FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

ペダリアン精神

【ペダリアン精神】


ペダリアンとは…

ぺダリアンとは自転車の”ペダル”とそれを漕ぐ”人びと”を掛け合わせた造語で地球体験に関心や興味をいだく「ペダルの人びと」の意です。
 1979年4月1日創設した日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(JACC)は、特許庁に「PEDALIAN」の登録申請をおこない、Trade Mark 第1779251号の認可をうけています。
 今回誕生した「PEDALIAN.com」は、JACCのオフィシアル・ウェブ・サイトとして、JACCと日本国際自転車交流協会の情報を広範に発信していきたいと思っています。(2006年4月)



私、高繁勝彦の肩書きは「アドヴェンチャー・ランナー」で走る人には違いないのだが、元々はサイクリスト。

 冒険の軌跡 

中学生時代から剣道一筋だったが、大学時代に自転車に目覚め、主にツーリングで全国各地を走り回っていた。


ロードレースやトライアスロンにも関わってきたし、マウンテンバイクで富士山や乗鞍岳山頂に登るような馬鹿げたこともやっていた。

ironman_20121008212257.jpg

夏はキャンプも楽しんだし、冬はクロスカントリースキーやテレマーク、スノーシューなどにもいそしんで来た。

アウトドア大好き人間が最後にたどり着いたのが冒険の世界。

そのきっかけとなったのはもちろん自転車旅行だ。

お金を極力かけず何日でも走れる…そんな魅力的な乗り物が自転車。

ペダルを踏むことさえできれば世界中どこへでもいける。

いろんな場所でいろんな人と出会っていろんな経験ができる…そういったことが何よりも素敵なことだと思った。


1991年6月に初めての海外ツーリング、北米大陸自転車横断旅行、1994年6月にはアラスカ北極圏横断+カナダ横断自転車旅行。同年11月から翌1995年にはニュージーランド一周+オーストラリア横断自転車旅行…これらが自分のたどってきた軌跡。

4th of july
nullarbor_20121008212055.jpg

オーストラリアでであった名古屋出身の女性と結婚したことで旅は一度中断。

人生どこでどう変わるか分かったものじゃない。

結婚が旅をあきらめる理由にはならないと最初から信じていた。

いつかチャンスがやってくると願い続けて今がある。

永い間自転車のツーリングもしていなかった。トライアスロンも水泳で肩を痛めて以降まったくできない状態だった。

そんな中でもランニングだけは地道に継続してきたのだ。

フルマラソンを中心に10キロやハーフマラソン、ウルトラマラソンは年に一度100キロを走っていた。

自転車も通勤手段として乗ってはいたがなかなか長期のツーリングに出ることは難しかった。


離婚という、人生の一つの節目があって、さらには長年関わってきた教職ともお別れ…。



仕事を辞めて最初の日本縦断の途中、世界二周サイクリスト中西大輔さん植村直己冒険賞を受賞したというニュースを耳にした。

兵庫県豊岡市で表彰式が行われていた頃、自分は日本縦断の最中だった。


南に下りてきて、兵庫県豊岡市の植村直己さんのふるさとを訪ね、遺体こそ発見されていないが彼の墓地となっている場所を訪ねた。

植村直己冒険館を訪ねたら、中西さんが世界二周自転車旅行で使用した自転車が展示されていた。

28歳から39歳までの11年間で地球15万キロ超130カ国!


 

「世界130カ国自転車旅行」



想像を絶するペダリングの旅…。

彼が携帯していた大きな日の丸の旗には、旅の途中で出会った人たちの寄せ書きが書かれていた。



中西大輔さん本人と初めてお会いするきっかけとなったのが大学の後輩の安部さん。

最初の日本縦断を終えたあと、安部さんのアレンジで大阪難波の焼き鳥屋さんで3人で会うことになった。

中西さんの冒険談をお聞きする中、自分自身はますます冒険に魅せられるようになっていったのだ。

一度目の日本縦断のあと、アメリカ横断ランニングの旅に出るつもりはしていたが、「アメリカ横断が終わったら教職に戻ろう」というのが元々のプランだった。

だが、それはあくまでもプランということになってしまった。



中西さんとの出会い以外にも、同時期にいくつかの刺激があった。

中西さんの勧めでJACC(日本アドベンチャーサイクリストクラブ)のメンバーとなり、代表の池本元光さんと再会。

関西サイクルスポーツセンターでアルバイトをしていた時期があったが、自転車冒険旅行について一度少しだけお話させていただいたことがあったのだ。


日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(Japan Adventure Cyclist Club)(JACC)は、「民族、国境を超越した一人ひとりの“友情”の成果が“平和”へ貢献、寄与することを認識し、地球をペダルによる友情の足跡で埋めつくすべく、民間大使として国際交流を深めよう」を活動目的に前進を続けています。


というのがJACCが提唱するペダリアン精神。

PEACE RUNの根底にあるものと共通している。

今も世界中にJACCのメンバーがいて銀輪で大地を駆けている。

そして、今後も、これからも多くのチャレンジャーに世界を走ってもらいたいと私自身も願っている。



中西さんと出会ってしばらくあと、ソロアルピニスト栗城史多(くりきのぶかず)さんの講演会があるというので池田市にある日清食品のラーメン記念博物館を訪ねた。

同じチャレンジャーとして目指すものは違うのだけれど、栗城さんの話を聞いていたら、自分自身も納得の行くところまで走り続けなければならない…というのが自分自身の結論になりかけていた。


2011年の1月には間寛平さんがアースマラソンゴール。

このゴールの場面を見るために大阪城野外音楽堂まで出向き、ゴールの瞬間を見届ける。

寛平さんから見えないバトンをもらった瞬間だった。

このゴールを見たあと、もう決意は変わらなかった。



2011年1月17日、アドヴェンチャー・ランナー開眼の時が来た。

ペダルを踏む足が地面を蹴って前進する足に変わっただけで、基本にあるものは何ら変わっていない。


DSC_1525.jpg

10月6日、大阪南港ATCで開催されたサイクルモードフェスタで、久々に池本さんとお会いしてきた。

DSC_1526_20121008183038.jpg

DSC_1528.jpg


今年1月から2月にかけて中西さんをパートナーに、独創セーリングサイクル「風と大地と」プロジェクトと称してオーストラリア大陸2907キロナラボー平原横断に挑まれ生還された。



DAISUKE NAKANISHI AND MOTOMITSU IKEMOTO Australian Bike Tour


日本人で初めて世界一周自転車冒険旅行を成功され、同じ志を持つチャレンジャーたちのためにとJACC(日本アドベンチャーサイクリストクラブ)を設立。

その池本さんがオーストラリアで使用された自転車タルーゼ号がパナソニックのブースに展示されていた。


自分が1995年2月に一度走ったナラボー平原、そしてさらに来年再び走るであろう場所。



サイクルモードフェスタでさまざまな自転車やパーツなどが展示されていたが、特にこれといって感動できるものはなかった。

自転車界はロードバイク一色…しかも国内のメーカーは低迷しており、ほとんどがアメリカやヨーロッパブランド。

そういえば去年のアメリカ横断ランニングの旅でいくつかサイクルショップを訪ねたが、シマノのパーツ類は一時期に比べ扱っている店がかなり減っていた。

パールイズミのウェアはまだメジャーな部類だったのが救い…。

電化製品同様「メイド・イン・ジャパン」神話は崩れつつあるということなのか…?



外国ブランドのロードバイク…見た目もお洒落で華やかなのはいいが、これらの自転車も結局はコマーシャリズムのツールでしかないのだ…少なくとも今の自分にはそう見える。

こういった自転車を買う人たちは当然お金もあって、自転車に乗るよりも自転車を一生懸命ていねいに磨いて、新しいパーツが出たら真っ先に交換して、部屋に飾るための置物的自転車にしてしまう人たち…。

流行についていくために、常に新しいものでないと満足できないという考えがベースにある限り、市場や情報に右往左往し躍らされる運命にある人たちなんだろう。

100万円以上も出して自転車を買うのは悪いことだとは言わないが、どんな自転車でもいいから健康で元気な内に、自転車に乗って、自転車で走って素晴らしい体験をすることの方が大切なんだと思う。

見て満足するだけの自転車ではきっといつか飽きてしまうもの。



今年日本縦断中に出会ったサイクリストたちの大半は60歳以上。

みんなスマートホンも持たず、GPSも使わず、インターネットさえ経験したこともないという人さえいる。

それでも、純粋に自転車で旅をすることを楽しみたいという思いで日本縦断や日本一周などの旅に出てきたのだ。



自転車は人を乗せて運ぶもの。眺めるためのものではない。

人を乗せると同時に人の夢も乗せて運んでくれるはず。

旅や冒険のツールであってもいい。



未知なる世界へ、自分の意志と脚で向かっていく…。

池本さんが提唱するペダリアン精神を大切にして行こう。



DSC_1517.jpg


ツーリング車として唯一展示されていた池本さんのタルーゼ号、会場にいた人たちからは珍しいものとして好奇の目で見られていたのかも知れないが、そういう訳で他の自転車とは全く違った価値を持った自転車であるということを付記しておく。




会場でたまたまchariotというカナダ製バギーのブースがあって、輸入代理店「プレザント」オウナーの上田さんともお話させて頂いた。

DSC_1521_20121008183238.jpg

DSC_1518.jpg

DSC_1519.jpg

DSC_1520.jpg

DSC_1521.jpg

DSC_1523.jpg 
DSC_1522.jpg


来年のオーストラリア横断とニュージーランド縦断で使用するバギーがまだ決まっていないけれど、ひとつの候補として考えている。

実際にモノを見て、BabyJoggerよりも軽くて取り回しがいいというのが良かった。

ただ、荷物の積載スペースについては少し狭いようにも思えるが…。

いろいろと検討して行こう。




冒険の夢はまだまだ膨らみ続ける。

自分が求めるものは自分の意志と脚で見つけに行くこと。

今できることに全力で取り組むこと。真剣に望むこと。

未来はすべて今の自分のあり方で決まるのだ…。





「一生に一度…」

「もっと遠くに」

「夢”のアドベンチャー・サイクリング」

「地球体験レポート」


JACC公式サイト ペダリアンドットコム

JACC facebookページ

スポンサーサイト



テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2012/10/08(月) 18:45:11|
  2. 旅・冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川の流れのように | ホーム | 六甲全山縦走56キロを歩く!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2115-e15be7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード