KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

夢、Never give up!!

【夢、Never give up!!】





昨日は奈良県大和郡山市筒井にある本門寺で講演会に出席してきた。

講師はドキュメンタリー映画監督の榛葉健(しばたけし)さん

榛葉さんとの出会いは2011年、榛葉さんの映画「with…若き女性美術作家の生涯」上映会に参加した時のこと。

この日は、JACC代表で日本人で初めて自転車で世界一周をされた池本元光さん、世界二周サイクリストで植村直己冒険賞受賞の中西大輔さんも一緒だった。

その日のブログ 



二度目に榛葉さんにお会いしたのもまた映画の上映会会場。

その日は、東日本大震災をテーマにした映画「うたごころ」

の上映会。11月18日大阪堺のイオンでのことだった。

その日のブログ


ヒューマン・ドキュメンタリーをテーマにした映画が榛葉さんの中心ジャンルとなっているのだが、その榛葉さんがずっと取材を続けてきた一人の女性サイクリストが今回の講演のテーマの中心。






以下は昨日の講演のチラシから…


癌にかかりながらも20年がかりで自転車による地球一周の旅に挑むシール・エミコさん(走行距離は13万km以上で、世界の女性としては空前の冒険)の生きざまをを2001年から長期取材を続け、パキスタン、インド、ネパール、チベットの同行取材もしてきた榛葉健監督をお招きし、お話をお伺いします。



(シール・エミコさんのメッセージ)

12年間の長ーーい長い闘い(戦い)でした。

辛いとき、苦しんでたとき支えてくださったみなさま、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

骨盤内臓全摘で人工膀胱と人工肛門に。

仙骨尾骨切除、骨盤も削ったために、腰は、まだガクガクしています。

もし周りに癌の方がいらっしゃったら、負けないように、諦めないように最後まで希望を持ちつづけていただきたいと思います。

ワタシも、マジ踏ん張りました!!笑

今年の目標は、ズバリ!「自転車に乗れるようになること!」









*****



シール・エミコさんの存在を初めて知ったのは1980年代に愛読していた「サイクルスポーツ」という雑誌。

私自身もまた自転車にハマっていた時期に、彼女は地球一周の旅に既に出発していた。

エミコさんは当初オートバイでオーストラリア一周中、ケアンズでサイクリストのスティーブと出会うのだが、これが運命の出会いとなった。

1989年12月よりオーストラリアのダーウィンからマウンテンバイクで世界への旅が始まる。

1991年4月、パートナーのスティーブとエミコさんが北米アラスカをスタートして二ヵ月後、奇しくも自分はアメリカ横断自転車旅行の旅をスタート…。

1994年、二人が走ったアラスカ北極圏を私が走った際に、二人の泊まった福祉施設に偶然泊めて頂いたり、その施設のオウナーから二人のことをいろいろ聞かせて頂いたりもした。


12年前の2001年1月、77ヵ国目のパキスタンで「余命半年」という子宮ガンの宣告を受けて旅を中断、緊急帰国。スティーブと入籍したのは入院中のことだったという。

その後、抗がん剤、放射線治療、摘出手術などの厳しい治療を乗り越え、ガンを克服。

4年の闘病生活を経て、奇跡的な回復力で復活、自転車旅行を再開。

しかし、2008年9月、世界一周が完結するあともう少しというところ…旅立ちを前にガンの再発・転移が襲い、再び治療に専念せざるを得なくなった。




ずっとエミコさんの存在を知っていたのに、初めてお会いすることができたのは彼女の名前を最初に知ってから四半世紀もたった2012年のこと。

私が一度目の日本縦断ランニングの旅を終えて、JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ(エミコさんはJACC評議員)のメンバーになったのが2010年。

翌2011年、私がアメリカ横断ランニングの旅を終え、2012年3月、二度目の日本縦断の旅をスタートする3ヶ月前のことだ。

エミコさんは、日本での治療を断念し、オーストラリアで治療を受けるためにパートナースティーブと共にオーストラリアへ向かうことになるのだが、3月31日の出国一週間前に大阪で壮行会があり、その会場で初めてエミコさん本人と対面。


シール・エミコさん壮行会の日のブログ(2012年3月24日)




*ペダリアンドットコム エミコ評議員壮行会レポート 




http://blog-imgs-47.fc2.com/k/a/y/kaytaka/IMGP5155.jpg



とても明るく笑顔が素敵な女性だった。

この人が地球を12万キロも自転車で走ってきた女性なのか…?

癌と闘い続けてきた人なのか…?

一瞬そんなことが頭に浮かんだが、徐々に彼女の内に秘められた強さの核のようなものが感じられてくるのが分かった。



ミラクル・ウーマン…不可能を可能に変える女性。

辛く苦しい人生を背負ってきたからこそ輝ける…彼女が放っていたオーラはそんなことを教えてくれているかのようだった。



昨日の講演では、榛葉さんがパキスタン、インド、ネパール、チベットを走る二人に同行取材した際のいろんなエピソードを聞かせていただいた。





ここでは話の詳細を説明するよりも、彼女がどんな旅をして、どんな人生を送ってきたか、過去のテレビ番組で紹介された動画を見ることで何かを感じてもらった方がいいだろう。







地球大冒険





地球大冒険2





地球大冒険3





地球大冒険4





地球大冒険5





地球大冒険6






地球大冒険7





地球大冒険8





地球大冒険9



*****



表情豊かなエミコさんの旅での様子を見ていると、自分自身がその旅の中に溶け込んで行ってしまう。

誰に対しても笑顔で、愛情を持って接してくれることで癒しを与えてくれる人…エミコさんこそ天性の旅人としての才能を兼ね備えた人なのだと思う。



地球一周の旅は残り7000キロあまり…再び復活して、ペダルを踏み続け、ゴールの日本にたどり着くまできっと走り切ってくれるものと信じている。

それは、もはやエミコさんだけの夢ではない。

エミコさんと旅で出会ってきた、あるいはいろんな形でエミコさんと関わってきた、あらゆる人たちの夢でもあるのだ。




emiko.jpg




肉体で生きているだけでは見えないものがある。

魂の力で生きてこそ見えてくるものがあるのだろう。

魂は肉体に優る。

老いて、肉体が衰え、病んだとしても、魂が悦ぶ生き方を実践できる自分でありたい。



僕らはみんな生きているのだけれど、生かされているということに気づくかどうかで人生は大きく変わってくるんだろう。

与えられた命で生きていることの意味を考える時、それは奇跡そのものだということを知らされる。

それは、モノやお金には換えられない、真の豊かさそのもの。




*****




榛葉 健さんのお話も素晴らしいものだったが、エミコさんはじめ、自分の身の周りには何と偉大な方々がたくさんいるかということに驚かされてしまう。

と同時に、そういった方々から人生とは何かを教えて頂いているということに気づかされた。

出会いとつながりに感謝感激感動。




そして、エミコさんがいつも大切にしている言葉…



「夢、Never give up!!」



何があってもあきらめてはいけない…あきらめてしまえばすべてそこで終わってしまうのだということ…。






昨日、講演会のあとに懇親会が行われた大和郡山市の壽志屋さんに飾ってあったエミコさんの手書き色紙。

オーストラリアに向かう直前に書かれたもの。



彼女とはレベルが格段違うけれど、同じ地球を走る旅人として、夢を追いかける者として、エミコさんを応援し続けよう。







book_20120325135136.jpg


「ガンを越え、めざせ地平線!!」エミコ・シール=著




ペダリアンドットコム(JACC公式サイト)



JACCシール・エミコさんの紹介ページ


「エミコ&スティーブの地球大冒険」


モンベル シール・エミコ支援基金




*PEACE RUNバッヂ販売決定…先行予約受付中!

badge1.jpg

*詳細は…こちら




*アドベンチャーランナーTシャツ絶賛発売中!

http://blog-imgs-43.fc2.com/k/a/y/kaytaka/adventurerunnerTshirt.gif


*詳細は…こちら


*Tシャツの注文はこちら…。





*無料メールマガジン「週刊PEACE RUN」


アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦が自ら編集発行する無料メルマガ

「週刊PEACE RUN」

第45号を配信中です。

ウルトラマラソン対策はじめランナー必読の情報盛りだくさん!

購読登録とサンプルはこちらから。






~イベントのお知らせ~



*講演会

into_the_dream.jpg  


4/9(火) 講演会@サローネ・デル・ロト(奈良県大和郡山市筒井町) *午後6時開場 6時半開始


スポンサーサイト

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/02/13(水) 15:25:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かもめのジョナサン | ホーム | Love at First Sight in Perth>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2250-7ce4db26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード