KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Day14 Walpole to Kenton

【Day14 Walpole to Kenton】


午前5時起床。

雨嵐は時に激しく、静まったかと思えばまた激しくなる。

1237806_580375205344819_231266173_n.jpg


午前7時前にスタートする頃には小降りになっていたが、それでもずっとレインスーツを着たまま。

Walpoleを出ればすぐに広大な原野が広がる。


1235936_580375215344818_1636662181_n.jpg


一本のハイウェイは、まるで世界の終わりに僕をいざなうかのように、樹海の中を静かに蛇行していた。

ここ数日、何度も同じような場面に出くわしている。僕は、あたかもそうするのが当然であるかのように、小気味良いリズムでVIENTO号とともに走り続けた。


日本では考えられないのだけれど、一歩町を離れたらそこには何もない。

島を出た船が大海の上をさまようのと何ら変わらない。

どこでもない所の真ん中…そんな表現があるのはやはり大陸ならでは。

国道1号線はWalpoleからSouth Coast Highwayに名前が変わって東に伸びていく。




1209088_580375995344740_524681227_n.jpg


10キロほどでNornalupに着いた。国立公園があちこちにあって、ハイカーやマウンテンバイクのためのトレイルもきちんと整備されている。

ただ、シーズン的にはまだ寒いのでどこも閑散としている。

インフォメーションの看板の下でしばらく雨宿り。

犬の散歩をしていた地元のおばさんが話しかけてきた。

Kentonにあるキャンプ場のことをたずねたら詳しくていねいに教えてくれた。

テントも張れるし、キャビンもあるから…とのこと。


アップダウンを何度も繰り返し、雨も降ったり止んだり、でも今日は一面に灰色の空…青空を見ることはなかった。


1236601_580375812011425_521357431_n.jpg

1238132_580375892011417_1447681627_n.jpg

1238971_580375808678092_131842740_n.jpg


1240493_580375712011435_252358964_n.jpg


22キロ走ってBowbridge到着。

ロードハウスがあったので、パイをひとつ食べた。

食料雑貨店、ガソリンスタンド、カフェを兼ねている。


1234202_580375982011408_1629882908_n.jpg

1175106_580375972011409_195381048_n.jpg


外のピクニックテーブルでくつろぐ。

オーストラリアは酒類を扱うのにライセンス(免許)がいる。

ホテルやモーテルがボトルショップという名前を使ってアルコール販売をしたりバーを営業していたりするのも珍しくはない。

マークという男性が話しかけてきてくれた。

過去に車椅子でオーストラリアを横断した日本人女性の話題になった。

ナショナルジオグラフィック日本版にも紹介されていたので自分も覚えている。

りんごを3つくれて、写真を撮ってくれた。

過去にパースの高校で英語を教えていた際に、日本人留学生にも家庭教師をしていたという。

いつか日本を訪ねたいと話してくれた。

そのあと、小学生の男の子を連れた女性がやってきた。

男の子はジンジャービアを飲んでいた。

女性はグリーンスムージーとチップス(フライドポテト)を買ってきて隣のピクニックテーブルで食べ始める。

自分にもチップスを勧めてくれたが、あまりに塩辛いのと脂っこいのでひとつでギブアップ。

オーストラリアを走って横断するのならしっかりカロリー摂っておきなさい…と。

次から次に人がやってきて、車に給油したり、買い物したりするするのだが、みんなたいてい地元民の様子。

時折ツーリストが来るけれど、大した娯楽もない町ではこういったロードハウスが社交の場にもなっているのだ。

店の前にある掲示板にもいろんな情報が掲示されている。

インターネットという情報ツールがかくも普及しても、アナログ情報の方が信頼できて価値あるものと思われる社会はまだ健在…。

過疎と高齢化が進む地方都市ではそんな状況が顕著に見られる。




滝のような雨がしばらく降って、雨が小康状態になった頃走り始める。

1236690_580375948678078_840683284_n.jpg

1185433_580375912011415_1514670550_n.jpg



午後2時前、わずか9キロほど進んだところに今日の宿泊地はあった。

Ayr Sailean Chalets Camping Cottages

Chaletsというのはスイスの山小屋のことを言うのだそうだ。

羊の放牧地帯が一面に広がっているけれど、道路に標識が見えたが、入口から受付の事務所まで900mって…。

雨でぬかるんだ地道を進み、すぐ横には羊がメーメー言いながら、見慣れない珍客を敬遠しながら迎えてくれた。

ピックアップトラックがうしろからやってきた。

荷台に真っ黒な犬を載せて、立派なヒゲをたくわえた老人…

「宿泊客かね?」

「そうです。受付に向かってます」

カーステレオがドゥービー・ブラザースを大音量で鳴らしていた。


受付にいたのはその奥様らしき老婦人。

パソコンでゲームに興じていた様子。

「こんな悪天候の中、走って旅をしているとは酔狂な…」

そう言って懐かしい友に会った時のような人なつこい笑顔で迎えてくれた。


オーストラリアを走って横断していると話すと、たいそう興味を示してくれた。

テントを張るつもりでいたが、何せ台風並みの雨風。

キャビンは通常100ドルだけど特別に80ドルでいいという。

ありがたい!

この雨風でテント泊なら朝方にはテントも浸水しているに違いない。



IMGP1758_201309151954535e1.jpg


コミュニティキッチンがあり、シャワーとトイレ、ランドリーもあった。


IMGP1759_201309151954573b5.jpg



部屋の中は冷蔵庫とシングルベッド、ダブルベッド+シングルベッドの二段ベッドがあった。ベッドだけそんなにあっても仕方ないのだけれど…(笑)。


とりあえず温かいシャワーを浴びて、洗濯。

洗濯洗剤を買いに受付に戻ったら、洗濯・乾燥は無料だと。洗剤もただで使わせてくれた。


ネットワーク、一時はつながったように見えたが電波はかなり微弱。

オーストラリアではかなり広域にわたってネットワークを広げているTelstraであっても、人がほとんど住んでいないエリアには電波を供給していないようだ。

バッテリー類だけ充電しておくことにする。

キッチンも広々として、食器類もひと通り揃っていた。


1237161_580376045344735_610715301_n.jpg


早い時間に着いたからよかったものの、午後遅くには台風並みの雨風…。

放牧された羊たちはそんなこと一切お構いなしに牧草地でのんびり草を食んでいる。

南西オーストラリア、この時期は雨ばかりなのか?

アラスカからユーコンを走っていた1994年の夏も一週間の内8日は雨だった。

雨の中で連日キャンプしていたんだっけな。


明日はDenmarkまで35キロ。

Walpoleからイッキに65キロ走れないこともなかったが、まだガンガン走る時期でもない。

ナラボー平原に備えてしっかり脚を作る時期でもある。

今日でパースから500キロを突破。

オーストラリア横断5500キロの10分の1にも満たないが、確実に、着実に、じわじわと前進はしている。




*本日の走行距離:33.3キロ  *パースからの累積走行距離:509キロ

*本日の写真はこちら

スポンサーサイト

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/09/14(土) 23:59:59|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Day15 Kenton to Denmark | ホーム | Day13 25km West of Walpole to Walpole>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2469-7d4135ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード