KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Day40:南相馬~東和

【Day40:南相馬~東和】

Day40は午前4時スタート。 

距離を走るよりも暑さの中を走る方がこたえる。

今日はこれに峠越えが加わる。

R12とR349で川俣から東和町へ。

店もほとんどないとのことだった。

福島の原発警戒区域までわずか15キロほどのエリア。

日本はこの先どうなるんだろう?


水曜日ということでメルマガの編集ちう。

被災地からのレポート、書きたいことはたくさんあるが時間に追われて思うようにいかない。

いろんな人と会うのはとても楽しいのだけれど、スケジュールに余裕がないのは困る。

それも自分の無計画さのなせる業(笑)。



午前6時20分スタート。

DSC_0757.jpg

これから山に向かうので食料調達。

ソフトバンクのネットワーク圏外になるかも知れない…。



DSC_0759.jpg


県道12号線の登りに入ってほどなくして軽トラのおじさんが目の前に止まった。

「荷物ごと運んであげようか?」

というオファーだった。

理由を説明して丁寧にお断りしたが、その後、峠に差し掛かる数キロ手前でまたこのおじさんの軽トラ。

広い場所に車を停めて、「ちょっと休んでいきなさい」と一声。

DSC_0762.jpg 
缶コーヒーと桃を頂いた。

自分の旅について関心を持っておられたのかあれこれ質問された。

自分も原発の話などそれとなく聞いてみた。

DSC_0758.jpg

彼も放射能のために家を失ったらしい。

小高地区は最近警戒区域が解除されたがインフラは全く整わず。

若い人たちは村を捨て家族ぐるみで他の地域に出て行ってしまった。

県道12号線も今は工事の車が行き来するだけ。

福島のことをもっと世間に伝えて欲しいと…。

原発のためにあらゆるものが犠牲になった、と彼は悔し涙を浮かべながら語った。

DSC_0760.jpg

DSC_0761.jpg 

八木沢峠は標高520m。


暑さはいくぶん収まったが、大汗かいた。ペースはスロー。脚も重い。


結構登ったあと、さほど下らずに飯舘村へ。

DSC_0763.jpg


DSC_0765.jpg 
学校も役場も郵便局も店も民家ももぬけの殻。

DSC_0766.jpg 

人は皆どこへ行ったのだ?

草だけがぼうぼうと茂り、「年中無休」と書かれた店の看板がむなしく見えた。

津波にこそ流されなかったこの地域も、かつては町があったにもかかわらず、計画的避難区域に指定され、一斉にみんな避難。 


DSC_0767.jpg

解除されても戻ってくる人はごく一部。

DSC_0764.jpg

郵便局の前にあったポストには貼り紙が…。

当然、集配業務をするにも人がいないから誰も手紙を出すことはない。

こんなゴーストタウンがアメリカの中西部にも多々あった。

ただ、ここの人たちはここを離れたくて出て行ったのではない。

やむなく離れざるを得ない状況になってしまったということ。

「原発さえなければ…」

桃をくれたおじさんの悔し涙が頭の中でフラッシュバックした。


DSC_0771-1.jpg 


飯舘村はゴーストタウンだった。放射能の計画避難区域は解除されても、戻って来ているのはごく一部。

役場も郵便局も店も人も、ある日突然神隠しにあって消えてなくなってしまったかのよう。


DSC_0768.jpg

除染作業もなかなか追い付かない。


DSC_0769.jpg


飯舘村から川俣町に入るとまったく状況は変わって人が住んでいる。

DSC_0770.jpg

峠に店があったのでソフトクリームを買って、店のおばさんと話をした。

ここは計画的避難区域には指定されなかったが、若い家族はかなりの数が自主的に出て行ったという。



午後2時40分、川俣町のセブンイレブン。

川俣長は飯舘村から避難してきた世帯が多くいるようだ。

小学校も飯舘村の小学校が川俣長の小学校と合併してプレハブ校舎で授業をしていた。



県道12号線から国道349号へ。

山あいの木々に囲まれた気持ちのいい道…。

アップダウンはあったがそれほど厳しいものではない。

東和町まで走り、午後5時半ごろ、道の駅ふくしま東和へ。

今夜はここでキャンプだ。



すぐ先にセブンイレブンがあって助かった。

休憩室はなかったがトイレは24時間使える。


道の駅のピクニックテーブルで夕食をとってたら、すぐ近くに住むおばさんが犬の散歩にやってきた。

MUSASHI号についていろいろと質問。

おばさんは幸い直接的な被災はされてなかったらしい。


原発で村を離れて撤退せざるを得なくなった人たちはお金をもらって仕事をしなくても生活できるようにはなったけれど、家があって、家族がいて、仕事があって、初めて『暮らし』というものになる。

お金だけもらっても、明日への希望をなくした人がたくさんいる。

もうここで以前みたいな生活は取り戻せない。

お金や物でいくら支援されてもそれは同じこと。

原発がなかったら状況は変わってた。

原発さえなかったら…。




DSC_0772.jpg 
いったん家に帰られて、しばらくしてから缶ビールと自家製の漬物を差し入れてくれた。


DSC_0773.jpg 
日が暮れる前に道の駅の裏の芝生にテントを張った。

車の音も多少は聞こえない。


あとから、埼玉のサイクリスト田中さんがやってきた。

20インチのシングルギアの折りたたみ自転車で札幌から走ってきたのだという。

地場産の野菜を買ってきてカレーを作っておられた。




*本日の走行距離:54.0キロ


*稚内からの積算走行距離:1586.66キロ



*お知らせ:

アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦自ら編集する無料メルマガ「週刊PEACE RUN」第15号、現在配信中!

こちらで購読登録をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2012/07/18(水) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Day41:東和~小野 | ホーム | Day39:相馬~南相馬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2031-6ca4152f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード