KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

コミュニケーション考

【コミュニケーション考】

th.jpeg  



文字や画像だけが行き交うSNSの世界…

本当のコミュニケーションとはそんなものではないってことを感じさせられる昨今。

電車に乗っても、街を歩いていても、30代未満の若者の大半がスマホやタブレットなどのデジタルツールの小さなディスプレイを覗き込んでいる。

そういった生活習慣から、猫背気味で歩いている者も少なくはない。



僕たちの世代はアナログとデジタルの両方を見てきたから、どちらのいい部分も悪い部分もよく分かる。

でも、今の若い人たちは、アナログ時代のことをほとんど知らない完全なデジタル世代…

時代と共に、無機的なものが無気力で無関心、無感動な世界を生み出しているようにも感じられる。

想像力を働かせて、人の痛みや悲しみも理解できるように…。

同じ人間であるということを前提に、お互いが接すること。

SNSはあくまで補助的なコミュニケーションでしかない。



人間だからこそ、手書き文字の暖かさや、声で届けるメッセージに励まされ勇気づけられることもある。

体温を感じる、表情が見える、五感をフルに働かせたリアルなつながりを…。




*****




5年ほど前に知った「フィンランド・メソッド」という、フィンランドの小学5年生が自分たちで作ったという「議論における10のルール」

*2008年11月3日のブログ「フィンランドの教育」でもふれている



1. 他人の発言をさえぎらない

2. 話すときは、だらだらとしゃべらない

3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない

4. わからないことがあったら、すぐに質問する

5. 話を聞くときは、話している人の目を見る

6. 話を聞くときは、他のことをしない

7. 最後まで、きちんと話を聞く

8. 議論が台無しになるようなことを言わない

9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない

10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない



---『図解 フィンランド・メソッド入門』より 



特に小学生ぐらいのお子さんがいる家庭では、こういったことに気をつけてコミュニケーションをとられてみてはいかがだろうか?

人間は感情の動物、感情を言葉にすることも大切だけど、感情をむき出しにしたコミュニケーションは、相手までをも感情的にすることだってありうる。

私自身は7年で父親業を離れてしまったけれど、親子で話す時間、やはりもっと持つべきだったしもっと持ちたかったと今も思っている。

もし娘がこのブログを読んでいてくれたなら何か感じ取ってくれるだろうか…?



五感でつながるコミュニケーション…デジタルツールでのコミュニケーションに依存している方々はぜひご一考あれ。



togetherness.jpg

スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2013/07/19(金) 17:16:45|
  2. 教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<明日香村トレイル | ホーム | 旅立ちの前に>>

コメント

No title

ここ最近、殺伐とした事件(たとえば呉の女子高生の件etc...)がTV等で目立ちますね。
本当に今の若者(年配も?)は命の尊さを分かっているんだろうかと思います。

前にも書いたと思いますがやはりイマジネーションが大事!

  1. URL |
  2. 2013/07/19(金) 21:50:39 |
  3. gen #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ゲンさん:

親の躾ももちろんですが、社会全体が子供に対していろんな責任を持つべきなんでしょう。

学校の教師にだけ任せっぱなしで教師の負担はどんどん重くなるばかり…。

なかなか難しい時代です。


> ここ最近、殺伐とした事件(たとえば呉の女子高生の件etc...)がTV等で目立ちますね。
> 本当に今の若者(年配も?)は命の尊さを分かっているんだろうかと思います。
>
> 前にも書いたと思いますがやはりイマジネーションが大事!
  1. URL |
  2. 2013/07/31(水) 09:48:34 |
  3. KAY(高繁勝彦) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2410-ef163837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード