KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

2016年もう半分、まだ半分

【2016年もう半分、まだ半分】

11224735_890988600950143_4185625760226252107_n (1)


何もないところから新しいものが生まれるためには莫大なエネルギーが必要。

それは個人であっても社会においても同じ。

何よりもハングリーであることが一つの条件だと思っている。

現状に満足できなければ、理想とのギャップをどう埋めていくか…死に物狂いになって考え、行動していくこと。

頂点に向かって上り詰めていく…でも、仮に頂点が近くにやってきたとしても、決して満足はしない。

求め続けること。得られたものよりも、これから得ようとするものについて考えること。

形あるものよりも形のないものに意識を集中すること。


1011063_538364869545853_1641877583_n (1) 


「◯◯マラソン当選…落選…」

それぞれにいろんな悲喜こもごもはあるのでしょうが、走るべき一本の道と走れる二本の脚があれば、ランナーにとってこれ以上の幸せはありません。

いかなる時にも、私たちは前に進んでいくべき存在…後戻りなんてできないのですから。

だからこそ、一生懸命、ひたすらにひたむきに…

今この時を生きていく、今この道を走るのです。



IMGP2414_2016070101145380b.jpg


2016年も半分終了。まだ半分、もう半分…。

遅かれ早かれ大晦日を迎えた時、果たしてどんな気持ちで2017年の元旦を迎えるのだろう?

いつもいつも同じことの繰り返し…なかなか成長できないものだ。

ただ、今年の後半もまた旅の空の下で過ごす時間が多くなる。

旅人として、アドヴェンチャー・ランナーとして、少しでもこの世界にフィードバックできるものがあればいい。

今が素敵、今が大事と思えるように…



「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」がまもなくスタートします。

peacerun2016eu.jpg 

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」第三章

「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」をぜひぜひ応援してください!




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




スポンサーサイト

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2016/06/30(木) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナルラン@伊賀

【ファイナルラン@伊賀】

13501994_1079843608731307_5878867429043941309_n.jpg


伊賀で迎える最後の朝。15年前に名古屋から移り住み、人生で一番長い期間過ごした町。

見慣れた風景を目に焼き付けながらファイナルラン。


13524541_1079856802063321_9036143362158079248_n.jpg 


…山と川と畑と田んぼと…自然だけはいっぱい。

走っていてすれ違う車も人もほとんどいない。


13507253_1079826822066319_404043178083541836_n.jpg 


信号もなく、コンビニ(一番近いところで約2キロ先)などの店もない。

のどかでゆったりまったりとした時間がいつも流れている、ここ伊賀は僕の第二のふるさと。


13557719_1079856728729995_719459380565851793_n.jpg 

13508841_1080083245374010_5416900429383100885_n.jpg 
富田林の古民家寿荘(仮称)なうです。いろいろ楽しんでおります。


三重県伊賀市〜富田林の古民家寿荘〜八尾のぴあぴの実家〜天満満天堂と車での移動終了。

移動が続くとそれだけで結構疲れるもの。バギーを押して移動する方がまだ楽かもしれない。

とはいえ、あともう一度、伊賀から富田林にトラックでの荷物搬送が残っている。

それが終われば「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」…いざ旅立ちだ!


今日の写真はこちら


13533095_1079856655396669_5649876630308350208_n.jpg 



*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/29(水) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべてを無に返すつもりで

【すべてを無に返すつもりで】

平成の大断捨離真っ只中の伊賀にて…通算3度め、トータルで8日めの夜。

明日、午前中にクリーンセンターに金属・ガラス類のゴミを捨てに行って、25インチのブラウン管テレビも処分することにする。郵便局でまたリサイクル券を購入して別の施設に運ばなければならない。


多趣味の人間、バブルの絶頂期に20代を過ごした。

イヤが上にも消費社会。稼げば稼ぐだけいろんなものに散財する。

幼い頃から、親には「物を大事にせよ」「もったいないという考えを忘れるな」という教えを受けてきた。

一つ買うごとに一つ捨てていたらモノはたまらなかっただろう。

最後に勤めていた学校では睡眠障害、夜勤で無意識の内にいろんなモノをネットで買っていた過去もある。

そんなこんなでたまりにたまって部屋中モノで溢れかえる。

妻ぴあぴに呆れられてしまうし、捨てる捨てないで議論となる。

それでも、あの世に持っていけるものは何一つないのだと割りきって捨てることに。

「まだ使える」とか「もったいない」という考えはこの際捨てる。

何を基準に捨てるか…?

あの世にどうしても持って行きたいものだけ(自分が死んだ時に棺桶に入れてほしいものだけ)残してあとはみな捨てる。

それでも、まだモノは残っている。

思い出は心の中だけにとどめ、潔く捨ててしまうこと。

捨てるという言い方は良くない。

「すべてを無に返す」ということだ。



今日のフェイスブックの投稿から…










テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2016/06/28(火) 21:51:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び伊賀へ…

【再び伊賀へ…】

富田林の古民家寿荘(仮名)から昨夜ぴあぴと一緒に伊賀に車で移動。

平成の大断捨離ツアーの続きである。

13501588_1079004168815251_6420156672022626338_n.jpg


部屋の壁に掛けられた写真や賞状の類いを撤去中。

写真は堺市の大泉緑地のレースで10キロの自己ベストを記録した時のもの。

10キロ35分を切るまであとわずかだったが…。

その後このシーズンでフルのサブスリーを二連続して更新。


slide_DSCF9339.jpg 

家電リサイクルセンターで洗濯機を処分。

郵便局でリサイクル券を購入しないといけないというシステム。

世の中は時代と共に複雑化しているようだ。


sim.jpeg 

アナログ時代のカラーテレビ(25インチ)も実は処分しようと思っていたが、まだハードウェアをつなげばビデオやレーザーディスクも見れるので使い続けることに。

もう25年もの。大事に使えば一生ものなのかもしれない。今のものは数年で壊れたりするけれど、昔のものの方が安心して使える。



今日は大阪のフェイスブックのお友達がトレーニングマシンを車で取りに来てくれた。

ダンベルやエアロステッパーもまとめて持ち帰ってもらえて助かった。

まだ荷物はいろいろ残っているが、2トントラックに積める程度に減らしておかないといけない。

捨てるものも誰かに譲るものもすべてはお金を出して購入したものが大半。

いったいどれだけのお金を使ってきたのか…。

楽しませてもらったと思えばそれでいいのだろうけれど、これからのお金の使い方・モノとのつきあい方も考えていかないといけないと思わされる。


捨てられるだけ捨てて、水曜日に荷物の一部を富田林の古民家寿荘(仮名)へ搬送。

新しい暮らしが始まるにはまだまだ時間がかかる。

伊賀を完全に空っぽにして大家さんにアパートの鍵を返した時点で、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」に旅立てる。

長年暮らした伊賀をあとに、新居…といっても古民家での新しい暮らしが始まる…その前にヨーロッパへ。

落ち着きのないネズミ年生まれ…もうこの先引っ越しは勘弁して欲しいもの(笑)。





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2016/06/27(月) 22:15:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

移動は続くよ

【移動は続くよ】

IMGP1156.jpg


「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」出発を前に、平成の大断捨離と引っ越し作業が入り、三重県伊賀市と新しく移り住む予定の大阪府富田林市、大阪市中央区天満橋を激しく行き交う日々。

今なお三重県民で伊賀市に籍があるものの、勤めていた学校の近くで15年ばかり暮らした伊賀市(旧上野市)とも間もなくお別れだ。

2013年から大阪市中央区天満橋にある音楽事務所兼ライブスペース天満満天堂で居候になっていて、ようやく新たな場所に落ち着くことになる。

落ち着くと行っても「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」はまだ続いているのだが…。

ぴあぴの父(すなわち私にとっては義父)も八尾から移り住んで同居となるし、ごろっぴあのイベントもここでやれるだろうし、まだ先のことは未定だが、ゆくゆくはこの富田林の古民家もカフェやシェアハウス、ゲストハウスか何かになるのだろう。


IMGP1348_201606261601265ee.jpg

13439033_1077798648935803_614675786047452327_n.jpg 

ぴあぴは引越し作業を前に、ホームセンターで野菜や果物の種や苗を買ってきてガーデニングを楽しんでいる。

あちこち手を加えないとすぐには住めないここ寿荘(仮名)。


IMGP1342_2016062616030341a.jpg

IMGP1120.jpg

閑静な住宅街、周りは新しい住宅やマンションだが、ここ寿荘と隣の空き家のみが古い建物。

IMGP1154.jpg

どんな暮らしが待っているだろう?

「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を私が走っている間に、ごろっぴあの仲間にはいろいろ手を加えてもらうことになるが、まずは伊賀と天満橋の必要な荷物や家具類などを搬送しないといけない。

IMGP1106.jpg





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト








テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2016/06/26(日) 16:08:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モニュメントバレー回想:US163号線〜2011年6月25日

【モニュメントバレー回想:US163号線〜2011年6月25日】

271795_2179260570273_1150756_o_20160625230630374.jpg


5年前の今日は、アメリカ横断ランニングの旅のさなか、ユタ州モニュメントバレーに向かっていた。





砂漠でのキャンプは、砂嵐にも見舞われる。

朝起きたら何もかもが砂まみれ…髪の毛も顔も、寝袋も…。テントのフロアもすべて砂埃で真っ白け。口の中までざらざら…。

でも、実際のところ、これが砂漠なのだ。





映画「フォレスト・ガンプ」では、フォレストがアメリカ大陸を走って横断する場面が出てくる。


movie_site


一緒に走っていたフォレストを信奉する仲間たちを前にして「疲れた。もう家に帰る…」といった場所がここ。


kay1


フォレストはそこで旅を終えてしまったが、僕はなおもそこから東に向かって走り続けた。

気温こそ40度を下回っていたものの、暑さと乾きはハンパないものだった。

木陰さえない。木が生えていないのだから当然のこと。

砂漠のランで、気持ちはとことんダウン。

早く砂漠から抜け出したい…早くこの旅を終えて日本に帰りたい…そんなことばかり考えていたのだろう。


two_rocks

red_land

red_land2


赤茶けた岩山、いろんな形をした奇岩、まっすぐに続く一本のハイウェイ…。

何もかも見飽きてしまった砂漠の風景が延々と続き、一日走っても一週間走っても砂漠はまだ続く。

行けども行けども終わらない。

挙句の果て、夢の中でまで砂漠を走っている自分がいる。いい加減に勘弁して欲しいと思いながらも現実は甘くない。


kay2

r163b


朝方はまだ気温は低いものの25度前後。午前10時を過ぎると日差しも強くなる。

日中の暑さは体感的に40度ほどで、そうなるともう走るのは危険なレベル。

午後5時頃でも暑さのピークは続いている。

砂漠では日が沈んでから数時間しないと暑さは終わらないということも学んだ。

体がオーヴァーヒート状態になるともう歩くのさえ辛くなってくる。

道路に立っていると、アスファルトの路面と同様に溶かされてしまいそうな感覚。

あまりの辛さや苦しさに涙が出そうになるけれど、乾いた砂漠では涙は目からこぼれてすぐに乾いてしまう。

そういう意味で、砂漠は悲しみを癒すのにちょうどいいところなのかも知れない。


ハイウェイ上で出会う人々の温かさがありがたい。

路肩で休んでいるとひんぱんに車がとまってくれる。

「大丈夫か?」とか「何か要るものはないか?」とか「水は十分にあるか?」とか「何でこんな狂ったマネをしてるんだ?」とか良く聞かれる。

いろんなものを頂いて、感謝感激感動。

「次の街まで送るから車に乗って行きなさい」と言われても、アメリカ横断ランニングの旅という事情を説明して、悲しくもその嬉しい申し出を拒まなくてはならない。

思いやりと気配り…特にこの周辺に暮らすナバホ族の方々の温かさが嬉しすぎる。

乾いた砂漠の気候にもかかわらず、人間関係だけはここではドライではないのだ。


r163c



時折胃がキリキリ痛むほど辛くなって、それでも走るしかない。

旅は楽しさを超えてストレスそのものになることもある。

暑さと渇きと疲労で、走れなくなれば歩くしかない。

足のマメがいくつもつぶれて、マメの下の皮までマメでつぶれてしまう。

生きている限りは前進し続ける。それが旅人の鉄則。



お金があっても、水や食料を手に入れる店がなければどうすることもできない。

水やゲータレードがあっても、お湯になってしまった状態で飲むだけ。

冷たいものが飲みたいと思っても、氷も冷蔵庫もない。

たとえお湯でも、それを飲むことで命をつなげるのだと思えばまだありがたい。

限られた条件の下で生きていく、それもまた砂漠の掟(おきて)。



スタートのロングビーチからちょうど一ヶ月め。

この一ヶ月で全走行距離は1279キロ。平均して1日41.25キロ走ったことになる。



red_land3

午後2時、乾いた砂漠のど真ん中を走っていて暑さと渇きで死にそうになりかけていた時に撮ったのがこの写真。

水と食料を含む約50キロの荷物を積んだバギーを押して歩ける限界状態の登坂路、恐らく勾配は10パーセントくらいあっただろうか。

5歩押しては立ち止まり、さらに5歩進んでは深呼吸。暑さで肺が焼け付きそうになる

永遠に終わらないかのような登り…わずか数百メートルではあったが、登り切ったあと、しばらく立ち止まっていたら涙が出そうになった。

なぜここまで苦しめられなければならないのか…不条理さの中での砂漠のラン。


kay3



そして、午後5時半、ブラフの町に入り、宿に着いた。ずっとテント泊だったが、久々のモーテル。

5日ぶりに飲むビールがうまかった。



後日談になるが、このブラフでヘルペス(帯状疱疹)に感染していることが判明。

最初は腹部に発疹ができて痒みを感じる。虫刺されの薬を塗布するも痒みは収まらず。背中から腰にかけて鈍い痛み(神経痛)も発生。

モーテルでオフを取り、ある時「発疹・神経痛・痒み」でネット検索すると、一発で「ヘルペス(帯状疱疹)」がヒット。

いくつかの記事を読んでいくと間違いなかった。

たまたま、この町にお友達のお友達が暮らしていて、すぐに連絡を取り、最寄りの病院(モーテルから60キロ先)に連れて行ってもらったらやはりヘルペスだった。

無理をすると神経痛の後遺症が残るかもしれないというので、しばらく走りはストップ。

薬を出してもらって、このお友達のご家庭で6日養生させてもらう。

ヘルペスが発症した経緯は恐らく、加齢、過労、ストレス、栄養不足、暑さ、紫外線というところだが、ほとんどどれもあてはまる。

連日オフが続き、走れないことがまたストレスになり、ある程度神経痛が収まったところで旅を再開。

栄養を取るためにも、それ以後、野菜ジュースや牛乳をしっかり摂って、ピザやハンバーガ、コーラなどのジャンクフードをできるだけ控えるようにした。

気がつけばいつの間にか神経痛も消えていた。発疹はしばらく残ったものの、旅の終わりにはヘルペスに罹ったこともすっかり忘れてしまっていた。

砂漠の過酷な日々も楽しんでいればヘルペスに罹ることもなかったのだろう。

モニュメントバレーで撮った写真を見るたびに思い出すのはいつもヘルペスとフォレスト・ガンプ。

と同時に、映画「フォレスト・ガンプ」を見るとヘルペスの日々が思い出されるのだ。



r163d




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト





テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/25(土) 23:13:04|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿荘(仮名)古民家再生プロジェクト

【寿荘(仮名)古民家再生プロジェクト】

ごろっぴあ芝田吾朗さん、ぴあぴとなにわのスーパーアホドル村上三奈さんと私で二度目の寿荘(仮名)訪問。

草刈りと清掃を中心に…。

今日は、関西電力に電話してようやく電気をゲット。

水道も使えるようになった。どこかわからないところで水漏れしているらしいが…。

13533094_1077282092320792_4131423638880527694_n.jpg

なにわのスーパーアホドル村上三奈さんが草刈機で周辺の草を刈り取ってくれたおかげでかなりきれいに…。

13512068_1077282005654134_6385950868190382895_n.jpg

13516146_1077281935654141_2810759365166808791_n.jpg

倉庫周辺を掃除中のぴあぴ



13466349_1077284448987223_8930057402821806715_n.jpg

板の間をほうきで掃除している之図

今時の家庭でほうきとちりとりを使うのは珍しいかも…。

学校で教員をしていた頃のことを思い出してしまった。



IMGP1133.jpg


ここは静かでのんびりできる場所…

時間がゆったりまったり流れていくのを全身で感じられる。

土と緑があることが何よりもいい。木も草も花もリアルに生きているってことだ。

最初、この家に入った時には感じなかったが、人が入るようになると家も喜んでくれるのだろうか。

ガラッと空気が変わってきたようだ。

家も綺麗にしてもらえれば嬉しく思ってくれるのかもしれない。


13438809_1077282082320793_9024053676701099269_n.jpg





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/24(金) 21:22:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関西演芸ロックショウ

【関西演芸ロックショウ】

妻ぴあぴがミュージシャンということで、ごろっぴあ天満満天堂という音楽事務所兼ライヴスペースに私は暮らしている。

それで、ごろっぴあ主催の音楽イベントには特別な用事がない限り関わっている。

年に2回程度やっている関西演芸ロックショウは、ごろっぴあに関わるミュージシャンやパフォーマーが集う音楽イベント。

個性豊かなアーティストたちがそれぞれの思いでそれぞれの歌や音楽などのパフォーマンスを披露する。

楽器も歌もできない私は、ただ写真を撮影するだけだが、見ているだけでも飽きることのない約3時間。


13502038_1098304030228194_415659350850921602_n.jpg
変態オペラ


13495026_1098303753561555_1491855698621882359_n.jpg
変態夫婦



13494997_1098303403561590_7536031111176089736_n.jpg

スペースシャーマン天球ぴんぽんず

13466129_1098303550228242_2146101197124153728_n.jpg

13445495_1098304723561458_6335835409053494467_n.jpg
荻野やすよし


13511055_1098303193561611_1822993746179831907_n.jpg
あつやくん


13516366_1098304630228134_2018378077896482605_n.jpg 

オムニキンゆきえさんのキンボール体験コーナー

13507048_1098304560228141_4996255021759945358_n.jpg

13512245_1098303840228213_5970234333723886367_n.jpg
一発解決円満屋の推拿(すいな)=マッサージも受けられます


13512022_1098305896894674_669114581684073954_n.jpg 

天晴レ天女ズによる天晴レ体操。右側はなにわのスーパーアホドル村上三奈さん


13512084_1098305826894681_3500062539585757770_n.jpg
天晴レ天女ズによる天晴レ体操「ノセノセマーチ」



13507268_1098305006894763_4687788426779056535_n.jpg
生真面目(うぶまじめ)合唱団


13512071_1098305400228057_5327319132648482198_n.jpg 
くびれの青井くん




走ることも、実は音楽に通じている。リズムに乗って、心と体を魂に同調させる。

いい走りは、全体のバランスが伴わなければ生まれてこない。

時間やスピードにとらわれているだけではダメなのだ。

まずは、音を楽しむ音楽のように、純粋に自分の走りに酔い痴れること。移動する過程そのものを堪能することなのだ。

楽しんでいれば、時間の過ぎていくのも忘れてしまう。

楽しんでいればこそ、我を忘れてしまうもの。

そんな時間を少しでも持つことが人生を豊かなものにする。






*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/23(木) 23:59:59|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和=アナログ=レトロな世界

【昭和=アナログ=レトロな世界】

13508861_1076105242438477_4036568514331477574_n.jpg


特に40〜50代の世代なら、昭和という時代を駆け抜けて、デジタルとは違うアナログ全盛期を知っているがゆえに、共感できるものが少なからずあるもの。

確かに、デジタルはいろんなことを可能にしてくれはしたが、やはりデジタルではなしえない、アナログにしかできないこともあるのだということを、僕達アナログ世代は知っているのだ。


13512131_1076105445771790_1354062935763400555_n.jpg


今回、大阪府富田林市の古民家を借りることになったが、今日、あばら屋状態のその家を早速訪ねて、草刈りをやってきた。

築50年…ということは昭和41年に建てられた訳だ。

世界ツアーでビートルズが来日したのが1966年の6月29日。同じく50年前。

私はまだ6歳になる前で、日本のグループサウンズなどについてはテレビやラジオで聞いていたはずだが、ビートルズについてはあまりはっきりとした記憶はない。それくらい昔のことなのだ。


13528713_1076106835771651_5094357387432521977_n.jpg


あの頃は、まだ松原市の長屋に住んでいた。お風呂も家に無いので銭湯に通っていたし、トイレはみんな水洗じゃなかった。

エアコンの代わりに扇風機。冬は火鉢やだるま型の石油ストーブだ。

蛇口をひねればお湯が出るわけもなく、やかんで沸かさなければお湯は手に入らない。

テレビもモノクロで4本の脚がついていて、リモコンが無いのでチャンネルをガチャガチャ回すタイプ。

冷蔵庫や洗濯機はあったものの、今ほどハイテクなものではなかった。

とりあえず、モノが冷やせれば冷蔵庫としてはオッケー。洗濯機も洗って、すすいで、脱水はローラーで服を絞るもの。

電子レンジや電気温水器などが登場するものまだしばらく先の時代。



今は確かにハイテク機器に囲まれて便利は便利だけれど、あの頃のようにゆったりまったり流れる時間は一体どこにいってしまったのだろう?


13465961_1076105315771803_6299372398409740721_n.jpg


古民家に足を踏み入れて、1960年台にタイムスリップしたかのような気持ちになった。

木のぬくもりを感じられる木造家屋が素敵だ。

畳であれ、板の間であれ、そこに腰を下ろすだけで不思議な時間が感じられる。

そこには、流れていく時間だけではなく、蓄積されていく時間もまたあるのだということを教えられる。


13502102_1076106695771665_5018578440955618830_n.jpg


50年という歳月を見てきたこの古民家が、今度は僕達にどんな夢を見せてくれるだろうか…。


13509102_1076106012438400_1745684971126268024_n.jpg





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト


テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/22(水) 23:59:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たなコミューンの誕生

【新たなコミューンの誕生】

生まれてから何度引っ越しをしたかわからないけれど、とにかく移動だらけの人生…。

無論、それもまた旅人の宿命であるには違いないのだけれど…(笑)。

大阪府松原市で生まれ、住んできたのは奈良県奈良市、今の実家がある大阪府羽曳野市、愛知県名古屋市、愛知県西春町(現北名古屋市)、三重県伊賀市、大阪市中央区、そして今度は富田林市。

教員生活のスタートも狭山(大阪狭山市、旧狭山町)だった。その後、住之江、藤井寺、西浦と続き、愛知、三重へと…。

でも、生まれ育って、人生の大半を過ごした南河内エリアに戻ってこれたのも何かのご縁。


海からは遠いけれど、山と川がある。

a0e62d79.jpg 


マラソンを始めた頃に走っていたのは金剛葛城二上山(ダイトレのルート)や狭山池周辺、陶器山だった。

マウンテンバイクでダイトレを駆け抜けたこともあった。

石川沿いのサイクルラインはトライアスロン全盛時代にひっきりなしに走ったりローラーブレードで駆け回っていた。

坂が多いところが好きなので、全体的にフラットな名古屋市内では歩道橋やビルの階段を走ることも多かった。

三重県伊賀市では玄関開けたら5分でトレイル…そんな好環境だったのに、大阪市内に住んでからは人と車だらけ。便利でいいのだけれど、賑やかすぎて外に出るのも時々億劫になっていた。そんなこんなで、すっかり山に出向く機会も激減。


嬉しいことに、築50年、300坪の敷地にある古民家をかなりの好条件で借りられることになった。

駅から徒歩7分。駐車場は5台分のスペース。倉庫も付いている。

10歳頃、奈良に住んでいたけれど、その家も江戸時代末期に建てられた相当古いお家だった。おばあさんが嫁入りに使った籠が屋根裏に保存されていた。


ここは、広々として風通しもいい。今はあばら屋状態で庭も草ぼうぼう。雨漏りもする箇所があったり…。


13445777_10206063577255377_3033998343473750728_n.jpg


昨日案内してくれた管理人さんが、母屋から離れに向かう通路を歩いていて板がべキッと割れて落とし穴状態になったのには笑えた。

本来なら取り壊されて最新式の住宅になるはずだったのかもしれないが、ネットでぴあぴが探しに探しまくってたどり着いた(引き寄せた)物件。世界中どこを探してもこんなところはなかなか見つからないだろう。


IMG_1981.jpg 

IMG_1978.jpg 


これがどんな風に変わっていくんだろう?

のんき屋は継続してやっていくとして、シェアハウス?カフェ?ゲストハウス?

いろいろとプランは浮かんでくる…ぴあぴはいろんな木や花を植えて、自家菜園もつくるというプラン。


13487483_1075377715844563_1689690993_n.jpg 

IMG_1984.jpg 

IMG_1986.jpg 


縁側でお茶を飲みながら桜餅を食べるのが彼女の夢だったというけれど、その夢も確実に叶えられそう…(笑)。

私は来月には「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」に出向く。其の間、申し訳ないのだが、みんなにリノベーションをお任せすることになる。

帰国後が楽しみだ。



その前に、断捨離後の伊賀からの荷物をここに運んでこないといけない(笑)。

伊賀のアパートに3年ばかり空家賃を払っていたけれど、ここでごろっぴあの仲間と共同生活することでその家賃も活かされる。

今、ここに新たなコミューンの誕生…夢はふくらむばかり…。


IMG_1977.jpg 




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト











テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2016/06/21(火) 14:02:40|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感062016

【日常雑感062016】

朝から生ぬるい風が吹いていたが淀川河川公園で90分ゆったりまったりジョグ…




水仙の花が美しい…





旅立ちを前に両親(揃って今年85歳)を妻ぴあぴと訪ねた…まだまだ元気な二人…




午後は南河内エリアを諸用で散策…富田林や太子町…いずれも昔よくトレーニングで走ったエリア…

金剛葛城二上の山々を見ながらふるさとの匂いを懐かしんだ…

やっぱり緑があって空気が少しでも綺麗なところがいいな…。





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/20(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高温多湿の梅雨のラン

【高温多湿の梅雨のラン】

日中の気温が30度を超えるとさすがに走るのは辛い。

日本独特のこの高温多湿の気候は、ランナーにとってはある意味天敵だ。

中にはこういった気候を好んで走るマゾヒスティックなランナーもいない訳ではないのだろうが…。





むしろ、最初から濡れるということを前提で、ビーチサンダルかはだし、Tシャツに海水パンツ一丁で走るのもいいのかもしれない。













夏はまだまだこれから…曇っていても湿度が高いと、汗が皮膚にまとわりつく…これも熱中症の原因になるので、こまめに給水…腕や首すじ、後頭部に水をかけたり濡れタオルを当てたりして暑さ対策も考えておきたいもの。


暑くてもジメジメしても、楽しいランを…GOOD楽駆!




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/06/19(日) 23:59:59|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感061816

【日常雑感061816】

梅雨のさなか、晴れ間が出るとやはり蒸し暑い。歩くだけでも汗ばんでくるのがこの時期だ。

暑くなってくるともう日中のランは極力避けたいところ。とはいえ、旅に出ればそんなことは言ってられない。

この週末もトレイルやウルトラで走るランナーは暑さ・湿気対策に十分ご注意を。


13432269_1073681776014157_1439161864134872217_n.jpg  

夕方、トレーニングクリエイター宮崎要輔さんのコアトレX一本歯下駄のイベントに参加。

前回は、愛知県春日井市で絆マラソンを走っていたため参加できなかったため久々だ。

今回、リアライン・コアというトレーニング器具を初体験。

13435322_1073675446014790_936456827939680502_n.jpg 

装着することで骨盤や肋骨の歪みを補正してくれる。

一本歯下駄を履いて、10分ほどリアライン・コアを付けて歩いたり体操的な動きをしたりして外してみたらあら不思議。

体の可動域がじわじわっと広がっているではないか。

10万円あまりもする器具だそうだが、やはりそれなりの値打ちがあるのだろう。とても買おうなんて言う気にはなれないけれど…。

13435353_1073707116011623_7870245786179588943_n.jpg

このコアトレX一本歯下駄は、大阪天満橋にある天満満天堂での月例イベントで毎月第3土曜日開催。

ランナーはじめアスリートはもちろんだが、慢性の肩凝りや腰痛、膝痛や猫背の方にもオススメのワークショップ。

一本歯下駄を体験することもできるし、プロアスリートや若手のアスリート予備軍たちを指導されている宮崎さんから、次の日劇的に体が変わるトレーニングを伝授して頂ける。

13419082_1073707066011628_6167103108863095889_n.jpg 

100円ショップで売られているような簡単な道具を使って誰にでもできるトレーニングなので、教えて頂いたトレーニングを継続していけばさらに体はいつもいい状態を維持できるはず。

*この日の写真はこちら

*次回は7月16日の予定。詳細はこちらを…。




そして、このイベントに続いて同じく天満満天堂では、なにわのスーパーアホドル村上三奈さんによる「アホドル村上三奈対決コレクションライブ」という月例イベントが開催。

私アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦がゲスト出演するということで出演してきた(笑)。

村上三奈さんはごろっぴあ天満満天堂所属のプロストリート・パフォーマー。


元々アイドル路線を進むはずだったのだが、アホ+アイドル=アホドルの道を選び、15年もの間、大阪の北新地などの繁華街でメガホンを片手にラジカセを肩からぶら下げ、ヘルメットをかぶって「かぼちゃのバカ」なる曲を歌い続けてきた筋金入りのお方。

2012年にここ天満満天堂で彼女のライブを初めて見せて頂いて以来はや4年。

連日ツイキャスで日常生活を放送していたり、天満満天堂でも頻繁にライブをされている。

また、彼女にオムニキンゆきえさんが加わると、体操ユニット「天晴レ天女ズ」となる。


アホドル村上三奈さん扮するバイオレット先生が質問、私が応える形でいろんなトークが繰り広げられる。

IMG_4876.jpg 

来月スタートする「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」に向けての意気込みや、最近頑張っていた平成の大断捨離、これまでのパーソナルヒストリーについてなど話題はさまざま。あっという間に1時間あまりが過ぎた。

IMG_4878.jpg 

たしか、対決コレクションライブ出演はこれが二度目。

イベントの最後にアホドル村上三奈さんのガチャ歌(カセットテープに録音された歌をラジカセで流したもの)に合わせて踊りを一緒にやるのだが、彼女のオリジナルソング「サバステ」で盛り上がって終わり…。

13445663_1260566550622029_5543983205576502276_n.jpg 

コアトレX一本歯下駄のあとで結構疲れていたが、最後のサバステがさらに激しい動きで腕や肩の筋肉がすこし張っていた。

3枚めのアルバム「アホドル道」もつい最近リリースされ、テレビのレポーターでも最近頑張っておられる様子。

103001407_201606191020449e8.jpg 

こちらで購入できます。


今後もますます活躍が期待されるなにわのスーパーアホドル村上三奈さんを応援しましょう!




*過去のブログ記事「完全無欠のスーパーアホドル〜村上三奈」





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/18(土) 23:36:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラッグスタッフの思い出

【フラッグスタッフの思い出】

IMGP1293_2016061810500648c.jpg 

2011年の今頃はアリゾナ州フラッグスタッフにいた。

アメリカ横断ランニングの旅25日め。

この周辺は標高約2000メートルで、酸素も薄く、普通に走るだけで高地トレーニング。すなわちこの町に住んでいるランナー・アスリートは全員高地トレーニングを望むと望まざるにかかわらずしていることになる。

間寛平さんのアースマラソンもサポートした地元のトレイルランニングクラブNATRA(North Arizona Trail Runners Association)のニールと縁あってお友達になり、町を案内してもらったり、フラッグスタッフの町を出る際にはランナー仲間が共走して見送ってくれた。

NATRA_goods 

ニールからもらった北アリゾナトレイルランニング協会のキャップとTシャツとステッカー



neil_and_kay 

ニール(この当時47歳)との2ショット。モーテルの前で…。 

後にこの写真は、地元紙「サン」に掲載された。


sun.jpg


快晴、心地よい風が吹く中、フラッグスタッフの町中を抜け、フォレスト・ガンプの撮影現場となったサンフランシスコストリートを経由で4thストリートまで、わいわいおしゃべりしながら約6キロを走った。

フォレスト・ガンプの映画の中で、"Shit Happens(ついてないこともあるさ!まぁしゃあない!)"のバンパーステッカーを思いついた男が車にぶつけられるシーンはここフラッグスタッフで撮影されたのだとか…



natra2

集まってくれたランナー仲間、標高2000メートルの高地でごく普通に走っている彼らだが、なぜか私は彼らのペースに追いつけず、息が上がってゼイゼイを繰り返していた。心肺機関がやはり違っているのだろうか?



この日のイベントをニールが走りながらポイントごとに撮影してくれた動画…


Takashige Katzhiko's World Peace Run meets up with NATRA 



NATRAのこの日のブログはこちら

natra3

natra4
「重いよ〜!」



行く先々でいろんな方々にサポートを受けるが、やはり嬉しいのはランナーがやってきて共走してくれること。

フォレスト・ガンプも映画の中でたくさんの共走仲間が一緒に走る場面で先頭を切っている。



Forest Gump long run scene

実際、彼はモニュメント・バレーの中を走る国道163号線で、「もう疲れた、家に帰る」と言って走るのをやめてしまうのだが、私は彼が走るのをやめたその地点からさらに東へ走り続けた…この話題については追ってまた書いてみたい。




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/17(金) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EXTREMER

【EXTREMER】

74730_490848010964206_971932917_n_20160209103828416_20160617083920ecb.jpg


速い人が素晴らしくて、遅い人は劣っているという誤解をしている人が多い。

人それぞれいろんな目標を持っている。

突き詰めれば、走ることは手段であって、本当の目的は楽しむことなんじゃないかな。





この言葉を知ってから、いつかは会いたいと思っていた人に今日やっと会えた。

日本100マイルクラブ代表の阪本真理子さんと、同じく日本100マイルクラブコーディネーター関根孝二さんのお二人。

13419161_1072489719466696_8701713250425522839_n.jpg

名刺の肩書はお二人ともジャーニーランナー。

数々の記録を打ち立てたウルトラマラソンの女帝とも言うべき阪本さん、フルマラソン100回完走(日本女性初)、ラン・アクロス・アメリカ(5000キロ)、オーストラリア夢大陸横断4200キロ(77日間)、トランスヨーロッパ・フットレース5100キロ(64日間、女性で唯一の完走者)。

関根さんもスパルタスロン246キロをはじめ、日本列島縦断47日間3000kmや東海道五十三次遠足684km、52歳で日本百名山を212日(休養日はたった5日)で踏破。

強靭な体力をお持ちのお二人と、3時間もの間、ウルトラマラソン談義で盛り上がってしままった。

ウルトラマラソンは速さじゃない…ゆっくりでもいいからどこまでも走る…そんな旅の感覚で走るから面白い。

日本100マイルクラブはマラニックを中心としたいろんなイベントを企画運営されていますが、昨年、僕のブログにも引用させて頂いた上記の言葉はまさに共存共走の精神そのもの…。



アドヴェンチャー・ランナーの私とは肩書こそ違うけれど、目指すものはきっと同じだということを今日改めて確認した。

ウルトラマラソンの大先輩から大いなる刺激、そしてパワーとエナジーを頂けたことに感謝感激感動。


日本100マイルクラブ




*****




GettyImages-488967468.jpg


イチローがいるのはもはや勝ち負けとか数字とか関わりのない世界。

もちろん歴史に残るほどの前人未到の記録は評価されるべきもの。

ただ、ひたすら野球が好きで、一途に野球に打ち込めればあとのことはなるようになる…。

好きなことを続けてきたからそれなりの結果が生じた…ただそれだけのことなんだろう。

とはいえ、到底常人がたどり着けるレベルではなく、まさにひとつのことを極めようとする大阿闍梨にも通じる世界。

そんな世界に生きる人たちをEXTREMERと呼ぼう。

黙々と、淡々と、どんな単調なことの繰り返しでも、それが自分に(あるいはこの世界に)プラスになるものであればためらうことなく取り組む。

先のことは考えない。今この一瞬をどう生きるか、この場面で何ができるのか、今にすべてを賭けた人生。

他人と比べる必要など何もない。自分がどうあるかをひたすら追求する。そして、一歩先を見つめるのであれば、自分が取り組んでいることで、この世界に対してどんなプラスをもたらすことができるかをきちんと考えること。

それもきっと、今生かされて、好きなことに取り組めるという感謝の気持ちを持っていればこそできることなのだ。

阪本真理子さんと関根孝二さんも、ただひたすらに走り続けてきて、まだ走り足りないから走り続ける…そういう次元なのだろうと思う。

旅人も冒険家もアスリートも、手段や方法は異なるにせよ、そんな風に同じ目線で自分自身と自分を取り巻く世界を見つめているのではないだろうか。

まだまだ僕が目指すものは遠いけれど、阪本さんや関根さんたちのような先人の背中を追いかけながら、日々前進し続けようと思う。


13474053_10206031967145144_1708283300_n.jpg

妻ぴあぴのカメラで撮影…




*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/16(木) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

断捨離から学んだこと

【断捨離から学んだこと】

IMGP2822.jpg


すべては空(くう)である…ということなのだろう。

命あるものは滅び、形あるものは消えていく。それがこの世の常なのだ。

ただ、消えたもの失われたものも、時間と場所と形を変えて再び戻ってくるということもまた確かなことなのだと最近思うようにしている。

僕は宗教家でもないし哲学者でもない。

ただの走る旅人にすぎないのだけれど、ここ2週間ばかりの断捨離であれこれ考える中での気付きや学び・発見が多々あった。

デジタルの時代に移行する中で、アナログ的な物の考え方も決して放棄してはいけないのだということ。

文明とは人がその叡智を働かせて創りだされたものではあるのだけれど、ただ依存するだけのものでもないのだということ。

モノを持っていることが幸せなのではなくて、モノを与えられることの方が幸せなのだということ。

必要以上のものを持たなくてもいい。むしろ、必要最小限持つことに喜びを感じられるのが理想だ。

その日生き延びられるだけの水と食料、雨風をしのぎ、夜を明かせる畳一畳ほどのスペース…人が生きていくために必要な物はそう多くはない。

すべてはこの宇宙でつながっている。つながっているからこそ何も恐れるものもないし、愛と希望だけを胸に前に進んでいけばいい。

平穏な心で、いつも満たされた気持ちで…


:*+:*+:*+:*+ Love× Laugh→Peace +*:+*:+*:+*:





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/15(水) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感061416

【日常雑感061416】





















*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/14(火) 22:49:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エミコさんを囲む会2016

【エミコさんを囲む会2016】

13445353_1070075313041470_2133399983510122127_n.jpg 


昨日の午後、世界平和の鐘を鳴らすイベントの後、難波にある「奴(やっこ)」という居酒屋に出向き、オーストラリアから一時帰国中のシール・エミコさんを囲む会に参加。

シール・エミコさんは世界一周中のサイクリスト。私が所属しているJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーの一人でもある。




エミコさんについては、毎日放送の榛葉健さんの次のフェイスブックの投稿を引用…






5年前から始まったこの会、「エミコ一時帰国祝い、何度でもやったるねん壮行会」という名前で、同じくJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーで、エミコさんのブログを管理されている松坂さんが発起人となり、毎年この時期に開催。

そもそも一番初めは、上の榛葉さんの投稿にもあるように、日本での治療がもはや困難となって、パートナーのスティーヴの母国オーストラリアに出発する壮行会だったのだ。

かなり過酷な治療…昨年は、車椅子と松葉杖がなければ動くこともできなかった。

それが今年は…血色もよく、肌ツヤも綺麗で、じわじわと元気を取り戻していることが目に見えて明らか。誰もがきっとそう思ったことだろう。

いつも、この会では誰にでも笑顔を振りまき、それだけでも相当な気力と体力を使うのに、彼女は一切妥協なんてしない。

彼女を励ますつもりのはずで参加した方々が逆に彼女からパワーとエナジーをもらっている始末。

誰とでも分け隔てなく接する彼女の自然体が素晴らしい。旅を通じていろんな出会いがあったはずなのだが、一度出会ったらずっとその出会いを大切にしていることも真似できないところ。

5年前に初めてお会いしたのだが、初めて会ったという気がしなかった。

1980年台後半からサイクルスポーツの記事で彼女とスティーヴのことを知り、私も1991年から二人の旅の軌跡をたどるようにしてアラスカ北極圏を目指したり…。二人に旅の途中でであったという旅人たちともあちこちで出会ったり…。

3年前のオーストラリア横断時にも、クリスマス前のメルボルンで二人を訪ねたが、エミコさんが風邪を引いて寝込んでいたため、スティーヴが私に会いに来てくれてメルボルンを案内してくれたのも嬉しかった。

*その日のブログはこちら



1545191_629007210481618_1291684996_n_20160613205948a9d.jpg 


スティーヴがエミコさんから預かってきたクリスマスプレゼントは、エミコさんのオススメのお菓子や食べ物。ひとつひとつのパッケージに説明やメッセージが添えられていて、封を開けた途端に涙が出そうになった。



13450264_1268655776491575_1624270355935117013_n.jpg

会の中では、毎回自己紹介を兼ねてエミコさんにメッセージを送る時間が設定されている。



彼女はきっと復活する。今回、そう確信した。

神様は彼女が旅を終えるまでは彼女をこの世にとどめておいてくださるのだ。

残された旅のルートは、タイから日本までアジアのごく一部。距離にして3000キロばかり。

決してあせることもあわてることもしなくていい。

じっくりと、ゆったりまったり前に進み続けていれば、必ず旅の終わりはやってくる。

一度は命を賭けた人生…がんと闘ったのではなく、がんを受け入れて、自分の中で昇華させてしまったと言った方がいいのだろうか。



自分自身まだ旅を続けている訳だけれど、まだ残り三大陸で2万7000キロも残っている。

エミコさんとスティーヴがたどったルートも今後たどることがあるだろう。

会の中で彼女が今回話した言葉…

「51歳になったけれど、人生まだまだ今からがスタート」

人生においては何度でもスタートラインを引き直してもいいってこと。

今から、ここから…そう考えれば、いくつになっても何だってその気になればやれる。

加齢を理由にあきらめることなんて何ひとつない。




13423980_1070127759702892_5212725823769887331_n.jpg 


生きててくれてありがとう!

出逢ってくれてありがとう!

笑ってくれてありがとう!

身内でも親戚でもなんでもないのに、年に一度出逢うことで元気をもらっています。

旅立ちを前に、逢えて良かった。

本当に良かった!

エミコさん、ありがとう!

 
IMG_3048_20160613210245589.jpg
昨年の会の様子から…スティーヴとエミコさん



2012年の会の様子はこちら

2013年の会の様子は
こちら

2014年の会の様子は
こちら

2015年の会の様子はこちら



*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト


テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/13(月) 21:07:11|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界平和の鐘

【世界平和の鐘】

11391482_873780216004315_1115246640440706893_n_2016061223220614b.jpg


ニュージーランド人サイクリスト、ナイジェル(Nigel)が今年も世界平和の鐘を鳴らすために日本を訪ねてくれた。彼の日本訪問はこれで6度目。日本が大好きという。

ナイジェルと出会ったのは2014年、ちょうど私が「PEACE RUN2014 ニュージーランド縦断ランニングの旅」を走っている最中、クライストチャーチに入る日に自転車で伴走を申し出てくれたのだ。

旅のゴールクライストチャーチに戻る際、ファイナルランでも共走、動画の撮影もしてくれた。



昨日11日に大阪入りして、今日は大阪市の鶴見緑地にある世界平和の鐘(日本に5つ…本州には関西に3つある)を鳴らすイベントを企画。



この世界平和の鐘は、悲惨な戦争や核兵器の脅威のない平和な世界をとの願いを込めて、1954年に日本からニューヨークの国連本部に贈られたものだ。

鶴見緑地にはワールド・ピースベル・アソシエーションから同型の複製が寄贈されてきている。



13445291_1069980986384236_3168109363949782723_n.jpg 


鶴見緑地の北西部にある高台の上にその鐘がある。少し早めの午前9時20分頃到着。

ランナーやサイクリストもたくさん園内を走っているし、散歩している方も多い。

ここは1990年に花博(花と緑の博覧会)があった場所。

昨年、25年ぶりにこの公園を訪ねた。

それも世界平和の鐘のイベントがなければ来ることもなかったであろうし、ここに世界平和の鐘があるということさえ知ることもなかったか。


午前10時過ぎ、サラリーマンランナー宵さん(過去に日本縦断、台湾一周ジャーニーランを走破)と、元教え子のゆうこさんが参加。

曇り空。少し蒸し暑く感じる。

冬のニュージーランドからやってきたナイジェルにしてみればまだ過ごしやすい気候なのだろうか。


IMG_4776.jpg 

ナイジェルが鐘を鳴らす…昨年のイベントの場面や、ニュージーランドの旅のことをしばし思い返していた。



2015年2月、ニュージーランド縦断ランニングの旅を終えた後、クライストチャーチのハグレーパークにある世界平和の鐘も鳴らした。


走ることで世界平和に貢献する…そんな思いでスタートしたのがPEACE RUN。

旅人が旅を続けられるのも世界が平和であればこそ。

1991年のアメリカ横断自転車旅行以降、平和であることのありがたさをしみじみと感じている。

異国を走るというのはやはりいろんな不安を伴う。ことばが通じなかったり、生活習慣が違っていたり、日本人の常識が通用しないことがあったりと、国内を走るのとは勝手が違うことも多い。

どこにいっても誰かが笑顔で接してくれる、ただそれだけで幸せな気持ちになれるかもしれない。


近い将来、今日参加して頂いた宵さんがジャーニーランでニュージーランドを走ることになるだろう。

ナイジェルとつながったことで、宵さんの楽しみが増えたに違いない。


13394199_1070167136365621_357126665864145781_n.jpg 


みんなとつながる、みんながつながる…それがPEACE RUN。

これからも、旅を続ける中で、70数億人のひとりでも多くの人とつながり続ける…。


IMG_4801_20160612232213aac.jpg 


*昨年のイベントについてはこちら




*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/12(日) 23:26:28|
  2. 世界平和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父と娘と

【父と娘と】

京都で一人暮らしをする娘が時折大阪を訪ねてくれる。




来週が20歳の誕生日…つい昨日まで6歳児だったはずなのに…。

13年ぶりの再会を果たした昨年夏、まるで未来の世界からタイムマシンに乗って現代に現れたかのような…そんな経験。

彼女にしてみれば、新しいお母さんとお兄さんができて、もうひとつ実家ができたような感覚なのだろうか。

一泊して、今朝は友達とUSJへ。

まだまだ遊びたい盛り…いろんな現実の厳しさを目のあたりにするのもこれから。


13412878_10205999733859332_1771532879070584736_n.jpg 

FullSizeRender (2) 

年頃の娘を持つお父さんって、一体どんな父親でいるのがいいんでしょう?




12345441_963449947037341_6477499646809431859_n_20160611234534b0b.jpg

公園に行ってブランコに乗ったり、ジャングルジムで遊んだりしていたあの頃は、何も考えず、ただ一緒に遊んでいただけ…


これから就職や結婚、子供ができれば育児…いろんな現実と直面していくのだろうけれど、ベストで望んでくれることを祈るばかり。

人生を楽しむ術(すべ)を教えることくらいしかできない父親の背中をしっかりと見つめてもらえるように、自分自身精進していかねば…。



*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/11(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇跡は毎日起こるもの

【奇跡は毎日起こるもの】

miracles.jpg


考え方を変えてみれば、僕のこれまでの人生は、実は奇跡の連続であった。

そもそも僕がこの世に生まれたことそのものが奇跡のようなものなのだから。

出会ってきた人々、経験してきた様々なこと、それらも偶然が連続して起こり得たことでしかない。

中には、起こって欲しくなかったこともあるだろうし、ひょっとしたら出会いたくなかった人もいるかもしれない。

奇跡は毎日起こるもの。少なくとも僕はそう信じている。

大切なのは、良かれ悪しかれ、出会いや別れを含め、今起こっているすべてのことには意味があるということ。

その意味をじっくり考えて、目先のできごとに一喜一憂することなく、この人生を魂のレベルで生きようと努めること。

この宇宙ではあらゆるものがすべてつながっている。そのつながりは時に「絆」と呼べるもの。

絆を紐解くことなく、つながりを断つことなく、自らそのつながりに気づき、ひとつひとつのつながりを愛おしく思うことができるように…。

見えないものを観る眼、聞こえないものにも耳を傾けて聴く耳を持とう。

考えるよりも感じるものを大切に…。

繰り返そう…奇跡は毎日起こるもの。

そのひとつひとつを、感謝の気持を持って楽しむことこそが、きっと価値ある人生なのだ。



*イベント:世界平和の鐘を鳴らそう〜Ring World Peace Bell

11393082_879588528756817_6058647837615939794_n.jpg

昨年、日本縦断のサイクリングで日本を訪ねてくれたニュージーランドサイクリストNigelが今年も日本を訪ねてくれました。

世界平和の鐘を鳴らすイベント、今年も実施します。短時間でもみんなで世界平和を願って同じ時間と空間をシェアできれば嬉しく思います。

フェイスブックイベントページはこちら

:*+:*+:*+:*+ Love× Laugh→Peace +*:+*:+*:+*:






*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/10(金) 22:53:00|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックの日2016

【ロックの日2016】









アドベンチャーランナーの高繁勝彦氏が2010年の日本縦断で使ったバキーを譲り受けました!わーい! 乗りごごちよっぽど良いのか、普段全然寝ない娘っこが、帰り道に寝てしまいました^ - ^ 私は出会った頃からニックネームでケイさんって呼んでるんですが、ケイさんは世界5大陸4万kmを走って旅する冒険家で、7月からは、ヨーロッパを走ります!「高繁勝彦」で検索するとたくさん情報出てきます。応援してください^ - ^

麻衣子さん(@xxxmaikoxx)が投稿した写真 -





毎日誰かの笑顔に会えるって実はとっても幸せなこと…

一日一善とまではいかなくても、一日に一人、誰かを笑顔にできるように…それがきっと幸せの種まきなのかもね…。




*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/09(木) 18:59:10|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成の大断捨離2日目

【平成の大断捨離2日目】



















*必要な方にお譲りします情報

詳細をお知りになりたい方はメッセージお願いできますでしょうか?

剣道防具・竹刀、エアロバイク、エアロステッパー(坂登りマシン)、スキャナー、クロスカントリースキー、テレマークスキー、応接間用のガラス机、寝袋、ソファベッド、電子レンジ、プロパン用ガスコンロ、加湿器、などなど…近くの方で取りに来て頂ける方限定ですのでご了承下さい。

明日いったん大阪市の天満満天堂に戻りますが。

来週月曜日から水曜日にまた伊賀市に帰ってきます。





*「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」壮行会のお知らせ






*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/08(水) 22:10:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成の大断捨離

【平成の大断捨離】

13394132_1067108370004831_2677991182596897256_n.jpg

1980年代から90年代にかけて5回走ったホノルルマラソンの完走メダルも(大地)宇宙に返します。

思い出にありがとう!


13310549_1067246609991007_3551542890697505485_n.jpg

平成の大断捨離…小学生時代のコレクターズアイテムだった。


一つ捨てれば一つ厄払い。

希望は捨ててはダメだがゴミはどんどん捨てるに限る。

大断捨離大会、明日でいったん一区切り。

かなり大変な作業がまだ残っているけれど、大体の目処がついて来た。

ためらわず捨ててしまう捨て身の生き方…男は潔く諦めることも時には必要。

明日につながる今日に感謝感激感動!

断捨離とは過去の自分と永遠の訣別をすること…。




*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/07(火) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊賀断捨離ツアー

【伊賀断捨離ツアー】

何でもかんでもバリバリ断捨離なうです。

今月中に伊賀の古巣を脱出して、ヨーロッパに出向くつもりでおります。

写真のネガやカセットテープ、古本、アナログ時代の遺産ともいうべきものがどっさり。

宝物と錯覚していたものがすべてゴミと化して行く。

宝物は宇宙に預けて来世で返してもらうことにしよう。

あの世に行くのは早いけど、今から下準備だね。



早朝、五時過ぎ天満満天堂から車を走らせ(一般道を走るのは何年ぶりだろう)、伊賀市比土のアパートへ。

一度目の結婚後、単身赴任で最後に勤めていた学校の近くにアパートを借りていた。

2013年にぴあぴと結婚後は大阪天満橋の天満満天堂に居候。あまりの荷物の多さに伊賀のアパートがトランクルーム代わりになっていたのだけれど、近々大阪府東大阪市の一軒家に移り住むことになった。

断捨離を敢行して、何とか荷物を減らし、6月中に伊賀のアパートから脱出するのだ。


13344499_1066632326719102_2531507248564432187_n.jpg


38年前の高3の夏休みの課題作文発見!




伊賀市比土のホタル…


13325563_10205969962595069_2278319607928763547_n.jpg


カエルの大合唱も凄い!これだけまだ自然がいっぱい残っている。

この辺りは、イノシシやシカ、タヌキにキツネ、サル、キジ、フクロウも出るところ。

大阪でしばらく暮らしてて、久々にこちらで夜を迎えて何か感動的。人よりも野生動物などが多いのにびっくりだ。


あと2日、引越し準備のために断捨離は続くよ…(笑)


13332747_266456367040604_2279985548378853783_n.jpg






*平性28年熊本地震復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。


Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト


テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/06(月) 23:36:54|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出の名場面…5年前の今日

【思い出の名場面…5年前の今日】

11411869_878516028864067_4706368123449757623_o.jpg


2011年6月5日、アメリカ横断ランニングの旅でアメリカの歴史的街道であるヒストリック・ルート66沿いの町、カリフォルニア州アムボイに到達。

撮影会の最中だったハイレグ美女達の歓迎を受ける。

モハヴェ砂漠の真っ只中、気温が40度まで上がって、もはや熱中症気味でふらふらだったため、美女に囲まれるよりも早く腰を下ろして休みたかった。

この日の夜は、廃屋となったモーテルのフロアで、マットレスと寝袋で寝たが、ネズミとトカゲの歓迎を受ける。



Peace Runアメリカ横断5000キロ単独走の旅 11日目



Peace Runアメリカ横断5000キロ単独走の旅 12日目


*この日のブログはこちら

*アメリカ横断ランニングの旅のダイジェストはこちら

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/05(日) 23:26:56|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孤高の人モハメド・アリ

【孤高の人モハメド・アリ】

muhammad-ali-3.png


ただのボクサーではない。もちろん世界ヘビー級王座を3度奪取したという偉業もある。

彼が闘ってきたのもリング上だけではない。むしろ、それよりも苦戦したのは、当時いろんな問題を抱えていたアメリカの社会ではなかったか。

最も人種差別が過激であった時代でもあり、その一方でベトナム戦争という社会的な事件があった(彼は信仰と信念から懲役を拒否したという)。

1960年のローマ五輪で金メダルを獲得するも、人種差別を受け、悔しさから金メダルを川に投げ捨てた過去も…。

プロデビューは1960年。

60年代のアメリカは、キング牧師やマルコムXらをはじめ、黒人の公民権運動が盛んな時期。

22歳まではカシアス・クレイを名乗り、イスラム教に入信後、リングネームをモハメド・アリに改名。

70年代のジョージ・フォアマンとの一戦やアントニオ猪木との格闘技世界一決定戦など歴史に残る名勝負も懐しい。

1981年引退。その後長くパーキンソン病を患うも、いろんな場面で社会的な活動に尽力し、世界に影響を与えてきた一人。

強烈な個性の持ち主で、いろんな名言を残しているが、

Float like a butterfly, sting like a bee. Your hands can’t hit what your eyes can’t see.

(蝶のように舞い、蜂のように刺す。お前の目で見えないものはお前の拳で打てる訳がないのさ)

はとりわけ私が好きな言葉だった。

アメリカが生んだ類まれなボクサー、

享年74歳…

天国ではもう誰とも、何とも闘うことのないように祈りたい…。

R.I.P.(合掌)

7-life-lessons-from-muhammad-ali-10-728.jpg






*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

  1. 2016/06/04(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モダン飛脚走法開眼!

【モダン飛脚走法開眼!】

この3年、一本歯下駄を履いて歩いたり走ったりしながら、体の使い方をあれこれ研究してきた。

科学的なことはあまりよく分かっていないけれど、頭で考えるよりも感じるものを大切にしていたら、今日ふと思いついた。

ARUCUTOの宮崎さん(トレーニングクリエイターで一本歯下駄GETTA開発者)が以前100均の結束バンドを使ったトレーニングを紹介されていたけれど、その結束バンドを膝小僧の上に巻いて走るというのがモダン飛脚走法の修得メソッド。

朝、拾活しながら思いついて、早速、午後にチュートリアルビデオの動画撮影に…。




以下は、その動画の解説から…


古来、飛脚がどのように走っていたかは文献も残っておらず定かではない。

わずかながら残された絵画などでそのランニングフォームらしきものは見ることができる。

能や狂言、さまざまな武術の動きから察するに、恐らく、日本人の体型に合った日本人らしい走りをしていたと思われる。

さほど筋力も使うことなく、一日に100キロ以上の距離を移動するのであれば、極力無駄な動きをしないことが理想だ。

月間1000〜1200キロを走って移動するアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦流のモダン飛脚走法修得メソッドを体験してみよう。

はだし、ワラーチ、一本歯下駄に共通する膝を抜く・踵を踏む走りが自然に身につく。

無駄に筋肉を使わず、リラックスした自然な走りなのでウルトラランナーには特にオススメ。


*用意するもの:

100円ショップで販売されている結束バンド(伸縮性がありマジックテープで留めるタイプ)

1)結束バンドは一本のみ使用。膝の少し上辺りで固定。慣れるまでは太腿部分でも構わない。

  左右の膝がいつも接するか接しないかの間隔を保ちながら走る。

2)その場歩き→その場駆け足→早歩き→ノーマルスピードでの走りで練習。

3)太腿を挙げない。膝のみ前に出す感覚。地面を蹴らない。

4)つま先と膝が紐で繋がれているという意識。スキーのジャンプでジャンパーが宙を飛んでいる際の足のイメージ。

  スネと足の甲が作る角度は鋭角。

5)腹筋と背筋を心持ち緊張させる意識。体が前に倒れていく感じで前進。へっぴり腰にならない。

6)上体はリラックスして常に進行方向を向いていること。ねじらないひねらない。腕振りも特に意識しない。

  猫背にならないように肩甲骨が少し内に閉じる感覚。

*着物を着る女性には、結束バンドを付けた歩きをマスターすると美しく歩くことができる。

 思うに、普通に着物を着ていた時代にはこの歩き方がノーマルだったのではないか?


Music: ヨロコビノウタ by Q Japan


加えて、モダン飛脚走法修得メソッドのバリエーションも…

まずは、バンザイラン




膝小僧の上に結束バンドを固定してのバンザイラン。

肩甲骨が内側に閉じることで、より前傾姿勢を作りやすくなる。


そして、一本歯下駄GETTAラン



結束バンドを膝小僧の上に締めています。太腿を上げず、膝が擦れるくらいの意識でストライドを狭めてピッチ走法で走ります。

一本歯下駄GETTAで走るとふくらはぎが痛くなる理由…それは地面を蹴って走っているから…。

Q:「地面を蹴ることで推進力になるのでは…?」

A:「いえいえ、違うんですよ。地面を蹴るということは地面と喧嘩すること。無駄な力を使わずに、体が前傾する勢いに任せて前に足を出していくことで推進力が生まれてきます」

ワラーチやはだしのランも基本は同じ。長い距離を走るのに、恐らく昔々の飛脚はこんな風に走ったのではないか…?

そんな思いで、モダン飛脚走法を提唱しています。

Music 「右脳ピクニック」by Q Japan(芝田吾朗&ぴあぴ)




あまり、走ることにおいてテクニックうんぬんを語るのは好きではないのだけれど、他のランナーの皆さんにお役に立てるのであれば…。

IMG_4719.jpg



今日は、PEACE RUN公式スポンサーのひとつPROGEAR Vision広報用の写真を自撮りで撮影。








*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/06/03(金) 20:53:04|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brian the Sunメジャーデビュー

【Brian the Sunメジャーデビュー】

GVIf7qg4.jpg 


妻ぴあぴの長男(私にとっては義理の息子)森良太くん(上の写真左から2番目)率いるBrian the Sunが、昨日6月1日、ついにメジャーデビュー。

現在、週刊少年ジャンプに原作が連載中の「僕のヒーローアカデミア」は、4月3日(日)より毎週日曜夕方5時の「日5」枠(MBS/TBS系全国28局ネット)にてTVアニメとして放送がスタートしている。

そのエンディングタイトル「HEROES」(この記事最後に動画あり)は、先月FM802のヘビーローテーションとなり、大阪エリアでは耳にされた方も多いのではないかと思う。

今月は全国各地のFM、音楽専門チャンネルでのパワープレイを獲得。


4人合わせてもまだ100歳ちょっと。大人というよりはまだ青年と呼ぶべきであろうシティボーイたち。

面白いのは、ウィキペディアのBrian The Sunの森良太くんのプロフィールだ。



***



ボーカル、ギター、Brian the Sunの全ての楽曲の作詞・作曲を担当。

血液型AB型。視力が悪いため普段は眼鏡をかけているが、ライブ中は裸眼でステージに立つ。

ステージ上では黒のスキニーを履いており、タイダイ柄のTシャツを着ていることが多い。

ファンからの「自分の担当カラーは何色?」という質問に対してもタイダイを挙げている。

犬1匹と猫2匹を飼っている。片方の猫の名前は「トム」でトム・ヨークに似ていることから命名。

幼稚園時から小学6年まで合唱団に入団。その頃ピアノを習うが、楽譜は読まず耳で聴いて音にしていた。

13歳からギターを始める。中学時代はストリートミュージシャンとして活動していた。

実父は桂花團治 (3代目)で、義父はアドベンチャーランナーの高繁勝彦、母は歌手ぴよぴよ (歌手)である。

ソロとしても活動しており、弾き語りライブなど不定期で行っている。




***



落語家の実父でアドヴェンチャー・ランナーの義父…(笑)

3年前、私がぴあぴと婚約した際に、彼のブログではこんなことが書かれていた。



***



最近一番おもしろかったのは、ワンマンの出番前にオカンが楽屋に来て

「来年の6月9日に入籍することを明日発表するから。」

っていう報告でした。

前夫(つまりおれの父親ね。)が落語家で、今度はなんと冒険家。地球走りまくってる人です。

探してくるだけで一生掛かりそうな変わった人らばっかりに縁があるようで。

弟できたらええな。23歳差で。笑




***



彼の母(つまり私の妻)ぴあぴは、ぴよぴよという名義でメジャーで活動していた。

彼女の出世作「虹と太陽の丘」はアニメ「らんま1/2(熱闘編)」のエンディングテーマ。





これで、母子そろってメジャーで活躍することになった訳だ。


ぴあぴが昨日フェイスブックに投稿したのは…




母としての思いも格別なものだと察する。

彼もまた母と同じDNAを内に秘めているはずだが、親としては、自分を超えてさらなる高みへと上り詰めて欲しいという気持ちでいっぱいではないだろうか。


母から子へ…ミッションのリレーみたいなものか…。

バトンは無限に大きなものになるかもしれないけれど…。




「HEROES」シンプルな歌詞だけれど、ありきたりの平凡な「僕」が、さまざまな苦難や試練を乗り越えてひとりのヒーローになっていく…そんなイメージだろうか。

人はきっと自分の思い描いた自分になれるはず。果てしない可能性を秘めた自分自身の中に、いかにしてヒーローを見出すか…

森良太くんらBrian The Sunの4人がホンモノのHEROESになってくれることを祈っている。




Brian the Sun 『HEROES』Music Video

TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」EDテーマ
Brian the Sunメジャーデビューシングル『HEROES』ミュージックビデオのShort ver.




頭に思い描いが、なりたい理想の自分がHERO(英雄)だとすれば、思い通りの自分になればいい。

なかなかたどり着けないところに彼はいるかもしれない。

ただ、前に進み続ける限り、確実に彼は自分のところに近づいているはず。

何も捨てる必要はないし、自分から遠のいていくものは追いかけなくてもいい。

まずは、ありのまま、あるがままの自分で、今の自分を超えていくところから。




Brian the Sunオフィシャルサイト



Brian The Sun(ウィキペディア)



*本日から7月10日まで全国18箇所でツアースタート、詳細はライヴ&イベント情報







*業務連絡〜熊本地震被災地復興支援

13321715_1062422453806756_1503413876296083011_n.jpg


平成28年熊本地震被災地復興支援のためのPEACE RUNTシャツの収益金の内、必要経費(Tシャツ代・プリント代・送料)を除く売上げに、私自身のRUN×10(ランバイテン)運動分を加えた3万円を「御船しあわせ日和実行委員会」に寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。

Tシャツを購入頂いた皆さん、ありがとうございました!

PEACE RUNオリジナル公式Tシャツ





*平成28年熊本地震復興支援…ランナーが走ることでできることがあります

runx10kumamon2.jpg 

RUN×10(ランバイテン)運動

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/02(木) 09:57:25|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冒険記念日2016

【冒険記念日2016】

969412_525605750821765_1582413429_n.jpg 

今日は個人的な冒険記念日。


二度の北米大陸横断自転車旅行に旅立った日。

人生がワイルドな方向に向き始めた日。

アドヴェンチャー・ランナーになるためのレールが敷かれ始めた日…。





一度目はロスアンジェルスからニューヨークシティへ、ワシントン州シアトル経由でアメリカ大陸縦断と横断。131日間、11628キロ。

第1回北米大陸横断単独自転車旅行


二度目はアラスカ北極圏横断(アンカレジ~コールドフット)~カナダ横断(フェアバンクス~プリンスルパート~ケベックシティ)。126日で9307キロを走破。


11329936_876636582385345_5604900289740810881_n.jpg 


第2回北米大陸横断(アラスカ北極圏横断+カナダ横断)単独自転車旅行


タイガの森とツンドラの原野、そしてアメリカ以上に広大な土地カナダの大自然を堪能しつくした旅…。

アラスカ北極圏とカナダはいずれまた走りたい。それが、北米大陸4度目の横断になるはずだ。




その年の11月から翌1995年5月にかけて、ニュージーランド縦断+オーストラリア横断自転車旅行へと続く。(155日、8750キロ)

13256198_1054243704624631_8273403777788448497_n_20160601224453302.jpg 

ニュージーランド& オーストラリア横断自転車旅行

11229368_876647269050943_1796976977744461474_n_20160601224450655.jpg


20年後、またしてもナラボー平原を含むオーストラリア横断とニュージーランド縦断をランニングで走った。



アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦の冒険の原点はやはり自転車にあったのだ。

富士山や乗鞍岳も自転車で登頂した。日本国内(北海道・本州・四国・九州)も海岸線をほぼ一周。

日本一の山、Mt.Fujiを「駆ける(マウンテンバイクによる富士山登頂)


風に乗って、風になってどこまででも走っていける…。

いろんなものを自転車に積んで、行く先々で野宿しながら出会いを楽しむ…。

それがまた楽しいのだ。今、ランニングで旅をしているが、移動の手段こそ変わりはしたが、旅の基本となるものは自転車での旅行と何ら変わらない。



そしてもうひとつが二十代最後のチャレンジとなった東海道行脚の旅(京都~東京ランニングの旅)


PEACE RUNの始まりは2004年だったが、そのベースとなっていたのが1990年の東海道五十三次ランだったのだ。


本当は自転車で世界一周をもくろんでいたのに、いろいろあって、旅はいったん中断。

その後、2010年の最初の日本縦断で旅は再開…翌年にアドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦が誕生する。


gump_and_kay_artistic_20130602093043.jpg 


年間3分の1は自宅に不在…。旅人であるがゆえに一つどころに留まっていること自体が難しい。


2010年の日本縦断は104日、2011年アメリカ横断は138日、2012年、二度目の日本縦断は96日、2013年9月から163日でオーストラリア横断。2014年11月から83日間でニュージーランド縦断。


PEACE RUN

ニュージーランド縦断の旅を終えてはや1年と4ヶ月。もうどっぷりと普段の(旅人ではない)日常につかってしまっているが、道祖神の囁きは常に耳元で聞こえてくるし、旅にでたいという衝動は四六時中自分の内に抑えこまれたまま。

今月中には「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」へと。

まだ、いろいろと準備があってなかなか先に進んでいけないのだけれど、決してあせらずあわてずあきらめず。


それよりも、「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」はこの先まだまだ続く訳で、アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦もまだまだ走り続けるのだけれど、一体どれだけの年数がかかるのかも皆目検討がつかない。

確かなことは、走るべき一本の道と二本の脚がある限りは、生きて走って旅をする人生が続くのだということ。

ゆったりまったり…すべてはなるようになるし、すべて最後はうまく行くようにできているはずだから、僕は自然の流れに身を任せるだけ。

人生を達観するところまでは行っていないが、自信を持って楽観視することはできる。

ランも旅も冒険も人生も、すべては動きの中で完結する。心も体もフルに動かすことでより素晴らしい人生が展開されるのだから。


高繁勝彦冒険の軌跡はこちら





テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2016/06/01(水) 22:51:06|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード