KAY'S BLOG

独行道~Lonesome Road of Running

あきらめない

【あきらめない】

10500587_706596306056041_1510615112961342024_n.jpg


これまでの人生で「あきらめよう」と思ったことはいくつもあって、いつも後になってから「あきらめなくてよかった」と胸をなで下ろす場面に出くわすのである。

それは、旅のさなかであるのかもしれないし、ウルトラマラソンのデッドポイントであったのかもしれない。

あきらめるのはいつでもできる。そんなこと分かり切ったこと。

そこで、考えてみるべきことは、あきらめるための言い訳よりこれまで頑張り続けてきた理由。

その一瞬ですべてが水泡に帰すことも実際なきにしもあらず。


人一倍忍耐強い自分自身であるとは自覚しているものの、それでもとことん打ちのめされて、「これでもか、これでもか」と苦悩のパンチを浴びせかけられる。

応戦する術(すべ)もなく、なすがままに、僕はただ苦難と試練の間(はざま)でなぶりものにされるしかない。

それは、砂漠の熱波であったり、砂嵐であったり、バケツを引っくり返したような集中豪雨であったり、強烈な勾配の壁のような登坂路であったり、大平原での向かい風であったりするのだろう。


10155196_684119104970428_5590011047039321456_ns_201704221902588bb.jpg


肉体的にも精神的にも辛い場面に出くわした時、人はもがき苦しむ。

そして、そんなシチュエーションから逃避するための方法を模索しはじめる。

だが、前にも進めない後にも退けない状況になった時、あなたならどうするか?

そんな時は、自分のエゴがマックスになっているということ。

体で感じる苦痛は、いつも一過性のもの。我慢するのではなく、受け入れてしまえば恐れるには足りない。

歯を食いしばることだってある。涙をこらえて前進しなければならない時だってある。

何のために…?

そんなこと考えた所でどうにもならない。

僕に与えられた試練…僕は何があってもその試練をクリアするように仕向けられている。

あらゆるシチュエーションで、ありのままあるがままをすべて受け入れることを求められている。

「行け。あきらめるな。最後の最後まで、やり遂げるんだ」

もう一人の自分がそう言う。

僕はうなずくこともせず、ただ前進するだけ。

そこでは、拍手や声援は聞こえない。静寂の響きの中で、もう一人の自分と声のない対話を交わすだけ。

感じるものを感じるがままに。

快楽を求めているのではない。

僕が求めるものは、心の平穏。

耐えるのではなく、受け入れる。

耐えれば辛くなるけれど、受け入れれば案外すんなり行くもの。


開き直るのでもなく、卑屈になるのでもなく、客観的に自分を見たら、素直に今ある状況を、ありのままあるがまま、寛容な気持ちですべて受け入れてしまおう。

ちっぽけな自分にとらわれてしまうから自分のことしか見えなくなる。

つまらぬことにこだわっている限りエゴからは抜け出せない。

宇宙の渕に立ったつもりで、万物の創造主になったつもりで今一度自分を見つめ直してみる。

今、自分がとらわれていることは宇宙の規模から見ればさほど大したことではない…

そう気づいた時点で、少しは変化が現れるかもしれない。


必ずしも、人は強くなろうとする必要はないのだ。

むしろ、強くなったと感じられることの方が大切だと思う。






1992年のバルセロナ五輪、400m準決勝で実際に起きたドラマ…

スタート直後、太腿に痙攣を起こし、トラック上で倒れ込んでしまったたイギリスのデレク・レッドモンド選手。

決勝進出、メダルへの夢は閉ざされたが、再び立ち上がり足を引きずりながらゴールを目指す…。

ふと、そこに現れたのは…?



スポンサーサイト

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/20(火) 23:59:59|
  2. 人生論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<QOLについて考える | ホーム | ポジティヴのベクトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaytaka.blog35.fc2.com/tb.php/3890-d74e8e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

KAY(高繁勝彦)

Author:KAY(高繁勝彦)
冒険家:アドヴェンチャー・ランナー、NPO法人“PEACE RUN”代表、サイクリスト(JACC=日本アドベンチャーサイクリストクラブ評議員)、ALTRA JAPANアンバサダー
旅人、詩人・アーティスト、クリエイター、ナチュラリスト…。元高校教師(英語)。

大阪府松原市生まれで、現在、大阪府富田林市に在住。

楽天ブログ時代(2006.4.2)からノンストップブログ更新中。公式サイト
「PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅」
“KAY’S WORLD”もよろしくお願いします。

プロフィール詳細はこちら

二度の日本縦断(「PEACE RUN 2010日本縦断3,443kmランニングの旅「PEACE RUN2012 日本縦断ランニングの旅 PART2」で実質の日本一周ランニング6,925kmの旅を完結。

2011年はPEACE RUN 2011アメリカ横断5,285kmランニングの旅を138日で完了。

2013年9月から163日で「PEACE RUN2013オーストラリア横断ランニングの旅」5,205kmを走破。

2014年11月から2015年2月、83日でPEACE RUN2014ニュージーランド縦断ランニングの旅2,796.6kmを走破。


2016年7月〜11月、110日間で7カ国3,358.8キロ、「PEACE RUN2016ヨーロッパランニングの旅」を走破。

現在まで3つの大陸で16,637キロ走破。残り三大陸で23,363キロを走ることになる。

東日本大震災から3日後に「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」を発案・提唱、全国に展開させる。

2012年末、facebook上の公開グループ、平和的環境美化集団"THE SWEEPERS"を発足、活動を展開中。

2013年、一本歯下駄で世界平和をめざすfacebook上の公開グループ「一本歯下駄クラブ」を発足、活動を展開中。

講演・セミナー・取材などの問い合わせ・依頼は下のメールフォームでお願いします。

メールフォーム

ご意見・ご感想お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅

無料メルマガ「週刊PEACE RUN」

高繁勝彦 on facebook

高繁勝彦 on TWITTER

"THE SWEEPERS"

地球にいいことしませんか?

One-Tooth Geta Club

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

amazon.co.jp

楽天市場

PEACE RUN公式スポンサー

finetrack

Thule

エイチ・エス・アシスト株式会社

エイチ・エス・アシスト株式会社

ALTRA

ALTRA

KLYMIT

Fun・Running関西

FunRunning関西

ARUCUTO

The Social Tea House

The Social Tea House

Tyrell

ジョイフルログ

CACAZAN

CACAZAN

Gofield

Gofield

久光製薬

久光製薬

アシスト設計

株式会社アシスト設計

昭文社

昭文社

MEROS

MEROS

アンプラージュインターナショナル

アンプラージュインターナショナル

Progear Vision

Progear Vision

オートサイクルベンリー

才能はかり売りマーケットごろっぴあ

うちのダンナは冒険家

励まし屋

内田あや 青い空blog

JOBBB RADIOボラボラ大冒険

PEACE RUNプロモーションビデオ

PEACE RUNテーマソング "Go The Distance"

励まし屋"Go The Distance"

PEACE RUNテーマソング “Go The Distance”収録

PEACE RUNテーマソング“Go The Distance”CD絶賛発売中!!

PEACE RUN SUPPORT SONG "MY GOAL" PV

内田あや“My Goal”

PEACE RUNサポートソング “My Goal”収録

内田あや Long Road ~J country ver.~

濱守栄子【国道45号線】MV

RUN×10(ラン・バイ・テン)運動

runx10_logo

JACC 日本アドベンチャー・サイクリストクラブ

シール・エミコ支援基金

旅RUN×(kakeru)

旅RUN×

ベビラン(BABY RUN)

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード