FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

メンタル・タフネス

【メンタル・タフネス】


hand_of_god



辛さとは

耐え忍ぶものではなく

楽しむべきもの



苦しいことを

ただ苦しんでいるだけでは

苦しみは

消えはしない

心から楽しもうとすれば

苦しみは

おのずと消えて行く



試練とは

ハードルではなく

あなたが生まれた時から

あなたの人生に組み込まれた

オプションのようなもの

だから

無理に乗り越えようとせず

その試練を

吹き抜ける風のように

感じてみればいい





どんなに辛い苦難や

厳しい試練も

いつか過ぎ去っていく

嵐のように

永遠に続くものでは

ないのだから

逆らわず

あるがままの自分で

じっと持ちこたえて




心が痛んでも

肉体が傷つけられても

あなたの魂は

決して

傷つくことはないから



心も

体も

魂も



強く

ひたむきに



たくましく

まえむきに

 

いさぎよく

したたかに










スポンサーサイト



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/04/27(日) 17:10:53|
  2. ぽえむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハナミズキ | ホーム | 静寂の響き>>

コメント

生まれた時から

最近、特に思うんですけど。。
昔、瀬戸内寂聴さんの説法集で死を恐れるな、というお話を読んだことがあったんですけど。
人間年老いていくと段々死への恐怖感が募るのが常ですが、実際には人はこの世に生まれ出た瞬間から死へ向かって一歩一歩歩き始めているのだということ。
だから何も恐れることはないのだ、人は一生を通じて死への行進という旅をしながら生きていってるのだ・・みたいなお話。
最近この説法を思い出す度に色々な面において恐怖心が薄れていくことがあります。
どうせ滅びる命なら出来うる限りのことをやってみよう、とかいつか死を直前にした時に何かひとつでも自分の為に何かを成し遂げたんだという成就感に浸りたいものだとか・・

前述のフォレスト・ガンプのお話にものすごく魂の揺さぶりを感じて何度も読んだり、ビデオを観たりしたのも彼の行き方がまるで死に突進しながらも何と見事な生き様だったのかな・・と思ったからかもしれません。

強く

ひたむきに



たくましく

まえむきに



いさぎよく

したたかに

まさにこの人生だったのではないでしょうか。
何をも恐れずただひたむきに、自分の思うがままに突っ走っていった彼の人生は死への行進ながらまばゆいばかりのものだったから。
こんな風に生きていけるといいですね^^
辛かったことも悲しかったことも全て風化されて、ただありのままの自分をしっかり見すえ、その存在を知らしめていけたような人生。
今、確実に「守り」の時期に入ってますが、時に猛烈に何かが疼きます^^
  1. URL |
  2. 2008/04/27(日) 22:48:30 |
  3. パリジェンヌ #-
  4. [ 編集 ]

Re:生まれた時から

パリジェンヌさん:

同感です。

死への行進…生を全うするというのはそういうことなんでしょう。

ただ、諦観的なものの見方ではなく、快く死を受け入れる準備ができていれば、恐れるものなど何もないわけですね。

自分が旅に出る時にも多少そんな気持ちがちらついていたように思います。

精一杯生きている者には神様が常にバックアップしていてくれるものなのでしょうか。

守りに入るのは年老いていけばなおさらのこと。

それでもあえて、捨てきれぬものがある。

冒険心、チャレンジャーズ・スピリット…。

いつかこの人生の最期になって、悔いの残らぬように、今一瞬を全うすべきなのですね。
  1. URL |
  2. 2008/04/27(日) 22:57:21 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/177-95459e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード