FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

ANOTHER DAY@鹿児島

【ANOTHER DAY@鹿児島】

IMGP6407.jpg 


鹿児島の滞在もう一日。

部屋でインターネットが使えず、荷物をまとめてチェックアウトして天文館のアーケード内のマクドナルドへ移動。

今日の宿を決めないといけない。



大きなバッグも宅急便で大阪の実家へ。

やっと身軽になれた。

バギーを押さずに移動できるのが何だか新鮮。



ツイッターとfacebookのコメント・メッセージの返信作業。

でも、AC電源のないマクドナルド、PCのバッテリーは約90分しか持たない。

3分間しか地球にいられないウルトラマンのように、ちょっと焦りだす。



お昼は山形屋近くのラーメン屋さんでちゃんぽんを食べた。

スープがなかなか美味しかった。

ちゃんぽんは野菜がたくさん入っているので大好き!



IMGP6415.jpg 
IMGP6416.jpg 

その後、山形屋の入り口付近のベンチに腰掛けヒューマン・ウォッチング。

鹿児島の繁華街、この時間帯はなぜか女性が大半。

男性は皆仕事中か…。


IMGP6412.jpg


人の行き来を見ているとみんな大阪や東京に比べてのんびりしているし、慌てて何かをしようという人の表情はあまり見られない。

地方都市っていうのはやはり大都市に比べて時間がゆったりしているんだろうな。


IMGP6413.jpg


午後3時ジャストに天文館エリアにあるカプセルホテルに移動。

二年前にも泊まったことのあるところ。

キャビンタイプで個室。

冷蔵庫はないけれど温泉にゆったり浸かれるのがありがたい。

明日の夜に大阪行きのハイウェイバスで鹿児島を後にする。


IMGP6414.jpg 

IMGP6406.jpg 

IMGP6408.jpg


2年前、最初の日本縦断の前に買った日本地図を今回も使っていた。

DSC_1434.jpg

これで実際に日本一周を完了したことになるわけだ。

距離にして約6800キロ。

去年のアメリカ横断と合わせて1万2千キロを3年がけで走ったのだ。



今回の旅、稚内から鹿児島まで96日かけて3482.3キロ走ったけど、その内オフ日が17日。

実走79日とすると一日あたり44.1キロ走った計算。

40キロ未満の距離の短い日も多かったのだな。


IMGP6409.jpg 

IMGP6410.jpg 

IMGP6411.jpg



鹿児島の地で旅を終え、明後日には故郷大阪へ。

旅の終わりが必ずあるものとは分かっていたけれど、いつも急にそれまでの現実に戻るのがなかなか大変なこと。

浦島太郎シンドロームが自分を待ち受けている。

そのために次の旅に向けてモードを変換することが求められる。



keep_on_running_20120914202648.jpg 

何だかんだ言っても昨年のアメリカ横断ランニングの旅に比べれば、日本はまだまだ走りやすい。

地形的・気候的には厳しい部分があっても、町が至る所にあり、自販機やコンビニも数えきれないほど存在している。

100キロ以上何もない空白部分が全くと言っていいほどない。


free_as_the_wind_20120914202416.jpg



来年走るオーストラリアはそんな訳にはいかない。空白部分が200キロというのが何か所もある。

砂漠の大平原、水は自分で運搬するしかない。

暑さと乾きだけじゃない。

何日走っても景色の変わらない単調なルートをたった一人で走り続けるだけの忍耐力も必要だ。




日本は恵まれている。

旅人にとっては実に「過保護」な国だ。

治安も他の国に比べればいいし、一人で夜の街を歩いても何ら問題はない。

政治があまり機能しなくても警察はある程度機能しているし…。

日本人の常識がほぼ日本全土で通じるというのがありがたい。


positive_20120914202735.jpg


旅人が長旅を終えるとホームシックの逆のトラヴェルシックになる。

それは旅人が移動し続ける中で、あらゆる人との出会いや町への訪問が、全て通過地点で終わってしまうからなのだろう。

1つの場所にとどまることができず、出会ってもすぐ別れてしまう日常が連続するのだ。



ひとつ所にとどまらない…これが常に新しい自分に生まれ変わる原動力。

流れる水、転がる石と同じ。流転を繰り返すことで新たな時代を模索し続ける。

一歩先に進むことで今とは違うものを見つめる目を養うのだ。

剣道では「居着く」その瞬間が隙になる。

だから動き続ける。 



planet_earth.jpg



発想の転換は案外そんな単純なことから生まれてくるんじゃないか?

僕は保守的な人間でも革新的な人間のどちらでもない。

単にステレオタイプ的な型にはめられるのが嫌なだけだ。

あいつはあいつでしかない…そう言われる方がまだましだ。




幼い頃から群れるのを好まず、たとえアウトロー呼ばわりされても一向に気にしない。

むしろ人と違うことを指摘されることを陰で喜んでいた。

傑出した天才や偉人にはなれなくても、最後まで人と違うものを求め続けていこうと、50を過ぎてあらためて考えさせられた。 



mosaku_20120914202735.jpg



父は会社人だったがおべんちゃらやお世辞なんてものは一切使わなかったという。

自分を気に入らない人間はたとえ上司であれ部下であれ相手にしなかった。

同時に自分を理解してくれる人間に対してもこびへつらうことはなかった。

「俺は俺」という確固とした自分があったからだ。



IMGP3096_20120914202414.jpg 


父は出世とか昇進とかいうものには対して興味を示さず、仕事が面白ければ上司の指示も無視して動いていたらしい。

一つのことにとことん夢中になりがちな人種であったと思われる。

あとさき考えぬ行動のために、職場でも結構トラブルを招いたということもあったとか。




一方、母はマイペースながら緻密で細やかな気配りができたことで父親のサポート役に徹した。

人の話は聞かないが、自分自身の話は無理やり聞かせるような人。

それでも説得力のある言葉で人を言いくるめてしまう才能には長けていたのだ。

計画的に物を進められる点では尊敬できる。


無計画な父の行動をコントロールし、多少問題があってもそれを乗り越えるだけのノウハウを見つけ出し、父に適切な助言ができるのは母以外にはいなかったのだろう。

父も自分同様、金銭面では無頓着な人だったが、母の管理があったからこそ財政は安定していたのだ。



gump_and_kay_artistic_20120914202415.jpg 



「走る男 女子部」

浜松エリアでアドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦と森脇健児さんが初対面!!

見れる方はぜひ!

放送スケジュールはこちらです!




KAY'S English Blog...Dokkodo Lonesome Road of Running


皆で参加しよう!!「旅RUN×古都奈良 明日香村ロゲイニング」


「ロゲイニング」ってなに? 



PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅公式サイト


アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦のオリジナル公式サイトKAY’S WORLD


もご覧下さい!


アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦自ら編集する無料メールマガジン「週刊PEACE RUN」第23号、現在配信中。

購読登録をよろしくお願いします!



動画に見るPEACE RUN2012…PEACE RUN公式サイト 




最新情報はツイッター@kaytakaかfacebook(高繁勝彦)でお知らせしています。






*お知らせ:


PicBadgeをつけて「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦を応援しよう!





「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」


ランナーの皆さん、今も継続していますか?走ることでできること。

東日本大震災で被災された方々の中には今も現状に戻れず、苦難と試練の日々を余儀なくされている方が多くいらっしゃいます。

本当はモノやお金だけでは不十分なのかもしれませんが、それでも思いを伝えることは可能です。

1キロ走って10円、小さなアクションも積もり積もれば大きなものになっていくはず…。

よろしくお願いします!

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦、今回の日本縦断で3482.3キロ走ったので3万4千823円を被災地に送ります。



PEACE RUN×10 

「PEACE RUN2012日本縦断ランニングの旅PART2」、東日本大震災復興支援のための被災地巡礼の旅を走りました。

取り組まれる方は被災地に3万4千823円を被災地に送って下さい。

賛同いただける方、よろしくお願いします!



スポンサーサイト



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2012/09/14(金) 20:38:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード