KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

根性は死んだ

【根性は死んだ】



巨人の星(行け行け飛雄馬)斉藤今朝雄



かつて「スポ根もの」と呼ばれるアニメやドラマがたくさんあった。

「巨人の星」や「あしたのジョー」「柔道一直線」「空手バカ一代」「アタックNO.1」や「エースをねらえ」などなど、スポーツそのものが楽しみでやるのではなく、自分自身の肉体と精神を鍛える手段として考えられていた時代の産物とでもいうのだろうか。





【高音質】「あしたのジョー」 テレビまんが主題歌





アタックNo.1





【高音質】" 行け!タイガーマスク" 「タイガーマスク」 OP主題歌




その昔、中学から大学まで剣道をしていた。

忘れもしない自分が大学1回生だった1979年の夏。合宿で奈良に行った。

9泊10日という驚異的な日数。午前・午後で5時間の練習。何日か3部練習で夕食後にも練習があったのを覚えている。

手のマメガつぶれ、足の裏の皮もべろんとめくれ、声も枯れてまともに話せない。


「練習中は水を飲むな」「声を出せ」「気合を入れろ」


先輩たちは容赦なく下級生の我々に檄(げき)を飛ばす。

何度も意識が遠のいていく。その都度先輩に体当たりを食らい、倒され、蹴りを入れられ、意識を取り戻すたびに地獄の稽古に挑んでいく。

食後に稽古をしていて面をつけたまま嘔吐するヤツ…防具をつけたままトイレに駆け込んで便器のそばで意識を失いかけているヤツ…様々だった。

それはまさしく地獄図か戦場の光景だった。訳も分からず戦場に借り出された兵士たちは、意味も分からずただがむしゃらに闘う。

勝つか負けるかよりも、死ぬか生きるかの世界。生き残るためには闘わねばならなかった。



あれから30年あまり経っているのに、いまだに疲れている時にはこの合宿の夢を見てうなされる。

半ばトラウマになっているのであろう。

勝つことが全て、負けることは恥…。

そうやって自分たちは「根性」を注入されてきたのだ。



体罰はもちろんいけないことなのだが、今の教育現場、中学生や高校生たちにこんな話はなかなか分かってもらえないのが現実。

戦争を知らない世代に戦争の話をしてもイメージさえ湧いてこない。それと似ている。



部活動の試合に負けて、そのことを親に話した子供が親に言われる言葉…おそらく今の時代なら…

「負けたけど、一生懸命頑張ったんだからいいじゃないか」

部活動の顧問も今だったらそんな慰めの言葉をかけるのであろう。



40年前は時代が違う。

もし星一徹(「巨人の星」の主人公星飛雄馬のスパルタ父親)だったら…

「馬鹿もん!!なぜ負けて帰ってくるんだ?負けて恥と思わんのか?お前はそれでもわしの息子か?今日の飯は抜きだ!反省しろ!!今から千本ノックだ!!」



ライオンは自分の子供を崖から蹴落とすという。強さや勇気を子供に教えるためには、命を懸けて学ばせる必要もあるのだということ。

厳しさを教えられないがゆえに強くなれない子供たち…そしてそうやって育てられてきた今の若い親の世代。

負けて「何くそ」と思えることが次へのステップなのだ。そういったことさえもなかなか伝わらない時代。

年間3万人をようやく下回ったものの、今なお2万数千人が自ら命を絶つ国…何かおかしい…どこかヘンだ。

弱い日本の社会を構成しているのは、「根性」という言葉を死語にしてしまった大人にも責任があるということなのか。



根性、ガッツ、ハングリー精神…。

厳しさを教えられることなく、親や教師、大人をなめてかかってしまっている子供たちがいる。

命の尊さやその価値を重く見ない若者がいる。

リストカット等の自傷行為、いじめ…。

他人の痛みや悲しみを理解できないのは想像力が欠如しているからか…?



そんな子供たちに、シルヴェスタ・スタローンの「ロッキー」を見せたらどんな反応があるだろう。

少しはピンと来るものが彼らにあるだろうか…。

打たれても打たれても立ち上がる、ふらふらになってもまだ相手に立ち向かっていく、あのロッキーのようにたくましく生きていく姿を美しいと思うだろうか?

そんなに打たれて痛めつけられるのであれば、いっそのこと倒れてしまえば楽なのに…。

そんな風に思う子供もいるだろうか…?



生きる力とは…厳しさの中で自ら身につけるものであって、他人から教えられるものではないのかも知れない。

自ら窮地に立たされてそこから必死になって這い上がる中で身につけて行くものなのではないのだろうか。



*参考…1968年に「スポ根漫画」が続々と生まれた背景とは? 





*PEACE RUNのiPhoneケースも発売決定!



*詳細は…こちら



*PEACE RUNバッヂ販売決定…先行予約受付中!

badge1.jpg

*詳細は…こちら




*アドベンチャーランナーTシャツ絶賛発売中!

http://blog-imgs-43.fc2.com/k/a/y/kaytaka/adventurerunnerTshirt.gif


*詳細は…こちら


*Tシャツの注文はこちら…。





*無料メールマガジン「週刊PEACE RUN」


アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦が自ら編集発行する無料メルマガ

「週刊PEACE RUN」

第46号を配信中です。

ウルトラマラソン対策はじめランナー必読の情報盛りだくさん!

購読登録とサンプルはこちらから。






~イベントのお知らせ~



*講演会

into_the_dream.jpg


4/9(火) 講演会@サローネ・デル・ロト(奈良県大和郡山市筒井町) *午後6時開場 6時半開始


521647_406552839435496_493923798_n.jpg 


スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/02/23(土) 15:05:37|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<東海自然歩道ハイク | ホーム | 草の根の国際交流~Chariot>>

コメント

大好きな漫画ばかりf^^*)

どれもこれも見るたびにワクワクするだけでなく、そのストーリーの中からさまざまなことを学んできた思い出のある作品ばかりですね。
私は『エースをねらえ』も加えたいかな(#^.^#)
  1. URL |
  2. 2013/02/23(土) 15:32:36 |
  3. miho #-
  4. [ 編集 ]

Re: 大好きな漫画ばかりf^^*)

みほさん:

この時代に生まれた人間なら必ず見ているアニメがありますからね。

エースをねらえは少しあとになりますが、お蝶夫人みたいなヘアスタイルでテニスしている女性はまずいないでしょう。

いろいろと問題がありながらも梶原一騎はやはり偉大でしたね。

> どれもこれも見るたびにワクワクするだけでなく、そのストーリーの中からさまざまなことを学んできた思い出のある作品ばかりですね。
> 私は『エースをねらえ』も加えたいかな(#^.^#)
  1. URL |
  2. 2013/02/23(土) 18:58:34 |
  3. KAY(高繁勝彦) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2260-657f9ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード