FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

子供たちの未来について考える

【子供たちの未来について考える】

19413_main3.jpg


いろんなニュースが飛び交っている昨今、メディアも必ずしも真実を報道しなくなっているし、偏った報道や操作された情報なども出回っていて何が正しいのか(真実なのか)判断に苦しむことも少なくはない。

そういったことの背景には、何かを伏せたい(隠したい)・人々の目に触れないようにしたい・あまりおおっぴらにして欲しくない…といった事情があるのかも知れない。

何はともあれインターネット社会、私たち自身が正しい情報を求めなくてはならないということだろう。



気になるニュースが一つ。

髪黒染め、校則・指導は「適法」 名簿不記載で府に賠償命令 大阪地裁

在学していた大阪府立高校で、

校則で禁じられた茶髪を黒く染めるよう教諭らから強要され、

不登校になるなど精神的苦痛を受けたとして、

女性(21)が約220万円の損害賠償を府に求めた訴訟の判決が16日、

大阪地裁であった。(記事から引用)


四半世紀ばかり教育現場にいた私だけに、学校関係のニュースはこまめにチェックしている。

この高校は私の母校で今はその名前がなくなった羽曳野高校と、1994〜5年にかけて私が勤務していた西浦高校が統合されてできた高校。名前は「懐風館高校」に変わっている。

ことの発端は6年ほど前で、ニュースになった当初から海外でも話題になっているという。


日本人の規範意識の高さはよく話題になるが、一方で日本人の人権問題(セクハラやパワハラなど)に関して異国の方々には理解し難い点も少なくはない。

このニュースはまさにその典型かも知れない。


髪の毛が黒いのが一般的な日本人。学校に入学したらまずはみんな同じ制服を着て同じように授業を受け、同じように学校生活を送る。それはそれでいい。

ただ、一人でも他の生徒と違うようなことをしたり、一人でも他の生徒と違うような考え方をアピールしたりするのは好ましくない(場合によってはいけない)というのが今の日本の学校。

女子生徒のスカートが一人だけ短いとか、男子生徒の一人の前髪が眉毛を隠しているとか、そういった些細なことにおいても教員のチェックが入る。これを生徒指導と称して改善(?)させるのも教師の役割なのだ。




頭髪検査や服装検査なるものがあった(もちろん今もあるのだろう…知らんけど)。

髪の毛の場合は長さはもちろん、パーマや色合いもチェックされるのが普通。

生まれつき縮れている髪の毛や黒でない髪の毛については入学時に届け出(他の一般生徒とは違うという意味で)を出すのが一般的なのだろう。

そもそも「髪の毛の色が黒くないというのが好ましくない」という発送がいつの頃からあったのか、私にはよくわからない。統一された理想的な基本スタイルというものがこの社会にはあるようなので、暗黙のうちにそんな考え方が定着してきたのだろうか。

校則を作るのは学校であり生徒指導に関わる教師たちがそのベースとなるものを作って、最終的には職員会議で決定されるのだと思う。

もともと黒かった髪の毛を茶色にしてきた生徒に対しては黒く染め直すという指導を施すし、そんな場合でも生徒たちは自分たちが悪いことをしたという意識を持つもの。

組織や集団の中でどのように振る舞うかを教えるのが「校則」という考え方だろう。

11年前に教師という仕事を辞めて、この11年間であれこれ考えさせられたが、やはり日本はある意味特殊な社会であると思う。

個人よりも組織・集団が重視され、そうなると個人の思想や行動は二の次で、組織・集団がうまく運営されるように個人はそれなりの覚悟を持たなくてはいけない…かいつまんで話すとそんな背景があるのではなかろうか?

ただ、時代は令和である。昭和は既に終わっている。

教育の世界も新しい時代に相応しいものに変えていくのは当然のこと。


以下はあくまで私個人の考えである。

教育は押し付けではない。

力でねじ伏せるのは封建時代のやり方と同じ。

ルールというのはその組織・集団に所属するもの全員で考えるのが理想の姿ではないか。

ルールというのはいったん作ってしまえばどんどん細かなものを作らないといけなくなる。

そういったことから、校則はないのが望ましいが、あっても最小限でとどめておきたい。

ルールを教えるよりも、なぜそれがいけないのか・悪いのかを共に考えることの方が実は大事なのだと思う。


「〜でなければならない」式の教育には限界がある。

従順でルールを守る素直な人間を大量に育てるための教育はもはや今の時代にはそぐわない。

何よりもコミュニケーションが欠落することで人と人との繋がりが廃れつつあるような場面も多くなっているのが今の世の中。

親と子供、教師と生徒の間にきちんとした会話があって、きちんとした人間関係ができていないままでルールや校則云々で議論するが故に問題が大きくなってしまう。

上のニュースは本来であれば校内で決着するはずの問題。

教師たちと保護者・生徒間に溝ができてしまったらお互いに不信感を持つだけ。


子どもたちは親を見て育つし、生徒たちは教師を見て学ぶ。まさに「子は親の鏡」。

大人のあり方(生き方や考え方)が子供たちにいろんな影響を及ぼしている。

本来、この国の人々にはもっと素晴らしい美徳や価値観・倫理観があるはずで、それがうまくいかされる場面も多々ある。震災後のボランティアなどはそのいい例でもある。


今、学校という教育現場で頑張っておられる先生方には本当に頭が下がる思いである。

だが、教育のあり方で社会は良くも悪くもなり得る。

家庭では親が子に施す「しつけ」というものがある。

親が忙しくて十分なしつけもできぬままになっているケースも少なくはないかも知れない。

そんな子供も社会という荒波に揉まれることで一人前になっていくのだろう。


日々時代は変わっていっているということもぜひ理解しておく必要がある。

繰り返すが、既に昭和という時代は終わっている。

昭和では当たり前だったものが、令和の今通用しなくなっているということもあるのだ。

昭和の古い考え方でものを言ったり何か行動したりすることがトラブルや問題の発生源になるということを弁えておかねばならない。

そういう観点からも、今の教育はどうあるべきなのか?


次代を担う子どもたちには、今見聞きするもの・経験することがとても大切。

明日の日本はもちろん、世界を変えていくのはこの子どもたち…

親や教師を含む我々大人は、子どもたちのよき模範になると同時に、子どもたちを正しい方向に導く努力を怠ってはならないのだと思う。

言い換えるなら、子供たちに誇れる発言・行動を心がけるということだ。


そして、大人が常に願うべきことは…

子供たちの未来に光あれ、幸多かれ!

子供たちの笑顔があってこそ大人も笑顔になれる。

そんな未来を作って行こう!






「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



【お知らせ】

ecoKansaiMarch2021Jap.png    

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦がアンバサダーを務めるエコマラソン、2021年の大会予定です。

今年はコロナの影響でどうなるかわかりませんが、関東方面にも出向くことが増えそうです。

3/7(日)第1回足立エコマラソン(東京)

3/20(土祝)第9回淀川エコマラソン(大阪)

3/21(日)第21回鴨川エコマラソン(京都)

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

 詳細はエコマラソン公式サイトで…





アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー





スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/02/17(水) 07:00:59|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。ふるさと富田林応援団アンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード