FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

Day33 Amberley to Christchurch

【Day33 Amberley to Christchurch】

250536_791541704228167_6933751899953122443_n.jpg

朝は午前5時前起床。空はどんより。下り坂という予報なので、いつ降られてもいいようにレインジャケットは着用しておこう。

10850201_791541694228168_2220735843629241017_n.jpg

気温はそう低くない。アンバリーからクライストチャーチ中心部までは46キロだが、今日目指すパームスというショッピングモールまでは43キロほど。

ステイトハイウェイ1号線を南下。路肩の幅は概ねよし。ただ、交通量も朝のラッシュ時は結構混み合っている感じ。


10868276_791541910894813_8990199424317325879_n.jpg

芸者がいるのだろうか?




10850117_791541820894822_2930748264500324055_n.jpg 

やはり子供の早期教育は必要なのか…



10806248_791541824228155_5144136827355422419_n.jpg

ちょっとオシャレ


10868067_791541804228157_3684055630900218058_n.jpg 

10850225_791541744228163_3161867186252867917_n.jpg

追い越し車線がなくなる場面…ジッパー(ファスナー)のようにひとつ(一列)になりなさいという標識


10846296_791541730894831_7328249932829075313_n.jpg

こんな風にして動画も撮ってみる。



アップダウンも前半多少あったがシティが近づくとほぼフラット。

休憩も最小限に、いいペースで進んでいく。

1452486_791541927561478_9029220154252309294_n.jpg

カイアポイの入口からステイトハイウェイがモーターウェイ(高速自動車専用道=高速道路)になる。旧道をたどってカイアポイへ。


10403109_791541780894826_3025832733080076147_n.jpg 

街は生きている…ということを感じさせてくれるメッセージ



ここでNigel(ナイジェル)というお友達と落ち合って、パームスまで伴走してくれることになっている。

彼はサイクリスト、過去に日本縦断もしており、北海道へは今年の夏のツーリングも含めて過去5回訪ねているという。東日本大震災の被災地となった福島県の相馬や南相馬にも出向いている。

道は意外に単純で分かりやすかった。休憩時は、旅の話で盛り上がる。

どこで彼とつながったのかが思い出せなかったが、以前会ったことがあるような気がしていたのに彼は初対面だという。そこで、名前が出てきたのは植村直己冒険賞受賞で世界二周サイクリストの中西大輔さん。彼がブログで紹介していたのがきっかけで、彼にメールを送ったのだ。

僕がニュージーランドを走り出してから、彼もたまたま自分のブログを見てニュージーランド入りしているのを知って、メールであれこれ有益な情報を随時提供し続けてくれていた。

10431556_791541940894810_3107728821608651879_n.jpg 

二箇所ばかり路肩がなくなる橋の上…Nigelが後方でガードしてくれて安心して走ることができた。

10392310_791541957561475_6095456903252970339_n.jpg  

ここは狭いながらも歩道付き


カフェでコーヒーを御馳走になって少し長めの休憩をとる。このままだと4時にパームス到着という予定が2時間近く早く着いてしまいそうだ。


その後、一台のタクシーが僕達の前に停まった。

中から出てきた女性、笑顔で”Do you remember me?”と声をかけてきてくれたが、こちらはすぐに思い出せず…

彼女の胸に付いている名札に書かれたKate(ケイト)というのを見てすぐに分かったが、それより何よりびっくり仰天。

10155721_791541590894845_139789067185754164_n.jpg 

彼女は僕の大学の後輩ちひろさん(オークランド在住)のお友達。

2010年に日本に訪ねてきてくれた際に、三重県伊賀市観光に来るというので、忍者屋敷や伊賀上野城を案内したのが最初の出会い。

僕がニュージーランドに来るというのを知っていて、ブログを読んでくれていたのだそうだ。

まさか、自分が走っているのを見つけてくれるとは…。何と狭い世界なんだ。


握手をして別れて、残り数キロを走る。


パームス到着2時半。やはり1時間半ばかり早かった。

10338301_791541584228179_8963867244924131813_n.jpg

Nigelとはまた明日会う予定なのでお礼を言ってお別れ。

10846476_791541620894842_4246956655852174153_n.jpg 

モール内をぶらぶらするが特に珍しいものはない。クリスマスギフトのラッピングコーナーに行列ができていた。

人々はコーヒーを飲み、アイスクリームを食べ、老いも若きも、みんな平和な午後を楽しんでいた。

4時を少し回って早坂さんが娘さんと車で迎えに来てくれた。


ワゴンにバギーやら荷物すべて積み込んで、早坂さんのご自宅へ。

その前に、レッドゾーンと言われる震災の被害のあった地域を案内してもらうことに。

地盤が緩かったり液状化現象でもう住めなくなった住宅街。エイボン川のほとり、更地に草が生えた土地が並んでいる。

道路もでこぼこで、一部ブロックされている箇所もあった。

川沿いはかつてクライストチャーチマラソンのコースでもあったのだが、現在はもうここを走ることはないのだと。

窓ガラスが割れた家、倒れて傾いた道路標識、かつては人が住んでいたであろう家々は大半潰されてしまっている。辺り一帯がしんと静まり帰って猫の子一匹いない。何かが違う、どこか変だ…と思わずにはいられない。

早坂さんのご自宅は、そこから車で南に走って山の方にあるのだが、クライストチャーチ地震の震源地がすぐ裏なのだ。

はなれを貸して頂いて数日間お世話になる。すぐ裏には早坂さんの農園があった。

10422200_791541890894815_7542685442680568742_n.jpg

広々とした土地、緑がいっぱい。車の騒音も排気ガスもここにはない。

3.11のあと福島方面から被災された方々がクライストチャーチに移って来られて、現地在住の日本人たちでお世話をされてきたという経緯がある。早坂さんもそういった方々をサポートしてきたお一人だ。

シャワーを浴びて母屋でパーティ。日本人のお友達が何名か来られていた。

ウェリントンの美佳子さんに作ってもらったおにぎりの中に入っていた梅干しを作っていたまさこさんともお会いできた。こちらでガイドをしながら梅と栗を栽培しているのだ。

こちらでモーテルを経営されている方、日本語を教えられている方、自給自足のコミュニティを作って暮らされている方、職業・肩書はさまざま、個性豊かな方々ばかり。

ゆげさん(通称アントニオさん)は大阪出身で、3.11以降、こちらで定期的に日本フェスティバルのようなイベントを開催。お好み焼きを焼いて販売してその売上金を被災地に送られている。

今の日本、今のニュージーランドについていろんな話が出てきた。ウェリントンで出会った日本人の方々と同じような思いを持たれている方々も多く、今、日本の将来のために何ができるのか…あらためて考えさせられる。

こちらで農業を経営されている早坂さんの話では、人が生活していくのにさほどお金は要らない。自分たちで作物を作ってあれこれ知恵を働かせ、工夫さえすれば1年50万円あれば何とかなるとのこと。

都会に住んでいればいろんなものが欲しくなる。都会はまさに人々の欲望を引き出すところなのだ。

「欲しい」「持ちたい」という気持ちを満たすために人はお金を稼ぐ。必要な物ならもちろん手に入れるべきなのだが、あえて必要のないようなものまで追い求め続けるようになれば、人々は終わりのない欲望の連鎖の中で暮らしていかなければならなくなる。


バギーに最小限(といっても結構たくさんあるが)必要な荷物を積んで走って旅をする。

そんな生活を続けていけば、日常で必要な物は限られているということを理解する。

今、僕に必要なのは、その日生きて行くのに必要な水・食料と、雨露をしのげる寝床だけ。


あとは、時にいろんなことを語り合える仲間くらいのものだろうか。

あえて言うなら、未来に向けての夢や希望も必要リストに入れておこう。


日付が変わるまで早坂さんご夫妻、ゆげさんと話し込んだ。

生きて走って旅をすることの意味、まだまだ追求していかないといけない。

10314640_791541597561511_1268806164478432405_n.jpg


*本日の走行距離:45.21キロ

*オークランドからの累積走行距離:1091.2キロ

*現在地はこちら 

*本日の写真はこちら 


スポンサーサイト



テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2014/12/17(水) 23:59:59|
  2. PEACE RUN2014ニュージーランドランニングの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Day34 Christchurch | ホーム | Day32 Greta Valley to Amberley>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/2940-d42f8104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード