KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Day38 Norseman 2

【Day38 Norseman 2】

IndianPacificEclipseMontage_medium.jpg 



夜のしじまにこだまする汽笛の響き…

それはあまりにも物悲しく、砂漠の乾き切った空気の中で、何かを嘆き悲しむ者の叫びのようにも聞こえた。

かつて、ゴールドラッシュを目当てに、一攫千金を狙って町にやってきた男たちは、どんな思いでこの汽笛を耳にしていたのだろう。

昼間の金鉱での肉体労働で疲れた彼らが、物音一つしない静寂の闇の中でどんな夢を見ていたのかは知る由もない。

やがてゴールドラッシュは収まり、人々は次第に町を離れていく。

何ごともなかったかのように町はごく普通の町に変わっていった。

羽振りのいい人々で賑わっていたはずの酒場やレストランも、週末になっても閑散とした風景があたりまえのようになっていく。

時は流れ、時代は変わる…記録として残されている以外、当時のことを知るものは誰もいない。

語り継がれた武勇伝や伝説だけがひとり歩きする。歴史とはそういうものだ。


古き良き時代と人は言う。

新しいものがすべていいという訳ではないのだけれど、いにしえの人々の思いを空気で感じながら、砂漠の平原を吹き抜ける一陣の風にそんなノスタルジーを思い描いてみるのも悪くはない。

ダウンタウンの、シャッターで閉ざされた店舗の廃屋を眺めながら、100年以上も昔の華々しい時代をイメージしてみる。


夜汽車は東へ…。

遠のいていく汽笛は、そんな時代への鎮魂歌(レクイエム)のようにも聞こえた。






Day38は午前2時起床。

夢の中であれこれ考えてたら目が覚めた。夜のしじまに貨物列車の汽笛があまりにも物悲しく聞こえたのも…。

眠っていても目覚めていても地球は回っているし、生きて生かされているこの心と体もまた動き続けている。

明日の今頃、ナラボー平原で僕は一体どんな夢を見ているだろうか?



1391511_590056464376693_1633438204_n.jpg

今朝のフリーブレックファスト



今滞在しているモーテルがオーストラリアで行われていたシュリ・チンモイ氏のPEACE RUNの宿にも使われていた。

1392428_590056487710024_211354834_n.jpg

Railway Motelの壁に感謝状が掲示されていた。



1391456_590056667710006_1899127667_n.jpg

Central Norseman Gold Corporation



1383261_590056541043352_2036312702_n.jpg

Beacon Lookout 町の中心から歩いて登って2キロ…日差しが強烈だった



1392846_590056564376683_1581411551_n.jpg

Beacon Lookoutからの展望



1375257_590056661043340_1882128349_n.jpg

丘の上から見たノースマンの町並み



1374176_590056787709994_1039229150_n.jpg

ノースマンの中心にあるラウンドアバウト内のブリキ製のラクダ




午前中にノースマンの町をぶらっと歩き、IGAで最後の買い物を済ませて宿に戻ってランチ。



砂漠の暑さの中では気温次第で水分摂取量も微妙に変わる。

水や食料はすべて自分で携帯…ロードハウスごとに補給は可能だ。

ただ、どれだけ水や食料を用意していても、足りないと思えば足りなくなるし、足りると思えば事足りる。

吾唯知足(われただたるをしる)…それでいいのだ。


800px-Ryoanjitemple.jpg




午後、ナラボー平原横断のゴールとなるセデューナの町の新聞社West Coast Sentinelの記者から取材依頼のメールが届いた。

まだ一ヶ月先になるだろうけれど楽しみである。



1376583_590056801043326_672245588_n.jpg



ちょうど二週間後、53回目のマイ・バースデーをナラボー平原で迎えることになるんだな。

ナラボー平原のちょうど真ん中辺り。

自慢できることでも何でもないが、かのイチローと同じ日に生まれたというのはある意味誇らしい。

地平線を追いかける日々がまた明日から始まる。




stay_positive.jpg


とことん辛く苦しいことに遭遇した時、それまで乗り越えてきた、タフでハードな経験のひとつひとつを思い返してみる。

あれもクリアした、これも何とかクリアできた…

そう考えられたら、何だかんだで自分自身頑張ってきたのだ…という気持ちにもなれる。


何かに自分が試されていると思うよりは、自分自らを試していると思えれば、試練はそれなりに意味のあるものになる。

逃げない、立ち止まらない、ひるまない…

目の前にある、壁のように見えているものは幻想にすぎない。

目を閉じて、深呼吸すれば、ふっと消えてなくなってしまうもの。

あせらず あわてず あきらめず…冷静に、そして、常に前向きに。

自分を自分であらしめるものの存在に気づくこと。

これが真の自分なのだ…そう思えるように、一歩前に踏み出すこと。

どこまでもポジティヴに。

ダークでネガティヴなものは寄せつけない、そんな自分になれるように。






DAISUKE NAKANISHI AND MOTOMITSU IKEMOTO Australian Bike Tour

昨年1〜2月にかけてアデレード〜パース間を帆かけ自転車で走ったJACC日本アドベンチャーサイクリストクラブ代表池本さんと、植村直己冒険賞受賞の中西さんのナラボー平原走破時の動画。

こんな風景の中を明日から走ってまいります!





旅の計画ルートはPeace Run Supporters Clubのページで

間寛平さんのアースマラソンサポーターズクラブを担当していた龍平さんに現在PEACE RUNのサポーターズクラブを運営してもらっています。



7ヶ月後、「PEACE RUN2013 オーストラリア横断+ニュージーランド縦断ランニングの旅」を終えて帰国したら入籍することになっているフィアンセぴあぴのブログです…

「私の伴侶は冒険家」






*本日の走行距離:0キロ  *パースからの累積走行距離:1292.1キロ

*東日本大震災復興支援義援金:264ドル10セント

*本日の写真はこちら
スポンサーサイト

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/10/08(火) 15:59:19|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<Day39 Norseman to 56km East of Norseman | ホーム | Day37 Norseman>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2493-647abd19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナラボー平原:アドヴェンチャーランナー・高繁勝彦氏の挑戦

ナラボー平原・・・ 豪州南部、1200㎞もの間、町が無いという世界でも屈指の難関旅ルート。1200㎞というと静岡から考えると北海道に上陸してしまう距離だ…想像を絶する。200㎞越えのロードハウス無し区間すなわち完全無補給区間も数か所存在するという。 そのナラボー平原にアドヴェンチャーランナー・高繁勝彦氏が挑戦される。 明日から。 単独で、それも二本の足だけで。 ...
  1. 2013/10/08(火) 23:04:39 |
  2. 「銀輪記」 自転車旅の記憶!!

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード