FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

物事の裏表

 【物事の裏表】
CB545018-9300-4C7F-95F4-3BA0E121FD2A.jpeg 


物事というのはその見せ方・示し方によっていくらでも変わるし変えられる。

たとえば、女性の化粧。

教員時代、大阪市内を歩いていて、モデルのようないでたちの綺麗なお姉さんに「高繁先生…ですよね?」と声をかけられてびっくりしたことがあった。

最先端の煌びやかな服装と、素人とは明らかに異なるメイク。

「えっと…何高校?何年卒だったっけ…?」と問い返して答を聞きしばらく考え込む。

過去の記憶を頼りに一生懸命思い返すこと数分…やっと思い出す。

高校時代の彼女はそんな目立つような顔立ちでもなく、清楚で真面目な感じのする女の子だった。

それが、グラビア雑誌の表紙を飾るようなお洒落なレディに…。

面影はあったが、名乗られなければ絶対に本人とはわからない、まさか教え子にそんな女性がいたなんて…と思わされた。

着ているものとお化粧でこれほどまでに変わるものかと驚かされる経験であった。


*****


インターネットが普及して久しいが、ネットショップなるものも見せ方次第でいくらでも変わるもの。

実体のないお店ももちろんあるのだけれど、大切なのは、その店を紹介するホームページやウェブサイト。

プロが作ると、どんなしょぼくれた店であってもお洒落で高級感漂うものになってしまう。

売れない商品にしてもそう。

写真の撮り方、商品を紹介する文章やページのデザイン・レイアウトで思わず買いたくなるような商品に変えられてしまう。

ある一面を誇張して徹底的に素晴らしく(美しく・カッコよく)見えるようにする。

写真を加工するソフトも格段に進化している。その点では女性のメイクと何ら変わらないのかも知れない。

ある意味恐ろしい時代である。


街角にあるスピード写真のブースでも、肌を綺麗に見せたり、多少目鼻立ちや顔の輪郭をはっきり見えるようにしたりすることもできる。

これって偽証罪に問われたりしないのだろうか?


昔からその手のセールス戦略はあったのだろう。大して面白くも何ともない小説の、カバーや装丁を高級感あふれる立派なものにして、書店の一番目立つところに置いておくだけでベストセラーが誕生する。

書評を書く評論家たちに最大の賛辞を書いてもらって本の帯に掲載すればなおいい。


話は変わるが、こういったことは人間関係でも同じなんだろう。

教員時代、転校生がクラスに入って来た時に、まず世話係みたいな一人を決めて、新たな学校生活に馴染んでもらうようにしていた。

「A君はとても信頼できるし面倒見がいいから何でも教えてくれるよ」と言って、転校生を世話係のA君に紹介する。

するとA君は転校生に対して、こちらが思っていた以上に熱心に世話してくれる。

あれ?あいつってこんなタイプだったっけ?と不思議になるくらい。


クラスのインフルエンサー的な生徒の発言はクラス全体にも大きな影響を及ぼし得る。

「Bさんは性格悪いから相手にしない方がいいよ」とインフルエンサーの生徒が誰かに話すと、実際クラスのみんなが生徒Bを遠ざけるようにしてしまう。

「Bさんって明るくっていい性格してるから次のクラス委員長に絶対なって欲しいわ」

とインフルエンサーが言えば生徒Bはきっと時期クラス委員長になり得るだろう。


こんな風に、我々の日常でも似たようなことは多かれ少なかれ起こっている。

誰かの何気ない発言でいろんな人やモノの評価が決まるのかも知れない。

ネットショップのレビューも、良きにつけ悪しきにつけ誰かの高評価や悪評価で買う・買わないを決定してしまうような場面があるのではないだろうか?

こういうことが頻繁に繰り返されていく内に、自分自身で物事の判断ができなくなるようなことにもなってしまいかねないと感じている。

誰か(コメンテーターと言われるような人々)の発言や考えを基準にして、世の中のあらゆる事象の良し悪しを決めるようなことが日常的に行われているようにも感じている。

メディアは大きな力を持っているということは言うまでもないけれど、絶対に報道すべきであろう大切なことを意図的に報道しないということも現実には起こっている。

世の中が、何か見えない力によってコントロールされているのは確かなことで、知らず知らずの内に、世の中がとんでもない方向へと勝手に導かれているような気がしてならない。

何が真実で何が作り事か、その真偽を見極めること。

第三者からの情報を鵜呑みにしていると恐ろしいことになり得る。

隠された真実を見抜く目、常に真偽を確かめる習慣を身に付けておくのがいいのだろう。

とはいえ、パニックになってはいけない。

心穏やかに、前向きに…。そのためにはいつも笑顔で…。


92F05241-5CD4-4890-B0DD-DE2EB1C693D1.gif


【お知らせ】

eco2021-3.png   

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦がアンバサダーを務めるエコマラソン、2021年の大会予定です。

今年はコロナの影響でどうなるかわかりませんが、関東方面にも出向くことが増えそうです。

1/10(日)第8回淀川エコマラソン(大阪)

1/11(月・祝)第20回鴨川エコマラソン(京都)

3/7(日)第1回足立エコマラソン(東京)

3/20(土祝)第9回淀川エコマラソン(大阪)

3/21(日)第21回鴨川エコマラソン(京都)

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

 詳細はエコマラソン公式サイトで…





アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


◆ヨーロッパ最大のアウトドアフィルムフェスティバルE.O.F.T.!

現在、オンラインで視聴できます! 

 

ヨーロッパで最大規模のアウトドアフェスティバル「ヨーロピアン・アウトドア・フィルム・フェスティバル(E.O.F.T.)」は3都市4会場すべての会場での上映が中止となりましたが、12月11日より1月31日までの期間限定で、9作品中5作品のみこちらでご覧いただくことができます。

 

レンタル(5作品全て)500円

 

購入(5作品全て)1500円

 

*****

 

アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦が初めて字幕翻訳を担当した映画、ヨーローッパ各国の主要都市の400もの映画館全てで満員となるほどの人気ぶりという前評判でした。

 

作品詳細・プレビューは公式サイト

  

お問い合わせはこちら

 

*オフィシャルトレイラー(予告編)







スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/01/07(木) 23:57:40|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード