KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

マラソンを超えた先にあるもの

【マラソンを超えた先にあるもの】

trail_runner_20130607203929_20151026173738065.jpg 


もはやマラソンは大衆文化の一端を担う消費財のようなものであると言っていいのだろう。

それは、単なる「スポーツ」というカテゴリーにとどまらず、一般庶民が継続して楽しめるエンターテイメントとして、人々のライフスタイルをガラリと変え得る様々な要素を秘めている。

42.195キロという決められた距離を制限時間内に走るために、時間や順位などの数字、すなわち記録にこだわるランナーもいて当然。

ただ、僕がアピールしたいのはいつも同じ。

「記録よりも記憶に残る走り」

数字はやがて記憶の中で埋没していくものだけれど、強烈なインパクトを残すような記憶=思い出は長く脳裏に刻み込まれるものだと思う。


そんな中で、マラソンはコマーシャリズムの勢いでブームに乗って、全国各地ではたくさんの大会が開催され、なかばランニングシューズのように使い古されては消費されていく消費財のような存在になりつつあるのかもしれない。

1970〜1980年代、まだ市民ランナーがフルマラソンを走るのが珍しかった頃には、一つの大会に参加してフルマラソンを完走することが人生における一大イベント的な意味合いを持っていたはず。

都市型マラソンのパイオニアともいうべき東京マラソンがスタートして、確かにマラソンというものの敷居は低くなった。

今の時代、フルマラソンを走るというのはさほど珍しいことではなくなった訳だ。

それだけに、ランナーが毎月のように毎週のようにフルマラソンやウルトラマラソンを走るという現象も起きている。

そんなランナーにとって見れば、マラソンはまさに消耗品と言っていいのだろう。

走りながら流れ去っていく風景のごとく、ただ何となく走ったという記録だけが自分という人間の歴史に残るのかもしれない。


run_for_the_day_20151026173959003.jpg


これまで数え切れないほどの人々に走ることの楽しさを伝えてきた。

中には煙草を辞めて、その代わりにジョギングを始めてもらった人もいる。

若い頃に全く運動経験がないにもかかわらず、フルマラソンやウルトラマラソンにチャレンジして完走した人も数知れず。

たった一度でそのチャレンジが終わった人も少なからずいるが、多くは今も走り続けている(はずだ)。

走ることで得たものは健康のみならず、走る仲間であったり、走る哲学や考え方の変化であったり…。

彼ら/彼女たちの多くは、走ることを中心に日々を送るランニングフリークだ。

走ることを通じてさまざまな出会いやさまざまな経験を自ら求めるようになった。

走ることでイキイキとした毎日を送ってくれているのであれば嬉しい。



今後も、走ることの楽しさを伝えるミッションが僕にはある。

それは、ランニングがいかに楽しく素晴らしいものであるかを自分自身が悟り、実感し、PEACE RUNという目に見える形で実践することでもある。

まだまだアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦としてのチャレンジは続く。

さらに、「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」が終わったあともなお走るべき道が僕には残されている。


ランニングブームがいつまで続くかわからないけれど、ランナーはブームとか流行にとらわれず、ランニングというアクティヴィティが自分自身のライフスタイルとして既に確立しているのであれば、日々のルーティーンワークとして継続すべきであろうし、「そんなこと言われなくても走り続けるよ」というランナーもきっと数多くいるはずだ。


life_on_2_legs.jpg


僕自身も一人のランナーとして、一本の道と二本の脚がある限り走り続けよう。

そして、そんな道の途上で出会う多くのランナーと、走ることの楽しさをいつまでもシェアし続けていこうと思う。

今日も明日もあさっても、走るランナーの皆さんにとって素晴らしい走りを…


gooluck_20151026173735f44.jpg 



「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/26(月) 17:40:49|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生きて走って考える | ホーム | 大阪マラソン2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/3259-7d2fa1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード