FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

嗚呼、外大~その2

【嗚呼、外大~その2】



母校関西外国語大学の同窓会総会・ホームカミングデーに参加してきた。

折りしも大学キャンパスは学園祭のさなか、素顔の大学を見ることができるチャンスでもあった。

IMGP7065.jpg



昨日もふれたが、今は学生も大学そのものもお洒落な時代。

30年前からは想像もつかないような施設やシステムが学園内の至る所に存在している。


通常、大学へは京阪電車枚方市駅からバスを利用するのだが、今回は別ルートで。

ホーム自体がカーブしていて、電車の車両とホームの間にいつも隙間ができる京阪電車御殿山駅から歩いていくことにした。

距離的には1キロちょっと。



かつて栄えた片鉾キャンパスは消えて、10年前中宮キャンパスが小松製作所の隣につくられた。

広い…大きい…。

敷地は約20万平方メートル。

昔のキャンパスは小さく、毎日同じ時間に同じ場所で必ず顔を合わせる人間が少なからずいたり…。



IMGP7066.jpg

マクドナルドがあり、シアトルズベストコーヒーがあり、丸善やコンビニもある。



IMGP7067.jpg


驚くなかれ、ホテルのフロントや飛行機のエグゼクティブクラスを再現した教室もあるのだ。


IMGP7068_20121104104620.jpg



昔は学食が学部と短大にひとつずつ。あとは喫茶室がひとつ。

クラブハウスにカップヌードルやドリンクの自販機があるくらいのものだった。

それでも30年前はそれなりにお洒落だった(と信じ込んでいた)。

キャンパスにハワイと呼ばれるスポットがあって、学生たちの憩いの場になっていた。

ホットパンツ(死語?)を履いた女の子がローラースケートで走ってきて、留学生たちの所にやってきて、みんながスマイルを浮かべながら楽しい時間を過ごしているという…何かドラマのような世界が目の前で実際に繰り広げられていた。

噴水を擁した池があって、創始者の銅像がその中央に…通称「学長の湖」と呼ばれていた。

当初、コンパのあと誰かが水の中に投げ込まれる(冬場でも)というので水が入っていないことも多かった(様な気がする)。




30年、信じられないような歳月が流れていた。

学園祭では模擬店でも酒が振舞われていたが今は酔ってへべれけになって歩いている学生は一人もいない。

当時は模擬店やイベントの立て看板があちこちにあったはずだけど、今はあってもほとんど気がつかない。

学ランを着て歩く学生も、先輩に「オス(押忍)!」とあいさつする学生も見られなかった。

当然といえば当然なのだろうけど、いつそんな風習が消えてなくなったのだろう…?



大学のパンフレットもお洒落になって、今の受験生たちのニーズに少しでも合わせようといろんな工夫が見られる。


当時「下宿」と言っていたはずの言葉も既に死語と化した。

今は「学生マンション」と呼ぶのだそうだ。

今の学生に自分たちの時代の下宿の話をしたとしても恐らく信じてもらえないであろう。

僕が住んでいたのは最初4畳半一間。同じアパート内には3畳の部屋がまだ残っていた。

のちに3畳の部屋の壁をぶち抜いて6畳一間になったところに移動した。

常にいろんな虫がいて、ゴキブリは友達みたいなものだった。

朝ゴキブリホイホイをせっとしたら夕方にはもう満タンになるくらい…。

寝ている間にゴキブリに耳を噛まれたことがあった。

ゴキブリが夜こおろぎのように鳴いているのを聞いたこともあった。

一度、天井から降ってきたムカデに首を刺されたことも懐かしい。

大量のアリが部屋に侵略してきて戦争状態になったこともあった。

トイレは共同、風呂はなし。銭湯に行くしかない。たまに一階にある給湯器のお湯を洗濯機にためてお風呂代わりにしていた(笑)。

キッチンに流しはあったが、ガスはカセットコンロ。

電子レンジなんてものはなかったし、冷蔵庫はあったが氷を作れるような立派なものじゃなかった。冷蔵庫の中は水とマヨネーズがいつもあった。

暖房は電気コタツのみ。

冬はコタツで寝たし、時々コタツの本体を立てて、コタツの足にかけたロープに洗濯物を干していた。

とにかくそんなところで学生時代を送っていたのだ。

今の学生たちにそんな経験をしろとは言わないが、携帯電話やPCが使える今という時代に生きている若者たちが本当にうらやましいと思う。




話は戻るが、同窓会総会…。

午前9時過ぎに会場着。開会は10時半。

まだほとんど誰も来ていない。

30分経った頃からぽつぽつと人が増え始める。

それもかなりお年を召された方々…。

1945年に外大の前身である外語学校が創立しているし、大学開学は1966年だから1期生はもう60歳を過ぎているのだ。

それでも今回の同窓会総会が第4回。

今まで存在していた同窓会だが本格的に活動を始めてまだ4年。



IMGP7059.jpg


10時半、吹奏楽部のファンファーレがあり、続いて合唱団が現れ、学園歌の斉唱。30年ぶりに耳にしたけど結構歌詞も覚えていた。


IMGP7060.jpg


300名くらいが集まったろうか。

聞くところでは、開学以来15万人の卒業生がいるのだとか。


IMGP7062.jpg


第一部は理事長と会長のあいさつ、議事があって、第二部は卒業生で史上初の黒人演歌歌手ジェロのトーク&歌謡ショー。

(写真撮影、録画、録音禁止ということで写真はありません)


IMGP7064.jpg



続いては懇親会。

安部さんとその後輩お二人と落ち合って食堂へ。

今日だけ特別にアルコールが…。ただし会場外には持ち出せない。

1階に空いたテーブルがなく2階へ。ただ、2階も満席。しかたなく立食。



ふと見覚えのあるお顔…懐かしい先輩が目の前に現れ思わず「K先輩!」と大声を出してしまった。

K先輩は自分を探しに来てくれたのだ。

今年の夏の「PEACE RUN2012日本縦断ランニングの旅PART2」の様子もブログで見ていてくれたのか、ご自宅近くを自分が通過する際応援に出向こうかとも考えられていたのだと。


K先輩に誘われて他の仲間が集まる1階へ。

懐かしいN(元)学生課長!一期上のK文化会会長、同期のS文化会会長、二期下のO体育会会長はじめ懐かしい面々。

同じ酒道場でバイトしてたAくんもそこにはいた。

皆それぞれに社会の第一線で活躍している。

再会を懐かしみつつ、いろいろ話をしている内に、既に他界してしまった恩師や仲間の名前が…一人…また一人…。

30年も経てば仕方のない話だが、何よりもショックだったのは酒道場のオヤジさんが病死されたという知らせ。

やはり…。

父親のようにいろいろと気遣ってもらったあのオヤジさんに最後に会ったのは2年前。

足が不自由になってフライパンを握るのも大変そうだったが、あれが最後になるなんて…。



思い出話は尽きることがない。

一つの話題が次の話題につながり、誰かが覚えていないことを別の誰かが覚えていたり…。

そうやって忘れ去られていたできごとも、より明確ではっきりとしたイメージとしてそれぞれの頭に蘇ってくる。

「あ~そうだったんだ~!」

笑いと歓声が起こる瞬間…。



だが、歳月の流れは時として残酷すぎるほどの仕打ちを人に与えるもの。

相当苦労があったのか、総白髪や禿頭になって実年齢よりも10歳も老けて見えるものもいれば、病気を患って生死の境をさまよっていたという経験をしたものもいる。

そこに集まったメンバーに同じようにして流れていた時間のはずだが、それぞれの価値はそれぞれで違っているということ。

同じ時代を生きているにもかかわらず、交わることのないまま何十年も過ごしてきて、ある日再会できたのはある意味幸運と言える。

生きている者だけが今という時間を楽しむことができる…当たり前のことなのだけれど、あらためて今生きていることをありがたく思わされた。



午後4時を回ってICC(インターナショナルコミュニケーションセンター)でGaiDiversityというイベントへ。

IMGP7071.jpg


卒業生の有志たちが今年初めて企画したイベントだ。

センター内にある「アマーク ド バラディ」というお洒落なレストランが会場。

集まっていたのは8~9割は女性だったか、20~30代の卒業生の中に50代の自分がいるので、最初ちょっと違和感を感じたが、それもすぐ消えて、娘や息子のような若者たちと楽しい時間を過ごした。

各テーブルごとにグループが作られグループ対抗クイズ大会があった。

若者には分からないような昔の事件やニュースに関する質問や、イントロを聞いて昔のヒットソングのタイトルを当てるのだが、たまたまこれが自分のよく知っているものばかり。

最終2位になってあれこれ賞品をもらってグループ内で分配。

グループの20代の女の子たちが喜んでくれた。



午後7時にお開き。

この日交換した名刺が20枚ばかり。

名刺のない方々を含めれば40~50名くらいの人たちと交流できただろうか。

PEACE RUN告知のためにこういった機会もきちんと活用する。

これは営業の鉄則だ。



出会うことでみんながつながる、みんなとつながる。

今はたいていの人がfacebookやツイッターをやっていて、これもまたネットワーク拡大に大いにプラスになっていくもの。

今後またいろんなところでつながっていってくれることを期待したい。



ずっと自分の中にあって、しばらくふれられることもなかったとても大切なものを、今日久々に見ることができた…そんなことを感じた一日。



感謝感激感動は常に求め続けるべきもの…なのだ。


617048_439900546058953_1401578310_o.jpg




スポンサーサイト



テーマ:最近の出来事。。 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/11/04(日) 10:47:55|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード