KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

旅の日に思う

【旅の日に思う】

saint_laurent2_46.jpg


今日5月16日は旅の日

日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988年に制定。

元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った。

せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日。



「今日は何の日~毎日が記念日~」より



旅をしない若者が増えているというニュースを数年前に見たけれど、2010年からここ7年ばかり、国内外を旅していて出会う旅人が昔と比べれば確かに減少している感がある。

旅で出会うのは中高年世代が大半。徒歩であったり自転車・バイクであったり、車であったり…。昔できなかったことに今チャレンジしたい…と言われる方たちだ。

では、若者たちは一体どこで何をしているのか…?


社会がどんどん閉塞的になっているひとつの兆候だろうか。

若者があまりにも現実を直視しすぎている傾向があるようだ。あるいは、マニュアル通りに暮らして生きていけば万事OKと思っているのかもしれない。

これまでの歴史を紐解けば、どんな社会にも冒険家や探検家がいたおかげで世界は進化を遂げていった。野心があることで新しい時代は切り開かれていった訳だ。

コロンブス然り、間宮林蔵然り…。

冒険を夢見る少年というのはもはや過去のものとなってしまうのだろうか…。


旅するランナーの私にとって、それはあまりにも悲しいことだ。



思うに、幼い頃にいろんな経験をして、いろんな人たちから話を聞かされた子どもたちは自分で物事をきちんと考え、行動するようになるのだろう。

子ども会やボーイスカウトでキャンプをしたり飯盒炊爨(はんごうすいさん)をした時代もあった。

大人は最低限の力を貸してくれはするが、基本自力で何とかしなくてはならない、ある意味プチサヴァイヴァル。

少子化ゆえにいろいろと親に世話をしてもらっていることで、早い時期から自立心を磨く機会を失いつつある(あるいは社会全体が過保護になりつつある)というのが今という時代なのかもしれない。


10649933_867896303259373_1703535723180655293_n.jpg 


話を元に戻すが、やはりどんな時代にも「可愛い子には旅をさせろ」というのは正しい。

だが、「可愛い子には旅を…」させない親が増えているのかも知れない。

「そんな危険なことやめておきなさい」

とたしなめるのであろうか。


自分自身、小学校1年くらいから一人で近所の銭湯に通っていたし、小学校3年生で、住んでいた大阪から父親の実家がある広島県福山市まで電車を乗り継いで一人で訪ねていったものだ。道中、いろんな方々に助けられ、励まされ、褒められた。社会が子どもを親身になって育てていた時代だ。何せ他人の子どもでも叱ってくれる親がいたのだから。

少子化の時代ゆえに、若者をあれこれサポートするようなシステムはあるものの、度が過ぎると若者たちが自立するチャンスを奪いかねないというのも現実か…。


936945_519181678130839_330550188_n.jpg 


世の若い男性諸君、旅に出よう。

それも一人がいい。

いずれ結婚したら、旅に出ることも難しくなる。

できるだけ若い内に、より多くの刺激を求めるために一人旅に出よう。

歳をとれば情熱も薄れていくであろうし、今やりたい、今しかできないことにチャレンジし


てみよう。


お金で買える大半のモノはいずれ消えてなくなる。だが、経験や思い出は、死ぬまで君たちの中にとどまるもの。

50を過ぎてもまだ旅に出たくて出たくてたまらないオヤジもここにはいる。

草食系の巣ごもりリア充男子が社会を淘汰するような未来はいらない。

電車に乗って、スーツ姿でゲーム機を片手にゲームに夢中になるような大人はできるものなら見たくない。

波乱万丈の人生を送れとは言わないが、少しでも何かに挑戦したり、旅に出たりして、自分なりの冒険を楽しんでみようではないか。


 703032112161451.jpg

スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/05/16(火) 21:07:13|
  2. 冒険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅人たちへ〜Dear Travelers | ホーム | 足るを知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/3853-4d316003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード