FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

非常識人の常識

【非常識人の常識】

足代わり119番、救急車「予約」…非常識な要請広がる

6月23日3時2分配信 読売新聞


 救急車を病院までのタクシー代わりに利用しようとする119番が、全国各地で相次いでいることが、主要51都市の消防本部を対象にした読売新聞の調査で明らかになった。

 急病でないにもかかわらず、「病院での診察の順番を早めたい」という理由で、救急車を呼ぶケースも目立つ。昨年1年間の救急出動件数の5割は軽症者の搬送で、110番に続き119番でも、非常識な要請が広がっている傾向が裏付けられた形だ。

 都道府県庁所在地と政令市にある計51の消防本部(東京は東京消防庁)を対象に、最近の119番の内容を尋ねたところ、37消防本部がタクシー代わりの利用など、明らかに緊急性のない要請があると回答。大都市、地方都市とも同じ傾向がみられた。

 例えば、「119番でかけつけると、入院用の荷物を持った女性が自ら乗り込んできた」(甲信越地方)ケースや、「119番で『○月○日の○時に来てほしい』と救急車を予約しようとする」(関西地方)事例が多い。症状を偽る人もおり、甲信越地方の60歳代の男性は「具合が悪くて動けない」と救急車を呼びながら、実際は緊急の症状はなく、あらかじめ病院に診察の予約を入れていた。

 風邪程度なのに、「救急車で行けば、早く診てもらえる」と思って119番する事例も、28消防本部で確認された。

 病院では救急外来の患者の重症度をまず看護師が判断する場合が多い。しかし、山陽地方では、切り傷で搬送された患者と家族が、診察の順番を待つよう告げられ、「救急車で来たのだから、優先的に診察するのが当然だろう」と詰め寄った。

 診察待ちをしている人が、病院を抜け出して119番するケースも7消防本部であった。

 関東地方では、50歳の男性を病院に搬送すると、先ほどまで待合室にいたことが判明。男性は「順番が来ずにイライラし、救急車で運ばれれば早まると思った」と語った。

 51消防本部で昨年1年間に救急車が出動した約232万件のうち、安易な要請も含めた軽症者の搬送は約117万件。厳しい財政事情から救急隊の増員が進まず、重症者への対応が遅れるなど支障も出ている。

最終更新:6月23日3時2分 YOMIURI ONLINE 
ニュースソースはこちら 



*******



何も今に始まったことではないのだけれど、こういったデータなどで数値がはっきりと示されると「やはりそうか…」と妙に納得させられてしまうものなのだ。

 

結論「世の中は非常識な人間で満ち溢れている」

この救急車の一件はそのごく一例でしかないのだろう。



・義務教育だから…といって小学校の給食費を払わない親

・自動販売機の電源で携帯電話を充電する高校生

 ・本屋さんで必要な情報を携帯電話のカメラで撮影する若者

 ・スーパーのレジで精算する前のお菓子を開けて子供に食べさせ、レジを素通りする母親


その昔「オバタリアン」という漫画があって、その主人公のキャラクターのあつかましさや傲慢さが印象に残っているが、今あのようなデフォルメされたキャラクターは、世間一般では珍しくないのかもしれない。むしろあれ以上に強烈で想像を絶するような、わがままな人間が増殖し始めている。

「タブー」といった言葉の存在を知らず、何があってもただひたすら「我が道を行く」というポリシーに徹しているのである。ともすれば犯罪にもなりかねないようなことまで平然とやってのける。

「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」的な集団の発想がこれに輪をかけて自体を悪化させているというのも、日本というムラ社会ではあり得ること。

「みんなやってるじゃん。何で自分だけ責められるんだ?」

自分の非を棚に上げて、まず周りを責める。周囲に同化させてしまえば自分の問題は掠められてしまうと錯覚している。



義務を果たさず権利だけを主張する若者が増えている。

教育の現場でも同様だ。

掃除の時間に、掃除をしないことでとある生徒に注意をすれば…


「何で俺だけ注意されなあかんの?他にもサボってるヤツおるで」



非常識人の常識…

 ・周りを省みることなく、自分の都合さえよければ周りはどうでも構わないのである。

 ・さまざまなものを自分独自の解釈で判断し、周りをそれに従わせようとする。

・絶対的な価値観は自分の中にあり、他者を理解することにはあまり関心を持たない。

 ・人の親切をおせっかいと受け止め、逆に構ってもらわないと不親切だととらえる。

 ・自分の理屈にそぐわないことには積極的に逆ギレする。


本来、人は社会的な動物であったはず。

気配りや思いやり・ボランティア精神などを持って、日本人としての美徳にこだわった生き方ができるはずなのである。

正しいことを正しいと教えるべき親や大人が十分に役割を果たしていないのもひとつの要因。

また、かつての日本にはあったはずの、この社会で大切なことを伝えるべき機能が、麻痺したか、崩壊してしまったかという問題もある。

携帯電話やインターネットなどのコミュニケーション・ツールが進化したとしても、コミュニケーションをとる人間自身が退化してしまったのでは話しにならない。




「すみません」

「ごめんなさい」

「失礼しました」

「ありがとう」

今、これらの言葉が風化しつつある。やがてそれらが死語とならぬことを願うばかりである。


lizardwig
               常識が通じない…それが常識となるのが今の時代なのだろうか…?




スポンサーサイト



テーマ:ふざけたニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/06/23(月) 19:17:13|
  2. 憂慮すべきは…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<文句を言わない | ホーム | ピュアな魂で>>

コメント

ため息

なんだかねぇ~。。。どうなってるんのか
もっとワビサビのあった日本はどこへ行ったのか・・・
下らない中流意識がみんなをボケさせてしまったのか。。。誇りを持てといいたいですね。。。
  1. URL |
  2. 2008/06/23(月) 22:38:40 |
  3. G-ベイブ #-
  4. [ 編集 ]

恥を知る。。

どうも日本人は「恥」という言葉を忘れてしまったのかも知れませんね。

まずは自分自身を厳しく律するところから始めてみることでしょうか。



  1. URL |
  2. 2008/06/23(月) 23:18:23 |
  3. 腰痛おやぢ #-
  4. [ 編集 ]

あんたの常識は世間様の非常識ですっ!と教えても、聞く耳持たない時期って親も辛いです...。
パンパースのお尻を突き出して頭をペコリ、なお辞儀で「ありがとう」や「ごめんなさい」をする様子は、どこの子も本当に可愛いです。あんな幼い頃からいろんな躾をしても身に付いてないのは、やはり親力が不足しているのかもしれませんね。

この度、青〇寮でお世話になります。どうぞ揉んでやって下さいませ。宜しくお願い申し上げます。
  1. URL |
  2. 2008/06/24(火) 02:57:35 |
  3. 釣鐘まんじゅう(Y.Yの親でございます) #-
  4. [ 編集 ]

Re:ため息

誇りを持て…と諭して、誇りって何?…って聞かれそうですね。

文化を伝えることの大切さ…生活の中で子どもたちに教えるべきことが十分に教えられていないのがそもそも問題でしょう。

親・教師…大人の力が必要だと思います。
  1. URL |
  2. 2008/06/24(火) 22:22:50 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

Re:恥を知る。。

腰痛おやぢさん:
恥を忘れた日本人は、とことん堕ちるところまで堕ちてゆくのでしょうか。

恥も外聞もない…既にそういった言葉も死語となりつつあります。

日本人の原点に戻らねば…と思わされます。
  1. URL |
  2. 2008/06/24(火) 22:25:21 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

親力

釣鐘まんじゅうさん:

息子さんの件、了解しました。

親や教師がある程度押し付けていかなければ身につかないことが多々あるものです。
しつこすぎるくらいの教師でなければ、生徒に力をつけるのは本当に難しいと感じる昨今、あっさりあきらめてしまえば駄目なんですね。
強引さが時と場合によっては愛情なのかも知れませんよ。
  1. URL |
  2. 2008/06/24(火) 22:28:12 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

注意や思いやりの気持ちを素直に受け止められないと言うのは残念ですね

自分が悪い事をしたとどこかでは感じてはいるんでしょうが、中々それを受け入れる事が出来ない

最近の若者は変なプライドだけが高いのでしょうか

人格を否定されたと思うのかしら

子育てと言うのは自分を育てると言う意味でもあるような気がします

友人が子育てに奮闘、苦労しているのを見て、私も子育てがしたくなりました

仕事では味わえない子どもを育てると言う大変さ、きっとあるでしょうが、頑張ってみたいです

あっその前に結婚のけの字も私の未来予想図にはありませんが(笑)
  1. URL |
  2. 2008/06/25(水) 00:05:45 |
  3. ももすけ #-
  4. [ 編集 ]

親は子の鏡

子どもは親の背中を見て育つといいます。

親がしっかりしていれば子どももしっかりするでしょう。

親があいまいで適当でいい加減で中途半端なら、子どもにも何らかの影響が出て当然。

ただ、昔と違って、最低限のしつけすらなされぬままの若者があまりにも多いということなのですね。

親自身がそういったしつけから程遠い生活をしてきたということも考えられるような気もしますが…。

日本崩壊のシナリオが着々と進められていっているような気がしてなりません。
  1. URL |
  2. 2008/06/25(水) 05:52:23 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/234-939684e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード