FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

アパラチアン・ラプソディ

【アパラチアン・ラプソディ】

331354_257264560989220_590302552_o.jpg


聞こえてくるのは風と戯れる枯葉の音。

まるで生き物みたいにカラカラと乾いた音を立ててハイウェイを転がっていく。

時に3~4枚が群がって競争している。

またある時には、自分と同じペースで転がって併走してくれたりもする。

木という自身の故郷を離れて、枯葉も戻ることのない旅に出て行くのだろう。


333697_257262760989400_1116768606_o.jpg 

9年前の今頃は、アメリカ横断ランニングの旅に出向いていた。

ロッキー山脈よりもタフでハードなアパラチア山脈越えの真っ只中だった。

砂漠、平原、山脈…旅のいろんな楽しめる(苦しめる)要素を盛り込んだ、最高レベルの大人の遠足(笑)。

時に単調さに気が狂いそうになりながら、暑さと渇きでミイラになってしまうのではないかと思わされながら、何とか旅のゴールが見え始めていた頃。

ロスアンゼルスから5000キロを突破して、ゴールのニューヨークまであと300キロ。

1週間を残すばかりとなっていた。

IMGP3445.jpg 

10月末にハロウィーン寒波に見舞われ、アメリカ東部では積雪も観測されたが、僕はその頃、オハイオ州で冷たい雨に打たれながら、半ば低体温症気味で走っていた。

走っている内は体も温まっていいのだが、いったん休憩しようと立ち止まったら震えが止まらない。

気温は2〜4度程度だったか、トイレに入ってファスナーを下ろすためにジッパーを摘もうとする指が悴んで動かない。

鏡に顔を写したら唇が紫色になっていた。

温かいコーヒーが飲みたい…おでんとかすき焼きとか温かい食べ物が食べたい…

そんなことを考えながら走っていたのだった。


324375_257263290989347_490307317_o.jpg 

それにしてもアパラチア山脈は過酷だった。

ロッキー越えは勾配7パーセントほどのダラダラ登りが延々と続くだけでさして辛いと感じることもなかったけれど、アパラチア山脈は全く違う。

勾配10パーセントを超える登りもしばしばあったし、何より毎日標高700〜800メートル程度の峠を1日4〜5つ上り下りするのだ。

IMGP3456.jpg 

登りはもちろんバギーを押し歩き、下りもバギーが暴走しないように腕と手で支えながらスピードを牽制しつつ走らないといけない。

スピードを出して走ると路面につまづいて足首を捻挫したりしては元も子もないのだ。

IMGP3460.jpg 

IMGP3417.jpg IMGP3413.jpg 
IMGP3419.jpg 

時折雪がちらついたり、朝方霜が降りたり氷が張ったり、季節は確実に冬へと移り変わり行く中、僕は大陸を西から東へ、ひたすら前に進んでいくしかなかった。

大西洋が見えるマンハッタン島の東端に立ち、アメリカ大陸ランニング横断という夢を叶える瞬間が必ずやってくる…それだけを信じて…。




感謝感激感動…感性のチカラをフルに使い、身も心も研ぎ澄ませて走り続けた日々はもう過去のもの。

人生のエッセンス…生きることの真髄のみを追求しつつ、無駄なもの・不要なものは一切排除する、まさに断舎離された人生そのものだったのかもしれない。

旅の空の下にあれば、人は誰でも詩人になれるし、アーティストにだってなれるものなのかも知れない。


そのためには、五感をフルに使おう。第六感も鍛え上げよう。

人は感性だけでは生きていけないものなのかもしれないけれど、感性なくしてもまた生きていけないものだと思う。

求められているのは、できるだけ自然に逆らうことなく、自然の中で、自分らしくありのままあるがままの自分で生きていくこと、だと思う。

IMGP3391.jpg




スポンサーサイト



テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2020/11/13(金) 09:44:34|
  2. PEACE RUN2011アメリカ横断ランニングの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード