KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

思ひ出のかけら

【思ひ出のかけら】

*PART1:トラウマ

あれはまだ僕が大学一回生で、キャンパス内には僕の知っている人間が一人もいないという、訳もなく孤独で、まるでさまよえる子羊のように常に誰かの視線に脅えていた時期でもあった。

初めて学生食堂の8人がけのテーブルに腰をかけて、180円のカツカレーを食べようとした時、僕は、自分の周りに女子学生が7人、自分を取り囲むようにして座っていることに気がついた。

そのテーブルだけじゃない…後ろのテーブルも、前も、隣のテーブルも、そのまた隣も…。

女子学生の香水の、鼻を突く臭いがムンムン漂ってくるのだった。

外大で元々男子学生が少ないのは分かっていたが、それは当時、僕にとってはカルチュアショックでもあった。

居心地の悪さを覚悟しながら、カツカレーを二口ほど口にしたちょうどその時、斜め前にいたある女子学生がタバコを吸っていた。

今ほど喫煙者に対して厳格な環境ではなかったから、喫煙者と非喫煙者が共存するのもごく普通のことだった。

煙たいのをこらえつつ、僕がその女子学生の加えていたタバコのフィルターを目にした瞬間、僕は吐き気を催した。

白いフィルターに真っ赤な、鮮血のような色をした口紅の跡が…。


僕は、すぐさま席を立ち、半分以上残っていたカツカレーを残飯のバケツに入れて、学生食堂を後にした。

冷や汗をかきながら、事務局の掲示板の前にうずくまり、深呼吸をして乱れた呼吸を元に戻そうと努めた。

鼻につく香水の臭いがいつまでも消えないような気がしたが、それは臭いではなく、臭いの記憶だったのかもしれない。


その日は、午後の授業を受ける気にもなれず、僕はキャンパスをあとにした。



lipsticks.jpg



次の日から、僕は学生食堂に足を運ぶのをやめた。ランチタイムになると、売店でハムサンドとパックの牛乳を買って、大学から15分ほど歩いたところにある神社の境内に腰を下ろして一人食事を摂ることにした。

煩わしい思いをすることなく、一人の時間を楽しみながら食べるハムサンドはなかなかそれで美味しいものだった。

鳩の群れにパンくずをばら撒きながら平和な午後のひと時を楽しむのも悪くはなかった。



f34-01_1.jpg



それから数日後、事件は起こった。

午後の二コマ目の英語音声学の授業に行こうと短大の校舎に向かい、僕はエレベーターに駆け込んだ。

10名近くの学生がいる中で、またしても僕は女子学生の群れに囲まれ身動きの取れない状態に…。

1階から4階にあがるほんの10秒程度の時間…僕は息を止めて、エレベーターの壁に貼りつくようにしていた。

4階にたどり着くと、僕はまた呼吸が乱れ、激しく打つ心臓の鼓動に耳を澄ませていた。



翌日から3日間、僕は外に出ることもできず、自分の部屋で寝込んでいた。

家にいて、母や妹が近づくだけで不快な気分になるのだった。

女性恐怖症?女性アレルギー?

電車に乗るのも街を歩くのも恐ろしくなって、できるだけ下を向いて歩くしかできなかったのだ。



キャンパスに戻ってもできるだけ女性に近づくのを避けるようにした。

女性の先生の授業は教室の一番後ろの列に着席した。

男子学生が固まるところにできるだけ身を潜めるようにして日々を送った。



それから1週間ばかり経って僕は剣道部に入部。それがきっかけでクラブの仲間に連れられて学生食堂で再び食事を摂るようになった。



気がつけば、いつの間にか僕の女性恐怖症というか女性アレルギーはなくなっていた。

今考えても何が原因だったのか分からない。



いまだにハムサンドを食べる時には、あの神社の境内を思い出してしまう。

それに、僕が今なお赤い色が好きになれないのは、あの女子学生のタバコのフィルターの口紅の色がトラウマになっているのだろうか。



十代の終わり、そんなこともあったのだけど、いつの間に僕は大人になってしまったのだろう?



帰らざる日々の思い出に浸りながら、僕は青春時代の自分自身に別れを告げる…。



DSC55853.jpg






PEACE RUN公式サイト
「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」






KAY'S WORLD PEACE RUN

runx10_logo



スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/03/30(土) 21:33:21|
  2. 回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生の転機 | ホーム | Only One Road and Two Legs>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2296-9a821a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード