KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

植村直己冒険賞と植村直己冒険館

【植村直己冒険賞と植村直己冒険館】

28000997_3460_1.jpg


今年の植村直己冒険賞が決定した。


「植村冒険賞に竹内洋岳さん 8千メートル峰14座を制覇」



日本人として初めて8千メートル峰全14座を制覇したということで東京在住の竹内洋岳さん(42)が受賞。



「植村直己冒険賞」についてまず説明しておこう。

国民栄誉賞を受賞した偉大なる冒険家植村直己さんの故郷豊岡市が主催。

故・植村直己さんの優れた人となりを後世に継承するために設けたもので、自然を相手に創造的な勇気ある行動をした人または団体に贈られている。

この賞は豊岡市が主催し、賞に関する事務は、植村直己冒険館が担当。




植村直己冒険賞は1996年に始まったが、その歴代受賞者の多くが登山のジャンル。

今年で17回目だが、その内登山家は7名、ヨットが3名、自転車が2名(2009年は中西大輔さん)、熱気球1名、リヤカー1名、ランナー1名、極地での徒歩旅行1名、そしてグレートジャーニーの関野さん。

ただし、ヨットの堀江謙一さんは2008年に選出されたものの辞退。特別賞のみ受賞されている。

この年は該当者なしとなったといういきさつがある。




そして、竹内洋岳さんの業績について…(竹内さんの公式ブログウィキペディアから)

地球上に標高8千mを超える山が14座ある。全てヒマラヤ山脈とカラコルム山脈にある。

14座全ての登頂に成功したのは現在世界で29人。

第1号はイタリア人登山家ラインホルト・メスナー。

1986年に無酸素での完全登頂に成功。

竹内洋岳さんは昨年5月26日、日本人初の14座完全登頂に成功。



高校から山岳部に所属、立正大学在学中20歳で初の8000m峰登頂。

ヒマラヤに活動の中心を置くも、大学に8年も通ったというのも立派だ。


世界各国のクライマーとチームを組んで少人数の国際隊を組み、酸素やシェルパを使わずに最小限の装備でスピーディに8千m級の山に登るのだ。

HAM(High Altitude Marathon、超高所耐久登山)と呼ばれるスタイルなのだそうだ。


2007年に、雪崩事故で腰椎破裂骨折、重傷を負い。一度瀕死の状態に遭っている。

登山への復帰は絶望視されていたが、帰国後に背骨にチタンシャフトを埋め込む手術を行い、その後のリハビリで一年後には奇跡の復活、雪崩に遭った山でリベンジの登頂成功。


「登山はスポーツでなければならない」という考えにこだわっている。

記録が伴うのが「スポーツ」だが、登山はどこか曖昧なところがある。「スポーツではない」がために登山が特別扱いされることを厭う訳なのだ。

2012年のダウラギリ登頂時、GPSとインターネットを使用し、リアルタイムの位置情報を発信公開。

あらゆる人に登頂の事実を共有する試みにトライ。

ソロアルピニストの栗城さんと並び、新しい時代の登山を提唱しているようだ。


株式会社ICI石井スポーツに所属するプロのクライマーである。





植村直己賞に関わっているのが兵庫県豊岡市にある植村直己冒険館。

個人的には二度訪問。

一度目は2010年の最初の日本縦断時、日本海沿岸を北から南に走っていたが、お友達のあべさんから情報をもらって、兵庫県に入り、やや内陸にある豊岡市を目指したのだった。

冒険館を見学、いろいろお話を聞かせてもらい、裏庭でテントを貼らせてもらって一泊。


二度目は、2011年アメリカ横断ランニングの旅に出る直前のこと。

車で豊岡市に向かい、植村さんの生家があった場所を訪ね、日本縦断の旅の報告と、次のアメリカ横断の成功を祈願。

同時に、冒険館で行われていた子供たちのアウトドア活動のイベントにも参加させてもらった。

冒険館の敷地内の芝生で子供たちとキャンプしたのも懐かしい。


山や川があり、澄んだ空気と美味しい水…大自然に恵まれた土地でかの冒険家は生まれ育った。

自然を愛する心が彼のベースとなっていたのだ。



暖かくなったらまた訪ねよう。




植村直己冒険館とは別に、彼が15年間暮らした東京都板橋区には、植村冒険館がある。財団法人植村記念財団が管理運営に当っている。





今日、もうひとつ気になったニュースは、以前にも紹介した101歳のランナー、ファウジャ・シンさんの引退レース。


o080005331302252reuters.jpg



101歳、最後のマラソン完走


世界最高齢のランナーとしてギネスブックにも登録されている。

素晴らしいチャレンジャーだ。


2012年10月8日のブログ「永く走ろう」






竹内洋岳さんの公式ブログ

「植村直己冒険館」

「植村冒険館」


* 2010年の日本縦断の旅の途中に初めて植村直己さんの生地を訪ねた日のレポート

* 2011年アメリカ横断ランニングの旅のスタート前に植村直己冒険館を訪ねた日のレポート

その1 

その2 





*PEACE RUNのiPhoneケースも発売決定!



*詳細は…こちら



*PEACE RUNバッヂ販売決定…先行予約受付中!

badge1.jpg

*詳細は…こちら




*アドベンチャーランナーTシャツ絶賛発売中!

http://blog-imgs-43.fc2.com/k/a/y/kaytaka/adventurerunnerTshirt.gif


*詳細は…こちら


*Tシャツの注文はこちら…。





*無料メールマガジン「週刊PEACE RUN」


アドヴェンチャー・ランナー高繁勝彦が自ら編集発行する無料メルマガ

「週刊PEACE RUN」

第46号を配信中です。

ウルトラマラソン対策はじめランナー必読の情報盛りだくさん!

購読登録とサンプルはこちらから。






~イベントのお知らせ~



*講演会

into_the_dream.jpg


4/9(火) 講演会@サローネ・デル・ロト(奈良県大和郡山市筒井町) *午後6時開場 6時半開始


521647_406552839435496_493923798_n.jpg 



スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/25(月) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロバート・ガーサイド~The Running Man | ホーム | 東海自然歩道ハイク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2262-cd5f8c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード