KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

月間走行距離にこだわらない

【月間走行距離にこだわらない】

1012701_753866227995715_1661457131773585419_n_2015102910564375d.jpg 

「たくさん走ったから速く走れる」ということはない。

数字にはこだわらない、あくまで私個人の意見である。

私の最大月間走行距離は1205.7キロ(写真)。

もちろん重い荷物を積んだバギーを押しての走り。

2011年のアメリカ大陸横断ランニングの旅で記録されたもの。

当時はジョグノートというSNSをやっていて、アメリカ横断の記録を残しておく必要があったため毎日の走りを書き留めておいたのだ。

日本のトップランナーでも月間1000キロ以上走るランナーは当然たくさんいる。

私はスピードを出さない。極力スローペース(キロ7〜8分)で休み休み走る。二本の脚を旅のツールとして走っているだけなので、走った距離やペースなどの数字には一切こだわる必要がないのである。

その日の目的地にその日の内に着けばノー・プロブレム。

速く走りたければ、走った距離にこだわることなく、走りのクォリティ(Quality Of Run=QOR)を考える必要がある。


私が初めてサブスリーを記録したのは、走り始めて1年半後の27歳の時だったが、それでも月間走行距離は250キロまで。

剣道や自転車、水泳などもかたわらでトレーニングの一環としてクロストレーニングに取り組んでいたこともあるけれど、故障することなく、体のパーツを鍛え、楽しみながら走ったことが結果につながったのではないかと思う。

限られた時間しか走れないランナーなら、なおさら短時間で効果が出る質の高い走りを求められるのがいい。

私は平地を走らず山ばかり走っていた。当時はトレイルランニングという言葉がなかったので、クロスカントリーやファルトレクといった感じ。

平地で10キロ走るより山で3〜5キロ走った方が効果的であることも当時から知っていた。

ダイトレ(ダイヤモンドトレイル)でLSD的な走りも走りこみの時期にはやっていた。


80年代、インターネットもなかった時代、走ることについての知識や技術を学ぼうとしてランニングの雑誌や書籍などは読んだことはあるが、それが大いに役立ったかというとそんなこともない。

テレビのマラソン中継でトップランナーの走りを見てあれこれ研究したことはあったが、誰かに走り方を教えてもらったことはない。あくまで我流=自然流。

Thats_what_life_is_for.jpg

長い距離を走っている内に、自然と力の抜けたリラックスできるフォームができてきたのだろう。

石が転がり続けている内に角が取れていく感じだ。


距離を求めるがあまり、走りすぎて疲労をためてしまって、燃え尽き症候群や慢性疲労症候群になるようなことは何としてでも避けていただきたい。

デジタルツールや高機能シューズ・ウェアなどモノに依存するのもよくない。

マラソン大会やレースにばかり出て家族サービスが疎かになる…これもよくない。

あらゆるものと共存しながら、バランスのいい走りを…。

togetherness_20151029105645a57.jpg 

走るなら、心からその走りを自分なりに楽しめること。

レースで走ったあと、思い通りの結果が出なかったからといって自分の走りにケチをつけたり、自分自身を叱責するようなことはやめよう。

心と体は連動している。

いつでも自分の走りを心から満喫・堪能できること。

走った後は、「今日もいい走りだった」と自分の脚を褒めてあげられるように…。

そして、100キロや200キロといったウルトラマラソンもあるけれど、長く走るよりは、いくつになっても健康でいられるように、永く走ろう。

long_run.jpg

真のランナーは、恐らくいくら走っても満足できないのだろう。走りながらあの世に逝くか、あの世に逝っても走るかしないと気がすまないのかもしれない。


「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」公式サイト




スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/28(水) 23:59:59|
  2. マラソン・ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森の中を歩くように僕は本を読む | ホーム | 生きて走って考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/3261-b4d45b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。

2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

2017年9月現在、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」を現在走行中。


2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。


講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード