FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

飽くなき平和への追求

【飽くなき平和への追求】

world_peace


ドイツの作家で医師でもあったカロッサは、第1次大戦に従軍して『ルーマニア日記』を書いた。軍医として人と戦争を冷静に見つめた日記を読んで、ある一節に傍線を引いたことがある▼それは一人の兵が、「無意味な榴弾(りゅうだん)の爆発のためにたちまち破裂してしまうようなものが、どんな精神的統一体だというのだ?」と、人間のはかなさを嘆く言葉である(高橋健二訳)。尊厳にみちた精神と肉体が、わずかな火薬で粉々に消える――。深い嘆きは、戦争という虚無への呪いでもあっただろう▼その一節を、イスラエルの文学賞、エルサレム賞を受賞した村上春樹さんの記念講演で思い出した。村上さんは人間を「壊れやすい卵」にたとえた。パレスチナ自治区ガザへの攻撃などで失われた命に、「割れた卵」を重ね合わせたようである▼透き通るような殻に、人を人たらしめるものが詰まっている。それが比喩(ひゆ)のイメージだろう。卵を砕く体制のことは「壁」になぞらえた。「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」と強調したそうだ。そう、割れた卵は二度と元に戻らない▼イスラエルによるガザ攻撃では1300人が死亡した。受賞辞退を求める声も出たが、「沈黙より、メッセージを伝えることを選んだ」という。表現者としての重い決断だったに違いない▼殻より薄い皮膚に包まれた命を思えば、人が武器を向け合うむごさに想像の至らぬはずはない。村上さんの言葉が、憎悪の連鎖を断ち切れない大地に深く染みていってほしいと願う。

         
「天声人語」朝日新聞2009年2月19日付




*******



毎日毎日、殺人事件や強盗・窃盗などの悲惨極まりないニュースが絶えない。

ニュースメディアが騒ぎ立てることで、よけいに犯罪の質もレベルも悪化しているかのような感もある。

そして、世界各地で起きているテロや紛争もしかり。

パレスチナとイスラエルも延々と平行線をたどるだけで、一向に埒(らち)が明かない。

なぜ、人は皆こうも闘争本能が旺盛なのかという気にもさせられる。

ひょっとして、双方、争うことを楽しんでいるのだろうか?

ジョン・レノンの「イマジン」を聴くたびに、国や国家、宗教や人種なんてどうでもいいじゃないかと思ってしまう。

偏見が差別を生み、差別が殺人や強盗などの犯罪を生み出す。

人の痛みが分かるなら、自分がされたくないことは誰にもすべきではない。

ごく単純な、小学生にも分かること。

個人のエゴが国家のエゴにまで発展して一体何になるのだ?

心静かに、気持ちを落ち着けて、平和を享受する時間…これはいつの時代であっても、どこにいても、どんな人間であっても平等に与えられるべきもの。

ガザ地区で失われた1300人ものパレスチナ人の命は二度と帰らない。

村上春樹氏がエルサレム賞の記念講演で「卵の殻」のメッセージを送ったことは立派だった。

彼も、内心では、怒りのパワーがマックスに達していたのであろう。

行動ではなくメッセージで、その怒りを示したことは素晴らしいし、一作家としてではなく、ひとつの命をもった人間としての発言であったことがなお素晴らしいと思う。


旅を通じて、走ることを通じて、自分自身もささやかながら平和を訴えてきたつもりだ。

日本人ではあるけれども、いったん国外に出れば、自分も一人の「地球人」であるという見方が大切なのだ。


平和とは何なのか、平和を希求するひとりひとりの思いをどんな形で実現すべきなのか、永遠のテーマとして考えていかねばなるまい。

この世界に遍(あまね)く愛を…。

ヴァレンタインのチョコも決して悪いことではないのだろうけれど、それよりも、平和を世界中にアピールできるための記念日が必要だと思う。






自分の一生を平和にする為には心を静かにすることが必要だ。

武者小路実篤「幸福者」より




平和は力では保たれない。

平和はただ分かりあうことで

達成できるのだ。

アルバート・アインシュタイン(ノーベル物理学者)


Peace cannot be kept by force.
It can only be achieved by understanding.

Albert Einstein




世界平和のために  


The World Peace Prayer Society

スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2009/02/19(木) 22:59:51|
  2. WORLD PEACE(世界平和)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード