KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Nothing is Impossible

【Nothing is Impossible】

Most of the things

worth doing in the world

had been declared impossible

before they were done.



---Louis D. Brandeis (1856-1941)



人類が成しとげた

偉業のほとんどは、
     
当初は不可能だと

言われていたことだ。
  

    
---ルイス・デンビッツ=ブランダイス(アメリカの法律家)





*******





「我輩の辞書に不可能の文字はない」と言ったのは確かナポレオンだったか。

不可能と信じられていることが可能になる、これは個人レベルでも社会的なレベルでもひとつの進歩である。

そしてその過程で「TRY=チャレンジ」が必要になってくる。あるいは「冒険」してみることになる。

「できない」と思ってもまずはやってみる。

最初は「できない」かも知れない。でも、できてしまえば儲け物。

駄目もとでまずは行動・実行に移すこと。



科学(=technology)は、いつの時代も新しいものを発見するところから。

好奇心をもって、観察し、研究し、考察し、学び、理解する。

そうすることで人はロケットを打ち上げ、月に降り立ち、月の上を歩くこともできた。



何もないと見えて、そこには何かが潜んでいるし、隠されている。

新たな事実・真実を求めることがサイエンスなのだ。

哲学者は真理を追い求め、科学者は真実を追究する。

生きている限り、人は学び、可能性に賭けていろんなことを試みる。

若ければ若いほどいい。

老いて、好奇心も探究心も失われてしまえば、もう全てが不可能に見えてしまうから。



求めればあらゆることが可能になる。

そんな気持ちで日々を送ろう。

あきらめない。常に先を見て、自分のターゲットから目を離さない。

すべてはそれのためにあった、と言えるように、自ら夢をかなえる瞬間をイメージする。

その時のために、自分の人生があった、そう断言できるように…。


不可能を可能に変えるための「全力」を…。


grand_teton_national_park1991
冒険家とは、あらゆる不可能を可能に変えることを楽しむことができる人たちのこと…
---グランドーティートン国立公園(アメリカ・ワイオミング州1991年)










スポンサーサイト

テーマ:生きるということ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/31(日) 14:33:14|
  2. 語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業を前に…

【卒業を前に…】

寮の高校3年生たちがついに寮を出た。

3月1日の卒業式までの間は自宅学習となる。

ただ、受験を前にして寮に一部残留して頑張る者も数名…。

いずれにしても、この寮で3年から6年間の暮らしてきて、その生活にピリオドを打った連中にとっては、感慨深い瞬間だった。

いろいろな制約があって、やりたいことも我慢しなければならなかったり、やりたくもないようこともやらざるをえながったり、辛いことも苦しいことも決して少なくはなかったはず。

寮という特殊な環境に関わってきて、自分自身も多くのことを学んできた。中学1年生から高校3年生まで、揺れ動く時期でもある。大人の考えを持った若者もいれば、いつまでたっても幼稚な連中もいる。

それでも一人ひとりの個性を磨き、成長をしていく場と考えるならば、自分たち寮監・教師の役割は意義深いものがある。

今年巣立っていった連中は中学1年生から世話をしてきた者もいて、それなりに愛着があり、思い入れの強い連中ばかり。

最後には笑顔で「ありがとうございました」のひとことをもらって、涙をこらえる場面もあった。

毎年繰り返される「卒業」というドラマ。

一ヵ月後に、再び彼らと再会する。

これからもさらに成長していくであろう彼ら一人ひとりのことをじっくり考える時間にしようと思う。

meeting


テーマ:高校生 - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/01/30(土) 23:59:59|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライ麦畑よ永遠に

【ライ麦畑よ、永遠に】

訃報 サリンジャーさん91歳=「ライ麦畑でつかまえて」

1月29日10時50分配信 毎日新聞


小説「ライ麦畑でつかまえて」で知られる20世紀米文学を代表する作家、J・D・サリンジャーさんが27日、米北東部ニューハンプシャー州コーニッシュの自宅で死去した。91歳だった。同作を書いて以降、ほとんど作品を発表せず、隠とん生活を送っていたため、生きながらにして伝説の作家になっていた。

 同氏の長男で俳優のマット・サリンジャー氏が28日、声明を出した。自然死だったという。

 サリンジャーさんはポーランド系ユダヤ人とアイルランド系の両親のもと、1919年、ニューヨーク・マンハッタンに生まれた。10代で執筆をはじめ、40年、ストーリー誌に掲載された「若者たち」でデビュー。42年に米軍に入隊し、ノルマンディー上陸作戦(44年)にも参加した。

 戦後、ニューヨーカー誌に発表した短編が評判になり、51年の「ライ麦畑でつかまえて」は大ベストセラーになった。成績が悪く高校を追い出された主人公の屈折した感情を、攻撃的な言葉で表現し話題になった。主人公の名「ホールデン・コールフィールド」は、戦後、悩める若者たちの代名詞になるなど社会現象を巻き起こした。

 しかし、身辺が騒がしくなったことを嫌った同氏は53年、突然、ニューハンプシャー州の田舎町で隠とん生活に入り、メディアに登場することもなくなった。「ナイン・ストーリーズ」(53年)、「フラニーとゾーイー」(61年)を執筆、65年に同誌に出した「ハプワース16、1924」が発表された最後の作品になった。

 「ライ麦畑でつかまえて」は多くの言語に翻訳され、これまで約6500万部以上を売り上げ、現在も毎年約25万部が売れるとされている。日本では、村上春樹さんの新訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」(03年)が話題になった。

 ◇社会から身を潜めた伝説の作家 

 27日に亡くなったサリンジャーさんは、社会から身を潜めた伝説の作家だった。大のマスコミ嫌いで、メディアのインタビューに応じないことでも知られ、74年、20年近くの沈黙を破りニューヨーク・タイムズ紙の電話インタビューに応じたのが最後。その時は「作品を出版しないでいれば平和な日々だ。私は書くことが好きで、今も自分の喜びのために書いている」と語った。そのため、米出版界では、現在も作品を書いているのか、死後、その作品はどうなるのかなどが常に関心事となっていた。【棚部秀行、小倉孝保】

 代表作「ライ麦畑でつかまえて」は、少年の清純で鋭利な感覚と、人間社会のいやらしさを描いた。50年代の米国のティーンの言葉を活写し、圧倒的な人気を博した。

 日本では野崎孝さんの訳で紹介され、若者たちを熱狂させた。村上春樹さんはじめ庄司薫さんら影響を受けた作家は多い。

 高校時代にサリンジャー作品を読んだという直木賞作家、角田光代さんは「当時、自分にピッタリくる言葉がみつけられなかったが、こんな近しい言葉で語ってくれる小説の主人公がいるのだと知り、うれしかった。身近な素材でも文学になりうると考えた最初だった」と振り返る。

 現代米国文学の翻訳で知られる柴田元幸・東京大大学院教授は「意識過剰で居心地が悪く、大人になるのが嫌という若者像を『ライ麦畑』が初めて描いた」と功績を説明。その訃報(ふほう)に「隠とん生活で、文学的には死んだと思っていたが、生物学的な死が追いついた気がする」と語った。

 「ミステリアス・サリンジャー」などの著書がある田中啓史・青山学院大教授は「作品数は少なくても、戦後米国の問題を鋭く突きつけた重要な作家。65年以後は新刊はないが、書き続けていたともいわれ、今後、作品が公表されるか注目したい」と話している。





*******





高校時代に野崎孝の「ライ麦畑でつかまえて」を読んだ。

当時、大人になんかなるもんか…と啖呵を切っていた自分。いかに幼稚で戯けたことを考えていたか、当時の日記を読み返せばよく分かる。

少年時代の、カミソリのように鋭く繊細な部分、当時、ホールデン少年に共感を覚えた仲間は多かった。大人の穢れや醜さで、少年の純粋なハートを決してスポイルしてはなるまい…そんな思いで僕たちは必死だったのだろう。

1989年のアメリカ映画「フィールド・オブ・ドリームス」(ケヴィン・コスナー主演)を見た時に、ジェームズ・アール・ジョーンズ演じるテレンス・マンというサリンジャー氏をイメージさせる作家が登場してくる(映画の原作となるW・P・キンセラの小説『シューレス・ジョー』ではサリンジャー氏が実名で出てきている)。

少年の瞳の輝きを忘れないこと。いつでもハートは熱く、決してプアでチープなものにしないこと。たとえあざ笑われたとしても、自身の生き方に信念を貫き通せること。

偏屈や変わり者といわれても、それを個性と主張する。世間との煩わしい接触を避け、引きこもりながらも自分自身の喜びを追及する。

生き方をシンプルにすればするほど悩み事は減っていくもの。それを自分は「ミニマリズム(最小限主義)」と呼んでいる。身辺整理をすることで、持つべきものも、人との関わりも、最低限にとどめてしまえば煩わしさは解消されるはず。

ホールデン少年は、誰の心にもいる。それを自由に表に出せない葛藤と戦いながら、人は知らず知らずのうちに大人になっていく。


どうして我々はそんなに早く大人にならねばならぬのだろう?
(Why must we grow up so fast?)


---"Pretty Maids All in a Row" by Joe Walsh
(「お前を夢見て」by ジョー・ウォルシュ)



サリンジャー氏の魂の眠る場所…ライ麦畑よ、永遠に…。




catcher_in_the_rhye1
「ライ麦畑でつかまえて」野崎孝訳


catcher_in_the_rhye2
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」村上春樹訳








テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/01/29(金) 21:16:45|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の誓い

【二人の誓い】


Whenever I Call You Friend by Kenny Loggins & Stevie Nicks


忘れもしない1978年夏。

僕はまだ高校3年生。世間のこともよく分からぬまま、ある意味怖いもの知らずの青二才だった。

人並みに恋もしたし、失恋もした。

人間不信にも陥った。


いろんな悩みを抱えながら、ニーチェやキェルケゴォルなんかの哲学書を読みあさったあの頃。

何ひとつ解決できないまま、あれから30年ばかり経ってしまった。

それは取り返しのつかない時間だったのだろうか?

いや、そんなことはない。

失敗と後悔と、懺悔と反省と…僕の人生はそれらのものから成り立っている。

あの頃の幼稚で頼りない自分自身を思い出せば、今は笑えるけれど、精神的な面では、自分自身は基本的には変わってはいないのだろう。

そんな当時を自然と思い出してしまうのがこの曲…。




君のことを「友だち」って呼んではいるけれど

僕には分かり始めてきたよ

君と僕はいつでも一緒だったね

そう 永遠に…


甘い恋があれば

世界は眩いばかりの光で輝くもの

今まで見たこともないような美しい世界

見てごらん

愛が僕たちを夜毎照らし続けるんだ

分かってる 

僕たちは永遠に愛し合うんだよ
 




「二人の誓い(原題は"Whenever I Call You Friend")」はケニー・ロギンズとスティーヴィー・ニックスのデュエット。

イントロの美しいコーラス、メロディアスなブリッジ。

ケニーのハイトーンとスティーヴィの魅力的なハスキーヴォイスが見事にマッチしている。

あの時代に戻れないのは分かっているけれど、もしタイムマシンがあって、過去に戻れるのだとしたら、ためらわず僕は1978年、18歳の夏の自分に戻るだろう。

決して消し去ることも、変えることもできない自分の過去を、素直に受け入れることから自分の未来は始まる。

少なくとも今はそう信じている。




テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2010/01/28(木) 21:50:46|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空回り

【空回り】

焦ってみても

1日は24時間しかないのだし

急いでみても

そうすべてうまく進むわけでもない

気持ちばかりが先走って

事がスムースに行かなくなれば

いっそ手を止めて

立ち止まって

大きく深呼吸

自分を冷静に見つめて

今やっていることを

じっくり眺めてみる

落ち着いて考えてみれば

よく分かること

何も焦ったり

急いだりすることはないんだってこと


ひずみ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/27(水) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

全力ism

【全力ism】

zenryouism


生き方にポリシーはあるか?

人に、時間に、流される生き方はしてはいないか?

正しいことを正しいと言い切れるほど潔く生きているか?

まっすぐでひたむきな気持ちを忘れてはいまいか?

失敗を恐れてはいないか?

人のために骨身を削っているか?

未来に希望を持っているか?

全力の人か?



テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/26(火) 22:49:04|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールは笑顔で

【ゴールは笑顔で】

honolulu89a


過去ホノルルマラソンは5回走った。

最後に走ったのはもう20年近くも前。

自己最高記録2時間52分台を2回記録したが、最初は1987年のホノルル。

翌1988年3月の篠山ABCマラソンが現時点での自己最高2時間52分35秒。

ホノルルで出した記録をわずか20秒ばかり縮めたことになる。




いつ走ってもホノルルマラソンはエキサイティング。

ゴール前のあのカウントダウン。何万人ものランナーたちの声がスタートラインでこだまする。そして号砲一発スタート。

真っ暗なアラモアナ公園からホノルルダウンタウンを駆け抜ける無数の足音。

やがて、ワイキキビーチをわき目に、最初の難所ダイヤモンドヘッドあたりで、水平線の向こうに朝日が昇る。

フリーウェイの単調なコースも、やがて折り返し点を過ぎて、対向車線を走るランナーたちとすれ違っていく。

さまざまなランナーたちを見ながら、やがてハワイカイの閑静な住宅街へ。

再び厳しい登りがダイヤモンドヘッドへと続く。

そして、カピオラニ公園のゴール手前半マイル(800m)。

直線道路の両脇には無数の観客たちが見守ってくれている。

場内アナウンスが自分の名前を告げている。




走ったランナーすべてが主人公。

「ゴールは笑顔で」

そう、ホノルルを走ってからは、必ずそのポリシーを守り通している。

さまざまな思いと感謝の気持ちを胸に、最高の笑顔でゴールラインを通過するのだ。



いつか、また彼の地で走りたい…。

その日その時を、最高の笑顔を用意して心待ちにしている…。


waikiki


テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/25(月) 23:59:59|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Only One Road

【Only One Road】

only_one_road


何かひとつのものを

追い求めて

ひたすら前進する

人生をより

シンプルなものにするために

余計なものは

一切排除して

ゴールを目指す

生きることの真髄を

心から堪能するために

今一番必要なのは

目の前の

一本の道をたどること



celine dion only one road


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/24(日) 22:53:21|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全力ウサギ

【全力ウサギ】

zenryoku_usagi

ネットサーフィンをしててたまたま見つけてしまった。

「全力ウサギ」


全力で生きる。ただ、それだけ。

zenryoku_usagi

私が勤務している学校も「全力」をポリシーとしている。

個人的に「全力ismのページ」も作ったが、このような「全力ウサギ」なるものが存在していることなど、全く知らなかった。


何をするにも中途半端で、無気力な若者も多い昨今、こういったキャラクターの存在価値は大きい。

生きている限り、人は全力で頑張り続けるべきもの。

後悔しないためにも、帰らざる今日という日のためにも、全力前進!



「全力ウサギ」オフィシャル・ホームページ

「全力ウサギ」ブログ

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/01/23(土) 22:02:38|
  2. あんなモノこんなモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拳を握り締めて

【拳を握り締めて】

stand_with_fist


決断をする日々を常々持とう。

ひとつ決断し、ひとつ実行する。

そしてまたひとつ…。

腹をくくって、決断する。

命を懸けて、決断する。

一度決断したら、とことんやるしかない。

拳を握り締めて、決断してみよう。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/22(金) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非凡デアルコト

【非凡デアルコト】

dalton_highway_alaska1994


凡人ガ凡人タル所以ハ

自分自身ヲ非凡ト思ワズ

平凡ニ生キテイルカラダ

自分ハ非凡デアリ

平凡ナ生キ方ヲ望マナイ

ソウイウ点ニオイテハ

死ヌマデ非凡デアリ続ケタイ


(Photo: Dalton Highway, the way to the Arctic Circle)

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/21(木) 19:40:52|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dream Running

【Dream Running】

dream_runner1

思うように走れない日は

夢の中で走ってる

気の向くまま

足の向くまま

ゆったりまったり

永遠という

今この一瞬を

満喫するために

いつまでも

どこまでも

走り続ける


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/20(水) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光もとめて

【光もとめて】

sunset_runner2

私たちはみな

真っ暗闇の中を

走っているのではなく

光に向かって

走るのだ



わずかながらでも

希望の光を

見つけることが

走り続けるための

力となる



闇があるから

光がある

光があるから

影がある



闇に吸収される光ではなく

闇を照らす光となれ


(illustration "sunset runner2" by Kay)

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/19(火) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

戻れない時間

【戻れない時間】


戻れない

時間(とき)を

生きてきてしまったか



nullarbor_plain4 
Nullarbor Plain, Western Australia 1995



*******




一日の終わりに

自分を振り返る時間を持とう

本当に今日という日に

精一杯生きることができたか

明日死んでも悔いはないか

これまでの人生で

「今日が最高」と

言えるかどうか

あるいは

明日も今日以上に

素晴らしい一日にしようと

思えるかどうか

今日という

帰らざる日のために…



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/18(月) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きているそれだけで幸せ

【生きているそれだけで幸せ】


あなたが虚しく過ごした

今日という日は、

昨日死んでいった人が、

あれほど生きたいと願った明日。




---趙 昌仁(チョ・チャン・イン)『カシコギ』より

 



*******





阪神淡路大震災からはや15年。その当時生まれた子供たちは今中学3年生になっている。

自分はあの日、ニュージーランドの南島にいてそのニュースを知った。異国にいてもそのニュースはかなり大きく報道されていて、テレビや新聞に釘付けになっていたのを覚えている。

そして、つい最近発生したハイチの大地震でも、想像を絶する規模で被害が出ている。家をなくし、身内や家族・友人を失い、着の身着のまま逃げ出して、命だけでも救われるのならまだ幸い。

人は、予期せぬ災害(あるいは病気や事故)で、ある日突然大切なもの…場合によっては尊い命さえ…失うことになる。

失って初めてその価値が分かるものがあるけれど、命だけは、自分自身が失くしてしまったことに気づくことは(天国があってそこに自分がいることに気づけば別だが)まずない。

生きている時には気づかない命の尊さ・ありがたさ。

自分がこの世に生まれてきた奇跡を、心から喜ぶべきなのだ。

なのに人は、生きていることそのものに不平不満をこぼし、日々の生活に文句を言う(すみません、自分もそうです)。

何ひとつ不自由な暮らしをしていないのに、あれこれちょっとしたことにさえケチをつける。

自分に都合のいいように他人を批判し、ねたみ、排除しようとさえする。

やがて、避けては通れない「老・病・死」という苦しみが来ることが分かっていて、その時になって初めてあたふたする。

若い時に、「死にたい」と思ったり、他人に漏らしたりしていた人間が、その時に「死にたくない」とわめくようになる。


あらためて考えてみよう。

生きている、ただそれだけで幸せだと言えることを。

この命は、今まで亡くなっていった人々の上にあるのだということを。

今ここに生かされている喜びを、決して忘れてはいけないのだということを…。


死にたい、と言うあなたへ



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/17(日) 10:23:40|
  2. 語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

±0(プラスマイナスゼロ)

【±0(プラスマイナスゼロ)】

悲しいことが100回あって、嬉しいことが100回あって、

言ってみればプラスマイナスゼロ。

でも、それは、何もなかったゼロよりずっと意味のあるもの。




You have 100 sad things happen to you and 100 happy things as well,

and you might say they cancel each other out and make zero.

Still, that is far more meaningful than the zero

you would get if nothing at all had happened.




*******



今日は全国各地で大学入試センター試験(通称:センター試験)が実施された。全国で約55万人の受験生がこの試験を受けたという風に聞いている。

自分は1960(昭和35)年生まれで、センター試験の前身に当たる共通一次試験の元年に受験生だった。

当時は今とカリキュラムも大幅に違っていて、文型でも物理や数学の結構難しい内容を学んでいた。週休二日制もなく、当然土曜日も授業があったし、今の高校生とは比べ物にならないほど多くの知識を詰め込まれたように記憶している。

自分の通っていた高校は結構校風も自由なところで、受験したいヤツは自分で勉強するものだと当たり前のように思っていた。補習や講習のようなことをやってもらった記憶は皆無に近い。もちろん専門学校に進学する者や就職する者もクラスの中には混じっていた。習熟度別授業などというものも聞いたことがなかった。

こういう雑多な、さまざまな個性がひとつのクラスに同居していたおかげで、誰もがいろんな人間から刺激をもらって、自分なりの個性を磨くのに役立てていたのだ。

経験は自ら求めなければできるものではない。

誰かが用意してくれたものを当たり前のように経験させてもらえる機会というのも珍しかった。それゆえに、自分から積極的に働きかけていかなければ得るものも当然少なくなっていく。

チャレンジ精神はそういった中で生まれていくし、たとえ失敗しても失敗から学ぶことができるのもそういった環境ならではのこと。

今の子供たちに、そんな環境をいきなり提供しても恐らく面食らうに違いない。今まで愛情たっぷりに可愛がってもらっていたペットの犬が、急に首輪と鎖を外されて、「さあ、どこへでも好きなところにお行き」と言われてもあたふたするばかり。そんな状況にも似ている。

何もないところから、何かを作り出す。それは個性のなせる業(わざ)。経験が個性をつくるのに活かされている。すなわち、様々な経験をしている人間の方が個性豊かであるはずだし、経験の乏しい者にはユニークな人間が少ないということだ。

ゼロからは何も生まれない。でも、1からは10も100も生まれてくる。

若者たちには、たとえ失敗してもいいから0ではなく、できるだけたくさんの経験をしてもらいたいものである。

center_exam
「センター試験会場でキットカット(きっと勝つと)を配る之図」

テーマ:教育って何だ? - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/01/16(土) 20:59:45|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日に向かって

【明日に向かって】


駆け抜ける

一人

駆け抜ける

未だ見ぬ

明日に向かって


desert_runner2
(Illustration "desert runner2" by Kay)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/15(金) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成功とは…

【成功とは…】

Success doesn't come to you ... you go to it.

---Marva Collins


成功が君のところにやって来るのではない、

君が成功に向かって進んでいくのだ。



---マーヴァ・コリンズ(アメリカの教育家)





*******





「幸せは歩いてこない。だから歩いていくんだよ」

---水前寺清子「365歩のマーチ」


そんな歌が昔あった。

発想は同じ。

ただ待っていても得るものはない。成功や幸福だってそう。向こうからやって来るのであれば苦労はない。

ポジティヴに生きるのであれば、自らが掴みに行くもの。

今、若い世代はきっとそんな風には考えないのだろう。

待っていればきっといつか王子様が…的な発想…。

いくつになっても結婚しない・できない若者がいる(自分もそうだった)。

だから「婚カツ」なる言葉も生まれ、そういったマニュアルを紹介するネットのサイトや雑誌が特集記事を組む。

待ち人が来なければ、「どうして自分だけ…」と打ちひしがれたシンデレラのような気持ちになってしまう。


甘い…。世の中そんな甘くない。

チップを払って食べるレストランは、自分には似合わない。

常にセルフサーヴィスに慣らされている方がいいのだ。


誰かが何とかしてくれる…その生き方では今の時代生き残っていくのは難しい。

生きる力とは、競争力でもあるし、喰うか喰われるかの闘いに勝ち残る力でもある。

生まれた時から何もかもが揃った人生を当たり前のように享受する、それを当たり前と思っててどうするのだろう。


感謝する気持ちを持てる人間はそれなりに人の苦労が分かる人間。少しでも苦労したことがあれば他人の苦労も想像がつく。

お金を払えば何でも手に入るし何でもできる、そんな発想が通用するのは幻想の世界だ。

血と汗と涙を流して、とことん何かに打ち込む経験を少しはすべきなのだ。



成功しようと思って成功できるものではない。

とことんひとつのことに、もがいてあえいで苦しんで、あきらめかけていた時にふと成功するものなのかも知れない。


ただ、一時的な成功は本物の成功にあらずとある人は言った。

死の床にいて「ああ、いい人生だった」と言えることが本物の成功なのだそうだ。


個人的には失敗だらけの今の人生。

今のこれらの失敗が、最終的には成功につながる、そう信じている。



bluesky_runner





テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/14(木) 21:51:41|
  2. 語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sound of Silence~静寂の響き

【Sound of Silence~静寂の響き】

running_in_the_snowfield


雪原の中を

走る一人のランナー

音という音は

すべて雪に吸収されて

足音さえも

静寂の中でこだまする



まるで時間そのものが

止まってしまったかのように

今一瞬が

既に永遠となる




時間と空間は

その境界線を失って

「今」という時間に

凝縮される



行き場を失った

闇の天使は

ランナーの影となって

走り続ける



今確かなものは

蓄積されていく時間

心をピュアにして

魂の叫びに耳を傾ける



もうあとには

戻れない






テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/13(水) 21:59:46|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見直そう、生活習慣

【見直そう、生活習慣】

12年も短くなる!?アナタの寿命 良い生活習慣を心がけよう

生活習慣で寿命が変わる!

悪い生活習慣は死に至る生活習慣病を引き起こし、寿命は縮んでしまう!

米国での調査で、下記の7つの生活習慣と死亡率の関係を検討したところ、45才の時点で…

6項目以上守っている人の平均余命

 →33年

3項目しか守っていない人の平均余命

 →21年

と寿命が12年も短くなったそうです。

12年といえば、第2、第3の人生でゆっくり好きな事ができるのに十分な時間。

それを味わえないままでは、ツマラナイのでは?



作ろう!良い生活習慣

1. 1日7~8時間の睡眠をとる

2. 朝食をきちんと食べる

3. 過剰な間食をしない

4. 適正な体重を維持する

5. 毎日適度な運動をする

6. タバコを吸わない

7. 過度の飲酒はしない


MSNビューティスタイルのページから




*******




多忙を極める人間であっても、上記の7項目は欠かさず守りたいものではあるが、自身に照らし合わせてみるならば…。

1番目の項目「7~8時間の睡眠」は自身にとって3日分の睡眠に匹敵するだろうか。場合によっては4日分かも知れない。

2番目の「朝食」。これはどんなことがあっても抜くことはない。しかも、朝から30品目。いつかまた紹介したいが、この朝食のおかげで今の自分が作られているといっても言い過ぎではあるまい。

3番目「過剰な間食」。時々間食を取るけれど、主に和菓子(ようかんやお餅系)を少々。夜勤があるおかげで、寝る前の食事が少し問題だと感じているけれど…。

4番目「適正な体重維持」。ここ数年体重は増加傾向。もちろん適正レベルなのではあるが、マラソンランナーとしてはやはり重め。体脂肪率も二ケタになってしまった。昨年の春ごろには6.8パーセントという時期もあったのに…。しかし、体脂肪率が増えたことで風邪は引きにくくなったし、冬場の肌のかさかさも多少緩和されたかに思える。

5番目「適度な運動」。ランナーとして1日最低10キロは走りたいが、これも今の生活ではままならぬ。フルマラソン2時間50分台で走っていた頃には、1日15~20キロ、休みの日に30~40キロが普通だった。ウルトラマラソンの走りこみ期には、6時間走や80キロLSDなんていうのもやっていた。筋トレも、道具があるのに怠けてしまっている自分が情けない。

6番目、「タバコ」。学生時代から社会人1年目まで吸っていたけれど、今はもう完全にニコチンに依存することはない。時々、夢の中でタバコを吸っている自分を見ることはあるけれど…。

7番目、「飲酒」。飲まない日はほとんどないけれど、発泡酒かビールのレギュラー缶(350ml)一本と、焼酎のお湯割をコップ一杯(250ml)が平均量。外で飲むことも極端に減ってしまったので、過度ということはまずない。


睡眠時間をあと2時間増やすだけで、自分自身の寿命はあと10年くらい伸びそうな気がする。

しかし、トータルで考えれば、今不足している睡眠は、永眠した際に取り戻せるのであろう。

眠らなくても死なない…という考え方を今は変えつつあるけれど、眠りたいけど眠れない状況は避けられないものがある。

その内、自然に意識がぷっつんする習慣(特にコタツに入っている時や、電車で座っている時など)が身についてしまった。午後の空き時間にも意識が寸断されることはしばしば。

世の中のモーレツサラリーマンたちもきっと同じなのだろう。

一日20時間働いても働き足りない。せめてカレンダー通りに休みが取れる時代がいつかは来るものと信じたい。

この記事を書きながらも、意識がゆらゆらゆら…。

早く布団に入らないと、結局コタツでまた意識がぷっつん…しかねないのである。

今の願いは、睡魔に襲われるのではなく、眠りの女神様にそっとやさしく包まれること…だろうか。



dachsrider
男はタフでなければ生きていけない。タフでなければ生きている資格はない。

テーマ:健康的な生活で楽しい人生を! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2010/01/12(火) 19:36:57|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人検定試験

【成人検定試験】

新成人2人が職員に暴行、逮捕 福井市

1月10日19時44分配信 日本テレビ

 福井市で10日に行われた成人式で、新成人2人が職員に暴行を加えるなどし、公務執行妨害の現行犯で逮捕された。福井市の成人式で逮捕者が出たのは初めて。

 逮捕されたのは、福井市の無職の男(20)ら2人。警察の調べによると、2人は10日午後に行われた成人式の会場で、市の職員に体当たりをしたり、パイロンを投げつけたりしたという。

 このほかにも、酒を飲んでいたため式典への出席を断られた新成人が警察官や警備員ともみ合いになるなどのトラブルがあった。

 式典は滞りなく行われたという。


*ニュースソースはこちら




新成人の男が酔ってガラス割り逮捕 埼玉

1月10日19時53分配信 日本テレビ

 埼玉・秩父市で10日に行われた成人式で、酒に酔って会場のガラスを割ったとして、新成人の男が建造物損壊の疑いで逮捕された

 逮捕されたのは、秩父市の自称・土木作業員の男(20)。警察の調べによると、男は10日午後1時半前、成人式会場の秩父宮記念市民会館の1階壁面のガラスを殴って割った疑いが持たれている。

 男は成人式を終えた直後で、泥酔状態で仲間と騒いでいた。呼気からは酒気帯び運転の基準の3倍を超える一リットルあたり0.5ミリリットルのアルコールが検出されたという。

*ニュースソースはこちら




*******




あなたは成人ですか?

成人検定試験:あなたが次の各項目に該当すればYES、そうでなければNOと答えなさい。


1)成人とは、社会に貢献できる能力を持った人のことである。

2)成人とは、自分の力で問題を解決しようとする姿勢を持った人のことである。

3)成人とは、他人に迷惑をかけないのは当たり前で、他人のためにプラスとなる言動を心がけることができる人のことである。

4)成人とは、恥を知る人のことである。

5)成人とは、誰とでも友好的な関係を築くことができる人のことである。

6)成人とは、権利を主張する前に義務を果たし、自分がすること・したことのあらゆる責任が取れる人のことである。

7)成人とは、健康のためによくない酒やタバコはもちろん、たとえどんな誘惑があったとしても、法律で禁じられている薬物等にうっかり手を出したりしない人のことである。

8)成人とは、選挙があれば必ず投票所に向かい自分が信じる候補者・政党に清き一票を投じることのできる人である。

9)成人とは、正しいことには正しいと胸を張って言うことができ、間違ったこと・不正に対してはとことん間違っていると主張できる人のことである。

10)成人とは、どんな人と結婚してもうまくやって行けるし、たとえ夫婦間にさまざまな問題があっても、それを民主主義的に解決できる人のことである。


*判定…10問中7問以上にYESと答えられればあなたは立派な成人です。


20XX年、年齢に関係なくすべての日本国民は、検定制に基づき、成人か否かを判断する…という風にならないものでしょうか?

こうなると、たとえば15歳くらいで成人してもおかしくはないし、逆におかしなことに、30歳になっても、40歳になっても未青年はこの世にあふれてしまうでしょうね。


内田樹の研究室「学院標語と結婚の条件」

「朝の空:成人の条件」

にも、「成人」に関する興味深い記事があったのでご覧下さい。


nullarbor_plain_1995
新成人に告ぐ:大人なら、ひとり旅に出よ。自分の未熟さを知るために、自分のちっぽけさを知るために…。

テーマ:どういうことだ? - ジャンル:ニュース

  1. 2010/01/11(月) 22:31:26|
  2. 憂慮すべきは…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランディ・マイズナー

【ランディ・マイズナー】

ランディ・マイズナーは、独特の哀愁漂うハイトーン・ヴォイスが特徴的なイーグルスのオリジナル・メンバー。イーグルス以前にはポコというバンドでも活躍していた。

ロック界では伝説となったアルバム『ホテル・カリフォルニア』を発表後の1977年にイーグルスを脱退、その後ソロ活動を開始、一時期ポコに復活していた。現在はworld class rockersという往年のロッカー達を集めたバンドで活躍しているらしい。

Randy Meisner Onlineという非公式のファンサイトで彼の最近の姿を写真で見たが、還暦を過ぎた今はもうすっかりおじいちゃんになってしまった。

イーグルス脱退後にソロアルバムを数枚発表。中にはCD化されているものもある。

リアルタイムでイーグルスやポコを聴いていた世代は、やはりアラフォーと言われる人たちだろうか。

今も彼の歌声に元気付けられることがある。

“Take It To The Limit(限界に懸けてみよ)”は落ち込んだ時に、“Try And Love Again(素晴らしい愛をもう一度)”は失恋した時に、“Nothing To Hide(隠すべきものは何もない)”は何か新たな気持ちで事を始める時に、聴くといいのだろう。


YouTubeの動画で検索していくつか発見。



Eagles Take It To The Limit Live HQ





POCO - Nothing To Hide





Eagles - Try And Love Again - Hotel California






still running randy meisner







RANDY MEISNER- "HEARTS ON FIRE"






playin' In The Deep End Randy Meisner

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2010/01/10(日) 19:18:46|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チロリアン

【チロリアン】

higashiyama_yatsuhashi_tyroll


言っておくが、私は「チロリアン」である。

チロリアン…分かりやすく言えば、「チロルチョコの愛好家」である。

チロルチョコの歴史は古い。 

ひとつ10円の時代から食べていた私にとっては、いろんなヴァラエティに富んだ新製品が出てくるのはうれしいこと。

きなこもちフレイヴァーはその食感もさることながら、あの安倍川餅の味をそのままチョコに再現したという点で評価できる。

さらに、最近発売された「東山八つ橋チロル」は、京都のあの銘菓聖護院生八ツ橋のニッキ(シナモン)の香りも漂わせつつ、八つツ橋の特徴を遺憾なく発揮した作品。

2.5センチ×2.5センチのひと口サイズで、ちょっと小腹が減った時に、食べ過ぎない程度に楽しめる。

最近はドラッグストアのレジ付近などに商品を置いて、私のような往年のチロリアンが「おっ、ちょっと買ってみようか」と購買意欲を掻き立てられて購入するケースが多いと、私個人は見ている。

地方限定のお菓子のさまざまなヴァリエーションがいろんな形で楽しめるのはなかなかいいことではないか。

このチロルチョコをきっかけに、特に八ツ橋を知らなかった若い世代に「オリジナルの八ツ橋も買ってみようか」という動きも出てくるであろう。むしろオリジナルの八ツ橋メーカーにはそんな期待もあるに違いない。

チロルの販売戦略に脱帽しつつ、焼酎のお湯割とともに今宵も「チロリアン」としてのひと時を楽しませてもらった。


チロルチョコスペシャルショップ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/01/09(土) 23:59:59|
  2. あんなモノこんなモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

多忙を極める

【多忙を極める】

書類に振り回される一日。

卒業式関連の書類の回収。

約30名のクラス、5~6種類の書類。

担任が一人で整理してチェック。

全て完璧に揃うわけもなく、欠席者への電話での催促。

不備があればそれも連絡。

大学出願間近の生徒が10名ばかり。

出願に関する書類チェック。寮生は受験料や手数料、送料等を会計に準備してもらわなければならない。

書類…書類…書類…。

落ち着け。

夕食を食べそびれ、トイレも行きそびれ、仕事を一部持って帰って、こたつで意識を失う内に日付が変わってしまう。

やれやれ。

こうやってまた一日が過ぎていく。

一日が24時間では足りない。

焦っても仕方がないのは分かってはいるが…。

人生50年目、いつか暇を持て余す日々が来るだろうか…?

aurorarunner


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2010/01/08(金) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ChanceとChange

【ChanceとChange】


Some day a chance will come around

So I will get ready any time

for the time when the chance is by my side



---Takami Kondo


いつかチャンスは、やってくる。      

だから、いつでも準備しておこう。      

チャンスがくる時のために。

          

---近藤 太香己

株式会社ネクシィーズ代表取締役社長

(Japanese Translation by Kay)




*******



「『挑戦(Challenge)』の中に『変化(Change)』がある」という話をいつか書いた。

今よく見れば、Chance(チャンス)とChange(変化)も似ているではないか。



オバマ大統領がテーマにしていた“Change”にはきっかけが必要だった。

幸いアメリカはオバマ氏が大統領になったことがひとつのきっかけとなっているだろうか。



チャンスは自分にも幾度かあった。

幸いそのチャンスを見逃すことがなかったおかげで、いくつか夢はかなえることができた。

ただ、それだけで満足してはいない。

この人生でどれだけたくさんの夢をかなえられるか、それで人生の価値は決まるのだと思っている。

Chanceが先かChangeが先か。

変化があって人生の転機となるか、あるいは、何かきっかけがつかめることによって変化が訪れるか、一体どちらだろう?

自分が望んでいるのは、同時に二つがやってくることだ。

ChanceそのものがChange、ChangeあってのChanceということなのだ。



今が最悪の状態というのであれば、何とか状況を変えなければいけないだろう。

「もうどうでもいいや」とやけっぱちになっても何も変わらない。

「まあいいや」で妥協しても、本当にそれで構わないのだろうか。

常に現状に満足することなく、次の段階に向かって、変えられるものは変えていくべきなのだろう。




幸福な人は、変わるものは変えようとします。

変わらなかったものは静かに受け入れます。


(続・アメリカインディアンの教え「あなたの幸せがここにある』加藤諦三・著〔ニッポン放送出版〕より)




アメリカの詩人デニス・ウェイトリーが語っている通りだ。


もちろん変化を望まない者もいるに違いない。

「今が安定している」「今の境遇に満足している」そういった状況にあれば悪い方向に変化して欲しくないのは当然のこと。

だが、いいことも悪いことも、いつまでも続く訳があるまい。


現状を良しとせず、常に現状打破をテーマに掲げよう。

今を乗り越える生き方が必ずやプラスに働く、そう信じて頑張ることが自分の人生を良きものとしてくれる。


現状打破と書いて「なにくそ」と読む。



「何くそ」と思う気持ちが向上心

「まあいい」と思う心に進歩なし



人生山あり谷あり。楽あれば苦あり。乗り越えるべきは、常に今の自分。



2010年もスタートしてはや一週間。

長い目で自分の人生を見つめていこう。



canadian_prairie2 

人生を変えるきっかけとなる瞬間がある…アラスカ~カナダ横断の旅の途上、カナダ大平原にて(1994年夏)

テーマ:楽しく生きるコツ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/07(木) 20:35:43|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PEACE RUN 回想

【PEACE RUN 回想】

そうだった。

寒さで泣きそうになったのはそれが初めてのことだった。

寒さで目を開けていると自然に目に涙があふれる。

寒さがトラウマになるくらい恐ろしいものだと感じられた。



国道23号線、単調な一本道。三重県津市から名古屋に抜ける通称名四国道。

アラスカ北極圏オーストラリアのナラボー大平原に比べれば、桁違いに文明化されていて、便利といえば便利なのだが、何の変哲もないありきたりな市街地を走るただの道。

吹き付ける風は、恐らくシベリアかどこか北の国からやってきた季節風。

気温は0度前後。ただ突風のせいで体感温度は確実に下がっている。

走っていればさほど寒くは感じないのだが、立ち止まって2~3分もすれば、瞬く間に体温が奪われていくのを感じる。じっとしていれば血管さえも凍り付いてしまいそうな、そんな寒さだ。

唇は血の気を失い、耳たぶが引きちぎられそうなくらい痛い。

足の痛みなど話にならない。寒さが辛いくらいに身にしみる。

沈んでしまったタイタニック号から北極海に投げ出された人々の気持ちが少しだけ分かりそうな気がした。



130キロ、恐らく一度に走る距離としては最長となろうか。フルマラソンを走った経験がある人にとっては、42.195キロを3回走る距離といえば分かりやすいかも知れない。

夏の淡路島一周は180キロを4日に分けて走ったので、まだ足腰や体にかかる負担は少なかった。暑さもこたえたけれど、日陰に入って昼寝をしたり休んだりすることもできた。

この寒さでは、コンビニに入るくらいしか考えられない。

実際ミニストップで数回、さぬきやというレストランで1回10~30分程度の仮眠をとることで寒さをしのいだ。

仮眠から目覚めて、再び走り出すことを考えた時、いつもスタートを遅らせるための言い訳を考えていた。

「いつかは走り出さねばならぬのだ」

自分に対してシヴィアに、かつ冷酷になることは難しい。

とことんマゾヒスティックに生きることを自分に強いることができなければ、この旅は成功しなかったに違いない。

あるいは、とことん馬鹿になること。

昔勤めていた学校で、陸上部の顧問をしていた頃に「ランニングおたく」と呼ばれていた。たしかに、雨の日も家の玄関で、万歩計をつけて、両手に500グラムずつのダンベルを持ってその場駆け足を2時間していたこともあった。

禅僧は無心になるために禅を組む。ランニングもある意味「動く禅」なのだ。走ることで無心になれるのであれば、そこから何らかの悟りが開けるかも知れない。

「行(ぎょう)」によって肉体に苦痛を与え、そこから生まれてくる快感に浸る。傍から見れば馬鹿げていることでも、そこに意味を見出すがゆえに修行たりうるのだろう。

果てしなく続く道を、ゴール目指してひた走る行為は尊い。誰が見ていようと見ていまいと、走り続けるための道がある限り走り続ける。何を思うことも考えることももはや必要ない。

頭を空っぽにして、感じるものをストレートに感じればいい。見るもの聴くものもダイレクトに感じ取るだけ。寒さに集中することで、自分が生きている、いや、生かされていることを実感できる。

自分の心と体が対話しているのに耳を傾ける。肉体と魂が調和する時間がそこには存在する。

僕は旅人…二本足でひた進むのが仕事なのだ。

走ることがいかに平和な行為であるか…。

走っていれば、誰かと争ったり、誰かを憎んだりすることが、いかに恥ずべき馬鹿げた行為であるかを悟るに違いない。

走っていれば、自然と調和できる。大地と一体化できる。

自分自身が自然の一部であることを理解すれば、この世界を作りたもうた神の意思にしたがって生きることができる。

大地に生まれ大地に生きて大地に帰っていく自分自身をより深く理解することができる。

ゆえに、ランナーは走る哲学者であり、詩人であり、旅人なのだ。



なぜ走り続けるか、そこに道があるから。

自分に二本の脚があるから。

走るために生まれてきたから…。



orion
Illustration "orion" by Kay















テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  1. 2010/01/06(水) 21:28:05|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初詣

【初詣】

「ねえ、タカシ、何お願いしたの?」

「何って…秘密だよ」

「どうして?あたしに隠しごとする気?」

「いや、そんなつもりはないけど…」

「じゃ、教えてよ」

「…いや…言えない…な」

「なぜ?あたしに言えないことなの?」

「大したことじゃないんだ」

「なら教えてよ」

「…それでも言えない」

「…やっぱり言えないことなのね…」

「違うよ」

「あなたっていつもそうやってもったいぶって…人をいらだたせるのね」

「そういうつもりはないよ」

「そうよ…。いつだったか、行きつけのスナックの女子大生からのメールもそうだったでしょ?」

「おいおい、いつの話だ?」

「2年前?たしか4月だったわ」

「あれはあの娘がメアド教えて欲しいっていうから教えてあげただけじゃないか」

「うっそぉ」

「それも、あのメールは君が勝手に盗み見したくせに…」

「あなたって時々スパイみたいに怪しいから…」

「プライヴァシーってものがあるだろ」

「結局お店の女の子たちとカラオケ行ったんでしょ?」

「年甲斐にもなく焼きもち焼いてるのか」

「それにデパートでこっそり女性の下着買ってたり…」

「だから、あれは、ホワイトデーに君にプレゼントしようと思って店に入っただけだよ」

「そのお店の前であたしとばったり出くわした時、妙にあわててたのはなぜなの?」

「そりゃ、びっくりするよ」

「普通、男の人が一人で行くお店じゃないし…」

「会社の後輩が教えてくれたんだよ。ホワイトデーには下着をプレゼントするといいって…」

「怪しい…」

「おいおい、まだ疑ってるのか?それも半年以上も前のことだぜ。もうその話は解決したはずだろ?」

「吉野家の牛丼特盛一杯でごまかそうったってだめよ」

「ゆすってるのか?」

「ねえ、一体何をお願いしたのよぉ?」

「言えない。意地でも言わないからな……」

「ねぇ、お願い。教えてよ。今晩はあなたの好きなカレー作ってあげるから…」

「……」

「どうしたの?」

「ん?…いや…その…」

「なに?」

「いや、気にしなくていいよ」



*******



その時、タカシは妻と口論してエキサイトしている間に、何をお願いしたのかすっかり忘れてしまっていたのだった。


atsuta_shrine

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/01/05(火) 21:46:22|
  2. 超短篇小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せについて

【幸せについて】

It isn't what you have,

or who you are, or where you are,

or what you are doing

that makes you happy or unhappy.

It is what you think about.



---Dale Carnegie




あなたの幸不幸を決めるのは

あなたが何を持っているか

あなたが誰であるか

あなたがどこにいるか

あなたが今何をしているかということではない

それは、あなたが今何を考えているかということだ



---デール・カーネギー


*Japanese Translation by Kay



*******




モノや金に執着するのが当たり前だったバブルの時代、いつまでもバブル神話に酔い痴れているがために、今の日本社会のていたらくが存在している。

頭を使わなくても世の中生きていけるのかも知れない。

ただ、心と魂をうまく使わなければ、人は簡単に堕落していくというのも事実だ。

本当に大切なことを見失わないように、世の中の不穏な流れに安易に流されてしまわないように、真の自分自身を常に見つめ続けること。


runner_at_dawn2



*おわび*

1月4日付の記事【幸せについて】がしばらく表示されずに大変ご迷惑をおかけしました。

昨日更新したつもりでしたが、下書き保存のままになっていました。

本日再度更新致しました。確認したところ表示されています。

ご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。


テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/04(月) 20:30:43|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

究極のプラス思考のための10箇条

【究極のプラス思考のための10箇条】

1.プラス志向:

人生からマイナスとなる言葉や要素をことごとく排除する。自分にプラスとなりそうなものは何でも積極的に取り入れる。



2.クリーン志向:

常に身の周りをきれいに、整理整頓する。要らないものは捨てる。ちり・ほこり・ごみを溜めずこまめに掃除を。
 


3.健康志向:

健康にプラスになるものを利用する。健康のためならいくらでも時間とお金を投資する。よく眠りよく食べよく運動する。



4.自然志向:

生活環境をクリーンに、エコを心がける。ありのままにナチュラルに。食べ物も加工品を避けて自然のものを。できるだけ土の上を歩く。



5.楽天志向:

過ぎたことにはこだわらない。くよくよしないでいつも笑顔。笑門來福。下を向いて歩かない。胸を張って堂々と歩く。




6.趣味志向:

いくら時間をお金を費やしても惜しくないといえる趣味を楽しむ。できるだけいろんなことにTRYしてみる。同じ趣味を持った仲間を作る。




7.感動志向:

詩や歌や小説や映画で時には思い切り泣いて笑って感動する。美しい風景を見る。おいしいものを食べる。人を感動させるためにまず自分自身を感動させる生き方を。




8.頭脳志向:

頭をよく使う。クイズやパズルもやってみる。いろんなことを記憶する習慣を持つ。




9.情報志向:

新しい正確な情報を常にストックする。情報を受信するだけでなく自ら発信する。自分で詩や俳句・短歌を作ってみる。




10.全力志向:

いい加減・手抜き・適当・妥協・中途半端はいけない。常に120パーセントの力で生きる。





*******





これまで気をつけてきたことの多くも含まれているが、自分の仕事場や部屋の状況は上記の2とは相反している。

今年は何とか意識して改善に努めよう。慢性の睡眠不足もそうだった…。

「時間がない」「忙しい」は、所詮仕事ができない人間の言い訳に過ぎないのだ。

時間がないはずはない。みんなに平等に24時間与えられているのだから。

時間がないという者は(自分も含めて)、時間を作るのが下手なだけ。

与えられた24時間を2倍にでも3倍にでもすることができるはず。

工夫次第でメンタルな時間は30時間にでも40時間にでも使えるのだから。



今ないものを嘆くことよりも、今あるものを素直に喜べる生き方、それもプラス志向だ。

時間やお金やモノだけではない。自分の才能や能力や個性についても言えること。

今ある自分自身を、あるがままに、ありのままに受け入れられるかどうか。



2010年もあっという間に終わってしまうかも知れないけれど、一日一日を大切に送りたいもの…。


only_one_road






テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2010/01/03(日) 11:01:43|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あらためまして…

【あらためまして…】

peace_love_happiness

あけましておめでとうございます。

年末年始あわただしくばたばた走っておりましたもので(実際走ってましたが…)、年始の挨拶もいい加減になっておりました。

今年もよろしくお願い申し上げます。


さて、一人の部屋でいろいろ楽しくおかしくばかばかしくやっておりますが、朝からお雑煮を作りました。

ozoni2010

とはいっても、豚汁に餅やら野菜やらを入れただけのものですが…。



ふだんお伺いできない皆様のブログを訪ねて挨拶回りをしてきました。

年賀状の返事もこれから書かなくては…。

性格はせっかち極まりないのですが、何かにつけてスローな性質でして申し訳ありません。




正月…静かでいいですね。

一年で一番平和を感じる時期です。

今年一年、世界が平和でありますように…。

peace2010a

テーマ:年末&お正月 - ジャンル:日記

  1. 2010/01/02(土) 13:10:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード