FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

50/50(フィフティ・フィフティ)

【50/50(フィフティ・フィフティ)】

8E76A71E-8586-414E-A4C4-015DB520D43F.jpeg


人生の、あるいはマラソンのあるポイントで、

「もうダメかも知れない」と考えるのと、

「まだ行けるかも知れない」と考えるのとでは、

同じ50/50の確率でも、正の側面を見るか、負の側面を見るかでその後の展開は変わってくる。

ダメ元と考えて「行けるところまで行ってみよう」と考えるのが実はかなり楽なんだろうな。

気持ちの余裕があれば体の負担も実際に減ってくるかも知れない。

プラス思考・ポジティヴシンキングはある意味楽天家の特権。

物事をいいように捉えることで道は開けるもの。

先のことを憂うよりは今にフォーカス。

この一瞬のあり方が未来に関わっている。

今を楽しむことが良き人生を切り開く鍵。


*写真:生涯最高記録2時間52分35秒を記録した1987年篠山ABCマラソンを走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦




「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/22(木) 23:24:57|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「〜のせい」を「〜のおかげ」に変える

【「〜のせい」を「〜のおかげ」に変える】

176177194_983062529103371_1998782985077036903_n.jpg


「〜のせい」をアピールしていると運やチャンスがどんどん逃げていく。

「〜のせい」は責任転嫁。

自分の失敗や不始末を他者に押し付けるエゴなアチチュード。

「〜のせい」は不平や不満の表れでもある。

眉間に皺を寄せる人がその言葉によって引き寄せられる。


それよりも「〜のおかげ」という見方ができたらいい。

そうすればいいことが次から次へと起こり出す。

これホント!

「〜のおかげ」は感謝の気持ちの表れ。

「〜のおかげ」は誰かを笑顔にするし、自分自身も笑顔になれる。


という訳で、皆さんのおかげで今日も平和で心穏やかに過ごせております。

ありがとうございます。


94037552_2891247764257540_8871675646229610496_n.jpg


IMG_6733.jpg

昨日、PEACE RUNオフィシャルスポンサープロギアビジョンから新しいアイウェア「プロギアアイガード」が届きました。

軽いしフィット感が最高!



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/21(水) 08:21:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現実のつくり方

【現実のつくり方】

A5E09CFA-CC35-4389-B878-827675EF8E27_1_105_c.jpeg


考えすぎると感性が鈍る。

考えるよりも感じるものを大切にすることなんだ。

走っていれば向かい風はやたら気になるのに、

追い風が吹いている時は気付かないもの。

幸せの真っ只中にいるのに不平や不満ばかり言っているのもそれと同じ。

頭を使って考えることは

生きていく上で必要なことかも知れないけれど、

自らの魂にダイレクトにつながるような、

心と体で感じるものに目を向けることを忘れちゃいけない。

直感を信じよう。

心が動くものを追い求めよう。

感謝感激感動…感性のチカラで生きていこう。


*****


過去に上のような記事をフェイスブックに投稿していた。

考えることと感じることにおいて、ズレが必ず生じるということをアピールしたかったのだ。


日々の暮らしにおいて、考えることよりも感じることに目を向けていくといろんな変化が起きてくる。

そう、現実は後からついてくるということ。

感じたことを受け入れて、それを心地良さに変える。

心地良さを言葉にしたりして表現すればなおいい。

そうすると、人生が楽しいものになってくる。

起きて欲しくないことを考えるよりは起きて欲しいことをひたすら念じてみる。

夢を叶えたり目標を達成したりするのも同じ。

現実は感性と思考でつくられている。でも、優先されるのは感性そのもの。

五感をフルに使って、さらには第六感(インスピレーション)を日々磨いておこう。

ときめきとひらめきがある人生こそは素晴らしいもの。

55CB1727-3479-499D-83C6-C5ABEC2DC05C.jpeg



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/20(火) 05:57:32|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂漠のゆったりまったりラン

 【砂漠のゆったりまったりラン】

slowly.png 


マゾヒストと呼ばれる変態志向の人々は痛みや苦しみを快感に変えられる人。

痛ければ痛いほど、苦しければ苦しいほど楽しい時間を過ごせる。

100キロ以上の超長距離を走れるウルトラランナーは大抵そんな人たち。

「どれだけ距離が長くても、時間さえかければ走り切ることができる」


という考えが常に頭にあるのだ。



上の写真はアメリカコロラド州からユタ州に抜けるハイウェイで撮影。

この時点で気温は42度。

湿度は以上に乾燥していて低く、照りつける太陽光線は素肌に痛いので、できるだけ皮膚を露出しないようにしている。


顔全体を覆えるようにフリルネックという砂漠仕様のサンバイザーを使ったのは正解。


mohave_desert23.jpg 

砂漠をこんな風に一人で走っていたら、ハイウェイを走る車はほぼ必ずと言っていいほど停まってくれる。

「おいおい、こんな暑さの中で何してるんだ?水はあるのか?」

とか

「あなた正気なの?こんな熱波の砂漠で走ってたら死ぬわよ」

といった言葉をかけられた。

だが、僕にとっては暑さそのものよりも、そういった人々の表情を見てる方が怖かったというのは事実(笑)。


こんな熱波の砂漠で1日50キロも移動するということが彼らには信じられなかったのだ。


mohave_desert4.jpg 


汗もかかない…正確には、汗をかくのだけれど汗が瞬間に蒸発するくらいの乾燥具合。

1時間に1リットルの水分を摂らないと体が干からびてしまいそうになる。

口を開けていると口の中が乾き切って唾液も出なくなる。

40度を超える中では深呼吸をすると肺を痛めてしまうと言われる。

できるだけ口を開けずに鼻で呼吸するのが砂漠ランのポイントということを自ら学んだ。


砂漠では決してあせらない。ゆったりまったりマイペースで走ればいつかはゴールにたどり着く。

キロ7〜8分ならさほど苦痛にはならない。こまめに水分を摂って、20分に一度は休む。

木陰はほとんどないけれど影のできるところで頭を冷やす。

ある時には、テント内に敷くアルミのシートを頭の上で広げ、日陰を作って休憩していた。


IMGP2343_20150821115016d36.jpg 
バギーの陰に隠れて少しは涼める…


IMGP1087_201407251657571bd_2016053122385442a.jpg 
「砂漠でも生育している植物があるって凄いな…わずかの水で成長できるってことだ」



IMGP1104_201407251657564a9_20160531223855897.jpg 
「熱いなー。暑いじゃなくって本当に熱い。アスファルトが溶けてるよ(笑)」


ゆっくりでも前進し続ける。

速さは問題じゃない。

速く走ったところで競争する相手もいない。

できるだけ遠くまで行ければそれでいい。


走ることの意味や意義・価値観が変わるきっかけとなったのがアメリカ横断での砂漠ランだった。

極限状況になったら人は一体どんな風に自分を環境に適応させられるのか?

自分を実験台としてあれこれ試しながら理想の走りを追求しようとしていたのかも知れない。

だが、その実、「喉が渇いた腹が減った疲れた」と心の中では絶叫している自分がいた…(笑)。



人は環境に順応できる素晴らしい動物…

極地でも砂漠でも大平原でも、長く移動し続けているといろんな気づきや学びがあるものだ。

しばらくそういったエクストリームなチャレンジから遠ざかっているけれど、今はそんな刺激に飢えている。




「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/19(月) 21:29:10|
  2. PEACE RUN2011アメリカ横断ランニングの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薫風(くんぷう)

【薫風(くんぷう)】

537297_509388135776860_1830164680_n.jpg

いよいよ春爛漫…。

フィールドでは新緑が美しい。

つつじも今が見頃…。


季節というのは、いつも僕たちの知らないところで移り変わっていくもの。


昔はこんなに季節の移り変わりに敏感ではなかったのに、いつの頃からか、季節の節目がやってくるごとに、四季折々の様々な思いに胸を熱くするようになってしまった。

いい歳をしたオヤジが何を…と笑われるかも知れないが、男はいくつになってもロマンチストであるべきもの…。

花の匂いや風の薫りでいろんな過去のできごとを思い出す。

匂いにまつわる記憶というものがあるのだ。

949752_514156281966712_613504675_o.jpg

過去という時間の中に埋もれてしまったそれらの記憶は、湖に放り投げられた小石のごとく永遠に取り出せないもの。

では、遠く過ぎ去っていく時間は一体どこに流れていくのだろう?

時間とは流れていくものではなく蓄積されるものということを学んだ。

蓄積されはするものの永遠に帰らぬ時間…そんな時間のために僕ができることというのは、永遠の訣別をすることで失われた時間を弔うことくらいのものだろう。

558901_509388005776873_2018441079_n.jpg

4月のある晴れた日の午後に一人で走るという行為は最もふさわしいものだったのかも知れない。

頬をなでる風の匂いは甘く、まるで風の流れが目に見えるかのようでもあった。

優しさに満ちあふれた風とは恐らくこんな風のことを言うのだろうと僕は思った。

13476_509387939110213_452065958_n.jpg

僕は走り、風景はどんどん後方へと流されていく。

僕はいつでも振り返ることができる。

が、振り返ったところで、二度と同じ風景を見ることはできない。

1分1秒と時間が流れていくごとに、すべてのものは少しずつ移り変わっていくのだ。

ちょうど僕自身がそうであるように…。


ある晴れた春の日の昼下がり…薫風を心地よく感じながら、僕はどこまでも幸せな気分に浸る…。

95789942_2924722414243408_348176720760668160_n.jpg





「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2021/04/18(日) 18:44:29|
  2. 花鳥風月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ターニングポイント

【ターニングポイント】

83052407_156337859117958_2770313541540904960_n.jpg


今がどんなに辛い状況であっても、必ず事態は好転するもの。

人生であれマラソンであれそれは同じ。

辛いのは自分が試されているから。

辛いと感じるのは自分自身が強くなっている時。

一歩ずつ前に足を踏み出しているからこそ、次に自分を待ち受けてくれるものがある。

弱い自分と闘うこともしない。

自分自身と闘ったところで、勝つのも負けるのも結局は自分自身。それじゃ意味がない。

自分の弱さを知っている人こそ強い人。

自分の弱さと向き合える時こそ強くなれる時。

その弱さもすべて受け入れるから人は強くたくましくなれる。

でも、あえて強くなる必要はないんだと思う。

むしろ、強くなったと感じられたらそれでいい。

78268062_2588527494529570_7809241440327827456_o.jpg

僕らは、目に見えない「人生」というマラソンを走っている。

試練は峠でありターニングポイント。

前に進んでいけば、いつか必ず峠を越えられる。

だから、乗り越えられない試練はない。

ゆったりまったり、あせらずあわてずあきらめず…

前だけを見て進んでいこう。

107384099_3093721357343512_8753432646181776168_n.jpg




「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら


【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png

5thTondabayashiEco.png

10thYodogawa.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)

6/12〜13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)

6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2021/04/17(土) 23:23:16|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆったりまったりが感性のチカラを磨く

【ゆったりまったりが感性のチカラを磨く】

61995015_2254336581281998_5702166489621069824_n.jpg


ゆったりまったり走っていると、見えないものが観えるようになります。

聞こえないものを聴く耳を持つようになります。

あらゆるものに感謝感激感動できる力が備わります。

生きてて良かった…生かされていることそのものに悦びと幸せを感じます。

陰(マイナス)のエナジーーを排除し、陽(プラス)のエナジーを受け入れられます。

宇宙に向けて発された波動がさらにパワーを増して自分に帰ってきます。

どんなことでも可能になるという自信が湧いてきます。

思ったことがそのまま形になり現実となります。

競わない、争わない…弱い自分とさえも闘う必要もなくなります。

あるがまま、ありのままの自分を受け入れられます。

ゆったりまったり走りましょう。

感性のチカラを磨きましょう。


22496122_1505658756149788_1157877018651126697_o.jpg



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png


5thTondabayashiEco.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)
5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)
 6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)
6/12−13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)
6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2021/04/16(金) 23:20:29|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夫婦のあり方

 【夫婦のあり方】

122132747_3409751295740515_5002976022595753273_n.jpg

今も週2〜3回、妹と交代で実家に訪問介護に出向いている。

60年以上夫婦を続けている両親から学ぶことは多い。

足腰が弱って耳が衰えた父と、目が悪く少し認知症の入った母の会話は、時にあまりにもトンチンカンで、ありふれた漫才を聞くよりも面白い。

父よりも3ヶ月早く産まれた母は父を後輩のように見なしており、何かあるといつも父よりも優位に立とうとする。

一方、父は、それに従いながらも、家ではお茶を淹れてもらうのもご飯を作ってもらうのも全て母任せ。

おだてながら褒めながらうまい具合に母をコントロールしているかのように見える。

二人は昭和33年(1958年)に大阪で出逢い、その翌年に結婚。そして昭和35年(1960年)に私が産まれた。





父はサラリーマン(朝日新聞社勤務)を定年まで続け、母はパートに出向く時期もあったがずっと専業主婦。

激しく夫婦喧嘩することもあったし、いろんな時代を経て、今の二人がある。

母は買い物に時々出かけるけれど、父はこの1年近く、窓際で日向ぼっこをするくらいのもので一人で外に出かけてはいない。

今年90歳となる二人、見た目はまだまだ元気ではある。しかし、その実、老いを感じながらいつかお迎えが来ることをじわじわと感じ取っているのだろう。

119746552_3313990211983291_7180046896803451371_n.jpg

私自身、この介護が始まるまで親孝行らしきことをしたことはほとんどなかった。

それも昨年、コロナ禍とほぼ同時に介護がスタートし、二人の世話をしながらあれこれ考えることも多い。

まったくの他人が一つ屋根の下で暮らしている夫婦。子供がいることでつながっているのかも知れないがそれだけでもない。

出逢って胸ときめき、恋に落ちて、交際が始まり、結婚することで同じ姓を名乗るようになる。

いろんな衝突や意見・考えの食い違いもある。それは他人だから当然のこと。

ただ、そういった紆余曲折を経て、なおもお互いを理解し合おうとする気持ちは歳月を重ねるごとに深まっていくのかも知れない。

それを、普遍の愛と呼ぶのだろうか。親が無条件に子供を愛するような感覚。

血のつながりこそないけれど、切っても切れない絆が前世の時代からあったのか。

個人的にはそれがソウルメイトなのだと思っている。


つれあいのミュージシャンぴあぴと出逢って9年目。婚約して8年目、入籍して5年目。

生活時間帯が違うのでいろんなところですれ違いが多く、同じ家に暮らしていながらアメリカと日本くらいの時差がある我が家(笑)。

コロナ禍でこの1年は私の旅も彼女の音楽活動もストップしたまま。

それでも私は走りながら彼女の歌声を聴いている。透明感のある彼女の歌声も心地良いし聴いていて癒されるものがある。

この1年間も、才能豊かな妻は絵を描いたり、YouTube等のメディアで英語学習に励んだり、今はYouTube動画をせっせと作って頑張ったりしている。

一緒に暮らし始めてこの8年あまり、5つ年下の彼女からいろんなことを教えてもらった。彼女は私にとって師でもある。

ネガティヴ思考の強かった私に、周波数(チャンネル)を切り換えることで現状を変える方法であるとか、医者や薬に頼らず健康を維持する方法だとか、メンタルやスピリチュアルなものに関しては、私が全く知ることのなかったことばかり。

元英語教師とはいえ、学校という職場しか知らない私がただ世間知らずなだけなのかも知れないが、教師を辞めてから、特に彼女から学んだことは多々ある。

オーストラリア横断、ニュージーランド縦断、西ヨーロッパランニングの旅の間も、オンラインでつながっている間はいろんなアドバイスをしてくれて、特に、砂漠が1200キロも続くオーストラリアのナラボー平原では、私のメンタルが落ちていた時期に突然予告もなく仲間と現れ驚かせてくれたことは今も忘れ難い思い出。

72607940_2504963856219268_4075415139128442880_n.jpg

面倒見のいい彼女は、関わる人に対してでき得る限りの思いやりを施す人。

彼女自身、いろんな体験をしてきてそこから多くを学んだのだと思う。

以前、大阪市内で暮らしていた頃、彼女は音楽事務所でボイストレーニングなどをしていた。

そこで教え子の一人(女の子)が何万人に一人の病気(小児がんの一種)に罹患し、実家が九州ということもあり、世話をしてあげようということで彼女を引き取り看病することになった。

半年ほどお世話したものの彼女は他界。

悲しい結果となってしまったが、最後まで一生懸命に生きた彼女から命の尊さを教えられた。

と同時に、他人であれ身内であれ同じように接する妻の献身的な接し方に心打たれた。

その経験は、義父(妻の父)を看取った時にも活かされた。足腰が弱ってしまって立てなくなり、寝たきりになってわずか1ヶ月で老衰で他界。自分に少しでも関わりのある人にできうる限りのことをすることが正しい生き方なのだということを再確認した経験。

現在、二匹の猫を飼っている。一匹は義理の息子が預かって欲しいと連れてきた黒猫アリ。

気がつけば我が家の飼い猫となり、その後、近隣で育児放棄された茶虎の子猫が縁側にやってきて「飼って欲しい」と言っていたようなので飼うことになった。

これも、妻の直感だけの行動なのかも知れないが、二匹は今我が家では家族同然の存在。

実の子供のいない二人にはかすがいになっている。

思うに、彼女はきっと動物の心も読めるのだろう。

67290178_10213824992765914_769955475734134784_n.jpg

夫婦のあり方に特にルールなんてものはないのだろうし、お互いが一番自然でいられる状態を自然なまま受け入れられる寛容さを持つことが何より大切。

そういう意味では、私のような偏屈で身勝手な人間を支えてくれる彼女の寛容さ・おおらかさに感謝するしかない。

コロナ禍で人との直接的な交流がなくなり、気がつけば感謝を忘れることの多い私自身。

感謝の気持ちを持っているだけではだめ。言葉と行動で感謝することが何よりも必要なこと。

心ときめくことは大切。でもその先にあるものは、ときめきを超えた大切な何か。



妻とはまだ出逢って9年目で夫婦としてはまだまだビギナー。

60年以上も夫婦でいる両親には、ときめきを超えた普遍の愛(魂レベルのつながり)がきっと存在するのだろう。

言葉だけでは足りないし行動だけでも不十分。

言葉や行動を超えた何かを見出すこと、それに気づくこと。

同じ意見や考えを持っているように見えて、どこか微妙にそれらが違っていることも多い。

それらの微妙な誤差が積み重なっていくとすれ違いが生じてくる。

考え方の違いで人は物別れする。それもまた事実であろう。

でも、違っているように見えて、どこかで共通していることも実は多い。


他人であるが故に忘れがちなこともある、身内であるが故に気が利かなくなることもある。

それはそれでいい。お互いが気遣って修正すればいいこと。

夫婦とは一番近いところにいる他人。やさしさと気配りと思いやりをいつも忘れずに。

妻がいることが、自分の存在理由の証(あかし)であるということも忘れてはならないのだと思う。


この先あと何年妻と一緒にいられるかはわからない。

でも、一緒にいる限りはお互い笑顔でずっといたいもの。

お互いの笑顔がお互いの励みになれたらそれもまた嬉しい。



「いつか幸せになる」と思っていたのでは幸せには程遠い。

「今が幸せ」と思える今を大切にすること。

「今幸せになる」と心に決められる自分であること。


12733580_994233063959029_4451794535605279301_n.jpg



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png


5thTondabayashiEco.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)
5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)
 6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)
6/12−13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)
6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2021/04/15(木) 23:48:52|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デッドポイントとセカンドウインド

【デッドポイントとセカンドウインド】

1926808_678969012152104_2811174750832711527_n.jpg


足がつる。マメができる。股ずれが起こる。

膝や足首、アキレス腱が「もうやめてくれ」と泣いている。

痛い、苦しいは当たり前。

途中で何度も辞める理由を考える。

走れなくなって、ふらふら歩きながら目から涙がこぼれそうになる。

エイドステーションで腰を下ろしたらもう立てなくなる。

「辞めようか?」「ゴールまでは無理だろ?」「関門までもう時間がない」

様々なジレンマとの闘い…

「絶対にゴールする」

スタート当初はそんな気持ちで気合を入れて走っていたけれど、長時間走り続けていれば頭も飽和状態。

体が頭とは別の次元で働くようになってきて、次第にモチヴェイションも下がり始める。

「ああ、何でこんなことをやっているんだろう?」

周りにたくさんいたランナーが視界から消えて、一人取り残された気分になる。

あれこれ頭の中では何とかやめるための言い訳を考え始める。

リタイヤするのは簡単なこと。勇気を出してやめるのも確かに一つの選択肢だ。

それなのに、やめられない理由がランナーにはある。


「あの電柱までは頑張ろう」

「やめるか続けるか、次のエイドで決めよう」


そんなふうに少しずつ前へ、前へと。

「あっ、ここまで来れたんだ…じゃ、もう少し前に進めるかな?」


そんなこんなで、一歩ずつ前へ、前へと…。


先のことは考えなくてもいい。今、その一歩に集中すればいいだけのこと。

そうこうしている内に、セカンドウインドが吹き始める。

今の苦しい状況よりも、ゴールしてからの楽しい状況が頭にイメージできるようになる。

幾分か足取りも軽く、解き放たれたような気持ちになって、一気にゴールを目指して走り始める。

imgab27fbd5urnoow_20170422190255a58.jpeg

やがて、走るリズムを取り戻し、ゴールが視野に入ってくる。

もうやめる理由を考えることもない。

やめなくてよかった。走り続けていて良かった。

あらゆるものを肯定できる…それがゴール。

たとえどれだけ遠くにゴールがあったとしても、ランナーにできるのは一歩ずつ足を前に踏み出すだけ。


人生、山あり谷あり…

マラソンも同じ…デッドポイントもあればセカンドウインドもある。

調子が良くても悪くても、すべてありのまま、あるがままに受け入れてしまおう。

今まで走ってきたのは何だったのか…?

10155196_684119104970428_5590011047039321456_ns_201704221902588bb.jpg

やめる理由を考えるよりも、走り続けてきた理由を考えよう。

声援を送る人々がいる。同じように苦しんでいるランナーがそばにいる。

あらゆるものから勇気と元気をもらって、それらを走るパワーに変えてしまおう。

今がどんなに辛くても、それも一時的なもの。


自由と孤独と寛容と…

ウルトラランナーはいつだって楽天的であるべきなのだ。



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

22Kamogawa0429.png


5thTondabayashiEco.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)
5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)
 6/6(日)第2足立エコマラソン(東京)
6/12−13(土日)第10回淀川エコマラソン(大阪)
6/20(日)第9回二子玉エコマラソン(東京)

詳細はエコマラソン公式サイトで…



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2021/04/14(水) 23:37:51|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとりの修羅

【ひとりの修羅】

18449712_1364121020303563_9212037425726854904_o.jpg


朝、近くのトレイルに走りに出た。

杉林に差し込んでくる透明な光と、頬を掠める柔らかな風を感じたその時、ふと宮澤賢治の「春と修羅」の一節を無意識の内に口ずさんでいた。


「おれはひとりの修羅なのだ」


自分自身を「修羅(しゅら)」という存在に例えた賢治の思い…人間としていまだ未熟であることを自覚していたかの詩人。

一人のランナーではあるが、自分自身も人間としては煩悩の塊でいまだ半人前。

常に超えなければならない自分がいるがゆえに走り続け、そしてもがき喘ぎながらも自分の生を全うし続ける。


30724570_1679107768804885_4466536593636720640_n (1)


光は透明でありながらなぜ輝き続けられるのか…?

空気は透明でありながらなぜ生き物を生かし続けられるのか…?

そよ風もまた透明でありながらなぜ人々を心地よく感じさせるのか…?


さまざまな疑問を抱きながら、僕は朝のトレイルを自由気ままに走った。

18839832_1387218464660485_993407818400999560_o.jpg


どこをどう走るかは足の向くまま気の向くまま。


自分も風や空気のように透明で、光のように輝きを放ち、世界に心地よさを与えられるような存在でありたい。


30743269_1679107915471537_1162916649418883072_n.jpg


 まことのことばはうしなはれ 雲はちぎれてそらをとぶ


 まことのことばはここになく 修羅のなみだはつちにふる



30740304_1679108018804860_841238601269248000_n.jpg


賢治がいうところの「まことのことば」とは…?


どれだけの言葉を持ってしても真実は伝えられないということか?

真実を語るだけの言葉というものはこの世界にはありえないのか?

愛や友情、平和という言葉があったとしても、現実にはそれらのものは実体のないものなのか?


18891776_1387721884610143_8308638366333610335_o.jpg


煩悩だらけの自分自身であるならば、いっそのこと木っ端微塵に砕け散って宇宙に溶け込んでしまえばいい…。

賢治はそう願うのだ。



常に宇宙の中を生きている魂を宿したこの命と体で僕はどこまで走るのだろう。

先は見えない。

つかみどころのない時間と空間が果てしなく続く現世。

いつか、違う次元を生きていた自分が、どこかにいたはず…。



光と風と…空気のように、いっそ透明な心のままで生きていければいい…。


30741273_1679107952138200_8315251835485028352_n.jpg





「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/13(火) 07:27:03|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトドアへ飛び出そう!

 【アウトドアへ飛び出そう!】

18557444_1370780962970902_5582179472681793656_n_20190616122122e77.jpg 


根っからのアウトドア少年にとって、休日は外で遊ぶためにあるということはいうまでもない。

廃材でいかだを作って池に浮かべてトム・ソーヤーごっこしている内に沈没したり、空き地の土管を使って、刑事とギャングに分かれて追跡ごっこをしたり、採石場のある山にいって洞窟探検をしたり…。

昔はありとあらゆるところで「探検」や「冒険」を楽しんだものだった。


今のようにゲームなどのおもちゃや遊び道具こそ少なかったけれど、自分たち自身で遊びを創り出す(クリエイトする)ことができた。

それが僕等の時代だった。

こづかいも多くはなかったし、おやつも買ってもらうよりは家で母親が作ってくれることの方が多かったが、決してそれを貧しいとか嫌だとか思ったりしたことはなかった。

ある意味で、子供にとっては恵まれた時代に生きていたと思う。


FullSizeRender 3 


泥んこ遊びをして、ミミズやカエルを捕まえたり、池や田んぼでザリガニ釣りをしたことも懐かしい。

学校から帰宅したらランドセルを玄関に放り投げてそのまま外へ…。

日が暮れるまで遊んでクタクタになって帰ってきた。

遊ぶ仲間もたくさんいたし、遊び場所にも困ることすらなかった。

塾に行くなんてこともなかった。そもそもあの時代に塾なんてあったのだろうか?

親はあまり「勉強しろ」とうるさく言うこともなかった。

親にとって子供の幸せとは「健康」であることだったのかも知れない。

それはそれは、本当に幸せな時代だったのかも知れない。


19059109_1393313427384322_8967682480568070033_n_20190616122124e69.jpg 


富田林市に移り住んではや5年目になる。

時折、大阪市内中心部に出て気づくのは人と車の多さ。

やはり富田林は空気が澄んでいて水も美味しいということ。

特に野菜や果物は季節ごとにいろんなものがあって、新鮮で美味しい。

どちらかというと富田林は片田舎になるのかも知れないが、さほど不便を感じることはない。

確かに、都会ほどいろんなものはないけれど、ここでしか手に入れられないものが多々あるということだ。



近くの金剛山や大和葛城山に行けば夜には満天の星空が楽しめる。

天然のプラネタリウムだ。

猪や狸、キジなども山の方に行けば現れるし、石川の上流では蛍も見られるはず。


街に住んでいれば信号や踏切があってランニング中も否応なく停止させられるが、

こちらでは農道や林道のトレイルもあってストレスフリー。

アスファルトの道も多いけれどいったん山に入ってしまえば自然がいっぱい。

土の感触、木々の芳しい匂い、小鳥のさえずり、色とりどりの花々…。

全身で自然を堪能するならやはり街で暮らすよりは田舎暮らしがいい。


たまに電車に乗って街に出ることがある。

アスファルトの感触をよそよそしく感じながら歩いていると、子供の頃を思い出す。

ずっと昔…50年ほど前は舗装路も少なく、雨が降ると水たまりができてドロドロになる土の道があちこちにあった。

冬から春になる際に、いろんな植物がいっせいに芽吹くと、何ともいえない山の香りがする。

また、ずっと晴天が続いていて、久しぶりに雨が降ると、独特の土の香りが辺り一面に漂う。

街にいればあまりそんな変化に気づくことはない。

今や街から土の薫りは消えつつあるのだ。
 

アウトドアへ飛び出そう。

街を離れ田舎に行こう。

部屋を一歩出れば、今までとは違った何かが見えて来るかもしれない。



人は昔、星空の下で眠り、太陽の光で目を覚ましたという。

自然の中に暮らし、動植物とともにこの大地に生きてきたのだ。

どんなに文明が発達しようとも、この自然を自分たちの都合のいいように変えてしまうなんてあって欲しくない。

新しい世界へと続くこの道を自らの足で歩み始めよう。

最も大切なのは「最初の第一歩」にある、と僕は信じている。


 

「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2021/04/12(月) 08:24:17|
  2. アウトドア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅について

【旅について】

IMG_5874.jpg


旅にスピードは必要じゃないというのが、僕のポリシーだ。

可能な限りのんびり、ゆったりまったりマイペースが理想的といえば理想的。

旅にスピードを求めれば、楽しむ余裕はなくなってしまう。

それは、ゴールに到達することだけが目的になってしまうから。


24904256-03D5-47E0-8461-AB8BEE69AE4E.jpeg


トライアスロンや10キロロードレースにスピードを求めていた時代もあったけれど、それはそれで楽しむこともできた。記録をコンマ1秒縮めるためにいろんなトレーニングもこなした。

レースというのは、他人と競い合うことが目的。競い合うことが自分自身の刺激にもなる。


467934_335581099824232_826624020_o.jpg


1980年代末期から1990年代にかけてアイアンマン(トライアスロン)やウルトラマラソンに取り組み始めてから、人生観は変わり始めた。

レースではあるけれども、長い時間をかけて長い距離を踏破することから、「旅」の要素が自分にとって大きな意味を持つようになってきた。

そこには、辛さに「耐える」という要素も少なからずあった訳だが、辛さを意識しなくなれば、悲壮感というものは無視できる。

ゴールに到達することよりも、ゴールにたどり着くまでの過程を楽しむことが、何よりも大切なのだ。

今はコロナで旅人もなかなか旅に出ることは難しいのだが、例年夏になれば、主要国道では自転車で旅を楽しむ若者たちにもたくさん出会うもの。

たくさんの荷物を積んで、町から町へ。未知の世界に向けて一本の道を進んでいく。その道程で、様々な出会いと別れがあり、ドラマが生まれる。


858053_493744197341254_2064955954_o.jpg

旅を通じて得るものは計り知れない。自分を成長させてくれるという意味では、立派な教育の場であるだろうし、「学校」というシステム以上の機能を内に秘めているかも知れない。

自己の精神を解放し、今まで知らなかった自分に出会えるのも旅ならでは。

国内外の旅を通じて、僕自身が実際に経験してきたことだ。

アドヴェンチャー・ランナーを名乗る以前(正確には2011年以前)、いくつかの旅の途中で出会った人々に配っていた自分の名刺の肩書きは「旅人(=Traveler)」。

そんな職業は実際にないのだろうけど、一人くらいいたってかまわないではないか。



次にもし旅に出るなら、その時の肩書きは「夢追い人・夢想家(=Dreamer)」というのはどうだろうか。

自分自身も夢を追い、他人にも夢を追い続けることを求められるように…。


0EF9CA1D-F2A2-4F63-8907-094607B6DDBA.jpeg




「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/11(日) 21:56:25|
  2. 旅・冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常雑感041021

【日常雑感041021】

31944307_1697609926954669_1320965093655052288_n.jpg


長らく旅の空の下にいないことで、心身ともに劣化した自分、感性が鈍った部分、具体的には感性のチカラ=感謝感激感動を忘れかけてしまった自分が自分の内にいる。

時折衝突するのは自分のエゴでしかない。

エゴというのはちっぽけな自分に気付かぬことである。

寛容な目で自分を俯瞰して、どこかで生き方・考え方をリセットする必要がある。


31925015_1695101783872150_4189572857300254720_n.jpg


何かと共存することを拒もうとすると争いや闘いが起こる。

その相手は他人であったり、時に内なる自分であったりもする。

そこにはエゴがあり、つまらないことにとらわれたりこだわったり縛られたりしている自分がいる。

何かに依存しようとするといろんなところでバランスが崩れ始める。対象が人であれものであれそれは同じ。

ひとたびバランスを崩してしまえば、元に戻すことは難しい。アンバランスが当たり前の状態になってしまうからだ。


人類はすべからくあらゆるものと共存することを求められているのだと僕自身は考えている。

平和を希求するのであればあらゆるものと共存する生き方・考え方にたどり着くのだということ。

それが、僕がPEACE RUNを続けてきて得た結論、とてもシンプルなことではあるけれど忘れがちなこと。


31081564_1680409445341384_919739934741364736_n.jpg


心にも色がある。

澄んで綺麗な色、曇りがちで濁った色、温もりを感じる色…今の心の状態を色で感じ取ってみよう。

心地良さを感じるのであればそれがあなたの心の色かも知れない。



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/10(土) 23:32:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々走りながら感じるもの

【日々走りながら感じるもの】

547510_506830279365979_1551343023_n.jpg


人の幸せを祈ることが人々の平和にもつながるんだろう…

とふと思いつつ、できることはどんな些細なことでもやってみるのがいいのだろう。

何もやらないよりはきっとプラスになると信じて…。

プラスのエナジーを増幅させるために…。




世の中のいいものは少しでも多くの人とシェアしよう。

よくないものもよくなるように、協力できる誰もが協力していこう。

世の中がよくなっていくためには、批判するだけではだめなのだ。

どうすればよくなっていくのかをみんなで考えることなのだろう。

様々な発見・気づきと学びに感謝感激感動!



あなたというランナーがいるとして、あなたはあなたの中で、最も速く、最も優れたランナーなのだ。

誰とも比較する必要なんてない。

あなたこそが、唯一無二のランナーだということを心に留めておこう。


121285293_3388411437874501_99917561292421955_o.jpg


僕が行くところはどこでもパワースポット。

なぜなら、僕は常に見えない力に導かれる場所へ足を運んでいるから。

見えない力の働くその場所から僕はいつもパワーをもらい、エナジーをチャージしている。


136062212_3610382702344039_4091645932582616011_o.jpg


心を閉ざす必要なんてないし、特別な自分であろうと思う必要さえもない。

ありのまま、あるがままの自分でいられることがどれだけ幸せなことであるかを、心から喜び、感謝できること。

気の合った仲間と素敵な時間を過ごせることに感激し、見るもの聞くもの感じるもののすべでに感動できれば、さらに幸せな自分でいられる。

その幸せを、一人でも多くの人と分かち合える自分でいられること…。

Feel Happy and Be Happy!


555892_506815599367447_1661288023_n.jpg


何かに取りつかれたかのように一つのことに夢中になれること。

狂おしいくらいに一つのことにのめり込めること。

人生を棒に振ったとしても、そこまで自分を追い込めるものがあるということ。

そういう意味で、僕は史上最狂のランナーになりたい。

幸せとは、そうやって一つのことに狂ってしまうことなのかもしれない。

人生を狂わされたと思うのではなく、あえて自ら人生を狂わせてしまうこと。

ポイントはそこなんだな…。


31357671_1685965321452463_2046076128656883712_n.jpg


走るのは一人でも、永く走り続けていく中でいろんなつながりができてくる。

このPEACE RUNのおかげで、僕自身もたくさんの仲間ができた。

今も、これからも、僕という人間を通じて、みんながつながり、みんなとつながっていく。

全国に、世界中に友達がいるというのは素晴らしいもの。

友達を作るために、自分から足を運んで出会いに行く…これも大切なことだ。

二本の脚はそのためにあるのだということ…だから僕は走って旅をしている。

目に見えない赤い糸は、きっと70億本ある…これからの人生、その赤い糸を何本見つけられるか…楽しみでもある。


459651_343021449080197_451589502_o.jpg


ただ走るだけがランナーじゃない。

自分自身を走らせるものについて、常に意識を働かせながら、走ることを通じて自分自身をどう表現していくかを模索すること。

走りながら己の生き様を見つめつつ、深く考え、今から未来に向けてどんな自分で生きていくべきなのかを模索する…そこに走ることの真価が現れてくるような気がしている。

まだ志は半ば、未熟者ゆえに右往左往することばかり…表現者として、あるいは体現者としての理想を追い求める日々。

まだまだ学ぶ…というより教えられることの方が多い。

謙虚で寛容たれ…あらゆるものを自分のものとして吸収せよ。


555135_506764422705898_1809157246_n.jpg

誰にも自分の中に心の宇宙がある。

あなた以外の誰もそれを知ることはないだろうし、あなただけがその宇宙を見つけられる。

あなたの心にある宇宙を堪能しながら駆け抜けてみよう…


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/09(金) 23:07:30|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この人生に賭けて

【この人生に賭けて】

peaceruntop1.jpg


夢を実現するために何かにチャレンジする人もいれば、チャレンジそのものが夢となる人もいる。

人生はまさにギャンブル。

「当たらない宝くじなど買う必要もない」と思う人がいれば、「買っても当たらないかも知れないが、買わなければ当たらない」と思って宝くじを買う人もいる。

賞金そのものよりも、当たるか当たらぬかのスリルでワクワクすることを楽しむ、それがギャンブラーなのだ。


IMGP2320.jpeg


冒険家がギャンブラーと唯一異なるのは、金ではなく人生そのものを賭けること。

ギャンブラーはお金がなくなったら賭けができなくなるが、冒険家には命がある限りゲームオーヴァーはない。

ここ一番という時に、賭けに出れるだろうか?

リスクがあるから…と怖気づいて賭けるのをやめるだろうか?

どちらを選んだとしても、人生はなるようにしかならないもの。


過去の選択が今の自分をつくり、今の選択が未来の自分につながっている。

選択というのは、言葉を変えれば「決断」なのかもしれない。

生きていくって、そういう意味では選択の連続、選択そのものが実は賭けなのだ。

なるようにしかならないのが人生ではあるけれど、やりたいように生きて行くのもまた人生。

ケ・セラ・セラ、なんくるないさの精神で前に進んでいこう。


IMG_5874.jpg


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…

6/6(日)第2回足立エコマラソン(東京)



*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


  1. 2021/04/08(木) 23:51:05|
  2. 旅・冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィールドを駆ける

 【フィールドを駆ける】

31038169_1679044538811208_6457032916315668480_n (1) 


トレイルを走る度に感じることがある。

僕は、大自然の何か見えない力に癒され、浄化されている…。

森に囲まれた静かな道…そこにある透明感たっぷりの空気がたまらない。

ただ歩くために歩くこと…ただ走りたいから走ること。

歩いている、走っているというその真実こそが自分の存在。

フィトンチッドやマイナスイオンが確かに僕を取り巻いているのだろう。

僕には科学的なことは何もわからないけれど、明らかに心と体の中で何か変化みたいなものが起こっている。


18118573_1349215661794099_8386660160496439919_n.jpg 


頭を空っぽにして、深い呼吸をして、ただリラックスする。

無我の境地とは程遠いのかもしれない。

でも、自分というちっぽけな存在がこの宇宙に漂っているということだけは分かる。


歩くとか走るとかいった概念ももはやどうでもよくなってくる。

自然の中を移動すること自体が素晴らしいと思えるようになる。

僕は高みを目指すクライマーでもないし、8000メートル峰を無酸素単独で極めようとする登山家でもない。

トレイルランニングみたいなものを楽しんでいるかもしれないが、そんなジャンル分けも僕には大して意味をなさない。

ただ、低山に足を踏み入れて山を楽しんでいることがうれしいし楽しい。

肉体を動かすことによって心が癒され、精神が浄化されるひと時を過ごせることがありがたい。


26055729_1572532756129054_4054931469552064283_n.jpg 


木々の緑、四季折々の草花、激しく流れ落ちる滝の音、心地良い川のせせらぎ…

五感をフルに働かせればいろんなメッセージが自然界から伝わってくる。

大自然の懐に包まれて、僕のDNA内に残された前世の記憶が何かにシンクロして心が震える…そんな場面が多々あるもの。

たった一人で旅をして、自然と共にあることで、ありのままあるがままの自分に戻っていく感覚もこれと良く似ている。

ゆったりまったり…そこにはなんの力みもない自分が存在する。

恐れることも不安に思うことも苦しむことも悲しむこともない。

すべては空(くう)なのだから心穏やかに生きよという教えが自ずと聞こえてくるのだ。



107384099_3093721357343512_8753432646181776168_n.jpg


大自然のフィールドにあれば、身も心も清められる。

魂そのもので生きることができるようになる。


古の昔から、修験者はじめ山岳宗教に関わる人々は既にこのことを知っていたのだ。

人間が作り出したルールやシステムにとらわれたりこだわったりしばられたりすることもない。

自分らしさを取り戻し、世のはかなさを知ることができる。

下界に戻ってくれば再び現実に帰らざるをえないのだけれど、そこに壁を作っているのは自分自身の意識でしかない。

どんな世界であれ、実はこの宇宙はひとつ…すべては一つ、つながっている。


山に入ろう。山を二本の脚で移動しよう。

自分らしく、力むことなく、平穏な気持ちでいられるように…。


17990880_1343466372369028_1634580083666086375_n.jpg


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/07(水) 23:54:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

岡本よりたかさんに逢いに行く

【岡本よりたかさんに逢いに行く】

168721826_3857038857678421_7541260095543924763_n.jpg

逢いたい人に逢いに行く…ということでたまたまセミナーで富田林に来られていた岡本よりたかさんに逢いに行ってきた。


「日本の篤農家、環境活動家、空水ビオファーム農園主、たねのがっこう(岐阜県郡上市)主宰、命のリレーの会代表(以上はWikipedia情報)」


「環境活動家、無肥料栽培家。シードバンク「たねのがっこう」主宰。オカモトデザイン運営。
(以上はインスタグラムでのプロフィール)」


と私とは全く畑違い(笑)の方なのだが、「競わない争わない」ポリシーを掲げ平和と自然を愛するという点では共通するものがある。

2011年、私がアメリカ横断を走っている際にフェイスブックでつながり、過去2回(ニュージーランドと西ヨーロッパの旅)のクラウドファンディングでサポートいただき、ずっとお逢いしたいと思っていたところようやく本日お目にかかることができた。

フェイスブックでのフォロワーがほぼ5000人、インスタグラムのフォロワーが1万1千人。紛れもないインフルエンサー。

私よりもスリムで長身(下の写真では私が一本歯下駄を履いてちょうど同じくらいの背丈)、一見、仙人か哲学者のような風貌(第一印象)。

でも、きっと前世では何らかのつながりがあって今日の対面があったのだと確信できた。

一本歯下駄の話題で始まり、無肥料栽培について、食について、医療や健康について、本の出版について(岡本よりたかさんも何冊か出版されている)、旅や冒険について…などなど話題は尽きることなく2時間足らずの間にいろんなお話をすることができたのもありがたいことだった。

農業については私自身も過去に長野県の川上村でレタスや白菜の栽培を手伝っていた経験もあって、自分で作った野菜を食べるというのも一つの夢である。

自給自足の暮らしはこれから必要になってくるし、妻も同じ考えの持ち主で憧れでもある。

古民家の庭でいくつかの種類の野菜は既に作っているが、農業と呼べるほど大層なものでもない(笑)。

ただ、私が旅や冒険で家を離れることが多いがゆえに、腰を据えて農業にじっくり取り組むのは世界五大陸4万キロを走り終えてからになるのだろうか。

今回の岡本よりたかさんとの対談をそのままライブ動画にしても十分楽しめる話題ではなかったかと帰宅してから思わされた(笑)。

お話の内容をあれこれ思い返せばなおワクワクドキドキ感が止まらなくなってくる。

近い内にコラボイベントをやりましょうということでまた何か面白そうな展開になりそうだ。

いや、既にその展開はスタートしているのかも…?


自給自足(特に無肥料栽培)に興味のある方はぜひ岡本よりたかさんをフォローしてください。

異常事態に備えるために(岡本よりたかさんのブログ記事から)

醤油作りや無肥料栽培に関するイベント(セミナー)等も全国で開催されています。

2021年 岡本よりたかさんによる無農薬無肥料栽培 畑連続セミナー全10回in大阪


地元富田林のバイシクルステップ(トレック専門店)がセミナーのイベント会場でした。

オーナ佐藤さんご夫妻のおかげで今回の対面が実現…ありがとうございました!

168475329_3857039044345069_1851361036516030012_n.jpg


「走ればいつかたどり着く」(岡本よりたかさんのブログ)


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/06(火) 04:49:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Run Free

【Run Free】

17759811_1322268254488840_3409558991803200253_n.jpg


速く走ることだけにとらわれるといろんなものが見えなくなる。

美しい桜が咲いていても、心地よい風が吹いていても、そんなことに気づかずに自分のスピードだけに満足してしまいがち。

ゆったりまったり走っていれば、いろんなものが見えるようになる。五感が研ぎ澄まされる。

心と体が対話する時間を持つこともできる。

1分1秒を争う人たちもいるけれど、僕はあせらずあわてずあきらめず。

何ものにもとらわれずこだわらずしばられず、自由な走りを楽しみたい。

長く(ゆっくり時間をかけて)、永く(いくつになっても)走ることを楽しめることの方が僕にとっては大切だから…。



写真家は、一枚の写真を撮るためにベストポジションを選ぶ。

僕は、走りながら生きていく上でのベストポジションを探す。

走ると見える世界が違ってくる。

嘘じゃないホントの話…。


562652_504753269573680_1236481262_n.jpg

*写真:三重県伊賀市比土付近(2013年4月)






「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/05(月) 06:41:55|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンプルに走りを楽しむ

【シンプルに走りを楽しむ】

92245183_2865526973496286_1420751254253993984_n.jpg


速く走りたければ

時間を気にするのはやめよう

長く走りたければ

距離を意識するのはやめよう

走ることを純粋に楽しみたければ

数字を気にすることなく

時計やGPSは身につけないでおこう

美しい風景があれば

写真を撮る前に

自分の五感でその美しさを堪能しよう

体のどこかが痛ければ

鎮痛剤を使うよりも

自分の体の声に耳を傾け体と対話しよう

心地よく走っているのであれば

風景の一部になったつもりで

その場の空気に完全に溶け込んで

風に同化してしまおう

何かを犠牲にしたり

我慢したりすることなく

とらわれるものもこだわるものもしばられるものもなく

感謝の気持ちを持って走ることで感激を覚え

自らの走りに感動できること

自分がひとりの人間であるということも忘れて

この大地の、自然の、宇宙の一部であることを自覚した時

ランナーは真の走りを体現できるのだろう

---アドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦

93282514_2879846148731035_8360835835225964544_n.jpg



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2021/04/04(日) 21:39:19|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とらわれない心で

【とらわれない心で】

17759811_1322268254488840_3409558991803200253_n.jpg

いろんな物事を変えようと思っても、何かに変なこだわりがあったり、頑なに縛られていては先に進んでいけない。

一度自分を取り巻くあらゆるものを根本的に見直して、必要な物のみを取捨選択することなんだろう。

物事の見方や物事に対する自分のスタンスをガラッと変える…

そうすることで新しい世界が見えてくるかもしれない。

29665558_1664530030262659_7733956724189877839_o.jpg

習慣は悪い意味でクセにもなる。

不平不満ばかりを口にしたり、言葉にしなくても頭の中でモヤモヤをためていたりしてはろくなことがない。

思考や行動パタンを今一度見直すことも大切だと思う。

特に日々関わっている仕事やお金、人に対する考え方が今の自分のステイタスにつながっているのだということ。

固定観念が先に動き出すと自由な思考・発想は生まれてこないもの。

普段から忘れてはいけないこと…感謝の気持ち、笑顔、気配りや思いやり…

ありがとう、うれしい、幸せ、楽しい、素敵…

いつでもすぐにそんな言葉が口から出てくるように…

自分よりも周囲に対してポジティヴでいられるようでありたい。

546567_342529449129397_801937417_n.jpg



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/03(土) 23:26:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜のある日々

【桜のある日々】

91981796_2850888698293447_6597365406434852864_n.jpg


水面に映るハート型した薄紅色の花びら…

咲き誇る桜も美しいけれど、散りゆく桜も美しい…

美しいものはどうあっても美しいものなのか…

美しいまま潔く散るその姿に人々はいろんな思いを重ねるのだろうけれど、純粋にもののあわれを感じるその心こそが美しいのかもしれない。


ここ数日のお花見動画…







こちらはつれあいぴあぴの作った動画



今週末には雨で桜も見納めかも…



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

5thTondabayashiEco.png


一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/02(金) 23:47:57|
  2. 花鳥風月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソーシャルメディアとの共存

【ソーシャルメディアとの共存】

29597727_1661534743895521_9217788888873248460_n.jpg


私にとってインターネット元年が西暦2000年。ホームページを始めたのが2001年。

ブログを始めたのが2006年(以来ノンストップ更新)

その後、2010年にツイッター、2011年にフェイスブックを始めて、以来SNSもインスタグラムなどあれこれ…収拾がつかなくなるので、その程度で止めています。

メルマガも2012年スタートで毎週水曜日配信を続けて今年9年め。

ただ、ホームページも個人のものとPEACE RUN公式サイト…

フェイスブックではPEACE RUNの英語・日本語フェイスブックページ。ブログも日本語英語と二種類。他にもフェイスブックページやグループもいろいろ。

フェイスブックのお友達も基本リクエスト頂ければお友達になっていますが、数千人もの友だちがいたら何がどうなっているのかわからないことも多々あります。

タイムラインすべての方の投稿に「いいね!」を押すことも実際不可能な状況です。その辺りはご了承下さい。

ラインもアカウントはあるもののほとんど使っていません。

「それだけの種類やっていてよく続きますね」

と言われることもしばしばですが、元教師という職業柄こういうのは苦になりません。

ただ、時代のデジタル化が進むにつれて、人間らしさを忘れてはいけないなと思わされることもしばしば。

SNSも事務的・義務的にやっていると心身ともに疲れます。

これを読まれている皆さんもほどほどに…。

何事も共存するのはいいことですが、依存するようになってはいけませんね。



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



*お知らせ

【絆マラソン(オンライン)】

6月6日(日)皆さんのいる場所で走ってみんなでつながりましょう!

Facebookイベントページはこちら




【エコマラソン】

5thTondabayashiEco.png

第5回富田林エコマラソン(10キロのみ)が5月3日に開催されることが決まりました。

一本歯下駄ランナー大歓迎です!
エントリー受付は…
https://moshicom.com/51508/

詳細は…
https://www.ecomarathon.run/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%9E%97/


*今後の日程

4/11(日)第8回二子玉エコマラソン(東京)

22Kamogawa0429.png

4/29(木祝)第22回鴨川エコマラソン(京都)

5/3(月祝)第5回富田林エコマラソン(大阪)

詳細は
エコマラソン公式サイトで…




*ふるさと富田林応援団アンバサダー就任
IMG_6472.jpg

この度私アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦は、

ふるさと富田林応援団アンバサダーの大役を仰せ付かることになりました。
富田林市の益々の発展・繁栄のために尽力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
また市外にお住まいの皆さんにはぜひ一度富田林をお訪ねください。

詳細はこちら




アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦インタビュー

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2021/04/01(木) 07:18:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、エコマラソンアンバサダー、エプソンTRUMEアンバサダー。ふるさと富田林応援団アンバサダー。

旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

一本歯下駄クラブ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

TRUME

ALTRA

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード