FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

砂漠のナラボー平原1200キロ〜回想

【砂漠のナラボー平原1200キロ〜回想】 

18813995_1383909221658076_9195843780538376746_n_201909150749117a9.jpg 


オーストラリア横断ランニングの旅のハイライト、ナラボー平原。

その西の入口、ノースマンをスタートしたのは2013年10月9日。

約1ヶ月経った11月8日、ナラボー平原の東端の町、セデューナにゴール。

徒歩を除いて、サポートなしの単独横断ランニングは、ひょっとしたら日本人初か…?

ネット上の記録では他に見当たらなかったのだが、もしそうだとしたらこれは素晴らしい快挙!

幸い予想していた熱波に見舞われることも少なく、冷涼な気候のお陰で体調をくずすことなく、

怪我やトラブルにも遭うことなくナラボー平原を貫くエアハイウェイ1200キロを無事に走破することができた。


IMGP2697_201908092133229c3.jpg 


当初は食糧難で、ロードハウスで手に入る食べ物も限られ、ひもじい思いをしながら、時には腹が減って走ることもできず、情けない思いも経験。

マデューラの手前で、ぴあぴ(今の妻)を含む天球ぴんぽんず(当時の妻のバンド)が突然現れて驚かされる場面もあった。

3人が来てくれて、愛と勇気と元気をもらって、おまけに大量に水や食料を差し入れしてもらって命拾いをする思い…。

私にとって3人はまるで救世主。ナラボー平原横断が成功したのも、3人のおかげと言っても過言ではない。


nullarborplain103115_20191108073426523.jpg


地平線の果てに向かって続くただ一本のハイウェイ。

行けども行けども地平線に終わりはなく、一人走る道はあまりにも遠く長く果てしなく、延々と変わらぬ風景の中、

水(16〜23リットル)や食料を積んだ、重さ60〜70キロのバギーを押して1日50〜60キロを黙々と走った

ところではなかなか前に進まないもの。

それでも、地道に前進し続ければ、どんなところにでもきっとたどり着けるのだということ。


14203390_1122459714469696_4963405741788620643_n (1) 


360度地平線に囲まれた広大な原野の風景、昇る朝日や沈む夕日の美しさに心癒される機会も多々あった。

一方で、過酷すぎるほどの厳しい自然環境にもさらされたナラボー平原。

毎日野ざらしの状態で旅をしていれば、人間というのはあまりにも無防備な状態…。

自然の力は時として人間の想像を超えるものがあるのだということ。

気温2度で寒くなったかと思ったら、いきなり35度の酷暑がやってきたり、日照り続きかと思えば、

予想だにせぬ砂漠の豪雨もあった。

特に、風はいつも気まぐれ。


IMGP2784_20190627194945415.jpg 


平原を吹き抜ける突風でテントがぶっ飛ばされそうになったり、砂嵐に見舞われテント内が砂埃だらけになったり…。

気持よく走っていても、向かい風になれば当然ペースダウン、一歩進んでは二歩押し戻される感覚、

容易に前に進ませてもらうことができない。


IMGP2809_20191108082535fb2.jpg 

平原とはいえ、時にはジェットコースターのようなアップダウンが小刻みに続くローリングヒルがあったりで、

一般的にナラボー平原はほぼフラットとは言われるものの、決して楽な道ばかりではない。

いかにうまく自然と共存していくかということも、今回の課題だったと言えるだろう。


camp_nullarbor1_20191108081157f70.jpg 


ナラボー平原で過ごした一ヶ月、様々なことを学ばせてもらった。

いつも腹を減らしていた前半、フラフラ走っていたら通りすがりの車が目の前に停まって、

水や食料(新鮮な野菜や果物)を差し入れてもらえた。

車の窓越しから名を名乗ることもなく、ただ善意でこういったことをしてもらえて、最初は嬉しさと驚きで

涙が止まらなかったもの。

時にはキャラバンの中に招き入れられ、食事をごちそうになった上におみやげまで頂いたこともあった。

特に、ナラボー平原の中間あたりから後半にかけては、ほぼ毎日のように誰かからいろんなものをもらい、

水を飲んでも、食べ物を食べても決して減ることがなかったのは驚くべきこと。

旅の趣旨を話して、東日本大震災復興支援義援金を寄付して頂いた方々も少なくはなかった。

(寄付金は、日本円で総額約15万円、旅を終えて帰国後に福島県相馬市と南相馬市の保育園・小学校・公民館へ届けた)

困った時には必ず助けの手を差し伸べてくれる人がいるのだということにも感謝感激感動。

この世界で、愛に満たされ、平和な気分にひたりながら走れたことは本当に幸せであったと思っている。


IMGP2321 (1) 

他にも、旅の途上で様々な国や地域から来ている旅人にもたくさん会うことができた。

彼らは、ランナーやサイクリストであったり、モータバイクツーリストであったり、キャラバン(キャンピングカー)で旅をするオーストラリア在住の夫婦であったり…。

人種や民族、国籍に関わらず、同じ地球市民として、同じ時代に、同じ地球に生きている同朋・仲間であるということを心から嬉しく思う場面もしばしば。

平和だからこそ出会える喜びに感謝すべきなのだと思う。



すべてのロードハウス(道の駅のような施設)に立ち寄り、ボーダーヴィレッジとペノン以外のすべての

モーテル・キャビンに泊まり、通常の2〜3倍もする高価な食料や飲料を購入した。

しかも、手に入れられる食料はスナック類や限られた種類のものばかり。

輸送コストや輸送の手間を考えればそれは致し方ないことではあるが…。


42990350_1894097140639279_2942306623600721920_n_20191108081154fb9.jpg 


ロードハウスのモーテルでは貯水タンクの雨水を飲んだ。砂漠ゆえに地下水も湧かないのだ。

シャワーも貯水タンクの雨水、それも毎日浴びられるわけではなくロードハウスのある場所のみで3〜4日に一度。

ネットワークも限られた場所にしかなく、すべてのロードハウスでインターネットが使えるというわけでもない。

情報の受信も発信も3〜4日おきというのがあたりまえ。ネットワーク圏外にいるのがごく普通の状態。

普段、日本で暮らしていて、あたりまえと思っていたことがあたりまえではない暮らしがこちらの日常でもある訳だ。

ロードハウスのないところでは、レストエリアやアウトバックでのブッシュキャンプ。

水道も電気もトイレもない原野でテントを張って夜を明かすしかない。

アリやハエの大群に歓迎されこそはすれ、毒蛇やサソリ、毒蜘蛛の猛襲を受けることもなく、平穏無事な夜を過ごせた。


australia_map.png 


パースからセデューナまで約2500キロ、ナラボー平原の横断は終えたものの、オーストラリア横断のまだ半分たらず。

それでも、最大の難所ナラボー平原走破を終えたとなれば、安堵の気持ちに浸るばかり。

今回は18年ぶり、2度目のナラボー平原横断。

1度目の1995年、自転車でオーストラリア横断した際にもセデューナの町が見えてきた時も同じように感動したが、

あの時は、わずか2週間足らずで1200キロを走破。自転車ならランニングの旅の2倍のペース。

1日100キロ走行はそう難しくはない。

様々な苦難と試練を乗り越え、やっとの思いでたどり着いたセデューナ…。

ランニングであってもその気持ちは何ら変わらない。


ナラボー平原はある意味特殊な場所。

砂漠の原野の中で私が体験してきたことは、普通に暮らしている人々にとっては考えられない、想像を超えた経験であったのかもしれない。そんな、ここでしか得られない特別な経験を経たからこそ、普段街での暮らしがやはりありがたく思える。

ノースマンを出てから、久々に見る普通の町。

買い物もごく普通に普通のスーパーでできるし、食べたいものもあれこれ選ぶことができる。

断食をしていたわけではないのだけれど、まるで断食明けのような気分でもあった。

お金さえ出せば、何でも買える、何でも手に入る…そんな場所が文明国なら珍しいことではないのだ。

ここで私は、お金を出してもできない経験ができたし、そこに素晴らしい価値を見い出せたと思う。


セデューナで数日滞在。気持ちをリフレッシュして、そこからはポートオーガスタ経由でアデレードへ。

そして、旅は、メルボルン、キャンベラ、シドニーと東部に向けてこのあとも続いた。


「PEACE RUN2013 オーストラリア横断+ニュージーランド縦断ランニングの旅」はトータルで163日。

5200キロあまりの旅ではあったが、2011年のアメリカ横断に比べてまだイージーだったのではないかと今は思う。

アメリカ横断では、モハヴェ砂漠のみならず、ロスアンゼルスを出てからはほぼ砂漠がロッキー山脈まで続き、その後も大平原がアパラチア山脈まで続く。

町から町の距離は120キロというのが最大だったが、暑さも乾きもあったし、冷たい雨もあった。

ヘルペスにもかかり足首の故障でもまともに走れない期間があった。

大陸の旅をひとつ終えるごとに僕は成長してきたのだろうか。

50歳を過ぎて始めたチャレンジ。どこまで走れるのか、どこまで気力と体力を維持できるのか、今はわからない。

それでも、「五大陸4万キロ」の看板を掲げてPEACE RUNを走り続けるしかない。

時にテンションもモチベーションも下がり、半ば自暴自棄に近いような状態にもなるけれど、

あせらずあわてずあきらめず…ゆったりまったり…のポリシーに則っていこう。

大切なのは、

ただ、ゴールを目指してひたすらにひたむきにひた走る、あの時の自分を忘れてはいけない…

ということだ。


021-TopTen-Nullarbor1_201911080759078c5.jpg 


今般の台風19号で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

被害に遭われた皆様の日常が一日でも早く戻りますようお祈りしています。


*第6回弥富チャリティマラソン

61737003_2300900403520963_2022839092865138688_n.jpg 

今年もゲストで走らせていただきます

スポーツエントリーでエントリーできます。


公式サイトはこちら

*エコマラソンを走ろう!
ecokansai2020.png  

エコマラソン公式サイトはこちら


*走ることで被災地復興支援…RUN×10(ランバイテン)運動

29134069_1852460744765355_7348865673986048000_n.jpg 

ランナーにも走ることでできる被災地への復興支援、それがRUN×10(ランバイテン)運動

RUN×10(ランバイテン)運動 tweetviteページ

RUN×10(ランバイテン)運動フェイスブックページ

RUN×10(ランバイテン)運動 JogNoteページ




*講演会・トークライブ

lecture2.jpg 


引き続き全国各地での学校・企業・ランニングクラブや走友会、個々の家庭を対象としたトークライヴや講演会のオファーをお受けしております。

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の生の声をお聞きいただき、生きる・走るモチヴェイションとしていただければ幸いです。

小学校高学年〜高校生くらいのお子様をお持ちの方には個々のご家庭を訪問することも可能です。

講演・トークの内容・時間等については柔軟に対応させて頂きます。

詳細はこちら



*メルマガ「週刊PEACE RUN」
10478928_737939879588350_1418655512648310586_n.jpg 
*週刊PEACE RUNの購読登録はこちら



*一本歯下駄健康サロン

一本歯下駄を使ったトレーニング教室(ランニングクリニック)・健康サロンもやっております。大阪富田林のぴんぽん地球ス(テラス)にお越しください。

一本歯下駄サロン1


詳細はこちら

ぴんぽん地球ス(テラス)内のんき屋では一本歯下駄の販売・メンテナンス・試し履きができます。不定期営業ですので事前にアポが必要となります。



*PEACE RUN Tシャツ

 prtee.jpg 

PEACE RUNTシャツ・スウェットシャツ・パーカをオンデマンド販売しています。

売上はアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦の活動資金になります。

オンデマンド購入は随時受け付けています。締切は毎月15日、完成・発送は翌月中旬になります。


*詳細はこちら




他にも、ぴんぽん地球ス(テラス)では一本歯下駄・アドヴェンチャーカフェ(ネパールコーヒーの試飲)もできます。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


スポンサーサイト



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2019/11/08(金) 08:08:17|
  2. PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード