酒を飲んだのは間違いない」と容疑を認めている。

 調べでは、日高容疑者は同日午後7時25分ごろ、同県稲敷市下馬渡の県道で乗用車を運転。前を走っていた稲敷市内に住む公務員の男性(53)の乗用車を追い抜く際に、左前のバンパーを接触させた。

 そのまま逃走したため、男性が追跡。約15分後、男性が約2キロ先で日高容疑者の車が道路脇のわだちにはまっているのを発見し、その場で110番通報した。駆けつけた警察官が日高容疑者から事情を聴いたところ、酒のにおいがして、まっすぐに歩けない状態だった。

 日高容疑者は、同日は休暇をとっていた。逮捕後、取り調べには応じているものの、呆然(ぼうぜん)とした様子で、何度も「申し訳ない」と繰り返しているという。

 中村格・警視庁警務部参事官の話「警察幹部として、あるまじき言語道断の行為であり、誠に遺憾である。茨城県警の捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」


*ニュースソースはこちら



〔関連ニュース〕

ひき逃げの14歳、女子中学生「ひいた後に車に異変」と供述

6キロ引きずられる? 新聞配達員がひき逃げ死亡

男性3キロ引きずられ死亡 大阪・キタでひき逃げ



(ニュースソースはすべてMSN産経ニュース





FFXI 帰ってきたヨッパライ  歌/フォーククルセイダーズ





*******





いつまでたってもなくならないのが交通事故。

この世に車がある限り、この世に人がいる限り、交通事故はなくならないものなのだろうか。

40の年に運転免許を取って、それまでは自転車とランニングだけの生活だった。車に乗ったことで、まるで銃を手にすることを許された一人のアメリカ国民のような気持ちにさせられた。

道具として正しく使うのであれば非常に便利なものだが、使い方を一歩誤れば、それは凶器(=殺人のための道具)になってしまう。

恐ろしいのは昨今の道路(交通事故)事情…。

人をはねておいてその後救命活動に当たることもなく、その後何キロも引きずったまま死亡させてしまうという非道な事故が何件も続いている。

江戸時代に実際にあった「市中曳きまわしの上打ち首獄門」の中の市中曳き回しがそれにあたるのだろう。

未必の故意(みひつのこい)」という言葉を知ったが、これらは明らかに「殺人」と何ら変わることのないもの。

飲酒・酒気帯び、いずれにしても酒が人間を変え、酒が人生を狂わせる典型的な事件。飲んで乗るから事故になる。「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」を鉄の掟(おきて)と知るべしである。

雑巾のようにボロボロにされて亡くなって行った被害者の方とその遺族の方々の気持ちを思えば、無念でならない。

人の命がこれほどまでに軽視される今の時代…。

命の尊さとは、人間の尊厳とは、一体何なのか…今一度考えなければならないと思う。



*警視庁「飲酒運転 NO!」のページ
 

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/18(火) 19:06:23|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

たった一度の

【たった一度の…】

donzurubo


教えておくれ

たった一度の

君のワイルドで

かけがえのない人生を

どうやって生きていくかを




「サマー・デイ」からの一節

      メアリー・オリバー(アメリカの詩人)





Tell me,

what is it

you plan to do

with your one wild
 
 and precious life?



"The Summer Day" by Mary Oliver (1935- )




*******




レイモンド・チャンドラーの小説「プレイバック」で、探偵マーロウが言った言葉。

「男はタフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格がない」





自分にとって「タフでワイルドに生きる」というのは、人生において何よりも大切なこと。

どんなシヴィアな状況下でも、生き抜く力を身につけること。

それが、たとえいかに過酷で耐え難い究極の修羅場であっても、生き延びていかなければならないのだ。

戦場を駆け回る兵士のごとく、必死になって、少しでも生き延びられるチャンスにすがりつく。

死に物狂いで、命懸けで、生きることに価値がある。

最後の最後まであきらめず、粘り踏ん張り頑張り続ける。

最後の力を振り絞って、いま自分がなすべきことに全力を注ぐ、そんな生き方が理想なのだ。

そういう風に考えると、これまで自分がしてきた冒険は、確かに冒険には違いないが、まだ安全で稚拙な「冒険ごっこ」であったかに見える。

そのレヴェルでは決して満足したくはない。

チャレンジするべきことはいくつもあれど、残された人生でできることには限りがある。

時間と体力と、気力と、そしてチャンスとタイミング…必要なものはさほど多くはない。

問題となるのはそれらの質なのだ。



たった一度の、ワイルドでかけがえのない人生…。

48歳という年齢は決して若くはない。かといってまだ老いるには早すぎる。

人生80年の中間地点はとうに越してしまったけれど、まだまだ楽しむべきことがたくさんあるはずだ。




真のチャレンジャーは知っている…自分に何ができて何ができないかを。

そして、努力すればできることと、努力しても不可能なことを見分けることも。

さらにチャレンジャーは、努力しても不可能なことにあえてチャレンジする。

運と可能性のみに賭けることで、不可能を可能に変えてしまう。

チャレンジャーがチャレンジャーと呼ばれる所以(ゆえん)である。




映画「イントゥ・ザ・ワイルド」の原作「荒野へ」が手に入った。原作のペーパーバックス(英語版)と平行して読み始めている。



荒野へ


実在した主人公クリス・マッキャンドレスの、荒野に生き、荒野で最期を迎えたその生き様(死に様)は、まさにタフ&ワイルドそのものであった。

加えて、彼に備わった知性と感性と、持って生まれた彼のやさしさが、彼の人生をさらに輝かしいものにしている。

24歳という若さで完結した彼の人生からも、学ばねばならぬことがある。

彼の二倍も長く生きているこの中年オヤジでさえそう思わされるのである。



学校では生き方を教えてくれはしない。

みずから学ばねばならぬのだ。

自分は、生きていく術(すべ)を学ぶ中で、その多くを冒険から学んできた。

今、若者たちにとって、世の中を生きていく上で必要なのは、人と、あるいは世間とどう関わっていくかということ。

そこには人間だけでなく、自然や宇宙との関わり方を学ぶ必要も生じてくる。

生きる力に乏しい若者が増えている昨今、様々なことを体験し、そういった体験から学んでいく機会は昔に比べてはるかに少なくなっている。日常生活の中であえて危険を避けるように仕向け、安全で無難な生き方を無理強いしてきた結果かも知れない。

まるでライオンの親が子どもに、安全に餌を取れるようにお膳立てしてしまったかのような状況。

人生という現場にはいろんなことが起こり得る。だからこそ、様々なシチュエーションからも自分自身で学ぶことが求められる。




繰り返す。

たった一度の、ワイルドでかけがえのない人生…。

どう生きるかは個人の自由だ。

やり直しはきかない。

二度生きることもできない。

だから、決して後悔だけはしないこと。





テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/11/17(月) 21:44:47|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

野性の呼び声

【野性の呼び声】
20081116141816



時として僕は

自分の中に

眠っていた野性に

目覚めさせられる



太古の昔を

生きていた

デジャブだろうか



それとも

そんな時代を生きていた

祖先のDNAが

今も自分の中に

仕組まれているのかも知れない



どこからともなく

声が聞こえて来て

その誘惑に

負けてしまいそうになる



「風になって

このままどこかへ

拐われてしまえばいい」



声はそんな風にも

語っているかのよう



一陣の風が

間もなく

吹き抜ける

その時、僕は…


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/16(日) 14:18:19|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今全力中

【只今全力中】

autumnleaves1110



宿直勤務です。

寒くなってきました。

熱いお風呂につかって、美味しいものを食べて、のんびりしたいものです。

睡魔と闘いながら、夜勤に励みます。

完全に睡魔に圧倒されていますが…。



*おわび:
長い間コメントを誰も書いてくれないので不思議に思っていたら、今日原因が分かりました。アダルト系サイトの書き込みを禁止するために、禁止ワードの設定でhttpと入れていたため、せっかくコメントを書いていただいたのに送信でストップされた方が多々おられたのではないでしょうか。
現在その設定を解除してコメントの投稿が可能になりました。ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/15(土) 22:54:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008年今年の漢字(予想)

【2008年今年の漢字(予想)】

12月12日は「漢字の日」。

12月12日⇒一二一二⇒「いいじいちじ(いい字一字)」という

語呂合わせから来たということです。

財団法人日本漢字能力検定協会が、その一年を象徴する漢字一字を一般公募(11月1日~12月5日受付)し、その最多投票数を獲得した一字を「今年の漢字」としてこの日発表しています。

京都清水寺の管長、森さんが大きな色紙に大筆で書く姿が年末の風物詩になっているのもおなじみですね。



「今年の漢字」の歴史は浅く、1995年からスタートして今年で13年目。


ちなみに、「今年の漢字」過去の歴史を見てみますと...

2007年  偽
2006年  命
2005年  愛
2004年  災
2003年  虎
2002年  帰
2001年  戦
2000年  金
1999年  末
1998年  毒
1997年  倒
1996年  食
1995年  震


今年の候補として上がっているのが「乱」とか「忍」とか、「迷」、「苦」、「混」などあまりいいイメージの漢字がありません。



2008年、平成も20年目...。

今年ニュースで話題になったものは、北京五輪、毒入りギョーザ事件、ゲリラ豪雨、洞爺湖サミット、突然の首相辞任、値上げラッシュ、株の暴落、原油価格高騰などなど。

まだまだこれだけではないのかも知れませんが、全体としては一般庶民を困らせることが大半。世の中を明るくしてくれるニュースが本当に限られたものばかり。過去の漢字を見てもマイナスイメージの漢字が中心となっています。



その年の世相を表す日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」が発表される12月12日が近づいてきました。

勝手ながら候補を考えてみました。


さあ、12日の発表を前に、私個人が予想する「今年の漢字」は...


今年の漢字2008


今年の漢字2008「困」


庶民の生活を脅かすいろんな問題がありました。

北京五輪は良かったとしても、原油高高騰、その他の物価の上昇、株の暴落…ったことばかりでります。経済活動の低迷で、苦を極め、貧家庭も増える一方。解決が難な社会問題もたくさん残っています。


まずは、12月12日の発表を待ちたいと思います。


テーマ:話題 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/14(金) 12:27:30|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むせび泣くトランペット

【むせび泣くトランペット】



Tutu (live) / Miles Davis



熱くなる音色…。




Miles Davis - Autumn Leaves


マイルスにとって、トランペットというのはもはや楽器ではなく体の一部、器官なのだ。



Time After Time - Miles Davis Live in Montreal 1985



むせび泣く音色…。自由自在に作られる音…それが彼の言葉(メッセージ)。




MILES DAVIS & JOHN COLTRANE - SO WHAT



マイルスの音には喜怒哀楽の感情がある。

時には重苦しく、時にはハイに。





Miles Davis Quintet - 'Round Midnight


ジャズ界の帝王と呼ばれるにはそれなりの理由がある。



Miles Davis - Milestones


説明は要らない。音を聴けば分かる。



ウィキペディア「マイルス・デイヴィス」



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/13(木) 23:27:44|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の流行語

【今年の流行語】


今年の流行語大賞 ノミネート60語 

「何も言えねぇ」「あなたとは違うんです」


今年の世相を反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「2008 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート60語が10日、事務局から発表された。五輪イヤーの今年は、水泳の北島康介(26)らメダリストの発言が多く登場した。

北島選手の言葉は100メートル平泳ぎで金メダルを獲得した時に叫んだ「何も言えねぇ」。柔道の石井慧選手(21)の「屁の突っ張りでもないですから」、ソフトボール、上野由岐子選手(26)の「上野の413球」「神様 仏様 上野様」なども候補になった。

政界からは福田康夫前首相(72)が辞任表明会見で発した捨てゼリフ「あなたとは違うんです」。他に「ささやき女将(つぶやき女将)」「居酒屋タクシー」などといった言葉がエントリーされた。12月1日に、トップ10と年間大賞が発表される。


配信元:産経新聞 11/11 10:01更新


ニュースソースはこちら 



〔ノミネート60語〕


ねじれ国会 糖質ゼロ サブプライム ミシュラン オワンクラゲ
キターー!! アゲ嬢/あげあげ 姫電 せんとくん/まんとくん グ~!
アキバ系 ローゼン麻生 ポ~ニョ、ポニョポニョ、さかなの子~♪ メーク・レジェンド
千年紀(源氏物語千年紀) おなごの道は一本道にございます。
オネエマン(ズ) 言うよね? 霞ヶ関埋蔵金 朝バナナ 蟹工/蟹工船
エア芸 婚活 カレセン くいだおれ太郎 おバカキャラ 世界のナベアツ
ホームレス中学生/解散! 私もあなたの作品の一つです これでいいのだ キモティー
屁の突っ張りでもないですから アラフォー 居酒屋タクシー 一斉休漁
ゲリラ豪雨 汚染米/事故米 名ばかり管理職 チョリ~ッス 後期高齢者
サイバンインコ ゆるキャラ 再発防止検討委員会 毒入りギョーザ
チェンジ(CHANGE) あなたとは違うんです メタミドホス ロスジェネ(宣言)
ゆとり世代/脱ゆとり教育 ねんきん特別便 燃料サーチャージ フィルタリング
上野の413球 よし、よし、よーし! 神様 仏様 上野様 ささやき女将(つぶやき女将)
ガソリン国会 暫定税率 フリーチベット 何も言えねー


2008年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語





*******





日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」と、この「流行語大賞」の話題が登るともういよいよ年の瀬である。

世相に疎いもので、自分がいかに流行を無視して生きているかということを実感する。

テレビを見ないのでもっぱら情報はインターネットか新聞。

北京五輪もニュースで見ただけ。旅の途中でちらっと見たくらいのものか。

「ナベアツ?」といわれても「圧力鍋」を連想してしまったし、「グ~!」というセリフが何を意味するもので、エドはるみが何ものか、教え子に聞いて初めて知ったくらいである。「アラフォー?」そんな英単語あったっけ…?

しかし、流行語といっても、2007年の流行語を思い出せる人は一体今どれくらいいるであろうか?

こういったものも、やはり一過性のもので、時間とともに忘れ去られていく消耗品的な価値しかないということ。

知っていて損はないけれど、得にもならない。そんな程度のものなのだろう。


めまぐるしく突っ走ってきた2008年、元旦がつい昨日のことのよう…。

一日があっという間に過ぎていくように、今年2008年も過ぎ去ろうとしている。

「これでいいのか?」と言われても、「じゃ、何が悪い?」と自分に問い返すばかり。

ひとつ言えることは、10年20年後に、今と同じ自分ではいたくないということ。

流行に囚われず、今ある自分でしっかり生きていくのがいい。

地道に、堅実に、そして冒険心を忘れず。

来年がどんな一年になるのか…。

いや、どんな一年にするのか、自らの意志と決断で決めていこう。


peace_run_08_in_lake_biwa 
流行なんて去り行く風景みたいなもの…とらわれない生き方…大切にしたい。


テーマ:話題 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/12(水) 22:35:55|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての一瞬

【初めての一瞬】

yukon_river



日常は同じような繰り返しに

見えるかもしれないが、

生きているということは、
  
毎日初めての一瞬を

積み重ねること。



龍村仁 (たつむら じん):1940年兵庫県宝塚市生まれ、ドキュメンタリー監督、元NHKディレクター、有限会社龍村仁事務所代表。



*******



見慣れた風景をいつも当たり前のように見ていることが多いけれど、季節は確実に前に進み、決して後戻りすることはない。

枯葉は木の枝から落ちて、やがて土へと帰って行く。どうあがいてみても元の枝に戻ることはない。

朝目覚める。この世に自分が誕生した瞬間のように、夢と希望に満ちあふれた朝にしよう。

まだ絶望や挫折といった言葉の意味すら知らなかった自分に戻って、その日一日を全力で生きよう。

今、この瞬間が初めての一瞬。

時間は流れていくものではなく、蓄積されていくものだということを学び続けよう。

そうやって自分の中に蓄積された時間、それが自分の人生なのだ。





テーマ:人生について - ジャンル:ライフ

  1. 2008/11/11(火) 12:38:01|
  2. 語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の始まり

【冬の始まり】

autumnleaves1110


木枯らしぴいぷう

枯葉は

宙を舞い

やがて

土に帰る



やるせない

この思いは

どこにも行けず

ただ

風に吹かれて

あてもなく

さまようばかり




テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/10(月) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進化するケータイ

【進化するケータイ】

SH04A


現在携帯電話はNTT DoCoMoのSO905iCSを使っている。520万画素のサイバーショットが内蔵されているということでカメラの性能には文句なし。

昨年末から使い始めて間もなく一年目というところ。

そのDoCoMoからまた最新機種が発表された。

注目しているのはSH-04A。

いわゆる「スマートフォン」。

かつてWILCOMからZERO-3などのスマートフォンが出ていたが、カメラの性能もイマイチで買うのをためらっていた。しかし、新たに今回いくつかの機種があちこちのメーカーから発表されて少し気になっていた。



「QWERTYキー搭載でメールもiモードも快適な大画面3.5インチ・フルタッチパネルケータイ」

というのがSH-04Aのうたい文句。

携帯電話のメールはほとんど利用しない。

片手で、しかも親指だけでメール作成は辛いものがある。腱鞘炎になりかねないのである。

大型3.5インチディスプレイのAQUOSケータイ。さらに広角29mm約5.2メガカメラというのもありがたい。

デジカメも数台所有しているが、旅行にもサイクリングにも出る機会がなく(休みがない)あまり使う機会がない。ブログの写真はほとんど携帯電話のカメラで撮影している。広角レンズがあることで風景を撮影するのに威力を発揮できる。

全ての操作が片手でOK。Softbank社のi-phoneと同じフルタッチパネルを採用。

Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンで音楽やワンセグも楽しめる。



勤務している学校でもNTT DoCoMoと提携し、携帯電話を導入している。

電話としての機能を利用するのはもちろんだが、生徒たちにとってはメールやインターネット、音楽や動画・ゲームなどを楽しむのが当たり前になっている。

今の時代、携帯電話はもはや電話としてではなくひとつの情報ツールとして定着した感がある。

GPSを利用したやナビの機能があれば迷子になることもない。



とどまることなく進化しつづけるケータイ…21世紀に入ってデジタルツールはさらに我々の世界を変えていく。

便利さだけにとらわれてしまって、人間らしさまで失いたくはないものだが…。




DoCoMoの製品案内 


DoCoMoの報道発表資料

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2008/11/09(日) 09:22:11|
  2. あんなモノこんなモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自家菜園

【自家菜園】

20081108202028


アルファルファを育てています。

水だけでも結構大きくなるものです。

今夜の夕食のサラダにするために切りとって、また放っておけば、生長してくれます。


alphalpha1

茎と葉の部分を切り取りました。



salad1109

納豆とトマトを添えてサラダに…。

カイワレ大根ほど辛くはありません。さっぱりした味です。

ドレッシングはごま油とポン酢を混ぜたもの。


夕べは宿直。

朝の4時半ごろまで寮監室のソファでうとうとしながら仕事をしていました。

そのあと20分だけ仮眠して今夜6時半まで勤務。

明日も朝7時から夜11時半まで仕事が待っています。

今夜はもうダウンです…。




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/11/08(土) 20:20:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デ・ジャヴ

【デ・ジャヴ】
sunsetride


たそがれ時に 

ただ一人

沈む夕日に

別れを告げて



この風景は

遥か昔に

見たデ・ジャヴ



どうしようもなく

懐かしくて

涙が

こぼれそうだったよ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/07(金) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VIVA!OBAMA!オバマ!小浜!

【VIVA!OBAMA!オバマ!小浜!】

オバマ氏が米大統領に当選したことで、福井県小浜市が賑わっている。

オバマ氏を勝手に応援する集団(勝手連)などもあり、YouTubeでもいくつかの動画が出回っている。


小浜市とObama氏



Obama Burgers at the Obama for Obama Rally in Obama

オバマ・バーガーなんて勝手に作っちゃっていいの!?




OBAMA IS BEAUTIFUL WORLD!/エニワン・ブラザース・バンド (Japanese Barack Obama Song)



"O-B-A-M-A OBAMA!" song in Obama, Japan




「次は本国でお祝い」 オバマ氏勝利に沸く小浜市

【米大統領選】オバマ勝利で小浜市もヒートアップ

(以上は、MSN産経ニュースから)



小浜ガールズというフラダンサーのチームが出てきて踊っていたり、とにかくお祭り騒ぎになっている。ただ、オバマ氏と小浜市という音が同じというだけの理由でここまで盛り上がれるのかという気にもさせられる。


福井県小浜市は「北陸の小京都」と言われている。

小浜市明通寺門前で知人が「ふじや」という温泉旅館を経営している。

かれこれ20年以上も前から交流があり、山里の中に立つ静かな宿で落ち着いた雰囲気が楽しめる。海の幸山の幸に恵まれ、何を食べても美味しい。

おまけに20代前半のきれいな若女将さんがいる。彼女が4歳の頃からの付き合いがある。

何度か自転車に乗って訪ねたこともあった。


アメリカ史上初の黒人大統領誕生で、"Historic Victory"といったニュースの見出しがネットなどのニュースサイトの見出しに見られる。

聴く者の心に響く素晴らしいスピーチ、それは歌にまでされたり…。


Yes We Can - Barack Obama Music Video


オバマ氏を応援するオバマ・ソングもあった。


Barack Obama song (Afro-latino beat)



We are the Ones (Barack Obama song)


私のアメリカ、私たちのアメリカ、あなたのアメリカ…

私たちは一つ…。


オバマ氏のシカゴでの勝利演説の最後に、彼は言った。


ject>
President-Elect Barack Obama in Chicago



「アメリカン・ドリームを取り戻し、我々は一つであるという根本的真実を再確認しよう。希望を持つことは息するくらい当たり前だ。皮肉や懐疑心に出会ったり、『できやしない』という人に出会ったりしたら、米国民の精神を要約する不朽の信条で応えよう。『我々はできる』

Yes, we can!(ああ、できるとも)

夢を叶える一番の要素、それは、必ずそうするのだという強い信念を持つこと。

様々な問題を抱えたアメリカが、今、新たな時代を迎える…

さて、日本は…?



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/11/06(木) 12:51:07|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やさしさとは

【やさしさとは】

あなたにとって「やさしさ」とは一体何だろうか?

凶悪事件があちこちで起こる昨今、そのような犯罪を引き起こす人の心の中にもきっと「やさしさ」のかけらくらいはあるはず。なのに、なぜ彼らは人を傷つけたり人から物を奪ったりするのだろう?

子供に対して親は「やさしさ」だけでなく、時には「厳しさ」をも教える必要がある。それが子供にとって、自分に対する厳しさ(自制心)を養う大切なステップになっているのだ。

ひいては自分自身に対してだけではなく、自分の身の周りにいる人や物にも、そしてこの地球をとりまく自然環境に対してもその「やさしさ」を持ち続けていたい。自己本位なものの考え方は、他人に対するやさしさを無視した生き方だ。

今年も残すところあと50日あまり。気がつけばまたひとつ歳をとっていた。子供は成長し、大人は老いていく。宿命と言うか運命と言うか、自然の流れに対しては誰も逆らうことはできない。どんな宿命でも運命でも、それをそっと慎ましやかに受け入れることができる人は、ある意味で美しく健気(けなげ)で優しい人なのだと思う。やさしさとはある意味ではこだわりのなさなのかも知れない。

真のやさしさとはそんな心を持った人と言えるのであるのなら、願わくば自分自身もそんな寛容な人でありたい…。(48歳 教員)


lake_matheson
*Photo: Lake Matheson(New Zealand)

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/11/05(水) 23:52:52|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冒険の詩

【冒険の詩】

平凡な日常の

殻を破って

創られた自分を

ぶち壊す旅

それが冒険

自分を偽ることも

飾り立てることもなく

ありのままの自分で

この世の果てまで

突き進む



自分を待ち受ける

あらゆるものを

ありのままに

受け入れて

タフでクールに

そして

シリアスで

ハードボイルドに

生きていけばいい



先のことは

あえて考えず

想像すらせず

なすがままに

今一瞬が

人生の全てと

言い切ること



広大な大地に

ただ一人

たたずんで

己の非力さを知る

一人では

この上なく

無力であることを

痛感する

それが冒険



原野を疾駆すれば

忘れかけてた

疾走感が蘇る

いつだって

ここが

俺の舞台なのだと

言い聞かせ

わが道を行く

振り返らず

立ち止まらず



旅の空は

知っている

いつかまた

旅人が

この地に

帰ってくることを

その日まで

その時まで

熱きこの思い

忘れはしない



canadian_prairie2
(アラスカ北極圏~カナダ横断の旅、カナダ大平原を走る~1994年夏)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/04(火) 20:05:09|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィンランドの教育

【フィンランドの教育】

フィンランド (地図提供:ウィキペディア


フィンランド・メソッドというものを知った。


『図解 フィンランド・メソッド入門』の中で、フィンランドの小学5年生が自分たちで作ったという「議論における10のルール」というのがある。

1. 他人の発言をさえぎらない

2. 話すときは、だらだらとしゃべらない

3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない

4. わからないことがあったら、すぐに質問する

5. 話を聞くときは、話している人の目を見る

6. 話を聞くときは、他のことをしない

7. 最後まで、きちんと話を聞く

8. 議論が台無しになるようなことを言わない

9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない

10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない



フィンランドは、OECDが実施している学力テストの総合成績で、ここ数年世界トップの座をキープしている国。読解部門で2回連続首位を収めたことでも注目されている。

その学力テストでフィンランドは

読解力1位(1位)、化学1位(3位)、数学2位(4位)

ちなみに日本は

読解力14位(8位)、科学2位(2位)、数学6位(1位)


※2003年データ。(  )内は2000年。


いったいかの国の学校でどんな教育が行われているのか、教育関係者なら誰もが疑問に思うことだろうが、調べていく中でいくつかのことが分かった。

型を身につけさせて、その後はできるまで繰り返し繰り返し反復練習をする。

「なぜ?」を大切にする。疑問が生じたら必ず解決する手立てを用意する。

母国語を大切にする。まずは母国語を徹底して学んでから外国語教育に移行するのが理想。


発想力/論理力/表現力/批判的思考力/コミュニケーション力…こういった力が今の子どもたちに欠けているのは、日本の教育そのものに大きな穴が開いていたがゆえのこと。

親子のコミュニケーションもしかり。家庭でのコミュニケーション不足が、実は子ども達の教育に大きくマイナスに影響し、家庭で身につけなければならない「学ぶ(学ぼうとする)力」が不足しているが故に学校でもさらにそれがマイナス要素となる。

与えられたものしか受け入れず、それ以上を求めない。ここに、実は問題解決能力が欠如している大きな要因が潜んでいる。

「なぜ?」「なんでだろ?」「どうして?」

そんなふうに「?」を持たない人間が増えている。

マニュアルに従って生きているだけの人間がいる。他人が何を思おうが、何をしようが知ったことか…極端に見れば、そんな考え方だけで生きている人間すら今の時代には珍しくない。

デジタル時代に生まれ育った子どもたち、アナログ人間とのギャップはますます広がっていくのだろう。もちろん、そういった溝を埋めていく作業も教育のなせる役割。

フィンランドに行ったことはないのだけれど、フィンランドの子どもたちは「?」を「!」に変えることの喜びを知っているのだろう。そんな子どもたちとぜひ一度会って話してみたいものである。


*Amazon.co.jpで「フィンランド」を検索すると、教育関連の本がわんさか上がってくる。やはり、今教育の分野で特に注目されているわけだ。

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/11/03(月) 20:05:39|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一瞬という永遠

【一瞬という永遠】

一瞬という

永遠の中で

永遠という

一瞬を

追い求める

我が人生



力尽き果てても

倒れない

夢破れても

決して諦めない

人生は試練の連続

辛くて当然

楽しめれば

儲けもの

誰が敵になり

誰が味方になろうとも

信念に忠実に

限られた時間の中で

生きていくしかない



閉ざされた未来が

あるのではなく

自らその扉をこじ開けて

前進するのみ



瞼を閉じる一瞬のうちに

人生が終わるのだとしても

あるいは

永遠に果てることのない

命を与えられたとしても

変わらぬ自分を生きる



今ある自分で

今を生きる



突っ走る

今この時間が

永遠という一瞬




shadow_and_light




テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/02(日) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナポレオンに負けない

【ナポレオンに負けない】

寮の勤務のない日は、夕食後にパソコンに向かい、作業をしている。

夕食に飲んだ発泡酒(もしくはビール)で意識を失うことも多々あり。

昨日は午後11時ごろにいったん意識を失い、午前1時半ごろに意識が戻ってきた。

その後、遣り残した広報の仕事にとりかかり、気がつけばいつも起きる時間の午前4時50分となっていた。

今夜も寮勤務、もう20数時間も起きて働いている。

長時間パソコンに向かっていて、目がしょぼしょぼ。

最近は3時間以上のまとまった睡眠をとらず、細切れの眠りでつないでいる。

「ナポレオンなんて大したことないじゃん」

今ならナポレオンに負けない自信がある。

明日も出勤。午前中授業があり、午後には中学の行事があり、写真撮影の係に当たっている。

せっかく寮の勤務がない日曜日だったが、たまにはこういうこともある。

11月16日まで休みはないが頑張ろう。

連休も8月以来なかったが、クリスマスまでの辛抱だ。

今年もあと二ヶ月。気合で乗り切ろう!


ride123
最後にルイガノを駆ったのはいつの日か…。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/11/01(土) 23:23:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード