FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Go Alone

【Go Alone】

14359095_1138374349544899_3657903386675591731_n.jpg 


犀(さい)の角のようにただ独り歩め

   
   『スッタニパータ』(『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫 17頁より)



*****



人はみな悩むもの。悩みのタネはいろいろあるのだろうけれど、最も多いのは人と人とのつながりではないだろうか。

人間関係から起こる問題は数知れない。

だとしたら、そこから一時的に離れてみることも大切なのではなかろうか。



幼稚園に通っていた頃からひとりで銭湯に通っていた。

「困ったら誰かに聞きなさい」と教えられ、「目と耳と口と脚があれば人は迷うことはない」とも父は言った。

さらに、小学校3年生の頃、大阪から父の実家のある広島県福山市まで電車で一人旅をした。

紙に電車の乗る順番と駅名と、切符の買い方などを父が書いてくれていたので、それに従えば何とかなった。

父の教え通り、わからない時にはそばにいる誰かに聞けばたいていのことは何とかなった。

一人で旅をすることが心の成長につながるということを現場で教えられた訳だ。



学生時代、大阪府枚方市のおんぼろアパートに一人暮らしをしていた。

学生寮のようなところで、トイレは共同、風呂はなし。

家から仕送りはもらっていたけれど、学費も出してもらっていたのでできるだけ自立すべく、居酒屋等でアルバイトしながら暮らしていた。

同世代の仲間がいたのでまったく不安もなかったし、面倒見のいい先輩たちに恵まれて、今考えると不合理なこともありながらも充実した日々だった。



自転車で野宿しながら一人旅をしたのも20歳の夏が最初だった。大阪府枚方市から友人のいる福井県小浜市まで一日かけて走った。

その約10年後に北米大陸(アメリカ)縦横断自転車旅行、その3年後に二度目の北米大陸横断(アラスカ〜カナダ)自転車旅行、ニュージーランド縦断&オーストラリア横断自転車旅行。

ひとりでどこまでチャレンジできるのか、自分への賭けでもあったのだ。



自転車旅行はやがてランニングの旅へと移行していく。トライアスロンやウルトラマラソンにチャレンジしたことがきっかけで、人力での移動が面白くなってきた頃。

距離やスピードよりも、二本の脚でどこまでも遠くへ移動することが楽しかったのだ。

旅を続けながら、いろんな人とつながることもまた魅力だった。何よりも旅を続けられる平和な世界のありがたさを感じていた。



時代が変わって、インターネットが登場し、SNS等を通じて人々はまた違ったつながりを求め始める。

他者とのつながりを求めるあまり、つながりが遮断された状態になれば人々は不安や不快感を覚えるようになる。

リアルでないつながりをリアルなものとしてとらえ始める。

実生活ではいろんな人に囲まれつながりながらも「誰も私のことを見ていない」「誰も私に関心を持っていない」と錯覚する。

一人でいることが孤独を感じる場面ではなく、周囲とのつながりが実感できなくなって孤独を痛感するようになる。

人は一人になることを怖れ、なるべく誰かとつながろうとする結果、同じような痛みを何度も繰り返し感じてしまう。



そんな時、ブッダの上の言葉は、孤独を怖れるに足りないと教えてくれる。

この広い宇宙で、私たちは孤独なんかじゃない。いつでも、同じ空の下、同じ地球という惑星の上でつながっている。

それがわかっていれば、不安になることも不快感を感じることもない。

さらには、もっと広い目で観れば、生も死もない、過去も未来も今この瞬間の中に含まれている。

楽しい・嬉しいことだけを考えていれば、人は永遠に苦しむことなんてないのだ。


10174926_771216592927345_2531030380650553431_n_20190922082122c62.jpg 


でも、人はみんな寂しがり屋なのだと思う。

できるならば、誰か気の置ける人と一緒にいて、会話はなくても同じ空気を感じながらしばし共にいられたらそれだけでも安心できるはず。

一人旅は完全に孤立(孤独ではない)した時間が長く続く…それを当たり前だと思えば何も感じない。

心の平穏をどんな場面で感じるか…これもまた個人差がある所…。


14440838_1139090286139972_8951090041200949812_n_20190922082039135.jpg 


今は家族もいる。離れているけれど両親も娘もいる。

つれあいぴあぴとは時間的にすれ違いが多いけれど、ソウルメイトであるがゆえに、いつどんな時でもつながっているという気持ちがあるから不安もない。僕が異国にいても彼女の隣りにいてもそれは変わらない。


ひとり落ち着いてものを考える時間を持つことは大切なこと。

長期の旅でそんな時間を持てる僕はある意味幸せだ。

今、人間関係に悩んでいるのであれば、一人の時間に瞑想でもしながら、リラックスしてみよう。

ないものねだりをして不平不満を口にするよりは、今あるもの(今身近にいる人)に満足することだ。

平和な世界とは、私たち一人ひとりがこのつながりに気づくことなのかもしれない。


14729255_1163709437011390_1996092098219345158_n_2019092208212666b.jpg




*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら





*エコマラソンを走ろう

flyer4942.png 
大会詳細はランニングトウキョウドットコムの公式サイトで…



PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカオンデマンド受付

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

6月分のオンデマンド受付スタートしています。締切は6月15日、完成・発送は7月中旬になります。


*詳細はこちら



lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら


10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNのバックナンバー&購読登録はこちら
スポンサーサイト



テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2019/09/21(土) 23:58:13|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード