KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

夢をあきらめないで

【夢をあきらめないで】

「PEACE RUN 2013 SPRING 環瀬戸内海ランニングの旅」のさなか、香川県高松市でオフを取った5月10日に高松市立弦打(つるうち)小学校を訪問した。

ランナー仲間の加藤さんがPTA会長を務めておられ、「5・6年生を対象に夢やチャレンジについてぜひ話してほしい」ということで、今回の講演会が実現した。

こんな素晴らしい機会を与えてもらった加藤さんにも感謝!!



その日のブログ



昨日、弦打小学校から届いたレターパック、中を開けてみるとこどもたちからの感想文が…。



968107_519261921456148_1603036163_o.jpg



6年生3クラス、88人の児童たちが書いてくれたのだ。

41年前の自分自身を思い浮かべてみるが、あまりにも遠い昔で、漠然とした記憶の断片が残っているだけ。

小学校6年生って、こどもではあるのだけれど、大人の階段を上り始める頃、少しずつ大人の考え方やものの見方が分かり始める時期だ。

一枚一枚の感想文に目を通しながら、あの日のことを思い返してみる。



 
303065_517207501661590_1113728777_n.jpg

249010_517207571661583_1446882407_n.jpg

181612_517207484994925_1048947418_n.jpg
 
 


たった一度の出会いであったけれど、一生懸命話を聞いてくれた彼ら/彼女たちの真剣なまなざしが嬉しくもありがたかった。

うなずきながらメモを取ったり、スクリーンに写された写真にじっと注目してくれたりして、あっという間に時間が過ぎていったのだった。

講演の日、こどもたちの目にアドヴェンチャー・ランナーがどんな風に映ったのか気にはなっていたが、ようやくその全容を解明できた。




*感想の一部(抜粋)


923426_517207601661580_1216201086_n.jpg



「高繁さんが言っていた『できる可能性が1パーセントでもあればちょう戦する』という言葉を心に毎日こつこつと頑張り、小さい頃からの夢を実現できるようにしたいです」


「1キロ走ることで10円貯金して被災地支援しているのがいいと思いました。東日本大震災で大切な人をなくされた方々にもう一度笑って欲しいです。元にもどるために私にできることがあればしたいと思います」


「東日本大震災の後にした『1km走ることに10円募金』が一番心に残りました。人のために走ることに心を打たれました」


「東日本大震災がおきたときには、自分なりにどうしたらひ災地の人をしえんできるかなどをかんがえて1キロ走るとちょ金をしてあるていどたまると送るというのはとてもいいことだと思います。自分でもこのようなことをかんがえてしてみたいです」


「(高繁さんは)自分の幼いころの夢をかなえるために、いやだと思ってもなげださなかったり、いろんなことをがまんしているんだなと思いました」



947388_517207644994909_1474997859_n_20130517121225.jpg


「今日やっていることが明日、1か月後、1年後に(結果となって)出てくる(と話された)ことがとても印象に残りました」


「『今持っている夢をわすれない』という言葉が心にひびきました」


「5大陸をすべて足で冒険するということが一番おどろきました」


「楽しいことを見つけてやり続けたり、夢をあきらめずにコツコツとがんばっていくことがとても大切なことが分かりました」


「最後まであきらめずに得意なことをのばしていけばいつか結果が出るということが一番心に残りました」



216309_517207614994912_1509346036_n.jpg  


「『楽しいことを見つける』『ゆめをわすれない』『1パーセントの可能性』『一生けん命こつこつ』『あきらめない』などの言葉が心にひびきました」


「やってみようという気持ちがすごいなと思いました。ぼくも一度は自転車走って旅をしてみたいです」


「私は今、ゲームをしたり音楽を聞いたり、友達と遊ぶ事が大好きです。高繁さんの言った通り楽しい時間をもっと増やしたいです」


「『一歩ずつ、ゆっくりと一歩ずつ』という言葉をもとにがんばっていきたいと思います」


「一人でも多くいろいろな人たちと出会いたいから走るというのはすごいことだなあと思いました」


「好きなこと・得意なことを最後までこん気よくやりぬくということを聞いて、私はしょう来の夢はないけれど好きなことはあるので、好きなバレーボールを最後まで、あきらめずに続けようと思いました」



943353_517207444994929_1427560948_n.jpg


「とくいにすることをひとつ決めて、そして根気よくがんばることが大事ということをきかせていただいて私も根気よくがんばらなければならないなとあらためて感じました」


「ぼくは足はおそいけど高繁さんがいったように楽しむということを思いだしながら走りたいと思います。いつかぼくも世界のいろいろなばしょにいって走って友達をつくりたいです」


「一日平均で50キロ走るといっていましたが、ぼくからすると地ごくです。だけど走る楽しさがつたわってきました」


「一番最初に目にとまったのはバギーです。こんなに大きいものをおして走っているのはすごいなと思いました」


「私は走ることが苦手だけど高繁さんのお話をきいて走ることにちょうせんしてみようかなと思いました」



486820_517207801661560_1804147954_n.jpg



「私の夢はキャビンアテンダントで外国の人と友だちになることです。そのために今英語を勉強しています。あきらめずにつらくてもがまんしてがんばりたいと思います」


「私はスポーツが大好きなので、むりな時はむりと思わず、あきらめないように努力しようと心の中で決めました」


「子どものころ世界を旅したいと思い、大人になってそれがほんとうになったという事を聞いて、夢はあきらめなければかなうかもしれないという事がわかりました」


「子どもだからできることがあるということが分かりました。ぼくは夢をもっています。その夢をあきらめたらいけないことです。だいたい子どものころは夢があったけど大人になるともう無理だと思ってしまいます。だからあきらめないです」


「『夢を忘れないこと』『続けること』『頑張ること』『ガマンすること』を忘れないように大人になっていきたいと思いました」




*****




いろんなとらえ方があるのかもしれないけれど、子どもたちはみな純粋で、素直なものの見方をするものなのだと思う。

子どもの頃には当たり前だったものが、大人になると当たり前でなくなる…そのことについて、たいていの大人は何も思わず何も言うことさえない。

子どもの頃、周りの大人に「夢を持て」と言われ、大人になれば周りの人間から「現実を見ろ」と言われる不思議…。

子どもでも大人でも、大切なことはきっと同じはず、なのに誰も疑問にさえ思わないでいるのが普通になっている今の社会。


僕は、おそらく大人になりきれない人間なのだろう。

ずっと子どものままであってもいいと思っているけれど、次代の社会を担う今の子どもたちに、少しでも伝えておくべきことがあるし、さまざまな手段で伝えて行こうと考えている。

敬愛する植村直己さんのメッセージを、今再びここに挙げておこう。



message1_20130517120153.jpg


message2_20130517120153.jpg

(提供:植村直己冒険館




夢をあきらめない…それは誰にとっても大切なこと。

大人であろうが子どもであろうが、生きている限りみな同じ。

人は、自分の人生を通じて生涯冒険すべき存在、そのことを忘れないでおこう。




935618_517210654994608_2132231547_n.jpg


この子どもたちの未来に幸多かれ!未来に向かって、全力前進!!



弦打小学校の皆さん、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

テーマ:生きる力の創造 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/05/17(金) 12:22:12|
  2. 教育
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<アマアフリカ2013 | ホーム | 「環瀬戸内海ランニングの旅」まとめ>>

コメント

No title

子供の頃は夢を持て  大人になったら現実を見ろ 確かに...

大阪弁で言えばどっちやねんって事ですよね・笑

今の学生(小学、中学、高校、大学)は結構冷めてますよね?

やはり熱く語れる人間が必要かと... 松岡修造さん見たいに熱い方がもっともっといれば...

常に熱い高繁さんでいて下さいね。  僕も語りだせば熱くなるタイプかな?・笑
  1. URL |
  2. 2013/05/17(金) 22:10:38 |
  3. gen #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ゲンさん:

いつの時代にも現実は厳しいもの、そう生ぬるく考えていたのでは思うようにならないものなのかもしれませんね。

でも、今ある現実を理想に少しずつ近づけることはできると思うんです。

今ある自分もそうやって夢を現実にドローさせていますから。

子どもの頃にできるだけ大きな夢を持ってもらいたい…子供の頃から現実にどっぷりつかっていては世の中はいっこうに良くならないでしょうから。

> 子供の頃は夢を持て  大人になったら現実を見ろ 確かに...
>
> 大阪弁で言えばどっちやねんって事ですよね・笑
>
> 今の学生(小学、中学、高校、大学)は結構冷めてますよね?
>
> やはり熱く語れる人間が必要かと... 松岡修造さん見たいに熱い方がもっともっといれば...
>
> 常に熱い高繁さんでいて下さいね。  僕も語りだせば熱くなるタイプかな?・笑
  1. URL |
  2. 2013/05/18(土) 08:19:05 |
  3. KAY(高繁勝彦) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2344-41222f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/18 08:50)

高松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/05/18(土) 08:51:03 |
  2. ケノーベル エージェント

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。来年の「PEACE RUN2018ヨーロッパランニングの旅PART2」に備える。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード