FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

「奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)」こぼれ話

 【「奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)」こぼれ話】


ナンバーカード(ゼッケン)の番号が一体何を基準にあてがわれたのかが話題になっていたようですが、昨年から年齢順のナンバーになっているのだそうです。

ナンバーが若いほど年齢が高いということになります。ちなみに1001番は77歳の安喜さん。

57161024_2166786746703649_5247280589131743232_n.jpg
*写真は、ゲスト用のナンバーカード(番号はありませんが…)



11146297_850382965010707_2104793513526906102_n_20190417192730c16.jpg 

早朝5時スタートで、大会前の競技場の注意でも言われていたヘッドランプかハンディライト持参の指示がありました。

それでも、暗闇を明かりなしで走っていてつまずいて転倒された方も昨年はおられたようです。

スタート直後はまだ良しとして、日没後、疲労困憊で注意力や集中力も薄れ、ちょっとした不注意が事故につながるのもウルトラマラソン。実際に今年もおろちループからの下りで意識朦朧として転倒…額から流血されている方もいらっしゃいました。

事故が起こって怪我をしてからでは遅すぎるということも肝に銘じておきたいもの。

何よりも安全と健康第一で走りを楽しむのもまたウルトラマラソンですね。


30715386_1675653519150310_1592779593700343808_n_20190417193733a7c.jpg 

昨年の第4回大会は当初から雨風の予報、気温もそう上がることなく、標高700メートルあまりのおろちループでも当然かなり冷え込むことがわかっていながら、半そで半パンで雨風の中を走り続け低体温症になられた方が多数おられたようです。

リタイヤしたランナーが100名以上いたということがその過酷さを物語っています。

いろんなことが起こり得るウルトラマラソンというものについて、さまざまな情報がネットでも収集できますが、ただ情報を得るだけでなく、自分自身の頭で事前にシミュレーションしておくこともある程度必要なのでしょう。

トレイルランでも滑落事故や遭難が増えてきている昨今、事故は必ず起こりうるものだということ。

命あっての物種、走ることを楽しめる命と身体に感謝ですね。


*体との対話〜その1

17992330_1336683393047326_7153697891710331539_n.jpg 

奥出雲ウルトラで、エイドで休んでいるランナーにアドバイスしたのは、シューズやソックスを脱いで足を楽にさせてあげること。

シューズに密閉された足は、繰り返される衝撃に耐え、靴という密室の中で辛く苦しい思いをしている。

もし急がないのなら裸足になって足にも深呼吸させてあげるのがいい。

裸足で走るのが一番なのでしょうが、今回はワラーチやサンダルのランナーも結構見かけましたね。

暑い日には足に直接水をかけたり、足を水につけたりしてあげるとなお足は喜ぶはず。

足の気持ちになってみれば分かること。

走っている最中には「頑張れ!」と足にも声をかけてあげよう。

走り終わった後には「よく頑張ったね」と感謝と労いの言葉を忘れずに…。

ランナーは常に足(脚)と共存共走している。

ランナーを支える足(脚)にも思いやりを…

11156272_850378128344524_8528527442028051479_n_20190417194827c85.jpg  
85キロポイント三井野原エイドステーション…いったん腰を下ろしてしまうともう立てなくなる…



*体との対話〜その2

17952523_1336702653045400_6156555677956154398_n.jpg


地面を蹴る走りは地面と喧嘩する走り。足にも地面にもよろしくない。

速く走ろうとより強く地面を蹴るために筋トレをする…そんなランナーは少なくない。

地面を蹴ればその衝撃や反動が足(脚)や腰に返ってくる。

地面とも共存するために、地面をソフトに押す走りが理想。

心穏やかに地面を押せば、足は自然に前に出て静かに地面を捉え着地する。

ただ走るだけならどんな走りでもいいのだけれど、より素晴らしい走りを求めるのであれば、自分の足や体だけにこだわっていてはエゴな走りで終わるだけで決してエコな走りは楽しめない。

この大地(地球)に二本の脚で立ち、走らせていただいているという感謝の気持ちが感激・感動の走りを生み出す…

僕はそう思いたい。

やがてこの世から消え去る時に我々が帰っていくこの大地に思いを馳せて、大地からもパワーとエナジーをもらえるように…。


*****


こちらも奥出雲と同じく海宝ロードランニングの海宝道義さんプロデュースでスタートした大会…

top_image2019.jpg


今年10回めでファイナル…いよいよ最終回。

遠足(とおあし)という名前がつくのはいわばマラニック的なラン。

競わない争わない、共に走る共走を楽しむもの。記録よりも記憶に残る走りを体験したいというランナーはぜひエントリーを!



伊南川100キロウルトラ遠足(とおあし)



☆3月1日から4月30日まで、
こちらのページにもブログを書いています。



*クラウドファンディングをやっています…ぜひサポートお願い致します!!
readyfor2019.png 

詳細はこちら


*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/04/17(水) 19:52:01|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード