FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

第3回エコ・スローマラソン印旛~その2

【第3回エコ・スローマラソン印旛~その2】

「その1」をまだ読まれていない方はこちらを。



先に走っていたダースベイダー川畑さんが折り返して戻ってきた。




コース上ですれ違う二人の"THE SWEEPERS"…






西印旛沼の風車公園ではチューリップ祭りをやっていた。








オリンピックマラソンメダリスト、有森裕子さん・高橋尚子さんを記念したジョギング道路。





フィーヴァー!!(笑)…折り返して再び印西市へと。





八重桜の並木道を歩くシンガーポールからの3人組。




着ぐるみ姿で応援してくれていたボランティアスタッフの美女2名。




後半、追い風の個所もあったが、強烈な逆風のところではかなりの苦戦を強いられた。








砂埃が舞う中、みんな突風に前進を阻まれる。







フィリピンから来ていたPeace Stridersというランニングチームのメンバーたち。

Tシャツの背中には"Run For Peace and Good Health"と書かれていた。





ゴールが見えてきた。九十九里黒潮太鼓の音が会場周辺に響き渡る…。






ゴール直後の"THE SWEEPERS"の3名。 最終ゴール2時のギリギリでフィニッシュ!まる8時間「拾活(しゅうかつ)」していたわけだ。



 




最後のランナーがゴール。




大会主催者の西さんと。




ゴール後、世界最大級8センチの金色メダルと完走証を頂く…。ランナーたちは豚汁を食べていた。





毎日新聞社からの取材があったこともあって、楽しみにしていた豚汁はすっかりなくなってしまっていたのが残念!!


そして、ランナーたちは、昨日の前夜祭のあったホテルマーク1CNTへ向かう。




表彰式の会場にて。







参加したランナーたちからのコメント…

いちごや赤飯、ようかんなど、エイドステーションの食べ物が充実していた…(私と宮路さんは最後の方を走っていたので、水とようかんしか口にすることはなかったが…)


特に、日本人はみなフレンドリーで思いやりがあって、ボランティアたちの献身的な奉仕によって素晴らしい運営がなされていたということ。


エコマラソンという画期的な取り組みで、ただ走るだけではない、本当にみんなが楽しめる大会が一人一人の参加者の手によっても運営されることができた。







お手伝いに来ていた浴衣ガールズたち。



賞は、フォトヒーロー賞、クリーンヒーロー賞、コスプレヒーロー賞、スマイルヒーロー賞、エコヒーロー賞の5部門で用意されていた。






賞を選ぶために、スタッフや参加したランナーが撮った写真をスライドショーで上映、会場にいたランナーたちの互選で挙手による投票が行われた。

結果、コスプレヒーロー賞に川畑さん、クリーンヒーロー賞に宮路さんが選ばれた。





そして、この大会で最高レベルの賞となるエコヒーロー賞、予想だにしなかった自分自身が受賞することに…。

大会主催者の西さん自身からカップを授与された。



5部門ある賞の内3つを"THE SWEEPERS"のメンバーに頂けたことも素晴らしいことだった。

賞をもらうことなど一切頭になかっただけに驚きとともに感謝の気持ちでいっぱいだ。

でも、走ったみんながヒーロー…そして、大会を支えていたボランティアスタッフの皆さんもヒーローなのだ。







個人的なインプレッション…

スタートはそれぞれの完走目標タイムに合わせて時差スタート。

最大限楽しむために、一番早くスタートして一番最後にゴールするのが目標だった。

スタートが少し遅れたものの8時間もの間、「拾活(しゅうかつ)」も国際交流も印旛沼の自然も楽しめたことは何よりのこと。

参加したランナーの誰もが笑顔で走れるということ。それは平和な時代の平和な社会に生かされているということへの感謝の気持ちにもつながる。



 



今回出会ったランナーたちはアメリカやタイ、シンガポール、フィリピン、香港、バングラデシュなど多数海外からの参加。

PEACE RUNの目指す「共存共走~Live Together, Run Together」の理想がそのまま形にされたような大会。

そして、印旛沼周辺の豊かな自然…美しい緑や花々を目にするだけでも心が洗われる思い…ゴミを拾うということがごく自然にできる。

美しいものを美しいと思える心こそが美しく尊いのだと思わされる。

と同時に、美しいものを守り続け、それを次代にも伝えていかなければならないのだという使命感を持たされる。



ハーフマラソンや10キロの部では高校生も参加していたようだが、ゴミ袋を片手に友達同士おしゃべりしながら楽しく走っている様子になぜかじーんと来てしまった。


競技ではないから競うことも争うこともしない。エコへの意識を高めながら、体を動かすことでスポーツを楽しむ機会を誰もが楽しめる。

自然環境についてじっくり考える機会にもなるし、東日本大震災被災地復興支援にもなるという…あらゆる面でメリットだらけの大会だった。

今回、参加する機会を与えて頂いたNPO法人エコマラソンインターナショナル主宰の西さん、運営・準備に関わったボランティアスタッフの皆さん、そして、一緒に参加された多くのエコランナーの皆さんに心から感謝するとともに、この大会がますます世界の注目を集め、一人でも多くのランナーが参加してくれることを切に願っています。

同じ"THE SWEEPERS"の宮路さんが西さんを紹介して頂くことがなければ、今回参加することもなかったのかも知れないけれど、やはり人と人とのつながりの中に幸せの鍵は隠れているのだということを改めて実感。

世のため人のため、自然のため宇宙のため、少しでもできることを継続していこう。

それが、この世に生きて生かされている私たち人間の使命であるということを忘れずに…。


 


*一部の写真は、フィリピンのMarieさん提供

大会公式サイト


エコ・スローマラソン印旛:140人参加 ごみ拾いながら走り /千葉

毎日新聞 2013年04月16日 地方版掲載記事

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130416ddlk12050157000c.html

スポンサーサイト



テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/15(月) 23:59:59|
  2. エコロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天球ぴんぽんず@渋谷eggman | ホーム | 第3回エコ・スローマラソン印旛~その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2312-237d0643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード