KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

旅に備えて~その3

【旅に備えて~その3】



4月最終日、さあ、明日からいよいよ5月が始まる。

旅立ちの日が確実に近づいてきている。

準備の方も遅々として進まず、直前にならないと慌てないこの性格はどうにもやり切れない。

いくつかの連絡・報告と5月の日程を覚え書きとして次に挙げておこう。


1) LAのMASAさんから連絡

公式スポンサーアシックスにお願いしていたシューズ「ゲルカヤノ」が6足まとめて彼の自宅に届いたという連絡。

kayano

アメリカ横断5000キロで使用するシューズだ。旅の途中、必要になった時に各拠点に配送してもらうことになる。



2) モンベル・チャレンジ支援プログラム

今年からスタートした、冒険家のために資金援助等してもらえるというモンベルの取り組み、東日本大震災のために選考が遅れていたが、昨日結果が届いた。

「残念ながら…」

ということで没。期待はしてなかったが、やっぱり残念。



3) PEACE RUN PROJECTからのお知らせ

公式サイトに新しいコンテンツ誕生。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」手ぬぐいの販売も開始しました。



4) 5月の日程

1(月)2(火) 兵庫県豊岡市の植村直己冒険館を訪ねる予定

4(水) TEAM PEACE RUN主催 青山高原トレイルマラニック

*参加ご希望は下のイベント情報(2)を…。

7(土)大阪難波での壮行会 まだ数名参加枠あります。

14(土)東京へ

15(日)日本冒険フォーラム(@明治大学)

夕方、東京での壮行会 詳細は公式サイトでまた告知されます。

19(木)i believe投票イベント(東京大手町)

*詳細は下のイベント情報(1)を…。

20(金)アメリカLAに向けて出発 



走るためのトレーニングももちろんなのだが、心の準備がまだできていない。

数ヶ月日本を離れて異国で暮らすことに問題がないわけではないが、今の内に日本でできることはやっておくべきだろう。

基本的にはどこででも暮らせる、どこに行っても生きて行ける人間だと自負している。

日本食がないと生きて行けないとかそういったことはまずない。

海外に出るのも久々のこと。

最後に国外に出たのは、勤めていた学校で9年前に海外研修として出向いたイギリス以来のこと。

行ってみないと分からないことも多々あるだろう。

行き当たりばったり、出たとこ勝負の人生、何とでもなる、何とでもするさ。



one_step_ahead






☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash (ツイッターアカウントをお持ちの方、フォローして下さい)

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦 (フェイスブックをされている方はぜひお友達になって下さい)


*フェイスブックでPEACE RUN世界五大陸自走の旅ファンページができました!!




☆緊急!!☆

「PEACE RUN 世界五大陸自走の旅」に挑む、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦を応援して下さい!!

冒険という夢に、企業からの支援金が提供してもらえるチャンスに賭けています。

「あなたの夢」をみんなで叶えるプロジェクト I believe の夢の投票があります。

皆さんの投票でその夢がかなうかも知れません。

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦と「夢」を共有しましょう!!



i believe 夢の投票サイト(既にWeb投票スタート!5月31日まで投票は続きます)

*i believeのサイトに登録、ログイン後、50歳の冒険家、NO.02(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!

*詳細はこちらでも!


i believeのサイト





☆イベント情報

1)みんなで叶える夢プロジェクト『i believe』WEB投票のご案内&記念イベント

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。

*当日、記念イベントの模様は、動画配信サイト「Ustream」からもライブで配信します。

(PC・iPhoneなどからもご覧いただけます)



2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾

「RUN×10手ぬぐい」

がいよいよネット通販開始!

runx10_towel

詳細は…こちら



2)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



5)JOBBBラジオを聴こう!!

日本国・大阪は千里中央から世界へ発信するJOBBBラジオ!

局員達が世界中を飛び回り、直接体感した音や匂いや味や温度などをありのまま皆さんにお伝えします。

毎週木曜日の深夜12時~1時ごろに番組を更新(アップロード)します。

ネットラジオなのでダウンロードして聞くことも可能ですし、過去の番組は更新日を経過すれば、24時間いつでも視聴できます。

*私も毎週JOBBBラジオを聞いてメッセージを投稿しています。




★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト

peace_run
「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 


*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。



peace_run_x_america

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト



PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


スポンサーサイト

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/30(土) 05:56:53|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SLOW & MELLOW~ゆったりまったり…その2

【SLOW & MELLOW~ゆったりまったり…その2】

jog042111



“SLOW&MELLOW”=「ゆったりまったり」

4月19日のブログでも書いた話の続きである。

「ゆったりまったり」をどう英語に訳出するか…あれこれ考えてSLOW&MELLOWという言葉を当てたのだが、いっそのこと日本だけなら、そのままYUTTARI MATTARIでいいのではないかとも思ったりもした。


ゆったりまったり走る=YMH

ゆったりまったりジョグ=YMJ


ツイッターでは、「ゆったりまったりジョグ」をつぶやく時には#ymjとか#smjのハッシュタグをつけるような動きもひそかに見られる(ほとんど自分だけだが…)。



19日のブログを書いてそのしばらく後に、こんなニュース(財経新聞)を見つけた。




*****




ビジネスパーソンのランニングブームが加熱! ランニング好きの7割を占める「ゆるジョグ」族とは?

発表:トレンダーズ株式会社

トレンダーズ株式会社(東京都渋谷区)は、20~39歳の有職者男女500名に「ランニング」に関する調査を実施した。調査により、ビジネスパーソンの間でのランニングブームが加熱していることが明らかになった。

◆調査期間:2011年3月23日(水)~24日(木) 
◆調査対象:20~39歳 男女500名 (有職者)
◆調査方法:インターネット調査

■「現在、ランニングが流行している」8割が回答!
                       
東京マラソンをはじめとした市民マラソンの応募者が年々増加し、「皇居ラン」や「美ジョガー」など、ランニングに関するワードもすっかり一般化した現在。ランニングブームはもはや一過性のものではなく、すっかり定着している印象を受ける。
実際に、有職者男女500名に「現在、ランニングが流行していると思いますか?」と聞いたところ、78%が「思う」と回答。理由として、「近所の公園や公道で走っている人をよくみかける。(36歳・女性)」、「スポーツショップのランニングコーナーが以前より拡大している。(37歳・男性)」など、普段の生活の中でランニングブームを実感している人が多いようだ。また、自身が「ランニングを趣味としている」と回答した人も13%となり、実にビジネスパーソンの8人に1人はランニングが趣味であるということがわかった。

■ランニングが趣味のビジネスパーソン、7割が「ゆるジョグ」族!?
                        
続いて、「ランニングが趣味」と回答した人たちに、その頻度や楽しみ方について調査をおこなった。まず、「ランニングをする頻度はどれくらいですか?」と聞いたところ、最も多かった回答は、「週に1回」で55%と過半数。以下、「週に3~6回」(23%)、「2週間に1回」(12%)と続いた。また、ランニングを趣味としてはじめた時期としては、「5年以上前」(23%)、「2年以上~3年未満」(17%)、「1年以上~2年未満」(15%)という回答が多くあがり、比較的長く続けている人が多いようだ。
また、「ランニングをはじめて、自分は変わったと思いますか?」という質問には、65%が「思う」と回答。具体的に変わったと思うところとしては、「痩せた。(28歳・男性)」、「体が強くなった。(24歳・女性)」など、ダイエット効果や体力の増強をあげる声が多く、「地震の影響で電車が止まり2時間歩いたが、余裕で歩けた。(28歳・神奈川県)」などのエピソードをあげる人もいた。さらに、内面の変化をあげる人も多く、「あと一歩の忍耐ができるようになった。(28歳・男性)」、「前向きになり、何事にもチャレンジするようになった。(39歳・男性)」などの回答がみられた。
なお、「ランニングが趣味」と回答した人に、「走る時にタイムを意識するか」を聞いたところ、「タイムを意識しないことが多い」と回答した人が47%、「常に意識しない」と回答した人が12%という結果に。ランニングを趣味とするビジネスパーソンの過半数は、タイムを意識せずにゆるく走る「ゆるジョグ」を楽しんでいるようだ。実際に、「あなたは自分を『ゆるジョグ』族だと思いますか?」と聞いたところ、実に71%が「思う」と回答。「美ジョガー」の次は、「ゆるジョグ」がランナーたちの間のトレンドになるかもしれない。

■3人に1人が、過去に「ランニング挫折経験」あり! 挫折の原因は「面倒」「頑張りすぎ」
                    
さらに、ランニングを趣味としない人たちに対して、「今後、ランニングをしたいと思いますか?」と聞いたところ、40%が「思う」と回答。多くの人がランニングへの興味が高まっているようだ。
しかし一方で、「ランニングを続けようとして挫折したことはありますか?」という質問にも、30%が「ある」と回答した。挫折の理由については、「雨の日が続いた時や仕事で疲れた時に練習を止め、そのまま挫折。(35歳・男性)」など、ランニングの楽しみを感じる前に面倒になってしまうという回答や、「体がついていけなくなった。(29歳・女性)」など、頑張りすぎて疲れてしまったという回答が多く見受けられた。

■専門家・金哲彦氏が語る ランニングを長続きさせる3つのポイントとは?
                              
それでは、ランニングを趣味として長続きさせるためにはどのようなポイントがあるのだろうか。今回の調査結果について、プロ・ランニングコーチで、現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長を務める金哲彦氏にお話を伺った。

●ランニングの利点について
なんといっても、ランニングは基礎体力の増強に直結します。「走る」ということは、あらゆるスポーツの基礎であり、土台となるものです。
また、先日の東日本大震災により、首都圏周辺でもエレベーターや電車が止まり、高層ビルを階段で登ったり、数時間かけて自宅までの距離を歩いたりした方もいらっしゃるかと思いますが、その際に、自分の体力の無さを痛感した人は意外と多いのではないでしょうか。普段から体力をつけておくことは、何か非常事態が起きた時に、生き残る上でも大きなアドバンテージになるのだと思います。
さらにランニングは、「体力」だけでなく、「気力」をつける上でも効果的です。ネガティブな考えで頭がいっぱいの時でも、走っている間というのは、悩みや苦しんでいることが強制的に頭から切り離されるため、ストレス解消につながります。ランニングの後、体だけでなく気持ちまでスッキリとするのは、そのような効果があるからです。

●ランニングを続けるコツについて
今回は、初心者がランニングを続ける3つのポイントをご紹介したいと思います。それは、「タイムを気にしない」、「ランニング友達をつくる」、「脂肪を燃焼させる」という3点です。

(1)タイムを気にしない
まず、「タイムを気にしない」という点についてですが、ランニングが長続きしない原因の1つとして、ついつい頑張りすぎて疲れてしまうことが考えられます。最初から高い目標を設定したり、ハイペースで走ったりすると、ランニングの楽しみを実感する前に、走ることが辛くなってしまいます。そうならないためには、「目標設定の方法」が非常に重要です。ランニングをする際の目安として、「今日は○km走ろう」など、距離の目標を置く人は多いと思いますが、走る距離が決まっていると、早く終わらせようという意識が働いて、どうしてもペースが速くなりがちです。よって特に初心者の方は、距離ではなく、「今日は○時間走ろう」など「時間」を目標にして走ると、無理をせずに楽しく走ることができると思います。今回の調査でも、タイムを意識しない「ゆるジョグ」を楽しむ人が多いということですが、特にこれからランニングを始める方にとって、「ゆるジョグ」はおすすめのランニング方法ですね。

(2)ランニング友達をつくる
続いて、「ランニング友達をつくる」という点も、ランニングを続ける上では効果的です。特にビジネスパーソンの中には、普段「仕事」と「家庭」といった限られたコミュニティーを行き来する人も多いかと思いますので、それらとは違った新しいコミュニティーに属することで、新たな楽しみを見つけられることもあるのではないでしょうか。最近では、市民マラソンやランニングスポットでの交流も活発だと聞きますので、1人では続きにくい人は、仲間を見つけて走ると良いのではと思います。

(3)脂肪を燃焼させる
最後に、「脂肪燃焼」についてですが、これはダイエットについてのみ言及するものではありません。ランニングを楽しむためには、スタミナをつけることが重要ですが、脂肪を燃焼させることは、「スタミナ増強」に直結するのです。
スポーツするとき、運動するときに使用するエネルギーには主に、体内に蓄積された糖質である「グリコーゲン」と「体脂肪」があります。通常、運動する際には、まず「グリコーゲン」が消費され、その次に「体脂肪」が燃焼されはじめます。「グリコーゲン」は、体内に蓄えることができる量が少なく、かつ消費した際に疲れの元となる「乳酸」が発生しますが、一方の「体脂肪」は、グリコーゲンの数十倍を体内に蓄積でき、「乳酸」の発生を抑えられるというメリットがあります。このような特徴を持つ「体脂肪」を効率よく燃焼させることができれば、スタミナが得やすくなるのです。
最近では、アミノ酸飲料の機能が発達しており、ランニング後に飲むことで疲労回復の効果を高めるタイプのもの以外に、ランニング前に飲むことで脂肪燃焼の働きを高める機能を持つものが登場しています。こうした飲料を活用し、運動開始直後の脂肪燃焼の働きを高めることは、ダイエットにもスタミナ増強にもつながり、ランニングの効果を実感しやすくなります。
 

金氏によると、最初からハイペースで頑張りすぎて疲れてしまわないように、「タイムを気にせず走り」、1人ではなかなか続けられない人も「ランニング友達をつくる」ことで新しい楽しみを見つけ、ランニング前に飲むアミノ酸飲料などで「脂肪を燃焼させる」ことで、ダイエットやスタミナ増強につなげ、ランニングの効果を実感しやすくする、という3点が初心者がランニングを長続きさせるコツのようだ。今年の春、新しいことをはじめたい方は、金氏のアドバイスを参考に、まずは「ゆるジョグ」からスタートしてみるのも良いかもしれない。


金 哲彦(きん・てつひこ)
市民ランナーからオリンピックランナーまで幅広く指導するプロ・ランニングコーチ。テレビやラジオの駅伝・マラソン中継の解説者としても活躍中。『体幹 ランニング』(講談社)、『カラダ革命ランニング』(講談社)など、ランニングに関する著書や執筆は多数。ニッポンランナーズ代表。


ニュースソースはこちら





*****





先日買った文藝春秋社の「ナンバー・ドゥー(Number Do) 100人が語るRUN!」というの中で「村上春樹ランを語る」というページがあり、村上春樹氏も実はこの「ゆるジョグ」志向にあるということをその中で語っている。


村上氏は「走ることについて語るときに僕の語ること」を2007年に出版された頃から、タイムについては考えないことにしたという。

当然、スピードが落ちてくるという体力的な衰え、年齢的な問題もある。

小説を書くための体力を温存するために走るという意識に変わったということなのだ。



自分自身も、「ゆるジョグ」というものに対しては積極的に肯定する。

前にも書いたとおり、スピードにこだわるのが悪いこととは思っていない。

誰しも順位やタイムなどの記録にこだわりたいと思うこともあるだろうし、実際それを励みに頑張るランナーも多くいるはずだ。



自分の場合は、走ることが旅の手段になっている。走る冒険家、それがアドヴェンチャー・ランナー。

ただ、映画「インディ・ジョーンズ」のハリソン・フォードのように、危険から逃れるために全速力で走るわけではない。

自然の中で時間の流れに身を任せ、空気の一部になったかのように走るのだ。



走るのは動く「禅」という考え方もある。

走ることで頭も心も空っぽにして瞑想に耽る時間…。

時間や空間は意識しない。無次元の中に魂を委ねるというべきだろうか…。

一切の雑事にとらわれることなく、ただ今一瞬の中にある一個の命と向き合う。

魂との対話…ともすればそこに神の存在を感じるかも知れない。



ランニングはいうまでもなくスポーツである。

スポーツであるがゆえに、楽しむこと大いに結構。

そこには、同時に科学が存在する。

物理学や力学、医学や栄養学、心理学…哲学も関わってくる。


トレイルランニングで自然を楽しむもよし、街を走るファッションを楽しむもよし。走り終わって仲間と泡泡を楽しむもよし…(ランナーはなぜか大酒飲みが多い)。

思い切りマゾヒスティックなウルトラマラソンや、砂漠・極地でのアドヴェンチャー・レースなどの過酷なレースに出て、自己の限界に挑むのもいい。



要は、自分流のスタイルで、好きなように楽しめば(学問すれば)いい。

それ以上でもなくそれ以下でもない。

ただ、それだけのことなのだ。



自分自身は25年走ってきて今年で26年目。

50歳の人生の内、半分以上を走ってきたことになる。

来月には、アメリカ大陸をゆったりまったり走って横断する。

時速7~8キロ(8~9分/キロ)の歩くより多少速いスピード。

それでも丸一日走ってれば40~60キロは走れる。

このスピードで昨年日本縦断3443キロを104日で走れた。

もっとペースを上げて短期間でゴールすることもできたかも知れない。

だが、そんな必要はなかったと思っている。

レースではないということ…すなわち、旅なのである。



日々の走りを楽しみつつ、ゆったりまったり…。

何も急ぐことはないし、慌てる必要もない。

心地よいと感じるスピードで走り、心地よいと感じるペースで生きる。

それがゆったりまったりのスピード。



自分を拘束するものは何もいらない。

走ることで、身も心も、魂さえも解放されるのがいいのだ。



一本の道を二本の脚で、水を得た魚のように、大空を羽ばたく鳥のように、自由気ままに駆け抜ける。

大らかな気持ちで、とらわれるものもなく、こだわりを捨てて、本来あるべき自分になって走る。



かつて音楽の分野で「ソフト&メロウ」というジャンルがあったはずだが、それに関連してAOR(大人指向のロック=Adult Oriented Rock)という言葉も存在していた。

ここから発展させるなら、ゆったりまったり走るのは「大人指向のジョグ(AOJ=Adult Oriented Jog)」と考えてもいいのだろう。


大人指向ジョグ(#aoj)「ゆるジョグ(#yj)」礼賛…「#ymj(ゆったりまったりジョグ)」や「#smj(Slow & Mellow Jog)」のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやく機会が今後も増えることだろう。
 





☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash (ツイッターアカウントをお持ちの方、フォローして下さい)

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦 (フェイスブックをされている方はぜひお友達になって下さい)


*フェイスブックでPEACE RUN世界五大陸自走の旅ファンページができました!!




☆緊急!!☆

「PEACE RUN 世界五大陸自走の旅」に挑む、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦を応援して下さい!!

冒険という夢に、企業からの支援金が提供してもらえるチャンスに賭けています。

「あなたの夢」をみんなで叶えるプロジェクト I believe の夢の投票があります。

皆さんの投票でその夢がかなうかも知れません。

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦と「夢」を共有しましょう!!



i believe 夢の投票サイト(いよいよ昨日28日12:00から既にWeb投票スタート!5月31日まで投票は続きます)

*i believeのサイトに登録、ログイン後、50歳の冒険家、NO.02(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!

*詳細はこちらでも!


i believeのサイト





☆イベント情報

1)みんなで叶える夢プロジェクト『i believe』WEB投票のご案内&記念イベント

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。

*当日、記念イベントの模様は、動画配信サイト「Ustream」からもライブで配信します。

(PC・iPhoneなどからもご覧いただけます)



2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾

「RUN×10手ぬぐい」

がいよいよネット通販開始!

runx10_towel

詳細は…こちら



2)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



5)JOBBBラジオを聴こう!!

日本国・大阪は千里中央から世界へ発信するJOBBBラジオ!

局員達が世界中を飛び回り、直接体感した音や匂いや味や温度などをありのまま皆さんにお伝えします。

毎週木曜日の深夜12時~1時ごろに番組を更新(アップロード)します。

ネットラジオなのでダウンロードして聞くことも可能ですし、過去の番組は更新日を経過すれば、24時間いつでも視聴できます。

*私も毎週JOBBBラジオを聞いてメッセージを投稿しています。




★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト

peace_run
「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 


*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。



peace_run_x_america

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト



PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/29(金) 07:16:48|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

出会いは宝

【出会いは宝】

encountering1
(Illustration "Encountering1" by kay)




出会いは宝

すべての出会いに意味がある




Encountering is a treasure.

Every encountering has its own meaning.








「人生は箱入りのチョコレートみたいなもの。中を開けてみるまで何が入っているか分からない」

映画「フォレスト・ガンプ~一期一会」の中で、主人公のガンプはそう語る。

幼い頃からうすのろ扱いされながらも、ひたむきに、前向きに生きる彼が、さまざまな出会いを通じて、自らの人生を切り開いていくヒューマン・ストーリー。

バス停でバスを待つ乗客誰彼なしにおかまいなく、彼は自身の半生を語り続ける。

そう、彼もまた生涯を通じて出会い続けてきた人だったのだ。





出会い、邂逅、めぐりあい…私たちの人生は、ある意味出会いと別れで構成されているのかも知れない。

良き出会いが良き運命につながる。

そして、ひとつの出会いがまた別の出会いを生み出してくれる。

「出会いの累乗の法則」なるものがきっと存在している。

2が4になり、4が16になり、16が256になる…。



50年というこれまでの自分の人生の中でも、確かに辛い別れもいくつかあったが、それいじょうに素晴らしい、数え切れないくらいの出会いがあった。

そして、今も、これからも出会い続ける。

出会い続けるために旅に出るのだ。



昨年3月末に仕事を辞めて、7月から日本縦断ランニングの旅に出た。

結果的には、自分の人生を180度変えてしまう旅となった。

104日間の旅の中で出会った人たちも、様々な思い出を自分に与えてくれた。

宿のオーナーであったり、自転車やバイクや徒歩で移動し続ける旅人であったり、居酒屋でふと知り合った人であったり…。


それは、実際に顔を合わせた人たちばかりではない。ツイッターやブログを通じてメッセージをくれたりした人たちも多くいた。

そして、旅を終えた後も(オンライン上や実生活の中で)「出会いの累乗の法則」が働いている。



出会いに感謝。

自分が旅を続けるのは、出会うことが好きだから。

言い換えれば、人が好きだからなのだろう。

一期一会、それがお互いの人生で、最初で最後の出会いとなる場合だってあるのだ。

だからこそ、どんな出会いも大切にしなければならないと思う。

旅に出なければ、今生きていなければ、出会うことのないであろう人たちに、これから出会いに行く。



最初に挙げた自分自身の人生訓「出会いは宝…」を胸に刻みながら、僕の終わりのない旅はどこまでも続く。


encountering2

(Illustration "Encountering2" by kay)




☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash (ツイッターアカウントをお持ちの方、フォローして下さい)

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦 (フェイスブックをされている方はぜひお友達になって下さい)




☆緊急!!☆

「PEACE RUN 世界五大陸自走の旅」に挑む、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦を応援して下さい!!

冒険という夢に、企業からの支援金が提供してもらえるチャンスに賭けています。

皆さんの投票でその夢がかなうかも知れません。

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦と「夢」を共有しましょう!!



i believe 夢の投票サイト(いよいよ本日28日12:00からWeb投票スタート!5月31日まで投票は続きます)

*i believeのサイトに登録、ログイン後、50歳の冒険家、DREAM2(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!

*詳細はこちらでも!


i believeのサイト





☆イベント情報

1)みんなで叶える夢プロジェクト『i believe』WEB投票のご案内&記念イベント

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。

*当日、記念イベントの模様は、動画配信サイト「Ustream」からもライブで配信します。

(PC・iPhoneなどからもご覧いただけます)



2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト

peace_run
「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 


*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。



peace_run_x_america

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト



PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:大切なもの。 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/28(木) 07:01:03|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうひとつの「夢」

【もうひとつの「夢」】


古くからの自分のブログの読者には過去に話したことでもあるのだが、将来、本を出版したいという夢が自分にはあった。

2006年の4月からスタートした“KAY’S BLOG”(楽天ブログ)、今日までノンストップで更新し続けて早5年の月日が流れた。


何かを書くのは、何かについて話しをするよりも好きである。

得意不得意というよりも、ただものを書くのが好きなだけなのだ。

中学生の頃だったか、夏休みの宿題の読書感想文の課題があって、原稿用紙で最低2枚というところを十数枚書いて提出して、国語の先生から「長すぎる」というクレームをつけられたことがあった。



20年前の1991年に、アメリカ大陸を自転車で横断した。

それは、自分にとっては10年来の夢だった。

ただ、その夢は既に実現され、その後も次から次へと新たな夢を見つけてチャレンジの日々は続いている。

自身のオリジナル公式サイト“KAY’S WORLD”では旅のエッセイも継続して掲載してきた。

いつになるか分からないが、この世を去る前に必ず本を出版するつもりだ。


デビュー作のタイトルは「僕は気ままな風になる」。


既に表紙のデザインもできあがっているし、プロローグ(序文)も書いた。

誰のためでもない、半分は自己満足のために、そしてあと半分は、自分の歴史を後世に残すために。

自費出版でもかまわない。自分が生きた証しとして、自分の青春時代になしとげたものをひとつの形にして残しておきたいだけなのだ。



あれからちょうど20年の歳月が流れた今年、20年の節目ということで、同じアメリカ大陸を、今度は二本の脚で走って横断することになる。

「何を馬鹿げたことを…」

と誰かに思ってもらうのが冒険家の仕事なのだろう。

酔狂なことを誰よりも真剣に取り組む。

それでいいのだと思っている。

人々の「?」を「!」に変えるのもまた楽しいものなのだ。

夢がある限りチャレンジは終わらない。

たとえ、いくつになっても、夢を見ることを忘れてはいけない。

ただでさえ、現実に終われて自分を見失ってしまう人々で埋め尽くされようとしている昨今、自分のような夢想家が一人くらいいなければ世の中は潤っていかないのだと思う。



夢がある限り人は輝いていられる。

夢がある限り人は微笑み続けられる。

夢がある限り誰かを微笑ませることもできる。



そんな思いで何年か前に書いた「僕はきままな風になる」のプロローグを、ぜひ皆さんに読んで頂きたい。

そして、今も新たなチャレンジに向けて、旅立とうとしている男がいるということを知っておいて頂きたい。


kimamanakaze






【プロローグ】

そう、あの時確かに僕はあれらの風景の中に含まれていた。

僕もまたその風景を構成する一要素として、その場になくてはならない存在だったのだ。

瞳を閉じて、じっと神経を集中させると、僕は今でもあのハイウェイのことを思い出すことができる。果てしなく広がる荒野に延びる一本の道をたどることで、僕は自分の夢を追い続けた。来る日も来る日もひたすらペダルを踏みながら、地平線の果てへと…。

しかし、目を開けた瞬間、僕はもうその世界にはいない。僕がそこにいたという記憶が残像としてまぶたの裏に映るだけだ。

そして僕は自分に問いかけてみる。

「僕は本当に自分が求めていたものを手に入れることができたのだろうか?」

答えはNOだ。

あの時感じた風の匂いや僕が見てきた世界は、今や虚構の世界に葬り去られつつある。もはや誰もそれを止めることはできないし、僕にはなす術(すべ)もない。

遠く過ぎ去っていく風景、呼び戻すことのできない時間、それらのものに僕は、ただ黙って手を振るしかないのだろうか…。

夢は一度現実のものとなり、悲しいことに再び夢と化してしまったのだ。どうあがいてみたところで、その事実をくつがえすことはできない。唯一残された手立てがあるとすれば、もう一度スタートラインに立つこと。

あの時の風が僕にこう囁きかける。

「君がこの風を感じたければ、いつでも感じることができるんだ。君の行く所に必ずこの風は吹いているからね」

ひとすじの風が僕の頬(ほお)を撫(な)でるように掠(かす)め、またどこか遠くへ去っていく。

風は、ひょっとしたら、いつの時代も僕にそんなメッセージを送り続けていてくれたのかも知れない。ただ僕がそれに気づかなかっただけのこと。

道祖神(どうそじん)は声高らかに旅立ちの歌を歌い、そよ吹く風は優しく放浪のメロディを奏でる。

僕は痺(しび)れを切らせずっとずっとその機会を待ち続けていた。

一日一日が、この風とともに過ぎていく。あてもなく気ままに流れていく不思議な空気を、一体誰が感じたことだろう。


そう、あの時確かに僕はあれらの空気の流れを肌で感じ取っていた。

僕もまたそんな空気と交じり合ってごく自然にその場に存在していた。

風が吹くと僕はいつも風の吹く方向に目を向け、そのはるか彼方にあるもののことを思いやった。時にそれは故郷であったり、僕の未来であったりもした。

やがて、それらの思いは次第に薄れ始め、時間とともに僕そのものがあたりの空気に同化していく。時間も空間も存在しない世界で、僕はもうこのままどうなってもいいとさえ思った。

僕は風、君は空。太陽も月も星も、みんな僕らの仲間だ。

そう、僕は、とりとめのない気ままな風になる。





*****





☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash (ツイッターアカウントをお持ちの方、フォローして下さい)

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦 (フェイスブックをされている方はぜひお友達になって下さい)




☆i believe 夢の投票サイト(いよいよ明日4月28日12:00から)

*DREAM2(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!

*詳細はこちらでも!


i believeのサイト





☆イベント情報

1)みんなで叶える夢プロジェクト『i believe』WEB投票のご案内&記念イベント

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。

*当日、記念イベントの模様は、動画配信サイト「Ustream」からもライブで配信します。

(PC・iPhoneなどからもご覧いただけます)



2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト

peace_run
「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 


*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。



peace_run_x_america

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト



PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/27(水) 05:52:58|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

I Have a DREAM ~私には夢がある

【I Have a DREAM ~私には夢がある】

peace_flag


キング牧師(=マーティン・ルーサー・キングJr.)が1963年8月28日に行われたワシントン大行進において、リンカーン記念堂の前で“I Have a Dream”(私には夢がある)で始まる演説を行った。


あらゆる人種差別を撤廃し、どんな人種・民族であっても、地球という同じ惑星に住む地球人として、共存することの大切さを強くアピールしたものだった。


日本の中学3年生の英語の教科書にも彼の物語が紹介されている。

夢を持って、自分の天命を全うするまで、自分自身の義務を果たすことの大切さを、彼は自身の生き様で証明して見せた。


自分はリーダーになる素養もなく、組織をまとめるような度量もない一人の冒険家である。

ただ、自分自身の夢を叶えるために、キング牧師から学ぶことは多い。

 
彼はこう語っている。




われわれは、たった一人で歩くことはできない。 

そして、われわれが歩く際には、前方へ前進することを誓約しなければならない。

引き返すことはできないのである。





一人で歩くことはできない…。

すなわち、みんなで、歩みの速い者も遅い者も、いっしょになって歩くこと。

前方へ、前進する…引き返すことはできない…。

言い換えるなら、振り返ることはできてもたどってきた道のり(=過去)には戻れないのだ。




彼はまたこうも語っている。



絶望の谷間でもがくことをやめよう。

友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。 

われわれは今日も明日も困難に直面するが、それでも私には夢がある。

それは、アメリカン・ドリームに深く根ざした夢である。




希望を失い、打ちひしがれてどうすることもできず、挫折感にさいなまれ立ち直ることさえできない…そう感じることが誰にでもあるかも知れない。

どんなに辛く苦しい時でも、夢や希望を持つことはできる。

むしろ、そんな時にこそ、夢や希望だけは捨ててはならないのである。

理想主義者といわれるかも知れない。

それでもかまわないのである。

現実のみに縛られて、夢や希望を持つこともできずに、今という時間と空間をさまよい続けるかのような生き方はしたくない。



 
私には夢がある。それは、いつの日か、この二本の脚で世界五大陸を駆け抜けるという夢である。

 
私には夢がある。それは、いつの日か、世界60億の人々すべてと友達になるという夢である。

 
私には夢がある。それは、いつの日か、人種や民族の違いにかかわらず、すべての人が愛と安らぎに満ちた暮らしを送れるという夢である。

 
私には夢がある。それは、いつの日か、人々が憎しや妬みの感情を捨て、この世から武器や兵器が消えて、あらゆる争いがなくなるという夢である。

 
今日、私には夢がある。


世界中のすべての人が、悲しみの涙を流すのではなく、幸せに満ちた満面の笑顔で、その日一日を送れるようになるという夢である。

 
今日、私には夢がある。


世界中のすべての人が、その日食べるものにも困ることなく、伝染病や感染症に苦しむ必要もなく、独裁者たちに自由や権利を奪われることもなく、日々平和に満たされ、健康で、夢を持って、いろんなことにチャレンジできるという夢である。


私には夢がある。


それは、いつの日か、世界60億の人々が、飢えや病気、暴力や紛争・テロに苦しみおびえることなく、自分たち自身の夢とチャレンジのために暮らせるという夢である。



平和のために祈りを捧げる。

平和とは戦争がない状態だけを意味するのではない。

“PEACE”には「(心の)安らぎ、平穏」という意味も含まれている。

PEACE ON EARTH…地球に平和を。世界60億の人々に安らぎを。


 
これが私の希望である。

この信念を抱いて、私は旅立って行く。

この信念があれば、必ず自分の夢を叶えることができるだろう。

この信念があれば、この信念を貫き通せば、神様が自分自身に与えられた使命を全うすることができるだろう。

この信念がある限り、私は、いつの日か、真に人生を全うしたと言うことができるだろう。

 

まさにその日にこそ、平和の鐘が鳴り響く時、平和の鐘をこの地球という惑星に鳴り響かせよう。

 
peace_on_earth





☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash (ツイッターアカウントをお持ちの方、フォローして下さい)

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦 (フェイスブックをされている方はぜひお友達になって下さい)






☆イベント情報

1)i believe vote promotion event

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。

*当日、記念イベントの模様は、動画配信サイト「Ustream」からもライブで配信します。

(PC・iPhoneなどからもご覧いただけます)



夢の投票サイト(明後日4月28日12:00から)

*DREAM2(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!


i believeのサイト






2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト

peace_run
「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 


*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。



peace_run_x_america

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト



PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/26(火) 07:01:07|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mental Teleportation ~ 忘れ得ぬ風景

【Mental Teleportation ~ 忘れ得ぬ風景】

interstate90


これまでこの地球という惑星を旅してきて、いくつか忘れられない風景がある。


それは360度地平線に囲まれた砂漠の大平原であったり、荒涼とした広大な原野の中に続く一本のハイウェイであったり…。

時に、真っ暗な夜のキャンバスを埋め尽くす満天の星空であったり、太古の昔から存在して、少しずつ解けて氷のように冷たい水が流れていく氷河でもあったりする。


nullaborplain 

北極圏への道~ダルトンハイウェイ 

nightsky 

nullabor_plain 

furano 

sunsetride 

yukon_river

nullaborplain

riverruns


僕は、今でもありありと、そういった風景の中にいる自分を思い浮かべられる。

目を閉じれば、いつでも僕はそこにたどり着くことができるし、その時代に生きていたその当時の自分に戻ることもできる。


grand_teton

mt_cook


メンタル・テレポーテーション…まぶたの奥にあるイメージの数々が繰り広げるスライドショーを楽しみながら、僕は次の旅のことを考える。

夢と現実の狭間で、とりとめもない絵物語が展開され、おとぎ話の主人公になったような気持ちで、僕は大地を駆け抜ける…。


dalton_hwy



だが、悲しいかな…目を開ければもう僕はそこにはいないし、僕を取り囲んでいた風景もふっと一瞬にして消え去ってしまう。


僕にとって旅をすることというのは、そんな風景をひとつずつ、自分の心の宝箱の中にしまい込んでいく行為なのかも知れない。



初めて訪ねた地で、いつか見たはずの風景をまのあたりにする。

デジャブ…それは夢の中で訪ねた場所だったのだろうか?


僕は、再び目を閉じて、幻想の世界に身をゆだねる。


そして、ドラえもんの「どこでもドア」は、実は、催眠術によるトリックだったのではないか…といった勝手な空想に浸るのだった。



tranquility 






☆Follow me on TWITTER @kaytaka @ibelieve_takash

☆Facebook Make friends with 高繁勝彦






☆イベント情報

1)i believe vote promotion event

5月19日(木)13:30~18:45 

パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム(東京都千代田区大手町2-6-4) 


夢を叶えるためのセミナー、夢のプレゼンテーション(自分の夢に対する熱い思いを3分間でスピーチ…私も登場します)、ワークショップ等があるとのことです。




夢の投票サイト(4月28日12:00から)

*DREAM2(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!


i believeのサイト






2)TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。




★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/04/25(月) 17:27:56|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなで叶える「夢」

【みんなで叶える「夢」】

peace_run



みんなで叶えたい「夢」の選考会のWEB投票が間もなく開催される。

4月28日(木)の12:00スタート、5月31日がしめきり。6月には結果が発表される。





あなたの夢をみんなで叶えるプロジェクト「アイ・ビリーヴ」が企画・運営したものだ。

個人の夢や志を叶えるために必要な資金総額を提供する…というものだが、書類選考や面接、一般からの投票で、みんながその個人の夢を叶えようというプロジェクトだ。


どんなシステムかというと…。

まずは自分の夢をアピール。

一次の書類選考のあと、二次の面接、そして今回が最終フェーズということで一般からのネット投票。


獲得投票数の多い順から上位複数に資金(夢実現に必要な支援総額)提供をしてもらえるというもの。

2月頃にたまたまツイッターでこのi believeのことを知って、「これはまさに神様が自分にくれたチャンス!」と思い、すぐさま応募した。

ダメもとで申し込んだら、一次選考パスの連絡、その後大阪まで二次の面接に行って、最終フェーズに進んだということをメールで知らされた。

ここから先は、ネットでの一般投票で決められる。


ただ、自分は結果が分かる頃には、既に「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」に出発してしまっている。


いずれにしても、このチャンスは逃したくはない。

そこで、このブログを見て頂いている皆さんにお願いです。ぜひ、ご協力をよろしくお願い致します。


まず、ツイッターアカウントをお持ちの方は、@ibelieve_takashをフォローして下さい。私の従来のアカウント@kaytakaが既にフォローしています。ここでも、i believeからの情報がいろいろと提供されています。

皆さんのツイッターやブログ、個人のウェブサイトでサポートの輪を広げて下さい。できるだけ多くの仲間に、私の夢を伝えてもらって、その夢を共有して下さい。

フェイスブックをされている方は、高繁勝彦と友達になって下さい。夢の実現に向けて、私の夢を他の友達の方々とシェアして下さい。


PEACE RUNは、一人の旅人が、人と人とをつなぎ、世界60億人の同胞すべてがつながるために、五大陸4万キロを走る旅です。

今、つながっている人たちが、まだつながっていない人たちと新たなつながりをもっともっと広げていくことが、必要なことです。

私は、平和のために地球を駆け抜けるピース・メッセンジャー(平和の使者)になります。

信じることが力になる。まさに、i believe(アイ・ビリーヴ)。夢を叶えるための力は、自分の力、さらには皆さんの力を信じることから生まれてくると確信しています。



東日本大震災から40日あまり、復興の道のりはまだまだこれから。

皆さんから支えて頂くことで、自分も被災地の方々に何らかのサポートがしていけると思います。

被災された方々へ、夢と希望と勇気と、何よりも心の平穏を届けられるように…。



5月19日(木)に東京でi believe WEB投票のプロモーションイベントがあります。


参加ご希望の方が居られましたらまた連絡頂けますでしょうか?


概要は次の通りです。



・日時:2011年5月19日(木) 13:30~18:45


・対象:投票対象者、i believe応募者、一般の方々



・場所:東京都千代田区大手町2-6-4 パソナグループ総合拠点 8階セミナールーム



・内容

 第1部 13:30~15:00

 『i believe ~信じよう夢のチカラを!~ 清水宏保さん(長野五輪金メダリスト)、服部真湖さん(日本舞踊家、タレント)による対談セミナー』



・第2部 15:00~16:00

『i believe:夢のプレゼンテーション』…応募者の夢についてのスピーチ



・第3部 16:15~18:45 

『夢を叶えるi believe-er実践ワークショップ』…夢の実現に向けた具体的なノウハウや手法を学べます。



(講師) 重永忠さん(「株式会社生活の木」代表取締役、「チェンジザワールドLLC」代表他)、荻野淳也さん(株式会社ライフスタイルプロデュース代表)

 ※懇親会もあるということです。



当初、アメリカLAへの出発を、日本冒険フォーラム(5月15日、明治大学にて開催)に出席し、壮行会があって、その翌日か翌々日に考えていたが、19日開催のこのイベントに出席するとなると20日になる見込み。

東京で16日~18日の間、時間をつぶさなければならない。

どなたかお時間ありましたらお相手して下さい。




夢の投票サイト(4月28日12:00から)

*DREAM2(2番目の夢として紹介)に投票お願いします!


i believeのサイト

i believeとは

応募要項(既に締め切られています)

夢のサンプル(2ページ目に自分の夢が紹介されています)



☆イベント情報

TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合~青山高原三角点広場~西青山駅のルート:東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。コンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。終了後反省会もあります。

*青山高原はこんなところです。



★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/24(日) 18:43:20|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BORN TO RUN~走るために生まれた

【BORN TO RUN~走るために生まれた】

trail_abc


僕は

走るために生まれてきた



いや

聞くところに寄れば

僕は生まれるその前から

母の胎内で走っていたという



母の妊娠中にしょっちゅう

お腹を蹴りまくっていたのだそうだ



生まれる前から走っていた

そのせいか

はいはいから立ち上がるまでの

期間も短かったし

二本足で立ち上がるやすぐに

つたい歩きをして

走り出して転んで

転んではまた走り出していた



顔面から転んで

鼻血を出しても笑っていた

幼い頃から

不撓不屈の精神を持って

頑張っていたのだという



その成れの果てが

アドヴェンチャー・ランナー

転んでもただでは起きない

犬に噛まれてもへこたれない



走ることが日常生活の一部となり

走ることそのものが人生となった

走ることが生きること

生きることが走ること



走るために生まれ

生きるために走り

走るために生きる



棺桶に足を突っ込んだとしても

まだ走り続けられるようでありたい



走るために生まれ

走りながら天国への階段を上る

そんな伝説のランナーに

なりたいと思っている



僕は

走るために生まれて

走りながらあの世に行く

さらにはあの世でも

走っているであろう

根っからのランナー







☆イベント情報

TEAM PEACE RUN主催「青山高原トレイルマラニック」

5月4日(国民の休日)午前9時30分 近鉄大阪線東青山駅集合

東青山駅~青山高原三角点広場~西青山駅のルートで東海自然歩道を走る約14キロのトレイルランニング。

コース上にはコンビニや売店が一切ありませんので各自食糧や飲料水等準備した上でお集まり下さい。

終了後反省会もあります。



★NEWS

1)現在発売中の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/23(土) 23:59:59|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅に備えて~その2

【旅に備えて~その2】

trail1 
アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦、青山高原を駆ける(着用しているのはファイントラックドラウトエアジップネック)


「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」のオフィシャルスポンサーのファィントラックから提供いただいている高機能ウェアが最近のお気に入りである。

トレイルランニングに出る機会が多いのだが、ここ数日寒暖の差が大きく、着用するウェアもシヴィアに選ぶ必要に迫られるのだ。

ちなみに昨日、青山高原を走ったが、朝の最低気温は摂氏1度、日中の最高気温は21度まで上がった。

気温差は20度にも及んでいる。

小まめにウェアを脱いだり着たりすればいいのだが、汗もかくし、かいた汗を放っておくとぞっと冷えてしまう。

こんな時に威力を発揮するのが、ファイントラックの高機能ウェアの数々。

ファイントラックが提案する5レイヤリングのノウハウを知っておれば、アウトドアでのスポーツにおいては怖いものなし。


いくつかの製品を実際に自分が着用・体験したインプレッションをまとめてみた。


1)フラッドラッシュパワーメッシュ

floodrush_power_mesh

ドライレイヤとして、肌の一部かとも思わされるほどのフィット感。自由自在に伸び縮みして激しい動きにも耐えうる。汗の戻りがないため汗をいくらかいてもベトつかず、当然体が冷えることもない。わずか50g(ノースリーブ)という軽さも魅力的。アメリカ横断ではノースリーブ、Tシャツとロングスリーブ、ボクサーショーツとタイツを使用する予定。


2)ドラウトエア

drought_air

ベースレイヤとして吸汗・速乾性を重視したウェア。フラッドラッシュパワーメッシュが弾き出した汗をことごとく吸い取って、そのまま蒸発させてしまうのはまるで魔法のウェアのよう。いつ汗をかいたのか分からないくらいのスピードで見る見る汗はウェアから消えていくのである。常にさらっとした肌触り、このウェアも軽すぎる。ウェアはかさばるものだが、軽くてコンパクトであるのは長期の旅にも重宝する。アメリカ横断ではドラウトエアジップネックとドラウトエアジップTを使用予定。


3)スパイルフィルソックス

spilfil_socks

ウールの3倍以上の強度を持ったスパイルフィルという素材の糸で編まれたランニング専用のソックス。最初に足を入れた時、こんな薄くて大丈夫なのかという気もしたが、走っている間、蒸れない=汗がたまらないというのはありがたい。抗菌消臭効果も高く、吸汗速乾性も非常に優れている。アメリカ横断では5足持参する。ゴールまでこの5足がシューズの中で5,000キロの旅をサポートしてくれることだろう。



他にも、ポットラックと呼ばれるすごいテントを提供して頂いているが、これも近々どこかの公園の芝生の上で一度設営実験をしてみようと考えている。

まだ試していない製品が他にいくつかあるが、追ってまたレポートをしていく予定である。



*参考:ランナーのための一歩差がつくウェア選び

*「創り手=遊び手」の神戸発・国産アウトドアメーカー「ファイントラック」は「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」公式スポンサーです。

finetrack


http://www.finetrack.com/


「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されています。




★NEWS

1)本日(4月22日)発売の「ランニングマガジンクリール」(6月号)の77ページで「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されています。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!

courir



2)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/22(金) 16:48:30|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレイルランニング@青山高原

【トレイルランニング@青山高原】

またしてもトレイルに行きたくなって、家から16キロ離れた青山高原へ愛車ベリーサで向かった。

三角点広場に車を停めて、東青山駅に向かってトレイルを下っていく。

東海自然歩道をたどる。すべて道は踏み固められ、整備された走りやすい登山道。

木段もいくらかあるが、ダイヤモンドトレイルのようなことはない。

trail1

trail2

trail3

trail29

trail30

trail4

trail5

途中に滝があって、滝見台から見事な三瀑が見られる。

trail22 

trail23  

 

trail24


東青山駅前四季のさとに着いたが今日は休園日。

trail25

来た道を戻るが、滝見台から違うルートで青山高原ふるさと公園スポーツ広場に出る。

青山高原ウインドファームを目指し、風力発電の風車を何枚か撮影。

trail6 

trail29

trail7

trail10 

trail21

trail11 

trail12 

trail13 
 

あちこちで馬酔木の花が満開。芳香を放っていた。

trail26 

再び三角点広場に戻ってきた。これで18キロ走ったことになる。

trail12

trail32

trail33


いろいろルートを研究しているが、次回は西青山駅に抜ける道を探ってみよう。



車で下山。名張市街地を目指す。

磨り減った後輪タイヤを交換。その間、名張夏見の総合運動公園を走ること7キロ。

昨日、クマが出たらしく、遊歩道は通行禁止になっていた。

trail28

体長1m未満の小ぶりなツキノワグマだったようだが、名張のような街なかにもクマが出てきたとはちょっと驚き。

夏見廃寺を走る。

trail13

trail14

trail15

夕暮れ時のシルエット。

近頃トレイル三昧。いくら走っても飽きることはない。




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)明日4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 世界5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/21(木) 22:44:53|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

旅に備えて~その1

【旅に備えて~その1】

「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」の出発まであと4週間を切っている。

直前にならないと慌てないような自分になってしまったのはいつの頃からか…。

高校生くらいの頃は、夏休みの宿題を1学期の終業式に終わらせるような人間だったのに…。


オフィシャルスポンサーから提供して頂いたもので、今回の旅に使うものがいくつか決定している。


まずはシューズ。

昨年の「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅」ではニューバランスをずっと使っていた。NB966が1足とそのあと、NB967が2足。

1000キロごとに履き替えたが、それも完全にアウトソールがヘタリ切ってから。

今回はスポンサーのアシックスが提供してくれる「ゲルカヤノ(TJG602)」を採用。

gelkayano

アシックスの担当のNさんからロスアンジェルスのMASAさん宛てにまとめて発送して頂いて、MASAさんから、自分が現地で立ち寄る予定の場所(郵便局留めか宿)にその都度送ってもらうことになる。

これまでアシックスからは何種類か幅広のシューズをテスト用に用意してもらい、全部試した結果このゲルカヤノが一番フィットするということでの採用。

自分の足は相当幅広甲高でやや外反母趾気味。

先日、梅田の阪急イングスに行って正確な足のサイズを計測したところ、足囲が4Eよりも大きいGという判定。日本では恐らくニューバランスしかこのWIDTH(幅)Gを作っているメーカーはないようだ。

去年もインターネットで探しに探して、Gを扱っている店もかなり少なかったが、あったとしてもほとんど在庫がないという状況だった。

「ゲルカヤノ」はスーパーワイド(4E相当)が一番幅広だが、そのままでは右足の親指部分が当たるため、シューストレッチャーで思い切り幅を広げて自分の足にフィットするようにした。

この「ゲルカヤノ」も3月頃から使い始めて、すでに600キロほど走っている。

今のシューズは袋縫いの製法で作られているおかげで、しばらく履き続けていれば自然にフィットするようだ。



さて、アメリカ横断の旅のルートも大まかながら既に決めている。

START:(カリフォルニア)ロスアンジェルス~(ネヴァダ)ラスヴェガス~(ユタ)セダーシティ~(コロラド)グランドジャンクション~デンヴァー~(ネブラスカ)ノースプラット~グランドアイランド~オマハ~(アイオワ)デモイン~デヴンポート~(イリノイ)シカゴ~(インディアナ)ゲリー~ミシガンシティ~(ミシガン)デトロイト~(カナダオンタリオ)トロント~バッファロー~(ニューヨーク)シラキュース~オルバニー~マンハッタン:GOAL

LAからコロラド州デンヴァーに行くまでが砂漠とロッキー越え、中西部の大平原を北東に向かい、アイオワからは20年前の自転車での横断ルートと重複する。

カナダトロントからナイアガラの滝を経てハドソン川に沿って南下、そしてゴールのニューヨークシティへ。

最終到達地点は20年前と同じ、大西洋に浮かぶ自由の女神をのぞむバッテリーパーク。

実質5,000キロ以上を走ることになるかも知れない。

予定されたルートもどこでどう変わるか分からない。

いつも行き当たりばったりの旅だけに、その場その場の状況に応じて(単なる気まぐれもあるだろうけど)柔軟に対応する必要があるのだ。


poster
「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」ポスター *クリックで拡大


(その2につづく)




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)明後日4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/20(水) 19:05:41|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

SLOW & MELLOW~ゆったりまったり…

【SLOW & MELLOW~ゆったりまったり…】


part_of_nature

分かってる 君も僕も この自然の一部なんだってこと 


yuttari_mattari 

足も 心も 体も 弾む弾むよ だから 春はスプリング


release_me

デジタルに翻弄されない アナログのままで生きたいんだ 時間や距離は無視して 野山を獣のように 自由気ままに走りたいだけなんだ


boss_of_mountain

その昔、「大きくなったら何になりたい?」って聞かれて、「お山の大将!」って答えたかった…。少なくとも、今はそう思える50歳の少年です。


trail_of_life

自分だけの 人生のトレイルを 自分自身のペースで 自分自身の意志で 走っているか?




*****




“SLOW&MELLOW”=「ゆったりまったり」

これもまたPEACE RUNのポリシーのひとつ。



スピードにこだわって速く走ることを決して否定はしない。

自分もかつてはフルマラソンでサブスリー、100kmマラソンでサブ10を記録したランナー。

フルトライアスロン(アイアンマン・レース=水泳3.9km、自転車180.2km、ラン42.2キロ)のマラソンで3時間40分台で走り、100kmマラソンのフルマラソン・ポイントで3時間25分台で走れる力をかつては有していた。

でも、ある時期から、速く走るよりも、ゆっくりでもいいから遠くまで長い時間(期間)走ることに魅せられていった。

自分を拘束するあらゆる要素を取っ払うことで、心も体も魂も解放されていく悦びを知ったのだ。



「あせらず あわてず あきらめず」

「とらわれない こだわらない しばられない」



どこまでも自由で、果てしなく広がる空のように雄大で、広大な宇宙のように大らかであること。

そんなポリシーが見え隠れするのが、この「ゆったりまったり」な生き方なのだ。



人生はLSD。

そう、長い時間をかけて、ゆっくりと、遠くまで、歩くように走るのがいい。





「第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会」

ガネさんが作ったYouTube動画です。





★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/19(火) 20:01:08|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BELIEF

【BELIEF】

daishiyama1


自分の弱さを知ることが

強くなるひとつのステップ

真に強い人間は自分の弱さを知っている

弱い人間こそ強そうに見せたがる



でも今は

強いとか弱いとかは問題じゃない

自分の力を信じること

自分の内に秘められた

可能性を追い求めること



強固な意志と粘り強さと

あきらめない強さを

内に秘めて



散り行く桜のように潔く

透き通った水のようにピュアな心で

じっと前を見つめて

ひた進むだけ


daishiyama2




*****




2001年に自分のオリジナル公式サイト“KAY’S WORLD”を立ち上げて、この4月で10周年。

そして、2006年に“KAY’S BLOG”をスタートさせて、ノンストップ更新を続けて5年目。

過去の記事を読み返しながら、いろんなことがあったものだと思う。

今ある自分が、過去の自分によって作られてきたのだということをあらためて実感している。

そして、今後も自分の信じる道を、ひたむきに前向きに、淡々と、黙々と進んで行こうと思う。

いつもいかなる時にも、目に見えない不思議な力が働いている。

だから、僕は、ありのままの自分であるがままに生きていく。






★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら






★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/18(月) 20:20:21|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会~PART2

【第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会~PART2】



ゆったりまったり心が動く時間…。

自分にとって走ることは旅の手段でもあるし、頭を空っぽにして自分自身と向き合う時間でもある。

最近、「ゆったりまったり」という言葉の響きがとても好きになってきた。

走るスピードが人生のスピードに同調してきた証拠かもしれない。



4月16日日曜日、香川県高松市にあるドングリランドにて、「第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会」が行われた。

NPO法人「どんぐりネットワーク」“PEACE RUN PROJECT”による共催イベント。

実質はトレイルランニングの大会ではあるが、順位やタイムを競うレースではなく、文字通り「ゆったりまったり」歩く・走ることを楽しむというのが目的だ。


東日本大震災救済支援プロジェクトの一環として、必要経費を除いた参加料のすべてを義援金として寄付することにもなっている。


前日午後にガネさんと香川高松入り。

新幹線に最後に乗ったのがいつのことか思い出せないくらい昔々のこと。

のぞみに乗るのも初めての経験。

四国にくるのも28年ぶり。1983年に自転車で四国一周したのが大学4年生の時。

takamatsu_city


駅前のホテルにチェックイン。

駅から少し歩いた居酒屋で、taru(donguriblack)さんおがたさんを迎えてミーティングを兼ねたディナー。

お二人とも高松市内在住、ハイレベルのウルトラランナー。

飲んで食べて、マラソン談義に花が咲いた。



16日、天気も回復して大会当日。

朝4時に目覚めた。

6時すぎtaruさんの車で大会会場へ…向かう前にうどんのなかにしで朝うどん。

讃岐うどんの本場だけあって、うどんのお店は高松市内にも数え切れないほどあるようだ。

早朝から店内は満員。

うどん密着型の食文化なのか、1年に1000玉うどんを食べる人たちもいると言うから驚き。


山に向かって車を走らせ、ドングリランドビジターセンターに到着。

donguri_land_visitor_center

entrance_of_visitor_center

totoro

美しい声でうぐいすがあちこちで鳴いている。

名前の通り椎の木が多くドングリがあちこちに落ちている。本当に自然がいっぱいの里山。

まずは、センターのしらいさんが歓迎してくれた。



7時にスタッフが集合。打ち合わせ。そして準備に入る。

おがたさんとtaruさんが最終のコースチェックを行っている間、受付、更衣室の準備。

今日の仕出しを担当していただく女性陣も何名か来て頂いていた。

kamban

yuttari_mattari

tent


8時すぎにガネさんは駐車場で参加者の誘導。

9時前には参加者がぼちぼち集まってきて受付開始。 


uketsuke


参加賞として、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」公式グッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が参加者全員に配布された。


runx10_towel2

runx10_towel

全体はこんな感じ…。

runx10_towel3

バギーを押して走っている私が隅の方にいます…。




大阪から早朝出発して、竜馬さん、anchinさん、MAIKOさんらも車で到着。


uketsuke2

team_peace_run

TEAM PEACE RUN集合!

「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」公式スポンサーのひとつ、ゴーフィールドの森田社長もスタート前に来られてあいさつする。



9時半、開会式。

opening_ceremony

こんな場で自分があいさつをするなんて仰々しいことであったが、参加者・スタッフのみなさんを前に、ひとことふたこと…。

taruさんのあいさつとおがたさんからコース説明・諸注意があって、9時45分一斉にスタート。

start

ロングコースは1周約6キロのトレイルを3周走る。

雑木林の小道が中心だが、起伏も適度にあり、あまり好きになれない木の階段もいくらか…。

trail1

道が乾いていてスリップしやすい箇所もあり、「走行注意」の札もあったのだが、転倒した人もいたようだ。

trail_allert

下りでのヘアピンカーブは加速したままだと危険。下手すると池にはまったり谷底に落ちたりしかねない。


数箇所歩かざるを得ない登坂路があり、息も絶え絶えに登りに集中。

枯葉が積もった土の道は柔らかく足に心地よい。

路面のバリエーションもさまざまだけど、注意して走らないと捻挫しかねないようなところもあった。



参加者はランナーが10名。

number_card

ナンバーカード00番を頂いた自分も一緒に走る。

「ゆったりまったり…」のはずだったが、みな最初から坂道もお構いなしに走り、それにつられて速いペースで走ったら1周目が一番苦しくて、1周目の半ばで、あと2周も走れるのだろうか…と不安にもなったり…。

普段超スローLSDやジョグしかしない自分にとってはキロ6分でも速いスピード。

20年前にはキロ3分台で走っていたのが嘘のよう。


2週目には集団もバラけて自分のペースでゆったりまったり走る。

コース中ほどにエイドステーションがあっておがたさんが待機してくれていた。

エイドには水・スポーツドリンクをはじめ炭酸飲料やポテトチップス、チョコレートにキャンディーもあった。

2周目のエイドで公式スポンサーCACA-ZANのイズイシさんがおられ、ここでもあいさつ。



気温はそう高くなかったが空気が乾燥していたのか、やたら喉が渇く。

2周目後半から3周目にかけて、少しペースが上がったか。ずっと一人旅が続く。

mt_donguri


最後のどんぐり山(206m)のピークを過ぎてさらにペースアップ。

ゴールが近づいてきて、あと2周くらいは走りたい気持ちであった。

ymh1 

ゴールは2時間29分。トップが2時間3分だから30分近く差がついた。

goal2 
MAIKOさんゴール!

goal 

anchinさんゴール!


しかし、里山で6キロものトレイルルートが取れるなんて魅力的。

どんぐりトレイルの魅力を十分に堪能できた。



その後、仕出しのスタッフの皆さんが丹精込めて作られた猪肉カレーうどんとタケノコご飯のおにぎりを昼食に頂く。

lunch_time

curry_udon_and_rice_balls 

lunch3

curry_udon 


自然の中で食べるのも美味しかったし、走ったランナー・運営スタッフみんなでテーブルを囲んで食べると言うのもアットホームな雰囲気でとてもよかった。

参加された皆さんもとても満足されたのではなかっただろうか。


結果発表と記念品のプレゼントがあって、その後、自分の方から、“PEACE RUN”と「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」についてのスピーチ。

lunch_time2


東日本大震災でマラソン大会の多くが中止されて、ランナーも走るモチヴェイションが低下したり、走る気力さえなくしてしまっているさなか、被災された方々もランナーも元気づける方法はないかと模索していたところ、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」をツイッターでつぶやいたところから、一気に賛同者が増えて現在に至っている。

平和な時代だからこそ走ることができるし、走る喜びを心から味わえる。

世界中の誰もが平和な時代の平和な社会で暮らせるようにひとりひとりが働きかけるべきだし、ランナーは走ることを通じて、平和を実現するために頑張ることが大切。

今回の大会も、参加料の経費を除いたすべてを東日本大震災救済支援ということで義援金を送るが、今後できるだけ継続して取り組んでいくということ。

5月にアメリカ横断ランニングの旅に出るが、世界平和実現のために走りたい。

走ることで、世界が動けば世界は変わる。

小さな一歩が大きな流れをつくりだせるように邁進していこう。



というような内容を話させて頂いた。


食事の後、全員で記念写真撮影して解散。

all_together_photo 


スタッフで片付け開始。

のちに、スタッフミーティングで、今回の大会に関しての反省や次に向けての課題を話し合った。



トレイルランニングを通じて、山のよさを知る…と同時に山を守るためにもっと多くの人々が山に入って山に関わっていく必要がある。

自然を保護するとはいうものの、じつは人間そのものが自然に守られてもいるのだ。

地震や津波など、時に自然の猛威を知らされる場合もあるけれど、自然と共存していくことも、ランナーだけではなく、今生きている・生かされている我々の義務であるのかも知れない。



ゆったりまったり…歩いて走って…。

第2回大会の実現も必ずあるものと思っているし、既にその動きももう始まっている。



参加されたランナーの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

運営・準備その他大会開催のために関わっていただいた関係スタッフ・ボランティアの皆さん、素晴らしい大会にしていただいて本当に有難うございました。心から御礼申し上げます。

手作りであるがゆえに、「心のこもった大会」「温かみのある大会」ができたのでしょう。

参加するランナーと運営するスタッフ、それぞれの顔が見えて、言葉を交し合って、お互いが笑顔で満足できる、そんな大会があちこちでもっともっと開催されれば…。

東京マラソンのように都市型の大規模なマラソンが時代の流行になっていますが、こういった小さな規模ながらも、いろんなところで至れり尽くせり…という大会も、絶対なくしてはならないのだと思っています。



竜馬さんは6日前にチャレンジ登山ダイトレ36キロを完走したばかり。

MAIKOさんは数日前に練習で70キロ走ったところ。

anchinさんは故障明け復活第一線。

ガネさんもお仕事で東京~京都~大阪~香川をひっきりなしに移動の日々…。



帰りは、TEAM PEACE RUN全員で竜馬さんの車に乗って大阪方面へ…。

in_car


皆さん、お疲れ様でした。

とっても楽しい時間を有難うございました。

走るごとに新しい仲間とどんどんつながって行きます。

走れることに感謝、出会えることに感激、生きることに感動…を忘れない自分でありたいものです。




(写真の一部は、ゴーフィールド森田さん、どんぐりネットワーク白井さん、TEAM PEACE RUNanchinさんから提供頂きました)




★関連サイト

有限会社アイヴエモーション(ロードサイクルブランドのニューカマーTYRELL)

株式会社ゴーフィールド

Go Field.com編集長の弁:森田桂治ウェブサイト

CACA-ZAN イズイシ手袋

手袋職人ブログ

以上は、「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」オフィシャルスポンサー




うどんとJOGと…(taruさんのブログ)

Beyond the 100 miles of trails(おがたさんのブログ)

・特定非営利活動法人どんぐりネットワーク

ドングリランドビジターセンター

以上は、今回の大会運営関係者のサイト




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら







★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/17(日) 12:40:43|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会~PART1

【第1回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会~PART1】

ymh1
(写真提供:Go Field 森田さん)


4月16日土曜日、香川県高松市にあるどんぐりランドにて、「第一回ゆったりまったり里山を歩こう、走ろう会」が行われました。


詳細は追ってPART2でレポートします!




★NEWS

1)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」オフィシャルグッズ第一弾「「RUN×10手ぬぐい」が間もなくネット通販開始します!

runx10_towel



2)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



3)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



4)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!


5)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら










★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/16(土) 23:59:59|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カタルシス~浄化

【カタルシス~浄化】


cherry33



朝の里山を走りながら

心地よい日の光を浴びて

意味もなく泣いてみたり

訳もなく泣けてきたり



美しい風景に

素晴らしい音楽に

感動的な絵画や詩歌に

心の琴線が響く

時に人は

心を浄化するべきなのだ



涙は心の汗

涙を流すことが心を美しく

汚れのないものにしてくれる



赤ん坊は

一生懸命に泣き続けることで

いつまでも純粋でありつづけようとする



うれし涙は

喜びにむせぶ時

高ぶる心をクールダウンしてくれる



感動がピークに達する

抑えられないほどの激しい感情に

とめどなくあふれる涙



涙がしょっぱいのは

全ての生命体が海から誕生した証



だとすれば真っ赤な血は

むやみやたらに

流すべきものではない生命(いのち)の涙

全身をよどみなく流れることで

人はアクティヴに生き生きとしていられる



カタルシス

心のよどみもわだかまりも

すべて洗い流して



イノセンス

自らのけがれを取り除き

生まれたままの心で生きていければいい



生まれたままの魂で生きていけばいい




cherry12




*イベント情報…

PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

明日4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





★NEWS

1)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



2)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日(日)午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




5)近日中に、毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




6)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら










★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/15(金) 11:16:28|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆったりまったり…

【ゆったりまったり…】


明後日16日、香川県高松市にあるドングリランドで、NPO法人(認可申請準備中)“PEACE RUN PROJECT”NPO法人「どんぐりネットワーク」の共催による東日本大震災救済支援活動の一環としてのチャリティーイベント「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」が開催される(下記のイベント情報参照)。

チャリティーランの後は、なぜか自分のトークショーも予定されているというが、さてどんな話が飛び出すのだろう?

去年3月末までは高校生を相手に青春や人生をうだうだ語っていた身分だったが…。

明日、PEACE RUN PROJECT事務局のガネさんと先発隊として新幹線で香川に向かう。

TEAM PEACE RUNから酒盛竜馬さん、anchinさん、MAIKOさんら3名が当日参加される予定だ。


今日は、午前中に青山高原を再び走ってきた。

先日、スポンサーのジョイフルログさんから提供してもらったガーミンのGPSダコタ20を、昨日に続き今日も使用。

garmin


イタリア在住で伊賀市出身、ブログ仲間のakioさんが、一時帰国されるという話を聞いていて、先日もう伊賀市に戻っているという連絡があった。

イタリアでトレイルランニングもされているそうなので、青山高原を走る約束をしていて今朝それが実現。

akioさんの車で自宅まで迎えに来てもらって、そこから車で20分あまり。

青山高原三角点広場に車を停め、走る準備。

sankakuten_square
二人で記念撮影



三角点からは伊勢湾がうっすら見えた。

sankakuten



まずは青山高原ウインドファームへ。

windfarm2

自転車でも何度か来ているのだが、今日は晴れて気温も高く、気持ちよかった。

windfarm1

野生の鹿も出てきた

高原道路は車も少ないし空気も澄んでいて走るには最高のロケーション。

5月には青山高原つつじクォーターマラソンも開催される。


展望台で折り返し、広場まで戻ってきたら、次は奥山愛宕神社へ。

okuyama_atago_jinja


シングルトラックのトレイルをたどること1キロあまり。

trail1

つい数日前に自分は来たばかりだったが…。


akioさんとゆったりまったり、おしゃべりしながら10キロを走った。



akioさんはイタリア在住10年目。イタリア人の奥さんとの間にお子さんが二人。

3年前に自分のブログを初めて訪ねられて、その後何度かコメントも頂いていた。

イタリアをはじめヨーロッパの情勢をいろいろ聞かせてもらった。

話を聞いていて、あらゆる面で日本という国がいかに恵まれていて住みやすいかということを実感する。

今回の震災についても、イタリアやヨーロッパ諸国でどんな風に取り上げられていたかとか、あるいは日本人がこの震災をどう受け止めているのかということもいろんな意味で注目されていたようだ。


自分自身、海外で仕事をすることに憧れてはいたものの、今は日本に住み続けたいと思う。

冒険家、あるいは旅人として海外を放浪することは今後も続けるだろうが、日本人として日本で暮らすことがやはり一番いいのだろうと思う。

異国にあれば、その国にある程度順応はできるつもりだ。

「郷に入っては郷に従え」

移動し続ける旅人ならばそうすることが必須であろう。





来た道をたどって車に戻り、名張の回転寿司屋さんで一緒にランチを食べ、自宅まで送ってもらってお別れした。

しばらくはまだ日本におられると言うことで、アメリカ出発前に一緒にトレイルを走る機会があるだろうと思う。



akioさん、短い時間でしたが、楽しいランになりました。ありがとうございました!

また一緒に走りましょう!


trail2






*イベント情報…

PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





★NEWS

1)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」が公式スポンサー「ファイントラック」のニュースサイトに紹介されました。ファイントラックの高機能ウェア、ぜひお奨めです!



2)4月22日発売のランニングマガジン「クリール」で「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。皆さん、本屋さんでぜひ(立ち読みせずに)買いましょう!!



3)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



4)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日(日)午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




5)近日中に、毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




6)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら










★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/14(木) 22:02:12|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

汚れなき魂と心のままで

【汚れなき魂と心のままで】


trail041311d



うつくしきものに

すなおに

こころうたれて

わけもなく

なみだする

たびびとの

けがれなき

たましいとこころもて




*****




心と魂をピュアにして、自然の中に足を踏み入れる。

修験者たちがなぜ山に籠もって行くのかが、最近自分にもよく分かるようになってきた。

山には神様が宿っているのだ。


trail041311b


土も草も花も木も、神様の魂が宿っているから、そんな中で自分の心と魂をオープンにして走れば、そこに神様との対話が生まれる。

神様がFacebookをやってたら、「友達になる」ボタンをクリックしていたことだろう。

神様がツイッターをやってたら、神様のつぶやきが十分に聞こえてきそうな気がした。


trail041311a


午後に30キロ、トレイルを含むマラニックを走った。

信号もない、車もほとんど通ることがない寂れた林道は恰好のジョギングコース。


trail041311c


山猿の群れに出くわしたり、車にはねられ白骨化したイノシシが転がっていたり…。

野性のにおいがわずかでも感じられる、そんな里山の静かな小道を走るのが、最近の自分のささやかな贅沢でもある。





★NEWS

1)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



2)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日(日)午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




3)近日中に、毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/13(水) 22:07:01|
  2. 花鳥風月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Step by step, one goes far

【Step by step, one goes far】

run_kay


朝のランニングが心地よい季節になってきた。

風の歌に耳を傾け、花の芳しい香りも心地よく、春を思わせる土の匂いに酔い痴れる。

一本の道をたどって、このまま世界の果てまで行けそうな気がする。



時が流れ、世の中の情勢がどんな風に変わろうとも、僕は自分の道を進んでいくだろう。

頑固者と言われてもそれはそれで仕方がない。現実に溺れてしまったらその時点で僕の青春はピリオドを打つ。

現実を現実として受け入れることはできても、その裏でいくつもの夢を見続けていたい。

夢を現実のものとするために、人は皆努力するものなのだから。夢がある限り人は輝いていられるはずだから。



他人に自分の夢を語れるような人でありたい。

たとえそれが、どんなに大それた夢であっても、少しでもその夢を現実に近づけようとする努力だけは怠ってはいけない。

結局のところ、夢が大きければ大きいほど、その夢に対する障害もまた大きくなるだろうが、それなりに人生はよりいっそう面白いものになるということだ。



走りながらいろんなことを考える。

十年先の自分のこと、学生時代の思い出、旅で見た風景など、まるで夢でも見ているかのように、次から次に頭の中では映像が浮かんでは消えていく。

ストーリーらしきものは全くない。そのどれもが断片的でとりとめのないものばかり。

でもそんなイマジネーションが実に楽しいのである。



失われた過去も、これからやってくる未来も、僕の中ではすべて「現在」という時間の中に凝縮されている。あらゆる可能性を秘めた自分という存在に夢を託して、今この一瞬に賭けてみよう。

平穏な人生を望む人間がいる一方で、僕が求めているのは何よりも「変化」に富んだ人生だ。

波乱万丈の人生であってもいい。どんな苦難や試練が待ち受けていようとも、ロビンソン・クルーソーやトム・ソーヤーのように、冒険に満ち溢れた毎日を送りたい。



これからの道は、想像以上に長く険しいものかも知れない。

今の僕にできるのは、振り返らず一歩ずつ、一歩ずつ確実に前進していくこと、ただそれだけだ。


「Step by step, one goes far.(千里の道も一歩から)」



sakura




★NEWS

1)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



2)4月17日(日)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日 午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




3)近日中に、毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/12(火) 22:33:08|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドヴェンチャー・ランナーを応援して下さい!

【アドヴェンチャー・ランナーを応援して下さい!】

kay 




*****



「あなたの夢」をみんなでかなえるプロジェクト"i believe"

「夢・希望・勇気・絆・感動」につながるあなたのアイディアを募集します。

募集するアイディアは、「ふるさとの活性化のために活動したい」「若者の就職や企業支援を行いたい」など自分が叶えたい夢や、人々の役に立ちたいという希望です。

集まったアイディアに対しサイト閲覧者による一般投票を行います。

より多くの共感を得て票を獲得したアイディアの実現対象とし、資金提供を行います。




*****



2月のはじめ、ツイッターでこのi believeのことを知り、ダメもとで応募してみたら、一次の書類選考をパス。

先月大阪であった二次の面接試験もパス。

そして最終フェーズはネットでの一般投票。

これで上位に食い込めば上限なしの資金提供も可能といわれる。

最低でも「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」で100万円。

世界五大陸自走の旅だと700~800万円。

先のことなど自分でも分からないのだが、今のところ安定した収入のない自分にはうれしい話である。

PEACE RUN PROJECT事務局長のガネさんが、i beieveの投票のために「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」応援のための動画を作ってもらった。





去年の日本縦断中の写真とローカルニュースの動画を盛り込んで、KAY援隊「高繁勝彦を応援しよう」のメンバーのメッセージが盛り込まれている。

i believeには、この動画と自分自身のプロフィールを記載した夢実現シートと写真を二点メールで送った。

それらが、ネット投票の際、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦をまったく知らない人たちが、彼が実現したい夢について知るための材料となる。

現在、夢のエントリーリストで紹介されています。



いろんな仲間に支えられ、旅ができることに感謝しよう。

支えてもらってる仲間にはできないことを、代わりに自分がやっているということなのだ。


同じ資金提供の可能性があるモンベル「チャレンジ支援プログラム」の選考も東日本大震災のため遅れているらしい。


来月中旬にはアメリカに渡ってしまうのだが、i believeの結果は出発後になる可能性がある。モンベルも出発前にぎりぎり間に合うかどうか…。


ブログをごらんの皆様、4月28日から始まるネット投票で、アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦に清き一票をお願い致します(統一選挙みたい…)!



ibelieveのサイトはこちら…。




★NEWS

1)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



2)4月17日(日)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日 午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




3)近日中に、毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/11(月) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Adventure Runner Meets Adventure Runners

【Adventure Runner Meets Adventure Runners】

desert_runner


走る仲間のつながりがどんどん広がってきた。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」の影響でもあるのだろうけど、オンライン上で出会う人の中には、びっくりするくらいの経歴を持たれた方がたくさんいる。

昨日、ツイッターで相互フォローしたお二人。

一人はKaywakiこと和木香織利(わきかおり)さん。

同じKayを名乗られているので少し驚いた。

ツイッターのプロフィールには「2011年度Team EAST WINDトレーニング生。2月にパタゴニア・エクスペディションレースに出場します」とある。

会社員兼アドヴェンチャー・レーサー。現在、東北方面の被災地でのボランティア活動に出向かれている様子がブログに紹介されていた。

ツイッターでアドヴェンチャー・レースについてお尋ねした所、「日本では超マイナーなスポーツです。人間版パリダカ、などと言われています。人間力が試される、奥深くて魅力的なレースなんです」というお答えが返ってきた。




もう一人はadventure1973ことアドヴェンチャー・ランナーの樺澤秀近さん

「砂漠レースにはまっている自称“砂漠屋”」というツイッターのプロフィール。自分と同じにおいがするのはその時点でよく分かった。

昨日テレビで放送されていたアタカマ・クロッシング(アタカマ砂漠横断マラソン)に出場していた日本人ランナーの一人。総合9位という素晴らしい成績を収められている。

あいにく自分の部屋にはテレビはあってもアンテナをつないでいないためテレビは一切見れないのだ。

彼は、フルマラソンでもサブスリー。それも、昨年12月に出した2時間49分台の記録(防府読売マラソン)。16年前の初マラソンで3時間52分台だったにもかかわらず、今もなお記録を更新しているのだ。

先月行われたアタカマ・クロッシングと、次に11月にあるゴビ・マーチのあと、来年南極で行われるラスト・デザート(最後の砂漠)に出場する予定だそうだ。



このお二人からつながりを探っていると、既に自分のツイッターのフォロワーになっていたpiece_of_earthこと井上真悟さんにたどり着いた。

この方もまだ若いのに素晴らしい経歴の持ち主。

ざっと上げてみるだけでも、24時間走競技国内代表選考会優勝(国内最高記録樹立)、ギリシャスパルタスロン246km世界9位、サハラ砂漠マラソン 日本人1位などなど、アスリートとしてもトップクラス。


以前、赤坂剛史さんというエクストリーム・ランナーの記事を読んだことがある。

「4 DESERTS(4つの砂漠)」と呼ばれる、サハラ砂漠、ゴビ砂漠、アタカマ砂漠という3つの砂漠、そして南極大陸を走る究極のエクストリーム・マラソン。

それぞれ250kmにわたる過酷なレースが展開されるのだが、最後の大会開催地である南極(Last Desert(最後の砂漠)へは、3つの砂漠の内2つを完走した者しか出場できないと言われている。


灼熱の砂漠や厳寒の極地に、普通の人が行くことは、観光旅行であったとしてもまずない。

そんな場所をあえて走ろうとする酔狂なランナーがいるもの。

自転車で夏のアラスカ北極圏に足を踏み入れたり、オーストラリアの砂漠のナラボー大平原を走ったことはあるが、それをランニングで旅するとしたら…。

過酷なことは十分分かっている。ただ、装備と準備をきちんとすれば不可能なことではない。



まだ20代や30代なら体力もあるし十分な経験を積めば何とでもなる。

還暦過ぎの間寛平さんでさえアースマラソンを走ったのである。

50代の自分でもその気になれば何とでもなる。

物理的な年齢で物事を考えたくはない。

精神的な年齢はまだ18歳のつもりでいる自分である。



アドヴェンチャー・ランナーがアドヴェンチャー・ランナーに出くわした。

良きライバルとの出会いに感謝。

レース志向の彼らと旅志向の自分の間には、走ることに関して若干スタンスの違いはあるかも知れない。

だが、同じ地球を、世界を走る仲間として、平和を分かち合い、互いに切磋琢磨できる関係でありたいと思う。


チャレンジャーの和木さん、樺澤さん、井上さんに敬意を表して、次の動画を贈ります。


Go the Distance!~ランナーのいる風景 Illustration and Produced by Kay





★NEWS

1)4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:噺の朝ごはん」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。


「♪」をクリック!



2)4月17日(日)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日 午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




3)週明けくらいに毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。




5)いよいよ本日締め切りです!

植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/10(日) 15:42:34|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PEACE RUN 番外編~酔い覚ましミッドナイトLSD

【PEACE RUN 番外編~酔い覚ましミッドナイトLSD】

「走る.jp」代表のやまだ(h_yamda)さんが大阪に来るというので、ガネ(suigei)さんの企画で京橋の串カツ屋「鳥の巣」へ。

やまださん関係のラン仲間、せいきっつぁん(seikittwan)さんまさし(d40x19)さん、一滴(ittekisoy)さんに加え、TEAM PEACE RUNからはガネさんとMAIKO(xxxMAIKOxx)さんと自分の3名。

串カツも今年に入ってからしばしば食べているような…。それまでは一年に一回食べればいい方だったが…。

二次会はKitajima(mintluck)さんの経営する梅田のBAR MINTLUCKへ。

Kitajimaさんも、遅咲きのトライアスリート。ウルトラマラソンランナーでもある。以前からブログ等で存じ上げていたが、やまださんが来阪してくれたことで訪ねるきっかけができた。


mintluck
写真提供はKitajimaさん


カシスソーダとダイキリと大量の落花生を食べた。走る話題が中心に盛り上がる。

午後10時ごろ店を出て、この後、東京に夜行バスで戻られる山田さんを見送りに…。

その後、解散。

時間に無頓着になっていたせいか、JR鶴橋に着いた時点で、既にその日の内に自宅にたどり着けるはずの近鉄の最終電車が出た後…。

大和八木行きの急行に乗って、そこから榛原行きの準急が最終。



0時半ごろ、榛原から自宅までナイトラン決行。

この時点で既に完全に酔いは覚めていたのだが…。

国道165号をたどって自宅まで約30キロ。酔いざましのお散歩ジョグのつもりで走ろう。でも、峠がいくつかあるのだ 。犬小屋と側溝だけは要注意!

nightrun

榛原駅をスタートしてずっと上り坂。それもそのはず、駅からの道が国道と交わるところは西峠だった。

スタート時に降ってなかった雨が時折激しくなる。

折りたたみのモンベルの傘を持っていたが、スニーカーとジーンズといういでたちで、走っているとジーンズのすそもシューズも濡れる一方。

夜道、側溝にはまった経験があったので、LEDライトをバッグに忍ばせていてよかった。

持っていたフェニックスのLEDライトは史上最強の明るさ。

ただ、バッテリーが2時間しか持たず。

予備の電池もなく後半は手探りで走らないといけないような場所も。路肩の狭い道路は特に白線から絶対目を離さず、危険と思われる箇所は無理せず歩いた。ナイトランは危機管理能力が問われる。

山道は明かりもなく真っ暗。後続車が来たらできるだけ道の脇に退避。携帯電話の明かりで時折路面を照らしたりもした。

雨の真っ暗な山道を傘を差して、側溝にはまらないように、イヌに噛まれないように走る。

夜道は慣れているが、何が起こるか分からない。



午前2時半、道の駅室生。向かいのローソンでサンドイッチと野菜ジュースを買って、道の駅の前の軒先の階段で座って食べる。

その後30分ほど座ったまま仮眠。

眠ると言うより瞑想していたと言うべきか…。そんなに気温が低くなくて幸いだった。

いくつか峠を越えて、まだ先は長い。雨も断続的に激しく降っている。仮眠を取った後でも睡魔もひんぱんに襲ってくる。

睡魔に見舞われまっすぐ走れず、暗闇なのでなおさらふらふら走ってて、電柱にぶつかって「すみません」と言おうとした自分がなぜかおかしくて笑えてしまった。



普通のスニーカーでジーンズ。

走る用意をしてなかったが、さほど暑くも寒くもなかったのでよかった。

何度か水溜りにはまったのと雨に打たれて靴の中まで浸水。

おかげで小さな水ぶくれが数箇所にできた。

アドヴェンチャー・ランナーなら、サヴァイヴァルのために常に走り出せるスタイルと装備が必要だ。



4時半ごろ名張市の市街地に入る。スタートの榛原駅から名張駅までで約20キロ。

真っ暗な雨の山道、峠越え…雨で体は冷え、大した距離も走ってないのに異常に疲れた。夜道でかなり神経を尖らせていたせいだろう。

幸いイヌにも噛まれることなく、側溝にもはまらず町まで戻ってくることができた。

自宅まで走ろうと思ったが、バッテリーの切れたLEDライトでは危険を伴う。

しばらく待ってれば始発も動き出す。

ということで近鉄名張駅に向かい、始発で伊賀神戸に向かった。



午前5時すぎ、無事帰宅。

シャワーを浴びてすぐ布団に倒れ込む。

よほど疲れていたのか、5時間ほどだったが完璧な眠りを体験した。



昼前、何かタイムスリップしたかのような不思議な気分で目覚め、軽く食事を取る。

夕べのことを振り返りながらあれこれ考えていた。

自分は一体何をしていたのだろう?



「酔狂」とは文字通り「酔って狂った」ということだが、酔えば酔うほど正気になって、真剣に何かに狂う人間もいるのだと思う。

「酔う」といってもお酒に酔うのではなく、物事に酔い痴れるということ。

飲みに行って終電がなくなった時、普通の人ならタクシーで帰るか、距離があるならカプセルホテルとか24時間営業の喫茶店とかネットカフェに行くだろう。

でも、楽な方には流されたくないというのが自分自身の頑固な生き方。

これこそ、マイナスにマイナスをかけた強烈なプラス思考。

逆境を自分の味方にするという考え方。

脚(足)があるから走るというのはランナーならごく自然な発想。

一本の道と二本の脚があればどこへでも行けるということ。


過酷さを楽しめたら一人前。過酷さを過酷と思わない普通に異常な生き方…大切にしよう。



夜通し走ると脚よりも心が鍛えられる。

たまには終電に間に合わずに走って帰るのもいい。

もちろん、そんなにしょっちゅうやりたいとは思わないが…。



trailrun2




★NEWS

1)4月17日(日)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース

http://www.tef.or.jp/kopgp/guide/profile.html

(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日 午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




2)週明けくらいに毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!




3)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。




4)いよいよ明日締め切りです!

植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2011/04/09(土) 19:30:20|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キーワードは「つながり」

【キーワードは「つながり」】


今回も、マーケティングコンサルタントの濱田昇さんのメルマガから抜粋。


*****


地震が起こる前からも予兆はあったものの、3.11の震災以降、ビジネスの世界で重要度を増してきた3つのキーワードをご存知ですか?

それは、「つながり」「エシカル」「本質」 です。

まず「つながり」ですが、様々なメディアで言われているように震災時の情報ソースとしてTwitterやフェイスブックを利用したという人は多いと思います。

また、先行きが不透明な不安な時代においては 人間は平常時以上につながりを求める傾向があります。

なので、 安心や安定感を求める上でもTwitterやフェイスブックなどのソーシャルメディアの利用者はさらに増えるでしょうし、またソーシャルメディアだけでなく、企業に対する付き合い方も同様です。

企業と消費者との「つながり」や消費者同士の「つながり」など お互いの絆を感じられるビジネスが今後はさらに支持されていくと思いますし、この流れが加速するのはもはや止められないでしょう。


次に「エシカル」です。 平たく言えばこれは、「世の中や地球の未来にとって良いこと」という意味です。

震災後、多くの日本人が購入という行動に対して「世の中にとって良いことや未来の発展につながる大切な一票!」 という意識を持つようになったと言われています。

今までの消費は自分の欲求を満たすための好意でしたが、これからは自分だけでなく、自分以外の誰かにも役立つから買うといった新しいスタイルの購入行動をする消費者がもっともっと増えると思います。


そして最後に「本質」。3.11の震災によって政府のずさんな対応や、様々な危機を体験したことで、価値に対する見方がガラリと変わったと感じています。

なので、今からは 「安いので何となく買った」とか「CMで良さそうなので買った」 といった受容的な購買行動は減少し、消費者1人1人が「自分が求める本質的な価値とは何か?」

その問いに答える商品・サービスであるかどうかをじっくり吟味するようになってくることは間違いないでしょう。


      
*****




時代の流れを読み取るのは難しい。

経営者たちにとっては、ビジネスをうまく進めていくためにはありとあらゆる方策を練りながら、日々ああでもないこうでもないと考えあぐねているのだろう。


昨年3月に仕事を辞めて以後、日本縦断の旅に出たが、旅を終えて以後、自分の生活、というよりも人生そのものが大きく流れを変えた。

濱田氏が掲げるこの3つのキーワードに自分も直感的に感じ取れるものがある。


「つながり」

出会いは宝、どんな出会いにも意味がある…誰か初対面の人と出会う時に、いつも自分はそんな思いでのぞんでいる。

この人に何を与えられるだろう、この人から何を吸収できるだろう…。そんなこともまた考える。

ひとつの出会いが次の出会いにつながり、そしてその出会いがさらなる出会いを導く。


友達の友達は皆友達…。Facebookでもツイッターでもこれはあてはまる。

ツイッターの「フォローする」ボタンやFacebookの「友達になる」ボタンをクリックすれば、誰もがつながり始める。

日本だけじゃない。出会い続けていけば、世界中に仲間の輪が広がるし、必ず最後にはみんなつながっていくはずなのだ。

人々が孤立しがちなのが今の時代。だからこそインターネット上でツイッターやFacebookが大流行するのだろうか。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」の支援の輪を広げていく中で、同じ志を持った仲間がつながっていく。支援する側の横のつながりが今この時点でもきっと広がっているはず。

支援される側も、支援する側の顔が見えれば、きっと安心してくれるだろうし、支援されることで新たなつながりを求めるようになるはずだ。


これとは別に、今自分とつながっている人たちの顔や声を思い浮かべてみよう。

誰とでも常にいい関係を築いていけるように、自分自身が先ずどうあるべきなのかも考える必要があると思う。

エゴが先行すれば仲間は去り、ただ敵が増えるだけ。与えられる以上に与える人であるかどうか…。




「エシカル」

本来は「道徳上の」「倫理的な」の意味で使われる形容詞。

誰にとってもプラスになるいいこと…という意味合いで使われているのだろう。

害悪をもたらすものはいらない。それがシステムや制度であっても然り。

かつて、少年時代にヒーローはアニメやドラマの世界でもたくさん活躍していた。

今は「チョイ悪」がカッコいい時代なのだろうか?

勧善懲悪のために命を懸けて戦うヒーローは必要だ。

ドラマ「水戸黄門」の最後の15分のように、ズバッと悪者を退治できるヒーローが政治の世界にもいて欲しいものだが…。




「本質」

物事の核心を追求する人たちがいる。それは学者かも知れないし政治家や法律家であるかも知れない。

ただ、一般人である我々にも、物事の本質を見極める目はある程度必要だと思う。

誰かにまかせっきりでは、いろんなトラブルが世の中を覆い尽くすことにもなりかねない。

あいまいなものがはびこれば混乱が起こるのは今回の東電のケースを見てもうなずける。

物事の真価を見極め、何が正しいかを自ら求めて知ることも、これからはさらに必要になるだろう。





以下は、今日Facebookで書き込んだ記事。



ランナーの皆さん:

被災地の復興が始まっていますが、もし、走ることで被災地にいる人たちの支援ができるのなら、さらに走り続けてみませんか?

走ることで、みんなとつながる、みんながつながる。

走らない人も巻き込んで、日本中のランナーがつながる。

そして、日本中のランナーが被災地の人たちとつながる。

日本はこうやってひとつになっていく。



みんなが頑張る目的をひとつにして、ひとりでも多くの人が幸せをつかむことができるように…。

誰かが困っていたら、誰もが助けてあげられる。

誰もが誰かに助けてもらえる。

そんな国で生まれ育ったことを心からうれしく思えるように…。



走ることで誰かを幸せにしましょう。

走ることで誰もが幸せになりましょう。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」はそんな思いで始められました。




trail_runner
一人で走っていても、みんなとつながっている。みんながつながっている…。





★NEWS

1)4月17日(日)駒沢公園チャリティーラン“Pray & Run For Japan!”「がんばろう 日本!ランナーだからできること!」


駒沢オリンピック公園にてチャリティーランが開催されることになりました。

このチャリティーランを“PEACE RUN PROJECT”事務局で運営協力することになりましたので、ご都合のつく方は参加して頂けると有難いです。


開催場所:駒沢オリンピック公園総合運動場ジョギングコース
(最寄駅 田園都市線駒沢大学駅 徒歩15分)駐車場有(混雑の可能性あり)

日時:4月17日 午前10時~午後3時(ご希望の時間帯にご参加ください)

受付場所:中央広場(ジョギングコース300m地点付近)受付にてお名前を記帳いただけると幸いです。(本名、偽名、芸名、ニックネーム可)

募金の目安:公園内ジョギングコース1周あたり100円+お気持ち

募金送付先:日本赤十字社

公園使用許可:駒沢公園管理事務所

その他:
  
※ロッカー、シャワー設備あり(有料)(公園内トレーニングルーム、上記URLご参照下さい)
   
普段は体育館内トイレなどて着替える方もいらっしゃいます。
  
※荷物、貴重品等は当方ではお預かり出来ません。
  
※先着1,000名限定“復興への祈りの黄色いミサンガ”(別名、ただの黄色い紐 )を手首に巻かせていただきます(^.^)

※未定ではありますが、当日は5分、5分30秒、6分、6分30秒/kmのペーサーが皆さんと走るかもしれません。現在ペーサー募集中!




2)週明けくらいに毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!



3)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



4)明後日参加申し込み締め切りです!

植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・4月8日朝、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」でも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されました。



・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。








★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/08(金) 13:41:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青山高原トレイル・マラニック

【青山高原トレイル・マラニック】

あまりにも暖かくていい天気だったので、思いつきで青山高原まで走ることにした。

国道165線を勝地まで走り、県道2号を大山田村に向かって北上。


途中で右側に「奥山大権現」と書いた看板があるのでその先の林道をひたすら登っていく。

trail6


trail7

約4キロあまりで奥山愛宕神社の入り口に。

急峻な階段をひたすら登れば社にたどり着く。

trail8

通り雨に見舞われしばし雨宿りをする。

trail9


今度は、1キロばかり先にある青山高原の三角点に向かって走る。

trail1

trail2

trail3

trail5

木々に囲まれた整備されたトレイルをたどってほどなく三角点広場へ。

trail4


trail10

雨はやんで、見晴らしもよくなった。

標高756mなので夏場でもとても涼しいところ。

車なら自宅から30分ほどで来れるところ。

東青山駅に出る道をたどろうかとも思ったが、時間も遅かったので、帰りは県道青山高原線を通って国道165号線、422号線で自宅へ。

約5時間、34キロのトレイル・マラニック。

4月はこれで44キロ。



★NEWS

1)4月8日金曜日、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」では、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。

午前7時15分頃~7時30分頃に、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」発案者の私自身が電話で生出演することになっています。



2)週明けくらいに毎日新聞「暮らしのページ」(全国版)に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介されます。毎日新聞を購読されている方は、要チェックです!!



3)「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、第1期注文分、サインを希望された方へ:サインをすべて入れ終わって、まもなく発送されます。もうしばらくお待ち下さい。

引き続き支援Tシャツを販売しております。販売サイトはこちらです。



4)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



5)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。

nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/07(木) 22:08:46|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「RUN×10」はつづくよ…

【「RUN×10」はつづくよ…】

九州の旅から戻ってきて、いよいよ40日後に迫る「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」の準備に取り掛かっていく。

さて、東日本大震災から来週の月曜日ではや1ヶ月が経過することになる。復興活動も始まっていて、義援金も1千億円を突破してその分配もやっと行われるような話を聞いている。

3月14日のツイッターのつぶやきから始まった「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」も、さらに広がり続けている。

マラソンランナーの千葉真子さんがツイッターでつぶやいてくれたり、ランニングマガジン「クリール」編集長の樋口さんがブログで紹介してくれたりすることで、また勢いは加速することだろう。



千葉真子(CHIBA_chan0718)さんのツイート…

「今ランナーの間でRAN×10運動が広まっていますよ~(^O^) …ナイス発案☆それにしてもアドベンチャーランナーって‥スゴイ↑↑」



樋口編集長のコメント…

「シンプルでわかりやすい。そのうえ、多くの人の手を煩わせることがない。素晴しい運動だと思います。大人だからできることのような気もしています。走ることで何かできないかと思っている人は、この運動に参加してみてはいかがでしょう」



現時点で、イベントページのトータルアクセスは1万2千を突破。参加者は380人あまり。JogNoteでは1800人が参加しており、参加しているランナーのこれまでの走行距離は9万6千キロを越えているので、単純に10円をかけると96万円の義援金となっている。


「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」をチャリティマラソン等のイベントでもアピールできるように、PEACE RUN PROJECT事務局では、現在のぼりとシール、さらに日本手ぬぐいを製作中。

4月16日の香川で行われる「PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 には間に合わせられるだろうとのこと。


4月8日金曜日、KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」では、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」が紹介される。

午前7時15分頃~7時30分頃に、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」発案者の私自身が電話で生出演することになっている。




九州に行ってる間、全く走ってなかったので、昨日久々に10キロを走った。

佐賀や長崎では桜が満開であったが、伊賀の山里ではまだつぼみが膨らんだ程度。

代わりに菜の花は満開間近だったが…。


nanohana


それにしても気持ちよすぎるくらい温かかった。

土の匂いは確実に春のそれだった。



「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」出発まであと40日。

あっという間にその時がやってくる。

アドヴェンチャー・ランナーとして最初のチャレンジ。

気負わず、力まず、マイペースで5,000キロを走ればいいのだ。


「あせらず あわてず あきらめず」


我がポリシーに忠実であれ!




★NEWS

1)*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、第1期注文分、サインを希望された方へ:サインをすべて入れ終わって、まもなく発送されます。もうしばらくお待ち下さい。

引き続き支援Tシャツを販売しております。販売サイトはこちらです。



2)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



3)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。






★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

日刊ランニングマガジン「クリール」でも…。


・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2011/04/06(水) 23:59:59|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長崎での休日

【長崎での休日】

長崎で迎えた2日目。

トモさんの経営する3つの美容室を車で回って、「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツを配達した。

お店で働いているのは皆20~30代の若い人たちばかり。

去年、長崎でお世話になった際に、みんなの前で旅や冒険に話をする機会をトモさんに設定していただいたり、

meeting

長崎ベイサイドマラソンにトモさんやJOGJOGさん、タミヨッサンが来られた際には、お店でパーティをやってもらったり、みんなでカラオケにも行ったりもした。

bayside_marathon

party

前回、この美容室で働く20代のUさんに髪の毛を切ってもらったが、その時撮ってもらった写真をツイッターやFacebook、ブログのアイコンにも使っていた。

cut

ちょっとモダンな感じのするヘアスタイルが気に入っていて、20歳くらい若返った気分になったもの。

今回もUさんにカットしてもらって、また20歳くらい若くなった気分。

トモさんにもいろんなサポートを頂いて本当にありがたい限り。

インターネットで知り合った仲間でありながら、実際にお会いしていろんな場面でお世話になって、いろんなつながりがまたそこから生まれてくる。

不思議なことではあるが、これも現実に起こっていること。


さて、「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」の出発までいよいよあと40日ばかりとなった。

1991年にアメリカ大陸を単独で自転車で横断して、今年でちょうど20年目という節目の年。

自分にとっては、海外での最初の冒険旅行となった記念すべき旅。

まだ見ぬ土地に足を踏み入れ、まだ見ぬ人々との出会いを心待ちにしている今の自分がいる。

もちろん不安がないわけでもないが、20年前とは違って数多くの仲間たちにサポート・支援をして頂いている。

ひとたびスタートしてしまえば恐れるものなど何もない。ただ、ひたむきに前向きに全力で前進していけばそれでいいのだから。

PEACE RUN PROJECTという組織をつくり、アドヴェンチャー・ランナーとして、最初のチャレンジ。これを踏み台にして、世界5大陸へと冒険は拡大していく。

どれだけ遠くまで走れるのだろう…?

一本の道と二本の脚がある限り、僕は走り続ける。

支援して頂いている皆さんの思いを胸に、祖国ニッポンを元気にするために、ゆっくりでも着実に前進していこう。




★NEWS

1)*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、第1期注文分、サインを希望された方へ:サインをすべて入れ終わって、まもなく発送されます。もうしばらくお待ち下さい。

引き続き支援Tシャツを販売しております。販売サイトはこちらです。



2)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



3)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。



4)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」がKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で紹介されます。私自身が電話で生出演しますので、関西圏の方はお時間ありましたら、ぜひチェックお願いします。放送日は4月8日(金)午前7時15分頃~7時30分頃になるとのことです。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

  1. 2011/04/05(火) 17:29:19|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎は今日も晴れだった

【長崎は今日も晴れだった】

JOGJOGさん宅で迎えた3日目の朝、朝食後にホテル泊のLINUSさんがまずやってきて、LINUSさんが自宅の北九州に向かって帰られたあとにトモさんがやってきた。

トモさんの車で長崎に向かった。日本縦断中に通ったルートを一部走ったが、見覚えのある町並みがとても懐かしかった。

2時間足らずで長崎に着いて、トモさん宅でお昼。

トモさん夫妻と車で出発。トモさんの美容室で働くTさんを迎えにいって買い物に出た後、お花見に向かった。

まずは立山公園。

great_view

高台にあるこの公園も桜が満開。グランドが臨時駐車場になっていた。

tateyama_park4
sakura

tateyama_park1

tateyama_park2

tateyama_park5

tateyama_park6
tateyama_park7

tateyama_park8


そして、風頭公園。

竜馬通りの狭い道と階段…。

ryoma_street3

ryoma_street2

竜馬の銅像があった。

ryoma1

ryoma2


長崎の町並みが見渡せる。

kazekasira_park

boots1

竜馬の巨大ブーツがあった。

boots2


亀山社中記念館は閉館直後の5時3分に着いたらもう閉まっていた。

kameyama_shachu


トモさん宅に戻って夕食。

愛犬レンちゃんも美容室帰りでした。

renchan

くりくりしたお目目が可愛い。





★NEWS

1)*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、第1期注文分、サインを希望された方へ:サインをすべて入れ終わって、まもなく発送されます。もうしばらくお待ち下さい。

引き続き支援Tシャツを販売しております。販売サイトはこちらです。



2)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



3)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。



4)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」がKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で紹介されます。私自身が電話で生出演しますので、関西圏の方はお時間ありましたら、ぜひチェックお願いします。放送日は4月8日(金)午前7時15分頃~7時30分頃になるとのことです。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/04/04(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さが桜マラソン

【さが桜マラソン】

JOGJOGさん宅で迎えた朝、曇り空。肌寒いものの寒すぎるほどではなかった。

マサキさんと階下に降りて朝食をご馳走になる。

8時半ごろトモさんが佐賀市内のホテルからこちらに来てくれて合流。

大会会場へは4人で歩いて行くことに。

全部で7000人が参加するが、大半は佐賀と福岡からのランナー。

駐車場も満車になるだろうし、車で行っても駐車場の渋滞に巻き込まれるだろうという心配もあって歩いて正解だった。

kaijo2

kaijo

開会式では、東日本大震災の被災地となった東北地方の復興に向けて、ランナーがまず元気に走ることで日本全体が元気になるように、日本が再び輝ける国になるようにといった来賓の挨拶があった。

ゲストランナーの有森裕子さんのメッセージ:震災以後、多くのマラソン大会が中止・延期されているが、佐賀県警からも多くの警官が被災地での活動のために現地に向かっており、マラソンの警備等では予定の半数、ギリギリの数でマラソン運営に関わってもらっている。そんな中での大会開催。今回の大会は、日本を元気にするために、まずランナーが頑張って、走ることで支援につなげていこう。

before_start1

10キロ、午前10時スタート。


その20分後にハーフスタート。のちに、ジョギングの部と3キロの部がスタート。

5mins_before_start

before_start2

ハーフのスタート前。

start1

ハーフスタート直後。ハーフの部には約3500人が参加している。

start4

start2

start6

今回、参加される仲間は、LINUSさんとトモさんとJOGJOGさん。

3名ともにハーフにエントリー。

start3

コースは全体的にほぼフラット。風さえなければ記録が狙えるコースであろう。

公園内の桜もおおよそ満開。

日中少し雲が出てきて肌寒くなってきたが、走るには絶好のコンディションであったのではないか。

goal1

goal2

10キロのランナーが続々と帰ってきて、ハーフトップも1時間6分ほどでゴール。

結果は、LINUSさんが1時間36分台。続いてトモさんが1時間43分台。JOGJOGさんは1時間53分台で全員が無事にゴールできた。トモさんとJOGJOGさんは自己記録更新。

JOGJOGsan&LINUSsan

tomosan

トモさんは練習の回数が少ない中で、あともう少しでサブ100に手が届きそうなところまで記録を伸ばしてきた。

3人とも少し前にコースの試走会をされていたのもよかったのだろう。

arimorisan

arimorisan2

有森さんはいつもテンションが高い。

ゴール前で他のランナーに一生懸命檄を飛ばしていた。

今回も、参加賞のTシャツに関してリターンTシャツ運動で、被災地に送ることを呼びかけておられていたが、多くのランナーが快くTシャツを寄付していたようだ。

goal

着物姿の男性もいた。

ゴール後に、抽選会があり、ホノルルマラソンがハーフと10キロ完走者の中から抽選で3名にあたるというものだが、3人ともかすりもしなかった。


そのあと、近くの温泉につかって疲れを癒し、JOGJOG邸のお庭でバーベキューパーティ。

bbq

JOGJOG一家と息子さんのフィアンセ(4月末に結婚予定)、および娘さんのボーイフレンドも参加。

パーティ後、マサキさんは博多まで車で帰られた。お疲れ様でした。

夕方には50代のオヤジ4名でカラオケへ。

karaoke1

karaoke4

70年代のヒット曲中心に元気の出る歌で盛り上がった。

karaoke2

ここ30~40年聴いたことのないような歌も…。

karaoke3

自粛ムードではなく、元気モードでみんなが頑張ってこの国を支えていくことが一番大切なのだということを実感。

未来に向けて、今を全力で生きることなのだ。


イザ!ランニング部九州支部支部長JOGJOGさんのおかげで楽しいイベントになりました。

ご苦労様でした&ありがとうございました。

トモさん、LINUSさん、マサキさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

またの機会を楽しみにしています。





★NEWS

1)*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、第1期注文分、サインを希望された方へ:サインをすべて入れ終わって、まもなく発送されます。もうしばらくお待ち下さい。

引き続き支援Tシャツを販売しております。販売サイトはこちらです。



2)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



3)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。



4)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」がKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で紹介されます。私自身が電話で生出演しますので、関西圏の方はお時間ありましたら、ぜひチェックお願いします。放送日は4月8日(金)午前7時15分頃~7時330分頃になるとのことです。







★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/03(日) 23:18:19|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

5カ月ぶりの九州

【5カ月ぶりの九州】


1日の夜に夜行バスで大阪難波を出て、2日の朝に博多に着いた。

約10時間のバスライドで、首や背中を含め全身が硬直。バスの旅は慣れていると思ってもやはりこたえる。

hakata_stn

朝の博多駅。

マサキさんが車で迎えに来てくれて、ドライヴで福岡市内観光。

dazaifu

まずは大宰府。初めての訪問。去年の3月までたくさん受験生に関わっていたのに…。

kinin_park

続いては金印公園。日本史で有名な漢倭国の金印にまつわる公園だ。

海の中道公園に寄った後、お昼は博多ラーメン。

daruma

達磨ラーメンというマサキさんお奨めのお店。とんこつスープがこってりして美味しかった。


marathon1

その後、明日開催されるさが桜マラソンの大会会場へ。

ランニングのSNS「イザ!ランニング部」の仲間トモさんとJOGJOGさん、LINUSさんが明日出場される。

marathon2

午後3時半ごろ、JOGJOGさん・トモさんと会場受付で合流。

JOGJOGさん宅をお邪魔して、「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツの作業。

t_shirt1

約70枚のTシャツに心を込めてサインを入れた。

t_shirt2

出会ったことのある人ならその人の顔を思い浮かべ、どんなできごとがあったかを思い出しながら、出会ったことのない人には、応援していただいていることに対して感謝の気持ちを込めて…。

トモさんとJOGJOGさんご夫妻、マサキさんはシャツをたたんで袋に入れる作業を担当…。


約2時間かけていったん作業完了。

午後6時半、JOGJOGさん宅近くの居酒屋で前夜祭。

マサキさんとは北海道札幌で奥様が経営されているゲストハウス「縁家(えにしや)」で最初にお会いした。彼は単身赴任で博多で仕事をされていて、日本縦断中博多の自宅にもお邪魔している。

のちに自分が佐多岬でゴールする際、自転車仲間の天神橋5丁目さんと一緒に自転車で応援に駆けつけてくれもした。

仕事でこられていた沖縄那覇でもお会いして、日本縦断が完了した後、再度博多を訪問。

今年の1月のJACCの新年会では大阪を訪ねてもらってそれから3ヶ月ぶりの再会。


JOGJOGさんは去年伊万里から有田を走っている時に応援に駆けつけてくれた。

トモさんは長崎で最初にお会いして、日本縦断の旅を終えて再び長崎でお世話になった。

トモさん、JOGJOGさんと埼玉秩父のタミヨッサンの3人が出場された長崎ベイサイドマラソンを昨年10月末に走った時にも応援に行かせてもらった。

明日は、マラソン本番。

多くの大会が、東日本大震災以降中止されたり延期されたりしてきたが、今回のこのマラソンも、日本を元気にする目的で全国からランナーが集まり開催されている。

走れる喜びをかみしめて、ランナーは走ることで日本を元気にしていくのが勤めなのだ。




★NEWS

1)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



2)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。



3)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」がKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で紹介されます。私自身が電話で生出演しますので、関西圏の方はお時間ありましたら、ぜひチェックお願いします。放送日は4月8日(金)午前7時15分頃~7時330分頃になるとのことです。








★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2011/04/02(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初心忘ルベカラズ

【初心忘ルベカラズ】

cherry_blossom


4月1日、新年度スタート!

って言っても、会社に勤めたりしていない自分は何も変わらないのだけど、社会人一年生の皆さんは今日が第一日目。いわば入学式。

東日本大震災からちょうど20日が経過。ようやく日本は復興に向かって動き始めたかに見える。

社会的にも経済的にも世の中はまだ混乱が続いており、いろんな不安を抱えている人もたくさんいる。

本当に、今は大変な時代なのだけど、働ける喜びをかみしめて、自分にできることで社会に貢献することを心から喜べるように、ぜひ頑張って下さい。

我欲を捨てて、利他的に物事を考え、行動に移せる人であって下さい。


勤めて1~2年はモチヴェイションも高く、いろんなことにチャレンジしていこうという気持ちになるのだろうけど、これが数年も経てばだんだん嫌気が差して、あきらめモードが高くなり、「どうでもいいや」とか「まあいいか」といった打算的な気持ちに変わってくる。

「どれだけ働いても給料が高くなるわけでもなし、適当に働いていればいいや」などと思うようになれば、いい仕事もできるわけがない。

常に好奇心を持ってチャレンジをしつづける生き方を求めてみよう。

不可能を可能に変えることがチャレンジであるならば、なりたい自分に先ずなることだ。

理想と現実のギャップを埋める努力を怠ってはいけない。

日々、いい仕事をして、充実した生活を送りたいのであれば、5年経っても10年経っても、今日第一日目の自分自身を忘れてはなるまい。

その道のプロとして評価される人になりたければ、自分自身が客観的に自分を評価してみよう。

「こんな自分は嫌だ」という自分になることは避けよう。



説教じみた偉そうなことをいくつか言ったけれど、自分自身の語録から最後にふたつ…。



「何くそ」と思う気持ちが向上心


「まあいい」と思う心に進歩なし




「現状打破」と書いて「なにくそ」と読む。

常にハングリー精神を持って困難に立ち向かっていく姿勢が「何くそ」魂だ。


「まあいい」は妥協・あきらめのことば。

これが、適当、あいまい、いい加減、中途半端な自分を作り、しまいには後悔・破滅を招く結果となる。


いつもこの二つの言葉は、自分自身に言い聞かせるメッセージとして自分の脳内にインプットされている。



社会人一年生の皆さんの将来に幸多かれ。


何よりも先ず「初心忘ルベカラズ」を自分自身にも、皆さんにも贈りたい。





***





3月14日にツイッターでつぶやいたことがきっかけで展開して行った「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

tweetviteの「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」イベントページ、今日の時点で1万1千アクセス突破。参加者も現時点で370人。

コラボしているJogNoteでは参加者数は1600人強。

3月18日に特設コーナーができて以降、参加者の走行距離のトータルは間もなく6万キロ。10円をかけると60万円にも達している。

口コミで今もまだじわじわ増えつつあるという状況。

ツイッターでも「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に参加すると同時に自分のフォロワーになってくれる人たちが多くいて賛同を頂いている。

人々が孤立していく今の社会だからこそ、横のつながりがが求められているし、つながることで社会にプラスになるのであればなお取り組む価値も出てくる。「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」は今の時代にもマッチしていたのだと思っている。

ランナーだけではない。

サイクリスト、ウォーキングや登山をする人たちも既にあちこちで活動を始めている。

「サイクリング1kmで1円貯金」、「標高100mごとに10円で山を登っている」とか、「Walk×10(ウォーク・バイ・テン)」という名前を使ってもよいか…といったメールも届いている。

誰に監督されることもなく、無理や負担のないように自分の意志で取り組めばいい。

それぞれに共通しているのは、自分も頑張ることで被災地の復興・再生につながるということだ。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」の名前がついてなくても、同じような活動をされている人たちがたくさんいる。

呼び名が何であれ、多少方法や手段が違っていても、目的は皆同じ。


ただ、ありがたいのは、この運動を通じていろんなつながりがあちこちでできていったこと。

「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」というひとつのコミュニティがネット上につくられているということだ。

その中から、今日いくつか届いた声を…。


ecojima_yoshioさん:
先日の(皇居での)チャリティランで撮影した「被災地へのランナーメッセージ」をアップしました!地道に続けていきますので、もしよろしければ、今度、高繁さんにもメッセージいただきたいと思っています。これからも、#runx10続けていきましょう!




Kaz_201103さん:
私はTwitterを始めて一週間程で高繁さんの『RUN X 10運動』を偶然知りました。気持ちも落ち込んでいただけに逆に元気をもらいました。横の繋がり広げたいですよ!


Memento_Mogiさん:
僕も「RUN×10運動」に元気と今、自分にできることをもらいました。「RUN×10運動」を通じてこうして@Kaz_201103 さんとも繋がれました。こうして善の連鎖で「RUN×10運動」が広まることを願っています。




「PEACE RUNのサイトでも、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に関する#runx10のハッシュタグがついたつぶやきを一覧にしている。

「RUN×10支援の輪」





*****




★NEWS

1)JACC:日本アドベンチャーサイクリストクラブのホームページ「ペダリアン.コム」が更新されました。



2)5月15日東京御茶ノ水の明治大学で行われる「日本冒険フォーラム」の参加申込締切が4月10日に迫っています。詳細は下のイベント情報~その2をご覧下さい。



3)「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」がKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で紹介されます。私自身が電話で生出演しますので、関西圏の方はお時間ありましたら、ぜひチェックお願いします。放送日は4月8日(金)午前7時15分頃~7時330分頃になるとのことです。








★お知らせ:東日本大震災で被災した人たちのためにできること…


(その1)RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo


被災しなかったランナーの皆さん:その日の走行距離に10を掛けた金額を毎日貯めて募金しませんか?10キロ走ったら100円を貯金箱に入れるだけ。自分のためにも被災地の復興にも役立ちます。今すぐ、毎日実行できること。 

・イベントはこちら…。
  
・詳細はこちら…。

・JogNoteとのコラボ企画はこちら

*メディアがとらえた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」

スポニチ記者ブログ「今日の号外」

・3月22日付スポーツニッポン「走って支援運動、賛同者急増」

・3月29日付日本経済新聞に紹介されています。
 
nikkei_runx10

・被災地復興に向けて「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に取り組むランナー達の熱いつぶやきはこちらを…。




(その2)東日本大震災救済支援プロジェクト第一弾…PEACE RUN支援Tシャツ販売スタート

peace run tee shirt

必要経費を除いた売り上げの全てを日本赤十字社に寄付します。限定300枚!購入申し込みはこちら…。




(その3)「走る.jp」による「東北地方太平洋側地震 支援Tシャツ」を購入しよう!

hashiru_we_are_with_you 



詳細はこちら




*イベント情報…

(その1)PEACE RUN「ゆったりまったり、里山を歩こう、走ろう会」 

4月16日(土)午前10時~香川県高松市西槌田町にて

トレイルラン(10kmと15km)、トレイルウォーク(5km) 

参加費:3,000円(学生は無料)

*必要経費を除いた全額を日本赤十字社に寄付  

詳細はこちら…。





(その2) 植村直己顕彰事業2011日本冒険フォーラム
「冒険の伝説・未来」~ こんな日本人がいた そして 今もいる ~
 兵庫県豊岡市は、国民栄誉賞を受賞した世界の冒険家・植村直己の精神を後世に継承しようと平成6年に植村直己冒険館を建設し、平成8年に「植村直己冒険賞」を創設しました。
 これまで、山・海・川・空・極地等を舞台にした冒険者やその冒険に関わった方、そして全国各地の多くの植村直己ファンに支えられて、植村直己顕彰活動を進めると共にチャレンジャーの応援を続けています。
 これらの活動のステップアップとして、冒険者のチャレンジ精神を讃え、そして日本の「冒険文化」を考えるきっかけを創るため、全国のチャレンジャーが一同に集い、植村直己の素顔を振り返りながら考える、「日本冒険フォーラム”冒険の伝説・未来”」を開催します。


---以上は、植村直己冒険館の公式サイトから

5月15日(日)、明治大学駿河台キャンパス内(東京)で開催。参加は無料ですが入場整理券が必要です。詳細は植村直己冒険館のサイトで…。



★関連リンク

*アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の公式サイト「PEACE RUN 5大陸自走の旅」 

*「PEACE RUN 2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」支援Tシャツ、引き続き販売しております。販売サイトはこちらです。

PEACE RUN 2011 アメリカ横断5,000キロランニングの旅公式サイト

PEACE RUN 2011 支援サイト

Go the Disance!(英語版)


テーマ:生きるということ - ジャンル:ライフ

  1. 2011/04/01(金) 15:23:02|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード