FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

いつもいい風が…

【いつもいい風が…】

img1d185c1fyx8xcg.jpg 


年にふさわしく

風にふさわしく

病気の時は病気のままに

元気な時は元気なままに

走りつづけようと思います

そしていつものあいさつですが

走る人にも走らない人にも

走れない人にも

いつもいい風が吹きますように

ありがとう




  …「気分はいつもトライアスロン」高石ともや(ランナーズ)から




******




フォークシンガー高石ともやさんは知る人ぞ知るスーパーランナーでもあり、トライアスリートでもある。72歳という年齢が信じられないほどに若々しい人である。

昨年夏に狭窄症の手術を受けたという知らせを聞いた。これからあと20年は走るためだと…。


サロマ湖100キロマラソンや阿蘇カルデラ100キロマラソン、いびがわマラソン…あちこちのマラソン大会で高石さんとお会いした。

まだマラソンというものがトップアスリートだけのものだった時代から今日までずっと走り続けられている。

ホノルルマラソンは1977年の第5回大会から毎年連続出場。

全国あちこちの大会に現れて、多くのランナーとの交流を持たれている。

マラソン大会の会場や沿道でギターを爪弾きながら声援をかねて歌ってくれている。

その気さくな人柄の中には、恐るべき精神力を秘めているのだと思う。

彼がたどってきた轍(わだち)を見ていただければその凄さが分かる。

並みの人のように見えて、その実超人的な偉業を成し遂げられているのだから。



30代半ばでフルマラソン2時間45分台を記録されているのもすごいのだが、歳を重ねるにつれて彼のチャレンジはエスカレートしていく。

日本初のトライアスロン大会(第1回全日本トライアスロン大会・皆生大会)にて優勝。

48歳でウエストフィールドラン(オーストラリア1018キロ)、52歳でトランス・アメリカ・フットレース(ロスアンジェルス~ニューヨーク4700キロ)をいずれも完走している。

言葉で書けばたった数行の記録かもしれないが、30歳で京都~東京500キロあまりを走った自分自身の経験からすると、この二つの記録は彼の年齢から見ても怪物的である。



会ってみれば分かるが、笑顔のとても素敵な方である。

会ったその瞬間にホッとさせられるものがある。

フォークシンガーという、歌で人を癒すこともできる人なのだが、そのお話にも惹かれるものがたくさんある。

自分の体をとことん痛め苦しめてきたからこそ、人には優しくなれるのだろうか。



冒頭の高石さんのメッセージからうかがわれるのは「ありのまま あるがまま」という生き方。

言い換えるならいつでも柔軟に…とらわれない、こだわらない、しばられない生き方・考え方。



走っていれば同じ風景は二度と見ることはできない。

たとえ同じコースでも、雲の位置や風の吹き方は決して同じということがない。

その場その場で、自分自身も日々変わりつつあるのだから…。



そして、僕たち人間にとってもそれは同じ…。

生きていくうえで同じ日は二度とやってこない。

その日その日が人生なのだ。

毎日いろんなことがあるけれど、それをありのままに寛容に受け入れてみる。



走っていればいろんな時がある。

脇腹が痛くなったり、呼吸が苦しくなったり、足が動かなくなったり…。

そうかと思えば、ランニングハイを経験したり、素晴らしい風景に出くわしたり、自分の意外な可能性に気づかされたり…。



生きていても同じなんだ。

楽しいことも苦しいことも、うれしいことも辛いことも…みんなみんな受け入れてしまうこと。

同じ人間ならば、他人の痛みや苦しみも理解できるし、うれしいとか楽しいといった感情も分かち合える。

平和であること…愛し慈しみ合えること…



「いつもいい風が吹きますように…」


常に誰かにそう祈ることができる自分でありたい。




(Photo: 高石ともや氏と 1993年ホノルルマラソンの完走パーティ会場にて)
スポンサーサイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/01/12(土) 10:10:24|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード