FC2ブログ

KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

テニス界の新星

【テニス界の新星】

tennis



「8強ならず…錦織「リードしてから消極的になった」
(夕刊フジ)


テニスの全米オープンで旋風を巻き起こした18歳の錦織圭が1日、男子シングルス4回戦で第17シードで19歳のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に3-6、4-6、3-6でストレート負け。日本男子86年ぶりの8強入りはならなかった。

最後は高さ4メートルから打ち下ろすデルポトロのフォアハンドでの逆クロスに、一歩も動くことができなかった。


錦織は「あまり疲れたとは言いたくないけど、精神的に疲れもあったと思うし、それに満足したこともある。今日は身体よりも頭が疲れて、あまり試合に入っていけない部分があった」と振り返った。


第1セットでいきなり3-0とリードした。「プレッシャーもなく、積極的に行こうと思ったが、リードしてから消極的になった。相手のミスだけを待つようになり、自分は守りだけになってしまった」。好発進が裏目に出て、6ゲームを連取されて落とした。


身長178センチの錦織に対し、この試合を22連勝で迎えた世界ランク17位の19歳、デルポトロは198センチの長身。「ビッグサーバー」を警戒していた錦織だが、相手の高い打点からの逆襲に圧倒された。


世界ランク4位のフェレールを破り、知名度は急上昇していた。日本人ばかりかアメリカ人からも「ニシコリ」コールが何度も起こった。跳び上がって打つ「エア・ケイ」も披露して観客を沸かせたが、これまで確実に決めていたチャンスの場面でミスが続出した。


「主導権をずっと握られていた感じはありました。もう少し落ち着いて試合をしていれば。体力的にも早く終わらせたいと、少し焦っていた」


第2セットは2ゲームをブレークするなど4-5と追い上げたが、第10ゲームをデュースの末に落とした。第3セットも終始押され気味で、悪い流れを変えられなかった。


「今はもちろん悔しい。うれしい部分もあるけれど、やはりチャンスだったと思う。ベスト16まで来られることはそうはない。相手が強かった」と、やはり悔しさが残った。


それでも、日本テニス協会の盛田正明会長は「圭は負けを無駄にしない。この次どうやって勝つか頭に入れたと思う。最初の全米オープンで素晴らしい出来だった。これがスタート」と今後の活躍を期待した。


四大大会では松岡修造(1995年ウィンブルドン)以来の8強入りは逃したが、まだ18歳。チャンスは何度でもある。今大会、日本男子として71年ぶりの16強入りを果たし、世界にも強烈なインパクトを残して幕を閉じた。



[2008年9月2日16時58分]




ニュースソースはコチラ




*******




錦織圭(にしこりけい)、平成元年生まれの18歳。全米オープンですい星のごとく現れ、インパクトの強さで、一気に知名度を上げた。

もしベスト8入りを達成していれば86年ぶりの偉業だったのであるが、今回ベスト16でも71年ぶりの快挙。大したものではないか。

世界レベルで活躍する若者が、今回の北京五輪でも数多くいた。若者が元気であるということはいいことだ。少子高齢化の時代、次代を支える若者がいなければ日本は一体どうなることか。

現在勤務している学校でテニス部の顧問をしているが、自分自身テニスの経験は全くない。

ある年にたまたまテニス部の顧問をされていた先生たちが一度に全員退職。当時自分は剣道部の顧問をしていたが、生徒指導部長の先生が同じ剣道部の顧問をされていた。

「テニス部の顧問の引き受け手がいない。このままだとテニス部は廃部になるかも知れない」

そんな話を彼から聞かされ、同時に当時のテニス部のキャプテンからも依頼を受け、テニスのルールも知らぬままテニス部顧問を引き継いだ。今から5年前のことだ。

部員数が中学高校男女総勢80名を越えていた時期もあった。

今の高校3年生と同じ歳の若者が世界で活躍している。錦織選手も恐らく普段はごく普通の高校生と同じ素顔を持っているのだろう。

今年夏、我が校の男子チームは団体で県ベスト16で終わった。あともう一歩でベスト8に入れそうだったが、なかなか壁は厚い。錦織選手とは比較の対象にさえならないかも知れないが、彼らもまた、全力で頑張っているという点では錦織選手と同じ。

常に上を目指すこと。低いレベルで物を見ていては現状維持が精一杯。下手をすればさらに転落していく。「何くそ」と思う向上心があればこそレベルアップにつながるのだから。

錦織選手はまだ18歳。あと何年テニスを続けるかは分からないが、まだまだこんなものではないはず。

テニス界に吹き荒れた旋風が日本から世界へ。世界の頂点を目指してさらなる精進を期待しよう。と同時に、彼自身が台風(あるいはハリケーンか)の目となり、彼と同じ世界中の18歳が彼に刺激されて、もっともっと頑張ってくれることを心から祈りたい。



スポンサーサイト



テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/02(火) 23:21:26|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Out to Sea | ホーム | チャンスは自分で作るもの>>

コメント

感動

あまりテニスに感心がなったですが新鮮なとびっきりのニュースでしたよね。。。
先生は部活でテニスの顧問やってはりますから喜びもひとしおでしょうね。。。若い力は確実に世界に向いている。。。なのにオッサンどもは下らん勢力争いばかりで国のことをまったく考えてない・・・スポーツ万歳ですね
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 01:01:55 |
  3. G-ベイブ #-
  4. [ 編集 ]

Re:感動

G-ベイブさん:
これから始まる人と、これで終わりの人と…。

世界に向けての恥さらしは困りますね。

きちんと自分の不始末を片付けてから辞めないと…。

福田さん、やっぱり途中で退陣ですか…。

引退して自転車でも始めるといいんですね。
  1. URL |
  2. 2008/09/03(水) 11:29:27 |
  3. KAY.T #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/09/05(金) 17:59:05 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/370-c7d43f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
走る旅人:アドヴェンチャー・ランナー、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー、 YAMANOVAコーヒーアンバサダー、ARUCUTO一本歯下駄アンバサダー、旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。  
大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。妻はミュージシャンでかつてぴよぴよ名義で「らんま1/2」エンディングテーマ「虹と太陽の丘」を歌っていた。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト 「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。 プロフィール詳細はこちら。 

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断ランニングの旅(3,443km)「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2(3,482.3km)」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。 

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。 2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。 

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。 2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。 

2017年9月〜10月、「PEACE RUN2017四国一周ランニングの旅」1000キロ走破。2018年5月「九州一周ランニングの旅」で約900キロ走破。 

2011年3月14日、東日本大震災の3日後、「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。 

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。 

2014年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。 講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

QRコード

QR

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

MCMのめぐみ

MCMのめぐみ

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

辻子谷龍泉堂株式会社

ARUCUTO

YMANOVA OUTDOOR COFFEE

ヤマノバアウトドアコーヒー

The Social Tea House

The Social Tea House

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

ECOMARATHON

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

#招福ハレルヤ

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード