KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

カナダ回想

【カナダ回想】

canada_maple.jpg

*1994年10月 カナダケベック州




僕にとって秋という季節はいつも旅の終わりを意味するものだった。

うだるような夏の暑さを経て、頬をなでるようにして吹き抜ける秋風はいつも優しく、それでいて、どこか物悲しげなムードが漂う…。

旅を終えて、たくさんの思い出とともに故郷に帰らなければならない季節…それが秋なのだ。



紅葉の季節になれば思い出す。

1994年カナダ、ケベック州ケベック市で出会った一人の女性…。

名前はルネ。

でもフランス語を知らない僕には彼女の名前Reneeはうまく発音できなかった。



「違うわ、鼻に抜けるような感じで『ウ』と『ル』を同時に発音するのよ」



外大在学中選択していた外国語はドイツ語だったが、やはりRの音は難しく、マスターするのに半年くらいかかったのを思い出した。


彼女の前で必死になって何十回とReneeを繰り返す。


「……」


彼女は沈黙したまま妙な笑顔を浮かべながら僕の発音に耳を傾けている。

しかし、何度やってもフランス系カナダ人の彼女の出す音は出せない。



「結構いい感じになってきたんだけど…口はこんな感じ、舌は奥に引っ込めるの。いい?」



しまいにはのどやら舌が痛くなってきた。



「無理しないでKAY(僕のニックネーム)、私が生きている内にマスターできればいいから」



と言って微笑む彼女。




*****




アラスカ北極圏~カナダ横断の自転車での旅をケベック市で終えてすぐ、町まで自転車で買い物に来ていたキムという女性とサンジャン門で出会った。

彼女もサイクリスト。大学の事務職員で、市内のアパートに友人の女性二人と共同生活している。

20分ほど旅の話をいろいろとしていたが、僕のアラスカ北極圏の話に関心を持ったようである。


「北極圏は私もいつか走ってみたいと思ってるの。ところで、今夜の宿は決まってるの?もし狭いところでよかったら家に来ない?」


ルームメイトの二人は既に部屋にいて、今夜また別のお友達のバースデーパーティがあるとのことで準備している最中だった。

このパーティであとから3人やってきたゲストの一人がルネだった。

キムと職場が同じで出身大学も同じだったという。




ここケベック州はフランス語圏、ルネやキムはじめみんな僕と会話する際には英語で話しかけてくれる。

このアパートを訪ねてから二日後、ルネとキムが知人のコテッジに行くというので同伴することになった。

ルネのお姉さんのお友だちが所有するコテッジ、スキー場の近くにあり、標高も1000mを越える山の中腹にあった。


夏の間は管理人がいたのだが、既に寒くなって空家状態のコテッジ。

それでもきれいに掃除され、冷蔵庫やストレージには食料もふんだんに残されていた。

2泊3日の予定で、紅葉狩りのハイキングだ。


大阪や東京よりも季節が1ヶ月以上進んでいるのは高緯度のせいもあるのだろう。

それにしても見事な紅葉…。



canada_maple3.jpg

canada_maple4.jpg

canada_maple5.jpg

canada_maple6.jpg



夜のコテッジではポーカーをしたり、旅の話をしたり…。

キムもルネもフランスにルーツがありながらフランスには行ったことがないのだ。



嬉しかったのは、ルネと最初に出会ったパーティの夜、彼女と約束したフランス語特別講座。

コテッジの暖炉のそばでワインを飲みながら個人教授。


二日間限定なので、ベーシック・フレンチ…フランス語の数字やあいさつ、簡単な表現などを教えてもらうだけだったが、それでもうれしかった。


二日目の夜、フランス語講座の時間で、えと(十二支)の話になって、彼女が僕の6つ年下であることも分かった。



「ステディ(決まった恋人)はいるよね?」



お互い酔っていたので結構打ち解けた話題がいろいろでてきたついでに、冗談半分でそんな質問をしてみた。


「……」



「えっ?まずいこと聞いたかな?」



「…死んじゃったの」



「…ごめんね」




「…12歳で…ゴールデンレトリバーだったわ……ははは」



「何だ…ペットの話だったのか。びっくりした!」




彼女は時々シリアスな冗談を言うので困る。



「あたしね、フィアンセがいるの」



「……」




再びショッキングな言葉に、僕は一瞬フリーズした。



「あ、あ、そうだったんだ。おめでとう!」



すぐさま笑顔を浮かべたが、彼女も僕の表情から何かを察したに違いない。



「もう6年も付き合ってるんだけど、なかなか結婚に踏み切れないのよ」



「彼がプロポーズしたんだよね?」



「そう…なんだけど、恋愛と結婚ってやっぱり違うのかなって思ったり…」



「…なるほど」



「彼のことは大好きなの…でも結婚した後、愛情が冷めてしまうんじゃないかって…」




その後、彼女の話をきっかけに、フランス語講座はそっちのけで、お互いの恋愛論で議論は白熱した。



「KAYは結婚しないの?」



「ガールフレンドがいたら旅なんてしてないよ」



「旅先でのロマンスは…?」



「ないね!」




「もし…あたしに、フィアンセがいなかったらどうする?」



「……」



ずいぶん突っ込んだ質問に僕は唖然とした。



「…考える…」




ボトルの赤ワインはもうなくなりかけていた。

時計を見れば、既に午前0時を回っていた。

キムはもう先に寝てしまったようだ。



「Reneeは素敵な人だよ」



「ありがとう」




Reneeの発音がこの時やっとまともにできたのではないか…と思った。


この二日後、僕はケベックから知人の待つトロントに電車で移動しなければならなかった。

キムの車で駅に向かう。ルネも一緒だ。



駅のホームまで着いてきてくれた。

キムにまずお礼を言ってハグをした。



ルネは寂しそうな表情でハグを求めてきてくれた。



「ひとつ言いたかったこと…KAYもとても素敵な人よ」



「Merci…Renee」



「発音完璧!」



「先生がよかったんだよ」





トロント行きの急行列車がやってきた。

僕は車中の人となり、手を振る二人を列車の窓からじっと見つめ、僕も手を振り返し続けた。





車窓から見えたのは、紅葉と夕日で真っ赤に染まる山…。



canada_maple7


あれほど美しい紅葉を僕は知らない。



カナダという言葉を聞くたび、今も紅葉と一人の女性を思い出してしまう。

18年たった今も、あの真っ赤に染まった山とReneeの微笑みは僕の思い出の宝石箱の中に大切にしまってある。


ひとつ気になるのは、今口にしているReneeの発音が果たして正しいものなのかどうか…。


僕には知る由もない…。



canada_maple2.jpg





*参考:2008年11月22日のKAY’S BLOG

【愛しているから】


スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  1. 2012/10/25(木) 18:09:06|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日常雑感102612 | ホーム | 小景異情~自分だけの秋を楽しむ>>

コメント

No title

思い出の宝石箱 いいですね。

  1. URL |
  2. 2012/10/26(金) 22:30:50 |
  3. genさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ゲンさん:

引出しをあけるといろんなものが出てくる…きちんと整理整頓しておかないとこんがらがってきてしまうのが我ら中年世代。

いい思い出をたくさん作りましょう。

> 思い出の宝石箱 いいですね。
  1. URL |
  2. 2012/10/29(月) 13:55:33 |
  3. KAY(高繁勝彦) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2137-2b89d6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード