FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

愛しているから

【愛しているから】


Because You Loved Me - Celine Dion


You were my strength when I was weak

You were my voice when I couldn't speak

You were my eyes when I couldn't see

You saw the best there was in me

Lifted me up when I couldn't reach

You gave me faith 'coz you believed

I'm everything I am

Because you loved me


(Because You Loved Me / Celine Dion)





私が弱っている時

あなたは私の力

私が話せない時

あなたは私の声

私が見えない時

あなたは私の瞳

あなたは

私の一番いいところを

見てくれた人

あなたは

私が手を伸ばしても届かない時に

私を引っ張りあげてくれた人

あなたが信じていてくれたから

私は信じる力を手に入れられた

私は今の私以外の何ものでもないの

あなたが私を愛してくれていたから…


(ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー/セリーヌ・ディオン)

*訳詞 by KAY.T




*******




1994年10月、カナダ・ケベックの街に初めて足を踏み入れた。

セリーヌ・ディオンというシンガーがこの街出身であるということもかねてから知っていた。

カナダは東に行けば行くほどフランスの文化が色濃く残る。

街そのものもどこかヨーロピアンで、どことなくごみごみしたトロントやバンクーバーとは明らかに違った空気が流れていた。


高台から近辺の山々を見れば、山全体が紅葉で真っ赤に燃えていた。

頬をかすめる風は冷たかったけれど、沈む夕日がさらに野山を真っ赤に染める、その景色に心打たれた。



この街でルネという女性に恋をした。

旅の終わりにふとしたことで知り合った彼女。

笑顔がチャーミングな28歳のフレンチ・カナディアン。

彼女の話す少し癖のある英語もまた愛らしかった。

セリーヌ・ディオンと同じ中学校に通っていたということを誇らしげに自慢していた。



フランス語を教えて欲しい…。

そうお願いしたら、まずは「アン・ドゥ・トロワ(1・2・3)」から教えてくれた。

ルネ(Rene)の発音だけは何度も練習したけれど、完璧といわれるまでに何十回と繰り返さなければならなかった。



ケベック市内の日本料理店で寿司をごちそうしてあげた。

すぐに箸の持ち方をマスターした彼女は、得意げに「これで私も日本で生活できるわね」と語った。

6歳年下の彼女に、自分の胸の内を伝えようとしたけれど、彼女にはフィアンセがいたのだった。

翌年には結婚するかも知れないと…。

「とても優しくって、頼りになる人」

そうルネが自慢するくらいだから、きっと素敵な男性なのだろう。

「愛してるから結婚するって不思議と思わない?」

彼女は僕に質問する。

「だって…結婚していつか愛が冷めてしまったら、どうするのかしらね」

そうかも知れない。

永遠に続く愛なんてあるのだろうか。

「でもね…愛が冷めた後でも…」

彼女は続けた。

「その人のことを大切だと思えるように努力はするわ。だって…」

だって…?

「だって、彼はこの世に一人しかいない人。その一人を今、私が愛しているから…」




夕焼けに染まるケベックの山々を見つめながら、店内のBGMがちょうどセリーヌ・ディオンに変わった。

"Because you loved me..."

燃えるような紅葉を見つめていたルネの蒼い瞳も、真っ赤に染まる。




旅の終わりにルネという女性に出会った。

カナダ、ケベックの街が、紅葉で真っ赤に染まる季節のできごとだった…。





burning_mountain



スポンサーサイト



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/22(土) 19:27:21|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード