FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

ハナププ式珈琲セレモニー@ぴんぽん地球ス(テラス)

 【ハナププ式珈琲セレモニー@ぴんぽん地球ス(テラス)】

IMG_5743_convert_20190601170406.jpg 

昨年もちょうど同じ時期に開催したイベント「ハナププ式珈琲セレモニー」。

天満橋時代に一度、富田林では二度、今回で計3度めの開催。

*昨年のレポートは
こちら

イベント主催者は、愛知県出身でインドネシアスマトラ島在住で、日本にいる間はこの珈琲セレモニーで車上生活をしながら日本を縦断しているタカさんこと三浦隆典さん。

いろんなご縁とつながりで今年も開催。

茶道のことを英語でティーセレモニー。ならば珈琲セレモニーは珈琲道。

式典的なものをコーヒーと結びつけているのである。

もともとはサーフィンが好きでインドネシアに行ってサーフィンを楽しんでいる内にインドネシアと日本をつなぐ架け橋的なことをやろうと、インドネシアでサーフィンのガイドをやっていたのだが、スマトラが津波の被害に遭い、何かできることをしていこうと思いついたのがスマトラで取れるコーヒーを日本に広める活動。

IMG_4150.jpg 

大人7人と子供2人が集まった。

まずはザルに入った生のコーヒー豆を五感で感じる会。豆は軽く水洗いして水切りをしてある。

いろんな楽器で音を奏でながら良い波動(周波数)を豆に送る。こうすることでコーヒー豆がいきいきとしてくるのだとか。

IMG_2293.jpg 

そして、コーヒーを焙煎。土器で作られた焙煎機に豆を入れて日に焙ると部屋中が芳しいコーヒーの香りで満たされる。

IMG_5595_convert_20190601172036.jpg  


その間、インドネシアの政情や文化、人々の話などを聞かせてもらう。

タカさんはひんぱんにインドネシアを訪ねることを毎年繰り返している。内戦があったり、地震や津波の被害があったり、ここ数年の間にも国はどんどん変化しているという。

そういったニュースの大半は、よほどの国際的な影響を与えるものでない限り日本ではほとんど知られることもないし報道されることもない。

IMG_7549_convert_20190601172400.jpg 

コーヒー園で奴隷のように働かされる人々、労働の対価として与えられる報酬は微々たるもの。

そういったコーヒーが大量に生産され、先進諸国では大量に消費される。

ただ、そういった大量消費のためのコーヒーは実はホンモノではないのだとタカさんは語る。

IMG_3313.jpg 

焙煎され、ミルで挽かれたコーヒーは麻製のフィルターに入れられ、いよいよ最終段階。

水はポットの中で煮沸され、タカさんが感覚でとらえた約85度の温度でコーヒーに注がれる。

沸騰したままのお湯では味も香りも飛んでしまうのだそうだ。 

お湯を注いでいる間にも、いろんな楽器で音を奏でるにわか音楽隊のセッションが続く。

じっくり時間をかけてカップ7杯分のコーヒーが淹れられた。

IMG_1770_convert_20190601172008.jpg 

カップを回し飲みしながらひと口のんでは次に回す。その間に自己紹介。

いろんなところでいろんなつながりができるものだが、地元で新たなつながりができるのは何かと嬉しい。

IMG_6663.jpg 

「本物を知る事は本物を守る事に繋がる」

これがタカさんのポリシーだ。


コーヒーを通じてインドネシアを知り、インドネシアの国や人・文化を学び、日本とインドネシアの架け橋となりながら、自分自身に与えられたミッションに関わるのがタカさん。

彼は、日本全国各地でこのセレモニーを開催しながら、車中泊可能な軽ワゴン車で旅を続けている。8月には九州ツアーもスタートする。イベントが開催できるスペースを提供してもらえる協力者随時募集中ということだ。

コーヒー好きな方はもちろん、タカさんの興味深い話を聞きたい方、ぜひコンタクト取ってみてください。




*ハナププ珈琲

スマトラ島の秘境珈琲産地で代々続く珈琲農園を土壌改良からやり直し独自の自然農法で育て精製した生豆を現地買付。収益を日イ文化交流基金とし活用すべく設立された。

公式サイトは
こちら



*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら


スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/31(金) 23:48:29|
  2. WORLD PEACE(世界平和)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テントの夜

【テントの夜】

IMGP2217_20190531093209f06.jpg 


原野のフィールドでたった一人、テントで過ごした夜…満月の灯りで文庫本を読んだり、満天の星空の下でアールグレイティを沸かして飲んだり、震えながら寝袋にくるまってホットウイスキーをすすったり…

さまざまな回想に浸るのも楽しや…


大自然の懐(ふところ)に包まれてしまえば、自分のちっぽけさを思い知らされることばかり。

働いてお金を稼ぐことも、出世することももちろん大切なことだし、人を愛して人から愛されることも必要不可欠なこと。

でも、もっともっと大切なのは、今、生きて生かされていることの実感を得ることなんだろうな。

僕らの人生、日々いろんなことを模索しながら続いていくものではあるけれど、その根幹にあるのは、生きるための命を今与えられているということ。


IMGP2523_201509042320128e1.jpg


数えきれないたくさんの夜をテントの中で過ごしてきた。

気温45度を超える中でテントを張り素っ裸で濡れタオルをかぶって寝たこともあった。

大雨でテントのフロアが浸水して眠れないこともあった。

夜中、カンガルー数匹がテントの周りで運動会をしていた夜もあった。

大平原の突風でテントが煽られフライシートがバタバタ激しい音を立てて恐怖に震えることもあった。

ひとりの夜は時に長い。孤独を楽しめる時はいいが、どうしようもなく寂しくて眠れなくなることもある。

眠れない夜には満天の星空の星の数を数えてみたりもした。

そして、今現実の生活をここ日本で送りながら、見果てぬ夢をなおもまだ追いかけようとしている自分がいる。


IMG_4268_20190531093202da6.jpg 


「いつでもやめてやる」と思っていた自分が「決してあきらめない」自分に変わる時、旅の面白さは極端に変化する。

楽しもう…旅もマラソンも人生も…すべてが冒険だ!




IMGP3035_201509042320103a8.jpg




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/05/30(木) 23:22:27|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山を走る

【山を走る】

33943783_1719727221409606_2676446133638660096_n.jpg 


他のランナーはどうだか知らないが、海か山かと聞かれたら、ためらわず「山」と答えるだろう。

山を走るのはある意味前世とつながっているような気もする。

トライアスロンをやってはいたけれど、はっきり言って水に浸かるのはは好きじゃない。

前世に溺れたのか水難に遭った可能性もある(笑)。

温泉に行くのも特別好きということもない。長風呂もしない。お風呂よりはシャワーで済ませるタイプだ。



その昔、自転車(マウンテンバイク)で富士山や乗鞍岳も登った。

マウンテンバイクは1980年代半ば、日本で発売し始めた頃にいち早く買って乗り回していた。


201205081744058e5_20190530074849d64.jpg 


近場の山に持っていって、押したり担いだりして山頂を極めるのが楽しかった。

下りも階段で乗れなくても担いで下山する…バカバカしいことをやっているように思われるがそれもまたなかなか楽しめた。


11913975_913029832079353_2624476249206388714_n_20190530074840602.jpg 

トレイルランニングという言葉が生まれる以前から山を走っていた。クロスカントリーとかファルトレクとか呼ばれていた時代。

「ランニング登山」という本があったが、結局のところ、山を走るというのは人間の本能から生まれてくる行為なのだろう。


59773336_2201406799908310_7576306564793892864_n.jpg 

今は、一本歯下駄で山を登るのがマイブーム。下りは危険を伴う箇所でサンダルに履き替える。

走るというよりは「早駆け」。歩くよりも速く移動する。


10929010_811347685580902_1807895212377856273_n_201905300748409a5.jpg 
どんな国を訪ねても山がある。山がない国は珍しい…ニュージーランド南島をバギーを押して走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦


山は聖なる場所と言われる。

山岳宗教の修験道は日本独特の宗教であるが、修験者たちは山へ籠もって悟りを得るために厳しい修行を行う。

日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられたものだと言われている。

山というのはもちろん平らではない。道だって荒れているところも多々ある。

岩場やがれ場があるし、石ころも落ちているし、木の幹や切り株がそのままむき出しになっているところもある。

砂地の道もあれば泥やぬかるみの道もある。

舗装されたアスファルトの上を歩くのとは訳が違う。


山に入るのであれば、できるだけ自然なまま…ナチュラルなスタイルで登りたい。

シューズではなくサンダルや下駄のようなもの。身につけるものも自然素材。

それこそ、千日回峰行にのぞむ修験者のように水500ミリリットルとおにぎり2個だけを持って…。


improving-life-health-hiking-nature_20190530080506e30.jpg 


一切の不浄な気持ちを棄てて山に入る…

というよりも、山に入れば余計なモヤモヤはたいてい消えてなくなるもの。

自分が最も自分らしくなれるのが山なのかも知れない。


30711015_1676468582402137_2526825145381683200_n_20190530080347a9e.jpg




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/05/29(水) 23:42:40|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透明な風

【透明な風】 

42933067_1892959077419752_6614309632238157824_n_20190528212340104.jpg 


あゝ何もかももうみんな透明だ 

雲が風と水と虚空と光と核の塵とでなりたつときに 

風も水も地殻もまたわたくしもそれとひとしく組成され 

じつにわたくしは水や風やそれらの核の一部分で 

それをわたくしが感ずることは 

水や光や風ぜんたいがわたくしなのだ 


  


---宮澤賢治「種山ヶ原 パート3」から抜粋 





******* 





この詩に初めて出会ったのは確か高校2年生になったばかりの春だったのではないかと思う。 

宮沢賢治という、詩人でありながらはっきりとした宇宙観を持ち、この宇宙と賢治自身がどのようにかかわっているかについて、彼なりの答えを歌ったものだというふうに私個人はとらえていた。 

1991年のアメリカ大陸横断自転車旅行では、宮沢賢治詩集を携帯し、テントの中で、あるいは浜辺で、この詩を声に出して朗読したり、暗唱したりして、賢治がどのような気持ちでこの詩を作ったかを考えていたものだった。 


「あヽ何もかももうみんな透明だ」 


宇宙というものが元来ピュアで汚れのないものの象徴として捉えられている。 

雲=風+水+虚空+光+核の塵 

風=水=地殻=私 

といった考え方から、私は「水や風やそれらの核の一部分」と定義している。 

そう自覚することで、「水や風や光ぜんたいが私なのだ」という結論に達する。 

私自身が宇宙の一部であり、宇宙全体が私に含まれるということ。私という人間の中に始まりがあり、同時に私の中ですべてが終結する。 

約60兆もの細胞から成り立つ人間、ひとつひとつの細胞そのものが宇宙であると見ることもできる。 

無限の可能性とともに今この時代を生かされている「私」。 

賢治が讃えようとしているものは、果てしない宇宙につながっている「私」に他ならないのだろう。 


blue-and-white-ocean-during-day-time-wallpaper-preview.jpg 


17歳ごろに考えていたことがある…。 

この世界のどこかに必ず存在するであろう桃源郷…。 

それは、すべてが終わるところで、同時にあらゆるものが始まるところ。

そこには現在も過去も未来もない、生や死さえ存在しない、時間や空間の概念さえない場所…。 


すべてがひとつにつながって、この一瞬が永遠となる世界…。 


2011年、アメリカ横断ランニングの旅の途中、砂漠の平原で同じようなことを考えていた。 


そこは悟りの世界なのか…? 

俗物である自分には永遠に見つけられない場所なのだろうか…? 


水や光や風が私…すべて風景を構成する要素として、自分自身も風景の一部であるということ。 



今確かなことは…ありのまま、あるがままの自分で、この宇宙に、地球という惑星に、今日も僕は生きて生かされている…。 

clear-blue-sky-1770603_960_720.jpg 



*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/28(火) 21:27:10|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Go Straight〜まっすぐなお話

【Go Straight〜まっすぐなお話】

10565035_736156486433356_7831751494153511525_n.jpg  


筋が通っているというのは気持ちがいい。

まっすぐであるというのはある意味潔さを感じる。

無理に筋を通すというのはたいてい間違っていること。

まっすぐな道を走ろう。

まっすぐに生きよう。


---アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦



*****


2013年の「PEACE RUN2013 オーストラリア横断ランニングの旅」では90マイル(約146キロ)直線道路を走った。

1200キロ砂漠が続くナラボー平原を突き抜ける国道1号線エア・ハイウェイ上、カイグナ〜パラドニア間がその90マイルに当たる。


14657392_1156270287755305_4093829804088496549_n_20190528074110fd6.jpg 
90マイル直線道路の西端カイグナのロードハウス近くにある看板。現在はこれがなぜか146.6キロになっていた(笑)。



「まっすぐなみちでさびしい」



と種田山頭火(写真下)は歌っているが、僕にとってはまっすぐな道を走ることでねじ曲がった根性が治るかもしれないと思っていた。

d0108041_062413.jpg 

どこまでもどこまでも続く一本の道…

360度地平線に囲まれた1本のハイウェイをただ一人、二本の脚で移動し続けることに果てしない自由を感じながら、子供のように穢れのない純粋な心で走る僕がいた。

まっすぐな道をまっすぐに走るように、まっすぐな気持ちでまっすぐに生きようと思わされた。



曲がったことは嫌いだけれど、なかなかまっすぐに生きれていないのが僕の現状だろうか。

だから、時に大陸を走りながら、まっすぐな道を走りながらまっすぐに生きていくことも必要なのかも知れない。


11219401_873118532737150_735479530405585518_n.jpg 

上の写真はアメリカユタ州、USハイウェイ163号線の通称「フォレスト・ガンプ・ポイント」と呼ばれているところ。

映画「フォレスト・ガンプ」でフォレスト・ガンプが仲間を引き連れて走っていて有名になったところ。

彼は、ふと走り出したくなってアラバマの自宅をスタート。

アメリカ大陸を東西に渡り約3年走り続け、いつの間にか1万5000マイル(約24140キロ)もの距離を走破していたが、このフォレスト・ガンプポイントでついに彼は立ち止まり、走るのを止めてしまう。

僕自身も2011年のアメリカ横断ランニングの旅のさなかにこの道を走ったが、フォレスト・ガンプはここで走るのを止めても僕は走り続けたのだった(笑)。


ここもまっすぐな道が地平線に向かってずっと続いている。

アメリカやオーストラリアなど大陸で新しく作られた道はまっすぐなところが多いのだ。

車で走っていてもほとんどハンドルを切ることのない、悪く言えば単調すぎてドライヴが楽しくなくなるポイントでもある。

暑さと乾きで相当辛い思いも経験して、このモニュメントバレーを走り終えた跡、僕はヘルペス(帯状疱疹)を患ってしまった。

正直なところ、あの時は「熱くて辛い」「早く旅を終えて帰国したい」「(ジャンクフードやコーラは要らないから)日本食が食べたい」などとネガティヴなことばかり考えていた。

毎日、暑さと乾きのみならず究極の単調さの中で死にそうな思いをしながら、楽しむことなく走っていたのが悪かったのだ。

心にネガティヴなものがあれば怪我や故障・事故・病気が起こるということを身をもって体験させられたのがあのモニュメントバレーだった。


まっすぐであるというのはとてもポジティヴなイメージ。

「率直」「愚直」「実直」「素直」など「直」という漢字が含まれる言葉はみんなそう。

エゴにとらわれると心はねじ曲げられがち。感情にとらわれてしまっても同じ。

まっすぐ前だけを見て、余計なことは考えずに、ひたすらにひたむきにひた進むのがいい。

実は、この「ひた」という言葉も漢字で書けば「直」なのだ。


283762_393418500707158_2111597240_n.jpg 
北海道のとある風景…2012年の日本縦断ランニングの旅PART2にて


映画「フォレスト・ガンプ〜一期一会」をもしご覧になっていない方はぜひ見ていただきたい。

映画では、主人公フォレスト・ガンプというキャラクターは幼少期からのろまで間抜けなイメージとして登場。

知能的に人よりも遅れているということで、いじめなどいろんなトラブルも有り、そんな中でも最初の登校日にスクールバスで出会ったジェニーに励まされ、支えられながら様々な障害を乗り越えて成長していく。

フォレストは成長不全により脚に矯正具を付けていた。だが、これもあることがきっかけで外れて走り出せるようになった。

現実を見ればいろんな障壁が彼を取り巻いていたのかも知れないけれど、フォレストの純真な目から見れば、世界に障壁と言えるものは何もなかった。

彼はただ自分のベストを尽くし、自分の人生のありのままをあるがままに見つめ、すべてを受け入れてきただけ。

1994年、アラスカ北極圏〜カナダ横断自転車旅行のさなか、カナダ東部でこの映画を見て以来何十回も繰り返し見てきたけれど、今もなお時折この映画を見ている。

「余計なことは考えずに感じるものを素直に感じられたらいいんだよ」

「好きなものは純粋に好きになればいい。正しいと思うことを信じればいい。世界はそれで回っていく」

フォレスト・ガンプは映画でいつもそんなメッセージを僕に送ってくれている。

世の中がどうあろうと、自分が正しいと信じる道を進んでいくしかない。 

まっすぐな道を見ると走り出したくなる。それって子供の純粋な気持ちがまだある証拠なのかも…。


IMGP2697_20190528082926626.jpg


オーストラリア、ナラボー平原を無心で走っていた。考えるものは所詮頭の中で作られたものでしかない。

信じるべきは五感でフルに感じられるもの。

いいことも悪いことも頭の中で作り出されるのだということも教えられた。

感性のチカラ(感謝感激感動すること)を磨くことが必要だと思った。



まっすぐな道をまっすぐに走るように、まっすぐな気持ちでこの人生をまっすぐに生きよう。




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/27(月) 23:31:37|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シール・エミコさんの帰国とスティーヴの還暦を祝う会

【シール・エミコさんの帰国とスティーヴの還暦を祝う会】

自転車冒険家の
シール・エミコさん。私もメンバーであるJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのひとり。

emiko.jpg

1965年東京生まれ、大阪育ち。

JACC(日本アドベンチャー・サイクリストクラブ)会員。

1987年ピンクのナナハンで日本一周。『モーターサイクリスト』誌(八重洲出版)に「エミコを探せ!」を連載。

1989年、旅先のオーストラリアで知り合ったスティーブ・シールとマウンテンバイクで世界一周二人旅に。

豪州~東南アジア~北中南米~アフリカ~欧州~ロシア~ユーラシアを横断中、77カ国目のパキスタンで癌の告知を受け2001年1月、ゴール目前にして緊急帰国。入院中に入籍。

余命半年と告げられたものの、4年間の闘病生活を経て、持ち前のパワーで2004年末、夢の旅を再開!

2008年9月、世界一周完結への旅立ちを前にガンの再発・転移が襲い、再び治療に専念。

総走行距離は12万kmを突破。

「サイクルスポーツ」で「エミコの地球大冒険」と題し12年の長期連載。

著書『ガンを越え、めざせ地平線!!』(鹿砦社)。

『筑紫哲也NEWS 23』(毎日放送)で特集され反響を得た。

「夢と希望と勇気を!」をテーマに講演活動中。

日本では、野菜づくりをしながら半自給自足生活。



26466_1351096412218_905966_n.jpg 

一方、パートナーのスティーブ・シールは英語教師(本業は写真家)。

オーストラリア出身。8歳の頃から自転車に乗り始め1989年3月、自転車で世界一周の旅に出発。

6年で終える予定が途中でエミコと出会ってしまい23年たった今でも帰れない・・・。

走行距離約14万Km。

「人生は生まれてから死ぬまでの旅だ。楽しむしかない!」

日本では12km離れた最寄駅まで峠道を自転車通勤。 


(以上は「世界一周自転車旅行・エミコ&スティーブの地球大冒険」から抜粋)




末期ガンで、日本ではもう治療のしようがない…それでパートナースティーブの母国オーストラリアに旅だったのが7年前の2012年春。

ほぼ毎年、帰国して近況報告してくれるエミコさんに会えるのもある意味奇跡なのかもしれない。

人工肛門・人工膀胱を体に入れられ、数年前は車椅子がないと移動できない時期もあったが、今は軽々と歩ける状態。

エミコさんは会う度に元気になり、キレイになり、見るからに健康になっていく。

これが18年もガンを患っていた人なのか…ということが不思議すぎるくらい。

人一倍周りに気を遣い、笑顔を絶やさず、関わる人々に声をかけ続ける…そんなエミコさんを見ていると、自分自身はまだまだ至らない人間だと思い知らされる。

世界12万キロを走ってきたがゆえに、いろんな人々の思いも感じ取ってきたのだろう。


生きていれば何とでもなるのが人の人生…生きていればこそ何とかできるのも人の人生。

生きて走って旅をする…世界12万キロを走ってきたエミコさんが、数年後には世界一周自転車旅行の残りを走る旅のスタートを切れるように祈りたい。

何があろうともいいように考えて行く…エミコさんの言う通り、気長にやって行くのがいい。

ゆったりまったり…あせらずあわてずあきらめず…

生きていくということは、何があっても動じることなく、夢と希望を持って前に進んで行くということなのだ。



エミコさんからのメッセージでは…


「今回は、(パートナーの)スティーブが5月24日に還暦を迎えるので、どうしても第2の故郷大阪で過ごしたいということで、よかったら皆さんにも祝ってもらえたらそれ以上の幸せはないかと!

それから、今年は世界一周旅をスタートして30周年!(まだゴールできてないけど~。笑)」

と、スティーブと出会って30周年。

合わせて3つの記念が重なってて私たちにとっては意を新たに、特別な節目の帰国となりま~す♪」



2012年前から始まったこの会、「エミコ一時帰国祝い、何度でもやったるねん壮行会」という名前で、同じくJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーで、エミコさんのブログを管理されている松坂さん(写真下)が発起人となり、毎年この時期に開催。

IMG_9319-min.jpg 

昨年は開催されなかったため、2年前の8月が第6回壮行会。それから約2年。


会場を提供していただいているのは山本さん。

IMG_2083-min.jpg 

彼もサーファーとして日本のサーフィン界を牽引してこられた存在。今はトライアスロンの大会にも関わり、自転車もトレーニングとして始められたとか。



そもそも一番初めは、日本での治療がもはや困難となって、パートナーのスティーヴの母国オーストラリアに出発する壮行会だったのだ。

かなり過酷な治療を経験したはずだった。出発時の走行会では、ひょっとしたらもう生きて帰ってこれないのかも知れない…あの場にいた人たちはそう思ったことだろう。数年前は、相当辛そうに見えたこともあった。

それが今は…血色もよく、肌ツヤも綺麗で、日々元気を取り戻していることが目に見えて明らか。誰もがきっとそう思ったことだろう。



いつも、この会では誰にでも笑顔を振りまき、それだけでも相当な気力と体力を使うのに、彼女は一切妥協なんてしない。

彼女を励ますつもりのはずで参加した方々が逆に彼女からパワーとエナジーをもらっている始末。

誰とでも分け隔てなく接する彼女の自然体が素晴らしい。旅を通じていろんな出会いがあったはずなのだが、一度出会ったらずっとその出会いを大切にしていることも真似できないところ。



7年前のこの会で初めてエミコさんにお会いしたのだが、その時既に初めて会ったという気がしなかった。

1980年代末からサイクルスポーツの記事で彼女とスティーヴのことを知り、私も1991年から二人の旅の軌跡をたどるようにして自転車でアメリカ横断〜アラスカ北極圏を目指したり…。二人に旅の途中でであったという旅人たちともあちこちで出会ったり…。


6年前に私がランニングでオーストラリア横断を旅していた時にも、クリスマス前のメルボルンで二人を訪ねようとしたが、エミコさんが風邪を引いて寝込んでいたため、スティーヴが単独で私に会いに来てくれてメルボルン界隈を案内してくれたのも嬉しかった。

*その日のブログはこちら


1545191_629007210481618_1291684996_n_20160613205948a9d.jpg 


スティーヴがエミコさんから預かってきたクリスマスプレゼントは、エミコさんのオススメのお菓子や食べ物。

ひとつひとつのパッケージに説明やメッセージが添えられていて、封を開けた途端に涙が出そうになった。


*****




この会ではがんサバイバーがエミコさん以外にも複数参加。加えて、自転車やバイクで世界を旅した旅人も何名もいる。

会の中では、毎回自己紹介を兼ねて参加者一人一人がエミコさんにメッセージを送る時間が設定されている。



彼女の復活は近い。多くの方々もそう確信していることだろう。

神様は彼女が旅を終えるまでは彼女をこの世にとどめておいてくださるのだ。

残された旅のルートは、タイから日本までアジアのごく一部。距離にして3000キロばかり。

決してあせることもあわてることもしなくていい。

じっくりと、ゆったりまったり前に進み続けていれば、必ず旅の終わりはやってくる。

一度は命を賭けた人生…がんと闘ったのではなく、がんを受け入れて、自分の中で昇華させてしまったと言った方がいいのだろうか。



自分自身まだ旅を続けている訳だけれど、まだ残り三大陸で2万7000キロも残っている。

エミコさんとスティーヴがたどったルートも今後たどることがあるだろう。

人生においては何度でもスタートラインを引き直してもいいってこと。

スティーヴのメッセージにもあったように「今から、ここからが新たな始まり…」

そう考えれば、いくつになっても何だってその気になればやれる。


加齢を理由にあきらめることなんて何ひとつない。


IMG_2510-min.jpg 




参加者から集まったカンパが山本さんからエミコさんに手渡された。


IMG_9438-min.jpg IMG_8937-min.jpg IMG_8290-min.jpg IMG_0291-min.jpg IMG_0173-min.jpg 
そして音楽に合わせてみんなが踊りだす…。


最後はエミコさんとスティーヴからのメッセージ。

IMG_0080-min.jpg 
世界一周の旅、再スタートは近い…何とか残りを走り切りたい…そんな思いが長年のブランクを経ていよいよ実現する。

既に自転車に乗れるまでに回復したというのも嬉しい限り。



とにもかくにも強烈なエナジーとパワーを秘めたエミコさん、いつも彼女の周りには特別なオーラが光っている。

生きててくれてありがとう!

出逢ってくれてありがとう!

笑ってくれてありがとう!

身内でも親戚でもなんでもないのに、年に一度出逢うことで元気をもらっています。

逢えて良かった。

本当に良かった!

エミコさん、ありがとう!

 
IMG_3197-min.jpg 
エミコさんが闘病中は必死で働いてエミコさんを支えてきた、スティーヴこそは彼女の最大のサポーター。
 

IMG_1197-min.jpg 
真っ赤なちゃんちゃんこと烏帽子を身に着けたスティーヴとエミコさん


IMG_0775-min.jpg 
JACC日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーと


61267373_1191842630998710_4629134774038953984_n.jpg 
参加者全員の集合写真…30数名が参加で大盛況!




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/26(日) 23:36:39|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ横断ランニングの旅を振り返る

【アメリカ横断ランニングの旅を振り返る】

peacerun_map_20151125203850fb0.gif


8年前の2011年5月25日、ロスアンジェルス、ロングビーチ、アラミトスベイをスタートした「PEACE RUN2011アメリカ横断5,000キロランニングの旅」、8月に一時帰国し、9月19日に第2ステージで再スタート。


砂漠、ロッキーとアパラチアの二つの山脈、大平原…さまざまな困難や試練を乗り越え、太平洋沿岸から大西洋沿岸まで走り通したのは僕にとっても大きな自信となった。


monumentvalley3_2015112520392435d.jpg 


かつて自転車で横断したこともあったおかげでスムーズに行った部分もあっただろう。ただ、自転車とランニングでは一日に勧める距離も倍以上違うし、ランニングでは登りも下りも大変なのだ。


136670562967613100653_forrest_gump_hwy_20151125203851257.jpg 

article10076upimg4_2015112520385343c.jpg 

sunrise12_2015112520392683e.jpg


LAをスタートして138日目、15州を通過、5285キロを走り、アメリカ東部標準時11月24日(サンクスギヴィング・デイ)、ニューヨーク・シティのバッテリー・パークで無事ゴール。





これが、「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」第一章、五大陸のうちひとつ目の大陸となった。


10322449_780747931974211_2862377237805051834_n.jpg

380270_283679888343793_1570842241_n.jpg 


2013年の「PEACE RUN2013 オーストラリア横断ランニングの旅」で5200キロを走って2大陸目を終え、2014年11月から2015年2月にかけて走った「PEACE RUN2014 ニュージーランド縦断ランニングの旅」、2016年の「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅 」を合わせて現在1万6000キロを走破。残り3つの大陸で2万4000キロ。

2万4000キロはフルマラソンを570回走る距離に匹敵する。毎日フルマラソンを走ったとしても約1年7ヶ月かかる。

ひとたび走りだせば、ゴールにたどり着くまでは何が何でも走り切る。


PEACE RUNのテーマソング"Go The DIstance"は「最後まで走り切ろう」という思いでつけられたタイトル。



Peace Runテーマソング「Go The Distance」Sunriseバージョン by 励まし屋



Peace Runテーマソング「Go The Distance」Sunsetバージョン by 励まし屋


一歩ずつゆっくりと一歩ずつ…前に向かって…。


「PEACE RUN2011アメリカ横断ランニングの旅」YouTube動画再生リスト



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト





*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/25(土) 07:22:58|
  2. PEACE RUN2011アメリカ横断ランニングの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感052419

【日常雑感052419】

000648776.jpg
*写真はイメージです


昨年9月からやっていた遺跡発掘調査のアルバイトが今日終了。

歴史には割と興味があってなかなか楽しい仕事ではあった。

だが、意外なことに、この職場は平均年齢が70代。皆さん年金暮らし。

髪の毛が白い人か髪の毛がないひとが大半。

どの現場でも私は最年少の部類。

それでも、みんなスコップで土を掘り、重さ10キロ超の土の入った手箕(てみ)を担ぐ。

仕事内容は地味なものだ。

ビルや住宅が建設される前に文化財研究所や考古学研究所、教育委員会の方で調査をする。

現場はフェンスで囲むのでフェンスの取り付けのために単管を地中に打ち付けたりもする。

この時期は草刈りもあちこちでやっていた。

重機で穴を掘り、その後手作業で遺構や遺物を見つけ出す。

歴史上重要なものが出てくればさらに深く、広く掘る。

やっていた現場では土器の破片や刀の鍔なんかも出てきた。

縄文時代と思われる時代のものもお目にかかることができた。

ヘルメットと長靴を身に着け、土や泥に塗れながら体を動かすのはいい刺激にもなった。

雨の日には仕事がなくなるし、現場も常にある訳ではなく、人が余っていると自宅待機というのもあった。

今までやったことのないたぐいの仕事で、いろんなことを学べたし、力仕事のおかげで体も鍛えられた。

なかなか先が見えてこないけれど、今できることで頑張ろう。

ぴあぴやゴローさんに甘えてばかりで本当に申し訳ないのだけれど、何があろうと前へ前へと…先に進んでいくしかない。


3.jpg 


*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/24(金) 23:18:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭に思い描いたものが現実になる

【頭に思い描いたものが現実になる】

18835843_1386028851446113_6119249479537782993_n.jpg 


長く、遠くまで走り続けていれば、走るだけでランナーズハイを感じるように、生きているただそれだけで気持ちが高揚する。

頭の中にあるあらゆることが実現できそうな気がして…

いや、確実に思考が現実になる、思考を現実にできる予感がする…そんな波動の高まりを連日感じている。

朝日を浴びて走っている時、宇宙のあらゆるエナジーが自分自身と同化する。

世界は自分が夢見たものになる。

過信だろうか?

いや、それは確信なのだ。


「念」とは今の心と書く。今ある心の状態が強ければ強いほどそれは現実味を帯びたものになる。

そして、現実味を帯びたものが実際に現実と化していく。

念を信じることを信念という。信念を持って突き進めば怖いものなど何もない。


971952_522645314451142_386338367_n.jpg 



*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/23(木) 23:07:49|
  2. スピリチュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川の流れのように

【川の流れのように】

734330_480608395321501_1573946561_n.jpg

無性に川が恋しくなることがあって、時折河川敷をぶらりと走りに出かけたり、気まぐれに自転車でポタリングしてみたりする。

川にもそれぞれの表情というものがあって、もちろんそれは訪れる時間帯によっても違うし、季節ごとに変化に富んださまざまな様相を呈してくれるものだ。



滔々(とうとう)と流れる川のように、黙々と、淡々と、ひたすらにひたむきにひた走る。

大河のように深く、静かに、ゆったりと流れていく時間は、太古の昔から何ら変わることがない…。

しかし、自分自身は、時間には流されず、自らの時間を蓄積していけるような人生を生きて行く。

ランナーとは、自分自身が創り上げた世界の中で、自分にしか楽しめない、他の誰にも真似ができないような、クリエイティヴな時間を生きることができる人なのだ。

189141_168764966505847_7712189_n_2019052318514699f.jpg


毎日毎日、facebookという川にたくさんの言の葉を投げ入れている。

ウォールは刻一刻と、どんどん流れていく…。

下流に流れていったものはもう上流に戻ることはないし、投げ入れた当人のところにも戻ってくることはない。

これらがやがて大きな海に出会う日がいつかやって来るのだろうか…?


赤ん坊のように、透き通るほどの透明な心で、この世界を見つめられたらどれだけ素晴らしいことだろうとしばしば思わされる。

澄み切った川の流れには心がないとは決して言えない。

山のふもとから流れてくる清流の心が分かるには、自分の心も同じように透明でなければならないからだ。





*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/22(水) 23:49:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不撓不屈のランナー

【不撓不屈のランナー】

img01912416sq6ni7.jpeg

(写真:カナダ横断を義足で走るテリー・フォックス)





足が折れるまで走り続ける

足が折れても走り続ける



足が動かなくなれば手で走る

手も使えなくなれば這ってでも走る

五体の自由が利かなくなったら気で走る

気で走れなくなったら魂で走る

死ぬ時はベッドの上ではなく

走りながら前のめりに倒れたいと思う



何かに追いかけられて

そこから逃げるために走るのではなく

何かを必死になって

追い求めるために走りたい



どれだけ長い時間走れるだろう

どれだけ遠くまで走れるだろう



世界の果てまでも

一本の道がある限り走り続ける

道がなくなれば自分で道を作ればいい

振り返った時に

自分のつけた轍(わだち)を見て

これが自分の人生だと言えればいい

それがランナーとして

誇れる生き方



立ち止まらず 振り返らず 後悔せず

一歩先にいる自分が未来だ





*不撓不屈のランナーたち:


テリー・フォックス(カナダ)


クリス・ムーン(イギリス)


島袋勉(日本)




World's strongest dad - Team Hoyt 

チーム・ホイトについてはこちらを…。




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/05/21(火) 19:59:28|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原点に帰れ

【原点に帰れ】

271795_2179260570273_1150756_o_201505252215009e4.jpg

あれから8年の歳月が流れた…。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」第一章となった「PEACE RUN2011アメリカ横断ランニングの旅」がスタートしたのは2011年5月25日(現地時間)のことだった。

砂漠、ロッキー山脈、大平原、熱波、寒波…

article10076upimg4_2015052522150264b.jpg

加齢・過労・紫外線の浴び過ぎ・栄養不足でヘルペス(帯状疱疹)に感染したり、走りすぎてすねを痛めたり、誰とも会わない・言葉をかわさない日が何日も続いたり…

とにかく辛く苦しい、それでいてとことん楽しい、長い、長い旅だった。

monumentvalley3_201505252215034ad.jpg

5285キロ、138日間。

1991年に自転車で横断した際にも同じように感じていたのだろうけれど、何せ二本脚、一日に進める距離は自転車の2分の1から3分の1。

バギーを押して初めての大陸を一人駆け抜ける。

ひょっとしたら生きて帰れないのかもしれない…そんな思いがない訳でもなかった。

monument_valley1_201505252215022b2.jpg

それでも、人は毎日を精一杯生きようとする。

非日常が連続する「旅」という空間にあってもそれは同じ。

レースではない、競争ではない。ただ、生きて、走って、旅をする。

起こり得るあらゆることを、ありのまま、あるがままに受け入れる。

旅から学んだことが、今、日々生きていくための糧となっている。

そして、旅こそが自分の人生そのものと言えるように、日々研鑽を積んでいかなければならない。

明日に何が起こるか分からない。でも、恐怖や不安は何一ついらない。

夢と希望だけを胸に、日々邁進することこそが旅人のタスクなのだから。


あの旅があったからこそ、1200キロの砂漠が続くナラボー平原を含むオーストラリア横断も、ニュージーランド縦断も西ヨーロッパも走り切れた。

自分にとっては、あれが大陸を走る旅の原点…。

sunrise12_20150525221505bff.jpg

明日に向かって、今あるベストで…


*YouTube動画再生リストはこちら




PEACE RUNプロモーションビデオ(歌:”Go The Distance-Sunrise Version” by 励まし屋)




PEACE RUNテーマソング ”Go The Distance-Sunset Version” by 励まし屋)




PEACE RUNサポートソング”My Goal” by 内田あや


いつも、いかなる時も、あの旅立ちの日の、ワクワクドキドキ…胸の高鳴りと高揚感を忘れてはいけない。

人はなぜ走るのか?人はなぜ旅をするのか?

それは、そこに一本の道と二本の脚があるから…ただ、走りたいから走る。

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の答えはいかにもシンプルなもの。



残された3つの大陸で残り2万3000キロばかり。僕は行く…何があろうとも、旅の最終ゴールを目指す。

ファイナルランで1万人規模のランナーと走りたい…(笑)。



*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2019/05/20(月) 23:50:01|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もののあわれ

【もののあわれ】

10922727_812237345491936_6050322602801740541_n_2019052020323602d.jpg 

「だが、その武士(さむらい)には又、もののあわれというものがある。


もののあわれを知らぬ武士は、月も花もない荒野に似ている。

ただ強いのみでは、おとといの晩の暴風雨(あらし)も同じだ。

---剣、剣、剣、と明け暮れそれを道とする身は猶更のこと。

もののあわれ---慈悲の心がなくてはならぬ」


吉川英治著「宮本武蔵」(第五巻 二天の巻 もののあわれ)



*****



これをランナー向けに変えるとすると…


「だが、そのランナーには又、もののあわれというものがある。

もののあわれを知らぬランナーは、月も花もない荒野に似ている。

ただ(走るのが)速いのみでは、おとといの晩の暴風雨(あらし)も同じだ。

---レース、大会、レース、走るのに明け暮れそれを道とする身は猶更のこと。

もののあわれ---慈悲の心がなくてはならぬ」



31948072_1697609930288002_2221689438650499072_n_20190520203436843.jpg 



もののあわれとは、心の余裕であるのかもしれない。

ひとつのものを見て、どれだけそれを楽しく、愛おしく見つめられるか…。

そこに感性のチカラが働いて、感謝感激感動できるか…。

喜怒哀楽を素直に、ストレートに表すのが難しい時代になってきているのかもしれない。

自分らしくあるために、もっと自分自身を深く知ることも必要だろうし、自分の内面と向き合う時間も大切にしなくてはいけないのだ。

忙しく、慌ただしく動き回っている現代人、命だけで生きていてはもったいない。

どれだけ心と魂を使って生きられるか…。

ランナーもまた同じ。

脚と体だけで走るのではなく、心と魂で走れるように…日々精進。

33151667_1712313728817622_6988643618659500032_n.jpg 




*春日井絆マラソン2019
top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/19(日) 23:31:08|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッション

【ミッション】

970535_520351981347142_732746944_n.jpg 


日々、自分自身のミッションを明確にすること。

これはビジネスでも金儲けでも何でもない。仕事と呼ぶものでもない。

だから、ミッションなのだ。


18557444_1370780962970902_5582179472681793656_n.jpg 


残りの人生を賭けて成し遂げるべき作品と言ってもいい。

つくりあげるべきは、みんながつながりながら、できるだけ多くの人々の力を借りて、みんなが共に喜べるもの。


13254349_1055471097835225_5164626344517251906_n.jpg 


ひとりではできないことも、多くの人々が集い、力を合わせればできるはず。

うまくいかないこともある、うまくいくときもある。

人生は諸行無常。人生万事塞翁が馬。いいことも悪いこともすべてひっくるめて我が人生。



top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/18(土) 23:38:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅人たちへ

【旅人たちへ】

 10929010_811347685580902_1807895212377856273_n_201905180802532e6.jpg 

君は、今もリアルタイムで、地球という惑星を舞台にして移動し続ける旅人。

世界は一人で旅をするにはあまりにも広すぎるし、どれだけ時間をかけても知り尽くせないたくさんの魅力が秘められている。

徒歩、自転車、リヤカー、人力車、バイク、自動車、カヌー、カヤック、ヨット…

移動する手段は何であってもいい。


旅をする場所も、山、海、川、滝、湖、砂漠…どこだって構わない。

大切なのは、自らの意志で自ら決めた道を進んでいくということ。

見知らぬ町にふと足を踏み入れ、見知らぬ誰かと友達になる。

気の向くまま、足の向くまま移動しながら、大自然の懐(ふところ)に抱かれて眠る。

ワクワクドキドキするような時間も楽しいのだけれど、想像を絶するような強烈な体験もきっと行く先々で待ち受けてくれていることだろう。

IMGP6978.jpg 

長く旅を続けていれば、余分なものが削ぎ落とされて、身も心もピュアな自分に変わっていくはずだ。

あらゆるものを、ありのままあるがままに受け入れられる心の寛容さを持つこともまた、君のミッション。

あせることもあわてることも必要ない。あきらめなければ君の夢は必ずかなう…かなえられる。

とらわれるものもなくこだわるものもない、真なる自由を勝ち得たものだけが味わえる、そんな時間…

たとえそれがわずかの時間であっても、それは君にとっては何ものにも換えられない貴重なものとなる。



今この時代に、ひとつの命で、「ここ」に生きて生かされていること…

それが何よりも価値のあることだと気づくことで、君はまた新たな自分自身を生きていこうとするに違いない。



IMGP7283.jpg 

さあ、行こう。

ためらうことも迷うことも、今の君には必要なんてない。

君の高貴で荘厳な思いは、必ず人々の心の琴線にふれるものとなるはず。

それが、自分のためであっても構わないのだ。

ひたむきな思いでひたすらにひた進む君の姿を、ぜひ僕に見せておくれ。



一歩踏み出せば、そこは君が待ち望んでいた未知なる世界。

僕にとっても、君にとっても、新たな冒険が待っている…。

IMGP6847 (1) 

 
*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら6/2(日)春日井絆マラソン(愛知県春日井市)

top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/17(金) 23:58:13|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅の日に寄せて

【旅の日に寄せて】

10649933_867896303259373_1703535723180655293_n_20190516195535497.jpg 


今日5月16日は旅の日

日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988年に制定。

元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った。

せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日。



「今日は何の日~毎日が記念日~」より



旅をしない若者が増えているというニュースを数年前に見たけれど、2010年からここ9年ばかり、国内外を旅していて出会う旅人が昔と比べれば確かに減少している感がある。

旅で出会うのは中高年世代が大半。

徒歩であったり自転車・バイクであったり、車であったり…。昔できなかったことに今チャレンジしたい…と言われる方たちだ。

青春18きっぷを買ってユースホステルで宿泊する…そういった方々が若者ではなく、昔若者だった60代から70代だったりするのも面白い。

では、若者たちは一体どこで何をしているのか…?


社会がどんどん閉塞的になっているひとつの兆候だろうか。

若者があまりにも現実を直視しすぎている傾向があるようだ。あるいは、マニュアル通りに暮らして生きていけば万事OKと思っているのかもしれない。

これまでの歴史を紐解けば、どんな社会にも冒険家や探検家がいたおかげで世界は進化を遂げていった。野心があることで新しい時代は切り開かれていった訳だ。

コロンブス然り、間宮林蔵然り…。

冒険を夢見る少年というのはもはや過去のものとなってしまうのだろうか…。


旅するランナーの私にとって、それはあまりにも悲しいことだ。



思うに、幼い頃にいろんな経験をして、いろんな人たちから話を聞かされた子どもたちは自分で物事をきちんと考え、行動するようになるのだろう。

子ども会やボーイスカウトでキャンプをしたり飯盒炊爨(はんごうすいさん)をした時代もあった。

大人は最低限の力を貸してくれはするが、基本自力で何とかしなくてはならない、ある意味プチサヴァイヴァル。

少子化ゆえにいろいろと親に世話をしてもらっていることで、早い時期から自立心を磨く機会を失いつつあるというのが今という時代なのかもしれない。


話を元に戻すが、やはりどんな時代にも「可愛い子には旅をさせろ」というのは正しい。

だが、「可愛い子には旅を…」させない親が増えているのかも知れない。

「そんな危険なことやめておきなさい」

とたしなめるのであろうか。


自分自身、小学校1年くらいから一人で近所の銭湯に通っていたし、小学校3年生で、父親の実家がある広島県福山市まで電車を乗り継いで一人で訪ねていったものだ。道中、いろんな方々に助けられ、励まされ、褒められた。社会が子どもを親身になって育てていた時代だ。他人の子どもでも叱ってくれる親がいたのだから。

少子化の時代ゆえに、若者をあれこれサポートするようなシステムはあるものの、度が過ぎると若者たちが自立するチャンスを奪いかねないというのも現実か…。


世の若い男性諸君、旅に出よう。

それも一人がいい。

いずれ結婚したら、旅に出ることも難しくなる。

若い内に一人旅をしなければ…。

歳をとれば情熱も薄れていくであろうし、今やりたい、今しかできないことを今やらなければ…一生後悔で終わってしまうのだ。

お金で買える大半のモノはいずれ消えてなくなる。だが、経験や思い出は、死ぬまで君たちの中にとどまるもの。

50を過ぎてもまだ旅に出たくて出たくてたまらないオヤジもここにはいる。

草食系の巣ごもりリア充男子が社会を淘汰するような未来はいらない。

電車に乗って、スーツ姿でゲーム機を片手にゲームに夢中になるような真似はやめよう。

波乱万丈の人生を送れとはあえて言わないが、少しでも何かに挑戦したり、旅に出たりして、自分なりの冒険を楽しんでみようではないか。

 703032112161451.jpg



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら6/2(日)春日井絆マラソン(愛知県春日井市)

top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/16(木) 19:57:36|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

等身大のヒーロー

【等身大のヒーロー】

IMG_0654.jpg 

いつでも、どこにいても、ありのまま・あるがままの自分であればいい。

自分を偽ったり、よく見せたりしようとするから周りで誤解や勘違いが起こる。

それで、自分自身が悩む原因になったりもする。

分からないことは「分からない」、できないことは「できない」といえばいい。

でも、分からないことを分かろうとしたり、できないことをできるようにしたりする努力は必要だ。

恥はかくもの。恥も思う存分かけばいい。恥をかくことで学べることもたくさんあるのだから。

転がる石になれ、流れる水になれ。とどまる必要なんてどこにもないのだから。

いつも目に見えない自分と向き合って、それを今の自分と同期させて、内面も外面も同じひとつの自分になること。

今はまだ遠いけれど、それこそが、追い求め続けなければならない真の自分自身。

それこそが、なりたい自分、等身大のヒーロー。

32455301_1705297272852601_6808780721994334208_n.jpg 



*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら


6/2(日)春日井絆マラソン(愛知県春日井市)

top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/15(水) 03:58:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然に帰ろう

【自然に帰ろう】

20525269_1440529862662678_3959403915725395908_n_201905151924021ce.jpg


僕たち人間は本来土の上で暮らしていた。

それからある程度文明が発展すると、土と紙と木でできた家に住んで、木綿や麻の服を着るようになった。

そして、土で育てられた米や野菜、木になっている果物、海や川でとれた魚を食べていた。

自然の中にいることで気持ちがゆったりまったりできるのも、長い歳月を自然の中で暮らしてきた先人たちの意識が自分たちの中に息づいているからなのだろう。

19059109_1393313427384322_8967682480568070033_n.jpg 

還暦まであと1年、50を過ぎて以降気遣っていること、それは、できるだけ自然な流れの中で暮らしていくこと。

人工のものに頼らず、自然な生き方を実践すること。

街で暮らしているとそれもなかなか難しいが、工夫次第でいろんなことが楽しめる。

たとえこの世から消えてしまったとしても、いずれは土に帰っていく。

13612177_1086795364702798_1794549329729930289_n_201905151923530f2.jpg 

週末は野性に帰るために、野山へ、フィールドに飛び出そう。

僕らはみんな自然の子供たち。自然の中でこそ本来の自分自身に帰れるはずだ。

そして、みんなが自然の中でリラックスして過ごせるようになれば自ずと心の平穏が訪れる。

世界はやがて平和な方向へと向かう…。

13876672_1097719206943747_3782052817318559753_n_20190515192354563.jpg 



flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら6/2(日)春日井絆マラソン(愛知県春日井市)

top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/14(火) 23:21:57|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人はなぜウルトラマラソンを走るのか?

【人はなぜウルトラマラソンを走るのか?】

18556136_1372603402788658_4244093656545856547_n.jpg


ツイッターやフェイスブックを見ていて、ウルトラマラソンを走るランナーの投稿が毎週末あちこちで見られる。

もう100キロを走るのは当たり前になってきているし、100キロという距離が短く感じられて仕方がない。

それもそのはず、100マイル(約160キロ)や200キロを超えるレースや大会も行われるようになっているし、

大会の名前も「〇〇一周」とか「〇〇縦断(横断)」とか言ったものも出てきている。

当然完走率は100キロマラソンよりも下がる。

何より、こういう大会ではココロとカラダのメンテナンスがきちんとできたランナーが完踏できるのだろう。

10553452_763108047071533_8032429906474593527_n.jpg


ウルトラマラソン…それは単に過酷なだけのものではないと思う。

痛みや苦しみがあって、「もういやだ」「やめたい」と思いながらも最後まで走り切ることで、さまざまな煩悩や雑念から解き放たれる…そんな場面を体験できることが素晴らしいのだ。

「ただ過酷だ」と思っている自分がいるだけであって、「過酷なんだけれど楽しくて面白い」と思える自分になれるのもまた楽しいもの。

ココロとカラダのあり方が、自分自身の走りとなる。言い換えるならば、自分の走りは、その時々のココロとカラダのあり方によって決まる。

走ることは旅である。旅は人生である。

旅や人生は楽しむべきもの…たとえどんな苦難や試練があったとしても…。

仲間と共に共走することの素晴らしさがわかっていればなお楽しめるのもウルトラマラソン。

旅は道連れ世は情け…ボランティアスタッフや主催者の方々の熱き思いが伝われば、何が何でも完踏しようという気持ちにもなれる。

人はなぜウルトラマラソンを走るのか?

ウルトラマラソンの面白さを知る人は、人生そのものを楽しもうとする人でもある。

旅も人生も基本は同じ。移動する中でのいいことも悪いこともすべて寛容な気持ちで受け入れること。

そして、あせらずあわてずあきらめず。ゆったりまったりの精神で、制限時間ギリギリまで走り切ること。

タイムやスピード、記録にこだわっているだけなら、こんな長い距離を普通に走ることはできない。

そういったものを超えた先にあるものをウルトラランナーはきっと見ているのだろう。



今日も、明日も、記録よりも記憶に残る素晴らしい走りを…

GOOD楽駆(ラック)!

10505477_708916462490692_1761776852385232799_n.jpg

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/13(月) 23:05:46|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の摩耶山ハイキング

 【春の摩耶山ハイキング】

久々の神戸方面…六甲山系…摩耶山に行くことになった。

JR三ノ宮駅に午前8時集合。新神戸まで歩いてそこから登山道へ。

過去に六甲全山縦走を二回経験したことがあるが、最終電車に間に合うための休憩もなく歩きながら飲み食いしてひたすら移動することに集中したが、今回はのんびりペース。

59964366_2213862178662772_2488827067202797568_n.jpg 

60123195_2213862335329423_4739164637797285888_n.jpg 
布引の滝の前で




60272394_2213859728663017_2964861811859390464_n.jpg60219783_2213862171996106_1975142123833393152_n.jpg

60070196_2213859748663015_3529722617705529344_n.jpg







60341358_2213859298663060_7623852196357996544_n.jpg 

植村直己冒険賞受賞の中西大輔さんとPEACE RUNTシャツで2ショット



60396929_2213859285329728_7466385359413182464_n.jpg 

山上でプチバーベキューがあったり、コンビニで買ったビールや発泡酒、仲間が持参したワインを飲みながらしばし楽しい時間を満喫。

60430803_2213859491996374_4134081420274434048_n.jpg 
ししゃものみりん干しとチョリソー

60256049_2213859591996364_1714282960078766080_n.jpg 
大葉と山椒と醤油で味付けしたたけのこ…こちらもタイガー藤井氏作


60238215_2213859605329696_148121211447017472_n.jpg 
ワインもあるし、プチトマトとベーコンがなかなかイケる




60342396_2213859688663021_1216962834244567040_n.jpg 
落ちていた枝でバーベキュー…担当はキムさん


60337419_2213859545329702_340413421344260096_n.jpg 
タイガー藤井氏によるたけのこ料理…台湾マヨネーズ和え


60041742_2213859485329708_4604144944913842176_n.jpg 
ポテトも塩味とハーブで素朴だけどおつまみに最高!

60499729_2213859641996359_4331298389997125632_n.jpg 








階段あり、砂利道あり、岩場あり…決して楽なコースではないのだけれど、一本歯下駄SCAPPAでできるだけ歩き、危険を伴う箇所はルナサンダルに履き替えた。

60357402_2213859701996353_6601810770600656896_n.jpg 

どんな路面であっても一本歯下駄で進めるようにまだまだ修行は必要。

山上で参加者の中で未体験の方には一本歯下駄体験をしていただいた。

60340818_2213859445329712_1080528958954405888_n.jpg 

体幹を鍛える…というよりは体幹をうまく使った動きをマスターするということがやはり大切なのだろう。

いろんな質問に答える内に、気がつけばいつの間にか一本歯下駄プチセミナーになっていたのだった(笑)。

 60164981_2213859035329753_3490058732165922816_n.jpg 60123781_2213859798663010_2903850903771545600_n.jpg 60070196_2213859748663015_3529722617705529344_n.jpg

下山して阪急六甲駅から電車で帰る。

反省会にも参加したかったのだがまた次回に…。

一本歯下駄とルナサンダルで足の疲れは皆無。

一本歯下駄登山は楽しや…またどこか登ろう。

59849725_2213859371996386_9103144615065681920_n.jpg 


*この日の写真はこちら
















テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/12(日) 23:29:34|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Don't worry be happy!

【Don't worry be happy!】

c1c48c4ae1d36afb8ad02a33c140ef09.jpg

毎日ワクワクドキドキするようなことを率先して取り組む。

そのために時間とお金と労力を惜しまない。

逆に、いくら時間とお金と労力を費やしても惜しくないと思えることに力を注ぐこと。

さらには、そのワクワクドキドキが誰かのハッピーのためであればなおいい。

誰かが微笑んでくれる、笑ってくれる、喜んでくれる、すべては世界がプラスに向かって進めるように…。

何かや誰かのために自分を犠牲にしたり、ひたすら我慢をしたりする必要はないから、まずは自分の思い通りにアクションを起こしてみる。

失敗するなんてことを含めて先のことは考えない。

不安や心配も要らない。それらは夢と希望に変えてしまえばいい。

必ずうまくいくと信じることはもちろん、何よりもとことんそれを楽しむのだという確固たる意志を持とう。

そうすれば周りのいろんなことが思っている以上に、自然に、スムーズに、うまく進んでいく。

僕らはいつも今という時間を生きながら常に未来に向かっている存在。

少しでも明るい未来がすべての人にやってくるように、日々の祈りをアクションに変えて…。


:*+:*+:*+:*+☆Love & Peace☆+*:+*:+*:+*:


the_open_road_in_iceland-wallpaper-1920x1080_2015051213115070d.jpg

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/11(土) 23:16:02|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感051019

【日常雑感051019】

26990C66-4D82-4513-AFA9-AADEBA48E1C4.jpg 


様々なジレンマを日々抱えながら、人は葛藤することで成長していくものだと割り切っている。

「本来僕はそういう人間じゃないんだ…」と思うことも多々あるし、

人の意見や考えに耳を傾け、時に反発しながらも、本当に納得の行くことを選択して前に進んでいくことも必要だと思う。

僕はやはり根っから不器用で、面白みとスマートさに欠ける泥臭い人間かもしれない。

でも、そうやって決め込んでしまわずに、「そういう時もある」「そんな一面も兼ね備えている」と思うことだってできるはず。

自分自身の美学はそうやって磨かれていく。

僕は努力しているし、強くなっている。もっと自分に対して肯定的であっていい。

足りないものは多々あれど、足りないものに目を向けるよりは、今満たされていること、充実したことに目を向けてみよう。

不安や恐怖よりも愛を選ぶ生き方を大切にしよう。

卑屈になる必要なんてない。

ほんの少しリラックスして、五感が感じるものを信じることだ…それもできるだけ美しいものや楽しいものを…。

世界は変る…そのために、まずは自分自身が変わること。リセット・リフレッシュ・リスタート…。


59285825_2201390256576631_5857343069615030272_n.jpg 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/10(金) 23:45:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しき五月に

【美しき五月に】

8101fcd42b30d82e1d3f068dce81f214.jpg



くん‐ぷう【薫風】 初夏、新緑の間を吹いてくる快い風
  

…デジタル大辞泉の解説から


*****


美しき五月。

街の若葉は急に萌え始め、フィールドに足を運べば、至る所に新しい生命の息吹を感じる。

道行く人の表情にも、どこか柔らかさとか、穏やかさみたいなものが感じられる。

初夏の日ざしを浴びて、女性がいっそう美しく、キラキラ輝いて見えるのもまたこの時期なのだ。


新年度がスタートしてはや1ヶ月が過ぎてしまった。

この1ヶ月の間に変化があったとすれば、恐らくそれは自分自身の中にあるのだろう。

59840277_2201390743243249_4619883191145070592_n.jpg 


人は環境が変わるごとに新たな自分自身に出会うきっかけをつかむことができると思う。

今まで知らなかった自分がそこには登場する。だとすれば、自分を変えるなんていともたやすいことではないか。


夢中になって新しいことに取り組んでいるから、今自分に見えている世界はすごく限られたものなのかも知れないけれど、そんなちっぽけな世界で、僕は自分がこの場に存在しているということを、精一杯主張しながら生きていこうと思う。


たとえ輝きを放つことができなくても、曇らぬ自分自身でありたい。




*******




美しき五月を思えば、誰もが詩人になれそうな気がする。

五月の晴れた空の下、恋人を見つめるような優しい眼差しで、鳥や花、草木をじっと見つめていたい。

なぜか五月にはイノセンス(無垢)ということばがよく似合うような気がするから…。









*6/2(日)春日井絆マラソン(愛知県春日井市)

top-img2019.gif 

全国でも類を見ない自動車学校(マジオドライバーズスクール春日井校)の特設コースを走る2.5時間リレーマラソン。


詳細は大会公式サイト




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2019/05/09(木) 23:18:28|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最初の第一歩

【最初の第一歩】

first-step.jpg


今日がどんな一日になるかは、「どんな一日にするか」という自分自身のヴィジョン次第。

やりたいことをやる、なりたい自分になる…

そんなイメージとアクションを起こすこと。

sora_20190509211926798.jpg 

一歩先にいる自分自身の姿がいつもはっきりと見えるように…。

何よりも最初の一歩が大切…

踏み出そう、自らの意志で!

into_the_wild_20190509211923d9e.jpg


*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/08(水) 23:13:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意識の引き出し

【意識の引き出し】

attitude_201905082129124ee.jpg


意識の引き出し…がある。

意識の引き出しには正の引き出しと負の引き出しがある。

思考を負の意識の引き出しにしまい込むとマイナスの発想しか生まれてこない。

ひとたび負の意識の引き出しを開けてしまうと、いろんな意識がネガティヴに引っ張られてあらゆる思考がネガティヴなものになる。

心穏やかでいるために、いつも正の意識の引き出しを開けておいて、プラスの発想が常に出し入れできるように…。


stay_positive_20190508212914e54.jpg

穏やかな心で…いつもポジティヴでいよう…


mind_is_everything_20190508212914bde.jpg 

心にあるものがすべて…なりたいものになればいい…こうありたいと思う自分でいることなのだ…




*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/07(火) 23:26:39|
  2. ココロとカラダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山を愛する者として

【山を愛する者として】

20170304221517d2d.jpg


山の朝の、凛(りん)とした透明な空気が好きだ。

晴れて風のない、静かで穏やかな時間、周りには誰もいない。でも、僕は何か特別な空気を感じている。

長年生きて来て深い経験を積んだ老翁が、じっとそばに座って、無言で僕のことを見守ってくれているかのよう。

山の高みから眼下に広がる世界を見れば、改めて自分自身のちっぽけさに気付かされる。

まるでそれは、一本歯下駄を履いた時に得られる感覚のよう。自分が別の人間に生まれ変わって、今から新しい自分になると心に決める瞬間にもどこか似ている。

高みに立つということは、それだけ意味と価値のあることなのだろう。

高みに登っていくのは決して楽なことではない。 

世界五大陸4万キロランニングの旅は、水平移動が中心になるけれど、山を歩くというのは垂直移動の旅。

遠くを目指すか、高くを目指すかの違いこそあれど、自分自身の二本の脚(簡単に言うと人力)で移動し続けることに意味や価値を見出すという点では極めてよく似ている。


点から点の移動だけではない。移動するプロセス(過程)そのものを楽しむこともまた大切なのだ。

どれだけ時間がかかるかわからない。どんなトラブルやハプニングが起こるとも知れない。自分に何か特別な変化が生じることもあるだろう。


2017030422151618b.jpg


「覚悟」というほど大げさなものでなくてもいい。「何があっても大丈夫、すべて受け入れて楽しめるから…」と思うだけでも十分。

心穏やかに笑顔で…前に向かって進んで行けば、トラブルやハプニングに見舞われることもない。

そして、山に惹かれる人たちも、そんな感覚をいつも感じていたいと思うが故に、あらゆる山の頂きを目指すものなのかもしれない。

僕は山のプロでも何でもないが、山は大好きな場所のひとつ。

海と山、どちらで死にたいかと尋ねられたら、迷わず「山!」と答えるであろう一人。


「今日もいい人生を送ろう」

山の懐に立って、眼下に広がる世界を見ながらそう自分に言い聞かせる時、山は黙ったまま何も言わない。

何も言わないけれど、僕の気持ちを十分に汲み取ってくれているのだと僕は勝手に思っている。

山の心は山に登らなければわからない。山に登ればこそ分かるもの。

こまめに近場の山々に登るくらいしかできないけれど気が向けばいつでも近くに登る山があるということ自体が嬉しい。

まだまだ山のことはわからないことだらけ。

でも、僕が求めているものが山にあるということだけは間違いない。




*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/06(月) 23:35:44|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナラボーの夢

 【ナラボーの夢】

021-TopTen-Nullarbor1_20190506115926516.jpg 

夢の中で、僕は再び西オーストラリア州ノースマンの街にいた。

ナラボー平原の西端、1200キロの砂漠の原野が始まる場所。

6年前僕は同じ場所にいた。ひょっとしたら命懸けの旅になるかも知れない…そんな思いを胸に、とにかく前に進まなければこの大陸を横断することはできない、いわば避けて通れない場所。

夢はそこで終わり、夢の中でのナラボー平原走破はならず…。

何の啓示であったのか?今も時折夢に現れるナラボー平原ではあるのだけれど、どうもすっきりしない夢だった。

IMGP2321 (1) 

原野が僕を呼んでいるのだ。道祖神が夢の中で僕に手招きを繰り返している。

最小限の文明だけを持って、大自然の懐に飛び込めという天のお達し。

今の暮らしが当たり前のものではないということを思い知るために、僕はまた原風景のど真ん中に足を踏み入れる必要があるのだろう。

IMGP2551_201905061201334cf.jpg 

過去も未来も現在の中ではひとつでしかないのだろうけれど、夢の中で見たあの風景は、終わりもない始まりもない、生もない死もない、現在過去未来はすべてひとつ、時間と空間が奇妙に交錯する場所。

ひょっとすると、それは地球が誕生した時から、何ら変わることのない世界だったのかもしれない。

IMGP2411_201905061201227bb.jpg 

言葉をかわす相手もいない。自分が口にした言葉も一陣の風にふっと消されてしまう、そんな世界。

どこでもないところの真ん中で、僕は途方に暮れながらも決して孤独感を感じることはなかった。

そう、そこではすべてはひとつ。あらゆるものがつながっているから…。

IMGP2241.jpg




*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2019/05/05(日) 23:49:12|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛城山

 【葛城山】

ゴールデンウィーク中に近場のお山を一本歯下駄で攻めている。

4月は2度金剛山に、先日は二上山雄岳雌岳、そして5月4日に葛城山。

ダイトレを最後にやったのが数年前だったか、それ以来久々の葛城山。正確には大和葛城山。

自転車で国道309号線をたどり、河南町青萌(あおげ)で自転車を停めて葛城山登山口へ。

セメントの急斜面を登っていくとNTTの塔が建っているところを左折する。

59666884_2201391633243160_8041655911854374912_n.jpg

59285825_2201390256576631_5857343069615030272_n.jpg 
シャガの花が咲いていた


59472569_2201390036576653_8406742404190699520_n.jpg

59840277_2201390743243249_4619883191145070592_n.jpg

セメントの急斜面が暫く続く

59728460_2201391036576553_3576548309671608320_n.jpg

59295173_2201392106576446_8651158805343633408_n (1) 
ルナサンダルでそのまま水の中へ…




59407003_2201391723243151_1259089853463658496_n.jpg

続いて岩場の多い沢の道…さすがに一本歯下駄は脱いでルナサンダルで

59087173_2201392696576387_5124589329288527872_n.jpg 

59276151_2201392779909712_742922204248801280_n.jpg 
この程度ならまだ一本歯下駄で通行可能

  

 59446290_2201390106576646_1682960717071777792_n.jpg  

林道の気持ち良いトレイルが続く


キャンプ場の横を通ってロッジや売店が見えてきたら頂上は近い

そして眺望の良い葛城高原へ

59295910_2201390273243296_2834267743472058368_n.jpg

ツツジの見頃は5月中旬か…


59449178_2201396823242641_9177601261871038464_n.jpg 
そして山頂広場


少しブラブラしたらすぐに下山

59501509_2201390046576652_5886420281676791808_n.jpg

59653284_2201390836576573_456325238519496704_n.jpg
下りはルナサンダルメイン

金剛山伏見峠ルートに比べたら登りの距離が長く、階段も多く、がれ場があってなかなか大変。

ルートのところどころで台風で倒れた倒木があちこちに見られた。

葛城山もいくつかルートがあるけれど、今回のルートは危険箇所も多くあまり一本歯下駄ではおすすめできない。

もし一本歯下駄で登られるとしたら自己責任で…。







*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/04(土) 23:52:54|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一本歯下駄で山に入る

 【一本歯下駄で山に入る】

geta_on_trail.jpg 


このブログで「冒険」についで投稿回数の多いカテゴリが恐らく「マラソン・ランニング」でその次に来るのが「一本歯下駄」。

2013年から一本歯下駄を履くようになり、最初は歩くだけだったのが走るようになり、山に入るようになった。

山を「走る」というよりは「速く移動する(=駆ける)」という捉え方をするのがいいのだろうか。

一本歯下駄で山を走るハードウェア面についてはARUCUTOのブログで書くとして、ここではメンタル面でのアプローチ。


トレイルランニングは人気だが、最近ではワラーチ(手作りの底が薄いサンダル)を履いて山に入るランナーもいるし、ツワモノは裸足でトレイルを走っている。

いずれもミニマリズムを目指すミニマリスト・ランナーたちの取り組みだ。


彼ら/彼女たちには共感するものが多い。

ただ、これも政治や宗教に似た側面もあって、自分がいいと思うから人に押し付けるというようなことはしたくない。

まずは、自分でやってみていいと思えばやればいいし、良くないと思ったら無理にやる必要もない。

やってみたら案外面白かったという人たちがその後長く継続して取り組むようになるもの。


山は聖なる場所なのだと思う。澄んだ透明な空気感が人の汚れた心を清めてくれるような気もするし、いろんなストレスも一瞬にして払拭できる。

洋の東西を問わず、山が信仰の対象になるケースも少なくないのがその証でもある。

身につけるものが何であれ、山に入っていく事そのものが実は重要なのであって、スタイルは二の次。

そして、生まれたばかりの赤ん坊のようにシンプルでピュアな心を持って山に入っていくのがいい。

山が何かを与えてくれるとか変な邪念があれば山から得られるものは少ない。


58721779_2197346936980963_2144232091468955648_n.jpg 
 

そして、一本歯下駄…不安定極まりない異形(いぎょう)のフットウェアなのである。

体が地面と面で接するのが裸足やシューズとすれば、点で接するのが一本歯下駄。

地面とは10センチばかり距離を置く訳だが、このわずか10センチばかりのスペースが大切。

地面とは現実が宿る世界。そこから距離を置くことがポイント。

グラグラ揺れ続ける一本歯下駄の上は、集中力を高め、不安や恐怖感からも隔たった特別な空間だと考えよう。

一本歯下駄を履いた人はそこで宇宙空間に溶け込む。

一本歯下駄が「宇宙と人を結ぶ魔法の履物」と個人的に考えているけれど、あながち嘘ではない。

まるで空を飛ぶかのような感覚でフィールドを駆けめぐるならば、ハリーポッターの世界。

天狗というのも実はハリーポッターと同類。魔法を駆使しながら現実世界と宇宙空間を自由に行き来しているのだ。


45841139_1949198488462477_2762196311049502720_n_20190504085741af8.jpg 

石ころや木の幹、切り株、砂利…一本歯下駄がグラグラするのは当たり前。

道も平らではないし、粘土やぬかるみ、泥、砂など、一本歯下駄の歯が埋もれてしまって自由が効かなくなるような場面も当然ある。

平でスムースに均されたアスファルトの道は人工の道、言い換えるなら不自然な道。

自然の素材で作られた一本歯下駄に合うのはやはり自然の道なのだ。

心も体も自然のものであるならば、人はできるだけ自然な環境に身を置くのがいいということを一本歯下駄から学んだ。

かつて修験者たちはそういった思いから山での修行を始めたのだろう。

これまでアウトドアライフをいろんな形で(サイクリング、キャンプ、スノーシュー、クロスカントリースキーなど)楽しんで来たけれど、あくまでそれは形だけの自然とのふれあいを楽しむもの。

もっと内面深く自然を楽しむのであれば、自然を愛するのだけではなく、自然から愛されるようなアプローチが必要なのだと思う。

そのために考えられることは、風景の一部となること、できるだけ自然に同化し、自然と一体化すること。

頭で考えること(=理論)よりも五感で感じられるもの(=直感)を大切にすること。

宇宙・自然からのメッセージをキャッチすること。

一本歯下駄を履いて歩けばわかることがある。わかるひとにはわかるしわからない人にはわからないかも知れない。

人間という存在がいかにちっぽけであるか、大自然の中では取るに足らないもの。

宇宙から見れば塵(ちり)や芥(あくた)同然。

一本歯下駄を履いて心穏やかに深く呼吸する。平穏な気持ちでただただ平和な世界を願うようになる。

今生きて生かされていることに心から感謝感激感動できる。

そんな思いにぜひぜひ浸ってみて欲しい。

IMG_0386.jpg 




クラウドファンディング不成立の一報の後、

サポーターの何名かの方々から励ましのメッセージを頂きました。

私は大丈夫です。

体力よりもまずは経済力を付けて次なるチャレンジにのぞむつもりでいます。

クラウドファンディングは終わりましたが、違う形で支援をしてもいいよと思われる方は
こちらから…。



*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら




テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/05/03(金) 23:31:23|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二上山〜壺井八幡宮

 【二上山〜壺井八幡宮】

連休の6日め、晴れて暖かくなるというのでお山に行こうと思い立ち、自転車で二上山登山口へ。

ふくらはぎの痛みはほとんどなくなった。長い距離を走るとかしなければ大丈夫。

登山口で自転車を停めて、足元はルナサンダルから一本歯下駄SCAPPAに。

金剛山ほど人は多くなかったが家族連れが目立った。








道の状況はというと…

59301270_2197348666980790_1135837469028122624_n.jpg
奥行きの狭い階段…一本歯下駄で登るのに集中力を要す




59051853_2197347846980872_4024672492822986752_n.jpg
石ころがゴツゴツした地道…一本歯下駄の歯が常にグラグラする道も気が抜けない


57336168_2197349600314030_4975778792770371584_n.jpg
どんな路面であってもバランスは崩さず…足首の柔らかさでカバーする



帰りは上ノ太子経由で、40年前に卒業した羽曳野高校(現・懐風館高校)の前を通って壺井八幡宮へ。



59421708_2197347720314218_6392727094001926144_n.jpg 

59325822_2197349063647417_1042996498180079616_n.jpg 

58775383_2197348200314170_4536766253888438272_n.jpg 

人生で一番輝いていた10代後半、その青春時代のひとコマがこの地にもあった。

剣道部に所属していたが、卓球部と道場を兼用していたので、週の半分は外でのトレーニング。

学校から約2キロ、壺井八幡宮までまず女子が走り出し、その5分後に男子が走り出す。

先を走る女子部員を追い抜けない者にはペナルティがあった。

時に、神社の境内で缶蹴りをしたりもしたし、上の写真の急勾配の坂を見れば今もあの時の辛さを思い出す。

文化祭の映画のロケもここで行った。

とにかく思い出がいっぱい詰まった場所。

今はずいぶん綺麗に整備されて大阪みどりの百選にも選ばれている。


59301334_2197346740314316_5195261628869771264_n.jpg 
帰りは石川河川敷で一本歯下駄ランでリハビリ&リカバリー


59295123_2197346080314382_591359139154755584_n.jpg 
締めは寺内町






*その他の写真はこちら




クラウドファンディング不成立の一報の後、

サポーターの何名かの方々から励ましのメッセージを頂きました。

私は大丈夫です。

体力よりもまずは経済力を付けて次なるチャレンジにのぞむつもりでいます。

クラウドファンディングは終わりましたが、違う形で支援をしてもいいよと思われる方は
こちらから…。



*クラウドファンディング終了…ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!

readyfor32.png 

 
残念ながらプロジェクトは不成立でしたが、多くの学びと気付きを頂きました。

ご支援いただいた皆さん、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

今後共「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走る

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦をよろしくお願い致します。


詳細はこちら




*#招福ハレルヤ「寿GPS」

私の妻ぴあぴこと高繁千秋が所属するアラフィフユニット #招福ハレルヤのデビュー・アルバムがリリースされました!

84cc29a528cf5d3b7df70f8b8901bd3e.png 

販売はこちら

#招福ハレルヤフェイスブックページ



*スポーツ工芸ブランドARUCUTOより一本歯下駄攻略本発売中!

IMG_2269.jpg  

詳細はこちら



*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ



 
flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

4月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は4月15日、完成・発送は5月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 

*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/02(木) 23:20:18|
  2. 一本歯下駄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2019年夏にヨーロッパ続編となる「PEACE RUN 2019 ヨーロッパランニングの旅PART2」を予定している。

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

RUNNING IN TOKYO.COM

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード